2017年 09月 28日

北野武監督単独インタビュー

 残ったシチューに火を入れて食べたら口内が軽く火傷。ひりひり。

 10/4発売のグランドジャンプ見本誌が到着。同誌には渾身の北野武監督単独インタビュー記事を掲載。

 11月刊コミックスの仕込みに奔走。0校の著者、担当手完了。ATMでやることやって、企画内容の吟味。
 夜、個室でギターを弾きながらのキャラクター打ち合わせ。

投稿者 yonezawa : 14:42 | トラックバック(0)

2017年 09月 21日

山積み

 11月刊コミックスの打ち合わせを初のメンバーで。
 一年が瞬時に感じられる理由に、2ヶ月後発売の本を複数ずっと作り続けるペースにもあると思う。やること山積み。

投稿者 yonezawa : 14:35 | トラックバック(0)

2017年 09月 11日

次ぐ

 終わりなき入稿に次ぐ入稿。

投稿者 yonezawa : 14:25 | トラックバック(0)

2017年 08月 29日

デジタル

 デジタル事業部で初めて担当する漫画作品の最終確認。社員のノートパソコンで最後のチェックをすると言うもの。やっとデジタル書籍に関する一連の流れが掴めた。
 
 夜、UとKMで晩飯。
 六本木へ移動。打ち合わせを兼ねた酒席はBで。

投稿者 yonezawa : 17:55 | トラックバック(0)

2017年 08月 19日

結局、貫徹

 やること山積み。やることいつ終わるのか。
 9月の取材準備に真剣。シミュレーションにシュミレーションを重ね、万全のイメージトレーニング。明日は長野での野外ライヴだと言うのに結局、貫徹となりそう。

投稿者 yonezawa : 17:55 | トラックバック(0)

2017年 08月 18日

偉大

 おにぎり2コを持って昼食の弁当に。ごま昆布と梅干しは偉大だ。
 果てしなく終わらない入稿に辟易。修正に次ぐ修正指示。全然まとまって原稿が届かない。追加の直し多々。

投稿者 yonezawa : 17:55 | トラックバック(0)

2017年 07月 13日

終日

デスクワーク。

投稿者 yonezawa : 16:20 | トラックバック(0)

2017年 05月 17日

妄想中

 谷口ジロー追悼企画のあれこれ、妄想中。

投稿者 yonezawa : 18:46 | トラックバック(0)

2017年 03月 7日

入稿

 入稿に次ぐ入稿。

投稿者 yonezawa : 14:55 | トラックバック(0)

2017年 02月 28日

帯の初校

 さくっと唐揚げ定食を喰って編プロへ。

 愛蔵版と文庫『神々の山嶺』に、新規で巻き直す帯の初校を持ってデザイナーS氏のもとへ。谷口ジローさんの追悼文を記した帯が完成した。
 夕方、T氏、F氏と、来月末に行う札幌での作家対談の打ち合わせ。

投稿者 yonezawa : 19:42 | トラックバック(0)

2017年 02月 16日

神々の山嶺

 終日デスクワーク。谷口ジローさんの愛蔵版コミックスと文庫『神々の山嶺』に巻き直す追悼の帯作成。心を込めて作成。

投稿者 yonezawa : 19:32 | トラックバック(0)

2017年 01月 24日

忙しない

 手作り餃子はママのが一番で、唐揚げはおったん作成のものがイイ──とは娘の評価。
 複数の単行本の入稿に忙しない。

投稿者 yonezawa : 18:35 | トラックバック(0)

2017年 01月 20日

カツ丼

 朝6時に寝ながら、3時間後に必死で起床。
 身支度し、カツ丼(美味かった)をかっくらって仕事。
 眠気と戦いながら数本の校了。

 夜、阿佐ヶ谷へ。T氏とのマジミーティング。

投稿者 yonezawa : 18:35 | トラックバック(0)

2017年 01月 16日

DW

 終日デスクワーク。

投稿者 yonezawa : 13:33 | トラックバック(0)

2016年 11月 17日

ビニール袋を40枚

 文房具屋であるビニール袋を40枚ほど購入。あることに使うためのブツとして。
 夕方、ミロンガでビール1本を挟のみながら、Mさんとの打ち合わせ。
 ミーティングの内容は思いの外深かった。

投稿者 yonezawa : 14:41 | トラックバック(0)

2016年 11月 8日

自業自得

 Rの微熱はまだ続いており、大事を取って休校。
 起きがけの身体、重。安静が必要な程の自業自得の二日酔い加減ながら、行かねばならん。移動の電車ではどうやったら苦しくない体勢なのか、頭痛が酷くて楽な姿勢がまったく見つからず。事務所に到着してもそのコンディションの悪さは変わらず。
 最低の二日酔いの真っ只中に、12月発売のコミックス、地獄の校了。
 仕事明けの、身体に優しき西のうどんが染み入った。

投稿者 yonezawa : 18:07 | トラックバック(0)

2016年 07月 22日

腹が減る

 睡眠4時間で昨日の酒もそれほど感じないまま、何故かすっきり目覚めた。
 午後、ふんわりジャンプの打ち合わせを経て、半端な時間に昼食。昨日の酒やら食事がとんでもない時間なので、体内時間がめちゃくちゃ。変な時間に腹が減る。

投稿者 yonezawa : 16:32 | トラックバック(0)

2016年 06月 20日

“ふんわり”デスクワーク

 終始、“ふんわり”デスクワーク。

投稿者 yonezawa : 18:00 | トラックバック(0)

2016年 06月 18日

粛々

 自宅で粛々と原稿の手直し。 

投稿者 yonezawa : 17:57 | トラックバック(0)

2016年 06月 17日

kotoba9月号

 延々、校正と入稿。パソコンに貼り付き、メールの応酬で一日が終わりそう。kotoba9月号掲載の対談原稿をついに脱稿。
 22時近くになって某原稿アップ。

投稿者 yonezawa : 17:56 | トラックバック(0)

2016年 03月 31日

阿佐ヶ谷  銀座

 午後一、阿佐ヶ谷でTさんと打ち合わせ。家でRちゃんと餃子定食を食べてきたので、喫茶店の食事は食べなかったが、いわゆる普通のナポリタンやピラフなど、たまに実物を目の当たりにするとお腹が鳴る錯覚を起こしてしまう。

 編プロへ。ここのところ、切迫する入稿原稿を何度も差し替えながらモリモリ入稿。

 夕方、山野楽器銀座本店で行われたクラシックギタリスト木村大のインストア・ミニライヴへ。
 ピアニスト榊原大のサポートで客演はより情熱的でふくよかなものに。腹4分目のセットリストで大いに盛り上がるライヴは大盛況のうち終了。
 近場での軽い打ち上げでささやかに乾杯。大の進化はいつも楽しみなのだ。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 27日

今日も 

 終日自宅作業。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 26日

終日自宅作業。

 終日自宅作業。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 01月 13日

一歩も出ず

 終日デスクワークは確定だと読んでいたので今日は急遽、弁当作って持参したが、ありもので本当に適当に作った故、見栄えは適当。編集部から一歩も出ず、10時間の入稿作業。
 終電にはならずだが、終日座りっぱなしの状態で入稿に次ぐ入稿。瞬時に時間は午前様。原稿はまだまだ終わらない。

投稿者 yonezawa : 08:21 | トラックバック(0)

2016年 01月 12日

終日デスクワーク

 終日デスクワーク。成果はあるものの、まだまだ終わらない原稿と延々にらめっこ。上がってくるラフ・レイアウトのページを順次確認して右から左へ。
 終わったかと思いきや再び受けた連絡で原稿チェックの繰り返し。晩飯の約束を白紙に。

 遅い時間、Uがつかまり、新宿でおそーい晩飯。梯子せずに帰途に就いた。

投稿者 yonezawa : 08:18 | トラックバック(0)

2016年 01月 8日

特集記事

 D印刷からの出稿物を確認し、2月刊単行本の方向性を決定。
 特集記事の打ち合わせを兼ね、夕方、Fちゃんと待ち合わせ。特集記事の細部に亘る流れまで概ね決められた。後は自分が書き上げればいいだけだが、まだまだ取材前の原稿もある故、全部が終わるのはもう少し先の2月。
 神保町の裏路地を歩いていると、本日トークイベントに参加されておられた作家のMさんと担当編集者とバッタリ。
 「だったら一杯だけ」と当然の展開となり、嬉しいことに全然一杯じゃない親睦会となる。担当編集者は初対面。宵の口でMちゃんを裏受けでお見送りし、途中参戦の編集Oと新宿で飲みに突入。店主Dがつぶれていたので、厨房に入ってパスタ作った。

投稿者 yonezawa : 01:49 | トラックバック(0)

2016年 01月 6日

出てしまっている。

 終日デスクワーク。新春から生真面目さが出てしまっている。

投稿者 yonezawa : 10:57 | トラックバック(0)

2015年 12月 28日

編プロ仕事納め

 編プロ仕事納め。22時頃まで一人寂しくデスクワーク。重く積まれた原稿は全然終わっていない。

投稿者 yonezawa : 10:29 | トラックバック(0)

2015年 12月 27日

てんこ盛り

てんこ盛りの原稿と格闘中。

投稿者 yonezawa : 10:29 | トラックバック(0)

2015年 12月 25日

クリスマス

 クリスマス。てんこ盛りの原稿と格闘中。

投稿者 yonezawa : 10:29 | トラックバック(0)

2015年 12月 24日

イブ

 イブ。てんこ盛りの原稿と格闘中。

投稿者 yonezawa : 10:29 | トラックバック(0)

2015年 10月 15日

編集者

 初めて集う編集者3人での飯となった。こんなに近場にあるのに、ムアンタイナベに来たのは今日が初めて。Oは彼女が大学生の頃からの知人で、SさんはSインターナショナルの編集者。今年知り合った方。
 晩餐後半に届いた編集:FからのLINEに歓び、西麻布へ飛んだ。Hのカウンター待ち合わせ。ここは麻薬のような店だ。
 久々に締めた赤のれんの豚骨が妙に重い。

投稿者 yonezawa : 09:28 | トラックバック(0)

2015年 09月 28日

真っ2つに割れ

 もう2回目なのだが、事務所の椅子の4脚あるローラーの1つが真っ2つに割れ、安定しなくなった。そもそもがかなりの年期モノなので致し方ないのだが、家に使いかけのアロンアファがあったなぁと思い立ち、持参して接着。このまま壊れなきゃ一応応急処置は成功。
 それにしても毎回毎回アロンアファは一度開けると使えてもほんの一瞬しか持たず、なかなか続けて使う機会がないのでいつも困る。忘れた頃の二度目に使う場合、役立つことは経験上まずない。

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2015年 08月 19日

荒木町

 某人的飯として近年頻度の増えた荒木町で和食晩飯。
 某人がおもむろに鞄から出した企画書に目を通し、業務における今後の展望を頭で想像。データが収集された企画書の説得力に思わず見入る。
 2軒のワインBarなどを梯子して、地下鉄終電を乗り継ぎ、深夜バスで帰途に。健全な夜だ。某人は記憶を無くしたそうだけれども。

投稿者 yonezawa : 15:19 | トラックバック(0)

2015年 08月 14日

千葉へ

 残り物のカレーを食べて義理母を最寄り駅へ送迎。おいらだけは長期滞在の半分ほどしか過ごせなかったが、充実した親睦会ともなった。来月の再会も相談しつつお見送り。

 一旦帰宅し、そのまま千葉へコミックス1冊分の原稿取り。
 千葉、なかなかの距離。地元のタクシー運転手が市内の寂れを嘆いていた。とんぼ返りで神保町へ。後送原稿を残しつつ9月刊コミックスの入稿。

投稿者 yonezawa : 12:38 | トラックバック(0)

2015年 07月 9日

あと2000字

91Wl5QCh%2B8L._SL1500_.jpg

 小雨の中、ざっと2駅半歩いてやっと観られた映画『ラブ&マーシー』試写へ。
 2004年に完成した『スマイル』のいきさつというか、その作業などもかいつまんででも知りたかったところはあったけれど、当時の様子はスクリーンに映し出されたような世界だったのだろうと想像した。
 終日対談原稿に着手。5万字を1万字にまでシェイプ。あとの勝負は2000字。

投稿者 yonezawa : 19:46 | トラックバック(0)

2015年 05月 21日

同時に確定

51AC1HSPRKL.jpg

 終日デスクワーク。観たかった試写会も断念。
 来週一週間の日程が完全に確定してしまった。残念ながらいくつかの断念日程も同時に確定。

投稿者 yonezawa : 18:25 | トラックバック(0)

2015年 05月 17日

本年度最重要原稿の1本

41DNMNRK3AL.jpg

 終日デスクワーク。本年度最重要原稿の1本であるテキスト再校正で、一応の最終納品を終えたところ。

投稿者 yonezawa : 18:23 | トラックバック(0)

2015年 05月 9日

最重要原稿

978-4-08-845312-5.jpg

 終日、最重要原稿の資料整理。

投稿者 yonezawa : 21:12 | トラックバック(0)

2015年 03月 6日

ドサリと到着

41XV27TQ6EL.jpg

 3本の試写会を見送り、デッドの迫るコミックスの最終校了を右から左へ。
 待ち時間は何も来ないのに、いっぺんに3冊の原稿がドサリと到着する。入稿とは大概そんなもの。萎えてしまいそうだがサクサク捌くのみ。

 週明けの最重要取材の準備も平行し、気が緩んだらすべてが決壊してしまいそうな平行仕事で今日やるべき案件を全部デスクトップに表示させ、最速のスピードでノルマを消化。
 本文原稿3本、カバー類の色校正を関連部署へ。芸能プロマネージャー氏、映画宣伝マン、記事デザイナー、媒体編集者数名他に情報を投げ、とりあえず今日出来うるすべての準備を構築。
 誘われた武蔵境の和食屋は無念の断念。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 01月 28日

外出時にゴホゴホ

81VBS-9wtTL._SL1500_.jpg

 なんだか妙な乾いた咳が難儀。寒さのぶり返す今日のような気候だと外出時にゴホゴホと咳込んでしまう。
 降って湧いた新規単行本作成の依頼を作者より聞き、急遽関連部署とのやりとりを経て3月刊ラインナップにぶち込まれた。すでに締め切っていた仕組みなどの情報を緊急伝達するところ。新規1巻目のタイトルの場合は仕込みが特に大変で慎重だ。
 2月を目前にして、いくつかの食事のお誘いを受け、今日立て込む取材と仕込みの渦に邁進。も幸せ。
 終日デスクワークで、23時30分頃からの晩飯は地元YでちゃんMとSちゃん待ち合わせ。昨年、Sちゃんが定期業務を終えて以来の酒だけど、BarH以外の店で飲んだのは初。カウンター奥にいない彼がなんだか新鮮。現役バンドマンで、音楽を知り尽くしているSちゃんとの世代ギャップは個人的には何も感じられない。
 シンプルに切り上げ、優等生的時間に帰宅。

投稿者 yonezawa : 19:49 | トラックバック(0)

2015年 01月 5日

いざ2015年──

0da5825d.jpg

 昨年後半、OSを上げたことで、住所管理の郵便ソフトが開かなかったことにより、住所の分からない人々がいらしたのにはつまずいた。
 スペックの進化は全然いらないので、古いスペックのまま立ち上がるだけ立ち上げてほしいところ。世界中のMacユーザーも思っていることだろうに。大いなるストレス。

 午後一より仕事。明日もいきなり最重要原稿の入稿が待っている。そして夕方には責了。

 いざ2015年──

投稿者 yonezawa : 18:26 | トラックバック(0)

2014年 12月 26日

責了は年をまたぐ

9862.jpg

 1月19日発売コミックスの責了はやっぱり年をまたぐことに。
 デスク回りの3年分の雑誌をスッキリと整理し、事務所で何十年も使われてなかった棚を整理し、最新刊コミックスのストック棚として配置。
 何十年も放置されてあった段ボールの中の訳の分からない様々な小物を全部破棄。新年からの仕事の環境だけは、ぐんとよくなるハズ。
 同業者にとってもほとんどが仕事納めの日であろう今日、最も飲む日かと想像もしていたが、唐突につかまる輩もおらず、それなりに遅い電車で何事もないまま帰宅。

投稿者 yonezawa : 20:19 | トラックバック(0)

2014年 12月 25日

OOY会

news_xlarge_himitsuno_h1_obi.jpg
  
 怒濤の入稿の狭間、思い立ったらとことんという具合に、事務所のデスク周りの大掃除を開始。しかしこの師走のこの入稿状況は想定外。
 引っ張りまくった原稿を、印刷所ご担当者に恐縮しながらも粛々と進行。それしかない。

 夕方、OOY会と称した年間数回開催の3人会でちゃんこ鍋乾杯。12月はこの店に3回行くこととなっている。
 予定していたゲストがインフルエンザでやや気持ちが萎えかけたが(笑)、出版界の黄金期’を駆け抜けてこられた諸先輩との一時が今日も嬉しい。OO様、ありがとうございました!

 お開きとなった後、銀座の某氏が「年内にもう一杯だけ飲もう」と言うので、終電近くまでの2〜3杯マッカラン水割り乾杯。銀座『V』が来春に無くなると聞き、すわ心配。

投稿者 yonezawa : 20:16 | トラックバック(0)

2014年 12月 24日

深夜バス

news_xlarge_calendar2015-top.jpg

 10時過ぎに西新宿都庁着。30分の講習を聴き終え、運転免許証の更新を終えた。
 11時30分頃より怒濤の入稿。今年ピークと言えた業務の濃さ。
 2冊のコミックスうち、1冊本文責了。
 もう1冊はまさに同時進行で原稿の上がりつつ最中。カバー回りはまだまだ終わっていない。
 15時頃、約束のブツを神保町まで持ってきたYと丸香うどん。今日はかしわ天のトッピング。
 20分で帰還し再び入稿の渦は深夜へ。
 FACEBOOKの女子友が記した「イブの夜、独り富士そばで夕飯」という記述を読む。その直ぐ下に、深夜バスで帰る直前のおいらが食べた松屋の晩飯というのをカミングアウト。

投稿者 yonezawa : 20:15 | トラックバック(0)

2014年 12月 15日

入稿に次ぐ入稿

10649683_10152922480478974_2074588052467776204_n.jpg

 先週木曜日取材のインタビュー原稿に早朝から着手。昨日のワインは思いの外、残らなかった。マスターの大ちゃん、流石ナイスチョイス。
 午後一でデザイナーMちゃんに中継。
 既に納品済みのジミー・ペイジ原稿もワーナーMの確認を終え入稿待機。
 映画『アゲイン 28年目の甲子園』記事レイアウトを待ち、今年入稿の記事はこれでカタが付く計算。
 コミックスの入稿原稿は年内あと2冊。まだこれからの状態ながら、なるだけ修羅場を避けるべくできる限りの準備。デスク回りは雑誌の要塞と化した。しかし明日も明後日も忘年会。
 明後日には、またしてもおいらの誕生会をなんと大BOSSがやってくださるそうだ。齢50、恐縮。

 夜、アメフト観戦帰りのMがつかまり、遅い晩飯を新宿で。送れて忘年会帰りのSが合流し、ほどよき時間までハイボール。

投稿者 yonezawa : 14:33 | トラックバック(0)

2014年 10月 30日

対峙

10671294_816132598426541_6630945167864891469_n.png

 終日、対談原稿と対峙。
 まったく知らない「能」の世界を掘り下げるように資料に目を通しながらリライト作業。毎回ピンチだと感じながらの作業だが、今回が最もピンチな気がしている。ともあれ40000字超えの原稿を8000字以下に編集せねばならない。過酷だ。

 11月のアメリカ取材があるならこの日という情報が到着したので、その取材前の時期に国内対談企画の日程を作家各位に打診。
 11月には地方への打ち合わせ出張も控える故、来月もかなりのバタバタが予測。ちっとも落ち着かない。

 お茶の水のギター・ショップで週末ライヴ用の弦を数セット購入。明日はリペアの仕上がった'64オールド・ストラトの引き上げに行かねば。

投稿者 yonezawa : 17:37 | トラックバック(0)

2014年 10月 2日

試写打ち合わせ病院ライヴ会食

61-zU0ZTydL.jpg

 昨日深夜、近所のCMが玄関先まで、注文していた枝豆を持ってきてくれた。lineのやりとりで電話の音を聞くことなく来宅して購入。3袋たっぷり入って1500円。

 今日は色々案件多数。
 事務所で雑務後、東劇3Fで映画「エクスぺルダブル3」の試写会。
 神保町で新規企画の打ち合わせ。後、即病院での診察と、血液検査の結果確認へ。特に異常なし。薬局で処方薬を購入。事務所へ戻り、文庫の入稿。

 夜、ビルボード東京でのアラン・ホールズワース来日公演へ。K兄、Nちゃんと現地待ち合わせ。キャッチーなフレーズには一切興味のなさげなホールズワースの意志というか、有り様が独特の感慨深さを感じさせた。Tシャツがなかなかクール。

 公演終了後、近場の飯へ。目まぐるしい日程通過中。

投稿者 yonezawa : 15:19 | トラックバック(0)

2014年 08月 11日

帰京

poster2.jpg

 朝食は目玉焼き他。
 午前10時出発で鹿児島空港へ。現地で早めの昼食を頂きフライト。
 母と過ごした時間を労い、今日も後ろ髪を引かれながらの離陸。

 爆睡で気がついたら着陸していた。
 羽田から電車で神保町を目指しデスクに戻って即入稿原稿の確認と納品。
 しばらくは映画『ルパン三世』絡みの原稿に没頭中。

投稿者 yonezawa : 13:16 | トラックバック(0)

2014年 08月 10日

猛烈な睡魔

10302231_10152198997686398_5110991355601717300_n.jpg

 ホテルで朝食を頂きチェックアウト。海陸家と別れ際に記念撮影。よい思い出になりました。
 帰途につく途中、ガラス細工の観光地を経由し、ファミレス的店で昼食。
 今日は終日、届いたインタビュー原稿のリライト作業。
 ところがほんの少し作業を進めるだけで猛烈な睡魔に襲われ仕事にならない。
 仕方がないのでベッドで小一時間の仮眠をとって再びリライト作業。

 夕飯は豪華な品々が食卓を彩った。軽い晩酌をしながら、今回最後の夜を母と姉と語りあった。次回、母との再会は東京だろうか。

投稿者 yonezawa : 13:13 | トラックバック(0)

2014年 06月 15日

絶賛作業中

51eBgs9Nh7L.jpg

 昨日の夜中の作業で椅子で寝てしまい、そして本日早朝にはRちゃんの馬乗りで起こされることもなく、そのまま原稿リライト作業に没頭。

 午後一でテキストを確定させ、対談相手のお二人に原稿送信。彼らの確認するその間、Rちゃんと約束の卓球へ出かけ、出先でGJ編集長との内容を睨んだ打ち合わせを行いつつ、入稿スケジュールの確認。
 迅速なバックアップ体勢でいてくださった獏さん、寺田さんに大感謝。

 帰宅して2人の赤を反映させ、デザイナーMちゃんに投げたところ、これまた迅速にレイアウト原稿が上がり涙。この連係プレイは賞賛もの。Mちゃんに大感謝。
 再びレイアウト原稿をお二人に送信し、最終チェックとおいらの最後の赤を反映させ、後はデフォルトのロゴを後送にして明日の入稿データの上がり待ち。
 このスピーディーな流れは普通ちょっとないくらい。優秀な人材を知ることが編集者の最も重要な機微か。
 おかげで夜はRちゃんとゆっくりお風呂にも入れたし。明日、なんとか入稿出来る。

グランドジャンプ・プレミアム7月号
P239〜P242(6月25日発売)
★漫画[獏談]第二回 
夢枕獏×寺田克也 対談 
只今、絶賛作業中。是非!
http://grandjump.shueisha.co.jp/premium/

投稿者 yonezawa : 13:47 | トラックバック(0)

2014年 06月 14日

2万字を1万字

51cQc%2B2ymzL.jpg

 昨日と今日の夕方上がった対談起こし原稿を確認し、速攻でリライト作業開始。
 昨日1時間分の起こし原稿は準備できていたので、その部分だけはすでに2万字を1万字にリライトする作業を終えていた。
 追加の残り1時間分の原稿も織り交ぜ、怒濤の作業。もう怒濤。
 月曜日に入稿なので「大丈夫なのか?」という危ない時間を踏まえ印刷所に掛け合うが、月曜日中に入れねば見本誌が1日遅れてしまうという状態だと(知っていたけど)知り、切迫確定でデザイナーのMちゃんにもその旨通達。
 今回、土日の作業を快く受けてくれたMちゃんの手腕がすべて。

グランドジャンプ・プレミアム7月号
P239〜P242(6月25日発売)
★漫画[獏談]第二回 
夢枕獏×寺田克也 対談 
只今、絶賛作業中。是非!
http://grandjump.shueisha.co.jp/premium/

投稿者 yonezawa : 13:46 | トラックバック(0)

2014年 04月 28日

4時間30分

71zWfc%2Bk34L._AA1500_.jpg

2014年5月21日発売 CD「ONE」木村大
http://www.amazon.co.jp/dp/B00J49KOZ4/

 早朝6時起床の目覚まし時計は5分前に止めた。前日呑まなかった翌日、大概、起きる時間を決めると体内時計で目が覚める。ところが「あと5分……」と油断したらところ、7時まで爆睡。Rちゃんが7時に起こしにきてくれた。急いで身支度して朝のRちゃんの笑顔とお別れし、娘よりも先に外へ。
 
 午前9時から某映画監督へ、4時間30分ものロングインタビューを粛々と進行。
 スタッフNちゃん、Aちゃんとの連係で長い時間もあっと言う間。滞りなく終えた。
 取材後、おにぎりとサンドウィッチをほおばり、朝昼兼用の食事を済ませる。

 午後から某・神ギタリスト原稿に集中し、1本納品完了。
 ポッド・キャストの試聴方法を教えてもらい、数本の番組をイヤフォンで聴きながらコミックスの初校校正。朝早い故、ときおり眠気全開。
 Nさんと夕飯後、新宿梯子酒。知り合いのKが2年前に結婚し、1歳未満の子供がいることをふいに知らされ、スナック乾杯。

投稿者 yonezawa : 01:28 | トラックバック(0)

2014年 04月 25日

推敲

LedZep_Logo_Blk.jpg

 あの原稿もこの原稿も推敲に推敲を重ねる作業の繰り返し。終始デスクワークにパソコンのモニター見つめすぎで涙目。
 お世話になった方への手紙をしたため、雑誌やCDの入った郵便物は送る品だけでも相当な物量だったが、整理して近場のファミレスに持ってゆき、ゆうパックで発送。
 

投稿者 yonezawa : 10:31 | トラックバック(0)

2014年 04月 21日

リライトに必死

ku_kai.mandara.jpg

 大量の原稿リライトに必死。
 時折入る、文庫校正をやりながら、時折中断せざるを得ない雑務をこなしながら、延々と大量の原稿リライト。8万字を8千字。この編集作業こそ、編集者が言うところの“編集”の極み。

投稿者 yonezawa : 10:32 | トラックバック(0)

2014年 03月 20日

地味にデスクワーク

srv.jpg

 結局、原稿書きと校了諸々が終わらず、予定していた世田谷のレコーディングスタジオ訪問は断念。今日はおいらが2011年で最も好きだった曲がレコーディングされたというのに……。夜、レコーディングは順調の報告を聞く。
 地味にデスクワークを切り上げ、遅い晩飯は「ひで」で。

投稿者 yonezawa : 02:41 | トラックバック(0)

2014年 03月 18日

確実

yami_sojhuki.c1.jpeg

 W社Oちゃんより喜ばしいメール拝受。その内容のまま事が進行したならば、今年は強烈にときめく年になること確実。
 取材後の原稿をまとめながら、新たな企画を妄想し取材の準備。次回のライナー・ノーツの〆切も思いの外時間はない。納品日(〆切)をご担当者からのメールで今日知り、最終取材の4日後には書き上げなければならない。踏ん張りどころ也。

 Nちゃん、I、Hの4人で夕飯へ。
 初めてやってきたその店では保健所の条件をクリアしたユッケの生肉も扱う肉の店。
 I、Hを見送った後、Nちゃんといつものゴールデン街へ。

投稿者 yonezawa : 02:39 | トラックバック(0)

2014年 03月 5日

お茶で音楽&映画談義

516SVK6S9SL.jpg

 夕方、打ち合わせでMさんと2時間近くのお茶で音楽&映画談義。
 好奇心旺盛なMさんのパワーは初めてお会いした25〜26年前から何も変わらない。ほとんどの編集者に、その変わらなさは感じるところながら。
 Mさんも、ご自身の得意で好みの分野のカルチャーを常に追い続け、常に睨んでいる感じ。
 こうした機会は10年以上ぶりかと思うのだが、Mさんの感性から得る刺激は今日も大きかった。

 今日のような入稿たんまりの日は、例えスケジュールのタイミングが問題なくても、気分的になかなか予定していた試写会に行く気になれず。本日も断念。

投稿者 yonezawa : 03:12 | トラックバック(0)

2014年 03月 4日

4月に新書

71oTyqfaSzL._AA1500_.jpg

 そろそろ4月に掲載の4P分記事をまとめようかと素材集めに集中。
 今月は11冊ほどのコミックス作成に関わる月となっており、ここ3年の間で最も入稿ピークの渦中にあり。
 すでに取材、掲載を終え、4月に新書としてまとまる夢枕獏対談集の一部を抜粋し、隔週誌へパブ記事として掲載が決まった。
 取材には全部の現場にも立ち会ったので、対談の全行程はすべて記憶しているが、活字になった双方のやりとりを改めて読むとその時のお二方の有する知識と情報の凄さに感服させられる。
 (確か)4月17日の発売に向けてまだまだ準備は山積み。

 神保町の焼き鳥屋から新宿移動。ゴールデン街を経由し、Kちゃん&西麻布の有名イタリアンのシェフらと四ッ谷「シャッフル」でと合流。焼き肉やの牛骨ラーメンが今日の〆。

投稿者 yonezawa : 00:57 | トラックバック(0)

2014年 02月 26日

入稿の3乗

91STtRJzyVL._AA1500_.jpg

 入稿入稿入稿。今月は11冊。読みたい本も聴きたい音楽も、読み聴きは先送りに。
 IとHの3人で呑むはずが、MTGの入ってしまったIが1時間以上の遅刻で、オマケに到着後、1時間30分したら別の食事会があるとかで、結局Hとの時間を多く過ごすこととなった。
 4月に出版する新書の内容を語り出したら、話は宇宙だ脳だ細胞だと人間の神秘を語る場に。
 思いの外収穫を感じた夜が更けた。

投稿者 yonezawa : 14:53 | トラックバック(0)

2014年 02月 25日

徐々に判明

71qVvjKArSL._AA1300_.jpg

 入稿に次ぐ入稿で、一度に大量の原稿を扱う故、何がどうなったのか後から確認せねば整理のつかない修羅場の時間が続く。遅れる原稿はとことん遅れることが徐々に判明。確定させねばならん取材案件が周囲の諸事情でまだ進められずアイドリング状態。
 夕飯は、たまたまつかまえられた知識人Uと。今日もUに大きく感謝。

投稿者 yonezawa : 14:52 | トラックバック(0)

2014年 02月 6日

イマジネーション

WPCR-14711_1.jpg

 22時前に帰宅したある日、すでに家の電気は消え真っ暗。部屋にあがり自分の部屋の灯りを点け、椅子に腰掛けようとしたその時、物音に気づいたまだ寝つく前のRちゃんがタタッとかけて部屋に飛び込んで来た。走りながらダイビングしてくるのでキャッチせねばならない。
 寝てたくせに「あっちでおえかきしよう!」と言い、手を引かれながらリビングへ。

 子供のパワーとイマジネーションには日々が発見と驚きがあり、太陽のような目映きオーラに、その一日の疲労も悩みも懸念事項もすべてが吹き飛び心が温まる。

 春に出版する新書のゲラを読み終えた。自らが関わった仕事ながら、内容の贅沢さと、作家によって得たクオリティに笑みがこぼれた。シンプルにまとめたこれらのテキストを収集するために様々な場所へ赴き、その道の専門家にあれこれご意見を伺い編集した本だ。
「人間って何ですか?」質問に対する、そこに記された各々の言葉を読みとりながら、いま再び様々な思考が脳天を駆け巡る。
 これから最終校正を経て形になるのだが、この本の最初の読者になれることが編集・ライター(&ギタリスト)の冥利であり幸運であり。

 夜、Barカウンターで出前をとりつつ晩飯変わりに一杯。大した量喰わなかったので近場のカジュアル・フレンチへ。梯子する際の寒さは昨日ほどではなかったかもしれないが、東京、充分寒い。

投稿者 yonezawa : 12:05 | トラックバック(0)

2014年 01月 24日

インタビュー原稿

taitei.5.jpg

 年に一度の怒濤の朝。ドリアを食べてせっせと原稿書き。
 昨年取材した映画『スノーピアサー』ポン・ジュノ監督インタビュー原稿の文字数が出たそうで、リライト作業。
 有楽町での『ウルフ・オブ・ウォール ストリート』完成披露試写会、断念。
 夜中帰宅後、冷蔵庫見たら餃子がこさえてあったのでキャベツの千切りとほうれん草そていと合わせて独りで遅い晩飯。
 午前1時24分、『スノーピアサー』最終稿送信。SPA!で是非!

投稿者 yonezawa : 02:25 | トラックバック(0)

2013年 12月 24日

怒濤

71dFQlQDF0L._AA1500_.jpg

 あー年賀状作れてねぇー。
 今ではほとんどメール年賀に移行しているが、来年は三が日過ぎた頃に発送の運び濃厚。どうだろう?
 作成者の某氏には迷惑ばかりかけており……いつも恐縮です。

 昨日、Rちゃんの釣った鱒に交じり、山女魚も1匹交じっていたので今朝の朝食に頂いたが、二匹並べて食べると山女魚の味のきめ細かさが際立つ。鱒よりも一回り小さな山女魚だがやはり一枚上手な味。滅多に食べないのでむきになって骨以外残らず完食。

 1月刊文庫の校了はまだまだ続く。
 夕方、ヤンジャン編集部へ生原稿を取りにゆき、某漫画家仕事場へ返却。
 神保町に戻り、文庫カバー校了。保険会社のNさんとの契約更新打ち合わせに20分。最近は打ち合わせに喫茶店を指定されるとカフェオレを飲むおいら。今年覚えたTeaのひとつ。40を過ぎた頃くらいから出されたら珈琲も飲むことにしている。

 来年2月刊のコミックス愛蔵版も早々と下準備中で0校の作成の依頼。先週には3月刊の0校作成依頼もすでに発注した。すべては怒濤の3月刊大量業務の前対策によるもの。
 しかし本日の最も重要な案件は、サンタさんからの手紙。
 深夜0時を回った頃、プレゼントの「ジュエルペット ジュエルポッドダイアモンドプレミアム ピンク」も枕元に。

投稿者 yonezawa : 18:01 | トラックバック(0)

2013年 12月 12日

映画『スノーピアサー』

91Q6oiIH00L._AA1500_.jpg

 寒くなったので、午前に風呂を沸かして飯喰って仕事へ向かう。
 先週先々週とまるで試写に行けず、年内の鑑賞を予定していた多くの映画を見過ごすこと確定。
 映画『スノーピアサー』の取材記事に追われる中、グランドジャンプ誌に掲載予定の記事レイアウト第一便が到着。スペースの都合でノーカットから1/4程の量にはなってしまうのが心痛いところながら、本年度の最後となる映画案件としては個人的にも盛り上がれた。
 遅めの夕飯は、T氏と神楽坂。初のイタリアンをいただき、銀座のワインバーへ梯子。最後は『KINOKO』で〆。喰いすぎた不思議な夜。

投稿者 yonezawa : 17:54 | トラックバック(0)

2013年 12月 10日

七面倒くさいプラン・夜忍戒

261440_473356702715392_979347614_n.jpg

 午後、入稿の合間をぬい、神3ビルで最重要ミーティング。
 ここで語られた内容が果たして1年以内の時間が経過したときにどのような展開をみせるのか。期待も懸念も入り交じる準備期間ながら、毎度毎度究極のこのテーマだけはモチベーションは上がり、なんだか冴える。

 やたらと遅い昼食に牛丼並をかっくらい、その足でauショップへ。携帯電話の通話時間の少なさを踏まえ、従来の料金設定を見直し、さらに安くなるプランを見直した。
 携帯の料金プランは機種によって変わるようで、この七面倒くさいプランを考えぬいた関係者の思考を想像した。

 およそ1クールごとの夜忍戒は忘年会も兼ねて新橋寄りの銀座で。
 細い路地にある隠れ名店で珠玉の和(洋)食を食す。ミシュラン名店でナンバー2だったらしきシェフが切り盛りする店──とのことだが、基本的に立ち飲みというスタイルの中、1個だけ設置してあった4人がけのテーブル席に陣取った。
 夜忍戒の面々、1年間、お疲れさま。 

投稿者 yonezawa : 01:24 | トラックバック(0)

2013年 12月 9日

手塚赤塚賞パーティ

1069232_497200083696989_1337818126_n.jpg

 ややブログを書く気持ちにならない程、押し迫る原稿のタイムリミットがありながらも一言。
 この2〜3年、師走恒例行事となる手塚赤塚賞パーティ出席のため、帝国ホテルへ。
 集英社第四編集部パーティ時よりも知り合いは格段に少ないので、歓談の狭間、それなりに立食で胃袋を満たす。
 元ボスで現関連会社社長のYさんと映画談義で最もこの場の時間を割き幸せ。
 Yさんにはご挨拶したい方々が列を成しており、話を伺いながらも皆様方の方が気になり冷や汗。長きに渡る映画通・映画マニアな氏のマインドには今日も脱帽だった。赤ワインはたった3杯。
 関係者各位への一通りのご挨拶を終え、翻って会場を後に帰途に。

 あー、知らずに前半の閲覧欠けてしまった、無念。B級ニュースを芸人たちが殿にプレゼンする『ビートたけしのTVタックル 特別編』秀逸。そして、司会:東野幸治。メイン・コメンテーターに松本人志とゲストを迎え、芸能 ニュースや時事問題など、さまざまな話題や人物を取り上げていくワイドショー『ワイドナショー』に魅入る。

 深夜から徹夜での原稿執筆に燃えた。

投稿者 yonezawa : 11:13 | トラックバック(0)

2013年 11月 8日

六つ切り写真

517JpXOCpoL.jpg

 先日の某対談記事のチェック。
 そして各位へ贈呈するための六つ切り写真(紙焼き)があがってきた。
 改めてもの凄い現場の証人になったのだぁという感慨に包まれる。
 
 夜、たまたま連絡が繋がったYと新宿へ。
 居酒屋で生姜味の鍋に赤ワイン。

投稿者 yonezawa : 00:11 | トラックバック(0)

2013年 10月 30日

海老のトマト・クリーム・パスタ

416H41Iuj8L.jpg

 睡眠不足を補う調整をしなきゃと思いながらも、やっぱり明け方までのパソコン作業が中毒のごとく止められない。
 昼食は外食としては久々のパスタ。細いうどん程はある、極太麺の海老のトマト・クリーム・パスタで満腹。

 先日行った対談原稿の原版テキストは、今回は3万字弱の量ながら、取材対象者に「まさに、こう言いたかったのだ!」と思って頂きたいが故、うんうんと唸りながらも最善の言い回しを探す構築作業。
 時間さえあれば決して嫌な仕事じゃないが、並行して文庫や単行本の校了と重なるのがなかなか厄介。ともかく今月末を目標としていた納品期限を守り、夕方には第一稿としての原稿を編集Nちゃんへと投げた。

投稿者 yonezawa : 00:09 | トラックバック(0)

2013年 10月 18日

ロケハン

81RP%2BrPGBkL._AA1500_.jpg

 11月刊の文庫校正を終え、編集Nちゃんと共に電車とタクシーで世田谷のフォトスタジオへロケハン。
 多摩川沿いのオープン撮影も想定し、複数の撮影パターンのシミュレーション。うん、ここまでやってりゃあ問題なかろう。フォトグラファーO、編集Nちゃんと万全の準備を再確認。
 当日、台風来なきゃいいんだがなぁ……
 
 Oに新宿まで送ってもらい総武線で飯田橋へ。編集Kちゃんと早めの飯は神楽坂で待ち合わせた。
 たらふく和モノをいただき、梯子で赤ワインと鉄板系の野菜モノ少々。
 食後、神保町へ帰還。スタッフに寿司折りを2コ土産に買って事務所で、コミックス・カバー周りの校正を少々。

投稿者 yonezawa : 16:40 | トラックバック(0)

2013年 10月 17日

容量不足になるXperia

81iQhvmutZL._AA1250_.jpg

 昨日一日は棒に振った感覚に包まれつつ、晴れ渡る一日が始まった。
 温めているいくつかの企画を整理しつつ関連部署にプレゼン・メール。
 Facebookのアップデートを終えたとたんに、身近な面々の名がつらつら連なるので、順に友達申請。ところが、アプリの更新をする度にメールの送受信が出来なくなるほど容量不足になるXperia。DLしたアプリなど、ほとんどないのに完全に破綻している容量設定としか思えない。
 
 目黒ディズニーにて映画『REDリターンズ』試写会鑑賞。引退した伝説のスパイチームREDのマーヴィン・ボッグスを演じたジョン・マルコヴィッチも老けたなぁ。ハン・ジョベを演じたイ・ビョンホンの肉体に感心。

投稿者 yonezawa : 15:39 | トラックバック(0)

2013年 10月 16日

カフェオレの熱

81GoQ2itZ%2BL._AA1500_.jpg

 起きがけに豚汁とご飯を頂く。胸焼けのせいで付け合わせの鰯明太子は食べられなかった。
 台風でRちゃんは休校。昼過ぎに1回だけ『51』につきあった。
 嵐の後の静けさか、台風の去った外はよい天気。午後、ふいに知らされた驚愕のニュースに唖然。

 雑務の狭間、待ち合わせの喫茶店でV社UちゃんとSの上司の方と小一時間のミーティング。
 取材が上手くいけばよいのだけれども。滅多に呑まないカフェオレの熱で徐々に酔いを覚ましていった感じ。カフェオレって美味いんだな。
 来月から月に2冊発売する文庫の校正を終えた頃、空腹で手が震えるコンディションになったので我慢ならず駅前で炭火焼き牛肉定食をかっ込んだ。

投稿者 yonezawa : 15:38 | トラックバック(0)

2013年 10月 7日

ポテトサラダ

51pf%2BulnMDL.jpg

 昨日昼間に作ったポテトサラダを、マヨネーズのあまり得意でないRちゃんが食べて「これ、おいしいねー」と声に出していってくれた。隠し味の寿司酢、ウスターソース、コンソメ、牛乳が功を奏したか。
 次回からポテトサラダもRちゃんの食レパートリーに加えよう。

 炒飯とポテトサラダで朝食をいただき、事務所へ。
 昼過ぎに到着後、22時30分までトイレに2回行っただけで飯も喰わず一歩も外出せず、延々デスクワーク。
 夕方、元呑め呑め団団長の飯誘いメールをてっきり今夜かと勘違いしてしまい、すごいスピードで校正をかますが、夕方今週後半の話だということに気づき、開き直って延々校正タイムを継続。K兄、失礼しました。

 終電前の深夜に帰宅し、家族が起きないよう音を立てずに台所で朝以来の立食晩飯。納豆、にがり、ポテトサラダ、梅干しなど。自作の冷たいポテサラの味が妙に優しかった。

投稿者 yonezawa : 15:31 | トラックバック(0)

2013年 09月 27日

肌寒い気候

51TT9nDQS4L.jpg

 夕方から夜になるとTシャツでも肌寒い気候になった。ようやく秋の兆し。

 山中で撮った動画をパソコンに取り込むだけで9時間。複数の関係者用のDVDと、スチール写真のCD-Rへのセーブと合わせればとても一日では終わらない。
 高校時代はLPからカセット・テープへのダビング。二十歳になってLDからビデオのダビング、CD-からMDへのダビング時代を経て、近年はICレコーダーからパソコンへのダビングと、まさにダビング人生。まさに編集者。
 ネットのファイル便と併用し、なんとか予定したブツを作成完了。ファミリーマートのメール便で各位へ送付。一安心。

 数冊の校了を終え、軽く一杯かなぁ〜と思いながら駅に向ったが、たまたま通勤快速が来たので飛び乗り素直に帰途に就いた。そうそう、明日は朝から運動会だし。

投稿者 yonezawa : 15:23 | トラックバック(0)

2013年 08月 30日

あの原稿

51-ipQYskzL.jpg

 午前中、朝昼合同飯にカレー。
 歯医者から帰宅したRちゃんとは20分でお別れ。おったんは今日もお仕事へ。小学校はすでに夏休みも終わっているところも普通にあるんだとか。時代はすべてが夏休みが8月一杯ではないようだ。

 事務所では延々デスクワーク。
 仕事に一区切りつけて帰宅して23時。早めの帰宅後、キャベツの千切りにレタス&トマト・サラダにハムエッグとソーセージのそていを付け、納豆と梅干し添えたささやかな晩飯に満足。冷蔵庫にさしてなにもなくても充分なにかは出来る。
 さて、あの原稿に着手するとしよう。

投稿者 yonezawa : 21:01 | トラックバック(0)

2013年 08月 6日

5個

933982_10151655378497604_1479334358_n.jpg

 今朝はアサガオの花が5個。毎日よく咲くものだ。
 豚生姜焼き、残ったささみの唐揚げ、野菜炒め、梅干し、ちくわなどの豪勢な朝食を食べながら、麦茶5lの補充。
 今日も終始デスクワークで世が更ける。行こうと考えてはいた試写会の2作品も早々に断念し、延々と原稿を睨んで加筆修正の連続。
 たまの息継ぎのとき、最近知り合った編集者YのFacebookを読み始めたら止まらなくなった。Yの文章スキルを冷静に知る。
 晩飯の23時まで少しの水分補給だけという程、(居眠りも交えてながら)原稿に集中し、半分ほどの先行きが見えてきたかな? という塩梅。
 あー(夕べが赤ワインだったので)芋焼酎が飲みてぇ。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2013年 07月 31日

帰省の頃

o0480064011541143849.jpg

 ほとんど寝られないまま、Rちゃんより早い早朝7時30分には起床。Rちゃん、ゆったり起床。
 ソファに座ったおいらに「あっち向いてホイ」をやろうという起きがけのRちゃん。「今日から独りになるおったんが寂しそう……」とでも思ったのか、彼女の表情に気遣いのような雰囲気を感じたおいら。
 Rちゃんの食べ残したパンとH家の畑でとれたトマトをほおばり朝食がわり。

 梱包の終わったスーツケースを玄関へ運び、今日から帰省する家族の見送りに最寄り駅までの送迎。9日間の九州の旅を満喫してきんされ、Rちゃん。

 Rちゃんの箪笥の中の奥におっこちてしまい、ずっと取れなかった靴下と洋服をキリと孫の手を駆使して汗だくで、このタイミングでやっと拾えた。引き出しを取り出せない仕組みの箪笥に苛立っていたのだ。

 唐揚げ、ソーセージ、キムチ、ごま昆布、梅干しなどでふりかけ海苔弁当をこさえ、シャワーを浴びて事務所へ。
 8月発売コミックスの入稿は佳境に。いくつかの修正ポイントを確認して粛々と入稿作業を推し進めた。BさんのiPS原稿も佳境ながら、毎度毎度感ずる断腸の思いでのテキスト削除に踏ん張る。「もうどこをどうにも削除できん!」と思いながらも削除作業は続く。
 残り、あと2500Wシェイプ。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2013年 07月 29日

梅・野菜炒飯

honn.jpg

 雨が降ったり止んだりの妙な天候で、日本中が翻弄されるここのところの気象状況。
 傘をさして外へ。

 お茶の水でATMにて預金通帳に記帳。記された出費の額に引き気味。お金を稼ぐことは難儀なことである。
 
 終日デスクワークで昼から夜まで一度も外の景色は見ていない。8月刊コミックスの初校を関連部署へと中継。留意点が数点。他スタッフの本文原稿もチェックを終え、数通の息抜きメールを送信。
 延々とデスクワーク。時に10分ほどの睡魔に襲われつつ、限界までの原稿確認を押し通した。

 帰宅してわずか一口分の冷や飯が電子ジャーに残っていたので、大量の野菜(キャベツ、ニンジン、タマネギ、ナス、大葉など)にエノキ、豚肉、ちくわを切り出し、ニンニクの千切りを合わせて卵も投入し、混沌野菜チャーハン作成。梅干しも2粒ちぎって入れたので“梅・野菜炒飯”とでも命名しようか。米は少なかったけれど、冷蔵庫の残り物は食の宝庫である。

 一呼吸置いた後、深夜から明け方にかけて再びデスクワークの業務が続く。眠い。

投稿者 yonezawa : 18:54 | トラックバック(0)

2013年 07月 19日

案件多し

81mn2M5AVqL._AA1500_.jpg

 二日酔いではないものの身体の重い起きがけ。
 次週の取材調整が悩みどころ。ああすべきかこうすべきか。
 書く、仕込み、理解、準備、そして人と会うこと、なにもかもこれから(一から)案件多し。
 夜、阿佐ヶ谷駅前でタムタムにご挨拶して、ETTトークイベント前の先ちゃんに書類を中継。素直に帰宅。明日も午前8時より稼働につき。
 

投稿者 yonezawa : 12:30 | トラックバック(0)

2013年 07月 17日

30T最終日

71LDpuHagLL._AA1128_.jpg

 ここ4〜5日の習慣が午前7時前後の起床時間だったせいか、今日も午前7時には目覚めた。夕べの寝端は午前2時前だったのにえらく眠かった。沖縄疲れの自覚はナシ。
 夕べのうちに沖縄の映像と写真をpcに取り込んでいた。昨日のうちに早々と母へ写真を送り、本日正午過ぎにはbambi各位に大量の写真を送信。そして動画のDVDを数枚作成した。

 正午過ぎ、吉祥寺リベストでやってる30Tの最終日を覗いたところ、漫画家:和田ラヂヲ兄がレジに(笑)。久々の再会で氏オリジナルのTシャツ(黒)を購入。

 午後からは事務所に籠もり延々デスク作業。Nさんからの赤字テキストを拝受し、氏に感謝メールを送信。
 室内の仕事ばかりでまったく気づかなかったが、外は雨が降っていた様子。そういえば久米島は雨が降らないで、農家の人々は大層困っていたそうだ。台風で大雨が降ることを期待していたくらいだったと聞いた。
 夜になっても何故か全然腹が空かないまま、遅めの電車で帰途に。

 帰宅後、冷蔵庫にあった、もやし、タマネギ、ナス、キャベツ、ニンジン、えのきだけなどを刻み、蒸して万能ネギを刻んだポン酢で大量摂取。これに豚肉が乗れば盤石の一品となる。
 2人のおばあちゃん用、沖縄DVD作成で作業は明け方までかかってしまった。

投稿者 yonezawa : 12:29 | トラックバック(0)

2013年 07月 11日

明日の準備

61alPhr79wL.jpg

 HDDカメラ、一眼レフカメラ、ビーチサンダル、衣類、ハンカチ、洗面用具、譜面、シールド、チューナー、エアーの詳細を記した紙、現金、クレジットカード……沖縄に持って行くモノは、後は何だったか? RちゃんのPSPの充電もやっておかなきゃ。
 何度もシミュレーションしなければ、旅の仕度などすぐにうっかりしてしまう己。
 
 昨日、深夜に喰わなくてもよかったチキンカツカレーのせいで胃がもたれている。アホだ。
 朝食には軽く焼きそば。
 本日12時から吉祥寺の画廊「リベスト」で開催の「30T」

30T(30人のクリエイターによるTシャツ展)
7/11(木)〜7/17(水)12:00〜18:00(last day  〜17:00)
http://twitpic.com/cwecdv
http://www.libestgallery.jp/

へ、13時前くらいに行ってみたらば長蛇の列で驚いた。これは速攻で売り切れる品もありそう。関係者顔して割り込みで入場するわけにもいかないので、馴染みのみなさんへご挨拶だけ済ませ、Tさんに某お願いをした後引き上げた。
 夕べの搬入で、きっと慌ただしかったであろう先ちゃんは、まだ未着だった。ラヂヲにも会えず終い。

 本年度、最も時間をかけた某原稿は数日前に第一稿として関連各所へと投げた。
 夕方、少し前に先行取材していた某監督インタビューの原稿PDFが届いたので即刻校正し、アンカーとなるなべちゃんへと委ねた。こちらはこれでもう大丈夫だろう。

 次回の獏さんの対談仕込みやら、某氏に投げるべき案件、コミックスの準備等々、沖縄から帰還したとたんにずんずん押し迫る波はあるが、まずは明日からの数日間は何もかも忘れ、ちょびっとbambi、大きくRちゃんとおふくろのための貴重な時間として過ごしたい。
 そして、帰京したらば、どこかでY兄の労い会も開催する。夕方かかってきたY兄からの電話が心底感慨深くて、ややせつない……労い会、是非。

投稿者 yonezawa : 00:04 | トラックバック(0)

2013年 07月 8日

品川のラーメン

51yFUWCnUqL.jpg

 数年ぶりの再会を果たしたM社長と某媒体イラスト仕事の打ち合わせ。カフェで小一時間。ヤンジャン編集部で単行本原稿をピックアップし、著者宅のある足立区までの初大横断。最寄り駅から20分前後も歩いたらものすごい汗をかいた。
 無事、原稿を引き渡し帰社。

 夜、新天地業務を開始したSと久々のサシ飯。Sのこと、持ち前の勘の良さと機転の利くスキルを持って活躍することだろう。飲んで食べて、最後は品川のラーメンで〆。Sに感謝。
 

投稿者 yonezawa : 00:03 | トラックバック(0)

2013年 07月 4日

T印刷Kさんの計らい

51l%2BSBllUDL.jpg

 T印刷Kさんの計らいで、他社編プロの編集者を含む印刷所と編プロチームとの親睦会開催。
 日常、原稿のやりとりで最も密に仕事をする現場の方々のお顔を知らないまま、入稿だけがどんどんどんどん、何年も進んでいくようなケースは極力避けたいので、Kさんのご配慮には感激だ。顔を知らないまま原稿袋のやりとりだけを行う関係性の輩もいる。
 Kさん他、集った皆様に感謝。
 
 終演後、一旦編プロへ戻り、今日のノルマ分の原稿チェックまで終え帰還。
 さきほどみっちりと書いたブログがいきなり全部消えてしまい、もっと書き記したかった記述は断念。

投稿者 yonezawa : 00:00 | トラックバック(0)

2013年 06月 25日

ワゴン車が到着

7175iFGdElL._AA1024_.jpg

 夕べの夕飯時、芋焼酎4杯と赤ワイン2杯だけでは感覚的にも大した変化はなく、深夜2時に床に就いたところ、予定して目覚まし時計をかけた6時よりも1時間前に目覚める始末。あと1時間の睡眠が勿体なくも、もはや寝付けないので本日の準備のため起床。

 極力音を立てないまま、鮭ふりかけのおにぎりに梅干しを入れて(これが鉄板で美味)、ウインナー・ソーセージのソテーと、昨日作っておいたきんぴらごぼう等で立ったままの朝食。
 
 ストラトとデジカムなどを担いで朝のJRへ。
 通勤ラッシュという壮絶なものでもないのだが、おいらにすればただならぬ程のストレスを感じながらの中央線乗車。
 つり革につかまった隣のオヤジは、自分の目の前にそれなりのスペースがあるくせに、こちらが身動きできない程身体を後ろに突き出すので異様なストレスを感じた。
 逆の立場なら、他の乗客を考慮して極力スペースの共有を無意識に心がけるところ、このオヤジはある種のケンカ腰ともとれるような傍若無人ぶり。「きっと育ちが悪いのだ。可哀想に」と無視に心がけるが、生温い背中をこれ見よがしに押しつけてくるので、こちらも臨界点までギリギリだった。
 最寄り駅でやっと糞環境から開放され、外へ出るとやはり雨。乗車時もそうだったけれど。

 事務所へ到着し、セコムを解除し解錠。
 早朝8時30分にワゴン車が到着するのでそれまで雑務で待機。なべちゃんの連絡を待ち、合流した後、神保町より某所へ向かい、某氏宅で某機材を10ケース、ピックアップ。再び神保町へと引き返した。

 そこから怒濤の特写とインタビューの数時間が経過。取材は滞りなく修了。被写体の輝き具合にうなる。関係者各位には心より感謝。
 運んだ機材を順番に返却し、夕方神保町へ帰還。雑務を経てギターマガジンF氏とミーティング。ともかく今年は怒濤の展開、確定。 
 

投稿者 yonezawa : 17:36 | トラックバック(0)

2013年 06月 24日

足立区の某所

815Owf16NlL._AA1425_.jpg

 明日の極まる撮影仕込みのため、足立区の某所へ2tトラックを走らせた。
 現地では某品を10ケース、ピックアップし、再び神保町へと引き返した。
 思いの他、首都高は空いており、予測時間の半分で往復を決め込んだ。ラッキー。
 
 夕方、久々のKちゃんサシ飯で待ち合わせ。神楽坂『すし幸』は久々だった。
 真っ当な寿司自体が久々だったせいか、卑しくも胃袋の許容ギリギリまで食べてしまうおいら。
 梯子で近場のBarで赤ワインを数杯頂く。

 明日は早朝より、生涯を通しても稀で重要で愛でたい撮影。最善を尽くします。

投稿者 yonezawa : 17:35 | トラックバック(0)

2013年 04月 17日

ロック編集者

51B1lJtJ5jL.jpg

 夕べの残酒は体感しつつも二日酔いにはならず。近年、なぜだか二日酔いになりにくい体質になった。
 昼間、C文庫ゲラと格闘。

 夜、ヤンジャン歴8年目のロック編集者Yとサシ飯の日。
 新宿『ひろ喜』が二夜に渡って当日予約不可で「なんだよ」と思っていた。Yの知る荒木町の鮨屋に落ち着く。交わされた会話の大半がロック・ミュージックの近況で、おいらの知らない分野の情報を知る時間としてもかなり有意義な空間だった。
 遅れてもうひとりのYが合流し、Barシャッフルへ移動。音楽話に拍車がかった頃、入稿を残した彼らは深夜の神保町へと帰還。週刊誌をやってる時代ならば当たり前の展開ながら、彼らのことを気の毒に思ってしまった。
 一度週刊を離れたら、よくもあんなペースで働いていたものだと人ごとになるもの。スイッチに「オフ」のない、毎日が「オン」状態の週刊誌。日々、ヤンジャン全スタッフの健闘を祈っている。

投稿者 yonezawa : 15:29 | トラックバック(0)

2013年 02月 2日

豆まきと超難題

51dmmy24cJL.jpg

 昨日のワインが少しだけ体内に残ってはいたが行かねばならない。
 3時間睡眠でRちゃんの幼稚園の豆まきを観に出陣。
 教室での子供達の様子を同じ親御さんらと見学し、昼食の頃引き上げた。
 Rちゃんのリクエストでマックで昼飯。
 帰宅してもなんとなくの気怠さを解消出来ず、ぐずぐずの一日。Rちゃんが公園に遊びに行った際、届いた対談原稿のリライトに着手。超難題。

投稿者 yonezawa : 22:51 | トラックバック(0)

2012年 12月 12日

恵まれている

 午後6時30分頃からのホーム社忘年会のことはすっかり忘れていた。スタッフの動向を見てそれに気づき、身支度をして徒歩で学士会館へ。
 数名の先輩編集者と近況を語りあい、ビンゴの始まる直前に中座して新宿三丁目へ。

 今夜は別件で重要な忘年会が決まっていた。
 編集見習い時代からの一等最初の編集者の先輩と言えば宮下さんと順二さん。楽しみにしていた彼らとの親睦会がやってきた。
 宮下さんは執筆活動もこなす編集者。つい先日、出来たての書籍を献本頂いた。

41DOCrsTz1L._SS500_.jpg

http://www.amazon.co.jp/dp/4262131300/
http://www.amazon.co.jp/dp/4522476485/

 順二さんは、おいらの書いたたけし本『Blue Film―北野武の428日』の担当編集者。
http://www.amazon.co.jp/dp/4887497113/
 実写映画『マリア様がみてる』の公式本も彼との仕事だ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4087805751/

 仮に2、3年会う機会がなくとも、諸先輩方との距離はいつも同じ。編集者としては最も古い20歳代前半の頃から今に至るまで、折に触れて再会を果たすのは彼ら二人だけ。
 新宿の居酒屋で吉祥寺のライヴ打ち上げ以来の乾杯を果たす。この宴にはゲストYも参戦。それにしても、編集者としておいらは先輩にもかなり恵まれてきたもんだ。
 
 今夜、この席で語られた映画話がどれほど重要であったか。
 鈴木清順監督の『ツィゴイネルワイゼン』の劇中出てくるこんにゃくは、当時同作の美術班だったという宮下さんが千切って仕込んだのだそうだ。初耳。
 同席したゲストYは若くしてその作品を観ており、今日の席にもそうしたいくつかの驚愕な場面があった。
 山中貞雄からキアロスタミ、ベルトルッチからガス・ヴァン・サント、北野武からなぜか吉高由里子……っと出てくる名が愉快で深い。話しは尽きぬままゴールデン街へ移動し、終電まで語り尽くす贅沢な時間。

 吉祥寺へ帰還し『闇太郎』で先ちゃんと合流。今日は神保町から新宿を中継して吉祥寺まで、都合4軒の大横断梯子酒。明日に続く。

投稿者 yonezawa : 15:29 | トラックバック(0)

2012年 12月 6日

Happy Bithday

41Okh%2Bj49OL._SL500_.jpg

 bambiハルコ、Happy Bithday。bambiには『Happy Bithday』と言う名曲がある。
 この時期はおいらも含めて知人・身内の誕生日が目白押しな感じ。東京初のバイト先の店長はおいらと同じ誕生日だったし、法政2部ジャズ研究会の同年代のある者も同じ誕生日だったことを思い出した。これは奇遇だと。
 近年、取材したフランス人美人女優のルイーズ・ブルゴワン(映画『アデル』主演)がおいらと同じ誕生日だと知った時は嬉しくて、取材空間はとてもリラックスしたものとなったっけ。

 12月発売の4冊もの本の入稿を同時に進行させていると、時に曜日の感覚も欠け落ち、完全に今日は金曜日だと言う認識で印刷所とメールのやりとりをしていた。妙なことを書いて送ってしまった。
 今日は木曜日。明日の出校を睨み、きっと責了まで大丈夫だろう……とタカをくくる。

 先週・今週で唯一の空き日だった今夜も、編集Kちゃんからのピンポイントお誘いでめでたく埋まった。今夜もヘヴィな飲みが始まる。
 銀座の三つ星寿司屋にことごとくふられたKちゃんと、最終的に四ツ谷のナイスな寿司屋「いがらし」へ落ち着く。
 極上寿司をたらふく頂き、徒歩で「シャッフル」へ。午前5時を回った頃、解散。Kちゃん、深い深いミーティングの件は承知しました。
 Kちゃんを見送り、風の吹くまま、とぼとぼ酔い覚ましに歩き、なぜか酎ハイ一杯と麻婆豆腐を食いに一人中華屋へ。
 朝、冷静になって己の行動に「何故?」と疑問符。

投稿者 yonezawa : 15:25 | トラックバック(0)

2012年 10月 29日

編集者

61ue%2BXR0q7L._SS500_.jpg

 対談原稿に集中。何度読んでもこれ以上の削除は無理、と思いながらもまだまだ最終形の倍ある原稿。わずか200文字を減らすことだけで随分な神経体力を失う。
 よく音楽専門誌などで2万字インタビューのような記事を見かけるが、あのような文字数の原稿ならどんなに楽だろう。
 2万字と同じクオリティを与える7800字の最終形を目指すのみ。
 その狭間に漫画の入稿原稿をいくつかチェックし、再び文字原稿とのにらみ合い。
 
 夜は、編集Kちゃんと、Kちゃんに紹介することになった編集Mとの会食で銀座。
 対談原稿があるおいらは、一次会でちゃんと電車帰宅。帰宅してからも文字数を1000W落としたのは編集Nちゃんにちゃんと伝えておかねば。“編集”者とはよく言ったものだ。

投稿者 yonezawa : 02:23 | トラックバック(0)

2012年 10月 24日

もう今日は寝られない

oth12092805060015-p2.jpg

 ピンクの輪ゴムで髪の毛をポニーテールにして早朝、Rちゃんは幼稚園へ。
 4万字前後のインタビュー起こしテキストが到着。この原稿をMAXで4800Wまでシェイプせねばならない。もう今日は寝られない。

投稿者 yonezawa : 02:27 | トラックバック(0)

2012年 10月 10日

『宿神』と渋谷gee-geでのライヴ告知

image005.jpg

 夕べは午前3時になる前に倒れ込むように寝た。不覚ながらS書のNちゃんに弱ったおいらを見せてしまった(笑)。
 9時には目を覚まし、沖縄から宅配手配した段ボールと手荷物の荷ほどき、そして返却されてきたギターケースのばらし作業。
 沖縄と渋谷で撮った写真と録った音源をPCに取り込み、せっせと贈呈ソフトの仕込みに入る。
 事務所に来たらば、とりたてて急ぎの入稿モノが無かったので、まさに丁度良い時期に休みを得られた感じ。急ぎの原稿がないというこの開放感。今日から新人が2人入ったそう。
 先週末にデスク回りの大掃除をやったせいで、連休後の今日は気持ちのよい環境で雑務をこなせた。
 12月出版の担当モノが大量なのですでに1冊は台割も確定させ、それ以外の単行本もあるので出来るだけの準備を進めた。
 帰宅したら宅配ボックスに、先日Rちゃんへのサインを賜った獏さんの新しい書籍『宿神』 第一巻、第二巻が到着していた。感激でむせび泣く。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022510021/
http://www.amazon.co.jp/dp/402251003X/

 『宿神』 シリーズは来月にも確かあと2冊、出版されるとか。
 獏さんのエネルギーあやかりながら、おいらも今週のライヴを無事終わらせたし。
 みなさん、お誘いあわせの上、是非! ご来場をお待ちしてます。
 
タイトル:歌え CC ライターズナイト

日程:2012年10月14日(日)
開場/開演:1800/1830
会場:渋谷gee-ge./03(6416)3468
http://gee-ge.net/
http://www.gee-ge.net/access/
料金:\2000(2オーダー・\1000別)

◆出演
1.スロラナ(バンマス/漫画家:山本直樹)
2.寸タラズ(バンマス/イラストレータ:宗誠二郎)
3.LotusRecords(バンマス/編集者:米澤和幸)19:40~(25分)
4.ストラト☆ダンサーズ(バンマス/漫画家:中川いさみ)
5.マキシダイ(バンマス/漫画家:若林健次)

投稿者 yonezawa : 19:32 | トラックバック(0)

2012年 10月 3日

闇太郎の40周年

17-315269807_2.jpg

「このたび闇太郎の40周年を記念して、有志で文集を制作することになり、その編集を担当させていただくことになりました。つきましては、米澤さんに、ご常連のお一人として文集へのご寄稿をお願いしたく、ご連絡申し上げました。下記概要をご高覧の上、何卒宜しくご検討くださいませ。」

【ご執筆をお願いしたい内容】
●お名前
●闇太郎歴 (例:15年)
●原稿 タイトル+本文800文字〜1000文字程度
 ※文字数は目安ですので、増減は大丈夫です
 ※テーマは「闇太郎での思い出」「マスターへのメッセージ」などご自由にお書き下さい。

 このようなご依頼を請け、勿論喜んで書かせていただくことになった。
 調べてみたところ、闇太郎歴はすにで11年弱。早いものだな。3〜4歳の頃のRちゃんも一度連れだったことがあったが、その件は割愛。
 原稿はご依頼を受けてから5日後に書き上げ、担当者へ送信。多分一番乗りだろうな。

 夕方、同級生の娘H来宅。近況を伺いながら、すき焼きを囲んで夕飯。
 その後、Rちゃんが寝るまでずっと彼女の相手をしてくれたので、Rちゃんがおいらの部屋に来ることはなかった。

投稿者 yonezawa : 19:27 | トラックバック(0)

2012年 09月 4日

怒濤

fn_tohten04.jpeg

 ヨドバシカメラで外付け2テラのHD購入。今日日2テラ、1万円前後で買える。これが3テラになると価格がぐんと上がる模様。機種にもよろうが。

 電車を乗り換え、作家最寄り駅から徒歩で15分。仕事場へ到着したら全身から滝のような汗。
 原稿を拝受し帰社。暑い暑い。
 コンビニ(ファミマ)でB4までの書類は80円で、夕方でも翌日の午前中着くらいで送れるのに、たまたま飛び込んだミニストップではゆうパックしかなく、B5以下のサイズにも関わらず翌日の夕方6時着(遅すぎ)で500円。「500円です」と言われて「ごごごひゃくえん!?」と声を出してしまった。
 この、他と比べてぼったくりとも言えるシステムは二度と使うまいと決意。
 間違いじゃないのかと念のため関連部署に問い合わせたところ、正規料金の最低額が500円からなのだそう。
 完全に速達料金をふんだくられ、書類を送る場合、ゆうパックとの訣別を誓った。
 
 コミックス1カバーの再校、帯の初校、コミックス2カバーの再校、帯初校、上がった本文原稿十数ページのネーム指定、入稿、後送原稿の入稿、作者へ校正刷りの輸送手配、デザイナーへの進行具合確認、関係者各位への連絡、進行具合の連絡・確認、東京JAZZのチケット受け取り手段の指示etc...っと何をどうやっているのか混乱もしてくる。

 夜、業務で御世話になるMさんとサシ飯。なんと朗らかでクレバーでナイスな夜なのだろう。

 3箇所の印刷所と3箇所の製版所、3組の作者、3名の担当者、3名のデザイナー、2社のチェッカーと同時進行でことが進むので、どの原稿を何処に入れるのか、毎度こんがらがるがなんとか消化。明日に続く。

投稿者 yonezawa : 23:56 | トラックバック(0)

2012年 09月 3日

稲作定住

fn_tohten03.jpeg

 一日やることをメモしなければ、何か1コ2コ忘れるんじゃないかと心配になったりするほど、忘れちゃならない事項がおいらには多すぎる感じ。
 ライヴに使ったアンプが午前中に返ってきた。送料1750円也。

 直接漫画家の元へ伺う予定でいたが作者より連絡が入り、引き上げが明日へ変更となった。
 事務所最寄り駅に着いたら雨がぱらついた。妙な天候。
 デスクワークに終始。
 先週入稿を終えた文庫が片付き、ちびっと安堵。しかし今月発売の2冊のコミックスはまだまだ終わらないし、息つく暇もない状態で10月刊の入稿が始まったので「終わった」感は一度もないが、やるなら瞬間に打ち上げるのみ。
 修正に次ぐ修正で、時に入れた原稿が無意味になりながらも本が完成に近づくのは気分よし。
 先日、三内丸山遺跡に行った際の、縄文対談掲載の季刊誌『kotoba』最新号の見本誌が到着。嬉しい。獏さん満面の笑顔は最上級の縄文スピリッツを含む。土曜日の打ち上げでYさんに伺った「縄文土器」が頭で鳴った(笑)。
http://youtu.be/yAt1LBR2pJo

 東京JAZZのチケットは諸事情あって第三者へ譲渡することに決断。

投稿者 yonezawa : 23:55 | トラックバック(0)

2012年 08月 30日

待ち構える

51ovIRxijKL.jpg

 朝8時に寝たが11時には稼働。
 今日も山積みの入稿原稿と、2本のインタビュー原稿の納品が待ち構える。
 夕飯も食べずにおいらなりに精査した原稿を納品し、とりあえず安堵してデザイン待ち。
 文庫、明日には終わらせたし。晩飯は23時。ひっそりと自家製飯。シメジ&野菜炒めに、トマト&サニレタスサラダと、18歳の娘どもにえらく大好評だった卵焼き、ソーセージそてい、キムチ、高菜、梅干しにご飯茶碗一杯。

投稿者 yonezawa : 02:32 | トラックバック(0)

2012年 08月 24日

お泊まり保育

51h57NEfznL.jpg

 容赦なく照りつける太陽の日差し。
 昼過ぎ、単行本2冊の校了を終え、文庫のカバー類初校を表参道のデザイナー事務所へ中継。修正データを作成し、トンボ帰りで編集部へ。
 入稿直前のコミックス:カバー回りを確認してようやく入稿。

 9月売りのコミックスは後1冊分本文残し。やること山積みながら、ちびりちびりでも入稿が片付くのは気持ちよい。明らかにもの凄く仕事した実感の一日。

 今朝の明け方、禁断の独りつけ麺をやってしまったので今日は22時前に食べた夕食まで、水分以外は何も口にしなかった。というか腹が減らなかった。
 帰宅したらば、作ってあったカレーライス、豆腐、ところてん、キムチ、梅干しで一食だけの食事を済ませた。
 8/20発売のSPA!見本誌が到着。九州土産にLED ZEPPELINとAC/DCのTシャツ。ありがとう。帰宅して、今日Rちゃんはお泊まり保育の日だったことを思い出した。残念。

投稿者 yonezawa : 17:36 | トラックバック(0)

2012年 08月 15日

入稿の3乗

51ZRWA0Q5EL.jpg

 入稿して入稿して入稿。3冊同時進行だとこの入稿の3乗なイメージ。
 遅い晩飯は久々に編集Kちゃんと。銀座の和食を頂き、ワインバーを梯子し久々に白ワインで乾杯。終電ドンぴしゃのタイミングで帰途に。Kちゃんに盆休みはなく、9月に休暇を取るそう。

投稿者 yonezawa : 00:19 | トラックバック(0)

2012年 08月 4日

最終版を構築

main_ph.png

 終日、部屋の掃除。だったかな……やり出すと止まらない。
 夕方、縄文対談原稿最終版を構築し直し、ルーキーNちゃんに委ねた。
 そして掃除の続き。Tシャツが重くなった夜中、ようやくシャワーを浴びる。

投稿者 yonezawa : 11:33 | トラックバック(0)

2012年 07月 13日

一日中ガム

band27.jpg

 ふと某氏の誕生日が近いなぁと思い立ち、ロフトで湯飲みと箸を購入。

 デスクワークでやること山積み。本気で山積み。この2日、呑んでいないぐらい(呑まなくてよい)。
 朝、そうめんを食べた以来、一日中ガムを嚼みながらもの凄い数のテキストを書き散らかす。
 面識もないまま、それなりの長期に渡る仕事が押し迫る中、件の第三者へ案件内容をお伝えするだけでなかなか一仕事。これが複数件重なると結構な仕事量ともなる。

 一段落ついた夜中、もやし、ピーマン、しめじ、キャベツ、にんじんなどを刻み、ポン酢で合え、鰯の塩焼きとロースハムを1枚炒め遅ーい晩飯。
 メモを取ることもなく、何も考えずに笑える映画でも観にいきたいもんだ。
 故障中のハンディカメラをDEODEOのKに宅配便にて委ねる。

投稿者 yonezawa : 18:42 | トラックバック(0)

2012年 06月 5日

キナ・グラニスとkotoba

61zSjTqPQOL._SS400_.jpg

 「1st.シングル“イン・ユア・アームズ”が日本のラジオで一番オンエアされている注目のシンガー・ソングライター『キナ・グラニス』が来日、代官山にてスペシャル・ライヴを行います。この機会にぜひご覧いただければ幸いです。Kina Grannis Live & Meeting」

 このようなメールをJ社Uちゃんから戴いており、本日、漫画編集者のSを誘って観戦に。
 カリフォルニアの爽やかな風を感じさせるようなライトな弾き語りシンガー:キナ・グラニス。その世界観には、過去にインタビューしたコルビー・キャレイを思い出していた。

 ギターの弾き語りでおいらの人生に最も歓びを与えてくれたシンガーと言えば、真っ先にリサ・ローブの名が思い浮かぶ。
 Sにはそのリサの名盤『ファイヤー・クラッカー』を贈呈。
 恵比寿の駅界隈の居酒屋へ飛び込み、失速K野も合流して終電までの乾杯。
 
51eqmFlAneL._SS500_.jpg

 絶賛発売中の季刊誌kotoba(集英社)第8号
http://shinsho.shueisha.co.jp/kotoba/
には、夢枕獏さんと#2宇宙学者:佐藤勝彦先生との対談連載記事が掲載。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0085MLZG8/
 ちなみに、この号↓から獏対談の連載開始。対談#1池谷裕二さん。
http://www.amazon.co.jp/dp/B007AHRG8A/
 みなさん、是非読んでくださいませ。

投稿者 yonezawa : 21:25 | トラックバック(0)

2012年 05月 30日

オンパレード

51lwdhiAopL._SS500_.jpg

 外出して、小走りで駆けるとすぐにTシャツが汗で滲んでくる。今日はなかなか暑い。

 ベーシスト哲妻に賜ったRちゃんギフトを手渡そうと無理くり早朝起床。
 満面の笑みで包みを開けるRちゃんの笑顔を見るだけで寝不足はどうでもいいものとする。
 哲の家族に感謝。

 午前中より、校正刷りに待機してデザイナーからの修正終了の連絡待ち。
 元ワーナーミュージックにいらしたMさんが近所にいらしたので、打ち合わせを兼ねた遅めのランチ。レコード業界の不況も未だ底知れず。

 デザインUPの連絡を受け、渋谷へ。修正ポイントを確認して即帰社。印刷所には裏受付に到着する時間まで知らせる程の急ぎようで、ダイレクトに入稿を果たす。
 他、別誌の校了を平行で見終え、担当として手がけるコミックス本文再校をチェック。チェックチェックのオンパレード。ああ〜ストラトがもう1本欲しい。

http://shissoku.com/
http://shissoku.com/2012.html

投稿者 yonezawa : 21:24 | トラックバック(0)

2012年 05月 25日

入稿とRちゃんとおにぎり

09b261591d17610cff183a5ec54a1c78.jpg

 明け方、待ちに待った単行本カバー・デザインがデータ納品された。
 ろくに眠れないまま、関連部署へ必要な連絡事項とデータの送付を終え、ほんの数時間寝て7時起床。
 リビングでご飯を食べてたRちゃんと平日の午前中に遭遇。
 「あ!」という、本来起こしてはいけないハズのおったんが起きてきたものだがら、手をとり何かして遊ぼうとするが「Rちゃんもそろそろ幼稚園へ行く準備をしなきゃならないでしょ?」と諭し、「じゃあおったん、少し寝るね」と父は部屋へ去った。
 登園のため身支度を始め、玄関に向かったRちゃんだったが、その際おいらの部屋のドアノブが一瞬回った。しかしドアは開けないまま出ていったみたい。
 今だけなのだろうが、しみじみと貴重で重要な時間だ。

 しかし、おにぎりとは何故にこうも美味いのか。
 「学生時代、冷えたご飯を生理的にどうしても食べられず、母に言い出せないまま、母の作った弁当のご飯の部分だけを毎日捨てていた」……というK先輩の話は驚愕だったが、おいらは冷えた飯も温かい飯も大好き。
 自分が蕎麦アレルギーである故、例え冷えたご飯を食べられないと言う人のことも特別とは思わない。だが、一言、母にその旨を伝え、どうにか理解してもらえばよかったのに……と他人の青春時代に悔しい思いを抱くおいら。

 朝、茶碗一杯の飯とRちゃん弁当の残りにあった豚カツをほおばり、作ってもらった弁当を持って外出。昼食で食べるおにぎりは今もやはり楽しみなのだ。結局、母は偉大だ。

投稿者 yonezawa : 17:44 | トラックバック(0)

2012年 05月 2日

長〜い雨

51BFuStwMIL._SL500_AA300_.jpg

 録画しっぱなしにしていた日曜劇場『運命の人』 |(TBSテレビ)を最終話の手前まで、朝6時まで3話一挙鑑賞。観出したら最後まで観続けさせる奇妙な熱を感じる久々のドラマ。
 西山事件をベースに描かれるフィクションとノンフィクションの狭間。

 本来なら本日深夜の校了だったコミックス原稿のはずが、えらく出校時間が早まったそうで夕方より臨戦態勢。
 雨の中、せいぜい2時間で終わるだろうとタカをくくり、車で編プロへ。

 駐車場着。駐車代金が「30分400円」という表示に躊躇しながらも他の駐車場を知らないのでやむなく諦める。
 結局夕方より23時近くまでのみっちり作業となってしまい、駐車料金は4400円。ホントに無念。飯は帰宅後だ。
 雨は全く止む気配なし。

投稿者 yonezawa : 01:23 | トラックバック(0)

2012年 03月 15日

もりもり

319CEc1BJVL._SS500_.jpg

 夕べのSはまぁいいとして、Kさんの酒豪ぶりは何なんだというぐらいの物静かな豪快さを、改めて認識していた。夕方まで続く長期二日酔いの様相。今日何らかの取材をしたら「酒臭い」と悟られ、隠しきれなかったろう。
 続々と到着する文庫の初校をもりもり校了。水分補給と校了の繰り返し。

投稿者 yonezawa : 13:52 | トラックバック(0)

2012年 02月 14日

Margaret

41f99B42OaL._SL500_AA300_.jpg

 午前8時過ぎには起床し、正真正銘のロックシンガーと認識しているLさんのインタビュー取材のため市ヶ谷のソニーミュージックを訪れた。
 わずか1年足らずで著しい成長を遂げるLさんの真摯な熱が伝わる素晴らしい取材空間だった。Lさん&スタッフのみなさまに感謝。可愛らしいチョコには感激。
 社内フロアでジェイク番のKAZYを見つけ、ランチをご一緒することに。KAZY感謝!
 
 神保町へ帰還。S社Mさんとミーティングを終えた後、編プロで校了。
 
 夕方、青山へ。日本屈指の大物ミュージシャンIさん事務所でミーティング。

 神保町へ帰還。再び編プロで校了。
 
 夕方、神保町の中華屋へ。集英社が発行する日本の月2回刊少女漫画雑誌『マーガレット』 (Margaret) の懇親会に参加。
http://margaret.shueisha.co.jp/
 カメラマン率の高いテーブルでビールと焼酎を飲んでいたら、遅れてカメラマンの貫がやってきた。
 編集部全員のみなさまをご紹介いただき、とても和やかな空間に心が和む。
 河岸を変えて貫と二次会のバーを訪れたところ、偶然、編集長Sちゃんを除くマーガレット編集部の全編集者が交代で入ってきた。
 「んじゃあ一緒に飲みましょうや」と宅を囲み、爆笑の世が更ける。全員、とにかくナイスなスタッフばかりでSがちょっと羨ましくなってしまったよ。
 皆様、お疲れさまでした。&感謝!

投稿者 yonezawa : 11:37 | トラックバック(0)

2012年 02月 1日

美味しいおにぎり

51tu59h1gXL._SS500_.jpg

 夕べの日本酒のせいなのか、なんだか顔が火照っている。
 あるいは「すわ風邪か?」と思いながらも、目の前にある原稿整理に時間を費やす。

 宅配便で届いた2人のミュージシャンの音&映像資料を再生。
 今の時代は、いくら盛り上がっている案件(現象)がどこそこにあっても、片方では多くの人が認知していない──というような、完全に分離した、偏る情報がそれぞれで交錯している時代だとしみじみ感じ入る。
 LiSAというシンガーは昨年暮れにプレゼンされ、ライヴを観るまでまったく知らなかったが、その盛り上がりと、そこに付随するメジャー情報は決して小さなものではなかった。
  
 遅い夕飯は久々の西荻窪。
 F社の編集者Sさんと前半は初のサシ飲み。今後の仕事の打ち合わせを兼ねた親睦会。
 やや遅れて、地元の大御所作家が合流。話題のほとんどがアプリの話ばかり。
 レトロな映像が撮れる動画や、まるで鉛筆(や、色鉛筆)で描いたような塩梅で写真が撮れるアプリに驚嘆。大変な時代である。
 漫画家は、もう背景に困らない。いや、そんなことはないか。
 焼酎のお湯割り、最後に美味しいおにぎりをいただき、Sさんにゴチになった。感謝!
 しかし外の寒いこと。

投稿者 yonezawa : 16:28 | トラックバック(0)

2012年 01月 27日

早朝

31yS62vwkQL._SS400_.jpg

 早朝、帰宅した瞬間、Rちゃんが玄関にかけつけた。
 自分の父親が何の仕事をしているのか、あるいはこの時間まで何をしていたのかと考えることもない様子のまま、飛びつき、絡みつき、わずかな時間だけでも遊ぼうと手を引っ張ってくる。
 しかしあと30分で登園の時間。彼女を玄関まで見送り、おいらは倒れるように寝た。

 結局夕方まで、夕べ(というか今朝まで)の酒は体内に蓄積されたまま。
 新しい取材記事の確認を経て、数名の関係者をリストアップ。
 月末までと期限を指定されている健康診断には果たして辿りつけるのだろうか。

投稿者 yonezawa : 16:25 | トラックバック(0)

2012年 01月 5日

1284636.jpg

 仕事始め。帰宅の道中、首筋から入り込む風がえらく寒かった。
 帰宅するまで飯の気分になく、帰宅してからありもので簡単に遅めの夕飯をこしらえた。

 「食べログ」の順位操作、消費者庁が調査…というニュースの件「月5件の書き込みで10万円の報酬」…という具体的システム自体にげんなり。多かれ少なかれ、昔から存在したであろうヤラセ業者ながら、総括的にやはりげんなりするばかりのニュース也。

投稿者 yonezawa : 22:04 | トラックバック(0)

2011年 12月 28日

仕事納め

31xHxuwN%2BNL._SS500_.jpg

 なんだかんだとデスク回りを整理していたら、時計の針は早くも20時近くに迫っていた。
 今日こそは早々と引き上げ、買い物だなんだを済ませるつもりだったがこんなことに。

 仕事納めの本日、約束の地:神楽坂に集ったのはA社とS社の、レコード業界仲間。
 Sが予約してくれた焼き鳥屋はナイスな物件で、結果として結構な量の串をコースで平らげた。
 互いに気遣いがない……というわけではないのだが、10歳以上も違うこの面々というか、この4人というパターンで集うことは稀にあり、しばらく前にはS宅でホームパーティまでやったという仲。シンパを感じる貴重な連中だと言えた。

 メンバーうち2名は下戸ながら、徐々に酔う中年2人に合わせた話も上手に盛り上げてくる。逆にもし自分がそうした素面であったなら、まったくそういったテンションにはなれなかろう。
 ノンアルコールで酔っ払いに付き合う輩には感心すらする場合もあり。
 かくして愉快な時間は一瞬にして過ぎ去った。

 偶然、カウンターの横に元映画人のKらしき人物が腰掛けてきた。
 しかし女性の顔は日によって微妙に違って見えるもの。しかも彼女とは確か2、3年は疎遠の時間が経過していたので、正直、明言する自信がなかった。流れに任せ、タイミングがなければ帰り際にでも一声かけてみようかと話に夢中になっていたところ、しばらくして「米澤さん……ですよね?」と声をかけらた。「ホレやっぱり、Kちゃんじゃん!」っと胸のつかえが取れる。
 Kちゃんとは年明けいずれかの再会を約束。こうしてまた、嬉しき飲み仲間との予定が埋まってゆくのだった。

 Sとは同じ最寄り駅でもあり、共に帰途につき、改札で双方を見送った。
 次回の面子は、もう1人〜2人増えそうな感触。

 ともあれ2011年の仕事にはとりあえず区切りをつけた。

投稿者 yonezawa : 05:11 | トラックバック(0)

2011年 11月 29日

猟犬探偵

51YrQvghdVL._SL500_AA300_.jpg

 睡眠時間はあまり得られないまま午前中より稼働。
 二番のりの事務所到着で即時入稿作業開始。
 12月20日発売・愛蔵版コミックス『猟犬探偵/谷口ジロー 1巻』の入稿も佳境となった。
 修正事項を確認しながら、関連部署を回して今日も入稿にあくせく。
 ルッカ帰りの谷口さんは、またしても最高傑作を更新する。

 一昨日、外出した際に紛失したと思われたたまごっち。部屋のどこかで音がするかと思ったら意外な場所から発掘され安堵する。あんなものを2コも買う羽目になるかと思うだけで心によくない。
 Rちゃんだけはその機械音が聞こえていたそうだが、おいらには全く聞こえなかった。

 スマホ、先方に電話をかけると勝手にスピーカー機能(オン・フック)が立ち上がり、むちゃくちゃかけにくい場合が昨日あって辟易。
 記憶していたハズの電話番号が見つからず、出るはずの寿司屋が電話に出ない。なぜだ!
 スマホ、なんだか妙な感じ。

投稿者 yonezawa : 18:04 | トラックバック(0)

2011年 11月 25日

まだ酔っている

61pNrcydYGL._SL500_AA300_.jpg

 夕べ、編集Sとの久々の親睦会には、深夜にルーキー編集Tも加わり賑やかな飲みに展開。
 なんだかわからないが、もの凄く気持ちのよい飲みだったと回想しながら、最後に食べた豚骨ラーメンのことを思い出していた。やっぱり喰ってしまっていたかと。
 
 当然朝から身体が重い。頑張って朝食の焼きそばは綺麗に平らげた。
 事務所に到着してもまだまだ酔っている感覚で、結局夕飯を食べる頃も本調子には戻らず、終日身体の重い一日が過ぎる。その間、怒濤の校了。

 立川談志の落語を収録したMDが、確か十枚ほどどこかにあったハズ。探してみよう。
 数年前、FMのある番組でビートたけしがパーソナリティを担った回にゲストとして登場した立川談志。その際の、もの凄いクオリティの内容だったことを、今また思い出した。

投稿者 yonezawa : 02:39 | トラックバック(0)

2011年 11月 21日

苦手

512msOz-plL._SS500_.jpg

 昨日の有楽町〜五反田呑みで傘を無くした。
 夕方、吉祥寺ではスコールのような雨が突然振り出し、家を出る直前に傘をさす羽目になったが、銀座地区へ到着したら雨の痕跡は微塵も感じられず。
 なので、移動中のどこかで忘れて「無くすだろうな」と予想していたが予想通り。

DCF00036.jpg
 
 昨日の酒はタップリ残っている感覚の中、気張って朝食のコロッケ2コを平らげる。
 デスクワークをさばき、近場で某氏打ち合わせ。昼飯を食っていなかったことを思い出し、ミックスサンドも注文。
 夕方、カメラマンTがスキャナー持ってきてくれた。Thanx!
 今後、どれだけ時間がかかるのか考えると気が遠くなる思いながら、これから重要なアナログ写真を出来る限りデジタル化するつもり。苦手なんだけど。

投稿者 yonezawa : 18:03 | トラックバック(0)

2011年 11月 7日

適任者

9d947f86.jpg

 S社のTさんとは初めてのサシ飯だった。
 初対面の日より、Tさんが人格者であるニュアンスは彼の物腰で勘づいていた。
 待ち合わせの場で「米澤さんの知ってらっしゃる店で」というノリで地下鉄に乗り、ノンビジョンのままなんとなく「池林房」へと向かっていた。

 蒼々たる出版社遍歴をお持ちのTさん。現在は某雑誌代表を務めておられる編集者だ。
 雑誌のボスとは、「この人の喜ぶ顔が見たい」と思わせる人間性を有する人こそが適任だ。
 外部の出入り業者、社内全般、時には、まさに同じ編集部員からもまるで人望のない編集長にはほとんどあったことがないが、Tさんは稀にいたそんな不幸な人間ではなく、べーシックに等身大の魅力を放つ真っ当な編集者だと感じている。
 そこそこのつまみを頂きながら、まだちゃんとキープが残っていた芋焼酎をロックで流し込みながら、世のカルチャーの話を思いつくまま語り合っていた。

 先方、使える経費もそれなりにおありだとは察するのだが、終電で共に西武線帰宅。
 己自身で顧みるいくつかの項目を頭で反芻していた。

投稿者 yonezawa : 16:35 | トラックバック(0)

2011年 11月 4日

悪い寝起き

304626_277644318913364_113151325362665_1202474_552965891_n.jpg

 鼻風邪気味で居心地の悪い寝起きだった。
 少し熱ぽいが気のせいか。気のせいにしとこう。気のせい。

 夕方より早めに出てきたコミックスの校正刷りを速攻関連会社へ中継。
 この手際の早さをわざわざ印刷所の担当者Iくんに伝え、驚かせる。
 夜、会食の約束だったT氏との予定は週明けに延期。
 それに関する一連のメール送信が先方に届いてなかったそうで、それも何通も行ってない事実が判明し、ちょっと困った。原因が分からない。
 一つ問題が片付けばまた一つ問題勃発。スマホとの相性、まだまだ悪いまま。

投稿者 yonezawa : 16:31 | トラックバック(0)

2011年 10月 26日

THE BOUZ

41E9FFyjX7L._SS400_.jpg

 起きがけから、長袖のシャツが必須の気候だと体感させられた。
 またしても慢性の睡魔が我慢ならずきつい。いつもと同じ睡眠時間程度のはずなのに、椅子に座ったまま午前1時にはコクリコクリ船を漕いでいた。
 月末の某リハに向けて、ボチボチ真剣に弾く準備をしなければならないが、この調子だと平日の夜中にしても厳しそう。

 YouTubeをネットサーフィンしてたら、THE BOUZの音源を発掘。
 25、26年昔だったか、横浜ビブレでの彼らの演奏を聴いた日のことを思い出したところ。
 あの時、フェンダーのアンプで鳴らしていたチャーのストラトの音を凌ぐファズサウンドは安易に思いつかない。ホントになかなか遭遇出来ない程の音の良さだったことを回想する。
 ギター、アンプ、共に最高のコンディションであり、おいら好みの色彩だった。

 おいらにしても、ギターは当然ながらアンプもきっとこのままフェンダーで貫き通す確信のようなものがある。生涯。

投稿者 yonezawa : 14:25 | トラックバック(0)

2011年 10月 25日

延々

41-1AYbNTpL._SS400_.jpg

 全身が赤ワインに浸っているような気分で目覚める。
 顔を洗って歯を磨き、作り置きされていた唐揚げとキャベツの千切りとフライドポテトでご飯。
 最寄り駅で銀行へ。繰り越ししなければならない記帳部分があり、営業中に口座のある銀行へ。
 身体が重い。
 デスクに着くと印刷所からの刷り出しがどんと乗っかってた。単行本の校了と、新規愛蔵版の仕組み確認と入稿作業が連なる。延々デスクワーク。延々。

投稿者 yonezawa : 14:22 | トラックバック(0)

2011年 10月 6日

官房長官適任者

298256_277644515580011_113151325362665_1202484_1793489698_n.jpg

 このおよそ10年間の取材写真を整理し、ほんの一部をDVDにセーブした。
 ほぼすべての取材対象者が、その瞬間の心情を真摯に語ってくれた歴史を回想しながら、取り込まれてゆくスチールに魅入った。

 夜、おいらの思う編集・官房長官適任者F、そして本日ゲストのT社Iちゃんの3名で神楽坂へ。
 Fの招待してくれた店がまた嬉しい。
 本人に何度も伝えているが、ちょっとだけ後輩なFの物事に対する見方のセンスは一目置く感覚を抱いており、ここ一番の重要なあらゆるポイントでは折に触れ相談するおいらだ。

 ワインがメインの高級和食屋でコース料理。
 およそ1本分程度の赤白ワインをいただき、同じメンツで次回の親睦会も約束しながら中央線に。
 沿線の事故でものすごく混雑していた車内は、通勤ラッシュのような有様で辟易。

投稿者 yonezawa : 17:26 | トラックバック(0)

2011年 09月 14日

ハイチュー

LKSM_2.jpg

 酷い頭痛。しっかり二日酔い。
 シャワーを浴びているとRちゃんがドアを開けてきて、初めてハイチューを食べたことを報告してきた。まだまだあらゆる食べ物、食べたことのないものばかり。

 インタビュー原稿を整備し終え送信。本日ノルマの小冊子原稿確認。
 夜、敬愛する編集者hさんと有楽町サシ飯。ところがこの貴重な席の後にも帰社しての入稿が待ちかまえていた。hさんとの酒の日は絶対に後の予定を入れたくなかったのにかなり残念。
 hさんより、おいらの知らない優れたギタリストをご教授いただき、また一つ知識を増やしたおいら。
 都営線で神保町へ引き上げ、終電よりやや手前の電車に間に合うよう、最終校正。
 事務所ではまだ2人の編集者が作業を行っていた。

投稿者 yonezawa : 17:04 | トラックバック(0)

2011年 08月 25日

METAMO

51QVTJvJ40L._SS500_.jpg

 フランスのB、映画監督のTさん、打診中の取材企画など、それぞれメールでの確認作業が続く。
 某誌に、ある崇高企画を投げたのはもう2週間前後前なのに、まるでリアクションがない。あら不思議。
 取材のあるなしに関わらず、なんらかの返事を賜りたいと思う伝言と文面でお伝えしても、まぁ反応なし。こうした対応によって、その媒体をどのような人たちが運営しているのか、伺い知れると考えてしまった。
 待つしかないが、それにしても異常な遅さだ。
 業を煮やし、取材対象者へのここまでリアクションの遅れた説明もあるので一昨日、昨日と某編集部宛に2度電話を入れた。それでも直接の担当者という人物を特定されることはなかったが、よーーやく昨日代表の方から電話を頂けた。
 結論、ボツ。
 まったく解せない残念な時間が経過してしまったが、次の展開へと頭を切り換えよう。
 
 夜、ふいに編集Yと飲みたくなり声がけしたところ、併せて編集T&Hも合流しますとの嬉しき展開に。4人の面々にて四ツ谷で九州料理をいただくことに。
 入稿のある連中は3時間弱で帰社してしまったが、こうした空間はやはり心地が良く大事な時間であると感じてしまう自分だ。T、Y、H、ご馳走さまでした。

 ところで、今日Yに聞くまで知らなかったスティーヴィー・サラス来日の情報には驚いた。
 おいらこそが真っ先に知るべき来日情報だと言うのに。

http://www.metamo.info/
http://www.metamo.info/news/237111300.php
 
 メタモルフォーゼでのS.サラスのステージは、05:50 - 07:05 STEVIE SALAS and BERNARD FOWLER presents the I.M.F's feat. Juan Alderete and Jara Slapbak とどえらい時間となっていた。
 しかし、前々回新宿で乾杯したジャラも来るようなので、今回も是非とも会っておきたいものだ。どうなることか。
 そう、この夏スティーヴィー・サラスはフェス「メタモルフォーゼ」にやって来るのだった。
 取り急ぎ、本人に滞在中のスケジュールを訪ねるべく、これから質問メールを投げなきゃならん。

投稿者 yonezawa : 00:32 | トラックバック(0)

2011年 07月 28日

番組収録

main-3.jpg

 正午、いつもの神保町へ到着。
 漫画家:江口寿史兄が、関西テレビのとある番組収録でロケをやるというのでお供することに。
 先ちゃんがデビュー間もない頃、集英社の社屋(少年ジャンプ編集部内)に缶詰になっていた時期があったことはファンの間では有名で、おいらも学生時代からその混沌とした歴史は認識していた。
 そのビルは今も現存している。
 事務所内のその一角は当時“執筆室”と呼ばれていた。35年くらい昔の一時期、漫画家:江口寿史が衣食住のすべてをまかなっていたというその同じスペースに椅子とテーブルを置き、インタビューが始まった。
 
 一旦事務所へ引き上げ、入稿、雑務を終え、最後の収録地となった居酒屋へ再び合流。
 そちらでは、江口寿史初代編集者であった懐かしのYさんとの2ショットを抑えるという演出で撮影。実際、お2方共しばらくぶりの再会となったようだ。
 当時先ちゃんが21歳でYさんが27歳。今考えればなんと若い編集者と作家なのだろう。
 その若かりし頃の2人が、あの傑作コミックが生まれる現場にいたことは紛れもなき事実。毎週毎週発売になる、その漫画誌:少年ジャンプを、当時九州にいたおいらはどれほど楽しみにしていたか。

 収録も滞りなく終わり、河岸を変えて再び居酒屋。
 先ちゃんとYさんの話が刺激的だった。

 一旦、ギター個人練習のスタジオ入りのため中座させていただき、その後、また別メンツの大勢で盛り上がるカラオケ屋へいた先ちゃんと合流。1曲だけ歌って近場の居酒屋へ移動。
 明後日、共にライヴで奮闘するK&Tと合流し、ほどほどの深夜まで痛飲。
 関西テレビ:Sさん、長丁場のおつきあい、お疲れさまでした。 

投稿者 yonezawa : 16:51 | トラックバック(0)

2011年 07月 27日

アナログデジタル変換

8/7(日)14時〜15時出演決定。
UEDA JOINT(長野県上田市の夏フェス)
http://www.uedajoint.com/
The Real Jazz Tribe

Hide Tanaka ( Keyboards )
Kazuyuki Yonezawa ( Guitar )
Tetsu Ikeda ( Bass )
Great Gidayu (Drums )


main-2.jpg

 地デジだが、我が家の契約するJCOMにはアナログデジタル変換という機能が備わっているそうで、壁のアンテナ端子からブラウン管のテレビにダイレクトに繋いでいる線のそのままで、今も変わらずテレビを視聴出来ている。
 アナログ放送終了の瞬間から、そのまま視聴出来たのには逆に驚いた。
 そのまま視聴出来るというその情報は(こちらが気づかなかっただけなのかもしれないが)きちんと知らされていなかった感じ。
 メインのリビングのテレビはそれなりにヘタってきてたので、そちらに限っての買い換えは問題なしだが、ギター部屋のテレビも危うく併せて廃棄しそうだった。MacにUSBで繋ぐ地デジチューナーも購入しなくてよかった。危ない。
 廃棄処分の手続きを取りやめ、用途としては充分なこのブラウン管にはまだまだ活躍してもらうとしよう。

 夜、予定されていた歓送迎会には出席せず。8/1発売、週プレ掲載の「ゴミ発電」記事、無事納品完了。

投稿者 yonezawa : 16:51 | トラックバック(0)

2011年 07月 13日

白ワイン3本

516cgXtJ%2BSL._SS400_.jpg

 初のメンツで、伸ばし伸ばしになっていた飯会がようやく叶うことに。
 編集SとHの3人で恵比寿の寿司屋へ移動。

 Sとは1、2年前、編集スタッフTの披露宴の3次会後ぐらいのラーメン屋で飲んだ以来だったか。OHとは先日それなりの人数で飲んだ席で一緒だったが、席の具合もあり、ほとんど話し込むこともなく終わったので、この少数での飲みはおいらの希望でもあった。

 白ワインを空けたと思ったら、そこからさらに2本が空になった。寿司、美味い。結局、各自1本ずつ飲み切る計算になり、支払いの金額には目玉が飛び出た。

 近隣のバーに河岸を変え、愉快に語り合っていたら店主に「少し静かにしてください」と釘を刺される。そんなにうるさくなかったはずなのだけれど。
 やがて最も若い編集Hも加わり、場はさらに賑やかに。

 Sと別れ、残った3名でまさかの新宿ゴールデン街へ。おいらはもう限界だったが、この場の空気を共有したかったので踏ん張った。
 カウンターではほとんど1杯程度しか流し込めず、飲み体力の低下を自覚しながら帰途に。
 S、OH、H、とにかく理屈抜きに楽しかった。日常のくだらない障害は上手に乗り越え、自分の信じる道を進みなされ。おまえらは大丈夫だ。

投稿者 yonezawa : 00:07 | トラックバック(0)

2011年 06月 24日

鰻専門店

o0750075011304357250.jpg

 汗をぬぐいながら事務所着。クーラーの効いた室内に入ると徐々に汗は引いてくるが、今度はクーラー直撃の席故、段々寒くなってきた。風の来る場所に段ボールで仕切りをつくったまま、コミックス入稿関連の下準備を行いつつ、次回インタビュー企画の下ごしらえ。

 飲みが続くときは延々続くものだが、今夜は毎回楽しみにしている編集Sとの外せないサシ飯み日。
 新宿歌舞伎町で鰻三昧な鰻専門店で爆食。ええ店教えてもらった。その後、ゴールデン街を一軒ハシゴしたものの体調のテンションが上がらず、というか満腹すぎたせいで大人しく解散。
 「一軒目で食い過ぎると飲み過ぎない」という個人的定理に対し、若きSは「もう消化が始まりました」と豪語。参った。

投稿者 yonezawa : 12:14 | トラックバック(0)

2011年 06月 7日

最重要書類の作成

51y7xHjvYlL._SS500_.jpg

 しっかり二日酔いを自覚しながらも最重要書類の作成に。
 夕飯時に、S社Kさん、Hさん、WO社Yちゃん、W社Oちゃんとのミーティングを予定していた。打ち合わせ場所には静かなところを想定し(おいらは食べられないが)K氏馴染みの蕎麦屋を予約。
 到着したらば、店内は大勢のオヤジ・サラリーマンで席は埋めつくされ、まぁ〜うるさいったらない酷い環境の場所となっていた。大失敗。だが仕方なし。

 ビールで乾杯。二日酔いのおいらは温かいウーロン茶でスタート。
 それぞれ異分野の者同士が意見を出し合い、今年おいらが睨む、おいらにとっての壮大なプロジェクトの布石を投じた瞬間となった。
 この数週間は頭であれこれ妄想を繰り広げ、どういった手段を踏めば企画を現実に導けるのかのシミュレーションを繰り返していた。
 まさに本企画のブレーンと言える頼もしき面々のアイディアを賜り、また一歩前進した今日は最高の気分。外枠の構築は良好。後は二日酔いを覚ますだけのところ、2件目では赤ワインを開けてしまっていた。

投稿者 yonezawa : 13:59 | トラックバック(0)

2011年 05月 17日

パスワードを要求

CA3A1439-0001.JPG

 朝、3/10購入のiMacを立ち上げる。
 ログアウトしてないのにログアウト後の画面表示がされ、パスワードを要求される。
 腑に落ちないまま正式なパスワードを打ち込む。
 打ち込む際、文字は見えないように黒丸として表示されるのだが、その表示されるまでの時間が異常なほど遅い。タイムラグも甚だしく、打って3〜4秒後に遅れて記される感じ。
 明らかに異常。
 画面には一瞬「ログインしています」のメッセージが出るものの、やがて前と同じ再びパスワードを問う画面に変わりログインできない。
 画面を1つ戻り「再起動」の指示をしても再起動してくれず、埒があかない状態に。

 購入先のMacストアへ連絡し、「OSの再インストールを行うしかない」と判断し、CDから読み込ませるための手順で行ったところ、なんだか分からないが自然に通常画面に戻った。
 
 専門家もおいらもこんな現象は初めて。コンピューターの謎というか、気まぐれな故障のような症状はつきものなんだなと、項垂れながら認識。

 遠く離れた母のパソコンをこちらで管理しようなんぞ、そもそも無茶な話なのだろう。使い続けるしかないのだが。

 夜、敬愛する先輩Fさんにお誘いいただき飯。原発、フランク・ザッパを口火にロック談義
で盛り上がる。Fさん感謝。

投稿者 yonezawa : 11:25 | トラックバック(0)

2011年 05月 12日

メビウスのジミヘン

51nBOcIGvKL._SS500_.jpg

 じめじめの雨の模様がわずらわしい。
 ジミヘンを描いたメビウスのイラストにまたも見入ってしまった。
 
 朝、登園前にご飯を食べているRちゃん。クールな態度で「おかあさんといっしょ」を凝視しながら黙々と食事中。
 彼女を玄関まで見送りし、そのままワイドショーを点けていたら人気TVタレント訃報のニュースが流れた。驚く。とりたててよく知る方ではなかったが、こんなに若くして命を絶ってしまったパブリックな若者がいるだけで気持ちが落ちた。

 そう遠くない未来を指してちょっとした可能性の感触を得た。立ち上げたばかりの企画成就を目指しての作戦を、まさに本日より練る意欲が沸いてきた。
 iTunesでファズギターの炸裂する音源を選んで流しつつモチベーションをアップ。

 新規コミックスの担当を受け、せっせと準備。
 夜、編集T氏と久々の飯。四谷から新宿へ。五月雨は続いていた。

投稿者 yonezawa : 18:00 | トラックバック(0)

2011年 03月 31日

@shueisha.co.jp

CA3A1433-0001.JPG

 本日をもって、およそ22年間あまりお世話になったヤングジャンプ編集部を離れることになった。
 関係者各位へお送りさせていただいたメールは、温かいメッセージとなって返信賜り、その普通の距離感に嬉しさがこみ上げた。
 22年という時間が経過する最中、幸運にも知り合う機会を得た多くの仕事仲間は、時に同士となり、戦友となり、隠し事の一つや二つを共有するぐらいの友ともなった。

 そして、なんといっても数多くの作家と出会えたことは、この業界にいてこその幸運と言えた。
 華々しいメディアの中でしかお目にかかれなかった多くの著名人の方々とも、たった一度の取材に始まり、まさかその日から何年もお付き合いすることになるとは。
 編集者とささやかなミュージシャン活動の中で得た、人と人との繋がりはまさに生涯の宝だ。
 20代前半で出版界に飛び込み、30代前半では書籍の出版が叶い、ロックバンドでは一応アルバム・デビューも経験した。その長き間、常に自分の隣にあった最たる核こそが【週刊ヤングジャンプ】という媒体だった。

 雑誌が創刊されたのはおいらが中学生の頃。創刊1号から3号目までを大分県の書店で購入した記憶がある。
 装丁の雰囲気が当時の感覚だと「大人の雑誌」風だったので、買う際レジのおばちゃんに「この本は大人が読む本なんやけどねぇ」と釘を刺された。そして4号目以降を買う勇気は断たれた。
 その雑誌の編集部に自分が所属したことは奇遇であり、成人してからの青春時代というものがあるならば、その時間の全てをこの雑誌につぎ込んだと言っていい。

 1989年1月、神保町は猿楽町の第四編集部に所属され、最初に手がけた雑誌が月刊ベアーズクラブ《BEARSCLUB》1989年3月号(通巻10号)。
 執筆陣には、日野日出志、猿渡哲也、中島史雄、柳澤一明、船戸与一、はた万次郎、金井たつお、矢也昌久など。
 そこでおいらが最初に入稿した漫画原稿が【志水三喜郎・画、針木康雄・監修「HONDA WAY 本田宗一郎青春伝(前編)」P100】だったと記憶する。

****************************

yjcover.jpg

 「当時20代前半だった小僧も、あっと言う間に40代半ばの中年になってしまいました。ヤンジャン編集部在籍中は、いつも温かいご支援とご指導、手厚いご協力を賜りまして誠にありがとうございました。 新たな環境におきましても、これまで以上、良質なカルチャーの啓蒙に全力を尽くす所存です。みなさまとの再会の機会を楽しみにしています。今後とも、ご指導、ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い致します。」

※尚、これまで使用しておりました編集部の米澤アドレス
youngjump_yonezawa@shueisha.co.jp  は本日をもって不通になります。

投稿者 yonezawa : 22:46 | トラックバック(0)

2011年 03月 23日

帝国ホテル

51ZjmXcFEaL._SS500_.jpg

 早朝連続の揺れには警戒させられた。もう余震への構えが定着してきた感じ。

 正午過ぎ、帝国ホテル・ロビーで待ち合わせた作家Bさんと珍しくランチ。
 この2週間、本格的に飲むという約束は全部延期されてしまったので、作家と語りながら割とゆっくり飯を喰うのは久々な感覚。
 お会いした瞬間から、話題は当然大地震のこと。当日何をしていたかを伺った。

 昼間、こんな高級ホテルでランチを食べる方とはどういう職業の方なんだろう。いつもそうした疑問が頭を過ぎるが、かくいう自分も同じ疑問を大いにもたれているのだろう。
 チキンカレーが結構ボリュームあってお腹いっぱい。
 Bさんを見送り、帰社後、せっせと校了作業。今日で校了のすべてを終える。
 夜は引き続き、せっせと単行本の入稿。昨日に続いて夕飯は出前の弁当。明日も揺れるんだろうか。

投稿者 yonezawa : 22:38 | トラックバック(0)

2011年 03月 22日

21世紀毒談特別編

51wIusrcwaL._SS500_.jpg

 入稿原稿が夕方届くまで、フォントの指定とコミックス入稿の段取り。その狭間をぬって編集部デスクまわりの整理整頓。キャビネットも空にし着々と身辺整理の段取り。
 軽い余震はまだ続いており、相変わらず揺れているのかそうでないのか分からない瞬間が多々ある。
 夕べ、サブに置いた自宅PCのMacMINIのメールを整理していたところ、送信トレイにも受信トレイにもメールが残っておらぬよう削除し尽くした。すると突然勝手にシャットダウンしてしまった。「は?」と思いながら改めて立ち上げると、「アカウントから設定しろ」と指定されてしまった。
 PCの難は永遠に続く。

 ビートたけしのコラム〜週刊ポスト「21世紀毒談特別編」から抜粋したテキストを発見。たけしさんの切り口、あっぱれ。
http://naokitree.blog33.fc2.com/?mode=m&no=129

投稿者 yonezawa : 22:37 | トラックバック(0)

2010年 09月 28日

丸2日以上

51SirnQjP0L._SS400_.jpg

 起きたらRちゃんは不在で、出社の間際も帰ってこなかったので、こういう日は丸2日以上会えない計算。3日になるかも。ものすごく残念。
 どうりで「あしたはあそびにきてね!」と言われるハズだ。

 編集部のデスク回りはなぜこうも高温なのだ。座ってるだけで、入稿してるだけで、原稿書いてるだけで汗が滲むほど。
 短いひとときだったが、夕飯はUにごち。感謝!
 映画『スタッフ・ベンダ・ビリリ』原稿のゲラ確認。
 村治佳織、スタンリークラーク新譜拝聴。
 テイラー・スウィフト白盤、マルーン5、ボブ・ディラン白盤入手。

 来年真夏に向けた未踏の計画をとりあえず母に投げ、心がときめく。なんとか実現したい。

投稿者 yonezawa : 23:54 | トラックバック(0)

2010年 09月 24日

おさかなさんにパンをあ・げ・た・い〜!

51hIXXZLXDL._SS500_.jpg

 病院帰りのRちゃんが「おさかなさんにパンをあ・げ・た・い〜!」というので、冷蔵庫の食パンを千切ってビニールに入れ、外へ。
 丸々と太った鯉がわんさかとマンション前の小川にいるのだが、パンを投げ込むと、もの凄い勢いで取り合いをして食べ尽くしてしまう。ああ…出の山の鯉料理が懐かしい。
 時折、自分のお口にパンの切れ端を放り込んで爆笑するRちゃん。爆笑の声がデカい。
 本人の強いリクエストによって、近所の体育館で20分程度遊ばせてから帰宅。
 原稿取りを経由し、編集部へ。
 
 夕方、ついに映画『マリア様がみてる』オフィシャル・パーフェクト・ブック(公式本)の見本誌が納品される。
 見本誌の出来上がってくる瞬間は何年経験しても気持ちがよいものだ。
 
 夜、帰途についたおふくろから到着メール拝受。
 たまたま見れたトーク番組『another sky』に出演したギタリスト:村治佳織、やはりカッコイイ。

投稿者 yonezawa : 23:51 | トラックバック(0)

2010年 09月 20日

夜に38度超え

41R97Ab4LmL._SS500_.jpg

 結局早翌朝に救急病院へRちゃんを連れだった。
 昨日の取材原稿を夜中までいじっていたせいで、あなんまり寝られないまま病院に来てしまい、待ち時間のおよそ2時間、朦朧。

 Rちゃんは熱もあって時折咳き込むものの、あちらこちらに歩き回り至って元気。発熱とのギャップがすごい。
 およそ5分程度の診察を経て、館内隣接のコンビニで塗り絵のノートを買わされ帰途に。

 急いで朝昼食をあわせて終え、車で原稿撮りへ。
 入稿を終え、とんぼ返りで帰途につく。
 この運転の際の眠気といたらなかった。やはり適正外。

 Rちゃん、夜には38度超え。でも夕飯は白米以外はきちんと食べてくれた。明明後日の発表会は大丈夫なのか!?

投稿者 yonezawa : 23:49 | トラックバック(0)

2010年 09月 17日

再校正出校

31xTsH-IeKL._SL500_AA300_.jpg

 映画公式本のプロモーション記事6Pの再校正出校。
 出校の時間21時過ぎに原稿を確認し、編集Uと飯の店に到着したのは22時。
 あまりおいらにはゆかりのない土地で初めての店にご案内いただいた。
 「和」なその居酒屋は一品料理がほどほどの量で、清潔感のある店内の雰囲気も申し分ない健全な物件。
 「精算」の合図と共に温かいお茶が出てくるのだが、そのつまには梅干し。
 帰り間際の、他客のことを見て知っていたのでその梅干しのことを認識していた我々は、まだ焼酎を飲んでいる最中、先にその梅干しをお願い。そんな客はきっと我々だけだったことだろう。
 本当に食事だけで帰宅。それでも電車の時間はすでに終わっていた。

投稿者 yonezawa : 23:48 | トラックバック(0)

2010年 09月 16日

映画『マリア様がみてる』オフィシャル・パーフェクト・ブック

51EUj-DGqxL._SS500_.jpg

 この期に及んで(情けないことに)最後の最後に3カ所の文字修正を終え、最終色校正終了。ついに全原稿がおいらの手を離れた。
 映画『マリア様がみてる』オフィシャル・パーフェクト・ブック [大型本] 価格¥ 1,000の入稿を午前1時過ぎに終えたのだった。
 ここには書けない様々な障害、厳しかった茨の道をかき分け、なんとかなったものだと結果オーライの今日に安堵した。
 この書籍のデザインをたった一人で担ったTちゃんの功績は多大なモノがあり、彼女の厳しい視点があったからこそ可能な限りの色味が引き出せたのだと痛感している。
 
 後は見本誌を待つという楽しみと、打ち上げという喜びが待ち受ける。映画も同書籍も比例してヒットするといいな。
 美しきキャスト陣及び全関係者の皆様方、ありがとうございました。
 Tちゃん、Jさん、K、編集部のNさん、K編集長、ホントーにお疲れさまでした!

 映画『マリア様がみてる』オフィシャル・パーフェクト・ブック は10月1日発売。
 映画『マリア様がみてる』は2010年11月6日(土)より、シネマート新宿・池袋テアトルダイヤ他、全国順次ロードショー!!
 http://www.amazon.co.jp/dp/4087805751/

投稿者 yonezawa : 02:25 | トラックバック(0)

2010年 09月 14日

前倒し

51Rin8jREPL._SS500_.jpg

 昼下がり、自宅前の空は視界の半分がどす黒い雲に覆われており不気味。
 突然のスコールのような雨を想像したが、目的地につくまでに無事雨は降らず。雨の降らない気候がここまで長きに渡り続いたのはあまり記憶がない。
 
 民主党代表選で菅直人首相が再選。この結果はどうなるのかまったく予想出来なかった。どちらでもいいような気もあった。
 公約で述べた内容通り、ともかく景気のいい日本に構築してほしいところ。政官業の癒着と、使途不明金の追求は永遠にやってほしいが、誹謗中傷だけでは先に進まない。特別会計の内訳公示も。
 
 デザイナー事務所で放心状態のまま打ち合わせを終え、さてぼちぼち帰社しようと外に出たら雨。
 事務所と編集部と交互に傘を貸し借り。
 社内間を行き来する便が22時で終わる故、深夜神保町ビルの裏受付まで自分宛の原稿袋を引き上げにゆき、再びデザイナー事務所へ。

 校正刷りのやりとり、加えて連休で入稿が1日前倒しになったヤンジャン本誌怒濤の入稿、青焼き校正もほぼ24時間体制で班半分のスタッフで手分けして行った。
 ブログにこんな仕事の記録を記したのはいつ以来だろう。
 結論、前倒しの入稿は身体と精神に悪し。

投稿者 yonezawa : 15:56 | トラックバック(0)

2010年 09月 13日

あと少し…

51oy8M-lATL._SS500_.jpg

 長い長いデスクワークに深夜から朝にかけた入稿。
 本誌と書籍同時進行で今日も朝5時を編集部のデスクで迎える。
 フォトブック、あと少し…

投稿者 yonezawa : 15:55 | トラックバック(0)

2010年 09月 3日

出校

51UqDE1b3lL._SS500_.jpg

 ハイビジョンHDDカメラの一部不具合箇所を、電化製品プロで同級生のKに相談し、ついでにしばらく世間話。
 祖母の一周忌に帰省することは現状未確定だが、連中の声を聴けばやにわに呑みたい衝動に駆られる。

 出校してきた原稿の刷り出しを関連編集部よりようやく引き上げ、最後の赤を反映させデザイナー事務所で総チェック。
 みなさん、夕飯も食べずに黙々と実務をこなしてゆく。
 フォトブックとは別に、フォトブックの内容と同じ関連記事6Pも9割方は構築。後は関連編集部チェックを経て、週明け入稿の段取りを目指す。
 デザイナーT(M)ちゃん、編集S、遅れてKも加わり、全員の確認を終えて原稿袋を裏受付へ。
 今回の進行は、Tちゃんナシでは成立せず、大規模なレイアウト変更の難儀な局面でも彼女のスキルと機転で全面カバーしたようなものだった。
 まだ完成まで幾ばくかの時間を要するが、打ち上げの席での主賓は間違いなくTちゃんに決まりだろう。

 今日分の作業を終え、電車で帰宅するという2名と別れ、編集Kと久々のサシ飯へ。近場の居酒屋で遅い飯。
 新宿Sでジェイク・シマブクロ鬼の熱演「ボヘンミアン・ラプソディ」を聴きながらハイボールを数杯。
 酒は入稿明けに限る。しかし週が明けても入稿は止めどなく続いてゆく。

投稿者 yonezawa : 03:38 | トラックバック(0)

2010年 09月 2日

ワーカホリック

51OOG%2Bx5vOL._SS500_.jpg

 ティーンが主立った購読層である『セブンティーン』という雑誌に入れる映画公式本のAD広告を作成。
 映画公式本を出版する編集部の要求した材料を取りそろえ、ようやく入稿の運びに。
 最後の最後に最後の誤字を修正し納品。そして次回企画ページの打ち合わせ。
 明日の校正刷りの出校予定を確認した時点で、明日終日、身の振りがまるで見えないこと確定。
 今週は事前に人と会う約束を入れられない週。
 明日は初校第二弾の刷り出しと格闘し、初校第一弾を戻す作業が待ちかまえる。 

投稿者 yonezawa : 03:32 | トラックバック(0)

2010年 08月 31日

以上の問題

51ydI8CCchL._SS500_.jpg

 ブログにも記せないやるせない心情に包まれる1日。
 デザイナーTちゃんも先輩編集Sさんも猛烈に疲弊気味だが、この土壇場のせめぎ合いにおいて、彼らはとても頼もしい。
 ここのところ毎日行きの電車でも爆睡をカマし、帰途は日の出始めたド深夜の頃。
 床につくのは、そろそろ長い休みが空け、幼稚園の始まるRちゃん起床の時間にほぼ近い。

 ここまで長い長い旅だったが、明日で入れるモノ(原稿)は全部入れる算段。
 校正刷りが出てきて、これまで以上の問題が起こらなきゃいいのだが…
 

投稿者 yonezawa : 04:02 | トラックバック(0)

2010年 08月 30日

カルビ・ホルモン弁当

CA3A1311-0001shimetsukemen.JPG

 出前のカルビ・ホルモン弁当のご飯を、珍しく1/4程残してしまった。
 夜中になり、なんだか小腹が減り、やにわに手が震えだしたので仕事に一区切りつけ、太陽堂やら富士そば並びのラーメン屋(名前忘れた)でつけ麺。
 1/4程残したことによる空腹だったと認識。
 ほぼデスクワークだけの一日でも腹減るときゃ果てしなく減るもの。
 編集Iよ、また別日に企画会議しましょう。お疲れさま。

投稿者 yonezawa : 04:01 | トラックバック(0)

2010年 08月 25日

がさつさ

41KBAqqbjhL._SS500_.jpg

 今日も暑い。
 朝2合の飯を炊き、昨日買っておいたもやしとタマネギと豚肉1/3(1/3ずつ分けて冷凍しておいたもの)を塩こしょう味でそていし、付け合わせにはキャベツ、レタス、トマトのサラダ。
 ところてん、ごま昆布、梅干しを添え、朝昼合同の飯完成。
 ごま油を買っておかなかったことを軽く後悔。
 しかし、自分で作ると大概量が多すぎる。サラダも結局半分を明日の分に取り置いた。誰かに喰わせたい心境。

 シャワーを浴びたのに外出すれば5分で汗がにじみ出る。ほとんど日本中の知り合いが返信メールで同じ事を言っている。
 フランス帰りのフランス人Tさんは「日本は暑すぎます。フランスは夜布団をかけて寝ないと風邪をひくくらい気温が下がります」と語っておられた。
 Tさんには今回のフォトブックで大きくお世話になってしまっている。9月にお寿司をご馳走したい気分。
 
 もう3日もノンアルコールを貫いており、そろそろ今日辺りビールの1杯ぐらいは呑みたいと妄想していたが、結局出前のげんぱち弁当をデスクで食べながら、時折届くレイアウト・データ及び、現状報告メールをリアルタイムで確認するべくはりつき業務。
 その狭間にデスク周りを整理整頓。少し快適。

 いつものことだが終電もなくなった。
 入稿原稿はすべて構築済みで、おいらチームは準備万端。後は芸能事務所の返事待ちだけ。
 深夜、もうこれ以上入稿原稿は出てこない! と判断し、たった2Pの見開き原稿だけを印刷所に下ろして帰途につく。
 切れてしまっていた浴槽の電球は、そのうち西友で買おうと思っていたが、思わず帰り道のコンビニで100Wを購入。大手スーパーに辿り着けないところが、現状の時間繰りと精神状態のがさつさを物語っていた。
 編集U、土曜日『珠響』観に行こうね。

投稿者 yonezawa : 12:14 | トラックバック(0)

2010年 08月 23日

鼎談お越しからリライト

CA3A1309-0001.JPG

 正午の日差しの尋常でないこと。
 杉並の住宅街を散策すると、背中を汗が流れることを知覚する。
 最優先業務を終え、夕方よりアネックスビルJ1へ。
 映画フォトブックの目玉となる、某氏らによる鼎談&特写のセッティングに。
 時間通りにキャスト&ゲストのみなさんが集い、メイク〜シュート。
 白ホリのスタジオには白い椅子と白いソファを並べた。
 通常、撮影とインタビュー(鼎談)は別々にセッティング・進行するのは慣例ながら、今回は様々な条件を踏まえた結果、白ホリの撮影スペースの場所でそのまま行おうかという決断をし、おいらは3名の皆さんの正面地べたに座り込んで、進行をさせていただいた。
 映画の撮影から早4ヶ月弱。
 本日集った、若き美しきキャストの未来にはとても展望を感じさせるのだった。

 撮影を終え、飯を喰うことも忘れて作業を行おうとしていたら、カメラTに誘われ、久々の『斑鳩』で遅い夕飯。
 そしてそこから限界の早朝6時まで、鼎談お越しからリライト作業に突入。明日中に事務所回しのため。

CA3A1309-0001001.JPG

投稿者 yonezawa : 21:35 | トラックバック(0)

2010年 08月 16日

Rちゃん発熱39度

a9.jpg

 昨日、夜遅めに部屋の掃除を始めた。近隣に配慮し、掃除機はある程度の時間までしかかけなかったので、そのまま部屋の隅におきっぱしてた。
 朝、部屋に現れたRちゃんが「なんでそこにそうじきあるの? おかしいよ〜(笑)」と笑顔で進入。
 午前中に続きの掃除機がけで、久々に自分の部屋を出来る限り磨き上げ整頓。
 つもり重なる書籍とCDとDVDとギター関連機材にうんざりするが捨てられるブツはほんのわずか。

 忙しい日が続くと、ホントに部屋の埃がとんでもない状態になる。クーラーも随分汚れてしまっており、まだまだ完全に完全除去とはいかないが、取り急ぎこの時間にやれる範囲で片付けを試みた。

 外は炎天下。実に暑い。突き刺す紫外線を感知。
 編集部では終日デスクワークに終始。若い最優秀デザイナーとの連絡は電話もあるが、詳細を何度か読み直す必要のあるものは、有効的なメールのやりとりとして多数往復させる。
 確認事項を含め、各位に向かって1日で何往復も情報交換を行う。

 本日、某映画監督との夕食の約束が延期してしまったものの、すでに気分は「誰かと外で飯」だった。が、結局そんな余裕などなく、出前で残ってたタイ料理の冷たい弁当を喰いながら終電間際まで原稿を推し進めた。

 終電辺りの電車で帰宅したところ、Rちゃん発熱39度とのこと。なんてことだ。
 トコトコ起き上がってきたRちゃんは抱っことジュースを要求。いつもなら飲み干すはずの野菜ジュースを1/3程残したのがとても珍しい。調子悪い証拠。
 火照った身体だが、それでも思いの外元気に振る舞うRちゃん。冷たいジュースを持った手をすかさずおいらの右腕に当てつけ、「つめたいでしょ?」攻撃をしかける余裕もあった。

 ともあれ解熱剤を飲ませ、氷枕を当てる。
 寝かしつけて、自分の部屋に戻ろうとすると「いったらだめ! おったんはとなりにいて!」というので「うん、いるよ!」と、彼女が寝付くまでしばし隣で見つめていた。

 病気のやりとりが出来れば、ドンと張り切るのに…と、こんな時には本気で考えるものだ。

投稿者 yonezawa : 22:18 | トラックバック(0)

2010年 08月 11日

修羅場はこれから

1_movie_295.b.jpg

 水疱瘡の予防接種を受ける前に、Rちゃん発症。
 時折かかってしまう風邪なり、他の幼児用感染症発症のせいで予防接種するタイミングを伸ばさざるをえない時期が続き、夏の内にやらせとこうと思っていた矢先の出来事だった。
 最寄りの病院が連休に入ると聞き、昼下がり近所の小児科で再検診。

 しかし、疲労困憊となるコンディションでなくホッとした。軽い症状ですでに水疱瘡の免疫も手に入れられ、主治医に終息の日も明言してもらい安堵。
 眠気と、若干の食欲不振、寝起きの際の機嫌の悪さは水疱瘡の辛さによるものだと認識。それでもRちゃんは、日中元気に陽気に振る舞う。

 日がな一日パソコンへ張り付き、順次到着するアナログ原稿を順番にテキスト書類におこしながら作業を推し進めた。
 まだまだ最重要な取材も残されている。締切も間近。事務所チェックはこれから。
 そう、修羅場はこれからだ。

 Rちゃんの日本脳炎予防接種のタイミングは夏の終わりが目標。

投稿者 yonezawa : 14:33 | トラックバック(0)

2010年 08月 4日

昇進祝い

imageimage003.jpg
 
 しかし暑い日々が続くものだ。
 突き刺すような紫外線。不快指数100%。各方面に送るメールの枕がこんなフレーズになりがちだ。東京はなんて暑いのだ。

 編集Sの昇進祝いの席を、昇進後1月近く経過してようやく実現出来た。
 もう後輩筋の編集者が編集長になるという時間が経過しているのだなぁ…と感慨深い気持ちになる。Sの編集長昇進は個人的にも、とても嬉しい。
 巧く行く仕事とそうでない仕事、業務の歴史の中では様々な障害はあるものの、今日の呑みで、ともかく自分の持ち場の仕事を真摯にこなす。その単純かつ重要な意識をまた再確認させられた席ともなった。
 編集S&Aとの酒席、理屈抜きに最高。
 バーへと河岸を変えた今夜の宴もどえらく印象深き一時也。2人今日も感謝。

投稿者 yonezawa : 16:38 | トラックバック(0)

2010年 08月 2日

インタビュー

41LLpOtqvbL._SL500_AA300_.jpg

 際立って筋肉痛になっていないのはどういうことなんだろう。
 慣れない雨靴で出来た擦り傷(踝から6cm上の辺り)を触らないように風呂に入り、午前8時から取材準備。
 焼き魚と、北九州から届いた海苔に梅干し、トマト、海草味噌汁の朝食が美味い。
 
 午前中には編集部に到着し、取材準備を終えて会議室へ。
 約束通り、映画『マリア様がみてる』の寺内康太郎監督が来社。
 地方でおよそ2週間程度のロケを行い粛々と進行された現場だったが、とても温厚な彼の演出は印象的だった。
 スケジュールの都合で一部のロケには参加出来なかったものの、松本、土浦、上田のロケには密着し、最終地となった上田の薔薇園まで映画全体の7、8割以上の現場には密着出来た計算だ。 
 正味1時間程度の特写&インタビューを行い、監督の思う本編作品への思い、現在の映画界への思いを語っていただいた。つつがなく取材を終え、次回の呑みの約束を交わす。

 そして監督はそのまま次回作の撮影現場へと向かわれた。
 編集部で、本誌入稿とコミックスの入稿作業に追われ、隙間の時間を利用し、先ほど行ったインタビュー原稿の構築に早速着手。
 6月18日発売となるYJC「スカイハイⅣ(FOUR)」の青焼きを切って貼り込む単純作業が深夜2時近くまでかかってしまった。

投稿者 yonezawa : 02:33 | トラックバック(0)

2010年 07月 30日

3時まで寝られず

41WjYwLbZNL._SS500_.jpg

 ともかく校了・入稿をバッサバッサと斬りまくり、ケアレスミスに己の間抜け加減を認識しつつ本日分の仕事にキリをつける。
 早く帰って少しでも睡眠をと思いながらも、結局いつもよりは早まった帰宅になったものの終電にほど近かった。

 明日、Rちゃんも連れ立ち FUJI ROCK参戦なのだが、ママが用意した荷物の量に驚嘆。段ボール2個+バッグと紙袋が6,7個。
 脱力。
 夜中2時に珍しく床につき、3時まで寝られず。

投稿者 yonezawa : 01:04 | トラックバック(0)

2010年 07月 29日

ギリギリまで入稿

Uwn.jpeg

 西麻布のおしゃれなイタリアンを編集:Oに教示してもらいアーティスト:Fさんを編集3名で囲んで初めての夕飯。
 編集部出る5秒前までパソコンに張り付き、ギリギリまで入稿原稿をおし進め、とにかく校了の嵐。ホントに嵐。
 Fさん(51歳)は今日もチャーミング。

 取材申請の終わったロックフェスに参加するのは困難を極めたが、関係者各位の協力でなんとか現地参戦が可能となった。
 後は宿泊。例年なら会場界隈は絶望的だが、しらみつぶしに直前の問い合わせで確保するべく気合いを入れたところ。

投稿者 yonezawa : 01:05 | トラックバック(0)

2010年 07月 27日

急遽FUJI ROCK

ZRTR-TV01_1.jpg

 デスクワークをやるうちにどんどん時間が過ぎ去り、すぐに夕飯刻。
 全部揚げ物の「揚げ物8品盛り」のようなイケナイ弁当を注文し、机の前で今日も夕飯。

 急遽FUJI ROCKにスティーヴィー・サラスが参戦するものだから、今回見送っていた観戦を撤回しなければならなくなった。
 最終日のみの観戦に現地に赴くべく、関係者各位に連絡網を張り巡らせる。
 突き刺すような炎天下でありながら、時折豪雨の可能性バリバリの地面グシャグシャが恒例。自らの運転で「行く!」と決意するにはなかなか根気のいる場所、苗場。
 前回もFUJIで会い、東京で別れたスティーヴィー。果たして、どんなステージを見せてくれるのか。

投稿者 yonezawa : 20:13 | トラックバック(0)

2010年 07月 13日

ばくさんにあいたい

-Users-yonezawa-Desktop-CA3A1267-0001.JPG

 朝起きたら、夕べいっちゃんにお土産で頂いたラスクは跡形もなく食い尽くされていた。

 冴えない天候で梅雨最後のたらたら振りしきる雨が憂鬱。
 幼稚園から元気に帰宅してきたRちゃん、お弁当もきちんと平らげている様子。
 今日は何を思ったのか、突然「ばくさんにあいたい!」と作家:夢枕獏兄のことを言い出すので驚いた。会話の中で洩れ聞こえる単語をなんとなく思いつき、口をついたのだろう。
 予想の出来ない我が子の思考が実に面白い。
 
 午後から原稿取りの深夜までデスクに張り付き、もの凄い量の入稿原稿を洗う。
 1日の作業量を遙かに超えている故か、いくつかの抜け落ちもあるのだが、ともかく黙々と確認作業。
 雨の中、原稿を受け取り、終電とタクシーを乗り継ぎ帰社。帰宅は4時を回りそう。

投稿者 yonezawa : 02:02 | トラックバック(0)

2010年 07月 6日

スコール

511hzutuQ%2BL._SS500_.jpg

 NHKは、大相撲の名古屋場所生中継を中止するそうだ。
 生放送を見送るケースとは、自身の記憶にしろ極めて異例の感じ。
 意識して見たことなど大してないのだが、地方で相撲中継がないという現象は特異に映ることだろう。

 最近、雨模様の時間帯には室内におり、それに気づかないケースが多い。
 深夜、終電で向かった原稿取りの前にも雨は降っていたようだが小雨になってくれたのでラッキー。
 深夜3時、入稿完了。明日は札幌。

投稿者 yonezawa : 18:04 | トラックバック(0)

2010年 07月 1日

バイタリティ

CA3A1121-0001.JPG

 夕べのフレンチが起きがけの体内にも蓄積している感覚。
 Superflyの「タイトル未定」の10thシングルは、かなりここちよい仕上がり。
 そして、やるとは予測していたが、「ついに」というか「待ってました」というノリで彼女の洋楽カヴァーの楽曲を聴くことが出来た。
 Superflyの洋楽カヴァー曲が、篠崎まこちゃん監督の今夏公開される映画「東京島」の主題歌に決定している。「(You Make Me Feel Like)A Natural Woman」がそれ。
 ともあれ完全解禁情報を待て。

 夕飯には口元が和食か鮨と決めていた。
 編集Cと、近い将来を睨んだいくつかの企画案を語り合い、青山〜六本木に移動。
 Cのバイタリティ、今の時代に貴重。

投稿者 yonezawa : 23:45 | トラックバック(0)

2010年 06月 30日

晴れ間

f741-2.jpg

 夕べ、PK戦を観戦後、大きな紙袋を抱え小雨の中、帰途についた。
 明け方のシャワーを浴びる。浴槽のお湯は明け方でも充分温かい。
 
 ひるがえって一夜明けた東京は晴れ間が広がった。
 ジメジメの日から一転し、真夏の風情も感じさせる気候が交互にやってくる感じ。

 班変えが行われ、本日は新しい班のスタッフと飯会へ。
 同じフロアで常に過ごしているはずのスタッフと、顔をつきあわせてまじまじと語り合う機会などは稀で、それぞれがどのようなスタンス、趣向で日夜の業務を睨んでいるのかが伺いしれ、とても貴重で愉快な一時でもあった。

 入稿日を除いて、7月後半まで連なる…打ち上げ、イベント、取材、出張、旅、ライヴ、会食…っと隙間無く日程が埋まっており、まさに貧乏暇なしの混沌に突入。
 不義理をはたしてしまったままのみなさまには申し訳ない限り。7月末、あるいは8月には必ず。
 今日は丸々1日、Rちゃんに逢えず悲しい。

投稿者 yonezawa : 21:42 | トラックバック(0)

2010年 06月 24日

校了小物

B00014B1X0.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V34930476_.jpg

 “校了”という単語はおいらのバカ携帯では予測想定漢字が出てこない。

 班体制が変わり、10年ぶりくらいに校了小物を受け持った。
 20年昔に毎月やっていた、カッターとQ数表、あるいは糊などを使う作業。
 行程、流れをすっかり忘れているところもあり、新人のように手探りで作業の反復確認。それでも穴が空きそうで大変。
 今週、つまり校了の週には約束を入れにくいことをやんわり認識。
 今週不義理を欠いたソニーK、ブロバレリーナHと編集志望の某氏、失礼しました。

 しかしまぁ親子揃って交代で病院通いなこの頃。
 そんな体調であっても究極の若さを誇るRちゃんの強靭なパワーはやはり底知れず、発熱程度では飛び跳ねる遊びね手など緩めることもなく、ついに(おったんのフォローによって)バランスボールに乗っかって、ジャンプし始めた。とたん、この場合は良識あったママに2人して叱られた。
 Rちゃん、明日はお休みか…

投稿者 yonezawa : 23:49 | トラックバック(0)

2010年 06月 22日

37度1分

kikujiro_pos.jpg

 入稿日にはなんとか37.1度まで解熱してくれた。

 入れ代わるように今度はRちゃんが咳と発熱と下痢と災難。
 つい先日も病に伏し、たくさん幼稚園を休んだRちゃんだったが、またこの風邪によってお休みを余儀なくされそう。
 元気は元気ながら、間違いなく熱はあるし咳も出ているRちゃん。
 幼稚園という場、おいらにとっても業務を脅かすウイルスの源となる危険性を認識。
 しかし予防策の術もなし。

 深夜の入稿を終えた。珍しく食欲が戻らず、ずっと食べていなかった夕飯は深夜のコンビニで見つけた天むす。&珍しく、紙パックの緑茶を飲み干した。

投稿者 yonezawa : 23:50 | トラックバック(0)

2010年 06月 18日

いくばくかの光明

louise-bourgoin-photo-une-gq.jpg

 編集部の班変えが行われているが、久々においらは移動がない。安堵。
 出版不況のこの時代に、自分がやれることは何があるのか。
 編集Cとの打ち合わせに、いくばくかの光明も今後見出したいところ。

 編集Hと飯田橋の焼鳥屋に飛び込みで入り、空きすぎたお腹を満たすべく爆喰いしたらとたんにもたれ。
 五反田のNに届け物をした後、終電で総武線に連絡。
 ジメジメした雨が空気を雲らせる。帰宅後、部屋のあまりのムシムシ具合にブログを打つ最中、汗がしたたり落ちてきた。
 嫌な季節はしばらく続く。

投稿者 yonezawa : 13:47 | トラックバック(0)

2010年 06月 2日

出張校正の日

41IDvAFYNKL._SL500_AA300_.jpg

 小石川の共同印刷は電車でのアクセスが不便。
 「さてどこから向かおうか」と、昼間の出張校正時には悩んでしまう。
 
 20年以上昔、某グラフ誌の出張校正は大日本印刷へ出向き、月一で現地での校了作業を行っていた。
 隣の部屋には、その地下の校正室自体が職場になっている雑誌編集者もおり、とにかく(毎日のことだと考えれば)「陰気で気の毒な職場だなぁ〜」と大きなお世話ながら感じていたものだった。
 我々の出張校正の日には、事前に人数分出前の弁当がすでに頼まれてあり、作業の合間か、作業が終わった頃、弁当を喰うのもひとつの楽しみだった。
 時には余った弁当を2個喰ったことも。「すごい食欲だな」と、そのグラフ誌で共に仕事をしていた、一切信頼の気持ちの欠片すらも抱いたことのない上司に言われながら「余るなら喰う」と言って憮然と平らげたことを思い出す。

 出版社にも、編集部にも、雑誌にも、それぞれの入稿・校正のやり方があり、その環境は境遇も含めて千差万別のまちまち。
 あの時代、基本的にカラー誌面の雑誌に携わったことは今となってはよき経験であり、あらゆる意味の肥やしになったと信じている。

 あの時代の(先輩)仲間に招集をかけ「飲もうではないか!」という話が、先日ロケ取材先の松本からの帰りの新幹線で不意に決定。フったのは当たり前においら。

 幹事のおいらは、これから自分以外の懐かしい精鋭面子総勢4名に連絡をとり、任務遂行に動くこととなった。時期は夏か。

投稿者 yonezawa : 19:57 | トラックバック(0)

2010年 05月 20日

ZICCA

61ysFGDUmuL._SS400_.jpg

 ZICCAレーベルから、チャー御大のカヴァー第2弾「The B」到着。
 ザ・ビートルズのレパートリーを独自のアレンジメントで構成した、チャー・プライベート・レーベルからの第2弾作品到着。
 現状、アマゾンでは(確か)購入出来なく、自身のオフィシャル・サイトに登録した者しか購入できないシステムを取っているこの手法の狙いは一体?
 ユーザーの間口を狭くした最終的な営利の落ち着き処は如何に?

 現場取材での経費をボチボチと計算するべく、ほとんどのスタッフを集結させ精算開始。
 エクセルの計算表と領収書との睨めっこで時間は深夜に。
 
 原稿返却の知らせを受け、深夜の帰途の途中先ちゃん仕事場へ立ち寄り返却。
 たかだか2週間程度のことながら「もう睡眠2〜3時間で起きなくてもよい」という開放感に包まれる。

投稿者 yonezawa : 17:30 | トラックバック(0)

2010年 05月 11日

何が何だか

51rj6bN6UhL._SS500_.jpg

 本誌入稿準備に、ロケ取材の日程確認、スタッフの宿泊予約、東京からロケ地・宿泊地からロケ地までの交通経路の確認、台割確認、企画打診、予算、精算、沖縄のスケジュール確認、各位メールの確認、宿泊の予約、九州便の確認、宿泊の確認、移動手段、レンタカーの確認、失速ライヴの準備、衣装?の確認、失速リハーサルと内容確認、bambiリハーサル確認、Rちゃんの遠足確認、Hさん用フェンダーギターの選択、写植発注、プリントアウト、宅配便手配、何が何だか判らない。
 23時30分原稿取り。午前3時業務一区切り。

投稿者 yonezawa : 23:33 | トラックバック(0)

2010年 04月 27日

帰社

gr023.jpg

 午前5時から1時間ごとに目覚め、午前9時40分頃ホテルの車で宮崎駅に送迎して頂いた。
 9時59分の電車で宮崎空港へ。
 軽く土産屋を覗き、ちょっと余裕をもって待合い場のソファでなにげなくテレビモニターを見ていた。
 NHKの映像では、かつておいらが2年ほど住んでいた大分県玖珠町関連の町おこし的ニュースを流していたので、ふいに見入った。
 すると役場の人だか中年男性が登場し、イベントの説明などを行っていたのだが、そのうち1人の男性の名前に見覚えが。なんと同級生でバスケット部も同じだったM.M.がハッピ着て祭りの話をしているではないか。
 思わず動画撮影し、玖珠町出身の輩3名に即配信。笑った。

 12時20分発のSNAに搭乗。定刻通りフライトし、2時間もかからず羽田着後、一路編集部へ。
 東京も宮崎同様に雨模様で、編集部近くのコンビニで傘を購入。微妙な雨だけに、傘に金を出すことにはなぜか異様な抵抗を感じる。

 届けられた入稿原稿の下絵を見て呻る。
 幕末世界を描いた物語『SIDOOH』は抜き差しならない展開に突入しており、勝海舟と、この物語の主人公の一人:雪村翔太郎とのやりとりに旋律を覚えたおいら。
 物語の放つ緊張感はいつでもMAXだ。

 原稿取りは雨模様もあってか少し早めに向かった。
 途中、居酒屋KでAと、ものの30秒再会。Rちゃん&ママへもお気遣い戴いたお土産に心より感激。

 原稿を引き上げ、入稿中、ふいに玖珠出身のYからメールが。なんと新宿都庁真下で飲んでいるとのこと。妙に玖珠づいた1日だ。

投稿者 yonezawa : 17:50 | トラックバック(0)

2010年 04月 6日

ハラハラ

P2.jpg

 ハラハラと桜が散り始めている。
 桜の花びらは、絨毯のようにバス停のある道路にも敷きつめられていた。
 おもては快晴。皮ジャンでは暑すぎる天候だった。ジャケットの選択にやや後悔。
 
 日々、会わねばならぬ人たちが連なり、再会の喜びとは裏腹に体力的には疲弊気味。

 昨日の衣装合わせを踏まえ、都内某スタジオで行われたフォトセッションには夕方顔出しした。

 四ッ谷でK先輩と1時間のミーティングを終え、総武線〜京王線を経由し原稿とりへ。
 目的地の駅には20分も早く着いてしまったので、故郷の母に近況報告と、夏に予定している、とある計画話の確認を兼ね、携帯連絡。
 電話から聴こえるおふくろの笑い声は、Rちゃんの笑顔同様心を和ませる。

 23時15分、中堅編集者:Sと落ち合い、原稿とりへ。ものすごい完成度を誇るクオリティ。ラストシーンの水墨画のようなカットに特にうなる。

投稿者 yonezawa : 15:39 | トラックバック(0)

2010年 03月 11日

航空便

61R41PTZYSL._SS500_.jpg

 航空便とデータで到着した最新原稿を確認。
 漫画家:T氏の来社に伴い、夕方よりR寿司でビールと焼酎。氏の含蓄ある物事への解釈は、作家、編集者も網羅した機微を感じさせ、新入社員から中堅どころの編集者も一言一言の言葉を聞き漏らすまいと聞き耳を立てる。すごい時間だ。
 集ったみなさま方、お疲れさまでした。

 新宿で最後の一杯を頂いた後、終電で帰社し、36Pの入稿作業をぶっかます。
 今回初めて知った炭坑用語を調べながら、昭和30年代初頭の炭坑(やま)の男達の世界観を想像していた。

投稿者 yonezawa : 03:18 | トラックバック(0)

2010年 01月 15日

20000W

9999999999_M02315_l.jpg

 対談原稿の原盤起こしがほろほろ納品されつつあった。
 数回に別けて届くテキストの量はすでに20000Wを超えている。音声自体の長さを考えれば、まだ1/2にも満たない量だ。
 この文字数を最終的には3600W弱に削り落とさねばならない。

 どの部分も切りたくない気持ちと、短くする故、文脈のつながり方を考えながら、気持ちは泣く泣くの削除作業に入ることになるのだが、この揺れる気持ちは毎度同じだ。
 3万字インタビューなんて贅沢な文字数の仕事をやってみたいもんだ。

 絶大な信頼を寄せるHさんと新年初飯であらゆるカルチャーのあれこれをご教授戴き、今日も感激。今日も、あのコラムを読むべし。

投稿者 yonezawa : 18:00 | トラックバック(0)

2010年 01月 14日

Rodrigo Y Gabriela

31sqIV57-gL._SS500_.jpg

 比較的短いスパンで来日を果たしているアコギ・デュオ:ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ。ZeppTokyoの来日公演観戦へ。

 以前、渋谷duoで圧巻のステージを拝聴し、今回2度目のロドガブ体感。
 全体的にロドガブの中でもトリッキーな技の応酬で、パーカッシヴにギターを叩くシーンの印象が際立った。
 しかし、集客としては充分過ぎるほどの動員があるものの、個人的にはロドガブのライヴとしては大きすぎるような箱の印象も抱かせた。
 観客との距離感が最も大事なユニットだと感じるから。

 場を中央区へ移し、同行した編集と食事の席に。
 結局、忘年会をやれなかった彼と新年会。今年は彼と、いくつの取材が実を結ぶのだろう。

投稿者 yonezawa : 15:01 | トラックバック(0)

2010年 01月 7日

フェイドイン

51SIM6J%2BUfL._SS500_.jpg

 正月明け、フェイドイン気味に業務着手。
 喪中はがきと喪中メールを思いの他関係者各位へ完全には送付出来ておらず、みなさまにはご迷惑をかけてしまった。
 編集部宛に届いた年賀を1枚ずつ拝読。

 出前の弁当をいただいた後、渋谷駅界隈の書店で様々な売り場を覗き、自分関連の本をチェックしてみた。
 駅改札でAと単純に待ち合わせ、いくつかの荷物を中継。次回飯の機会は2月半ば以降になりそう。
 終電に近い電車で地元まで引き上げた。

投稿者 yonezawa : 11:03 | トラックバック(0)

2009年 12月 24日

入稿終了

 告知ページを入稿し、本年度の一応の入稿原稿は終わった。
 終電間際の電車で最寄り駅に到着。深夜バスで帰宅。家の掃除あと半分。

投稿者 yonezawa : 17:59 | トラックバック(0)

2009年 12月 8日

師走

41SCT869SML._SS500_.jpg

 しこたま飲んだアルコールのツケを引き受けつつ、午後から業務開始。
 今日は同級生:Kの誕生日。
 「なぜもう1日ずらして生んでくれなかったんか?」とは、昨日のRちゃんの誕生日と同じになりたかったKが3年前に言った言葉。
 
 深夜に上がった原稿を入稿。怒濤の師走に突入。

投稿者 yonezawa : 01:58 | トラックバック(0)

2009年 12月 1日

最終校正

CA3A0951-0001.JPG

 深夜、画集『S』の最終校正のためデザイナー宅を訪問。
 編集部と往復し、これですべての入稿を終えることになる。
 12月18日発売の書籍をこの時期にまだ校正だなんだとやってることが、実にスリリング。
 短いようで長い、長いようで短かったこの1ヶ月だった。

 深夜に車で都内を走らせると、日中の車両の数より全然少ないので帰途まであっという間だった。
 明日も、おいらにすれば早朝と言える午前中からの稼働故、4時間の睡眠を摂取するべく布団に潜り込んだ。

投稿者 yonezawa : 17:45 | トラックバック(0)

2009年 11月 21日

佳境

AIR.jpg

 自宅作業中、Rちゃんが何度もおいらの手を引いてリビングへと誘う。
 PCに届く鬼のクオリティを誇る画集S材料を吟味。 
 入稿はいよいよ佳境。

投稿者 yonezawa : 15:36 | トラックバック(0)

2009年 11月 20日

のみ

CA3A0965-0001.JPG

 よいワインならば多少多目に飲んでも翌日残らない。
 現金に値段は物語るものだ。
 ひたすら入稿に邁進。今はそれのみ。

投稿者 yonezawa : 15:36 | トラックバック(0)

2009年 11月 18日

確実にオチる

cr.jpg

 1日がどこで始まり、どこで終わりとなるのか判らない。
 なんだかんだで、普段よりも寝る時間がさらにめちゃくちゃ。
 布団で休むことの至福さを、この数日間特に感じているところ。

 上がった原稿を確認し、アナログ納品と併せてメールでのデータ送信も行える時代。
 20年前の入稿形態が今となっては思い出せない。
 
 デスクでオチて、電車でオチる。電車では確実にオチる。
 椅子で寝るのは得意で、寝ついて30分後に起きて、それを3回繰り返すのも不可能ではなくなった。
 ああ眠い。人は何故睡眠が必要なのだろう。
 …っと、朦朧としている最中、渾身の画集カヴァーデータが到着した。

投稿者 yonezawa : 00:27 | トラックバック(0)

2009年 11月 17日

作成中

CA3A0964-0001.JPG

 昨日の夜からスーパーデザイナーK氏仕事場にかんづめ。
 12月18日(金)発売の高橋ツトム画集『S』を、只一人の担当編集として作成しているところ。
 本書籍は集英社、講談社『K』と2冊同時発売する。デザインとプロデュースを一手に引き受けているのがK氏。
 本文の絵柄の順番はK氏の監修のもと、ライヴで構築されていった。
 中身は勿論だが、装丁のクールさも際立った完成度を実現しており、現存する画集の中でも突き抜けた商品になるだろうと確信している。

 ちなみに発売日の12月18日(金)は、WBC世界バンタム級チャンピオン:長谷川穂積選手の防衛戦の日。
 高橋ツトム×長谷川穂積選手、特別対談は、週刊ヤングジャンプ52号(11/26発売)に掲載している。

投稿者 yonezawa : 00:27 | トラックバック(0)

2009年 11月 4日

ペダルワウとタッチワウ

616vRKwQz5L._SS500_.jpg

 深夜、bambiメンバーに重要メールを送信したところ、バンマスから即返信。
 少なくとも午前3時52分以前に起床された模様。
 おいらはそろそろ小一時間後に就寝…という状況だ。

 昨日までの長野ほどではないが、東京も急激に冷え込む気候となった。
 だが、正午の原稿を拝受し、駆け足で電車に乗り込むと首筋に汗が滲んだ。
 
 入稿を終え、パソコンのスパムメールをざくざく削除し、丸1日山と積もった原稿をなぎ倒す。
 週末の取材案件を復習し、事務ワークの処理物件を洗い出し、トイレと水分補給と弁当のみ席を離れた程度。根が生えたように終始パソコン・ワーク。
 室内の温度のせいなのか、頭が顔が異様に熱くのぼせ気味。

 ところで、足下はペダルワウとタッチワウだけで何もいらんなぁ。
 この2つであらゆる局面に対応出来るものだと改めて認識するこの頃。

e1057-1.jpg

 先日の吉祥寺bambiライヴの場でご紹介いただき、長野での「俄」再結成ライヴには欠かすことの出来ない音楽業界人:Tさんにご教示戴いたクイック・シルバー・メッセンジャー・サービスなるバンドの音源を注文してみた。

 音楽界の中でも、ギター関連畑のフィールドでご活躍されるTさん推薦の興味深いバンドを伺ったところ、上記のクイック〜とブルース・イメージという2つのバンドが聞き出せた。
 共においら初耳の物件。
 こうした得難い情報は、永遠に良質のギターサウンドを探し求めるおいらにとっては朗報と言える。
 60年代の音楽は、国内外も含め本当の意味での知識は乏しい。実際にその時代に(幼すぎて)現役でいない分。
 打ち上げの席で聞こえてきた「めんたんぴん」というバンド名に反応したおいらではあったが。
 我々の兄貴・姉貴が熱心なるフォーク・ロック探求家であったなら、その弟妹は自動的に一世代上の情報を得易かったものだった。
 50歳代の音楽人の話を柔軟に理解するには、中学・高校時代に何のラジオを聴いてきたか、あるいは第三者から、重要なLPをどれほど借りれる環境があったのかによって決まる。
 情報こそまず大事だった。
 ダメな情報、ダメな弾き手・書き手。レビューを読み分けるスキルも実戦(ライナーノーツ、レビューを確認してからの見極め)と場数によって向上したものだった。
 失敗(つまらないLPの購入)も何度も経験した。

 思い出す、取り返せないあの時間。取り戻せないあの出来事。
 そうして各々がここまで辿り着いたのだと、例えば『俄』の音源を聴く度に感慨に耽るのであった。

投稿者 yonezawa : 00:35 | トラックバック(0)

2009年 10月 30日

 ほとんど寝られずまま5時40分にロビーで待ち合わせ、タクシーで新神戸駅へ。
 6時10分発の東京行きのぞみへ乗車。
 
 車中終始瞳は閉じていたが何故か本格的な眠りにつけず。
 9時頃東京駅。
 
 編集部へ赴き、終電のなくなる時間まで入稿作業。夕飯は出前のげんぱち弁当(鰤)。
 そろそろ一区切り…と考えていた矢先、不意にライター:Mより「飲み足りないので付き合ってけれ」メールを拝受。
 同時に小腹もそろそろの時間帯だったので、寝不足(居眠り)覚悟で深夜のゴールデン街へ飛ぶ。
 Mとも久々、HH店の馴染みのマスター:Yさん、T、Iくんらとも久々。
 河岸をBへ変えた頃、三丁目のHさんも合流し、新宿に最近出来たっぽい24時間営業の寿司屋へ。
 24時間って何だ? こんな店が出来てたのか! しかも寿司屋!?
 ネタがいい加減だと最低だなと思いきや、意外にも充分新鮮なネタが採用されており、最後はしっかり握ってもらった。白ワインが3本消化。
 あー眠い。

julianne.jpg

投稿者 yonezawa : 19:31 | トラックバック(0)

2009年 10月 28日

鮭おにぎりと味噌汁と卵焼き

hibari2.jpg

 起きがけに喉痛っ。
 コンディション最低。
 シャワーを浴び、眠った頭を徐々に解凍。
 鮭おにぎりと味噌汁と卵焼きをかっ喰らい、京王線に搭乗。
 矢継ぎ早に飛び込む嵐の編集業務に疲弊。
 昨日も、JAZZKEIRIN:T氏にお誘い戴いていたライヴ・イベントは、本誌、文庫本、コミックスの入稿等で断念した。
 夜、入稿の狭間を縫い帰宅。ギター2本と関連機材をソフトケースに詰め込みリハスタへ。
 Bambi最終リハに、遅ればせながら間に合った。
 長野からの取材もあったという今日のリハで、いよいよ11月2日の本番を控えるのみ。
 メンバーのメンタルは絶好調の感触。

投稿者 yonezawa : 14:14 | トラックバック(0)

2009年 10月 21日

編集業務

51OlTwSw0DL._SS500_.jpg

 結局、コミックスの入稿データをすべて拝受するのに午前4時までかかってしまい、そこから作業をかまして帰宅したのは午前5時頃になってしまった。
 Kさん、大変お疲れさまでした。

 午前9時起床。札幌の空港で購入した「鮭くず」を包み込んだホクホクおにぎりを1個頬張り、原稿取りへ。
 昼過ぎ、入稿完了。

 午後、某氏宛に向けたお便りを書き記し、夕方の便で郵便の手配。
 氏がこの手紙を読んでくださり、おいらの願うサプライズが現実のものとなれば、こんなに嬉しいことはないのだが。本件は、どきどきしながら結果を待つことに。
 
 以前、偶然見たドキュメント番組の内容が衝撃だった。YAHOOニュースで女優:南田洋子さんご逝去のニュースを知る。合掌。

投稿者 yonezawa : 12:53 | トラックバック(0)

2009年 09月 9日

下北沢 CLUB 251

41O9Okk3qVL._SS500_.jpg

 午後6時、ヤングジャンプ30周年記念企画のひとつ「YJクロニクル」記事のため、編プロ:ライターによる漫画家:高橋ツトムへのインタビュー開始。
 彼がヤンジャン本誌に登場してすでに10年以上の月日が流れた。本誌へ執筆することとなった経緯より、質疑応答が始まる。

 2000年1月よりこのブログは書き記しているのだが、高橋ツトムとの出会いは99年以前のことなのですでに記憶も曖昧となり、初めて高橋ツトムと遭遇した日付は正確には思い出せない。
 しかし最初の遭遇がライヴハウス「下北沢 CLUB 251」での対バンだったことは明確に記憶している。
 漫画家:若林健次に誘われ、当時のおいらのバンド「パンクラ」で参加させて戴き、若林健次、おおひなたごうらとバンドを組んでいた高橋ツトムという漫画家を初めて認識した。

 それ以前、パンクバンドをやっていたという彼の突き刺すような眼光がまず印象的で、俗にイメージされる漫画家の雰囲気など1mmも感じさせない、初めて遭遇するタイプの男。
 ちなみに、もう1つの対バンには、今をときめく天才漫画家:二ノ宮知子のバンドも登場していた。
 
 『ALIVE』でヤンジャンに登場するのが99年からなので、そこから遡る1〜2年の間に編集者として彼を口説きにかかったという経緯だったか。
 高橋ツトムは今年デビュー20周年。ヤンジャンに描き初めて10年。
 本誌で描いた作品中3本が実写化。漫画から派生したメディア・ミックスは現在も尚延々続いている。
 申し分のない経歴を経て、年内にキャリアを総括する大型企画を勝手に妄想するこの頃。

投稿者 yonezawa : 19:04 | トラックバック(0)

2009年 08月 7日

傘は常備

51UhjMmYExL._SS500_.jpg

 まるで熱帯のような異様な天候が続く。予報では天気が全然読めずの日々。
 線を引いたように雨の降っている場所とそうでない場所があることを、遠目から実際に見たことがあるが、このこところの気候だと不意に土砂降りに見舞われそう。傘は常備せねば。

 恐ろしく久々に新人漫画賞の選考会に参加。基本的にスタッフの見解の方向性は近しいものがあり。
 編集部でキリの良いところまで雑務をこなすがそちらもとりあえず一段落つき、23時より予定していたSとの遅飯は仕切り直すことに。
 電車の動く時間に帰宅。

投稿者 yonezawa : 15:54 | トラックバック(0)

2009年 07月 22日

遭遇

51o2qArevLL._SS500_.jpg

 どかんと届いた最重要な大量の原稿にせっせと指定を施し、わさわさと入稿。怒濤の入稿。

CA3A0767-0001.JPG

 活字媒体のセクションに移動されたK氏に誘われ、およそ1ヶ月ぶりに再会。
 同じフロアからビルも変わってしまったので、随分疎遠になった感覚だった。
 訪れた店では、少年ジャンプ全盛期を支えたSさん、現M誌の大黒柱:Sと偶然遭遇。ビックリ。

 食事を終え深夜に帰社後、再び入稿に数時間。

CA3A0768-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 22:07 | トラックバック(0)

2009年 07月 1日

夜の文京区

BUTTERFLY%20MIA95.jpg

 もう今年が折り返してしまった。早くも半年が過ぎ去ってしまった。
 外は今にも天候が崩れそうな、ふいに雨が振り出しそうな案配。
 えらく久々だった本誌の出張校正を終え夜の文京区を散歩。
 ほんのり額に汗をかくほど歩いた頃、大江戸線の駅に到着。
 
 新作の進行具合が気になっているE先生に連絡したのだが、あいにく留守のようだったので帰宅。ところが着信に気づいた先生より「G先生と待ち合わせたのでこれからどう?」とお誘いを受け、チャリンコで馴染みの場所に向かうことに。
 「ここのところ、いつ何時でももの凄く眠い」という共通の体調を訴えるE先生とおいら。
 おいらの場合、電車に乗って3駅程度の距離でもその分しっかりオチれる体質になっている。
 今夜の帰宅時も例外ではなかった。
 常連のK先生も加わり、なんらいつもと変わらない賑やかな顔ぶれとなったが、今夜はシラフで帰宅。

投稿者 yonezawa : 00:30 | トラックバック(0)

2009年 06月 17日

席替え

51nEWeNtzzL._SS500_.jpg

 かかってきた携帯のバイブ機能で就寝から4時間で起こされた。
 Rちゃんが部屋にやってくると、小物を収納している引き出しから毎回なぜかフェンダーのピック(白、茶)を2枚必ず持ち出すようになった。
 彼女の前で「ピック」と言う単語を口にした記憶はないのだが、おいらがギターを弾けば「ぴっく! ぴっく(をくれ!)」と右手を掴んできくるRちゃん。
 大抵指弾きなのでピックを持っていないケースばかりなのだが。
 どうしてその単語を覚えたのだろう? と思う言葉がいくつかあるが、テレビ番組やらDVDやら我々の会話から、大変なスピードで頭脳のハードディスクに記録されているのだろう。
 あやふやながら、何曲かの歌を口ずさむ日も増えてきた。

 6月の人事異動を経てヤンジャンの編集長が代わり、編集部の席替えが行われた。
 混沌の部内。席替え恒例、大量のゴミが溢れ出る。汗がしたたり落ち、眼鏡にも汗の水滴がぽたりと落ちた。整理整頓されたデスク周りがこの日ばかりは気持よいのだ。

 熱血編集:Tと共に新宿で夕飯。清々しきひととき。

投稿者 yonezawa : 01:38 | トラックバック(0)

2009年 06月 16日

100円バス

img1ec77845zik5zj.jpeg

 近所の路地からショートカットで駅まで向かう100円バスが、ほんのタッチの差で過ぎ去ってしまった。「乗りますぅ〜」の意志は運転手に伝わらない。
 その場で次の便を14分待てばよいものを、その14分がおいらには長くて待ちきれない。

 即決断し、バス経路をトコトコと徒歩移動。
 結局、早歩きで歩いたところ、目的地3つ前のバス停で、次のバスに抜かされた。
 ほとんど、待つ時間+徒歩時間(正味25分)だけで目的地界隈に到着したわけだ。

 Rちゃんの声で何度か起こされたせいか、終日激しい睡魔に襲われ、まともに文章が書けない時間が夕方小1時間。
 出前のカレーをデスクで喰って、延々一日中のデスクワーク。入稿&席替えの混沌にまみれ、帰宅は午前5時前。

投稿者 yonezawa : 20:03 | トラックバック(0)

2009年 06月 1日

のぞみで帰京

51eGh66hX3L._SS500_.jpg

 大阪より金沢入りするという先ちゃん、タムタムらより一足先にチェック・アウト。
 なんばで今回初めてうどんを喰い、新幹線の切符購入。

CA1.JPG

 12時発ののぞみで帰京。地下鉄を経由し出社。
 
 以下、同士『ショーベーの「SHOWBIZ NEWS」&LINKS』よりそのまま添付。

 ザ・ビートルズも、レッド・ツェッペリン同様、人生の中で何度同じアルバムを買い直す悩みに直面することだろう。
 「出荷停止」の言葉で秋までの購入欲をあおり、「マスター」盤の登場で再びコレクションしているアルバムと同じ内容のCDを購入するファン。
 悩みどころのイタチごっこだ。「大人買い」という言い得て妙なフレーズを顧みる瞬間。

http://plaza.rakuten.co.jp/shobei1964/diary/200906010001/

ザ・ビートルズのオリジナル・アルバムが全世界で出荷停止

@ぴあ配信記事

 9月9日(水)に全オリジナル・アルバムがリマスターで発売されるザ・ビートルズ。これを受け、現在販売されているオリジナル・アルバムの全てが5月31日をもって出荷停止となった。これにより現行のオリジナル・アルバムの販売は店頭にある在庫のみとなる。

 対象となったアルバムはデビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』から、最後のオリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』までのオリジナル全13タイトルと、アルバム未収録曲を収録した『パスト・マスターズ VOL.1』及び『VOL.2』、そしてこれらアルバムをセットにした『ビートルズ BOX』の全16商品。9月9日にはこれらアルバムがリマスターされ、パッケージも一新されてリリースされるため、1987年の初CD化以降、慣れ親しんできた音や仕様パッケージは現在の店頭在庫を最後に入手困難となる。

なお、今回の出荷停止は全世界的な措置のため、現在輸入盤として流通している海外盤も現在の店頭在庫で終了となる。

■出荷停止対象商品
『プリーズ・プリーズ・ミー』(TOCP-51111)
『ウィズ・ザ・ビートルズ』(TOCP-51112)
『ハード・デイズ・ナイト』(TOCP-51113)
『ビートルズ・フォー・セール』(TOCP-51114)
『ヘルプ!』(TOCP-51115)
『ラバー・ソウル』(TOCP-51116)
『リボルバー』(TOCP-51117)
『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(TOCP-51118)
『ザ・ビートルズ』(TOCP-51119〜20)
『マジカル・ミステリー・ツアー』(TOCP-51124)
『イエロー・サブマリン』(TOCP-51121)
『アビイ・ロード』(TOCP-51122)
『レット・イット・ビー』(TOCP-51123)
『パスト・マスターズ VOL.1』(TOCP-51125)
『パスト・マスターズ VOL.2』(TOCP-51126)
『ビートルズ BOX』(TOCP-50501)

投稿者 yonezawa : 18:39 | トラックバック(0)

2009年 05月 29日

片面CD、片面DVD

41M3B3FJJ1L._SS500_.jpg

 DMBのこのアルバムは、片面CD、片面DVDというシロモノ。
 こんな両面仕様の盤は初めて見た。
 ところがDVDサイド、既製の国内DVDレコーダーではリージョン違いで再生不可。
 同じバンドの他の輸入盤CDに付属するDVDは再生可能なのにややこしい。

 早朝8時の高速バスで帰郷の義母。あっと言う間の1週間が経過した。
 「おったんとお留守番!」と言って、外出の準備を手こずらせたRちゃんは、意志とは裏腹に服を着替えさせられ、おばあちゃんのお見送りに羽田まで同行させられた。

 今朝3時間睡眠。朦朧の頭のまま、録画した番組を見た後消去するべく再生。しょぼしょぼした目が画面を見ていられない状態で、音声だけ聴きながら数本の番組を鑑賞直後に消去。
 ディズニーだ、アンパンマンだ、しまじろうだ、ハッピー!クラッピーだと自動録画の番組が増えたせいで、HDD内ハードディスクはすぐ容量オーバーに。
 自身で撮った動画の保管手段もそろそろ確立させねばと思いながら、時間は刻一刻と経過するばかり。
 それにしても、数年前のドラマ『スカイハイ』撮影現場で初めてお会いした女優:新山千春は随分綺麗になったものだ。

 想田和弘監督最新作『精神』の単独取材記事をようやく構築。
 監督からの最終チェックを経て、無事本日入稿の運び。
 彼からのメールによれば想田くん、来月(6月)、初の著書「精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける」(中央法規出版)を出版するそうだ。
http://www.amazon.co.jp/dp/480583014X/

51CxZIgL-8L._SS500_.jpg

投稿者 yonezawa : 18:19 | トラックバック(0)

2009年 05月 21日

札幌1

CA3A067%2C%2C2-0001.JPG

 早朝8時起床。9時前にはシャワーを浴びて、お茶漬けをすする。
 午前10時15分発のリムジンバスで羽田へ。

 お茶漬けをすすった割には空港内でうどんと天むすを食す。
 ここ(ゲートを潜った後の小さな店舗)のうどんは腰があってかなり美味い。これマジ。かけうどん500円は高いけど。(天むすも200円以上の値段!)
 次回、覚えておかねば。

 昼下がり、新千歳空港到着。
 片道1040円。所要時間およそ40分。JRで札幌駅へ向かう。

 札幌、暑い。
 今日に限って言えば東京の気温となんら変わらない。湿気が感じられないぐらいで、Tシャツ1枚で充分な気候が意外だった。今日は特別暑い日だとはタクシー運転手さんの弁。
 時間のずれた昼食を済ませた後、ホテルへチェック・イン。

 部屋で打ち合わせの準備を施すうちに約束の時間は直ぐにやってきた。
 ロビーで漫画家:Mさんと合流。7か月ぶりの再会を果たす。ホテル1Fのカフェで先方の近況を伺った。

 Mさんは昨年末に(本人曰く、軽い)カテーテルで手術をされており、当初予定していた双方のビジョンから、仕事の時期がやや時期がずれ込んでしまったのだが、まずはMさんの体調が心配だった。
 ところがMさんはすこぶる体調良好のご様子で安堵の息をつく。
 ひとしきり話を終えた区切りで食事へ。
 
 行き当たりばったりの会話のはずなのに、Mさんのあらゆるカルチャーを睨んだ造詣深さには、正直おいら、ついていけてない。身に覚えのある一般的知識の乏しさをヒシヒシ感じつつ、流れに任せご教授いただく。

 和食は美味。
 今後の作品作りに繋がると信じるテーマをおいらなりに織り交ぜながら、河岸を変えたバーで、各々ターキー乾杯。

 〆には新(ARATA)の味噌ラーメン。ナイス物件。今夜はぐっすり眠れそう。

CA-0001.JPG CA3-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 21:26 | トラックバック(0)

2009年 04月 30日

カサビアン 昌原光一

41t%2BC3-lk2L._SS500_.jpg

 昼下がり、都内某所着。
 イギリスのロックバンド『カサビアン』主要メンバー2名(サージ&トム)が来日。
 『West Ryder Pauper Lunatic Asylum』と言う不思議なタイトルのつけられた新作アルバムのプロモーションでやってきた彼ら。
 
 過去、レコード会社よりアルバム・リリースにあわせタイムリーな時期にプレゼンのあった『カサビアン』案件は数回あった。
 結果、ファーストの際は諸事情でNG。
 セカンドのタイミングでは大型タイアップが帰結。滅多にやらないが、外部ライターによる執筆で記事構成の運びに。
 そして今回、サード・アルバムのリリース、そしてサマーソニック09の出演を睨んだタイミングで、ついに彼らへの単独取材という局面を迎えた。

 レコード会社側の『カサビアン』に対するプライオリティは毎度揺るぎなきモノがあり、新作ごとに誌面交渉のため、担当者が粘り強く食い下がってくると言う案件の一つ。
 『カサビアン』は幸せだ。日本国内におけるプロモーターのモチベーションは充分なのだから。

 バンドのギタリストで『カサビアン』サウンドの鍵を握るサージは、人当たりの良いナイスガイ。
 バンド全体のサウンドよりも、むしろギタリストとして何を追求し、あのサウンドに至ったのか、極めて客観的な第三者的視線で質疑を開始。
 取材が始まってみれば思いのほか時間は短く感じた。

 日本でのアルバム・デビュー前にサマソニで初来日を果たし、その際、入場規制がかかったという彼らの最大限の持ち味は、きっとライヴ・パフォーマンスにあるのだろうと睨んだ。

 帰社後、怒濤の入稿。嵐の入稿。
 コミックス4C周り再校正、本文校正、本誌某コミック連載200突破記念の読者プレゼント賞品・物撮り、精算、5月末発売のインタビュー案件原稿の構築、先ほど撮ってきたばかりの『カサビアン』動画WEB業者への中継...と、いとま無き業務の数々。

 「GW前に夕飯でも」と、奇特なKさんに誘われ神楽坂で鮨。
 そのまま銀座のバーで軽く飲み、仕事に戻った彼とはその場でセパレート。

 新宿を経由し、明け方帰宅すれば郵便受けには漫画家:昌原光一の最新作『御誂 人情幕の内[壱]』献本が到着していた。
 昌原光一の記念すべき2冊目の著作本完成。
 他社からの出版ながら、おいらがビジネスジャンプ誌上で担当し、間違いなく入稿した作品も3本収録されている。
 才能溢れる、漫画家:昌原光一のさらなる世間的評価を祈るばかりだ。

http://www.amazon.co.jp/dp/4845838079

投稿者 yonezawa : 00:29 | トラックバック(0)

2009年 04月 28日

神楽坂

Jeff_Beck_LP.JPG

 神楽坂の路地裏はいつでも独特の空気を与えてくれる。しかしこの地を何度訪れても土地勘ゼロのまま。
 一歩通りに入り、角を2,3コ曲がるとどちらが駅なのか、早稲田通りなのか、大久保通りなのか、とたんに見えなくなってしまう。

 半分20代・ほぼ初組み合わせの若き編集者面子で夕飯をいただいた。
 
 店の風情は古風な構えで、神楽坂に居る感バリバリの家屋を改造した雰囲気はいいのだが、とにかく注文の品の出てくるタイミングが遅すぎ。
 あまりに1品ずつが遅い。催促しても遅い。

 常々飲食店に入る場合、ある程度の待ち時間も折り込んだ意識で構えるものだが、限界に近かった。
 こうした店は無意識に今後の食レパートリーから外れてゆく。

 かつて自分があちら側(店側)の立場だったこともあるが、料理の出し遅れているお客さんのテーブルは、配膳係として気になって仕方がなかった記憶がある。

 厨房に入っても意識は同じだった。
 どのお客さんが先に来店してきたのか、どのお客さんの品の順番で注文が入ったのか、自然と全部を記憶するもので、ある日ボーイ、ウエイターが順番を間違ってコーヒーを出そうとしていた時に、厨房から「順番違うよ」と注意したこともあった。
 飲食店の受け入れ側とはそうしたものだと思っているが、悲しい店に遭遇することは稀にある。

 深夜の電車に飛び乗り、GW前の本誌活版最終原稿を拝受。
 帰社〜入稿後、5月後半発売本誌掲載のインタビュー記事の素材を確認し、デザイナー他関係者各位へメール送信。

 GW中、一部の取材と入稿が残された。

投稿者 yonezawa : 00:44 | トラックバック(0)

2009年 04月 14日

Dave Matthews Band

DMB_bwshot.jpg

 必死で探していたデイヴ・マシューズ・バンドの『クラッシュ』やら、ミシェル・ブランチのファーストCDがラックを見渡しても見つからず断念。
 デイヴ・マシューズは確かもう日本盤の契約がなかった(BMGをバンド側が契約更新せずに切った)と思うので、新作に関しては旧譜以外は輸入盤と言うことになろうが、これほどの技量とセンスを兼ね備えたバンドが、いまだこの日本で無名に近いと言うのが不思議だ。
 Dave Matthews Bandはデイヴ・マシューズ(アコースティック・ギター)カーター・ビューフォード(ドラム)リロイ・ムーア(サックス)ステファン・レザード(エレクトリック・ベース)ボイド・ティンズレー(バイオリン)の5人からなるバンド。
 正式メンバーにバイオリン奏者がいることがひとつの独特なサウンドのポイント。
 本国米国では年間観客動員数全米一位だったり、プラチナ獲得等、実に派手派手の輝かしい歴史を刻み続ける存在ながら、おいらはこの日本では一桁の人としかこのバンドについて語り合ったことがない。
 近年のジョン・メイヤーのDVD映像に、デイヴ・マシューズのテイストを少しだけ感じさせるニュアンスを感じ取り、今最もおいらの中での旬なミュージシャンは、ジェフ・ベックにジョン・メイヤー。ここで旧譜を聴き直すと、常にデイヴ・マシューズもランキング入りを果たしてくる。

 村治佳織『パストラル』に聴き入り、ライナーにあった彼女直筆の文字までが洗礼されていることを思い出した。

41EQW5CEXZL._SS500_.jpg

 今日は彼女の誕生日!

 編集部にて、夕飯の出前のカレーを喰った後、恐ろしい程の睡魔に襲われ、身も蓋もない様相で椅子に座ったままふらふら船をこぎ出した。
 人は何故眠らなければならないのか。

 外の雨模様は深夜まで落ち着かず。

投稿者 yonezawa : 19:00 | トラックバック(0)

2009年 03月 24日

WBC決勝

51K08w%2BYqXL._SS500_.jpg

 花粉症の症状は、関西滞在の後半戦が特に最悪の状態で、早朝に何度か喉がカラカラで目覚めた。
 鼻で息が出来ないせいで喉のコンディション劣悪。
 
CA3A0595-0001.JPG

 2度寝、3度寝を繰り返しながら、宿泊ホテルのチェックアウトを済ませ、新大阪駅よりのぞみで帰京。

 移動中もほとんど爆睡。車内が混み合わなくラッキーだった。
 東京駅より直接編集部へ。

 映りの安定しないワンセグで騙し騙しは観戦していたが、会社へ到着した瞬間、WBC決勝の日本×韓国戦は8回の攻防。
 デスク回りを整理する間、9回には延長戦へと持ち込まれ、しかし最終的には延長戦のイニングを抑えきったダルビッシュの投球を見届け、見事2連覇を達成した日本チームの勇姿を確認。

投稿者 yonezawa : 19:17 | トラックバック(0)

2009年 03月 13日

臼井

l_9538da4dcfa9966c6381026e3704f4c4.jpg

 駅構内に貼られたポスターに写った松下奈緒の瞳が確定申告を促している。
 練馬西税務署を経由し、大泉学園経由で地下鉄へ。
 乗った一車両内には、ざっとマスク着用の人が7人。次の駅で2人の着用者が乗り込んできた。
 マスクの売上げはこの数年で確実に数倍の伸びを示しているに違いない。

 夕方、JEFF BECK記事の再校正を戻せば、後は3月26日発売の週刊ヤングジャンプ17特大号を待つだけ。
 4C1P+活版1Pのわずか2Pながら盛り込めるだけの情熱と情報を注入した。同日、YOUNG JUMPオフィシャル・サイトでインタビュー完全版を掲載。

 スーパー編集者:Iの提案で、映画人:Y&Kと待ち合わせ、京成上野駅より千葉へ向かうことに。

CA3A0547-0001.JPG

 京成線佐倉駅より1駅戻り、京成線臼井駅下車。
 次週入稿となる映画記事案件の打ち合わせを理由に遙々この地までやってきた。
 タクシーで3〜4分。イタリアン『CASTELLO』って相当有名らしいが、おいらはその情報をまったく知らず。
 店のマネージャーとコース料理が運ばれてくるタイミングに色々話を伺えば、(他にも色々いらっしゃるのだろうが)キムタクとか井川遥等の著名人も常連さんだと窺い知る。
 まぁこのテンションのイタリアンとなれば、都内でもなかなか遭遇しないと正直感じた。

CA3A0548-0001.JPG CA3A0549-0001.JPG CA3A0550-0001.JPG

CA3A0551-0001.JPG CA3A0552-0001.JPG

 ともかく、これほど丹念な料理を舌先で堪能出来たことは、今後の欧風料理に対するひとつの大いなる引き出しを得たのと同等。
 20歳の頃のまま料理人を続けていたなら、きっと、もっと違った心の動かされ方をしていたろう。

 19時30分に入店し、場所が場所だけに帰りの電車は22時15分頃の便に決めており、予定通り巧く電車に乗れたのはいいが、乗り継ぎを数回繰り返し、最終的に自宅の部屋に着いたのは24時45分頃。

 臼井はえらく遠かった…

投稿者 yonezawa : 21:36 | トラックバック(0)

2009年 02月 2日

KUROZUKA打ち上げ

CA3A0470-0001.JPG

 アニマックスで好評放映されたアニメ『KUROZUKA-黒塚-』のDVDが、いよいよ今月より順次リリースされる運び。
 完成を記念して、アニメスタッフ及び全関係者の打ち上げが本日夜行われた。
 少し遅刻はしたものの無事末席へとたどり着き、労いの空間を共有。

 しかし、素人目にも相当過酷なスケジュールの中での作業だったハズなので、「本当にオンエアー日に間に合うのか?」と危惧した事も一度や二度ではなかったのだが、結果見事に(滑り込みの連発だったそう!)作品は万全の形で仕上がり、今日の日を迎えたとのこと。

 それにしても駆けつけたアニメスタッフの人数の凄さに少し押されてしまった。
 こんな大勢の方々の力が支えた末に、初めて作品が完成に導かれたと考えれば感慨もひとしお。
 有名な声優さんらも会には参加され、めったにお会い出来ない異業種の方々を遠目から労った。
 正味2時間程度、1次会へお邪魔し、地下鉄帰社。
 終電を逃しながらデスク・ワークに終始。

投稿者 yonezawa : 23:00 | トラックバック(0)

2009年 01月 30日

THE PRESIDENTS OF THE UNITED STATES OF AMERICA live

31p5u8wTlqL._SS500_.jpg

 午前から雨模様が鬱陶しい。
 昨日決まった4C1P記事の〆切りがいきなり今日で、デザイナ:Tちゃんと四苦八苦しながら、レコード会社への中継を逐一行いながら記事構築に勤しむ。
 本来、見開きを想定しておいた内容だったので、ボリュームを1/2に削除する作業を行い、関係者各位への了解を取るべく配信。
 同じく本日入稿の、プッシーキャット・ドールズ記事もデザイナー:Tちゃんによる配慮あるレイアウトとして徐々に完成に近づき、本日入稿の運び。
 SJ誌掲載の『黒塚』DVD&ブルーレイ告知記事コンセンサス原稿チェックで、ようやくこの記事が手を離れる。

 夕方18時15分過ぎに一旦席を外し、昨年完全復活を遂げたPUSA(ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ)来日公演の会場、恵比寿リキッドルームへ向かった。
 彼らは90年代後半に人気を博したシアトル出身のバンドで、昨年の夏、FUJI ROCK’08に出演したその日、都内で初めてインタビューをした。特にドラムスのジェイソン・フィンは、地元シアトル・マリナーズ:イチローの大ファン。
 
 ライヴは全体的に固めの音作りで、SGから放たれるファズ・サウンドも、相当固めの原始的サウンドだった。一切の小細工のない出音。
 それは彼ら3ピース全員の楽器に言えた。たった2本のベース弦で飛び跳ねながら弾きまくるクリスの器用な演奏スタイルには思わず笑みが漏れてくる。
 1STからの曲は半分以上歌える感じ。『ラジオスターの悲劇』はいつ聴いても大変なカヴァー名曲だ。
 観客の合唱ぶりもすごい。
 オールド・ファンに混じって若いオーディエンスもチラホラ目につくが、彼らはEMI移籍第1弾となった彼らの最も新しいCD『グッド・タイムス・ピープル』によって、新しく根付いたファンなのか。
 ともかく、舌を巻くほどの演奏技術がありながら、シンプルな構成に拘り、おちゃめな演奏に終始するPUSA。リズムのタイミングはとんでもない間を有する奇特なバンドであることを再認識するのだった。
 つくづく疾走感とグルーヴが突き抜けたバンドだ。

Chris Ballew クリス・バル- vocals, 2-string basitar
Andrew McKeag アンドリュー・マッキーグ- guitar
Jason Finn ジェイソン・フィン- drums

 終演後、即刻帰社。
 活版記事2P、4C記事1Pを入稿し、雨模様の中終電で帰途に。
 最寄り駅に到着すれば、偶然同じ電車に乗っていたと言うS社:Sと出くわし、軽い立ち話。後セパレート。

 夕飯のタイミングを逃してしまったおいらは、一人で駅構内の立ち食い飯屋へ飛び込み、うどんとミニ丼のセット・メニューを注文。深夜バスで帰宅。

pusa.jpg CA3A0469-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 19:18 | トラックバック(0)

2009年 01月 23日

まともにおさらい

les%20paul%2059%20reissue%20pic.jpg

 S社担当のMよりプレゼンのあった2本の取材を決め込む。
 彼女は現在懐妊中。今年の春頃に第一子を授かるそうだ。
 近場の喫茶店で打ち合わせを兼ね子育て談義。天真爛漫でバイリンガルなMは、公私ともに全く危うさがなく大丈夫。
 彼女が人生最大の宝物と逢えるのももうすぐだ。おめでとう!

 DVD&ブルーレイ発売告知記事をこさえるのに、深夜23時過ぎまで時間を要してしまった。
 余った出前の弁当を冷えた頃喰らい、なんとか終電までに帰宅するべく雑務を速攻で仕上げにかかる。が、時間微妙。
 2週間前に一度セッションがあった以来、一度も復習する時間のなかったイベント用の楽曲。
 この2週間、明日のリハーサルの準備が、まるで出来なかったのだ。

投稿者 yonezawa : 01:42 | トラックバック(0)

2009年 01月 8日

活版インタビュー原稿

61rfoDigYzL._SS500_.jpg

 出前のタイ料理:炒飯を喰いながら終始編集作業。

 終電に間に合うように作業進行。
 デザイナーの会社で活版インタビュー原稿を待つ間、世間話でパソコン周りのアドバイスを乞う。
 明日は関東甲信地方は大雪なのだそう。

 午前4時前、4Cレイアウト・データ送信を自宅で受け、最終校正の指示。
 映画宣伝会社も完全バックアップで午前5時前には最終版を構築。
 関係者の皆様、ありがとうございました。

投稿者 yonezawa : 17:14 | トラックバック(0)

2009年 01月 7日

怪獣化

51VIxfFXrvL._SS500_.jpg

 怪獣化するのか、笑顔の天使のままなのか、起きがけのご機嫌次第で豪放磊落な個性を発揮するRちゃん本日のコンディションは、すこぶる好調。嬉しい。

 さっきご飯食べたばかりなのに、おいらが遅れて食事(餃子中心のおかず)を摂り始めれば、強引に膝に乗っかり座り込んで、大好きな餃子を指さし催促。
 6個食べるはずの餃子中、2個がRちゃんの胃袋に消えてしまった。

 明日の、レコード会社との社内打ち合わせ時刻を確定させ、冷え切った戸外へ。
 今日の風は冷たい。
 2月より順次リリース予定のアニメ版DVD&ブルー・レイ『KUROZUKA-黒塚-』に挿入する告知チラシ初校をチェック。
 遅めの夕飯には、新たなる大型企画(?)の打ち合わせを行うべく、杉並区へ精鋭編集総勢6名で移動。

 明日は、ヤンジャン6号発売日。
 昨年暮れ、あのsirポール・マッカートニー(The Fireman)に、なんと直メールでインタビューした記事が掲載されている。

投稿者 yonezawa : 19:32 | トラックバック(0)

2009年 01月 6日

Rodrigo y Gabriela in 渋谷duo

51Gu6v8zDVL._SS500_.jpg

 CD『Live In Japan/激情セッション』(Rodrigo y Gabriela in 渋谷duo)の曲間をよーく聴けば、子供の泣き声が聴こえる箇所がある。
 この泣き声がRちゃんのモノなのか? 否か? ライヴに赴いた際、事実関係を知るおいらは微笑みながら拝聴した。
 
 急遽、本日前倒しで掲載枠の決まった映画インタビュー記事の構築に必死。
 昨年末に入稿の可能性もあった本企画だったので、取材日当日にテープ起こしからリライトと推し進め、原稿は1Pでも4Pでも対応出来る準備をしておいた。
 そのお陰で、今回の再構築リライト原稿はわずか1時間強で仕上げることが叶った。

 賛否は置いておくとして、ハリウッドのトップ監督の一人であるS.ソダーバーグが語ってくれた、ある意味映画とかけ離れたアウト・エピソードに興味深いものを感じた。

 それにしても、手持ちカメラで撮影し、せこい映像を撮る者と、臨場感たっぷりの映像を撮る者とハッキリ別れるカラクリの妙は、今だ解明ならず。
 ジャームッシュの手持ちカメラ、しかもHi8の映像が何故興味をそそり、ヒヤヒヤするのか、そのカラクリも言葉では説明がつかない。

 <2つのチェ・ゲバラ>『チェ 28歳の革命』は1月10日より、『チェ 39歳 別れの手紙』は1月31日より、日劇PLEXほか全国ロードショー。
 http://che.gyao.jp/

CA3A0439-0001.JPG CA3A0440-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 00:18 | トラックバック(0)

2009年 01月 5日

仕事始め

make_img.jpg

 昼下がりのフロアはまだまだ閑散。仕事始めとなった本日5日、1週間ぶりの編集部へ。
 デスク周りの雑用をやり始めたら、食事を摂らないまま午後8時を回った。
 
 まだ掲載号の決まっていないインタビュー原稿をリライトしていたら、およそ1時間後、激しい睡魔に襲われ、初船こぎに入り出した思った矢先、訪れたインターネット・サイト外部スタッフによる新年のご挨拶で起こされた。
 
 2009年がスタート。
 ニュース・ソースで「世界初!クラプトン&J・ベック日本で共演」の記事を確認し、開催地がさいたまスーパーアリーナであることにやや脱力しながら、関係者各位へ情報収集。
 25、25年ぶりの本格的な共演となる本公演はチケットの争奪戦が安易に想像されるところ。

 歴史的な絵面になることだけは間違いなかろう。

投稿者 yonezawa : 03:33 | トラックバック(0)

2008年 12月 29日

閑散YJ編集部

51%2B1eS8x1mL._SS500_.jpg

 編集部デスク周りの“整頓のツメ”と、雑務、さらには先日飛んでしまったメール・アドレス・データの補強もあり、夕方編集部へ。
 ヤンジャン編集部には誰もおらず。
 隣の編集部からは少しだけ声が聞こえてきた。

 年始までには送りたい資料を詰め込んだ郵便物を2件送付箱へ。
 大量のアドレス・データを自身にメール送信。

 その他の雑務を終え帰途に。

 途中、明かりのついた居酒屋等々の窓越しに見えるのは、大勢の人でごった返す忘年会客の様相。
 24年前に遊びに行ったことのある、当時の友人のマンション前を通過しつつ、もう20年以上も連絡の途絶えたかつての友を回想。
 新築だったそのマンションも、もう随分くたびれてしまったものだ。

 疎遠になる者、新たに付き合いの頻度を増す者、会いたくても会いにくい環境同士の者。
 一人、車中で思いが巡る。 

 最寄りの24時間スーパーで正月用の買い物。そろそろ遅い時間なのに駐車場が結構埋まっているのは師走ならではの景色か。

投稿者 yonezawa : 17:28 | トラックバック(0)

2008年 12月 9日

安い赤ワイン

CA3A0362-0001.JPG

 漫画家:高橋ツトムの新オフィスは閑静な住宅街の高級物件。
 連載の増えた師走激務の最中、庭の金魚の世話までこなす繊細ぶりで激烈連載中の原稿をバッサバッサと脱稿中。ご苦労さま。
 昼、上がりたての最重要原稿をピック・アップし編集部へ。
 
 夜、STと何年ぶりかのサシ飯へ。
 欧州料理店:Gは先月10周年を迎えたそうで、店長のお薦めする新メニューを中心に、飲み物には「安い赤ワインを!」と注文。
 この「安い」の言葉の裏に「美味しくて(安い)」と言う言葉が潜んでいることは言わずもがなだ。
 食材の品目に不備はナシ。
 店長:Nさんが超のつくブルース・ファン(マニア)であることを、今頃になって初めて知った今日は収穫だった。
 店内では、デレク・トラックスのスライドと即座に判る、最新オールマン・ブラザース・バンドの3枚組CDが鳴り響いていた。
 メチャメチャ美味い料理をばっこばっこと食した後、河岸を変え、木の子おばちゃんの店で再び赤ワイン。
 STの推薦する四谷の初訪問バー:Hでも、さらに赤ワインを飲んだにも関わらず、明日の頭痛の予感がなかったのは、物件(ワイン)の質なんだと確信した。

 熱烈入稿もさることながら、怒濤の忘年会週間へと突入。

投稿者 yonezawa : 12:54 | トラックバック(0)

2008年 11月 27日

風邪が流行ってます

KW.808.CVR.FINALTYPE5X5.jpg

 朝、眠気バリバリの最中、伴侶の発熱により全員のご飯作成&夕食までの仕込みと、午前中から慌ただしい。
 昼食の肉野菜炒め、トマト、ご飯、鰯のハンバーグを1時間かけて綺麗に完食のRちゃん。彼女最近生傷が絶えないものの、すこぶる元気で調子よし。床暖のせいか、唇が乾燥しているのを何とかしなければ。
 Rちゃんお昼寝のタイミングを見計らい、編集部へ。

 どういう訳だか誕生日を1日早く勘違いした複数の仲間からの「おめでとう」メールが相次ぐ。
 明日でまた一つ年を重ね、来週はRちゃんもまた一つ年を重ねる季節がやってきた。

 便で届いた来年2月以降にリリースされるDVDの特典映像をチェック。

 2本のインタビュー記事の載ったYJ見本誌を確認し関係者に送付。
 S社からはラフミックスの某凄腕ミュージシャンの音源が到着。
 来月、この素晴らしきミュージシャンのレコーディングにお邪魔する予定。とても楽しみだ。久方ぶりの、“異種格闘技”の予感。
 ダイアー・ストレイツの紙ジャケHMCD到着。U社:S氏に感謝。
 年内、やること、新たなる案件、山積み。自業自得。成せば成ろうよ。
 

投稿者 yonezawa : 20:24 | トラックバック(0)

2008年 11月 24日

Kaiser Chiefs

81_sumple01_01.jpg

 雨。
 見通しの悪いコンディションの中、車で編集部へ。
 雑務を残しつつ、都内某所にて来日中のカイザー・チーフス/インタビューへ。
 複数の取材陣の待機と遭遇しながら、ヴォーカル:リッキー・ウィルソン、ベース:サイモン・リックスの2人へのインタビュー、やにわに開始。
 彼らにはまだおどけなさを感じてしまう辺り、もう大した世代の違いを認識する場面ながら、ともあれ前進のアクションを継続するバンドが魅力的であることに間違いはなし。
 撮影時の驚きのトラブルを回避し、フレンドリーなバンド・メンバーに別れを告げ、再び車で帰途に。
 井の頭公園の混み具合が酷く、街道に入ってから1時間もかかって地元方面の西友へ到着。
 雨で買い出しに出られなかった分の夕飯の買い物を済ませ帰宅。

 晩飯はハンバーグ。
 
 連日報道される「元厚生次官宅襲撃事件」の闇は未だに解明されず。

 日頃、「踏襲(とうしゅう)」を「ふしゅう」、「未曾有(みぞう)」を「みぞうゆう」、「頻繁(ひんぱん)」を「はんざつ」、未確認ながら「前場(ぜんば)」を「まえば」、「有無(うむ)」を「ゆうむ」、「詳細(しょうさい)」を「ようさい」っと読み間違えないよう、自身も気をつけねば。

投稿者 yonezawa : 02:41 | トラックバック(0)

2008年 11月 20日

世界で一番格好良い男

51936qtOw1L._SS500_.jpg

 机の前に座り、いくつかの取材案件の材料をその日のうちに、一気にまとめてしまおうと思い作業に取りかかると、時間経過はあっとう間。

 かつてジョン・レノンに「世界で一番格好良い男」と言わしめた男。
 生きていたら80歳。
 07年10月8日、没後40周年式典や追悼式典がキューバのサンタクララなどで行われたのが、あのチェ・ゲバラだ。

 周りの景色は何も目に入らないまま、結局午前4時までのデスクワークとなった。
 

投稿者 yonezawa : 02:42 | トラックバック(0)

2008年 10月 27日

明月黒

51tNuyNKsOL._SS500_.jpg

 午前7時起床。
 ここのところ、おいらにすれば早起き連続。
 7時30分、ママとRちゃんを駅まで送り。
 8時の高速バスで羽田へ向かい、彼らは機上の人となった。

 帰宅して家事に勤しむ。生ゴミと空き瓶、空き缶を廃棄し、食事に肉野菜炒めと豚汁。
 賞味期限切れの調味料を確認すれば大量に出てきたので、ドンドコ廃棄。
 
 気がつけば、もはや中堅編集者となったKと遅い新宿飯。
 折に触れて漫画談義を交わしてきたKも、もうこんなに大人になっていたのだなぁ…と感じさせる感慨深い局面が何度も訪れ、杯が進む夜更けであった。

 お開きの後、1人ゴールデン街。先日誕生日を迎えたばかりのSTとマスターらと軽く数杯。
 ここのお店は、親父が死ぬまで飲み続けていた「明月」を常備してくれている奇特で温かいお店だ。

投稿者 yonezawa : 08:06 | トラックバック(0)

2008年 10月 21日

疲弊

royal_wp_1024.jpg

 来週、再来週の際立った行事と、混沌とする目の前の仕事の折り合いをつける作業に時間を費やされる。
 1通のメールを打つのだけでも大した労力をかけざるをえない。

 午前5時30分UPの原稿を受け取り帰社。
 今年一番長く朝まで編集部にいた日だったかもしれない。
 すべての入稿を終え、帰途についたのは午前8時。撃沈。

投稿者 yonezawa : 00:59 | トラックバック(0)

2008年 10月 14日

日本中が忙しい

blackice_white.JPG blackice_yellow.JPG

 依然として1人花粉継続中。
 amazonからの注文品を拝受。
 AC/DC記事初校チェック。いくつかの案件を確認する中、不誠実かつ不条理な対応を見せた某社某人に憤りを覚えるが、この件はしばらく忘れないよう懐に仕舞い込む。
 デスクで喰らう出前のキーマカレーが胃袋に重く浸透。
 
 今月の残りの予定もほぼ埋まりつつあり、いつ誰と食事をするのか決まった。
 携帯電話とメールの時代になって、誰もかれもが日程がせわしないことになった気がする。
 昔は、よほどの大人数でなければ呑む店も行き当たりばったりだった。今では2人で食事をするためにも予約をしなければ、抜き打ちで行っても入れない場合が多くなった。
 景気回復の兆しは皆無のくせに日本中が忙しい。

 終始デスクワーク。
 午前3時30分、原稿拝受。帰途のタクシーの車中で和田ラヂヲ先生と久々に情報交換。たまにはメールじゃなくて話をしないかん。
 午前5時過ぎ帰途に。

投稿者 yonezawa : 14:28 | トラックバック(0)

2008年 10月 9日

『クエスト:探求者たち』#1映画監督 北野武

51CX0G48PAL._SS500_.jpg

 WOWOWで放映された「『クエスト:探求者たち』#1映画監督 北野武」鑑賞。(監督:篠崎誠)
 映画監督で大学教授で身内の篠崎誠ちゃんは、今年のベネチアにも密着していたのか。羨ましい。
 このドキュメント番組を撮った旨は本人から伺っていたが、それなりにポイントを押さえての撮影だったことを、映像を観て初めて知った。
 “ビートたけし”が映画監督“北野武”として衝撃的デビューを果たしてから、今年で20年の歳月が経過していた。
 オイラが初めて北野監督へインタビューしたのが、1996年のことだからもう12年も昔のことだ。
 1997年のベネチアへ同行し『HANA-BI』の金獅子賞受賞の瞬間を目の当たりにした。翌1998年『菊次郎の夏』の撮影全行程へ密着。1999年には同作品を持ってカンヌ映画祭へ同行〜っと、最も武さん熱にうかされていた彼の日を思い出した。
 今でも心の中ではあの日と変わらないテンションで已然として発熱中だが、北野監督のことを永遠に見つめてゆきたい気持ちは、「オールナイトニッポン」やら「ひょうきん族」などで、その価値観に気づかされて以来、なんら変わらない。
 
 昼下がり、駅ビルで見つけたバッグを購入し、九州の義母へ宅配贈呈。
 楽器屋を経由し、コミックス原稿を引き上げ帰社。
 終日デスクワークで、晩飯は出前のオムライス。
 渾身のAC/DC記事、9割方完成。嬉しい。

 深夜までの業務に一区切りをつけ、帰宅後、自宅でメロディックスピードメタルバンド:ドラゴンフォースを拝聴。
 来週にはラウドパークで来日する彼らへのインタビューを控えているので、なかなか疎遠だったこの手のジャンルの音楽を自分なりに租借しておこうと努力&準備。

 レコード会社担当者の強いモチベーションで引き受けた取材というのも、歴史的にいくつかあるが、色眼鏡はいけない。ギターの音色をきちんと聴き込み、真摯に向き合おうと思っている。

投稿者 yonezawa : 12:00 | トラックバック(0)

2008年 10月 7日

花粉症的劣悪コンディション

41KSGVW8D2L._SS500_.jpg

 昨日1日の花粉症的劣悪コンディションはきつかった。
 パソコンを1行タイプする度に比例して鼻をかんでいた感じ。
 鼻炎の者が周りにもチラホラいるが、あれも花粉症なのか? 巷では流行っているのか? おれだけなのか?
 ほんのりと微熱な様相に陥り、完全に病気の一種という自覚症状。もう何年にも渡って。
 親父の仕事は杉の木ですらものともせず、バッサバッサと伐採する気質のマタギの木こりだったはずなのに…。
 その親父も晩年は驚きの花粉症になってしまったので、やはり世間で言われる通り、コップに水を注げばやがて溢れる様に、花粉免疫許容のコップが満タンになったら、症状が勃発するものなのか。
 どうでもいいが、何が哀しいでこんな力を入れて呼吸をしなければならんのか。

 今朝も鼻腔がむず痒いが昨日ほどの酷い有様ではなかった。そうだと寝起きにとても安心する。
 午前中からRちゃんとプチ格闘し、「ばぁーちゃん、ばあーちゃん、げんきぃ?」と言わせた最新動画を母親携帯へメール送信。もう誰に何を言われようが馬鹿親まっしぐら。

 ギター・ショップへ寄り、ストラップ、弦、ピック・フォルダー等の撮影小道具購入。

 記事構築にしこしこデスク・ワーク。遅めの飯にTさんと神楽坂。雨が意外に激しい。
 帰社し、午前0時上がりの原稿拝受。勤勉入稿で午前2時にはオール完了。

 今朝の、俳優:緒方拳の訃報には驚いた。

投稿者 yonezawa : 20:51 | トラックバック(0)

2008年 10月 6日

覆麺〜Where The Light Is:John Mayer Live in Los Angeles

41BSRED941L._SS500_.jpg

 (知らんけど)売れっ子芸能人並みの、おいらにすればたったの4時間睡眠で午前7時起床。
 シャワーを浴び、外出の支度を済ませ都心へ向かう地下鉄へ。
 こんな日は、1日のうちのどこかで必ず居眠りする場面が来る。

 昨日から降り続けている雨なのか、小雨は延々続いている。
 午前8時過ぎに新宿へ向かう地下鉄は、激のつく混み具合。こんな時間に毎日通勤されるサリーマンの方々の、果てしなき苦難と大きな労力を改めて窺い知る。
 先ちゃんが昔描いた、乗客がギチギチに詰め込まれた電車車両の一部をゴジラがひょいとつまみ上げ、軽く火で炙って(確か)「人間の踊り喰い」と言って頬張る良く出来たシニカル・ギャグを思い出した。
 東京の心臓部を経由し、所用を済ませ、午前11時過ぎには編集部へ。
 夕べも遅くまで仕事だったせいで、今日が週始めの感じがしない。
 
CA3A0222-0001.JPG fukumen.obj.jpg

 編集部界隈の「覆麺」へ。
 入口にはこんな覆面があり、店員の2人は覆面を着用。厨房の正面部分には、「日本語はよくわかりません!ゴメン」という張り紙が貼ってある。
 時折、「了解」的ポイントで意味不明の「アンガーラ」という言葉を発する。味玉覆麺を食した。麺の量が多い。昼下がりだったので、少しだけ人の待ちもあったが、次回自分がまた行く気になるのか、今日の気分では判らない。早起きをすれば、いつもとは違う時間に思い切り腹が減るものだ。人間って現金だ。

 昨日入稿した漫画原稿の校正刷りを速攻確認。 
 仕事の手を止めないまま、デスクで『Where The Light Is:John Mayer Live in Los Angeles』を聴く。John Mayerは上手いな。テクニックもそうだが、何もかもが上手い。
 小憎らしい程にそつなく、さらりとクールに弾き歌いこなし、嫌みもない。
 これほどのバランスを有したシンガー・ソングライターはそうそう出会えない。ギタレレ弾いてるかな? 次回は前回よりもっと音響のよいホール(エンジニア)で聴かせてほしいぞ。

 デザイナーの告知ページを待つうち、宣言通りデスクで軽くオチる。
 出前のカレーを喰って満腹。眠い極地。今日はもうだめ。

投稿者 yonezawa : 20:51 | トラックバック(0)

2008年 08月 29日

b.jpg

 昼間、地下鉄:表参道から地上へ上がり、晴れ渡った戸外を徒歩で10分少々歩くだけで汗が。
 デザイナー:K氏との打ち合わせ、およそ2時間。
 再び地下鉄で編集部へ帰還。 

 出前の弁当で空腹をしのぐ頃、気がつけば外はすっかり雨模様。室内にいるとニュースでの映像にホント驚く。
 辺りはさっきから稲光の閃光が駆け抜け、雷がごうごうと鳴り響いていた。

 書籍:ジェイク・シマブクロ『風の名前』到着。
 毎度お世話になる(株)S:Kazyのコメントもしっかり掲載されてた。
 
 駅前のタクシーは長蛇の列。雨じゃなきゃ徒歩帰宅したかったな。

投稿者 yonezawa : 03:05 | トラックバック(0)

2008年 08月 25日

Strangest Places

41ED6F6G5WL._SS500_.jpg 41Z06DXKR9L._SS500_.jpg 51aHDfKxnEL._SS500_.jpg

 Abra Mooreの『Strangest Places』は大変な傑作だったが、日本でのリリースがなかったせいか、おいら以外にこのシンガーを知っている人には出会ったことがない。

21P69YAEQ0L._SL500_AA130_.jpg

 そのアルバムはもう10年ぐらい前に購入したのだが、どういうわけだが彼女の他のアルバムを聴くという発想に、つい先日まで至ってなかった。
 調べれば何枚かのオリジナル・アルバムをリリースしており、DVDに特典映像のあるアルバムで初めて彼女が動く姿を拝見した。
 ともかく、『Strangest Places』でのバンド・アンサンブルは、ノラ・ジョーンズとかジョン・メイヤーで聴かれる種類の、絶妙で秀逸なアレンジの妙を見出すことが出来る。
 不思議なことに、日本のレコード会社が契約しなかったミュージシャンなのだろう。
 
 昨日から、まるで梅雨のような雨模様。
 打ち合わせ先の、清澄白河へ向かう。徒歩で作家宅を目指すと、到着したら汗だく。
 電車内の冷房で冷えるせいもあり、薄い長袖を着ているのだけれど、歩くと汗が出てくるし、バランスが難しい。
 
 幾つかのインタビュー原稿のリライト作業にデスクワーク10時間強。
 麻婆豆腐丼の出前を喰ってパソコンの前からほとんど動かない1日。
 今週、来週、再来週と重要取材が目白押し。
 午前5時にひとまず区切りを付け、帰宅の支度を。 

投稿者 yonezawa : 03:09 | トラックバック(0)

2008年 08月 6日

円満退職

kitagawakeiko.jpg

 先月、S社を円満退職されたYさんのニュースは、S社社員よりも随分遅れて知ることとなった。
 S社の社員でないおいらは社内報なるものがチェーンメールで配信されてこないので、こうしたタイム・ラグが生じてしまった。
 Yさんは引き続き嘱託として勤務されているのだが「なんだYさん、一言言ってくださいよ!」と、情報を得た翌日にYさんデスクへかけ寄った。
 その日、Yさんのスケジュールを窺い、おいら仕切りの飯会を開催する運びとなり、ついにその日(今日)がやってきた。

 水道橋『量平寿司』で、Yさんをかつてのボスに持つ売れっ子写真家:K、T、W、そして編集者のボス:Hさんも駆けつけてくださった。
 楽しい席だ。
 Yさんの饒舌ぶりには笑ってしまったが、まさしく速射砲のように語れる、実に遠慮のない意見はすがすがしいほど。裏表のないYさんの有り様が気持ちよい。

 二次会は何も考えてなかったのだが、とりあえず場をゴールデン街へ移し、えらく混んでたHで乾杯。
 更にYさん提案の飛び込み一軒を経由し、午前4時におひらき。
 最後まで残ったHと〆のラーメン(泣)。Hさん、ラヂヲごめんなさい。

CA3A0079-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 13:29 | トラックバック(0)

2008年 08月 5日

レッドクリフ

pascal-japan_241554-241561.jpeg

 午前10時30分過ぎ、出発。
 もより駅から地下鉄大江戸線を経由し、目的地駅で下車すれば、取材先のホテルまで雨に濡れることもなく辿り着くことが出来る。
 そのせいで、熱帯のスコールみたく激しい豪雨の様相にも気づかないまま、静寂な48階のスイートルームに登り詰め、ガラス越しに広がる薄暗い灰色の街並みを改めて眺めていた。
 
 スチール用のカメラとは別に、自前のDVカメラをセッティングし、テレコ2台にマイクをセット。
 オンタイムで漫画家:本宮ひろ志先生、到着。
 15分後に、映画監督:ジョン・ウー、到着。ジョンン・ウー監督は映画『レッドクリフ』(11月1日公開)プロモーションでの来日だ。
 
 なんと、日本漫画界の首領:本宮先生と、映画界の良心:ジョン・ウーとの“漢”対談が実現する運びとなった。
 先週の閃きが、こうして実際に成就することになるとは、企画した当のおいらも正直、感激の戦慄を覚えている状態。

 本宮先生とは、もう17年くらい前になるだろうか。
 当時、先生の会社で発売したファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲーム・ソフト『おたくの星座』(ストーリー:本宮ひろ志、キャラクターデザイン:江口寿史)の取材時に、今日と同じようなインタビューを行った以来。
 ジョン監督とは、2004年3月13日公開の映画『ペイチェック 消された記憶』取材時のインタビュー以来。
 ヤンジャン本誌で長年執筆される本宮先生だが、ご本人を目の当たりにすると未だに緊張感が背中を駆け抜ける。個人的には北野武監督と同じ質の匂いを感じる時がある。

 04年の取材時以降、暮れの時期に一筆添えてお送り下さるジョン監督からのクリスマスカードが、今も我が家の家宝となっている。
 受け取った時の、あの感激は忘れられない。

 対談に関しては何をどう決めていたわけではないものの、本宮さんの振った言葉に対して、饒舌なジョン監督の回答が帰ってくる。
 交わされる言葉を自分なりに咀嚼しながら頷き、まさに同世代の2代巨頭のツーショットを目の当たりにしているおいら自身の幸運を感じ取っていた。

 取材は異例の85分。インタビュー対談&撮影を滞りなく終え、ジョン監督と労いの握手を交わし、部屋を後に。
 ロビー階ラウンジで本宮先生を囲み、初めてあんなに長い時間、談笑する機会に恵まれた。
 漫画でも政治でも映画でも小説でも、本宮先生の睨んだ見解は実に的を得ており、胸のつかえが取れゆく感覚。作品を読めば一目瞭然ながら、あまりの博識ぶりに感激し、かつて本宮漫画一のファンだった自分のことを思い出していた。
 この機会に、中学時代においらが『硬派銀次郎』一色であったことをカミング・アウト。
 実に有意義な時間だった。大先輩のお2方には最大の感謝。

 夜、JR中野駅では、落雷による電気系統のトラブルで運行の復旧が遅れ、電車が立ち往生を喰らっていた。ホームはいっぱいの人で溢れかえっている。
 遅れに遅れて到着した電車は、すでにすし詰め状態。通勤ラッシュ時の状態で、とても乗れる様相にあらずと判断し、直ぐさま改札を抜け、タクシー乗り場へ移動。
 しかしココも激しい長蛇の列。もう最悪。

 街道へ徒歩移動し、駅からおよそ500Mほど離れた抜け道で巧い具合に流れてきたタクシーを拾い、吉祥寺で先ちゃんと待ち合わせ。
 今日の、本宮さん・ジョン・ウーのエピソードを口火に、やがて話は本題へと突入していった。

投稿者 yonezawa : 02:15 | トラックバック(0)

2008年 07月 28日

明後日への静けさ

517Ls2iMlRL._SS500_.jpg

 あー、延々デスクワーク。腹が減らないので晩飯も喰わんまま1日中デスク・ワーク。
 冷房の効いた部屋に四六時中いるので、外気の熱気をそれほど知らないまま1日が終わった。
 iTunesに10数枚のCDを読み込ませた。ここのところ、聴くより(ジャケを)見るより先に読み込ませる作業が先で、ジャケの印象を得ていないまま読み込ませるので、改めてiTuneを立ち上げた時、何のCDなのか一瞬判らない時がある。
 聴かねばならぬ音源は今日も膨大。

 一人の飯ほどせっかちに速攻性を求めるもので、またしてもラーメンだと編集者のHさんとか漫画家のRadio兄とか、音楽家のT等に「また喰ってるよ、この人!?」と突っ込まれるので、松屋のカルビ丼に落ち着く。意味合いはあんま変わらんか。
 わびしい一人飯に所要時間わずか10分。

 ここのところ、ゆったり語っていなかったおふくろに電話しながら、深夜、我が家までの道中を徒歩帰宅。
 電話をかけて正味20分くらい歩いたろうか。自宅近くになってきた頃、有酸素運動と化したのか、ほんのり汗が滲んできた。
 帰宅し、静まりかえった部屋の電気を点けて、即シャワー。

 昨日の洗車による筋肉痛がまだ来ないのは、明後日への静けさなのか。

投稿者 yonezawa : 14:29 | トラックバック(0)

2008年 07月 21日

西野カナ×RIZE

41DNXVRMGNL._SS500_.jpg

 午前2時を回った頃、女性ヴォーカリストだけの曲を集めたCD-R作成。
 明日の取材準備をカマし就寝。7時起床。8時自宅出発。
 9時過ぎ、都内某ビルで行う若き女性シンガー:西野カナ撮影のロケハン開始。
 建物内数カ所の撮影ポイントを絞り込み、合理的なる進行を睨み、11時を回った頃、撮影開始。
 
 西野カナは16歳の頃、約40000名の応募があったというオーディションを見事制し、その1年後の2006年、メジャー・デビューを果たしたシンガー。
 以前、他メディアで見た姿より、我々の前に現れた彼女はとてもスレンダーでシャープなイメージだ。
 朗らかで、ほのかに温かい雰囲気に包まれた彼女が、得てして現場のムードメーカー。
 シャッターが切られる度、ナチュラルで表情豊かでキュートで美しき写真が、1枚1枚連動させたパソコン・モニターに記されてゆく。
 その姿に、シンガーとはまた別ベクトルのプロフェッショナルな一面を感じさせた。
 成長とは素晴らしく、成長を努力する者は例外なく美しい──

 最終カットを取り終え、モニターでセレクトした写真から更に厳選したテイクを確認。カナちゃんは長丁場の撮影を、よく踏ん張りました。Thanks!
 関係者の皆様方、ご苦労様でした。
 
 撤収後、速攻編集部へ帰社。
 上がった漫画原稿20枚の入稿を終え、一路新木場スタジオコーストへ地下鉄移動。

 ロックバンド:RIZEツアー・ファイナルの雄姿を目の当たりにする。
 ジェシーは前回取材の時からは随分髪が伸びており、髭を蓄え、無敵の無国籍ギター&ヴォーカリストと化した。
 伸びきった髪の毛をぐるんぐるんと振り乱し、パワフルな怒濤のフレーズを決め込むKENKEN。
 出音がシャープに炸裂しっぱなしながら、プレイに対して常に冷静沈着な、あっくん圧巻のドラミング。
 ついにトリオとなったRIZEのポテンシャルは、常に最新ライヴが頂点だと言う確信を抱かせる。
 彼らの勢いとすこぶる技量を凌駕しうるロック・バンドを、そう簡単には思い出せない程だ。
 
 あんなに明確で潔くて気持ちよいラップはジェシーにしか成しえない世界感であり、世界でただ一つの表現手段だと固い信念を持つ。
 コンサート後、「これほど練習したことはないよ」と語ったあっくんの言葉に、ツアー直前から3人編成になったRIZEの様々な葛藤や、万全の布陣でライザー(RIZEファン)に対する回答を約束する彼らの熱い決意が感じられた。
 「いつもいつも、ありがとうございます!」とステージ上の豪放磊落な出で立ちとは打って変わった、まるで少女のように、すんだ瞳が印象的なKENKEN。
 「めちゃくちゃ緊張の真逆の感じでさ」と、ファイナルをとんでもないテンションの渦に導いたジェシーの有する軸の太さを、また一つ心に刻んだ。
 
 写真家:Tと地下鉄で新宿へ。
 馴染みの居酒屋姉妹店が軒並み全滅(臨時休業[泣!])で、焼き肉屋:長春館へ飛び込む。
 たった2杯の緑茶杯で、今日1日の充実感と、手応えと、疲労感に包まれる体感温度を自覚ながら電車帰宅する、アイドリング中のおいらであった。

投稿者 yonezawa : 14:36 | トラックバック(0)

2008年 07月 14日

SCREW DRIVER

31gb5I5kpPL._SS400_.jpg

 入稿原稿を確認しながら、色校正をデザイナーに中継。
 明日渡米し、現地で某ミュージシャン・インタビューを行うレコード会社スタッフへ委ねた質問状、送信完了。
 今月取材のある日程の再確認。
 取材が立て込めば、前日に何度も時間と場所を確認しなきゃ、どうにも自分が信用ならない。
 珍しく終電より早い電車に飛び乗り、おいらにすれば早めの帰宅を心がけようと思っていた。
 ふと電車内で、買い換えたばかりの携帯を見れば、登録しかけたままになっていたフリーランス編集者:Tくんのアドレスが。
 「彼は、確かおいらと自宅も近かったハズ…」と以前の記憶を頼りに、帰途の道中の脚を止めないまま、ダメ元でお誘いのメール送信。
 
 身内だけで行った、ボクシング世界チャンピオン:新井田豊選手の祝勝会がTくんとの初対面の席だった。 
 速攻で返信されたメールへ数回のやりとりを行えば、どうもおいらの歩くところから徒歩2分圏内のバーで、海外在住のライターと飲んでいるのだと言う。
 編集者の勘か、ここは四の五の言わずにとっとと合流すべし! という意識の元、言葉通り2分前後で現地バーへ到着。
 このバーは、何年か前に先ちゃんと訪れた事のある店だ。

 この勘は正解であった。

 Tくんの連れ:ライターIくんは、海外より帰国のタイミングとの事。
 彼の人となりを伺ううち、徐々にとても心地の良い空気が流れるのを関知し、思わず思考の赴くまま、大いに思いの丈を語り合ってしまった。
 海外を拠点に活躍され、自身が睨む世界を貪欲に探求する者には、有名無名に限らず奇妙な魅力を抱かされてきた。
 彼のたたずまいは、ある種のピュアネスさを抱かせ、同時に潔さのようなものを感じさせた。
 
 肩肘の張らない人、肩肘の張らない酒、肩肘の張らないエピソード…これらが合致した時、わき起こる場の空気は、貴重で奇遇でかけがえのない良質の混沌を産み出す。
 出会いこそ人生也。

投稿者 yonezawa : 00:56 | トラックバック(0)

2008年 07月 9日

屋外の風

51PFAWEye0L._SS500_.jpg

 レコード会社との打ち合わせでトリプルヘッダー。
 夕方、渋谷円山町界隈のクラブで、来日中のクリスタル・マイヤーズのショーケース観戦。
 終演後、速攻で六本木へ移動。
 「こうしてゆったり語ることは、果たして何年ぶりになるのだろうか?」と想像しながらY氏、初飯となった編集:Oと待ち合わせた。
 遠巻きに見る東京タワーの光が心地よかった。
 屋外の風にあたりながら、積もる数年間の近況を、かなり包み隠さず語り合う。
 終電頃のタイミングで健康的なるお開きとなり、再びの再会を約束し帰途に。

投稿者 yonezawa : 00:55 | トラックバック(0)

2008年 07月 4日

Bar STOP

51EY5R6M6ZL._SS500_.jpg

 飲め飲め団:団長は、諸事情の経緯あって現在8ヶ月間以上、禁酒を貫いている。
 しかし飲んべぇの心情を最も理解されている方なので、おいらのように飲み汚い輩の誘いにも、ノン・アルコールで最後までお付き合いくださるのだ。
 
 何年経過しても頭の痛い悩みの種が運命のようにつきまとう。
 何もかもぶっちゃけつつ思いをぶつけ、語らいの場を演出してくださる周囲の方々の距離感が嬉しい。
 デザイナー:Mちゃんに、編集:Y、MKらが順次合流し、賑やかなカウンターの面々と集い、夜が更けた。
 

投稿者 yonezawa : 12:37 | トラックバック(0)

2008年 06月 30日

上半期終了

51NUAWUiZlL._SS500_.jpg

 2008年上半期終了。
 デザイナー:Mちゃんと近況情報交換。
 銀座:Gはここら辺の相場価格よりも1/2、あるいは1/3程度で収まるような良心的な飲食店。
 かつてこの店のカウンターにいた若き板前:Sはもういないが、他店で修行中の彼を連れ立ち、今度は客としてここへ遊びに来る日もそう遠くはなかろうと信じている。
 ゴールデン街の重鎮:ゆうじさんに紹介され、初めて訪れた新宿三丁目のSはオープンしたてのバーで、実に心地よい雰囲気を醸し出す良質物件であった。

 帰宅後、今週取材の材料を整理しつつ居眠りをこき始めた深夜、床につく。

投稿者 yonezawa : 04:16 | トラックバック(0)

2008年 06月 26日

The Nanny Diaries

41ty1rPdxpL._SS500_.jpg

 映画『私がクマにキレた理由』鑑賞。
 シャリ・スプリンガー・バーマン&ロバート・プルチーニという、実はよく知らない監督なのだが、“スカーレット・ヨハンソン主演”っと言う、謳い文句に導かれた。
 今をときめく23歳の女優:スカーレット・ヨハンソンは、先頃なんとアルバム『Anywhere I Lay My Head』をリリース。
 アルバムは、すべてがトム・ウェイツの楽曲10曲をカヴァーした内容となっており、デヴィッド・ボウイもヴォーカルで参加と、さすがに豪華。
 本人のヴォーカルはというと、プロツゥールスの恩恵による部分も大きいのではと即座に想像させた。ただ楽曲にトム・ウェイツを選択する思い切りの良さをして、ただ者ではないオーラをビンビンに放ってはいた。

 映画は『Match Point』のようにときめく内容ではないものの、良き意味で想像通りの印象。公式サイズが身長163cm/体重54㎏とあり、やもすればとたんに太ってしまいそうな体型が彼女の大きな魅力の一つのであるのかもしれない。
 
 “Nanny”=子守り。つまり“ナニー”とは、ベビー・シッターを指す単語であることを初めて知った。 

 試写会後、フリーの編集者:MKと待ち合わせ。今月前半渡米した、彼女の海外取材エピソードを伺い近況を語り合う。

投稿者 yonezawa : 19:48 | トラックバック(0)

2008年 06月 24日

京王線:国領駅

4133jVG7wCL._SS500_.jpg

 昨日夜、京王線:国領駅下車。現在、『コミック乱』にて『御誂 人情幕ノ内』を連載中の漫画家:昌原光一と久々の再会を果たした。
 彼は、20年以上ビッグコミック誌に執筆される『総務部総務課 山口六平太』の作者:高井研一郎を師匠に持つ。
 この日、奇遇にも先生&担当編集者と共に、仕事後軽く一杯やっている席に合流する形に。
 その昔、国領駅の隣の駅:布田にあった「武蔵野音楽学院」というスクールに2,3日だけギターを習いに行った事を思い出した。
 たった2,3日で辞めたのは、習って初めて理解した「習う意味を見いだせなかった」理由によるものだった。
 この辺を通過すると、いつも彼の日のことを思い出す。

 丁度、単行本の表紙を描き上げた高井先生による“恒例マジック”を酒の肴に、爆笑の一時が贅沢で嬉しい。手塚先生の手伝いをなされた時のエピソードの感慨深さ。
 日本が世界に誇る大天才にして努力家、あの手塚先生が、当時どういった用紙に執筆されておられたかのレア証人談が実に興味深い。
 高井先生は赤塚不二夫作品の、多くの主要キャラのペン入れを担ってこられた方でもある。
 当時のスクリーン・トーンは粘着力が強すぎ、剥がすと紙ごと剥がれてしまうぐらいの悪精度だったそうだ。剥がすための液体状の道具も勿論ない時代の頃。
 歴史に残しておくべき素晴らしき生き証人の語らいを間近に聞く機会を得られ、嬉しさと感激でいっぱいだった。
 昌原の連載も好調。インターネットにある某書き込みにも嬉しい件を発見し、あの作品に興味を持って連載に導いてくださった他誌編集者にも感謝の気持ちでいっぱい。

 終電を無くしてしばらくした頃、早めのおひらき。
 バー(2F)の1Fにあった“良さげ”なラーメン屋に惹かれ一人飛び込み、塩ラーメン。
 醤油ラーメンのつもりが、おいらの前に常連らしき男が券売機で買ったのが塩ラーメンだったので、急遽塩ラーメンに切り替えたのだった。安直にしてスリリング。
 その男、席に着くなり「麺固で」と付け加えたので、おいらもそのまま真似して「麺は固めでお願いします」とピタリと後に続いた。
 博多のFから矢継ぎ早に届く携帯メールに、律儀に返信しているうちに塩ラーメン到着。

080624_0104~0001.jpg

 一口、二口食す。…??? なんら至って普通の塩ラーメンであり…。
 完食し、トイレへ。

080624_0114~0001.jpg

 入って驚愕。なんと内鍵が、あの懐かしい?形のバーを輪っかに通すタイプの、実に昭和なヤツなのであった…まさに便所の鍵。

 本日午前起床。
 Rちゃん1歳半検診のため、かかりつけの病院へ。
 入稿、日付が変わって終了。
 

投稿者 yonezawa : 15:08 | トラックバック(0)

2008年 06月 17日

最終電車

51dd0OA6cML._SS500_.jpg

 神楽坂:出島で夕食1時間。
 総武線で原稿取りに伺い、東西線最終電車で帰社。
 入稿後、編集:Tに誘われ、T行きつけの新宿のバーへ飛び込むと、大先輩編集:Sさんがカラオケ熱唱中。
 思いがげないメンバーで、河岸を変え梯子酒。
 思い出したのだが、おいらはSさんに色々と仕事に関する質問があったのだった。
 先日、別部署に異動となった編集:Yも交えた3人飲みを次回是非、実現させましょう! と、次回酒宴の約束を交わし、しらふで帰宅。

投稿者 yonezawa : 03:07 | トラックバック(0)

2008年 06月 16日

JOHNNY D GOOD

837757601_200.jpg

 友人で映画ライターのむーちゃん(佐藤睦雄)がジョニー・デップのムックをリリース。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862141919/
mouviebuffchr-22/ref=nosim/

 この書籍はおいらが語るよりも本人のコメントが正確無比なので、mixiの彼の記述をそのまま無断転載↓。むーちゃん、献本感謝!
   

 昨日、パークハイアットでディアブロ・コーディを取材したあと、紀伊国屋書店(新宿本店)で平積みされているのを見ました。銀座の書店にもいっぱいありました。赤い表紙は目立ちますね。
 Amazon.co.jpにも追加注文分が入ったようで、即日配送できる態勢になったようです。

 『JOHNNY D GOOD!』は、ジョニー・デップの魅力が詰まったオールカラーのピクトリアルムックです。写真がいっぱいです。
 写真は全部で152点ほど(アンド佐藤友紀さんお借りした写真1枚)。
 GETTY IMAGESのWIREIMAGE4600枚、AFLO FOTO2500枚から選びました。
 映画スチルは全て、膨大なTHE KOBAL COLLECTIONから選びました。
 本当はもっと使いたかったけど、予算限度額いっぱいでした。

 ジョニーの監督作『ブレイブ』などの扱いが少なくなったのが残念でなりませんが。

 ジョニー・デップの場合、イメージをエージェントとマネージャーが徹底的に管理しておりまして、使いたいポートレイト写真があっても、申請して許諾を得るまでに半年なんてザラで、本当はもっと使いたかったカッコいい写真があったのですけど、あきらめたものもあります。

 グラフィックデザイナーは『SWITCH』のADだった山下リサさん。膨大な数の写真をカッコよく並べてくれました。
 編集してくれたのは堀香織さん。面倒な編集作業に勤しんでくれました。
『DVDでーた』でジョニーの小冊子を書いた時の担当、平井万里子さんには逆に「A to Z」(小辞典)をお願いしました。

 3カ月間ぐらい毎日ジョニーの写真を見たし、DVDをチェックしていました。
その軌跡をたどる試みは、ジョニー・デップの俳優人生を一気に目の当たりにする楽しさがありました。

 書店でお見かけしたら、ぜひ手にとってパラパラながめてください。
文章をほぼキャプションっぽくし、1回目は写真集として、2回目は読み物として楽しめるようにつくりました。

投稿者 yonezawa : 12:24 | トラックバック(0)

2008年 04月 25日

Daniel Powter

51iAgRp80bL._SS500_.jpg

 ダニエル・パウターの新作リリースまでにはあと数ヶ月かかるようだが、先日の試聴会で、最終ミックスを残す1曲以外の全曲を拝聴。
 アレンジや楽曲の方向性は認識出来た。1st.に続く新作は、やはり優しくてせつなくて正直で軽快だ。

 午後、都内某所でダニエルと1年半ぶりの再会を果たした。
 小一時間の取材時間の中、彼は前回同様、真摯に、時にコミカルに回答してくれる。
 スーパースターといってもよい程の成功を、たった1枚のアルバムで手中に収めても尚、彼の謙虚な姿勢は変わらないままだ。
 自信を持つ瞬間はパフォーマンスの瞬間だけなのだろう。彼のストイックな一面も魅力の塊として、一ファンの心に響く。
 「#1に収録されそうな“Best of me”はファースト・シングルカット? もしかして最初に書いた曲なんじゃない?」との問いにダニエルは「その通りだよ。良い勘してるよ。正解だよ」と答えた。
 補足で、スタッフサイドから「ファースト・シングルカットの曲はまだ決まっていないそう」だとも。
 「今、最もファルセットの美しい、アレンジの曲を書くのがあなただね」と伝えたら「ステレオ・マジック(笑)!」と照れるダニエル。
 去年までの取材時、めったにサインを貰わなかったおいらなのだが、ここのところRちゃん宛のサインは時間と空気が許す場合のみ戴くことにしている。
 ダニエルがRちゃん宛に書いてくれたフレーズは「Don't listen to your Daddy! Be well」
 取材空間を爆笑に追い込んでくれた素晴らしき盟友:Daniel Powterとのひとときも、滞りなく終了。

 実家より引き上げてきた懐かしいMac G3を再生させようと編集部で四苦八苦。
 入稿と原稿リライト作業の最中、デスクの横で作業をしていると通りすがりのスタッフが「懐かしい〜」としみじみG3を眺めてゆく。
 たった5年でも、パソコンの進化は果てしないスピードであるが故、もうこの機種を使っている人をまず見かけることはない。
 おふくろパソコンの再構築が今現在最大の最優先事項ながら、まだ解決の時間が得られず無念。
 深夜4時帰宅。

080425_2057~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 18:22 | トラックバック(0)

2008年 04月 8日

牛タン弁当

31AE6WJG9RL._SS500_.jpg

 気がつけば編集部デスクは書類と雑誌とCDと原稿で溢れかえる始末。
 自宅ギター部屋も、amazonからの宅配物なり、買ってそのままの衣類、CDの山であっと言う間に混沌。
 寒い日なのか、汗ばむ日なのか、判断のつかないこの時期は着てゆく上着に悩まされる。

 ランダム再生する曲を聴くと、きちんと聴かねばならない曲の存在を逐一確認させられる。中途半端になっていた、おいらのあの曲もそろそろ録音しておきたいところ。
 
 編集部デスクで喰う牛タン弁当が今日の夕食。
 頼んだのはカルビ弁当だったはずだが。気怠い…。
 昨日ネットで知ったのだが、川内康範さんが亡くなられたニュースに驚いた。
 森進一はそのうち「おふくろさん」を歌うのだろうか。先生の遺言はあるのだろうか。

 早朝5時前、原稿アップ。帰社して午前6時30分入稿完了。体力を奪われた早朝7時、帰途に。

投稿者 yonezawa : 01:48 | トラックバック(0)

2008年 04月 7日

ランダム再生

 iTunesでランダム再生すると、誰の曲なのか全然判らん場合があり。
 持ってるくせに、これまでいかにアルバム単位で聴き込んでいないのかが明白だ。
 The Noisettesはこんなにクールだったのか。
 Dolores O’riordanの声の主張・個性は素晴らしいな。
 Paul Gilbertだって曲が全くのイメージ通りではないことを伺い知る。

 終電が無くなった頃、大昔に元フジテレビ・アナウンサー:露木茂さんと遭遇した事のある老舗バーへふらりと入店。
 よく見れば店名が変わっており、内装も変わっていた。
 前オーナーは、30年以上続けたバーをご本人の意思で区切りをつけられたそう。
 オーナーも雰囲気も全てが変わっていた。
 前オーナーの話題から、新たにこの地に店舗を構えることになったバーテンの方のいきさつ等を伺いながら、広めのカウンター越しに話す一時。
 まさにバーに来た感バリバリ。彼らは京都からやってきたそうだ。

 しかし奇妙な雨だ。なんだか降ることに対して無理やりな感じと思えた不思議な雨。
 まるで酔うことなく、喰わなくてもよかったつけ麺喰って帰途に。

eguchi_illust_web.jpg

投稿者 yonezawa : 01:48 | トラックバック(0)

2008年 03月 31日

寒い

cm-ms.jpg

 夜11時過ぎにうたた寝しだして、午前2時に目覚めた。
 部屋の片付けに明日の準備が4時までかかってしまい、就寝してわずか2時間後の6時過ぎには起床。
 夢と現実の狭間が起きがけの頭にはつけにくい。

 外は雨。昼から空はほろほろと晴れ間をのぞかせた。
 花見の日(土曜日)も昨日も今日も随分肌寒を感じさせた。
 そのせいなのか、雨も降ったのに桜はしっかり葉っぱを散らさずしっかり踏ん張っている感じ。
 もしかしたら次の週末まで花びら保ったりして。
 
 神楽坂で久々の夕飯。帰社後、今後の取材項目を整理し映画記事を入稿。
 一呼吸置いた頃、小学生時代の幼なじみ:Sからの温かいアドバイスを身内へメールで中継。Sの心遣いが有り難し。
 
 深夜、編集部デスクで聴く『Memory Almost Full/Paul McCartney』が心優しい。「You Tell Me」も名演なり。
 しかし、チャボの機材(ギター、アンプ類)を車ごと盗んだとんでもない輩は一体誰なんだ!? ひでぇ事しやがる。
 皆様、盗難楽器の発見にご協力下さい。
http://www.up-down.com/info/index.html

投稿者 yonezawa : 01:58 | トラックバック(0)

2008年 03月 26日

Woody

cm-cp.jpg

 連載コミック150回突破記念品サンプル到着。

 極めてノーマルなアコースティック・ギターのサウンドホールへ取り付けるピックアップを購入するべく、ESP:Iちゃんへ相談。
 プリアンプが入っているタイプの、ダンカンのWoody(ウッディ)というピック・アップを薦められたので、次回是非試してみようと思う。
 もちろんアンプ直結でもすぐに鳴らせるが、アコースティックDIとかミキサーみたいなものを通してから、アンプにつないだ方が音量が稼げ、バランスがとりやすいそう。
 
 某作品のフィギュア付き限定版商品を模索中。UJ:Oに原型師のアドバイスを乞う。

投稿者 yonezawa : 03:17 | トラックバック(0)

2008年 03月 16日

Toots & Jeff Beck

Jeff%20Beck%20Crossroads%202007-1B.jpg

 「起きがけ調子悪し」ばかりの記述が続く昨今。
 午前4時床につき、8時頃の激しい咳き込みでやむなく目覚めた。
 しばし咳が止まらない状態なんて極めて珍しい。
 朝昼併せた食事を摂ると徐々に回復してきたが、花粉症から端を発する微妙な喉痛の自覚より、すわ風邪の初期症状かとヒヤリ。
 根性で回避しようと身体に言い聞かせる。
 500mmlのコーラを買ったら「1本に1曲必ずもらえる!」というiTunes連動のキャンペーンがあったので、咳き込みながらの明け方4時、Toots & Jeff Beckの『54-46 Was My Number』をダウンロードしてみる。
 誰だTootsって? 軽快なオブリ入れ倒しのJeffは、この曲でも誰にも真似できない変幻自在のプレイでギター歌いまくり。

 HDD内がついにパンク状態間近。
 録り溜めた番組コンテンツを難儀で苦手なDVDへ移行するという、この世で最も嫌いな作業を夜中に決断。
 朝までかかってたった3つ分だけの移行を完了。
 AC/DC『Stiff Upper Lip』が心地よし。

投稿者 yonezawa : 17:34 | トラックバック(0)

2008年 03月 10日

花粉症患者以外の人々にも花粉症らしき症状が勃発の噂

main.jpg

 日曜日も遅くまで飲みまくってしまったせいで、午前の起きがけの眠いこと眠いこと。
 おまけに、もはや重症と言える花粉症勃発の早朝で、鼻が肩チャンネルしか機能せず。
 金束子で内側から磨き倒したいクソ鼻腔がたまらない。
 息を吸い込む回数が増えるので背中の辺りがなんだか熱を帯び、常に眠気のような朦朧としたコンディションで都内を移動する羽目に。

 午後2時、企画モノ・コミック原稿を拝受し帰社。
 デスクでも眠い眠い。出前のカレー喰ったら余計に眠い。

 メガ・ヒット・アルバム『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』(2005/11)から約2年半 ぶり。12作目のニュー・アルバム、『ハード・キャンディー』の日本リリースが4月30日に決まったのはマドンナ。
 現在アルバム制作の最終段階にあり、曲順や曲名を練っている真っ最中とのこと。先日行われたインターナショナル向けでの取材では、ファースト・シングル「フォー・ミニッツ」でジャスティン・ ティンバレイク参加、ティンバランド・プロデュースによる楽曲。
 アルバムにはファレルやカニエ・ウェストも参加しているそうだ。

 ここら辺の情報は、正直あんまりおいらとは無縁ながら、ワーナー・ミュージック:Mさんが熱心に配信してくださる情報が細かいので書き記してみたところ。

 しかしワーナー・ミュージックと言えばこちら! ロック界最高峰ヴォーカリストの一人である、デイヴィッド・カヴァデール率いるハードロックの重鎮バンド:ホワイトスネイクの10枚目のオリジナル・スタジオ・フル・アルバムが完成。4月23日にリリース。

1141-large.jpg

 深夜、某駅より30分かけて徒歩帰宅。

投稿者 yonezawa : 11:21 | トラックバック(0)

2008年 02月 16日

休日出勤

080209_0531~0001.jpg

 予定からややずれ込んだ漫画原稿を拝受し入稿。
 煎餅を頬張りながら雑務をこなして数時間。

 来週の取材準備も、確定申告も、車検もやるこた山積だなぁ…と思考しながら深夜の西友で買い物。
 食材の買い物はなぜにこうも楽しいのか。
 買わなくてもよい品をなんだかたくさん買ってしまうのだ。この状態こそがストレス解消という現象なのかもしれない。
 
 かつて、5人家族のご飯を三食三食毎度メニューを変え、複数の弁当をこしらえてくれてたお袋の時代には食の戦争状態で、買い物なんか楽しくもなんともなかったんだろうなぁ。
 スーパー内を歩くと、炒めただけのロースハムに、砂糖を使わない卵焼き、おふくろ特製唐揚げの入った弁当が思い出される。
 あの時と同じメニューであの時と同じ内容の弁当が喰いたいと、時折想像してしまう。
 冷えたご飯でもどれだけ美味かったか。
 ノスタルジックな感慨を余所に、Rちゃんお初となる高級イチゴを購入。

投稿者 yonezawa : 17:18 | トラックバック(0)

2008年 02月 8日

民族大移動

20080130194300_47a054b40c320.JPG

 またしてもやってきた怒濤の民族大移動。
 夕方にもなれば混沌とする編集部内。段ボールに囲まれ、はたして何時にPCを落とせばよいのか迷いながら来週入稿のトリスタン・プリティマン取材記事をデザイナーに送信。
 普段とは違う労働の汗がしたたり落ちる。デスク下の配線などを弄ろうものなら、大量の汗が噴き出してくる。
 しかし埃はたまるものだ。普段、どんだけ空気の悪い場所にいるんだろうと思うぐらい。
 
 映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は、「マグノリア」「パンチ・ドランク・ラブ」のポール・トーマス・アンダーソン監督。「マイレフトフット」「ギャング・オブ・ニューヨーク」のダニエル・デイ=ルイス主演作品で、今年のアカデミー賞で最多の8部門ノミネート、主演のダニエル〜はこの作品で25の主演賞を受賞したそうだ。
 午後3時30分からの内覧試写もやむなく断念し、編集部内で汗まみれ。

 遅めの晩飯は、昨年暮れの宴会から延期になってしまっていたK社:陽平主催の『米澤さんと愉快な仲間たち「仕切り直し編」』開催。混合映画チームらとの久々の酒だ。

投稿者 yonezawa : 22:20 | トラックバック(0)

2008年 01月 22日

FIRED UP  ALESHA

41RjUw_.jpg

 ああ〜眠い眠い。
 午前中の脳みその中にはきっと昨日のアルコールが大量に残っていたに違いない。
 朦朧とした頭で風呂に入ると湯船でオチかけた。
 至って健康的な朝食をいただき、いつもの交通手段で移動。その時間すべて朦朧。

 デスク回りが早くも郵便物で混沌としてきている。しかし気怠さ全開のコンディションで整頓のスピードがエラく鈍い。
 文字通り机に張り付いたまま深夜に及ぶ入稿作業と、取材原稿のリライト。ああ〜眠い。
 
 昨日ブログへの追記。
 渋谷duoにてライヴ取材したアリーシャとは、都内インタビューに続いて2度目の遭遇となったのだが、彼女のあまりに天真爛漫ぶりに再び心が癒される想いがした。
 「この服、日本で買ったのよ!」と笑顔でピンクの衣装を指さす彼女。
 スタイルにしろ、歌唱力にしろ、パフォーマンスにしろ、超のつく一流のスキルを見せつけた。
 「このシンガーが成功しないハズはないべ」と確信させる、パーフェクトなショーケース・ライヴだった。

080121_2058~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 19:07 | トラックバック(0)

2008年 01月 15日

『ロッキング・オン』『BURRN』

412ZHJ91ZWL._SS500_.jpg

 バスに乗ったとたん、電車に乗ったとたん、取り出した書籍を読み始めると大変な睡魔に襲われ、しょうがない。
 読み始めしばらくすると、その日一日のやらなきゃならん事をシミュレーションし始め、知らないうちに話の筋を見失ってしまう。その頻度が最近多い。集中力ゼロ。
 久しぶりに音楽専門誌を買ってみた。
 LED ZEPPELINのライヴ・リポートの載っている本は、おいらの知るだけで3誌。

 現地会場の同じ列で観戦した渋谷陽一氏の『ロッキング・オン』、伊藤政則氏の『BURRN』、そして明日発売するおいらの書いた『週刊ヤングジャンプ』8号。
 ヤンジャン以外は昨年内に発売されていた。他誌にしてはヤンジャンよりもテキストの量が多い分、細かなあの日の情景を語れる分量が少し羨ましかったが、巻末近くのカラーページ見開きで掲載したおいらの記事は、これ以上ない程のクールなアングルで切り取られた未公開カットの掲載で、仕上がりには大満足。
 デザイナー:Mちゃんに感謝。
 この写真は、今日現在多分ヤンジャンのカラー・ページでしか見る事が出来ない素材のはずだ。

 夕方、石丸電気ソフト2でポール・ギルバートのショー・ケース・ライヴ観戦。
 いつものまま、技量に関しては非の打ち所のない完璧すぎるプレイで、集まったファンを圧倒。ギター・インストの新作が近々に発売する模様。
 控え室でご挨拶を終え、即帰社。

 夜の原稿を拝受し、東西線最終電車に搭乗。
 入稿を終え、初の組み合わせ面子デザイナー:Mちゃん、編集:Sと近場で乾杯。  
 

投稿者 yonezawa : 22:10 | トラックバック(0)

2008年 01月 7日

今年もよろしくお願いいたします

51Gub7eGEUL._SS500_.jpg

 「おめでとうございます」
 「明けましておめでとうございます」
 「今年もよろしくお願いいたします」
 「どうも どうも」

 年始の編集部では、午後のイイ時間になってもこうした挨拶が取り交わされゆく。
 昨日、デスク回りの整頓とメールの整理等を行ったので雑務はほどほど。
 1000通以上のメールの内、およそ7割がスパム・メールで直接ゴミ箱へ。
 
 1月に何冊も出版する雑誌、単行本の発売日から〆切を想定し、スケジュールを整理するが、何年経ってもこの作業は複数重なるとてんてこ舞い。
 ページを割り振る“ノンブル”を記した台割も、総ページ数と色原稿のページ数、そして右起こしか、左起こし(スタートするページと終わりのページが奇数か偶数か)の確認等、逐一チェック。

 吉田兄Pと銀座飯で赤ワイン。
 港区移動でT氏と新春親睦会。 

080107_2210~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 00:43 | トラックバック(0)

2008年 01月 6日

Avenged Sevenfold

41SoRrmgb9L._SS500_.jpg 615IvIJkwJL._SS500_.jpg

 午後3時過ぎ、新春初取材待ち合わせのため編集部へ。
 今年初っぱなの仕事は、Avenged Sevenfold(アヴェンジド・セブンフォールド)のライヴ取材。
 ライヴ会場:新木場STUDIOCOASTへ。道中、『ユビキタスの山田洋行』看板発見。
 あの事件がなければ気づきもしない看板だ。ユビキタスとは何か?
 調べると、ユビキタス(ubiquitous)とは、語源はラテン語で、いたるところに存在する(遍在)という意味。
 インターネットなどの情報ネットワークに、いつでも、どこからでもアクセスできる環境を指し、ユビキタスが普及すると、場所にとらわれない働き方や娯楽が実現出来るようになる。「ユビキタス・コンピューティング」、「ユビキタス・ネットワーク社会」のようにも使われ、「パーバシブ(pervasive)・コンピューティング」ということもある。
 とある。まだよくわからない。日本の軍需専門商社:山田洋行の『ユビキタス』とは何を意味する?

080106_1604~0001.jpg

 都内スムーズ。随分早く到着してしまったので、控え室待でワーナー関係者としばしコーヒー歓談待機。

080106_1811~0001.jpg 080106_1858~0001.jpg

 午後6時、オンタイムで爆音のライヴ・スタート。このバンドのギターのフレーズには80年代の日本のヘヴメタ・バンドを彷彿とさせる部分があり。
 90分のライヴ観戦後、一路中野区へ。

 FENDER SUPER SONIC(ギター・アンプ)を購入したばかりの高橋69ツトム。
 仕事場リビング部分に、少し整頓されたギターたちと一緒にSUPER SONICがそびえている。

img10292668721.jpeg


img10292668723.jpeg
img10292668731.jpeg

 想定する、あらゆる方向性の求める音に対応出来る優れモノのアンプがコレ。
 極めてクリアに歪むハンバッカーの音色が音の臨界点超えを感じさせた。アンプを見つめるだけでライヴがやりたくなってくる物件がSUPER SONIC。

 ヤンジャン最新原稿を拝受し、30分で即飯。
 一路編集部へ戻り今年一発目の漫画原稿入稿完了。ギリの終電に飛び乗り冷静に素面で帰途に。

投稿者 yonezawa : 19:05 | トラックバック(0)

2007年 12月 27日

ガスコンロ

51m7OJ23_.jpg

 業者に訪問修理をお願いし、キッチンのガスコンロ部分を修理。
 ある日からセンサーがおかしくなり、点火してもすぐに火が消えてしまったり、1カ所のコンロは異常に着火しにくい現象が起きていたが、午前中の修繕で解消された。
 修理費は1万円程度。高いとみるか安いとみるか。
 
 部内の各位、いらなくなった書類・書籍の破棄に精を出す。デスク周りを可能な限りシンプルに整頓し、それなりの師走の体裁つけて、明日入稿作業を行うネームのチェック。

 遅めの飯に行く途中、今まさしくネーム(ストーリー構想)真っ直中の漫画家より著作権に付随する問い合わせがあり、その件は明日、弁護士に確認しなければならない。
 
 銀座で和食をしこたま喰いちらし、大満腹で六本木ウィスキー乾杯。深夜3時ではタクシーつかまらず、馴染みのバーで5時近くまで時間をつぶし帰途へ。激睡魔。

投稿者 yonezawa : 21:31 | トラックバック(0)

2007年 12月 13日

LED ZEPPLIN特集記事

41M2Y8EBDWL._SS500_.jpg keiko005.jpg

 いきなり入稿が明日と迫るLED ZEPPLIN特集記事、そしてこちらもおいらが夏頃から企画・温存してきた「クラシック&ジャズ美女大特集」記事のグラビア構成に終始没頭。
 加えて、1月刊のコミックスJCDX『瑠璃の方船』入稿も重なり、もうボロボロ。

 当初、本日予定していたK社K、H、それにIっちゃんとの、楽しみにしていた4人忘年会の席に合流することなぞ、早くから環境が許してはくれず、結局明け方まで終始デスク・ワーク。
 時折届けられる、写メールに写った面々の弾けた笑顔を呪いながら、明け方、差し込む日の光を睨んだ。
 それにしても、まさか ZEPPLINのライヴ記事について書く日が来るとは…。

投稿者 yonezawa : 05:08 | トラックバック(0)

2007年 12月 5日

神々しき神秘

 思い立ったシャッフルなリズムでアコギをコード弾きすれば、とたんにRがリズムに合わせて身体を揺すり始める。
 音に反応し、本能で身体を動かすことの神々しき神秘を知る。
 
 朝食は滅多に食べないサンドウィッチ&牛乳。
 
 世間で報道の「インフルエンザ蔓延のニュース」を踏まえ、地下鉄移動中はマスクを着用。しかし風邪なんか、いつどこで身構えたってひくときゃぁひくもの。
 
41qkty79z4L._SS500_.jpg

 昨日の夕方より、編集部のPC受信が突然不通になり愕然。
 単なる瞬間的な障害だろうとタカをくくり、「サポセンには明日連絡すればいいや」と呑気に構えて昨日は帰宅した。
 本日、サポセンに問い合わせれば「編集部アドレスに関しては問題はありません」とのことだ。
 おいらが自宅と編集部のアドレスを統括するアドレス仕様に設定しているせいで、この事態は深刻だった。
 編集部、自宅と随時メールを確認せねば日々の業務は円滑に進行出来ない現状であり、この数年間ずっとそれで作業をこなしてきた。
 どういった現象により、こうした障害が起き、復旧したのか、今後のために是非とも理由を知っておきたいものだ。

投稿者 yonezawa : 16:34 | トラックバック(0)

2007年 11月 29日

As I Am

071129_1753~0001.jpg

 夕方、丸ビル1Fフロアへ。
 「アリシア・キーズから、頑張っている女性に一足早いクリスマス・プレゼント!」と題した、丸の内で頑張っている女性たちを応援するスペシャルイベント…という趣旨のアリシア本人によるショーケース・ライヴが行われた。

 ステージ横には高さ8mの丸ビルツリーが。一日限りの“アリシアツリー”として、シャンパン・ピンクの装飾に変身しそびえ立っている。
 押すこと30分、2F3F、近隣のビルの見物人の数が凄まじい。関係者のスペースもぎゅうぎゅう詰め。
 やがてエスカレーターで登場したアリシア。20代半ばながら、以前会った時と同じ印象のまま風格はトップ・ミュージシャンのものだ。
 1STシングルカット「NO ONE」を含む、数曲のパフォーマンスを拝聴。つくづく、歌上手ぇ。LED ZEPPELINを歌ってくんねぇかなぁ? 本人にもインタビューの折にお願いしたのだったが。
 ともあれ、世界トップ水準の“生歌”を聴き、編集:Kと5Fのパスタ屋へ。
 通常、Kと飯の場合、怒濤の飲みに突入のパターンなのだが、2人ともまだまだ終わらない仕事を抱えており哀しく即帰社。
 iTunesでアリシア新作『As I Am』を再生しながら、来年1月リリース予定のJCDX『瑠璃の方船』コミックス原稿の入稿。
 まだ終わらん。

投稿者 yonezawa : 14:52 | トラックバック(0)

2007年 11月 21日

The night of the bantamweight

760.jpg

 九州の田舎へ送る荷物を段ボールに詰め、昨日コンビニより発送したので明日の午前中には到着するはず。
 一昨日の酒が昨日一日中、大全開の大二日酔いとなり、泣けるほど激頭痛。
 打ち合わせ移動途中、辛かったのなんの。

 本日午後3時過ぎ、Y氏が三丁目ビル初来社。
 同じビルにいながら一度も上がったことのなかった8Fまで、おいらも初登頂。
 
 ヤンジャン本誌に掲載するボクシング記事作成に着手。
 WBC(世界ボクシング評議会)バンタム級チャンピオン:長谷川穂積(26=真正)の5度目の防衛戦が1月10日、大阪府立体育会館で行われる。
 相手は1位にランクされるシモーネ・マルドロット(イタリア)。欧州タイトルを8度防衛中の猛者だ。
 同日はWBA同級4位:池原信遂(31=大阪帝拳)の世界タイトル初挑戦試合も同時開催される。こちらは5度防衛中のウラジミール・シドレンコ(ウクライナ)へのアタックである。
 この試合、見に行きてぇなぁ。

 北村龍平監督最新インタビュー記事、アリシア・キーズ記事入稿。

 S、誕生日おめでとう!

071122_0306~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 19:56 | トラックバック(0)

2007年 11月 20日

麺僧

071121_0058~0001.jpg

 22時過ぎ、黄金の原稿を拝受し地下鉄帰社。
 24時には入稿を終え、最終前の電車で地元方面へ。
 駅界隈の商店街を歩いてラーメン屋を探すが、午前1時頃になるとやってる店も限られてくる。
 キャバクラだなんだの呼び込みの兄ちゃんが一々うるさい。
 小腹の空き具合を沈めるために、井の頭通り沿いにあった『麺僧』へ初めて飛び込んだ。
 この店の北口店に入った時には、正直何の印象もなかったが、今日の南口店の印象はまぁまぁOK。
 妙な腹の減り具合だったせいもあってか、2/3炒飯と醤油ラーメンのセットを完食して温まった。
 営業は午前1時30分まで。
 あからさまに強引な年末辻褄合わせ的に写る道路工事が、あちこちで激しく行われており、混むはずのない箇所が妙に混んで不愉快。
 野菜も高騰し、ガソリン料金は一般市民直撃の大幅値上げ。タクシーの初乗り料金もそろそろ値上がりだ。

投稿者 yonezawa : 20:09 | トラックバック(0)

2007年 11月 8日

320G500G

41y4bLxhKrL._SS500_.jpg

 秋葉原で外付けHDをようやく購入。画像データもiTunesも、しばらくは心おきなくセーヴ出来る環境の構築完了。編集Aサンキュ!
 篠崎誠監督の映画を見ようと六本木へ趣けば、すでに上映劇場が渋谷へ移っておりガッカリ。しかも渋谷での公開も明日で終了。
 ご本人に鑑賞券まで戴いておりながら不義理なおいら。誠ちゃんごめんなさい。この埋め合わせは江戸前寿司で勘弁!
 先日、打ち合わせで合流ならなかったTちゃん、そしてSちゃんと合流して、最後にS嬢も加わり乾杯。

投稿者 yonezawa : 23:30 | トラックバック(0)

2007年 11月 7日

上海蟹

51difUFBb-L._SS500_.jpg

 午前8時の日差しが眩しい。
 仮眠に近い正午までの睡眠を摂取。頭重い。
 夕方、B事務所:N氏と、近況報告と進行中案件を整理。
 以前、編集部は神保町の交差点にほど近いビル内にあったのだが、九段下寄りのビルに移転してから、えらく神保町自体が疎遠になっている。
 わずか数百メートルで現金なものだ。
 打ち合わせを兼ねた食事にと、昔よく足を運んだ中華料理屋へ赴けば2店が満席で入れない。
 旬の上海蟹の季節でこんな混みようなのだろうか。
 裏路地にある別店舗の中華料理屋へ飛び込み、久々に酒を飲まずにお茶でシンプルに食事だけをいただいた。
 仕事の話からN氏の趣味の話になると彼の瞳は燦然と輝きを増し、おいらよりも8、9歳年上の方なのに、もう子供のテンション。
 心から好きなモノ、こだわり続けるモノとは、人間にとって最も重要な心の薬だ。
 話に夢中になり、うっかり上海蟹の注文を忘れてしまっていた。

投稿者 yonezawa : 20:48 | トラックバック(0)

2007年 11月 5日

バーナード・パーディー&チャック・レイニー

herbie.jpg

 深夜12時、仕事に一段落。
 そろそろメールで行き交う文面に忘年会の文字もちらほら。
 雨模様の深夜、新宿を経由し帰途につく車中、母親宛の写メールを工夫していたらあっと言う間に自宅前へ到着。
 ソニーミュージック:S氏からのメールでアル・クーパー来日の情報を得、ネットでとあるサイトを確認していたら、バーナード・パーディー&チャック・レイニー All Stars来日公演の情報を得た。
 12月頭の原稿スケジュールはまったく見えないものの、このチケットは確保するべく速攻で会員手続きし、引き続き席を確保。
 ブルーノート以来、帯で公演を行うこのスタイルがこのビルボードでも定着してゆくのか。
 公演は仕事抜きにして大いに楽しみ。

投稿者 yonezawa : 17:07 | トラックバック(0)

2007年 10月 25日

パンチェッタ

FFTCOROR593.jpg

 漫画家:Y氏と打ち合わせ。
 行きつけのパスタ屋で初めて喰った「パンチェッタ」と呼ばれる豚バラ肉の塩漬けが入ったパスタが美味しい。具材は海の幸。美食風サラダもナイスな物件。
 ここのパスタ・メニューは徐々にすべてを制覇してみたいと思う。
 打ち合わせを終え、話に出た映画を早速レンタル…とTSUTAYA店内をのぞくが目当ての作品は見あたらず。
 連日連夜の深夜徘徊で体力低下。異様な疲労困憊気味の身体をひきずり、いつもよりおよそ4時間早めの帰宅でダウン。

投稿者 yonezawa : 01:00 | トラックバック(0)

2007年 10月 22日

K&I

dj.khnhjunl.jpg

 G社:K&Iと3人会。
 もう鍋物も違和感のない、時にえらく肌寒い季節の到来。
 鉄壁の鍋奉行。塩チャンコが美味。
 Iちゃんのおめでたい話を伺いつつ、Kちゃんの提案してくれた久々の親睦会が心地よい。
 毎年、誕生日に食べるケーキが幼少の頃からまったく同じ店の同じデザインのモノ。毎年ローソクだけが増えてゆく…というエピソードに心が温まる。
 深夜、原稿を受け取り入稿作業に突入。

投稿者 yonezawa : 19:13 | トラックバック(0)

2007年 10月 8日

福岡九電記念体育館

 HDD内の古いライヴ映像を見ていた。
 ジョン・サイクス加入時のシン・リジーのライヴだ。
 1979年4月、『ブラック・ローズ』を発表したシン・リジーは全英ツアー、9月にはジャーニー、AC/DC、ドゥービー・ブラザーズらと全米ツアーを行っている。
 ところがバンド内でのトラブルから、ツアー中にゲイリー・ムーアが失踪。
 急遽ウルトラヴォックスのミッジ・ユーロを呼び、スケジュールを消化。既に日程を組まれていた日本公演にもメンバーとして来日させたそうだ。

 シン・リジーにミッジ・ユーロて。

 結局、おいらのように住んでいた地域的な理由ではなしに、誰しもゲイリー・ムーア在籍中の頂点のシン・リジーを、ここ日本で見た者はいなかったわけだ。
 ただ、1979年9月5日の福岡九電記念体育館で来日公演を行ったヴァン・ヘイレン。
 勿論、この公演のことも知っていたし、見る事の叶う環境だったハズなのに、何を考えていたのかおいらは見なかったのだ…何をやってたんだ自分。
 まったく悔やまれる話だ。
 ちなみにヴァン・ヘイレンの初来日は前年の1978年。
 現在はエディのせがれ(多分16歳)がベーシストとして加入とのこと。

●メンバー
★エドワード・ヴァン・ヘイレン Edward Van Halen - Guitars, Keyboards & Chorus
★アレックス・ヴァン・ヘイレン Alex Van Halen - Drums & Chorus
★ヴォルフガング・ヴァン・ヘイレン Wolfgang Van Halen - Bass & Chorus
★デイヴィッド・リー・ロス David Lee Roth - Lead Vocals

mazur2.jpg

 そうしたことを考えると、あの時代の自分が、あのスキルを持ったあの当時の面子での演奏を聴く…そう想像するだけで背中に電気が走りそう。

 九電記念体育館…悔やまれる場所のひとつ也。

 午後、同時に上がった原稿を随時受け取り、休日の編集部へ向かえばそこそこのスタッフが入稿の最中。
 有り難くない月曜日の休日出勤は茶飯事。
 しかしながら、平日の怒濤の時間繰りだとなかなか手が回らない作業も、こうした休日には着手することが(精神的にも)叶い、資料の発送やら整理を行うおかげで平日の怒濤に対応出来る場合も多々。
 終電間際の地下鉄に飛び乗り下車。ふいに歩きたくなり、駅から徒歩25分かけて帰途へ着いた。

 ネット通販でウェーブチェアを買うか思案中。
 

投稿者 yonezawa : 04:07 | トラックバック(0)

2007年 09月 10日

四苦八苦

070911_0201~0001.jpg

 気がつけばフォルダーに収納していない名刺が5cm以上溜まっていた。
 昨日、休日返上で入稿のついでに誰もいない編集部で、破棄書類とそうでない書類の整頓。
 出社してデスク回りが綺麗だと、気分もいいし仕事もはかどるもの。
 度重なる2本の打ち合わせを終え、今週の取材仕込みに四苦八苦。

投稿者 yonezawa : 18:25 | トラックバック(0)

2007年 09月 8日

ジャガイモ100円

070904_0130~0001.jpg 070904_0131~0001.jpg

 午前7時に寝て11時に起こされる。
 台風後のよい天気の中、徒歩で近所を探索。
 家の向かいに出来た、区の畑で獲れた野菜を一律100円で販売する自販機よりジャガイモの販売を確認し、そのまま近くのスーパーへ。
 ジャガイモは買わないまま、それ以外の買い出しを経て自販機前に帰還。
 やはり量も値段も自販機の品の方が断然安い。わずか100円で大量に袋詰めされたジャガイモを購入し帰宅。
 たった5円の差額のために、数百メートル離れたスーパーを梯子する母親に教えてもらった大好きな感覚を思い出す。

 ボブ・マーリーの某曲的コード進行を思い出させた、アリシア・キーズの新曲音源拝聴。
 夕方から深夜にかけ、入稿と雑務のため編集部へ。

 帰宅時間の深夜、裏受け通用口の真ん前にはとんでもない高さのあるクレーン車が深夜止まっていた。

 デッカ移籍第3弾のアルバムを年内にリリースする、クラシックギタリスト:村治佳織の新作デモ音源を拝聴。広大で繊細なオーケストラの音色が、帰宅途中の車中で鳴り響く。
 サウンドトラックのようなアルバムだ。

投稿者 yonezawa : 01:25 | トラックバック(0)

2007年 09月 7日

ザ・ローリング・ストーンズ

ROLLING%20STONES%20TONG_cmyk%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%82%99.tif

 お腹が減りすぎると、喰った物が大した量でもないのにとたんに満腹になる感じ。
 ぐーぐー言ってた割に、あっという間に満たされた。
 夜、コミックス原稿を整理し、明日の入稿仕込みにひぃこら。

 1本の記事としては異例の人数の関わった『ザ・ローリング・ストーンズ』記事がようやく最終構築の局面に。
 多くの人々の熱と誠意と思い切りと人生の関わった本番記事の仕上がりは、構成者として冥利の案配。

 写真家:有賀幹夫による、日本人初のストーンズ・オフィシャル写真集「ザ・ローリング・ストーンズ LIVE ALBUM 1990-2006」は、定価4830円(税込)で10月下旬発売予定。
 週刊ヤングジャンプ43号(9/27)に迫力掲載。必見。

harituke-1.jpg

 深夜、T&Yと待ち合わせ、漫画家:山崎紗也夏の馴染み店だというナイスなカウンターバー、沖縄料理屋を梯子酒で早朝。

投稿者 yonezawa : 02:37 | トラックバック(0)

2007年 08月 27日

ロックフェス

21KS5ZDFHJL._SS500_.jpg

 入稿に次ぐ入稿。編集部から一歩も出られない。
 夕食は出前の舞泉雪弁当。
 4組のインタビュー原稿をリライトしながら明日の取材準備と色校正の赤入れ。
 今日1日中にやらねばならない作業を、うっかり忘れることの方が心配なノリで、作業を推し進める1日。

 独特のループペダルを駆使するギタリスト兼ロック・シンガー:KTタンストールは、ザ・ラカンターズ:ジャック・ホワイトの大ファンだ。
 海外のフェスでジャックと一緒になった日、彼女がその瞬間、最高にドキドキしたエピソードの件が原稿に記されている。
 自身が売れてド・メジャーなミュージシャンの仲間入りをしても、彼女のピュアな感性が変わらないままでいることが、現場でとても嬉しかったのを思い出した。
 緊張をしてしまう人間には、どこか他人事とは思えない親近感を覚える。
 
 「閣僚は何か(問題を)指摘されれば、説明しなければならない。十分な説明ができなければ、(内閣から)去っていただく覚悟で閣僚になっていただいている」と述べた安倍晋三首相率いる改造内閣が発足。
 この閣僚の中に、まっとうな緊張感を持って政治に取り組んでくれるセンセイが、果たして何人いらっしゃるのか。
 いつになく多くの国民が目を光らせ、注目している空気がおいらにも伝わってくる。
 音量を消したテレビ映像ではひな壇上の安倍内閣NEW閣僚の姿。
 「おともだち内閣」のテロップが妙に印象に残る映像だった。

投稿者 yonezawa : 01:50 | トラックバック(0)

2007年 08月 24日

呑校正

51YX1Q343BL._SS500_.jpg

 クエンティン・タランティーノ“代表”インタビュー:映画『グラインドハウス』記事、ジュリエット・ルイス単独インタビュー記事、構成。
 終電頃の時間帯、小腹の空きを解消するべく新宿で一杯。
 幾度となく到着する携帯宛のメールで原稿コピーを修正・確認しながら呑みつつ校正。
 明日は昼からの取材もあったせいか、酔えずに帰宅。
 
 

投稿者 yonezawa : 21:55 | トラックバック(0)

2007年 08月 23日

帰還原稿

 定刻よりやや遅れ気味の昼頃成田着。
 成田エクスプレスで東京駅下車後、タクシーで編集部帰還。
 そのまま、今日中に書かねばならない原稿を暴走列車のごとくパンチング。
 午後12時疲弊ピーク。
 就寝は結局いつものように午前4時を回った。時差ボケはなくなったろうか?

51PQoB8%2B6eL._SS500_.jpg

 渡英前に構築したマルーン5インタビュー記事をいきなり入稿。

投稿者 yonezawa : 03:39 | トラックバック(0)

2007年 08月 14日

印刷会社

10_jak.jpg 31Q4Q0MC1ZL._SS500_.jpg

 通常、印刷会社の方々とは、なかなかゆっくり時間をとって意見交換等出来る機会は少ないのだが、前々から「この面子で一度飯でも!」と機会を伺っていたT社:Fさん、Sさんらとの会食の機会をようやく得た。
 彼らもおいらも盆休みは関係ないのだった。
 印刷工程における彼らの献身的配慮が、作品のグレードをさらに1段階押し上げる場合が多々ある。
 遅れ気味な入稿スケジュールを臨機応変に調整し、円滑なる環境を構築してくださる彼らの所業は、編集者からして、ある意味バンドのメンバーのような間柄。
 昨日の深い酒がほとんど分解されてない最低の体調なおいらながら、わずかばかりの時間を彼らと共有できた今宵は貴重だった。彼らの手がける単行本のクオリティは例外なく素晴らしいのだ。
 Kちゃんの引率でイタリアン料理からバーへと梯子するものの、おいらはほとんど水ばかり飲み続け、最後の一軒は付き合う気力も果て、今夜は一足先にリタイア。稀な超体調不良のおいらを見る彼らは、異様に驚くのだった。
 

投稿者 yonezawa : 01:48 | トラックバック(0)

2007年 08月 7日

SUM 41

51M3MYmUU%2BL._SS500_.jpg top.jpg

 SUM 41のインタビューは予定より1時間押しのスケジュールでスタート。
 彼らのパンクでロックな新作『アンダークラス・ヒーロー』は秀作だ。
 グリーン・デイの『アメリカン・イディオット』に連なるパワー・パンクが痛快。
 イメージ通りのパンキッシュな3人と対峙し、20〜30分間の単独インタビューにフォト・セッション。
 ここのドラムスは巧い。パンクもテクニックが加われば、パワーも魅力も倍増だ。
 サマソニでは、妻のアヴリルと同じステージで共演か?

 取材後、吉祥寺で江口寿史兄と焼き肉打ち合わせ。
 原稿奪取の時間に中野を経由し、入稿作業に集中。午前12時過ぎに作業完了。
 さて、今夜はどこで飲もうかな…

投稿者 yonezawa : 00:34 | トラックバック(0)

2007年 08月 4日

時代の趨勢

070731_2345~0001.jpg 070731_2345~0002.jpg 070802_0214~0001.jpg

 炎天下の駐車場に晒された乗用車の、車内の温度は尋常なものではない。
 最低温度を設定し、最大出力でクーラーのスイッチを入れて緊急冷却の体勢。
 車の中に置き去りにした乳幼児を、熱中症などで死亡させる事件が頻発しているが、大人でも同じ条件の下取り残されれば死んでしまうだろう。
 どういった神経を持って、こうしたあり得ない事件を起こしてしまうのか。子供をバイクの座席下に入れて殺す親もいる時代の趨勢。
 驚愕させられる保護者の神経は人にあらず。
 
 睡眠時間のほとんどとれないまま、西東京方面での買い物を終える頃、原稿アップの時間を確認。深夜、空気圧を調べガソリンを満タンにし、入稿作業のためYJ編集部へ。フロアは珍しく無人だった。
 午前3時を回る頃、入稿&雑務、無事終了。

 試合をちゃんと観戦しているわけじゃないけれど、ヤンキース:松井の驚異的なペースの打ちまくり報道が嬉しい。

投稿者 yonezawa : 06:26 | トラックバック(0)

2007年 07月 26日

JAZZ

070726_1620~0001.jpg

 午前中から複数の重なる取材事項の交通整理に頭を痛めつつ、出来る限りの取材ブッキングを施した。
 っと思い時計を見れば午後2時。
 午後3時からの西新井での撮影時間が恐ろしく押し迫っているのに、1時間計算を間違えてしまっていた。焦った。
 速攻で取材機材をカバンへ投げ込み、取材現場へ猛突進。
 撮影優先で、撮影終了間際の15分前になんとか無事到着し、ジャズ・サックス奏者:矢野沙織さんへのインタビュー。西新井は遠かった。
 若くして海外での数多くのセッションを経験する彼女の言葉は、そんじょそこらの20歳とは勿論ワケが違った。
 14歳で初めてステージに立ったというこの店を、撮影ポイントに選んだのも大正解。
 世に出るミュージシャンは、他とは何かが違う。その違いのラインを探るべく、一問一答で真摯に回答くださった、ミュージシャン:矢野沙織の未来が益々楽しみ。

 編集部帰還後、ボクサー『牛若丸あきべぇ』インタビュー記事の構成。
 遅い飯は、同い年のリッチー・ブラックモア・ファンの大将が握る極上の江戸前寿司:『くわ野』へ。
 打ち合わせを経て、帰社した時間は午前4時を回った。
 あと4時間後には、苗場で行われるFUJI ROCKへ出発の段取り。とっととシャワーを浴びねばならぬ。取材本数、今年は多いぜ。
 次回更新は30日以降の予測也。では行って参ります。

投稿者 yonezawa : 04:17 | トラックバック(0)

2007年 07月 23日

超長机仕事早朝日差

060706_1836~0001.jpg

 トイレ、弁当、そして弁当の後片付け。
 基本的にそれ以外はデスクから離れられない1日。
 FUJI ROCK'07は苗場での現地取材が複数ある故、時間繰りを各レコード会社と行っておるのだが、双方バラバラに会話しているので、なかなか取材ポイントがまとまらない。
 物理的不可抗力の事態なので致し方ないものの、いかんせんおいらの身体は一つ。さて、現場ではどうなることやら。真摯なるレコード会社各ご担当者さん方は、ホントにご苦労さん。
 今年はスティーヴィー・サラス・カラーコード、ジョン・バトラー・トリオ、クーラシェイカー、そしてお初のジュリエット(・ルイス)&ザ・リックスとの空間がヒジョーに楽しみ。
 さらには、現地苗場に漫画家:Tは現れてくれるのか? 刺身包丁をあの男に渡すことは可能なのか? 
 大量極まりなき壮絶メール、原稿書きに入稿、原作チェックに漫画ネーム指定、加えて精算に、企画書作成、大量の取材対象者資料作成を生真面目に行っていたら、哀しくも午前6時を回ってしまったよ。

投稿者 yonezawa : 02:52 | トラックバック(0)

2007年 07月 17日

CLOUDY SKY

419AFC2GPYL._SS500_.jpg

 曇り空。
 神保町界隈のパーキングに駐めると、ほんの数分で1200円もとられた。
 普通の感覚なら400円程度かと思う間だ。
 Rを迎えに東京駅へ。地下駐車場が満車の表示で愕然。
 近場の空き路上コインパーキングを必至で探し、速攻で新幹線ホームへ駆け上がり、11号車のドアが開いた瞬間に到着。
 Rと共に一旦編集部へ上がった後、一時帰宅送迎。入稿のタイミングに再び出社。慌ただしい。
 はっきりしない天候が終日続く。
 

投稿者 yonezawa : 11:42 | トラックバック(0)

2007年 07月 10日

てんてこまい

20070609org00m300006000p_size6.jpg jacket_m-1.jpg

 数日分溜まった新聞を管理人より拝受。
 不在時に届いたお中元の荷物を宅配便収納ボックスより拝受。
 賞味期限ギリギリの牛乳を飲み干し、冷蔵庫を見渡し、足りない食材の買い出しをメモ。
 本日時間指定で自ら現地九州より発送した宅配便が少し遅れて到着した。外は雨模様。
 取材打診のあった数件のメールを確認し、今週中に数件の取材対象者を絞り込まねばならない。スパムメール260を入れると600件強のメールが一気に積み重なった。
 
 クラシックCDとしては異例のイニシャルを記録しているという宮本笑里の4Cグラフ記事色校正をソニー・ミュージック:S平らと校正しつつ、出来たてホヤホヤの彼女の新譜をいただいた。
 スマパンの新譜、フーファイターズ新譜情報到着。秋にかけて取材予定のクラシックな音源各種もワラワラ届き、FUJI ROCKも近づくわ取材の仕込みは山積みだわ、新連載は始まるわで、てんてこまいの夕方。飯は午後11時時点で本日1回しか食せず。
 「エスケイプして、早いとこ新宿辺りで一杯!」という目論見は脆くも崩れた。

投稿者 yonezawa : 11:03 | トラックバック(0)

2007年 07月 1日

博多2-3

070701_1029~0001.jpg

 午前、『博多祗園山笠』の飾り山を軽く観光。
 博多在住時分の3年弱、朝からのレストランで働いていたおいらは「山笠」とも「どんたく」とも完全に無縁だった。
 幼い頃から人混みが嫌いだったが、そうした理由だけでなく賑やかな祭りの時期がやってこようともおいらは厨房で黙々とデミグラス・ソースやらカレー・ソースやらフルーツ・ジャポネなどを仕込んでいた。
 大好きな仕事だったが同時に過酷な仕事でもあったとも言えた。以前、書き記したかもしれないが、過酷な肉体労働と言える料理人の時代は、寝る瞬間に最も至福を感じたものだ。
 労働から解放されたおいらは、嬉しさのあまり寝端に笑っていた。

070701_1142~0001.jpg 070701_1150~0001.jpg 070701_1234~0001.jpg 070701_1234~0002.jpg

 新幹線で下関へ。明治維新で最大の功労者:高杉晋作の軌跡を辿る取材に闊歩。
 27歳8カ月の生涯を終えるまで維新に邁進した高杉。
 高杉晋作の墓は下関市吉田の東行庵(とうぎょうあん)に奉られている。
 功山寺にある晋作像、高杉晋作終焉の地等々を回り、昼食後、フェリーで門司港へ5分の船旅。小倉の書店をご挨拶に1軒回り新幹線で博多へ。

070701_1301~0001.jpg 070701_1510~0001.jpg

070701_1305~0001.jpg 070701_1712~0001.jpg

 午後6時50分発ANAで帰京。
 編集部で雑務を終え、ようやく帰宅。外はやや雨模様。
 明日からは、とんぼ返りとなる南九州方面への行脚。

投稿者 yonezawa : 02:15 | トラックバック(0)

2007年 06月 27日

マルーン5

070627_1621~0001.jpg

 先日のZepp Tokyoでのライヴはとても都会的で、かつ簡潔・整然・スマートなパフォーマンスだった。
 午後、都内某ホテルへ。
 2年ぶりのマルーン5単独取材の日、到来。

 押し気味のスケジュールでキーボーディスト:ジェームス、数分遅れでヴォーカル・ギター:アダムの2名と接見。
 もの静かに語っていたアダムの歌声は世界中の女性を虜にしつつ、これまでアルバムのトータル・セールスはファーストのたった1枚で1000万枚を越えてしまった。
 コード・トーンに対してごく自然なメロディの構築。アレンジも完璧主義のような探求の痕跡が見られ、こうしたpops、rockとしては一つの完成型と言えるように思う。
 前回のインタビューのことをしっかり記憶してくれていたのは取材者冥利。

 取材の合間に数本の打ち合わせを携帯駆使でサバき、帰社後怒濤の入稿に次ぐ入稿。
 週末より取材のため、離京日程のせいで、金曜日&来週1週間分の仕事を明日木曜日いっぱいで終えねばならない。おまけに買い物もあるわ、家での作業もあるわてんてこ舞い。
 取りこぼしのない確認作業が入稿作業同様、神経の使いどころ。でもきっと何かあわてふためく事態が見つかるのだろうなぁ。

51REQHRPS9L._SS500_.jpg

 小腹の空いたド深夜、テンホーちゃんに連絡を入れてみれば、漫画家:江口寿史、田村信、泉晴紀、岩谷テンホーの、超GAG者[男]面子で居酒屋:闇太郎集結の情報を得、合流。
 最後の1杯をお供させていただく。
 この面子は本気で豪華。ホントにつくづく豪華だ。 

投稿者 yonezawa : 03:35 | トラックバック(0)

2007年 06月 17日

メモ用紙

070616_0151~0001.jpg 070616_0151~0002.jpg

 来月の主要行事を睨めば、そろそろ準備に取りかからねばならんところ。が、目前に山積される処理事項に埋もれ、何も手つかず状態。
 メモ用紙に、早く読まねばならん本、聴かねばならんCD、見らねばならんDVD、(第三者に)渡さなきゃならん資料、確認しなきゃならん事項、買わなきゃなきゃならんブツ、覚えねばならん大量の曲、仕上げねばならん大量のデモ曲、顔を出さなきゃならん飯会日程、逢わねばならん友人、見らねばならん試写会、見らねばならん映画、見らねばならんコンサート、送らねばならん資料、送らねばならん手紙、書かねばなならん原稿、送らねばならん宅配便....っと今後の「ならんづくし」ビジョンを書き記してみれば果てしなく枚挙にいとまがない。
 深夜1時、上がった原稿を入稿するべく、他2名しかいない編集部で入稿完了。ついでに月曜日に絶対やらねばならん仕事も半分片付け、月曜日明け方5時、爆音で近々にカナダ大使館でインストア・ライヴをやる「コーネリアス」(洋楽)を聴きながら帰宅。

 徐々に月末:福岡への旅、続いて南九州への旅が近づく。FUJI ROCKも、あっ!という間にやってくるのだろう。
 

投稿者 yonezawa : 12:12 | トラックバック(0)

2007年 06月 7日

怒濤の入稿

211-3ZjjbIL._SS500_.jpg

 昨深夜、某栄養士にいくつか伺った体調管理に関連する一般的ノウハウをじっくり聞きながら、端から間逆の行動を取ってしまう自分。
 同深夜、突然水曜定休をうたいはじめ、思いのほかショックを与えてくれた恵比寿『阿夫利』の閉店表示にがっくり。やむなく飛び込んだ久々の『香月』だったが、圧倒的に余計な炭水化物の摂取で寝起きが清々しい。
 今朝午前5時に寝たのに9時に目が覚めた。
 JCDX原稿186P、ジョス・ストーン記事、1/2告知記事他、怒濤の大量原稿入稿。
 遅い夕食には寿司屋:Kの大将とゲイリー・ムーア話で盛り上がる。ここのつまみ類は絶品で、毎度腰が抜けそう。そうそう、ゲイリー・ムーアの新譜出ますぜ。ドラムスには、あのブライアン・ダウニーも参加ですぜ。ビッグ・ニュースですぜ。
 「今、自由な時間と余裕がもしあれば、真っ先にギターを弾く時間に充てたいですね」とはK大将の弁。素敵だ。
 ワーナー:Mよ、誕生日おめでとう!
 

投稿者 yonezawa : 09:24 | トラックバック(0)

2007年 06月 4日

8×10

 極力解像度の高い機種を優先し、選択購入した携帯電話だった。
 今でもそれほど悪い解像度だとは思っていないが、携帯写真のプリントアウトをあるサイトに注文したところ、想像したものより粒子が粗く、ややがっかり。
 今時の紙焼き写真は(多分)印刷するタイプのモノが多く、家庭でもインクジェットで印刷するタイプのモノが圧倒的に多いと聞く。もはや印画紙に焼き付けるのではなくプリント。
 ところが、その“プリントアウトしたインクジェット写真”という仕上がりが、どうも生理的に納得いかない。
 カメラマンから「このサイト[の焼き]が一番安くで品質も良いです」とのアドバイスを受け早速ネット注文。その業者はちゃんと焼き付ける方式なのだそうだ。
 カメラマンは、インクジェットで刷った写真を直射日光の当たる場所に数ヶ月放置してみたり、部屋の日陰に置いたり、アルバムに保管したりと、あらゆるケースでのパターンで色味の耐久性テストをしたそうだが、紙焼きの写真に対して、色あせ方の度合いが圧倒的に早く酷いそうだ。
 これでは100年プリントとは言わない。
 実家で母の保管する数十年前の写真を今見ても、よほど保存状態の悪いモノは別だが、経過した時間を踏まえれば、コントラストに問題を感じることはあまりない。

 「なぜあの場面で写真を撮っておかなかったのか!?」と悔やまれる記憶は、おいらの場合、何年も時間が経過した頃感じる場合が多い。特に20代の頃は、連んでいたどの悪友連中よりも圧倒的に写真を撮ろうと心がけていながら、そう思う日も少なくなかった。
 30代に入り、写真を撮る機会は徐々に激減へと向かい、そして携帯・デジタルの時代に突入した現在、その頻度は再び増え始めた。
 戸棚を開けたら、真っ新な35mmのフィルムがかなりの本数眠っているではないか。使い慣れたCanon一眼レフも、また使ってみようか。

20061228_256680.jpg

 写真家である盟友:尾形正茂、若林広称らは、時に蛇腹式の8×10を使ってたっけ。

投稿者 yonezawa : 01:59 | トラックバック(0)

2007年 05月 27日

イデオロギー

41YCYFD91SL._SS500_.jpg

 日本スーパーフライ級王者のボクサー:河野公平が「初防衛戦に勝ったら、亀田和毅君の相手に正式に立候補するつもりです。望むところです」と亀田3兄弟の三男:和毅とのエキシビションでの対決に意欲を示したそうだ。
 亀田兄弟の対戦相手には、そろそろ国内有力選手を迎え入れるべきだろう。ボクシングへの注目度及び、啓蒙の意味も込めて。

 1999年、山口県光市で起きた大事件。
 「もし犯人が死刑にならずに刑務所から出てくれば、私が自分の手で殺す」
 被害者である木村さんがこう訴え、これまで7年間もかけて加害者に死刑を求めているのに、未だ死刑判決は下らない。それはおろか、20名を超える元少年で被告人:福田孝行の弁護団の登場に驚いた。
 木村さんが会見で語った「死刑を廃止したいというイデオロギーの下に集まった弁護士の方々が、個別の事件とは関係なく、死刑になりそうな事件について集まっただけ」という意見には120%同感であり、「そういった方々のプロパガンダ的なものとして、この事件が取り扱わられる事を危惧する」という意味合いの意見にも大きく納得させられた。
 生涯で最もかけがえのない家族を、あれほど残忍な手段で失った本村さんが、どれほどの思いでこれらの言葉を発したのかと思うと胸が裂ける思いだ。
 家族を言われ無き理由で失った者ならば、この言葉「もし犯人が死刑にならずに刑務所から出てくれば、私が自分の手で殺す」を発する権利はある。
 被告に殺意はなかったと推測し、死刑回避を図るつもりの弁護団の思考は、被告人の思考の次に理解不能だ。

投稿者 yonezawa : 03:48 | トラックバック(0)

2007年 05月 25日

疲れた

070525_0104~0001.jpg

 映画『それでも生きる子供たちへ』試写を目指していたが、午後一に早くも断念。久々に電車で帰ろうかとデスク作業を終えようと思っていたところ、着手した仕事の終わりが見えなくなり、結局午前4時近くになって一段落。疲れた。夏に向けての実現を目指す企画、作業の仕込みがそろそろ本格化する頃合い。

 やらねばならない取材、色々あるなぁ…。

投稿者 yonezawa : 03:47 | トラックバック(0)

2007年 05月 24日

M緊急入院

070524_2006~0001.jpg 070524_2016~0001.jpg 070524_2022~0001.jpg


 映画『ゾディアック』試写を目指していたが、午後一に早くも断念。
 こんな断念が年間30回ぐらいはありそう。
 集英社の漫画誌では多分初めての印刷手段となる、とある新仕様の詳細を印刷所と相談しあい、徐々にその行程、仕上がりの青写真を確認し始める。
 担当デザイナーの緊急入院により、あわや企画はフリダシかと危惧したものの、無事退院したデザイナー:Mちゃんのダミー作成によってかなり進行具合が見えてきた。
 漫画家:N氏のスーパー・クールな描きおろしカットも数点到着。いよいよ本番へ着手の段取り。

 夜、K社:Y、K、H社:Iちゃんらとの、恒例奇数月飯会『隔月会』の地へ移動。
 六本木・乃木坂界隈の『石頭楼(スートーロウ)』は初めて味わうごま油・鶏ガラ出汁の鍋料理。
 喰ってみないと説明しにくい鍋であり、おいらはなかなか気に入った物件となった。

投稿者 yonezawa : 03:46 | トラックバック(0)

2007年 05月 22日

新天地

070522_2138~0001.jpg 070522_2253~0001.jpg

 午後一で入稿完了。
 チェックしなければならない資料にまったく目を通すことが叶わないまま時間が経過し、目の前最速の入稿・雑務に追われる昨今。
 ライター:Nと夜待ち合わせ。
 ひょんな場所を探検していたら、なかなか古風で歴史のある寿司(&居酒屋)を発見。

 夏から新天地へ移行するというNの前途を祝し乾杯! と銘打つのを忘れたまま、久々に交わす芋焼酎を飲み干した。

投稿者 yonezawa : 03:42 | トラックバック(0)

2007年 05月 16日

インテルmac

product-17in.jpg

 引き続き、macの環境設定に必死に必至。
 自宅で使っているインテルmacをほとんど機能させていない現実をじっくり知らされる。
 おいらはパソコンを何年使おうともスキルは初心者レベルのままだ。
 iTunesにある、いくつかの便利な機能も教えてもらえるまでまったく知らなかった。
めちゃ簡単なことも、そのスイッチを知らねばまったく気づく理由がない。
 不便な操作性をスキルの高いユーザーに愚痴ると、周りの強者スタッフが教授してくれるのだ。

投稿者 yonezawa : 03:19 | トラックバック(0)

2007年 05月 12日

初日舞台挨拶

B000FC2EXY.01._SCLZZZZZZZ_SS500_.jpg

 諸事情あって、映画『ラブデス』初日舞台挨拶の劇場、打ち上げ会場へはたどり着けず激残念。
 家での雑務で1日があっという間に終わった。慢性的眠気の続く倦怠感満載の終日。

投稿者 yonezawa : 03:12 | トラックバック(0)

2007年 05月 11日

昨日までmacG3

200705041157001.jpg

 編集部のパソコンは昨日までmacG3を使用。
 モニターもかなり骨董品な旧型のシロモノだ。
 GWを挟んだせいもあり、申請してから納品までかなりの時間を要したのだが、インテルmacがようやく到着。業者に設置・設定を施していただき、最新の機能に驚かされる。
 中でも、日本ではまだ未公開の海外の映画予告編がずらりとフル画面で閲覧できる機能。モニターに搭載されたカメラによって可能だというテレビ電話の機能等が斬新だ。
 旧タイプの外付けHDを認識させ、いらない書類をガンガン破棄。
 肝心のメインで担当する漫画の重要ファイルがなぜか表示されないまま。この復旧は今日中では解決せず。

 深夜、デザイナーの頭:Mちゃん+編集:Tと近場で一杯。
 2件目で久々の新宿へくり出したものの、一昨日の疲労がまだたまっていたのか異様に酔いが回り、しかも後半少しオチてしまった。
 体力衰退。こんなことは珍しいのだ。

投稿者 yonezawa : 03:11 | トラックバック(0)

2007年 05月 7日

雑務

41Ld7joKTjL._SS500_.jpg

 原稿入稿後、午前4時30分過ぎまで編集部で雑務。

投稿者 yonezawa : 02:52 | トラックバック(0)