2016年 07月 27日

ビクター

 2000年にビクターエンタテインメント洋楽部よりメジャーデビューした際の担当ディレクターHさんと、すっかり長年の飲み達となっているUちゃんとの3人飯は青山。焼き鳥美味かった。
 ゴールデン街へ移動し、朝までコースの数件の梯子酒。

投稿者 yonezawa : 16:32 | トラックバック(0)

2016年 01月 24日

DENONのプレイヤー

 何度か書いたことだが……。10数年前の引っ越しの際に、マンション5Fの棟内廊下で、たった5分くらいの隙にDENONのプレイヤーが盗まれた。30年以上昔のもので、もう古いから、いっか……と忘れることにしたのだった。当時の定価は60000円前後の機種で針はMCだった、良質のプレイヤーではあった。
 犯人は同じ階のやつに違いないが、モノを廃棄する引っ越しのタイミングだったし、LPの枚数は随分減らしていたので当分はいいやと、犯人探しはしなかった。
 新しいプレイヤーにLPをかけながら、そのエピソードをRに話したら、「なぜ問題にしなかったのか」と怒られた。

投稿者 yonezawa : 18:03 | トラックバック(0)

2015年 04月 14日

雨の恵比寿と西麻布

41NJ0TDGAYL.jpg

 雨の恵比寿で、例えば居酒屋の大将なんかも確実に務まりそうな、いかついKちゃんと待ち合わせ、ガーデンプレイス近くのライヴハウスへ。

 目的はSaYaKaなるシンガ・ーソングライターのオープニングアクト。彼女は高校2年生になったばかり。
 結果、なんの誇張もなしに、とても朗らかでナイスなライヴの証人になる。何よりも、まず最も気がかりだったリズムとピッチがしっかりしていることが分かり、自らオリジナル曲の特性をいかに把握しているかを感じ、SNSで聴いた最後の曲以外の楽曲も際立っていたことを認識。
 失恋をバネに創作したというラストの曲やMCにも、おっさんなりに共感し、SaYaKaが完全に自分だけの世界観を描け、創作出来るスキルの持ち主であることを確信。綺麗でナチュラルなリバーブが響き渡り、ギターのそつないコードワークやアルペジオにしてもビックリさせられた。おいらは16歳の頃、オリジナルなんか書いてなかったから余計にその技量を賞賛したくなった。
 声のコンディション不調はやむないことだったが、そんな言い訳もすることなく、精一杯の魂を込めた弾き語りはみんなの好感を引き寄せられたのではないかと分析。
 客演とは、キャリアがあろうがなかろうが四苦八苦するもの。どんなミュージシャンでも、ライヴは毎回魔物なので、その都度が勝負でありチャレンジ。日々の鍛練と創作をこのまま続けてゆけば、さらに目映い光が見えてくるだろう。

 ライヴ鑑賞後、西麻布でKちゃん、TT監督、ゲストのAさんと和食。
 錚々たるフィルモグラフィーを誇る監督の貴重な話を伺い、本気の映像、映画論を交換。

投稿者 yonezawa : 15:39 | トラックバック(0)

2015年 03月 11日

焼き肉でお祝い

Tokyo%20Dome%20Live%20in%20Concert.jpg

 Hちゃん、デザイナーSくんの初面子で神保町焼き肉飯。
 彼らは数年前から仕事仲間とのことで、近年彼らと縁を持ったおいらはSくん&Hちゃんの面子で是非飲もうと語っていたが、今夜やっと実現した。
 宵の口で、新宿へ河岸を変えV〜BARへの梯子酒。
 酔って充実の早朝解散。この面子飲みもベストの1つ。 

投稿者 yonezawa : 18:20 | トラックバック(0)

2015年 01月 30日

聴けない

513bkpXEjGL._SY355_.jpg

 久々にレコードショップを覗くと、東芝EMIから大昔に出たそうなJEFF BECKのベスト盤のようなものを発見。見たことのないジャケットだったので即買いしたのだったが、LPをかけるプレイヤーは10数年前の引っ越しの最中、マンション前の(建物内の)廊下で、わずか10分程度の間に盗まれて以来購入していないので無い。聴けない。
 2つ前の20数年以上前の引っ越しの際にも、わずか5分程度の間、玄関前に置いていたレーザーディスクが盗まれてしまったので、おいらはそうした経験が多い。
 LPをレーザー?で再生する機器はまだ高価だと聞くが、そのプレイヤーで聴くとCDなんかよりも格段にいいそうだ。
 レコード屋に入ると過去に手放さざるをえなかった数々の物件が思い出される。シド・バレットのソロはやや高くで売れたものだった。

 ジミー・ペイジへの取材の際、何枚かのLPにサインを入れて頂いたのだったが、高校生時分に購入したLPなので、それなりの時代のものだ。サインをする前にジミーは自分バンドのLPを見つめながら、(日本盤の綺麗なジャケットだったからか)間違いなく少し欲しそうな瞳をしていた。

投稿者 yonezawa : 19:50 | トラックバック(0)

2014年 03月 29日

調布脳神経外科内覧会

51UFYS88r%2BL._SL500_AA300_.jpg

 調布脳神経外科4月1日の開院に先立ち、内覧のご案内を頂いていた。
 前々から楽しみにしていたこの機会。午後から家族で現地を訪ねる。
 到着したところ、調布駅前が思い切り開発・変貌を遂げており、すぐには以前の地形が把握出来ず。
http://chofuneurosurgery.com/top/
 駅から徒歩1分の調布脳神経外科は立派なビルの3Fに構える清潔感のあるクリニック。取りそろえられた医療器具の充実ぶりも素晴らしすぎ。
 スタッフ、関係者らを前にしたオープニングセレモニーは(15分の遅刻をしてしまった)我々家族が到着した瞬間からやにわに始まり、おいらが鞄を置いてジャケットを脱いだ直後に演奏開始。こんなの初めて(笑)。
 演奏曲には、まだまだ身体にまるで入っていなかったオリジナル曲もありながら、イントロのリズムを聴いた瞬間、気持ち良く演奏していた。さすがbambiのグルーヴ魂。

 アトラクション終わっての撤収後はメンバーと当然の駅前居酒屋で時間の許す限りの宴会突入。 
 我が親友であり魅力的な盟友bambi:harukoは、やはり大したすごい女だ。

投稿者 yonezawa : 15:24 | トラックバック(0)

2013年 06月 21日

初参観日とVAN HALEN

 小学校の初参観日は今日と明日。両日、あるいはどちらか都合のよい日に学校へ赴けばよいというので、おいらは本日午前中にRちゃんのクラスを訪問した。
 こくご、さんすう、せいかつ等の時間割りを参観。
 この頃の自分の記憶はかなり皆無で、あの頃の己がどのように過ごしていたかはほとんど思い出せない。
 給食の準備時間までが参観の時間だったので、時間いっぱい様子を伺い帰宅して昼食。

 夕方、神保町から水道橋を経由。東京ドームへと向かう道中の書店入口付近には、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」の特集を掲載する雑誌、書籍が多数山積みされていた。
 1979年頃と言えば、エドワード・ヴァン・ヘイレンを初めとする洋楽ロックスターの掲載されていた(入手可能な)雑誌はすべて買いまくっていた。音楽雑誌は月に5冊買い、16〜17歳くらいの頃だと頭の中のほとんどがヴァン・ヘイレンで埋め尽くされていた時代でもあった。
 その本人が目の前で弾く来日公演の日が今夜。
 それはなかなかに感慨深い瞬間であり、ここまで演奏の全部を瞳に焼き付けるという気勢で観るコンサートは久しぶりだ。

 陸上のプロで同級生のMに頼まれたチケット3枚を現地で待ち合わせ、中継し、その足で、友人分のそのチケットを確保してくれたW社Oちゃんへの精算を済ませ(感謝!)、おいらは25ゲートより入場。Cブロックの座席はエドワード・サイド。

 1979年の福岡「九電記念体育館」での来日公演には引率者もいなく、断念したのは無念で仕方が無く、1989年の来日公演時にはベーシストのAにチケットを譲っていた。
 つまり生のヴァン・ヘイレンを観るのは今日が初めて。

vanhalen.jpg

 やがて暗転。爆音のコンサートがスタート。
 躯にずっしりと染みこんだ、デイヴ在籍時代のデビュー・アルバムからの曲を中心としたトラックが鳴り響く。その都度、いちいち心で泣いていた。ファースト、セカンドはどれほど聴いたことか……
『暗黒の掟 Women and Children First 』、『戒厳令Fair Warning 』らの収録曲にも改めて多大な説得力を感じ、「You Really Got Me」、「(Oh) Pretty Woman」等カヴァー曲の信じがたき解釈に、今改めてまた打たれる。奇跡のアレンジと言えた。

 青春時代に知り得た宝石のようなロック・チューンが矢継ぎ早に演奏される。エディによる世界最高峰のスキルは今も健在で、レコードとほぼ同じフレーズを几帳面に奏でる感激のプレイに身を任せた。
 同じ世代の観衆ならば、その全員がきっと16歳17歳の頃の自分に戻っていたことだろう。
 先ほども記したが、彼らのファースト、セカンドの聴き込み頻度は、今現在聴く、いかなる音楽の比でなく、当時過ごした大分県、鹿児島県の景色が蘇っていた。
 公演後、火照った心を抱えたまま、並びで観た音楽好き編集者2名と神保町へとテクテク歩いた。雨はまだまだ降り止まない。

 待ち合わせの地:ゴールデン街『ハングリーハンフリー』へ向かい、中学時代の同級生ら&harukoと合流。今日のコンサートの打ち上げに相応しい面子で抱腹絶倒の世が更ける。

 ジミー・ペイジがロックのリフを創造し、ジェフ・ベックがギターの可能性を頂点に押し上げたが、事実上のエレクトリック・ギターの革命家は、この世にジミ・ヘンドリックスとエドワード・ヴァン・ヘイレンのただ2人。そう思っている。
 基本的に彼ら以外の、素晴らしき数多くのギタリストたちは、彼らのやったことの形を少しだけ代えたりアレンジしたに過ぎず、ジミー・ペイジが創造したロックのリフを応用したものだけしかロック・トラックは存在しない。やや乱暴に聞こえようとも、おいらの認識はそれだ。

 ロックがおいらに与えたもの。それは人間にとって最も重要な感性。ヴァン・ヘイレンから得たギターの宝石は人生の糧だ。

投稿者 yonezawa : 11:38 | トラックバック(0)

2013年 02月 15日

ジャックと天空の巨人 ジャーニー

page-4459.jpg

「雨模様に変わるかも」と午前中の天気予報で伝えている。
 外に出たらいきなり微妙な雨に気付いた。
 昼過ぎ、映画『ジャックと天空の巨人』試写会へ。1995年の名作『ユージュアル・サスペクツ』を撮ってからのブライアン・シンガー監督は、以降何を撮っても気になる監督だ。ユダヤ人であり、ゲイであることをカミングアウトしていたことは、Wikipediaを見て始めて知った。
 映画は見事な王道ファンタジーで、主人公にいくら都合のよい展開であっても基本的には素直に楽しめる仕組。充分にハラハラさせる展開。公開されたらRちゃん連れてもう一度観に行くべきか。
 
 事務所で単行本初校などのチェックと雑務。
 夕方、再びWヘッダー試写会へ。アメリカのロック・バンド:ジャーニーのドキュメント映画「ジャーニー」鑑賞。バンドの好き嫌いはおいといて、高校時代、直撃世代のおいらとしては観ておきたかった。
 ある時期ヴォーカルのスティーヴ・ペリーが脱退し、最終的にフィリピン人のシンガー:アーネル・ピネダの加入となったわけだが、アジア人の起用は純粋に衝撃だった。おまけに声がスティーヴ・ペリーの生き写しだったからえらく驚いた。
 映画は、ギターのニール・ショーンがYouTube にアップされていたアーネルのいたバンド:The Zooを偶然視聴し、最終的にはメンバーに加入させた……というエピソードを交えながら、ツアーに密着した内容となっており、正にアメリカン・ドリームの物語。
 動画に上がっていたThe Zooの映像は、ジャーニーのヒット曲"Faithfully"のカヴァーだったということだが、このネット時代ならではの現象にびっくり。

 試写後、BarHでハイボール。映画人M&送れて編集Sと待ち合わせ。
 カウンターには、ここで馴染みになったYちゃんとMちゃんが先に呑んでおり、いつもの酒を飲みながらいつもの時間が過ぎる。Mの船漕ぎを境に深夜解散。S、いつも感謝!

投稿者 yonezawa : 16:20 | トラックバック(0)

2013年 02月 11日

NHKホール/甲斐バンド

81OzEzD7a-L._AA1500_.jpg

 うっかり薄めのジャケットを羽織って出てきてしまったが、外はめちゃめちゃ寒い。大失敗。
 夕方、甲斐バンドのライヴ観戦。NHKホール。以前甲斐さんのソロで聴いたときより格段の充実ぶりで、甲斐バンド・ヒット曲のオンパレード。甲斐バンドは新録でセルカヴァー・アルバムをリリースしたばかり。しかし流石に集客はすごい。高校時代に聴いた『マイ・ジェネレーション』は今も名盤だ。
 終演後、甲斐さんのお友達で三軒茶屋Tの大将と二人、渋谷の焼き鳥屋で軽く二杯。

 渋谷を離れた夜、第三者の黒いレスポールを弾かせていただき、酔いに任せて弾きまくったらば1弦が切れた。.009のゲージはやはりもう細い。
 

投稿者 yonezawa : 20:45 | トラックバック(0)

2012年 11月 16日

ベストのモチベーション

Gibson_ES-330_front.jpg%3D450.jpeg

 東京さぬきうどんで定評あるJAZZ KEIRIN
http://www.jazzkeirin.com/
 で晩飯。元法政2部JAZZ研究会のT、N、Sなども集い、店主Tさん極上のつまみを肴に芋焼酎をごんごん頂いた。
 全員が未だにしっかりミュージシャンしており、それぞれのモチベーションを伺う度に嬉しくなってきた。Nの驚愕のニュースも心がホットになったし、Tはなんと新しくベースを2本オーダー中なのだと言う。負けているではないか、おいら。

 Tさん今日も感謝! 呑むだけ呑んで、Nに車で吉祥寺まで送ってもらい、Tとサシで馴染みのためBarへ。そのカウンターに入るSちゃんもミュージシャンで、スラッシュメタルのベーシスト。我々よりも遙かに若い彼がまたナイスなあんちゃんで、またしても酒が美味い。たまたまカウンターで知り合った二十代と思しきヴォーカリストのあんちゃんとも音楽談義で嬉しい時間を共有する。
 禁断の明け方のラーメンにはTもつきあってくれ、出汁のクオリティに歓びまくり、勿論完食。Tの存在は今おいらにベストのモチベーションを与えてくれている。

投稿者 yonezawa : 21:38 | トラックバック(0)

2012年 10月 9日

Bert Seager Trio / OPEN BOOK 渋谷

dairy-jan2008-03.jpg
 
 朝6時にしっかり起床。
 チェックアウトを済ませ、おいら&壮抜きのbambiに見送られ一路おもろまち。
 GSでガソリンを満タンにし、午前9時のオープン時間より15分早く現地に到着。待機した後レンタカー返却。
 モノレールで那覇空港へ。チェックインを済ませ、家族と今回の旅における最後の共同ご飯を食べ、お見送り。どうでもいいが、ファミレスのような空港内の飲食店で喰った久々のジャンバラヤが美味かった。おふくろ、M姉、甥のD、楽しかったよー! ありがとなー。

 羽田に着いて駐車代が4500円程度。激混みの中、2時間かけて帰宅。
 即シャワーを浴び、カメラとハンディカメラの準備をして、一緒に行きたがるRちゃんに後ろ髪を引かれながらもやむなくごめんなさいして、渋谷セルリアンタワーへ。
http://www.yumemakurabaku.com/archives/1675940.html

 2Fの渋谷JZBerで行われる「バート・シーガー・トリオ+夢枕獏+Ky.」による一夜限りのセッションを見届けるべく駆けつけた。
 ピアニスト:バート・シーガー・トリオは『オープン・ブック』(Bert Seager Trio / OPEN BOOK)という新作を発表し、ライナーノーツは我等が夢枕獏さんが手がけている。
 獏さんの応援するJAZZレーベル「Cloud」から9月26日に発売した。

 知的で上質。詩的で優美。ビル・エヴァンス派の流れを汲むピアニスト:バート・シーガーは、映画『バック・トク・ザ・フィーチャー』のドク博士に似ていた!

 獏さんは『陰陽師』を朗読するゲストとして出演されたが、威風堂々のパフォーマンスで、謳い手としての進化をしっかり感じた。そしていつもよりも若い声に聴こえてくるのだった。
 大僭越で大生意気ながらライナーノーツの執筆としてはおいらの方が先輩(笑)だけれども、獏さんの書いたライナーは、きっと音並に刺激を受けそう。
 
 今夜、生初体験だったバート・シーガーの音色はオーガニックで美しかった。
 Ky.のまきさんとヤンさんの演奏は何度か拝見したが、今日のステージングが最も極まった完成度を感じた。
 打ち上げで素晴らしいミュージシャンと作家の集いに参加出来て今日も幸せだ。
 そして素敵で素晴らしいプロデューサーのYさん、今日もありがとうございました。

 獏さんをお見送りした絶妙のタイミングで銀座の呑兵衛より合流誘導メールと電話が来たが、打ち上げが終わったとたんに眠気に見舞われ、おとなしく帰途に。

**********
バート・シーガー・トリオ『オープン・ブック』
ライナーノーツ  杉田宏樹/夢枕獏
曲解説 バート・シーガー (訳 池長一美)
定価¥2,835(税抜価格¥2.700)
DDCJ-4008 
℗&©2012Cloud

■バート・シーガー・トリオ 
OPEN BOOK CD発売記念ライヴ・ツアー 2012 スケジュール

10月7日(日)関内 上町(かんまち)63   045-662-7322  15:00~
横浜市中区相生町5-95 YUビルディングB1F
http://jmsu.web.fc2.com/63/
(Pfバート・シーガー、Bs吉野弘志、Ds池長一美)

8日(月)吉祥寺 サムタイム 0422-21-6336
武蔵野市吉祥寺本町1-11-31 B1F
http://www.sometime.co.jp/sometime/
(Pfバート・シーガー、Bs吉野弘志、Ds池長一美)

※9日(火)渋谷JZ Brat  OPEN BOOK release party by Cloud  03-5728-0168
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2階
http://www.jzbrat.com/top.html
(Pfバート・シーガー、Bs吉野弘志、Ds池長一美)
guest夢枕獏(reading)/ KY 仲野麻紀(sax)、ヤン・ピタール(oud)

11日(木)梅田 オールウエイズ   問合せ・予約 072-770-8680
大阪市北区野崎町6-8 トレックノース梅田ビルB1F
http://www.always-live.info/index.html
(Pfバート・シーガー、Bs吉野弘志、Ds池長一美)

12日(金)滋賀県大津市 奏美ホール  077-524-2334
滋賀県大津市御幸町6-9
http://www.prmvr.otsu.shiga.jp/soubi/
(Pfバート・シーガー、Bs吉野弘志、Ds池長一美)

13日(土)京都府宮津市 いーぽーと世屋 しおぎり荘 0772-27-0795
京都府宮津市上世屋238-14
http://www.eportseya.jp/ 問合せ 0772-27-1471
(Pfバート・シーガー、Bs吉野弘志、Ds池長一美、Tp藤井美智、Tb谷口知巳、As未定)

14日(日)神戸 ジャストインタイム  078-333-1858
神戸市中央区元町通3-13-1
http://sound.jp/justintime/event.html
(Pfバート・シーガー、Bs吉野弘志、Ds池長一美)

*10月9日の渋谷JZ BratはCloudの主催です。

投稿者 yonezawa : 19:32 | トラックバック(0)

2012年 10月 8日

ルーでの海水浴とバーベキュー

299473_230128403782847_1667140434_n.jpg

 8時には起床し、バイキングの朝ご飯。
 国際通りに車で移動し、買い物しながらソーキソバなどを頂く。ビーサンも購入。

 かなりの距離を感じながら、残波岬へ移動。
 風が強く岸壁のところは足場も悪く危ない。
 喉が渇くので、売店で売ってたシャーベットを飲み干した。

 その後、もう1箇所の観光地を目指すが、何故かナビに違う箇所に誘導され、時間も時間だったので断念し、今夜の宿泊地ルーへ移動。名称もあっているのに何故なんだろう。

 ルーへ到着したとたん、「Rちゃんおよぐー」と張り切る彼女の手を引き、yoyoの浮き輪を強奪しながら10半ばの海水に浸かった。
 当初ちょっと冷たい気もしたが、一度入るとぬるま湯に感じられるのが不思議。
 Rちゃん、沖縄に来て一番の笑みで終始大はしゃぎ。最初からある程度、海主体で行動すべきだったか。
 正味20〜30分程度だったと思うが、波打ち際で波に揺られる歓びを感じたことと、一度バシャンと海に顔が浸かり、焦って泣いた経験も有効となろう。
 たくさんの写真を撮ってくれたチャーリーありがとう!

 この場所でこのメンバーで、午後5時30分からのバーベキューをやりたいがためにやってきたところもあるので、個人的にはこの瞬間からが一番嬉しいのだった。
 野外のバーベキューは何故こうも美味いのか。母が隣にいてくれて今年も幸せだ。母との旅がbambiと共に続いているのがまた嬉しい理由の一つ。家族には慌ただしいスケジュールの中、いい時間までつきあってくれて大感謝。
 泡盛をごんごん飲み続け、結局2〜3本空いたのか。今年の泡盛は優しかった。

 酒盛り中は大先生との2本のアコギで終始セッション。
 バンマスは、きっとこの場の閃きで数曲を仕上げてくるだろうという確信を抱く。

 まぁ〜喰うだけ喰った後、ベランダ呑みへと場を移し、深夜12時頃に終了。
 なんか終わるの早い気もしたが、おいらも丁度そんな気分だった気がする。

投稿者 yonezawa : 19:31 | トラックバック(0)

2012年 10月 7日

観光と、2度目のbambi沖縄ライヴ

51UFU5m-b2L.jpg

 8時40分、バイキングの朝食に。
 10時、ホテルを出発し、家族でモノレールに。おもろまち駅下車。DFS内の一番奥にあるジャパレンのカウンターで予め予約してた9人乗りのステップワゴンをレンタル。
 3日で21000円だったかな。ちなみに2日だと20500円。1日だと19000円ぐらいだったかも。
 ナビに予定しているほとんどのスポットを先に入力し、バンドリハーサルまでの観光に出発。
 この車はなかなか快適だ。
 
 まずは『ひめゆり平和祈念資料館』訪問。
 沖縄戦末期に沖縄陸軍病院第三外科が置かれた壕の跡に立つ慰霊碑で、おいらは今回初訪問だった。生存者の手記や従軍の様子などを展示した「ひめゆり平和祈念資料館」を閲覧し、やはり胸が痛い気持ちに。いくつか質問してくる娘に人間としての人間らしさをなるだけ丁寧に伝える。
 実体験をされ、たまたま生存された女性の生の言葉が最も重たく、尊い犠牲者を出したいたたまれない現実に思いを馳せた。
 
 隣接する土産屋さんで無料のお茶と菓子をいただいたからではないが、この地で大量に土産類を購入。5000円以上は送料無料とのことで自宅への宅配便、送付手配完了。
 Rちゃんにすればどんなに凄惨な歴史であっても当然まだまだ理解の範疇ではなく、結局退屈で仕方が無い。この後には近場の『平和祈念公園』へ行く予定だったが、公園の鉄棒と雲梯をしたいと駄々をこね、どうにもならないテンションに。
 そんなのは無理だからいい加減にしなさい。と諭すが怒りは収まらない。自分は楽しいと思える場所に行ってるのに、私はちっとも楽しくないという論調で(泣)。
 レジにいらした売り子の方にダメ元で「この辺に小学校なり幼稚園はありませんか?」と伺ったところ、歩いて1〜2分の場所に一応小学校(隣接で保育園)があると聞き、ともかく行ってみるべと移動。
 すると見事に鉄棒と雲梯の設備バッチリのロケーションで、おいらは奇跡が起きたと思った。
 そうそうコレコレと言わんばかりの、ご満悦のRちゃんが、おいらも初めて見た逆上がりを披露。出来るなんて全然知らなかった。これを家族のみんなに見せたかったのだな。
 雲梯にしては、よくもあんな何度も往復出来るモノだと感心させられる。真剣な表情で雲梯を鉄棒をジャングルジムを横断するRちゃんの体力に感心しきり。
 じゃあそろそろよかろうと、やっと満足しきった彼女を車に乗せ『おきなわワールド文化王国・玉泉洞』へ移動。
 ここの鍾乳洞は規模がすごい。気温は常時21℃らしく、道中のあまりに長い順路に汗が出てきて「もうええわ」と言いたくなるぐらいお腹いっぱい。自然の脅威を堪能するもののRちゃんはもう歩きたくなさげ。
 時計を見るとそろそろ15時を回り初めており、ライヴハウスのリハが16時30分頃からと聞いていたので、そろそろ向かわねばとナビの示すまま出発。やむなしのコンビニ弁当で家族の皆様、ホントに申し訳ない。
 16時ライヴハウス到着後、リハでウォーミングアップし、bambiフラッグもセットし、本番は20時30分頃から。
 定刻になり、宅配便で届けたSuper SonicとBlackストラトで駆け抜ける。

 22時頃に帰還させた母&M姉、我が家族を見送り、3バンドの演奏が全部終わった後、全員でLET IT BEのセッション。
 無事ライヴ終了〜そこから打ち上げタイムに突入。ポップコーンのつまみだけで延々ハイボールとブルドッグ系のスピリッツばかり飲みたおす。

 さらに国際通りの居酒屋へ民族大移動し、沖縄の有名なミュージシャンでグルーヴの主人:がちゃんぴんさんらとの親睦会。沖縄のみなさんも温かいのう。ご尽力くださった皆様に感謝。ギャラも貰えて大感謝!
 午前4時にお開き……だったかな。 

投稿者 yonezawa : 19:30 | トラックバック(0)

2012年 07月 21日

立ちはだかった〜藝術大学奏楽堂〜午前3時

51uwt%2BH3cDL._SL500_AA300_.jpg

 帰宅したのが朝だったので、当然Rちゃんは起床後。
 案の定、貫徹のまま、寝かさない容赦のないRちゃんが立ちはだかった。
 午後1時過ぎまではとにかく彼女の相手をせねばならないのだが、この日は普段制限をかけてやらせるパソコン・ゲームにやむなく時間を委ねるしか手段はあらず。
 独りでアニメーションも観てくれないといった状況だった故。30分でいいんです……。
 
 なんとか午前中を乗り切り、昼食には豚の味噌炒めに野菜炒め、トマトなどをこさえて食べさせ、自分も在り物で済ませる。バスに乗り、伴侶と家電量販店で待ち合わせ、おいらはその足で上野駅へ飛んだ。

f881e7ab.jpg

 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)で行われる「ジャズin藝大」観戦のため。
 いくつかの演目の中、以下の演目は見逃す訳にはいかなかった。
 ピアノ=山下洋輔・尺八=山本邦山・ヴァイオリン=松原勝也・語り=堀口茉純・朗読=夢枕獏。
 誰一人として、誰が誰に劣るなどということもない、インプロの極みと言える朗読とジャズの格闘に興奮した。夢枕獏の声は山下洋輔のピアノの旋律と戯れ、一つのゾーンへと突入した。
 終演後、入口で来場の方々と談笑される獏さんへのご挨拶を終え、急いで吉祥寺へ。

 夕方からのbambiリハーサルにギリ参加。死にながらレンタルギターの冴えない音色で3時間を乗り越える。恒例のバンド飯後、札幌から遙々やってきた壮くんとサシ飲みで終焉午前3時。ホテルへタクシーで送り帰宅。
 長い長い1日が終わった。
 我ながら体力的によく持つもんだと、おかわりしたバーボンのハイボールを飲み干した後にぼんやり考えていた。

投稿者 yonezawa : 01:20 | トラックバック(0)

2012年 07月 4日

気質らしからぬ3名

51DRQ3WZ2YL._SS500_.jpg

 調布駅界隈に、気質らしからぬ3名の者が待ち合わせた。
 うち2名は、社会的地位も高尚な気質の中の気質でありながら、その見分けはつきにくい。

 車は中央自動車道の調布インターチェンジへ。
 やがて八王子の永生クリニックへ到着。
 今夜は、同エントランスホールで行われる「七夕コンサート」参戦のためにやってきた。
 主催者は我等がギター同志:赤木家康医師。我々(oeda、haruko,米澤の3人)は“ハードロック”と形容されるスタンスでアンコール後のオーラス2曲で参戦。案の定、冒頭に「呑んだくれ」とMCで紹介されるおいら。
 家康兄とのギターも今回で何度目だろうか。
 山口百恵『ロックンロール・ウィドゥ』のカヴァーと、oeda & harukoの書き上げた珠玉のワルツ『七七つ星』を我々4名&飛び入りゲストのバイオリニストの杉原まさみさんと共に披露。
 待ち時間は2時間近かったが、本番は10分程度だったか(笑)。
 こんな環境の場所で演奏したのは、高校時代以来だった気がするが、エントランスホールの広さ、集客の人数はものすごかった。家康医師の人気を物語る。下手なライヴハウスよりも盛り上がるクールな病院エントランスホールなのであった。
 突然、呑みダチのCが声をかけてきて驚く。今年から晴れて正式な看護師になった彼女も社会の荒波をサヴァイヴしている様子。元気が笑顔を見られてよかったよかった。
 終演後、家康兄へのご挨拶を終え、一路吉祥寺へ。
 3人でお疲れの中華を頂き、おいらはジャスミン割りで乾杯。

http://nikkan-spa.jp/102621

投稿者 yonezawa : 17:43 | トラックバック(0)

2012年 04月 17日

「7」

31TIYo%2BzR5L._SS500_.jpg

 夕べは帰りしな、余計な食い物を食ってしまったので、酒ではなく食い物で気持ち悪くなったという。アホだ。
 今週仕込む取材準備はたんまりありながら、やること山積みで何から手を着けようかという段取りにしばし足踏み。
 某音楽家「友の会」への入会手続きを完了させ、郵便局で振り込み完了。会員番号はRちゃん生誕の「7」の数字を選ばせていただいた。有り難いことに、K氏が好きな番号を選ばせてくださったのだった。
 明後日、予定している対談取材前に1本、別の取材が舞い込んだ。
 仕込みと取材と企画書作りにわさわさ忙しい週が続くのだが、それでも呑みの日程はしっかりキープしていた。
 今夜は、先日初めて取材現場を共にした某S誌Sさんとのサシ飯。
 待ち合わせ場所として決めた新宿Eへの訪問は数年ぶり。
 二次会の吉祥寺では御大合流。睡眠不足故か後半、ややバテ気味。

投稿者 yonezawa : 17:43 | トラックバック(0)

2012年 03月 28日

PEOPLE ARE MACHINES / Fractal

2394.jpg

 二日酔い、一歩手前のコンディションにやや安堵。
 切り出されていた野菜と豚肉を炒め、焼きそば作成。なんだかあまり美味くない。
 パスモ(PASMO)もスイカ(Suica)も導入されたコミュニティバスに乗り最寄り駅へ。
 中央線内の座席に腰掛け、下を向いて本を読んでいたら園児連れのお母さんがおいらを挟んで着席したので、気付いた端から即席を替わった。逆の立場だと、やはり我が子は隣に座らせたいもの。新宿で下車された時、親御さんに御礼を言われた。
 電車で何かに没頭して思わず席を譲ることに気付かないケースもあり、気付いた時すでにタイミング遅しの場合は悔しさ一入。

 数冊の校了を終え、寺田克也がジャケットのイラストレーションを描いた『ピープル・アー・マシーンズ/フラクタル』再生。

 関連サイトより……北欧新世代ピアニスト、マグナス・ヨルトとベーシスト、ペーター・エルドがメンバーに名を連ねるワン・ホール・カルテット、ピープル・アー・マシーンズの2枚目のアルバム。80年代の北欧で生まれた4人からなるジャズ・コンボ。2作目となるアルバムは、各々がオリジナル曲を2曲ずつ持ち寄った入魂の一枚。マグナスとペーターは来日してファンを獲得するなど認知度も高い。演奏:マリウス・ネセット(TS) マグナス・ヨルト(P) ペーター・エルド(B) アントン・イーガー(DS)。 

 夜、編集Nちゃんと月一恒例の飯。
 彼の幼なじみF同様、なぜかおいらは彼らに全幅の信頼を置いており、包み隠さず日常の恥も赤裸々にお伝えするという距離感に落ち着いている。銀座の和食がずいぶんと遅いペースでカウンターに運ばれてくるので食べても食べてもお腹が膨れる気がなかなかしなかった。
 徒歩で新橋。80年代な歌謡広場でリクエストした映像はキャンディーズ/やさしい悪魔、チャー、甲斐バンドなど。終電間際まで激しく賑わうサラリーマンのパワーに驚愕。

投稿者 yonezawa : 12:46 | トラックバック(0)

2012年 03月 22日

Jack Rose

20120207_1_1.jpg

 獏さんが、最新のBOOK asahi.comで格闘技のことを熱く語っている。
http://book.asahi.com/book/feature/0235.html

 また、某音楽Pより、FUJI ROCKにも来日したことがある美人ロック歌手「キラ・スコーフ」が、5月にアルバム・リリースする情報入手。要チェック也。
http://www.myspace.com/kiraonline
http://www.amazon.co.jp/キラ・スコーフ/e/B007CZYYEY

 夜、敬愛するHさんとサシ飯。
 かなりグレードの高い今夜の激美味焼き鳥はちょっと感動ものだった。〆の海苔茶漬けも激美味。
 場を銀座へ移し、とあるバーでジャックローズを2杯。っと書きながらもジャックローズなんてシロモノを飲んだのは初めて。
 調べれば、そもそもジャックローズのレシピは、アップル・ブランデー2、ライムジュース1、グレナデンシロップ1をシェイクしてショートグラス……といったものだそう。
 ところが今日訪れたバーでは、ライムジュース、グレナデンシロップの代わりにザクロを絞ったジュースを使い出してくれた。ザクロも、旬のフレッシュな状態ではもう最後の1コとのことで、そのザクロからおよそ4杯分のジャックローズがとれた。
 さらに「東京一美味いハイボールを出す店」という噂のバーで立ち飲みのまま2杯。
 この立ち飲みの風情が、またほろ酔いの状態で粋に感じられるのだった。気分最高。
 Hさんに今宵も大感謝。

投稿者 yonezawa : 13:58 | トラックバック(0)

2012年 03月 16日

U Turn

0160010001052.jpg

 ふいにフェイバリット映画を問われても思いつく作品数は限られたものだ。
 幸運にも遅めの夕飯の機会を得られたYさんとの親睦会では、そうした優れた映画、音楽のタイトルをいくつか教示し合う席ともなったが、結果として「なぜあのタイトルを思い出さなかったのか、おいら!?」と悔しいケースになる瞬間でもあった。

 日本では公開当時ほとんど話題にならなかった(と記憶する)オリバー・ストーン監督の傑作『Uターン』、スティーヴン・ソダーバーグ監督の(個人的)最高傑作『アウト・オブ・サイト』を今日の席で思い出せたのはラッキーだった。
 まだ一般的には無名に近い存在だったジェニファー・ロペス(特にファンではない)が、たまたま両作品に出演を果たしているのだが、とりたてて彼女の登場するシーンではスクリーンに釘付けとなった。
 共に一般的には日本での認知度は知れたものだが、この2作品は突き抜けた傑作だと独り認識している。『Uターン』主演:ショーン・ペンはこれ以上ない味わいを魅せつけた。『アウト・オブ・サイト』は全米映画批評家協会賞にて作品賞を受賞した。

 1日空きの『ひろ喜』で再び怒濤の乾杯を果たし、ゴールデン街『ハングリーハンフリー』『図書室』を経由。まだまだ飲み足りず、アデルの『SOMEONE LIKE YOU』を真剣に歌ってみたくなり、数年に一度、魔が差した際にしか自主的には飛び込まないカラオケに突入。
 間の取り方、めちゃ難しい曲ながらキーの確認が出来たのは収穫だった。
 Yさん、Thank's!

投稿者 yonezawa : 13:52 | トラックバック(0)

2012年 02月 4日

ALWAYS 宇宙 バンド

41yiHzl1vzL._SL500_AA300_.jpg
 
 家族で協議の結果、観る映画を確定。新宿で『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に決まった。
 当日、ネットで座席指定のチケットを購入したが、すでに空席はほとんどない。
 なんとか2列目の端の席を並びでおさえる。
 
 内容は、おいらの生まれた昭和39年が舞台になっており、ストーリーが進むに連れ、是非ともおふくろに一番観てほしいな……と感じつつ鑑賞。

 どこまでVFXを駆使しているのか一見するだけでは分からないが、きっとほとんどの風景の映像がそうした特殊技術で構築されているのだろう。そう想像しながら東京オリンピックの開催された懐かしい映像世界に入り込んでいた。

 鈴木オートの星野六子がよかった。ググったところ、東京出身である堀北真希は完全に役所の東北の人間にしか見えない。
 様座なシーンで爆笑するRちゃん。時折、彼女の表情を観ながら鑑賞し、やがて物語は終盤へ。想定したまま「おったん、おしっこ」とトイレタイムを挟み、Rちゃんの手を引きトイレに駆け込んだが、席に戻った頃にはタイトルロールが出ており最後のシーンは観逃した。それでも充分満足。

 その足で紀伊國屋ホールへ。
 午後7時より始まる、新書『宇宙はなぜこんなにうまくできているのか』を発売された村山斉(ひとし)さんの講演会へ。「知のトレッキング叢書」と題して、いま一番注目されている宇宙物理学者:村山さんの本の販促の一環で行われた。
 ただ、この日程をうかがったのが昨日のことで、その後の先約を優先するべく講演会はどうしても1時間しか拝聴出来なかったが、確かにこの分野も知れば知るほど興味深い。
 
 約束通り、吉祥寺『真希うどん』でTTとITと待ち合わせ。
 途中、地元の飲みだちSも合流し、深夜まで飲み明かす。よく喰ってよく呑んだ。T&Tには大きく感謝。バンドの稼働がともかく楽しみ。

投稿者 yonezawa : 22:39 | トラックバック(0)

2012年 02月 2日

ここのところずっと

51v5Op88TUL._SS500_.jpg

 早朝、Rちゃんの「いーやーだー」という駄々をこねた声で目覚めた。
 あんまり激しいものであれば起きてって話しを聴こうと思っていたが、やがて声は聴こえなくなり、玄関のドアが開き、閉まった音が聴こえた。幼稚園ではクラスの半分がインフルエンザで休んでいるんだって。いってらっしゃい、Rちゃん。

 気がつけば、テデスキ・トラックス・バンド、ロス・ロンリー・ボーイズの公演が来週と迫った。予習が全く出来てないじゃないか。
 聴きたい音を思う存分大音響で聴いてないなぁ、ここのところずっと……
 聴いているのは取材したインタビュー音声が大半。

 夕べ、先ちゃんに教わった『讃岐釜揚げうどん丸亀製麺』へ早速試食へ。
 王道の釜玉に野菜の天ぷらとおにぎり(こだわり釜玉セット)がついて560円。玉子は半熟と生が選べるようで、おいらは迷わず生玉子を発注。
 青ネギをまぶすだけまぶし、生醤油をぶっかけ、ひっかきまわし、爆食。美味し。

 新潟も、名古屋も、鹿児島までも降雪なのだという。東京も寒いはずだ。

投稿者 yonezawa : 16:28 | トラックバック(0)

2012年 01月 21日

喫茶ルオーとbambi

K0000232992.jpg

 寝て、起きたら3時間30分が経過していた。
 眠気と気怠さを抱えているものの、そんなことは言ってられない。
 なる早で身支度を済ませ、JRと地下鉄を乗り継ぎ『本郷三丁目』駅に着いたのは丁度正午。
 徒歩で『喫茶ルオー』を目指す。

 『喫茶ルオー』は 本郷通り、東大正門のはす向かいに位置する。今回、この地をアカデミックな某2氏の対談場所に決めたのだった。
 集合30分前に到着したおいらは、朝昼兼用の飯を喰らう気満々。編集Wくん(東大生OB!)、そして時間前には必ず現れるカメラO&アシスタントの方らと合流し、店内の2F席に取材場所を確保。
 ここの店はカレーが有名と聞いていたので迷わずそれを注文するのだが、先に到着していた編集Wくんが席に着いたらお冷やに続けて(自動的)カレーが出てきたと語っていた(笑)。ホンマかいな。
 正午と言うこともあって満席状態ながら、とにかく快い取材空間を提供してくださり、一つ一つの事柄にものすごいお気遣いとご協力してくださったご主人、おかみさんの配慮に感激だった。今年(確か)53歳になるハズの編集Kちゃん(東大生OB!)が現役の頃は、たまにここのカレーを喰っていたというので、少なくともその歴史の長さを知らさせる。

 対談に関する事の顛末は、覚えていたら3月中のどこかで書き記したいと今日の時点では考えているところ。あまりにアカデミックな対談内容に驚嘆し、己の可哀想な頭脳を恨む局面もしばしば。すさまじき議論応酬の証人となった。

 取材を終え、即座に新宿へ電車移動。雨の降りしきる中、初めてやってきた『新宿ペンタ』に到着したのは午後5時30分。30分の遅刻を許せbambi。
 年明け初のbambiリハーサルは、本来の目的である大新年会の前に行われた。
 300数十曲を数えるレパートリーはいまだ変わらないペースで増え続けている。練習不足のへたれギターで応戦。
 リハ後、徒歩で『ちゃんこ両国』へ移動。
 宴にはカメラT&K子ちゃんも参戦。総勢8名で爆食爆飲の新年会は勃発。

 明日、キーボードのSくんは、フィアンセであるK子ちゃんのご両親にご挨拶をしてくるのだと言う。つまり両親からの承諾を戴く、あるいは許しを請う、という男子最大の関門突破か否かの前夜祭なのであった。

投稿者 yonezawa : 14:43 | トラックバック(0)

2011年 11月 23日

さいたま新都心

Taylor%20Swift%20SNWTL.jpg

 夕べSをおいらの布団で寝かせたので、おいらはソファーで目覚めた。
 あんまり寝る時間も得られなかった午前、妙に機嫌の悪いツボに入ってしまったRちゃんの「ねるな〜!」攻勢に遭う。
 手加減なき本気攻撃の対象になってしまう午前8時過ぎ。

 朝食を喰ってすぐに近場の大きな公園へお散歩。赤い自転車に颯爽と跨がり、一般道路以外なら勝手に乗ってもらっても構わないくらいの漕ぎっぷり。
 初補助輪ナシ自転車の日から、まぁ進歩著しい。

 夕方、さいたまスーパーアリーナへ。
 さいたま新都心駅直結のショッピング・モールでゲームをやりたがるRちゃんの要求を飲み、生涯5、6回目のプリクラでRちゃんと変顔写真を数枚激写。
 このプリクラ機の操作方法が毎度毎度なんだか腑に落ちない。
 撮った写真の加工を別のブースでやらせる仕組みとなっているし、最終的に出てくる写真も機械の側面だったりするので実にややこしい。
 おいらよりも全然若いカップルが戸惑っている様子も確認したので、きっとこなれていない方々はみなそう感じているのではかろうか。どうでもいいけど。

 午後6時開演の平井堅コンサートにやってきた。
 平井堅のコンサートは過去2度足を運んだ。3度目の平井堅。大ファンのKとRちゃんを連れ、関係者受付でパスをいただき入場。

 コンサートが始まって40分、モール内でやらせてきたはずのRちゃんが耳元でやはりの「おしっこ!」ほぼ予測に近いタイミングだった。
 場内をかきわけ、少ない警備員の行き交うひっそりとしたロビー内を移動。用を足し終えた後場内に戻るが、妙に暗がりの照明を怖がるRちゃんは「おそとにいこうよー」とライヴに一切未練無し。
 コンビニにいきたいというので、一旦ホールを出てモール内の飲食店の方へ降りた。
 ロッテリアでジューシーチキンを2コ食べると言うので、ホクホクのブツ2ピースとオレンジジュースを注文。したらばその全部をあっさりと食べ干した。お腹減ってたんだね。
 ライヴをたっぷり1時間は中座し、会場に戻って20分後に公演は終了。基本Kのための公演であった故、まぁやむなし・問題ナシ。

 公演終了後、「コンサート無事終了」の乾杯を行った控え室で、今日初めて平井氏をご紹介いただけた。長身で精悍。ライヴ後だろうがカラオケ4時間なんて平気なのが平井さんとのこと。声体力に尋常ではない強靱さを感じ、その旨をご本人にお伝えする。
 参謀ぐっさん、今日もThanx! 

投稿者 yonezawa : 18:07 | トラックバック(0)

2011年 11月 19日

JACO PASTORIUS BIG BAND

518lMcpNoqL._SS500_.jpg

 えらい降りようの雨の中、電車を乗り継ぎブルーノート東京へ。途中一言スマホでつぶやく。
 今日何を聴くのかというと……JACO PASTORIUS BIG BAND-Celebrating 60th Birthday-with special guest RICHARD BONA & PETER ERSKINE and introducing DAMIAN ERSKINE
 ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンド-Celebrating 60th Birthday-with special guest リチャード・ボナ&ピーター・アースキン and introducing ダミアン・アースキン
 といったライヴ。

 結果、申し分のないパフォーマンスに釘付けにされた。

 ボナがジャコ・フォロワーの第一人者であることを知ったのは、以前インタビューもしたラウル・ミドンとの共演だったので、その歴史はかなり浅い。
 ラウル、どうしてるかな?

 ライヴには3人のベーシストが参戦。それぞれのトーンがまちまちで興味深い。
 ピーター・アースキンとダミアン・アースキンの親子共演も素敵だった。まるで、おいらの音楽仲間、T&Tの親子のように。

 ジャコがやってのけた革命のものすごさは言わずもがなだが、パーフェクトとしかいいようのないスキルをもってそつなくこなすビッグバンドの全員、そしてメインのプレイヤーとして3人目のベーシストとして登場したボナの風格には目を見張るモノを感じ入る。

 大雨でも遙々来て正解なライヴはこれだ。

※詳細……「超人的なベース・プレイと作編曲でジャズ~フュージョンに革命を起こした天才ミュージシャン、故ジャコ・パストリアス。ウェザー・リポートや多彩なソロ活動、パット・メセニーやジョニ・ミッチェルとのコラボレーションは、今もなお新たなファンを魅了し続けている。そんな彼の生誕60年を記念して、ジャコ存命中の頃から指揮者を務め、ジャコが築いたサウンドを継承しているピーター・グレイヴスのビッグ・バンドが登場。しかもスペシャル・ゲストとして、大のジャコ・フリークとして知られるリチャード・ボナ、ウェザー・リポートでジャコと鉄壁のリズム・セクションを組んだピーター・アースキンが参加する。ジャコの遺した不滅の名曲がこの夜、最高の形で蘇る。」

投稿者 yonezawa : 17:59 | トラックバック(0)

2011年 11月 12日

明治記念会館

ieyasu.jpg

 睡眠3時間で起こされた。この5日間、ほとんど会う機会のなかったRちゃんと午前8時過ぎより、しこたまパソコン・ゲームにつきあった後、西友までお買い物。
 言われるまま、まだ全体的に湿り気のある公園へ立ち寄った。ベンチで美味しそうにリンゴジュースを飲み干す我が子。
 プリキュアの食玩製品に入っていたのは指輪だった。
 気が済むまでブランコに乗り尽くした後、帰宅。

 昼食は炊きたてのご飯でチャーハン。
 午後3時30分を回った頃ギターを担ぎ、身支度を終えたおいらだけ先にJR信濃町駅を目指した。

 『癌!癌!ロックンロール』~金髪ドクター、6度の癌宣告&6度の復活~というタイトルで今月書籍が発売されるのだが、その出版を記念してのパーティーがなんと明治記念会館で行われた。
 おいらチームはBambi−2の面々でバンド・サポートとしてオープニング演奏予定。勿論メイン・プレイヤーは家康医師。

 会場のセッティング中、同時にリハーサルを終えた。やがて続々と招聘されたゲストの方々がご来場。結局、総勢350名前後の方々が集う大パーティとなっていた。
 ほぼオンタイムで、18時からの本番ライヴがスタート。我々の持ち場はとりあえず4曲。

●Hole lotta love
●Hey Joe
●Sunshine of your love
●You shook me

 今回初めて「Hole lotta love」を歌うことになった。イースト吉田兄の大変さをしみじみ痛感。世界一難しい楽曲を必死でシャウトしながら、ジミヘンへと王道の展開で弾き抜ける。
 急遽歌を担ってくれたVO.harukoのおかげで、ジミヘン、クリームとギターに集中出来、安堵していたが、やはり彼女の力を借りて正解だった。
 本番を、申し分のないパフォーマンスで締めてくれたのがともかく有り難い。

 大好きでも一生演奏することはなかろうと思っていた「You shook me」まで、こんなタイミングで弾く機会を得るとは……

 LED ZEPPELINの奥深さは「Hole lotta love」のブレイクポイントにもあった。
 曲中、「Way down inside... Woman... You need...Love.」の件、「You need...」の後のコードは、これまで意識もせずDーAとばかり思っていたが、ここEーAなんだな。
 これは驚きの発見。みんなそう弾いてなかったか? おいらだけか?
 家康バンドのおかげでこんな驚愕の発見をしてしまった。

 今夜の素晴らしいイベントに関わったすべてのみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。
 しかし明治記念会館で誰かがツェッペリンやジミヘンやクリームなんかを演奏した歴史があったろうか。それもよりによって「Hole lotta love」なんて……。きっとなかろうと高い確率で想像する自分だ。
 それにしても明治記念会館の料理はナイス。
 ちょっとした出版社忘年会以上の豪華で賑やかなパーティであった。家康さんは偉大だ。 

投稿者 yonezawa : 20:30 | トラックバック(0)

2011年 11月 5日

赤坂Crawfish

311656_277644542246675_113151325362665_1202485_990287839_n.jpg

 毎日なんだかんだと行事が続くもの。

 午前5時に寝て9時に起こされる。
 娘の要求通りリビングでアニメ番組を鑑賞。
 正午近くまでダラダラ過ごしながらも「今日こそは、それなりでいいので部屋の片付けがやりたい!」と強く心で祈っていた。
 「あかいじてんしゃんで……」といつもの休日みたくお買い物へ行きたいと言ったRちゃんの言葉を遮るように「今日はおったん、自分のお部屋を掃除するからマジで夕方まで遊べないからね」と切実に伝えた。
 じゃあ仕方がないかといった面持ちで当たり前のようにMac前に陣取り、サクサクとこのSafariを立ち上げ、勝手知ったるディズニーゲームをガシガシやり始めた。
 なんたる我が子の光景……

 しかしそのおかげで、午後5時頃までかけ、とりあえず部屋の床すべてに掃除機がけをすることが叶った。それだけでも気分が違う。
 山積していた書籍、CD、小物、楽器周りの機材などを束ね、収納し、整頓した。
 まだまだ部屋全体の半分も納得はいっていないのだが、半分の埃は淘汰した。
 それにしても、どこに何を収納したのかは月日が経つ度、笑うぐらいに忘れてしまう。
 ふいに出てきた写真やら、15年前の手帳などが出てくると、とたんにロスタイムとなるので要注意だ。
 記された記録を見れば、色々人に金も貸してきたもんだ。金もないくせに。

 ここ何年も満タンの本棚、満タンのCD棚である故、思い切って断捨離を決断せねば本来の意味での整頓とならないことは重々承知。
 「すべての音源や書籍がパソコンに全部セーブ出来る」と言われても断捨離 の決断にはまだほど遠い昭和なおいらだ。
 
 小雨降り出した夕方、電車を乗り継ぎ赤坂Crawfishへ。
 精力的にライヴを重ねるFFPの雄志を今日も確認。ライヴ後はもっと降り出した雨の中だったが、赤坂見附駅まで送ってくれたヴォーカルAの「音楽熱」に今日も納得。
 FFPは12月には下北。そしてストリートでもやることを決めているそうだ。

 おお! そういえば明日、自分が決めたセッションであることを冷静に認識。
 覚える曲、4曲あるんだった!

 やばいやばいと反省しながら、Rちゃんも寝静まった深夜23時前に小さなファズサウンドでソロパートのリフレインをやってみた。すると、その頃ふいに目が覚めてしまったのかRちゃんがトコトコ部屋にやってきた。

 しばしリビングで隣同士2人で座り、たあいもない話しをながら「おったん、そろそろお風呂に入ろうかなぁ……眠くなってきたしなぁ……」と独り言のようにふってみた。やがてその数分後には「もうねる……」といって布団の敷かれた部屋へと去っていくRちゃんだった。

投稿者 yonezawa : 16:33 | トラックバック(0)

2011年 11月 1日

敦賀明子

416%2BsydafcL._SS500_.jpg

 園の都合で平日休園となった本日の午前中、少しは遊べるかとRちゃん体制を覚悟していたところ、午前中から友達と友達のママらと人気アニメの劇場版「映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪」を観に行くという話になっていたそうで、起きた時には誰もいなかった。

 先日、そういう心境なのか「プリキュア(の映画)は、おったんとふたりでいく!」と明確に宣言していたRちゃん。その折り合いは大丈夫だったのか、やや心配になった。
 結果予定が変わってしまったので、おったんとしては映画『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』を観に行くべかとサイトを探すがちょっと遅すぎた。
 どうも10月一杯で終わってしまった模様……
 
 入稿の狭間、目黒ブルースアレイへ。
 NYから来日中の“つるりん”こと敦賀明子のライヴへ出向いた。
 彼女のオルガンを初めて聴いたのは3年ちょい前のNYはハーレム。引率者の天平は、ハーレムでも結構深い場所にあったクラブへと引き連れてってくれた。ハーレムの老舗クラブ、St. Nick's Jazz Pubがそこ。

 敦賀明子のライヴは今日で通算3回目。彼の地でも感じたが、彼女はとにかく楽しそうにオルガンを弾く。2001年に向こうへと渡り、とにかくどんな音楽の仕事でもいいので欲しかった! というエピソードを交えてのMCも、演奏同様に温かいものを感じていた。
 集客も満席な雰囲気で、そうした意味を踏まえても彼女の力量は凄いものだと感じ入っていた。
 いつもは失速バンドのイベントで使わせてもらってるこのステージの雰囲気は、本来こういうものだったのかと、初めて見るブルースアレイの平常営業の有りようを知る。
 入稿の都合で残念なことに1セットしか観戦できなかったのが悲しいが、元気な彼女のオルガンで幾ばくかのモチベーションをたぐり寄せる。

 ヤンジャン編集部で小一時間の入稿作業。ちょっと寂し。

投稿者 yonezawa : 14:36 | トラックバック(0)

2011年 10月 28日

People Are Machines

51MSkxpvZYL._SS500_.jpg

 YAHOO!ニュースにあった「アートメーク 被害相談相次ぐ」を「アメートーク 被害相談相次ぐ」っと読み間違い、何のトークで問題が起きたのか!? と早合点する午後2時過ぎ。

 フラクタルの新譜『ピープル・アー・マシーンズ 』
http://www.amazon.co.jp/dp/B005Q27FQY/ref=ntt_mus_ep_dpi_1

 サンプル盤到着。ピアノのMAGNUSは自身のバンド同様にインプロを延び延びと展開している感じ。ドラマーANTONとの相性もかなりしっくりきた。
 このアルバムのジャケットを描いているのはなんと寺田克也氏。
 こんなところでも日本が世界に誇る絵師、寺田画伯のイラストを発見するのだった。

関連アルバム『Getxo Europar Jazzaldia 2007/People Are Machines (ピープル アー マシーンズ)』
※スペインで注目を集める2004年に結成された People are Machines が、2007年Getxoジャズフェスティバルでのライブ録音。フレーズの切れ味、明確な個性を持ったタイム感、若手とは思えない好プレイ続出で聴き手を引き込むストレートな作品。
Marius Neset(ts)/Magnus Hjorth(p)/Petter Eldh(b)/Anton Eger(ds)

 夕方、もの書きBさんと新丸ビル待ち合わせ。新機軸企画への展開はいかに。
 ヤンジャン編集部で用件を済ませ、吉祥寺で大道塾:飯村師範代、飲みだちSと飲み。赤ワインを3本空け、河岸を変えた大箱のバーで漫画家:Fさんと合流し、早朝帰宅。
 Sを残して帰途についたのだが、彼女その後も7時まで飲んだ模様。

投稿者 yonezawa : 14:26 | トラックバック(0)

2011年 09月 23日

陰陽師 朗読コンサート

61jbn%2BfXD8L._SS500_.jpg

 午後、広場で自転車に乗せたいがため、代々木公園までRちゃん共々連れ立った。
 遅れて母と姉とも待ち合わせし、ちびっ子のサイクリングコースを周回するRちゃんに数分つきあってもらう。
 ひとしきり乗せた後、新宿駅でRちゃんとママを見送った。

 初台駅近くの「代々木能舞台」でおこなわれる夢枕獏さんの『陰陽師 朗読コンサート』へギリギリのタイミングで入場。
 オフィシャルサイトによる概要は……「夢枕獏の自作「陰陽師」朗読と、仏ジャズ楽士・Ky [仲野麻紀+ヤン・ピタール] の自在な旋音とが代々木能舞台で出会います。日本人作家=夢枕獏は、2010年にフランスで開催された講演会「陰陽師を通じてみる日本」で、そのフランス語訳を介し、多くの方々を魅了しました。講演翌日、「陰陽師」の世界に惹かれ、その世界を音で語ろうと試みたグループ=Ky [キィ]と突然始まった「Kyと夢枕獏」による朗読コンサート。この出会いが、2011年秋に、日本の代々木能舞台でふたたび実現いたします。」
 
 一部での神妙な「陰陽師」朗読も勿論素晴らしいものがあったが、二部でのフリートークを交えた、仕事でなく獏さんが書きためたという詩の中から数本を朗読したシーンもよかった。 ここで読まれた詩がとにかくよかった。

 身体の緩み、年齢による体力の衰えを感じてきた世代にとってはより身にしみる詩であり、個人的にはうなずくばかりの内容だった。
 獏さんは言葉の達人である。この思いは20歳から今日まで変わらず、今後も永遠に続いていくことが分かっている。

 終演後、打ち上げの席に母と姉と一番最初に到着し、先にビールで乾杯。
 母は元々飲めないのだが、1杯だけは形だけでも乾杯につきあってくれていた。しかし、先週も今週もすべてノンアルコールを貫き、今日もジュースとお茶で乾杯。
 「昔、黒ビールで乾杯したことがあったね」と、独身の頃のおいらと親父の3人で飲んだビールの話をしてくれたが、どの黒ビールだったのかを思い出せないおいら。

 やがて打ち上げの面々が全員集い、もう一度乾杯。
 獏さんと母との時間を設ける瞬間が純粋に嬉しくて、とてもとても幸運を感じていた。母にも優しい獏さん、ともかく自らの宣言通り、ぶっ倒れるまで書き続けてください。こちらは死ぬまで読み続けます。

c84d5beb.jpg

投稿者 yonezawa : 16:29 | トラックバック(0)

2011年 09月 3日

怒濤の超漫画家と怒濤のファンクギタリスト

 届くはずの4Cカットが一向に届かない。約束は昨日の18時だったものが、ラフが到着したのが昨日の23時過ぎ。明けて本日、いつ届くのかを関係者が待ちわびているのだが、担当編集者によれば「連絡がつかないまま、ともかく待つしかない」という状態とのこと。
 時折外出もせねばならない休日の日程故、身動きのとれないことになるのだが、データーで届くはずのカット絵柄を出先でも確認するべく、パソコン前にいる仲間の協力を得て、スマートフォンへの返信で確認しようと体制を構築。K、そしてSさんに心より感謝。
 しかし結局カットはまだまだ届かない。

 午後3時30分、高円寺駅改札待ち合わせで漫画家:大友克洋兄、江口寿史兄、遅れて田村信兄の3名と待ち合わせ。なんと大友兄のおごり(!)で中央線焼き鳥屋巡りの日がやってきた。
 この飲み企画の決まる席に居合わせた幸運に感謝。

 高架沿いの「大将」でウーロン割に焼き鳥数本。大阪帰りのタムタムが遅れて到着。
 数杯いただき、場を阿佐ヶ谷駅へ。
 こちらでは漫画家・イラストレーターの寺田克也さんが合流。駅前で、偶然漫画家:杉木ヤスコ(ヤスコーン)さんとばったり。
 徒歩で駅前を通過し、ふつーの居酒屋で酎ハイ数杯。

 ひとしきり飲み終え、仕事に戻る寺田さんを見送り荻窪駅へ移動。こちらでは漫画家・吉田戦車さんが合流。ずいぶんと景観の変わってしまった北口を歩きながら、満席に近い焼き鳥屋へ。
 どうでもいいが土曜日の夕方の焼き鳥屋はなぜにこうもオヤジが大勢いるのだろうか。
 
 西荻を飛ばすことにして場を吉祥寺駅へ。漫画家:山崎紗也夏嬢到着。
 中休み(まだまだ飲むわけですね)でカラオケへ行く展開となり、時計回りでみなさま熱唱。おいらはこの凄すぎるメンツをシャキシャキ激写。
 その一連の展開を逐一ツイットする先ちゃん。iPone使いの名人、ヘヴィーユーザー先ちゃん。
 そんな中、スティーヴィー・サラスの代理人より電話が入った。
 本来ならばおいらは21時台の(最終の新幹線アクセスに間に合う)電車で吉祥寺から修善寺界隈まで向かい「メタモルフォーゼ」
http://www.metamo.info/
のライヴ観戦の予定でいた。
 ところが今日家を出る直前に、その野外イベントが台風で中止になってしまった。
 中止になったライヴを知り、スティーヴィーらも一旦ホテルへ帰ってしまったと聞いていたので、今回はもう会えないかなと諦めていたところだった。
 深夜にかけてきた電話の主Rさんが、「午前3時よりスティーヴィー、恵比寿のリキッドルームでやります!」「kazuさん一人でいらしてください!」そう言われたのだった。
 場の盛り上がる壮絶漫画家の行く末を見届けることもなく、面々が丁度場を「闇太郎」へ移す頃合いにカラオケはお開きとなり、建物1Fで集合写真。
 皆様、データとプリントは少々お待ちを!

 中座したおいらは一人、即恵比寿へ直行。
EBISU.jpg

 開演1時間前に到着したおいらは、パスも待たずして(笑)ずんずん控え室へ進入し、1年ぶりにスティーヴィーの面々と再会。通常、ベーシストであるジャラが今日はドラムを叩くと聞いて驚いた!

salas.jpg

 会場は超満タン。午前3時、オンタイムでライヴ開始。おいらはステージ袖の至近距離で観戦。
 ノンストップという言葉が似つかわしい壮絶なグルーヴを体感させられる。この男でしか体感出来ないうねりが炸裂だ。スティーヴィー、今日もホントにさすが。
 持っていた一眼レフでそのステージングを激写する。
 スティーヴィーほど、よい持ち物(スキル)を持っているギタリストは本当に世界中に少ないと感じる。
 ライヴ後、控え室でメンバーを労い、しばしの別れを告げ早朝帰途についた。
 スティーヴィー、thanx!

 時計はもう6時を回り、7時に近づいてきた……。

投稿者 yonezawa : 16:29 | トラックバック(0)

2011年 09月 2日

ブランドはKAWAIに

519TJcd6v%2BL.jpg

 大型の台風は来るのか来ないのか。
 警戒を促す報道の割にそのスピードはゆったりしたものなのか、こちらでも時折降ったり止んだりの空模様が続く。
 外出のタイミングを上手に見計らえば濡れない感じで今日一日はセーフな案配。

 ヨドバシカメラの電子楽器コーナーを訪れた。
 意外と電子ピアノの台数が多数展示されているのだな。KAWAI、ヤマハ、ローランド、カシオなどの電子ピアノを端から試奏(何も弾けませんが)して、鍵盤の感触と音色を確認してみる。
 Rちゃんが弾くなら、最初からアコースティック・ピアノと同等の鍵盤の重さを有する機種がよかろうと踏んでいた。ともあれ、今日日電子ピアノのクオリティは大したものだ。
 アナログのピアノの音をサンプリング(というのかは知らないが)して、そちらをヴォリューム操作でスピーカーから出す、概ねそうした仕組みだと聞くが10万円も出せば、そこそこの物件は買える感じ。
 定期的な調律の必要がないという部分も、一般素人ユーザーには有り難いポイントと言えた。ブランドはKAWAIに決めた。初心者Rちゃんとしてはまずまずの機種ではなかろうか。そのうち、我が家でセッションする機会などあるのかないのか!?
 
 K編集部で新規企画の打ち合わせ。
 簡単なテキストをデザイナーにお渡しせねばならないのだが、打ち合わせを終えたまま、そこのソファーでスマホンを取り出し、必要なテキストをパンチング。
 その場のメール転送で済ませる。恐るべき時代。

投稿者 yonezawa : 00:35 | トラックバック(0)

2011年 08月 27日

宴会

51wc2bjkSyL._SS500_.jpg

 夕べの打ち上げから日付が変わっても、まだまだ宴会は続いていた。
 それにしてもなんと豪華なメンツなんだろう。打ち上げ会場には、これまでお会いしたことのなかった浦沢直樹さんや、しりあがり寿さん、お笑い芸人のバッファロー吾郎さん、東村アキ子さんら...の姿も。
 エキシビジョンマッチでものすごい回答を魅せた寺田克也さんとは久々の再会となり、座の中には西原理恵子さんや島本和彦さん、とり・みきさん、ズミー(泉晴紀)、さやか嬢(山崎紗也夏)...らの姿も!
 今年5月25日には『ぱじ』愛蔵版
http://www.amazon.co.jp/dp/4087823768/
を発売し、傑作コミック『星守る犬』
http://www.amazon.co.jp/dp/4575301434/
は文化庁メディア芸術祭に取り上げられ、映画化された同作品『星守る犬』
http://hoshimamoru.com/index.html
は大ヒットに導かれた。村上たかしさん&奥様との再会も毎度毎度有り難い空間だ。

 この機会でなければ話しなどできそうにない豪華メンツとのひとときが貴重だった。村上さん担当の時にこさえた、連載記念の品:トート・バッグは今でもメインで日々活躍している。
 昨日の本番でのおおひなたごうちゃんは、過去のパフォーマンスを含めても際だって素晴らしかった。仕切りは勿論、演出も感動的なほど。
 ともあれ、ごうちゃんお疲れさま。
 ヤンジャン編集Fの腕はそもそも知るところながら、解説として会場を温めるトーク内容の的確さには舌を巻いた。
 ともかく演者のレベルは勿論ながら、関係者のスキルも最大限に極まった大会となっていた。当然打ち上げも盛り上がるハズだ。

 なんだか座敷で延々と立ち話になってしまった喜国雅彦さんとの音楽談義も最高。贅沢すぎる時間が過ぎる。
 編集Hちゃんと地元の呑みだちSと隣の居酒屋に場を移し、さらに痛飲。
 世代の違う面々、みな呑み体力万全な感じ。当然、始発などとうに出ている中央線で帰途に。

 午前、Rちゃんの刺激で起き上がるモノのスイッチがなかなか入らない。
 しばらくゲームなどでお茶を濁した遊びにつきあいつつ、夕方のbambiリハへ。
 リハ後のいつもの晩餐は今日だけは厳しかろうと、心は「帰宅」と準備していたくせに、やはり「全員が揃った酒席を外しては勿体ない」といった思考が働き、赤・白ワインで派手に呑みつつ盛り上がる。
 そしてまさかの「もう一度スタジオに入る!」といった、とんでもない展開となり、全員悪ノリ大セッション大会へと突入。もう止まらない。

 パンクバンド的演奏を終え、疲弊気味で解散しながらも、まだ呑む気満々のキーボードSと『闇太郎』へ移動。時間と眠気の来るまで飲み明かした。
 「これは、20代前半の呑みですよ!」と、20歳代半ばを過ぎた、おいらを誘った張本人がボソっと漏らした。

投稿者 yonezawa : 00:33 | トラックバック(0)

2011年 08月 23日

Daughters

51EkgHl-pJL._SS500_.jpg

 マーティン・スコセッシ監督ドキュメンタリー
「George Harrison: Living in the Material World」予告編
http://www.youtube.com/watch?v=Xnx87LIDO9k

 そういえば映画『八日目の蝉』は未鑑賞だった。
 書籍やドラマでは、正確な理由も分からない心情の中、切なさの極みに突き落とされた本作。映画のトレーラーなどで感じ得る俳優陣のテンションにも、ほどよき濃さを感じていた故、鑑賞に対して積極的になった作品だった。
http://www.youkame.com/index.html

 劇中の複雑な心情を抱えるキャラクターをそつなくこなす井上真央、永作博美、小池栄子らの女優陣には納得させられ、本編で聴こえるジョン・メイヤー『Daughters』の泣かせること。どうせなら主題歌にしてほしかった。
 現役シンガーでは間違いなくベストの一人に数えたし。

 そして日に日にフェアリーズに詳しくなってゆくおいら。

投稿者 yonezawa : 00:31 | トラックバック(0)

2011年 08月 10日

達郎ナイト

51mxBDZjvWL._SL500_AA300_.jpg

 電子ジャーの中のご飯は茶碗半分程度の量しかなかったので、朝飯は焼き飯(ピラフ)に即決。
 ピーマン、タマネギ、椎茸、ニンジン、豚肉をサクサク刻み、肉をサラダオイルで炒め、野菜はバターでそてい。卵を落としてご飯を入れ、あがりに軽井沢で買ってきた野沢菜入りの塩をあえたらかなりよい出来に仕上がった。チャーハンの肝は塩だ。
 正午の会議を経て、近隣の某空間でミーティング。

 Androidを終始いじり倒す故、移動の電車でも本を読めない。早いとこきちんと機能を習得し読書へ移行したし。
 新しい携帯には不可解な部分も多く、謝って書きかけのテキストを送ってしまいそうな配置にアイコンがあるので、これらは次回の機種で変更されるとみた。
 メールが届いていないのに到着を知らせるためのマーク「E」が表示される不可解に未だ謎を感じている。読み込み中ってことか?

 夜、下北沢へ移動。先ちゃんが達郎を回すというので参戦するものの、クーラーの効かない会場のあまりの暑さと、温いビールに体調がもたなくなり、適度のタイミングで中座。しかししかし、暑すぎ。

投稿者 yonezawa : 13:20 | トラックバック(0)

2011年 07月 24日

ジェイク・シマブクロ(Concert For Kids)

51kyxOLR02L._SS500_.jpg

 朝6時に起こされ、眠くてたまらない時間を過ごす一日となった。もちろん姫に。
 朝食をとって11時過ぎに外出。
 12時過ぎ、恵比寿ガーデンプレイスの地下駐車場に車を止めブラブラ。たまたまプレイス内スペースの野外で行っていたフラダンスのイベントをしばし観戦。
 Rちゃんがちょっとだけ興味を示したので20分程度観戦。

 12時45分にガーデンホールへ。受付で家族3人分のスタッフ・パスを受け取り、ホール内へ。
 今日もジェイク・シマブクロのツアーの一環で「Concert For Kids」と銘打たれた特別ライヴ。
 いつものジェイクのホールツアーでは、未就学児の入場は不可なのだが、今日は初めてジェイクのライヴで子供たちも観戦出来るという貴重な日。

 絵本にあわせて、効果音のようなニュアンスで生演奏で聴かせたジェイク。まったく何をやっても非の打ち所のないプレイを奏でる男だ。ジェイクは今日も世界有数の優れたミュージシャンであることを痛感させてくれる。

 子供たちの目の前でウクレレのプレイを見せてくれるファン・サービスで長い時間客席に降り立ち、延々会場内を巡回しながら演奏してくれた。
 中でもRちゃんへのサービスプレイは最高(笑)で、至近距離でRちゃんを見つめながら延々と弾きまくるジェイクの気遣いがとにかく嬉しく、緊張で固まるRちゃんの表情に笑った。
 会場内の大注目を集めてしまったRちゃんだった!

 終演後、控え室でジェイク&家族と記念撮影。ジェイクとRちゃんの写真ももう何年分かがコレクションされてきた。
 毎年、必ず観戦に訪れると決めているジェイク・シマブクロのツアーは永遠に最重要と考えるライヴ空間の一つ。

投稿者 yonezawa : 12:03 | トラックバック(0)

2011年 07月 23日

ジェイク・シマブクロ来日公演初日

jake.jpg

 午前7時就寝。11時起床。15分で支度を終えた30分後、徒歩で幼稚園へ。
 大勢の園生は保護者と共に庭から園前の道路にあふれかえり、みな帰途へつく様子。
 向かって真正面の教室の出口にたった一人の園生が、先生と2人だけで待っていた。
 近づけばなんとRちゃん。
 おったん(私)の姿に気付いた彼女は速攻で駆け出てきた。急いでずっくを履いて先生に「さようなら」を告げ、すぐに手をつないできた。
「おったん、どうしておそかったの? ねぼうしちゃったの?」という質問を受けつつテクテク歩く。
「おったんも、きょうから3つやすみなの?」
 夏休みに入りながらもプールやら体操教室などの参加もあるようで、この時点でおいら自身娘の休みを把握してはいなかったのだが、自分の連休に父が家にいるのかを確認していたのだった。
 道中のドラッグストアでRちゃんのトイレタイムを挟み帰宅。
 昼食を頂いて、なんだかんだと準備をしていたら、即bambiリハーサルの時間が迫ってきた。
 14時過ぎ、支度を終えた全員で吉祥寺へ。おいらのみGOKスタジオへ。

 1時間40分のリハを終え、メンバーにごめんなさいして一足先にリハを切り上げ、恵比寿ガーデンホールへダッシュ。
 開演前に無事ボスHさんと合流を果たし、本年度のジェイク・シマブクロ来日公演初日のステージを観戦。
 ジェイクは直前にセットリストを考えたそうだが、ツアー初日とおいうこともあり曲目は実に27曲。アンコール4曲に+予定外の1曲。大変贅沢な内容のコンサートとなった。

 今回、シェイクはワイヤレス・システムを使用。これまで見たライヴはすべて高性能シールドをつなぎ演奏されていたのだが、今回はデビュー10周年という節目の意味もあり、観客席に降りて演奏する演出を試みていた。
 プレイは問答無用。いつもの温かいプレイと超絶技巧の交錯する圧巻の内容だった。そしてジェイク結婚後の初めての日本ツアー。

 終演後、後取材を終えたジェイクと1年ぶりの再会を果たす。
 ジェイクの魅力はこの10年間、何も変わらない。デビュー当時のマインドを持ったまま世界有数のスキルを身につけたトップ・ミュージシャン。ジェイク、お疲れさま。
「明日のライヴは家族も駆けつけるよ!」ジェイクにそう伝え、控え室を後にした。

 共に観戦する機会を得た、生ジェイク初体験となるボス:Hさんとの酒が美味かった理由は、Hさんの品格ある人柄に加え、ジェイクの素晴らしさも手伝っていたものだと認識していた。

投稿者 yonezawa : 12:02 | トラックバック(0)

2011年 06月 12日

松下奈緒コンサートツアー[Scene#25]

image008.jpg

 今日の休日は昨日よりも早めに家を出なければならない。
 外の広場でテニスもどき、サッカーもどきのお遊びをやるものの、1時間も遊んでやれないまま、外出なのでRちゃんの機嫌は昨日よりも悪くなった。
 「ふん! おったんなんかもういいからいって!」とお見送りもナシ。トホホ。Rちゃんごめんなさい。

 17時30分開演の松下奈緒コンサートツアー[Scene#25]ファイナルを観るべく、三軒茶屋「昭和女子大学人見記念講堂」を目指す。
 この会場は初めて。開場前から大勢の人々が入口付近に集っている。
 やがて編集Sが到着し入場。オンタイムで始まったコンサートは、MCと演奏が心地よい間で進行されてゆく。
 NHKの連ドラや紅白の司会もこなしてきた彼女の雰囲気も、一つの円熟期を思わせるシーンもあり、確実にライヴというフィールドでも成長を遂げる本人の機微を感じていた。
 ファイナルということもあってか、バンドメンバーとの相性もバッチリ。
 ある意味、お手本のようなコンサートだったと言えた。

 終演後、控え室でご本人へライヴの感想をお伝えした後、ホールを後に。

 編集Sが以前訪れたという、三茶駅界隈の九州料理屋へ。メニューにある水炊きが嬉しい。
 注文を取りに来た女のコの料理の説明がなかなか流ちょうだったので、「九州の方ですか?」と聞いたら彼女は「はい!」と答えた。

 「どちら?」
 「鹿児島です」
 「市内?」
 「いえ……」
 「(鹿児島の)どこ?」
 「すごい田舎なんで……」
 「どこなの?」
 「薩摩川内というところで……」
 「マジで? 住所は?」
 「M町」
 「30年前に3〜4年住んでたよ。おれ」
 「ホントですか!? (お客さんの)住んでたところは?」
 「H町(笑)」
 「分かります(笑)。なんてことでしょう!」

 っと、超ローカルなもの凄い会話がなされ、しかもさらに聞けば彼女は高校の完全な後輩であることも判明。奇遇な夜もあるものだ。

投稿者 yonezawa : 15:20 | トラックバック(0)

2011年 06月 8日

Magnus Hjorth Trio 2

41pMgZgirML._SS500_.jpg

 マグナス・ヨルト・トリオのライヴ観戦は、ずいぶん前からバイオレンス作家でもあるBさんと観戦を約束していた。
 夕方の中央線に乗るとかなりキツい通勤ラッシュに遭遇。夕方、吉祥寺駅北口にて待ち合わせた。ジャズ系ライヴハウス『SOMETIME Kichijoji』へ向かう。
 マグナス・ヨルト・トリオは、デンマーク発のジャズピアニスト・トリオ。
 縁あってファーストの頃からそれなりの距離感で聴いてきたバンドだ。
 
http://slowboattocloud.blogspot.com/2010/03/magnus-hjorth-1970-2000-2009-1983-12-15.html

http://www.amazon.co.jp/dp/B0040VGQXK/

 生演奏体験はお茶の水のライヴハウス『JAZZ LIVEHOUSE NARU』に続けて2回目。前回よりもトリオの駆け引きにゆとりを感じた。
 全般的に超絶技巧が頻繁に飛び出すタイプのバンドではないのだが、安定感のある温かみのあるアンサンブルには、時折ピリリとした粋なシーンが感じ取れる。そうした印象を抱くのはおいらだけはなかったろうと想像する。
 中でも、このトリオに特異なアクセントを加えるのがベースのペーター。
 リズムの崩しは、足でリズムを刻んでいたこちらのペースを乱されるようでありながら、その瞬間、逆にグイッと惹き込むような、いわばロックなテイストを醸し出してくるのだ。

 特にジャズ演奏は遊びの空間をいかにのびのびとした旋律とアクセントによって独自の世界観が構築が出来るか。その機微によって聴く側のテンションは自由に左右されるもの。
 
 休憩を挟んでの2ステージを鑑賞。会場には世界的画伯:K氏の姿も。
 終演後、会場内で行われた打ち上げにも参加させていただいた。Bさんの愛娘さんがとても美人で驚きながらも納得。マグナスのプロデューサーであられるYさんはお会いする度に若返られて、こちらもびっくりだ。
 気がつけばもういい時間。深夜に徒歩でテクテク帰途に。

http://www.amazon.co.jp/dp/B004KODZM2/

投稿者 yonezawa : 14:00 | トラックバック(0)

2011年 05月 26日

リハ開始

Cellist%20Stjepan%20Hauser.jpg

 夕方、グレート義太夫兄、イースト:吉田兄と界隈のマックで待ち合わせた。
 義太夫兄とは、冷静に映画『菊次郎の夏』の現場以来のまともな再会なので、1998年頃の夏から、ざっと13年も経過している計算。義太夫兄はギターもさることながら、ドラムスも手練れだと聞き、セッションが楽しみ。
 神田神保町に本年度ビート・ジェネレーションのメンバーとなるミュージシャンの面々が集結。2011年度『失速バンド』のリハーサルが始まった。
 
 予定の時間にスタジオ入り。昨年と同じギターのK、ベースのTが揃い、1年ぶりの音出し開始。
 原曲はよく知らないがX JAPANの『紅』という曲をテレビ番組で叩いた義太夫兄のプレイはたまたま拝見していた。番組上、ギャグ的視点の演出もあるわけだが、そこで奏でられた純粋な演奏技巧は目を見張るモノがあり、今回氏の参加はもちろんメンバー全員大歓迎。

 大きく太いスネアの音がモチベーションを上げる。
 世代的にこれまで聴いてきた音が近かろうこともあり、クラシック・ロックのセッションならツーカーといった状態がまず嬉しい。
 4年ほど前にさらったツェッペリンのある曲の感覚を今ひとつ戻しきっておらず、今回初のレパートリーのような不慣れさ加減でリハが始まってしまったが、残り数回のセッションで身体に入れるべく今後の鍛錬が課題となる。

投稿者 yonezawa : 16:57 | トラックバック(0)

2011年 05月 24日

宮崎県串間市

61KpdChTPoL.jpg

 おいらのCDをリリースしてくれたJVCのHさんよりお誘いを受け、渋谷WWWへ。
 今夜、17歳の女性シンガー:井手綾香(いであやか)の関係者限定プレミアムSHOWCASE LIVEへ招かれた。

 エスエス製薬<ハイチオールC プラス>CMソングとなっている井手綾香の「雲の向こう」が現在オンエアー中。長澤まさみが正面を見て泣く、あのCMだ。
 ほとんどテレビを観ない自分でも、なぜか記憶に残っているそのCMの歌声の主は気になっていた。同時に、紙資料にある彼女のプロフィールがちょっと気になった。

 現在、宮崎在住の高校三年生の彼女のオフィシャル・プロフィールを見るとこう書いてある。
 「17歳。120頭もの野生馬が生息する地として有名な宮崎県串間市都井で育った彼女。
全校生徒18名の中学校を卒業し、いまは宮崎市にある高校に通う。 アメリカ人でプロダンサーだった母と、福岡でバンド活動をしていた日本人の父をもつ。 4歳からピアノを始め、いつしか曲を生むようになると次に詞を描き、自らうたい表現した。 “うたとピアノ”で紡ぐ、ありのまま。」

 “宮崎県串間市”の件に反応していた。
 おいらが小児喘息に悩む幼少期、「宮崎県串間市に喘息の名医がいる」と聞きつけた両親は、毎週週末に車で数時間かけてその病院まで通院させてくれたのだった。
 この時代のエピソードを思い出せば、40も過ぎた今でも泣いてしまいそうな有り難さに包まれる。どこの親もそうだろうが、あの頃から続く一点の曇りもない両親の献身的な姿勢、家族を全力で守るという生き方に、いつでも胸を打たれる。

 あの頃、串間市までは遠かった。

 無言で車を走らせる親父は、一度も面倒な愚痴などこぼさず、母共々「喘息よ、早く治れ。苦しさから解放させたい」という表情をいつもしていた。貧弱な自分の体質を呪った。
 病院ではスピンヘラー(喘息用吸入器具)で粉状の薬を肺に吸い込み入れ、そして臀部に注射。
 この繰り返しを何週間行ったことか。

 これら両親のサポートで、確か小学3年生を過ぎた頃、喘息からは解放されることになり、そこからの学生時代はその片鱗など微塵もない体力を得ることとなった。
 
 井手綾香の名を聞けば、おいらは喘息と串間までの道のりを想い出すのだった。
 今日も、亡き親父と、世界一のおふくろに深く感謝。

投稿者 yonezawa : 16:55 | トラックバック(0)

2011年 03月 26日

51tS4bP0L0L._SS500_.jpg

 えらく寒い1日だ。
 後ろのタイヤに何度空気を入れても、翌日には空気の抜けてしまうRちゃんの赤い自転車はパンクかと思い、近所の青空自転車修理屋さんまで持って行った。
 自転車を預け、買い物を済ませて戻ったところ、パンクではなく必要な器具が外れていたとのこと。修理費400円。

 近くの公園でブランコ&鬼ごっこを経て帰宅。しかししみじみと寒い日。Rちゃん、大丈夫か?
 
 夕方、作ってもらった唐揚げ、ポテトサラダ、激美味芋焼酎:明月などを持参し、bambi打ち上げの場へ。

 ライヴ当日の打ち上げは、ご来場のみなさまとの会話を優先して楽しむことが慣例となっており、歴史的においらもバンド・メンバーでの打ち上げ、という状況にはなかなかならなかったものだ。
 bambiにしても同様でそうした流れも踏まえ、打ち上げは事前に予定され今日を迎えた。

 しかしこの時期、居酒屋類は計画停電やらの影響もあってか営業時間がえらく短縮されている様子。すると「ならばココを使ってよろしい!」と、太っ腹の提案を賜り、その主:bass:yoyo&𠮷紋兄が宴の場を提供してくださることに。なんと有り難い。
 かくして全員の手弁当で宴開催の運びに。

 銀座のあるワインバーではメニューのいくつかに印がついており、その品(ワインもフードも)の価格のうち200円分を日本赤十字社に義援金として寄付するというシステムを取っていた。
 この時期、アルコールを口にすること自体に罪悪感を感じる方がいるようで、ならば「アルコールを飲むことによって寄付している」というシステムにすれば抵抗感も減るのではないか、という店主のアイディアでそうしたらしい。
 その品を注文した方は署名し、その署名の一覧をお店のオフィシャル・サイトにそのまま載せるそうだ。

 午後6時前後、いい年したbambi&関係者がわらわら集う。まるで高校生の集いのよう。
 𠮷紋兄が用意してくださったギターの美しくてコンディションのよいことといったらなかった。さすが音楽職人。
 おいらは座布団に座った端からMartinを手放さない。大先生の手にしたイバニーズ?の関連ブランド?の物件も素晴らしい。
 唐揚げもポテトフライも、芋焼酎:明月も白ワインもちらし寿司もおにぎりも、ずこんずこん胃袋に消えてゆく。ギターは延々弾いている。

 頃合いをみて、おいらは初めて観た先日のライヴ映像観戦。全員モニターに釘付け。
 映像を手がけてくださった𠮷紋兄の一見無造作なアングル、切り取り方に、各々ピリっとくるクールなセンスを感じていた。 

「音楽が好き」「楽器が好き」「演奏が好き」そうした共通認識で集う利害関係のない(笑)身内メンツで、ホロホロ酔いながら、ホクホク弾きながら、ワラワラ語り合う瞬間の贅沢なことといったない。
 気持ちよく大先生の新曲にあわせていたところ、隣でvo.haruが爆睡体制に。さすがフロント大物女子。こうでなくちゃ。

 皆様方、今日もお疲れごくろうさんでした。yoyo&𠮷紋兄、ありがとうございました。

投稿者 yonezawa : 22:42 | トラックバック(0)

2011年 02月 25日

ある公演

51jqZA8KhAL._SS400_.jpg

 午後、Hさんからの連絡を受け、ふいに誘いいただいたある公演を2時間ほど観戦。
 また今日も夕飯をご馳走になったHさんとの時間は、予定がままならない場合を除き、何をおいても最優先なので、わずか1時間程度の空間ながら大事にする。

 単行本の入稿を深夜1時までかけて入稿。
 アンプは届いた。明日はbambiライヴ。

投稿者 yonezawa : 01:24 | トラックバック(0)

2011年 02月 17日

上原ひろみ

41LcCdhoqcL._SS500_.jpg

 ピアニスト:上原ひろみさんのインタビューのため都内某所へ飛ぶ。
 2年前にヤンジャン本誌で取材して以来の単独インタビュー。

 昨年リリースされたスタンリー・クラークのアルバムにフィーチャリングとして参加した彼女も、事実上グラミー賞受賞ミュージシャンの一人となった。
 日本人が4人も受賞するという、いつにない快挙の渦中に彼女がいた。

 前作からスタンリーはひろみちゃんを熱烈指名していたようで、「まだまだひろみと演奏し足りない」と各メディアで語っていた記事を、おいらもいくつか読んでいた。

 単身で海外を拠点に活動し、自分のバンドを引き連れ世界中を飛び回っているとはとても思えない程の穏やかで優しい出で立ちの彼女。しかし、音楽という分野に一歩踏み込んだ瞬間の彼女の鋭い感性は破格のモノだと認識している。
 取材時間は予定以上みっちり50分程度確保。明日、彼女はすでにカナダに飛ぶそうだ。

投稿者 yonezawa : 19:13 | トラックバック(0)

2011年 01月 26日

新星堂

51OKcLKVeXL._SS500_.jpg

 吉祥寺駅ビル「アトレ」の新星堂には初めて訪れた。

 数台並べられた試聴機には流行の韓流ポップスだけではなく、ケルトやカントリーや民族音楽のコーナーもあり、それだけでこの小さな店のあり方が気に入った。

 聴いたこともないバンド名の、カントリー音楽CDを数枚拝聴したが、どのバンドも格段に演奏が上手く奥深さを痛感。
 同時に、完成し成熟しきった楽曲の機微に感心させらるのだった。

投稿者 yonezawa : 00:31 | トラックバック(0)

2011年 01月 18日

テッド・ニュージェント

ledzeppelin116.jpg

 チャー新作の情報は、毎回K兄からのメールで知る。
 どの興味を抱く対象者にしても、日常まめにオフィシャル・サイトを観る癖をつけていないので、情報に気づくのがライヴ日程同様に遅い自分。
 『TRADROCK "Jimi” by Char』もすでに発売中だった。
 
 夜、地元でT兄と待ち合わせる。年明け初乾杯。
 これまで聞いたことのなかったロックな実体験エピソードの内容に、今日も舌を巻いた。
 テッド・ニュージェントやらユーライアヒープやらシン・リジーらの単語がストレス無く通用する稀な空間。ティーンの頃、海外で観たという多くのロック・コンサート話は、羨ましさと嫉妬が入り交じるような気持ちに晒される。
 帰国子女なT兄のロック体験な瞬間は、金に代え難き宝石のような輝きを放っていた。

投稿者 yonezawa : 01:36 | トラックバック(0)

2011年 01月 17日

無理矢理胃袋

Unknown116.jpeg

 昨日夕方、荻窪:丸長へ。
 夜の部は午後5時30分からの開店とばかり思い、到着し、店の前で20分ほど待った頃、空く気配がないので表の張り紙を見たらば「第三日曜日(と毎週水曜日)は定休日」と書かれてあった。…………!!!

 やむなく他店舗で夕飯を済ませたのだが、早い時間の夕飯だと予測し「夜食のために」と池袋のデパ地下で天むすを購入していた。
 帰宅し、雑務をこなす間もなかなかお腹が減らないのだが、わざわざ買ってきた天むすを残すのは勿論勿体ないので、腹も減ってないのに無理矢理胃袋に押し込む。
 Rちゃんは海老だけ1個食べて白身魚もほおばった。歯を磨いてあげた後だったけど…
 
 明けて明日は昼過ぎから健康診断なので、午後2時3時頃までモノを食べられない。まぁ丁度よし。
 
 本日昼、診断に必要な準備を終え、書き込むモノに書き込みも終え、編集部からも割合近いメディカルクリニックへ。
 (空いててラッキーという意味で)閑散とする院内で受付を済ませ、診察用の衣装に着替える。全然混んでいないのがともかく嬉しい。
 相当なスピードでオートメーションのように右から左。
 採血〜身長・体重計測〜血圧検査〜聴力検査〜視力検査(両目共に0.1の判断)〜心電図検査〜聴診器での検診〜バリウム検診〜粗方そのような流れで、確か30分かからなかった。

 こうした診断は何年ぶりだったか。滅多に受診しないものの、おいらはこのバリウムがやっぱり苦手。ゲップ禁止の診察となるが、ドリフターズのコントのように、バリウム(コントでは牛乳)を飲みながら、何回もゲップしてしまい、何度も何度もバリウムを飲む──という、あの映像がマジで起こりそうな錯覚を毎回抱く。
 検査が終わって、ゲップと共に洗面所でうがい。気分は嘔吐な感じ。吐かないけど。
 
 検査衣装から私服に着替え、受付で下剤を受け取り即服用。
 今日中に大きい方が出なければ、基本的にアルコール類も飲んではいけないそう。

 夕方、O先生と待ち合わせ。
 昨年2月、デイヴ・メイスンの最終チャート・イン・ラスト・アルバム『明日へのチャンピオン』(紙ジャケ)ライナーノーツを書かせていただいたが、今日は彼の来日公演。
 ソニーSさんよりお誘いを受け、サンプラザにて初観戦。
 しっかりした歌もギターも健在。同じように活躍する彼と同世代の日本人ミュージシャンをすぐには思い出せなかった。

投稿者 yonezawa : 01:35 | トラックバック(0)

2011年 01月 16日

正真正銘のロケンローラー

up_888812.jpg

 昼過ぎまでRちゃんパソコン・ゲームにつきあい、車で池袋へ。
 西武デパートに繋がる書店リブロで行われる「江口寿史サイン会」会場へ向かう。

 開始時間より1時間も早めに着いてしまったので適当に時間をつぶしつつ、先ちゃんと合流した後、別館8Fのカフェで待機。なんだか仕切りが心細い。

 サイン会より数日前に、整理券は予定枚数をあっと言う間に配りきったそう。
 次回の先ちゃんサイン会は30日14時より吉祥寺リブロ。並んだファンの行列前方、男子多し。
 
 この1〜2年で、おいらが最も注目するロックシンガーAから最新デモ音源拝受。嬉しい。
 英語圏からやってきたAの魂込めた、まさに渾身の新作。
 明日、珍しく通勤の際に爆音でもう一度拝聴予定。スキルは上がり、勢いは増し、期待は募るばかり。Aは正真正銘のロケンローラー。

投稿者 yonezawa : 01:33 | トラックバック(0)

2011年 01月 12日

要、確認

WP017_l.jpg

 午前の校了を経て、夜デザイナーMちゃんと飯。
 以下、要確認。

●John Butler Trio
1月13日(木) 赤坂 BLITZ 19:30 start

●福田進一、鈴木大介、村治佳織、大萩康司ニューイヤーコンサート2011
1月22日(土) ヤマハホール 14:30 start

●リー・リトナー、マイク・スターン
2月5日(土)コットンクラブ
2月7日(月)~10日(木)ブルーノート東京

●テイラー・スウィフト
2月16日(水)、17日(木) 日本武道館 18:00 open/19:00 start

●押尾コータロー
3月26日(土) 東京国際フォーラム・ホールC 18:00 start
3月27日(日) 東京国際フォーラム・ホールC 17:00 start

●宮本笑里
5月14 東京国際フォーラム・ホールA 18:00 start
5月15 東京国際フォーラム・ホールA 15:00 start

●イーグルス
3月5日(土) 東京ドーム 15:30 open/17:00 start 
3月6日(日) 東京ドーム 15:30 open/17:00 start

●KTタンストール
3月30日 (水)  Shibuya O-EAST  18:00 open/19:00 start

●本田恭章
5月2日(月) 詳細未定

投稿者 yonezawa : 21:35 | トラックバック(0)

2011年 01月 8日

bambiリハ

WP005_l.jpg

 家を出るギリギリまでRちゃんシフトで時間を使った。
 午後までふわふわと睡眠をとり、夕方のbambiリハにあわせて身支度。
 年始めのバンドリハ。

 昨年覚えたつもりの楽曲にまっさらな気持ちで挑む。
 前回のアレンジを思い出しながらも、結局“今”の気分がフィットするアレンジメントで弾き出している。落ちつくところに落ちつくだろう。

 リハ後、頻度の多いいつもの「ガチャガチャ」にてホッピー乾杯。
 メンバー2名からのとんでもない報告と、メンバー1名からの温泉遠征計画を聞きながら、すでにこのバンドの春先以降までのスケジュールがうっすらと決まりかけている様を心地よく聴いていた。
 〆には美味いカレーうどんをいただき、大先生を送りつつ帰途に。

投稿者 yonezawa : 21:10 | トラックバック(0)

2011年 01月 5日

It Might Get Loud

51YDYhdA94L._SS500_.jpg

 浮世離れした正月休みも終わり。仕事始めである旨を記したメールを数通拝受した。
 連休中、6日まで台車はコミュニティ広場というマンション共有スペースに置かれていた。
 年賀をとりにマンション下へ降りた際、ゴミ捨てついでに台車を運んだ。
 昨日捨てられなかった雑誌類のゴミをまずは廃棄。
 マスクを着用し、ギター部屋の9割の隅々まで全部をひっくり返し丹念に掃除機がけ。ほとんど引っ越しした状態と変わらない。
 面倒くさいがやらねば何も前に進まないような状態だった故、整理出来た箇所を見る度に心も整理されていくよう。
 引き出しの中まで整え、多くの書類も廃棄。インタビュー取材でもストックし続けたMDをまとめて1つの箱に収納したところ、大型の箱にも収まらず、知らない内にふくれあがったその量に改めて驚く。取材は途中からICレコーダーに取って代わり、今ではPC内に音声を保管してあるので物理的な場所を取ることはなくなったが、この作業も10年経過を待たずして、別メディアに取って代わるのかもしれない。
  
 大昔に捨てまくったカセットテープも、今回大量に廃棄処分したビデオテープも、結局一度も聴かく見ないまま捨てることになった。あの膨大なダビング作業は何だったのか。人生のある濃い部分は(第三者への刺激のための)ダビングの歴史のよう。

 漫画家:TT69のメールで、ドキュメンタリー映画『It Might Get Loud』のことを思い出した。
http://www.sonyclassics.com/itmightgetloud/
http://movies.yahoo.com/movie/1810025498/video/13892245/

 本作は、アメリカではすでにDVD,BD化されているが日本未公開。
 ジミー・ペイジ、エッジ(U2)、ジャック・ホワイトらの出演するドキュメント作品だ。
 『不都合な真実』のデイヴィス・グッゲンハイム監督がメガホンをとり、昨年8月14日からニューヨークとロサンゼルスで公開された本作を、何故日本の配給会社は買わなかったのか。

 致し方ないので日本語字幕のないソフトを一応観ることにしているが、瞬時に「絶対に観たい!」と思うおいらのような者は所詮少数派ということか。そのセンスは大きくズレており、日本では当たらないという読みなのか。
 トレーラーを観るだけでものすごくワクワクする。ロックとはその症状のことも指す。
 

投稿者 yonezawa : 21:02 | トラックバック(0)

2010年 12月 19日

ミックスジュースとbambi

bambi%20live%2C%20feb%202011.jpg

 「おったん…」というRちゃんの声で午前8時に揺さぶりをかけて起こされ、パソコン・ゲームを催促される。
 画面をセットして寝て、本人がゲーム内でつまずく度に起こされ、再び寝る。
 この行為を4,5回繰り返すと、眠気はあってももう寝ていられない。

 「あっちでディズニーチャンネルみようよー」と手を引かれ、2人でケーブルテレビを観るが意識はまだ朦朧。
 昼食までのわずか30分間だけ、伴侶との連携でなんとか仮眠を確保した。
 昼食後「おさかなさんにパンをやろうよ」というリクエストに応える。

 奥から昨年買ったクリスマスツリーを引っ張り出し、ママとRちゃんの2人で飾り付けた。
 すかさず「しゃしんとって!」とRちゃんは言う。

 冷凍のパンを細かくちぎり、浄水にいる鯉にえさをやるのは近所でも見かける休日の光景。
 ところが川を覗いてみると鯉は一匹もいなかった。
 21日になんらかの工事があると看板に書いてあったので、魚を他の場所に移してしまったのかもしれない。真相は知らないが。
 
 ベビーカーにRちゃんを乗せたまま、近所のスーパーへ。
 果物:イチゴ一パック、グレープフルーツ1個、リンゴ1個、刻みパイン1パック、蜜柑と桃の缶詰、牛乳、こちらに冷蔵庫にあったはずのバナナを加え、ミックスジュースを作ってあげるべく購入。
 帰宅して10分程度で果物を切り終え、ミキサーへ。
 スイッチを押すのは、あらかじめ三輪車を台所に持ち込んで、手の届く高さでスタんばるRちゃん。
 「スイッチ・オン!」機械音と共に、具材が見る間に薄赤いジュース状態に。Rちゃんが混ぜ合わさる果物を凝視している。
 この至ってシンプルで健康的なジュースができるまでの行程は、休日恒例の行事となりつつある。作る方も楽しい。

 2人に飲んでもらった後、即バンドリハへ。
 今年最終となったbambiリハで新曲の機微を最大限に理解しようと、全員同じテンションで取り組む。
 とりたてて新曲「紅い蝶の羽」は名曲。
 リハ後、当然のbambi忘年会で腹一杯。来年の岡山遠征が本当に実現すれば嬉しいものだ。 

投稿者 yonezawa : 18:01 | トラックバック(0)

2010年 12月 17日

『ソレイユ』 東京公演

kaori.jpg

 とてつもなく優しいフィンガリングでフェイド・インしてきた「ヒア・カムズ・ザ・サン」の旋律にいきなり鳥肌がたった。音色もビジュアルも、本当に美しい…。

 昨年の今頃、同じ場所で聴いたあの感動と同じ感触が思い起こされ、常に「最新のライヴがベスト」と感じられるコンサートの幕が開いた。

 リリース記念コンサート『ソレイユ』 村治佳織:東京公演はニューアルバム『ソレイユ』収録曲を全て演奏するスペシャル・コンサートとして、恵比寿ガーデンホールで行われた。
 丁度昨年の今頃も同じ場所で佳織ちゃんのコンサート観戦のために、このホールを訪れていた。

 贅沢にもアルバムそのものの曲順で構成された演出は、暮れの最後にファンが大満足するライヴとなった印象。とても贅沢な演出となった。
 下町!(日本)が世界に誇るクラシック・ギタリスト:村治佳織の機微は今年も極まる。さすがだ。

 ゲストとして登場された沖仁さんとのコラボレーションも興味深い。あの優れたフラメンコ・ギタリストが一歩引いて演奏しているニュアンスも新鮮で、佳織ちゃんのギターの迫力が
がぜん引き立つ演奏となり、ホールに力強く響き渡っていた。
 「2人のコラボレーションはまた観てみたい」と、会場の多くの皆さんも感じられたことだろう。

 演奏クオリティに比例するように、愉快で品格溢れるMCのそつなさ。もはや村治佳織はなにもかも手に入れてしまった。
 後はそのトップ・スキルを何年継続するか、今後のテーマの一つはそこにもあるように思う。

 昨年は「初二日酔い」のエピソードに会場が温かい気持ちに包まれたような記憶。
 今年は師走に向かって12月半ば前より暮れまで基本的に延々飲む相手がすべて決まってしまっていると言う、忘年会アホ・スケジュール渦中の自分を省み、自業自得に汗。

 世界最高水準にある村治佳織のような素晴らしい演奏を目の当たりにする度、毎年毎年、襟を正さねばと、二日酔いを含めて反省の意識に苛まれる。

 走り続けるという凄さ。鍛錬は身を結ぶという説得力。
 それらをまるで当たり前のことのように、努力の姿を見せないまま、実にしなやかに演じきる技量。
 そしてそのスタイルは、どこを切っても「美」というキーワードに包まれている。
 ため息ものだ。圧巻の、かつ年間ベスト・ライヴ物件の証人となり、控え室へのご挨拶を経て即吉祥寺へ移動。
 佳織ちゃん、おつかれさま!

 音楽人Aとの嬉しき乾杯。輩とももう24、25年ぐらいのつきあいか…。感慨深し。

投稿者 yonezawa : 18:00 | トラックバック(0)

2010年 12月 16日

MICHAEL

640a.jpg

 1958年8月29日生まれ、アメリカ合衆国インディアナ州ゲイリー出身。USを代表するポップ・アイコン。
 昨日発売になったマイケル・ジャクソンのニューアルバム「MICHAEL」拝聴。

 関連サイトの情報によれば…「このアルバムには公式サイトにて1週間限定で公開された新曲「Breaking News」をはじめ、2007年にレコーディングされたもののリリース前にネット上に流出したためお蔵入りになっていたAKONとのデュエット曲「Hold My Hand」、同じく音源流出で話題となったレニー・クラヴィッツのプロデュース曲「(I Can't Make It)Another Day」、50CENTをフィーチャーした「Monster」などを収録。さらに、マイケルが歌詞やメロディにアレンジを加えたYMOのカバー曲「Behind The Mask」も収められる。」とある。

 「Behind The Mask」のテイクが、日本人としてはやはり馴染み深い感覚があり、我が国が誇る音楽家:通称“教授”と念願の初邂逅を果たした際、このエピソードも伺った記憶がある。
 優れたメロディとは、まさにダイレクトにマインドに訴えかけるものだ。

 W社:M&Tくん、天才編集者Fとの会食に歓びを感じる。
 夜、ふいに届いた天才クラシック・ギタリストKDくんからの初メールに感激。

投稿者 yonezawa : 18:00 | トラックバック(0)

2010年 12月 2日

曖昧

41y4F4CTRRL._SS400_.jpg

 収拾がつかない。置き場がない。
 膨大な枚数になってゆくCDを少しでもシンプルにするべく棚の整理を思い切った。
 随分昔に買いそろえた某バンドCDタイトルを一組、紙ジャケになってまた一組、HQCになってまた一組、ボックスになって一セット…っと、1バンドなりミュージシャンの一連のCDを3セット以上もコレクションしているアホな場合があるので、この機会にダブった一連のソフトは第三者に贈呈しようと決意。
 メジャーどころのいくつかのタイトルも、今後もう聴く機会はほぼなかろうと判断し、iTunesに保存することもなく大型の段ボール2つ分ほどを仕分けの対象に。

 不動の名盤タイトルはおいといて、意識の中で迷う位置に類するミュージシャンに関しては、保存するか手放すか、そのボーダーラインが曖昧になっている。

投稿者 yonezawa : 17:07 | トラックバック(0)

2010年 11月 29日

ボクシング至上メール

41pMgZgirML._SS500_.jpg

 甥Yの欲しいCDリクエストにこっそりと答えるべくamazonでせっせとCDを集めていた。
 高校時代にそんなおじさんが欲しかった。
 おいらの誕生日の2日後にKの誕生日がやってくることあり、この時期はなんだか知らないが知人友人も含めて誕生日ラッシュのシーズン。
 パルコでK御用達ブランドのジャケット、Tシャツ、マフラー、手袋を一斉購入。
 
 昨日届いた映画人:Mからの「ボクシング至上メール」を受け、「そうしたことは熱いうちに語り尽くすべし」と急遽飯会がセッティングされる運びとなった。
 Mはボクシング漫画好きがこうじてホンモノの試合を観に行くことになったそうで、「私は(長谷川穂積選手の世界タイトル)初戦のウィラポン戦を武道館で、再戦のウィラポンも神戸で、モンティエル戦も武道館で、生で観てます」というメールを送ってきて嬉しくなった。
 ギリギリまで行われた某打ち合わせを切り上げ、待ち合わせ場所へと飛ぶ。

 現地にはMと初対面のNさんがすでに到着。
 映画・漫画・音楽──っと話は小気味よく転がるように展開するが、その流れに時折挟み込まれる連中の物言いには、ある種の歓びを噛みしめていた。大変愉快な夜となった。

 午前中よりバリバリ稼働するMとNさんのテンションがクールダウンし、徐々に眠気に包まれる様を察知し、端的に盛り上がった酒宴をスパンとお開きに。
 「この店で、この面子で、また次回も盛り上がりたし」と、明日連中にメールするつもり。

投稿者 yonezawa : 17:05 | トラックバック(0)

2010年 11月 25日

朝鮮戦争

CA3A1380-0001.JPG
 
 サム・クックはすでに故人でサム・ムーアは近々来日公演を行う。
 この2人の名前が時折ごっちゃになってしまう。
 サム・ムーアと言えば、’75年に『ジャコ・パストリアスの肖像』にゲスト参加。「カム・オン、カム・オーヴァー」に参加という印象が個人的には懐かしい。深夜に同アルバムを拝聴。

 2011年2月19日より角川シネマ新宿ほか全国にて公開となっている韓国映画『戦火の中へ』をいち早く鑑賞。
 関連サイトによれば「朝鮮戦争で学徒兵として集められた71人の若き学生たちが、夢と希望を抱きつつも果敢に戦う姿を描く。韓国で観客動員数約350万人を記録した戦争アクション超大作。」とある。
 監督は『私の頭の中の消しゴム』『サヨナライツカ』のイ・ジェハン。主演は、日本でも絶大な人気を誇るというBIGBANGのT.O.Pことチェ・スンヒョン。
 彼は学徒兵たちを率いる中隊長を演じているのだが、事前に宣伝担当者に聞いた情報「韓国のイケメン・スターが主演なんです」という色眼鏡が、逆にこの作品の興味を削がれるところだった。
 香港やら中国の優れた俳優にも感じることだが、劇中描かれるヒリヒリしたリアリティ溢れる世界観は素晴らしいものがあり、チェ・スンヒョンも単なるイケメン俳優では片付けられない彫りの深い演技を貫いていた。
 
 連日報道される北朝鮮の信じがたき暴走は呆れるところで、先頃「南朝鮮(韓国)が無分別な軍事的挑発を行えば、我が軍隊は2次、3次の強力な物理的報復打撃を加える」と警告する通知文を米軍側に送ったのだという。
 朝鮮戦争を描いた『戦火の中へ』は1950年。そして先日の北朝鮮による砲撃が今年2010年。
 朝鮮戦争から60年、まだ彼らの戦争は続いているということだ。

投稿者 yonezawa : 03:26 | トラックバック(0)

2010年 11月 22日

ピアニスト:松下奈緒ライヴ

matsushita_TSUTAYA.jpg

 外は小雨。渋谷bunkamuraオーチャード・ホールで行われる、ピアニスト:松下奈緒ライヴへ。
 彼女の公演を観るのはおよそ1年半ぶり。基本的に東京公演は確か皆勤賞的スタンスで観戦を続けている。
 さして予備知識もないまま飛び込んだ今回のライヴは、きっと先だってベスト盤をリリースした内容になろうかと予測していた。

 思えばおよそ2年前、オーストラリアの歴史上最もCDを売った地元美人シンガー:デルタ・グッドレム×奈緒ちゃん対談が、彼女との初邂逅となった。
 その取材はほんの数年前のはずなのに、近年、彼女の八面六臂の大活躍のせいなのか、もはや懐かしい思い出となっている。
 
 ゲストの1人には思いもよらぬギタリストが登場。名クラシック・ギタリストの木村大。
 彼の取材も以前がっつり行っており、偶然の出会いが嬉しい。
 今回はギター内に内蔵ピックアップを偲ばせたハイテク・システムでの演奏を聴き、以前にも増して迫力ある出音を確認。
 チック・コリアのスペインは多くのミュージシャンがカヴァーする、もはやスタンダードとなりつつある名曲だが、本日のソロ・コーナーでは優れた木村大のそれを聴いた。
 
 テレビ小説『ゲゲゲの女房』主題歌をピアノソロ・アレンジで軽快に弾き上げながら、多数のオリジナル曲を矢継ぎ早に演奏する奈緒ちゃん、そしてバック・ミュージシャンのサポートにも、彼女同様のオーガニックさを感じていた。
 彼女のオリジナル曲の中でも、ソニーのVAIOのCMに採用された「f」という楽曲は、小気味よいリズムで個人的には特に好み。
 あれほどの多忙を極め、国民的認知を仰いだ女優業の狭間に、こうした音楽活動の糸も途切れさせることなく継続する、彼女のそのエネルギーには、四の五の言う前にまずは脱帽だ。
 それにしても年齢では計り知れない程の落ち着きよう。実際に会話を交わして、まず感じる気持ちがそれだ。

 終演後、大広間での打ち上げ乾杯が行われ、奈緒ちゃんとも久々に再会を果たせてラッキー。次回の再会はどこになろうか。とりあえず「次回はRちゃんを連れて行くからね!」という意思はお伝えしてきた。

 場内では木村大選手の姿も見つけ、久々の再会を同じく喜ぶ。
 いつも明るい大くん。「あなたのギターも、おいらなりに追いかけてゆくぞ」と再び約束。

 編集Uに、思いも寄らぬ渋谷の名店フレンチ店を教示していただき、充分にお腹を満たし、雨の中、我々にすれば随分と早めの帰途についた。

matsushita_kyoten.jpg matsushita_TOWER.jpg

投稿者 yonezawa : 20:38 | トラックバック(0)

2010年 11月 8日

Back To The Egg

612C35MFF0L._SS500_.jpg

 Paul McCartney & Wingsのアルバム『Back To The Egg』は中3の頃、ショーサクの家で初めて聴いたLPだったか。
 ある日、ふと「CDを持ってなかったな」と思い立ちネット購入した。
 何かの拍子にまた思い出し、聴いてみようとケースを開けたら中身がない。
 数千枚ある他のCDのケースに2重でしまった可能性大。
 とても探せる根性がないので、泣く泣くもう1枚をネット注文した。ものによってはレア価格で1万円を超える物件もあり、驚いた。

BackEggCover.jpg

 同じく、欲しい欲しいと思っていたアッバス・キアロスタミ監督の映画『友だちのうちはどこ? 』DVDは、現状[ 中古品 ¥ 13,500]という暴動の起きそうな状況故、手が出ない。
 こちらはLDで保有しているソフトながら、手軽なDVDでもと考えているがしばらくは難しそう。K市のSにもダビングして送ってあげたいのだが、そちらは延々義理を欠いて恐縮。

 キアロスタミ監督といえば、今月の東京フィルメックスに来日するとか。
 丁度、『PEACE』の上映で来日する想田和弘監督より、上映の日にご招待いただけたので喜んでいたところ、続けて上映するのがキアロスタミ最新作『トスカーナの贋作』とのこと。同作品にももちろん興味津々。しかしチケットはすでにソールドアウトの模様。
 いずれにせよ、久々にキアちゃんと会えたら最高だろうな。

D110476250.jpg

投稿者 yonezawa : 17:04 | トラックバック(0)

2010年 11月 5日

ポリシックス/フランス

515SQeZX6WL._SS500_.jpg

 正直、そのバンドのメンバーと知り合いになるまで音体験はなかった。ある日、幸運なことにご本人と酒席を共にする機会を得、彼女よりベスト盤を贈呈いただいたことをきっかけに、そのバンドの音源は折に触れ、聴く機会をもってきた。

 本日、恵比寿リキッドルームで新生「ポリシックス」のライヴ初観戦。
 同行者はフランスの出版社の編集者2名に、日本在住のフランス人翻訳家1名の総勢4名。
 前日に無理を承知でチケットのお願いをしており、当日手配してくださったFちゃんには本当にお世話になってしまった。

 チケットは早くにソールドアウト。会場内にはポリシックスのコスプレ衣裳のファンも多数集い、熱気ムンムン。

 登場した瞬間からアクセル全開といった針の振り切ったような演奏が始まる。
 数曲聴いていくうちに、このバンドはテクノというくくりではなく、プログレでありハードロックであることを認識させられた。

 3ピースとなったギター・ドラム・ベースの編成は勝手知ったるおいら。彼らが奏でたアンサンブルの機微はひとつの完成型を思わせ、変拍子にしろ、3人のタイム感にしろ、3者のいずれかの楽器がブレイクの間を埋めるアレンジにしろ、舌を巻くほどの完成度であったことを、生のライヴで改めて認識させられたのだった。

 ツアーファイナルという最大テンションの今日、こうして初めてポリシックスのライヴ体験ができたのもとてもラッキーだと言えた。
 フランス人ゲストの面々も各々楽しんでおり、年間2回ほど来日する彼らが日本のバンドのライヴ体験ができたことをとても貴重な思い出として受け止めてくれたのも嬉しかった。
 Fちゃん想像通りかっこいい。そつない。プロフェッショナル。素晴らしかった。

 終演後、関係者での乾杯タイムの冒頭にお付き合いさせていただき、Fちゃんに心からの感謝をお伝えし会場を後に。

 Iさん、Kさん、Tさんの3人で飛び込んだ魚メインの居酒屋が当たりで、想像したよりもナイスな物件が出てくるので二日酔いのコンディションにもかかわらず、思わず杯が進む。
 巨匠メビウスの話。映画の話。双方の国の出版社事情の話。話がつきない。
 そしていつかの未来、もしフランスへの旅があったなら…と仮定し、「私たちが責任を持って、米澤さんファミリーをすべてを案内しますからね!」という嬉しい会話なども楽しみながら、河岸を変えた先、新宿の夜が更けた。

投稿者 yonezawa : 17:01 | トラックバック(0)

2010年 11月 1日

レスポールのヴォリューム

s_nm12-2222.jpg
 
 Rちゃんの体調がなかなか完治に至らず、今日も幼稚園はお休みで病院へ。
 かかりつけの医者に行かせたところ、その病院では細かい検査ができないとのことで、電車で数分かかる別の病院(の先生も指定)を紹介してもらい、病院を梯子させた。
 寝付いた後の咳込みが数時間おきに見られる故、大事をとっての診察だったが、気管支炎はしっかり再発していた。
 
 昨日のインタビュー原稿を書き上げ、担当編集へと中継し、ふいに双方のタイミングがあったS社Kと飯へ。
 ここでしか聞けないレア情報を確認しながら、音楽談義に花が咲く。
 遠慮無くディランだジェイクだエアロだと話のできる貴重な同世代の仲間。映画「宇宙戦艦ヤマト」挿入曲のエンディングか何かにスティーヴィン・タイラーが、「アルマゲドン」的想像通りの楽曲を書き下ろしているそうだ。

 彼の携帯ストラップに下がっている、レスポールのヴォリュームを鎖で繫いだアクセサリーをジロジロ見つめていたおいら。その気持ちを察してくれたのか、いつの間にかKは「これあげるし!」と、取り外して贈呈してくださった。
 重量感のあるヴォリューム・ストラップを、ゴム製ストラトのストラップに加え、ぶら下げてみた。K、サンキュ!

投稿者 yonezawa : 15:40 | トラックバック(0)

2010年 10月 30日

エリック・ルイス/ブルーノート

51yayoqG8%2C%2CzL._SS400_.jpg

 午後の昼過ぎ13時30分頃には、早々とRちゃんとお風呂。

 Rちゃんのお遊びに付き合いながら、徐々に外出の準備を。
 黒人ピアニスト:エリック・ルイスのライヴへ。ブルーノート東京には久々に訪れた。
 店の近くで強風にあおられ、逆さまに裏返った傘の骨が一箇所折れてしまい胸くそ悪し。
 ブルーノート到着。
 入場し、鍵盤の見える席に案内され18時より開演。ソロとしては初来日だという鳴り物入りピアニストのステージを拝聴。

 かつてエルビン・ジョーンズのジャズバンドでは来日したことがあるそうで、ソロとしては初めての日本だったようだ。曲間の微妙な緊張感がこちらにもヒシヒシと伝わってくる。
 グランド・ピアノを前に、立ったままのスタイルで、まるで格闘技を始める前の型を行うようなニュアンスの精神統一も特徴的。そこからパワフルな楽曲が奏でられる。
 様々なロックバンドの曲をピアノ・インストとして演奏する彼独特のスタイルは、おいらも初めて体験するタイプの音楽だった。
 中でもおいらはレイナード・スキナードのカヴァー「スウィート・ホーム・アラバマ」が好み。
 アンコールを含む一部全内容を演奏し終え、エリック本人と初邂逅を果たす。
 「おいらは、あなたのPV(ニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」)を撮影した映画監督の北村龍平のFUCK'IN友人だよ」と挨拶。控え室でも緊張の糸は続いていたように見受けられたが、笑顔で握手を交わすことに。
 明日の単独インタビューの旨をお伝えし、ハッキリしない雨模様の中、同行のUとフレンチ飯。
http://www.avexnet.or.jp/ericlewis/index.html
http://www.avexnet.or.jp/ericlewis/index.html
http://www.myspace.com/ericlewisjpn

投稿者 yonezawa : 16:26 | トラックバック(0)

2010年 10月 27日

ラウル・ミドンと武道館

51DzkUdlLkL._SS500_.jpg

 11月刊コミックスの入稿に没頭。
 夕方、日本武道館で行われるライヴ・イベントに伴侶とその友人が観戦予定のため、武道館関係者入口でRちゃんを受け取った。残念ながら幼児は入場不可なのであった。
 ライヴの内容は「平井堅がロバータ・フラック、ラウル・ミドンと武道館で夢の共演!」といったもの。
 ラウル・ミドンには過去に一度、単独インタビューを果たしており、2006年12月15日発売号のヤンジャン3号に掲載した。
 彼は盲目だと聞いていたので、彼宛の手紙は点字で用意した。
 初めて会話を交わした際、「大阪でやったパフォーマンスが、もう生涯で一番と言える程のいいパフォーマンスでね。みんなからのエネルギーが、ものすごかったんだよ。」と語った彼の笑顔が今も懐かしい。
 おいらが彼に注目したのは、あのジェフ・ベックから「とてつもない才能の持ち主」と称賛されたことに始まった。聴かずにおられるかと即資料を取り寄せ、音源を拝聴し、即取材を決めたミュージシャンの一人。
 デビュー作にしてニューヨーク・タイムズ紙はラウル・ミドンを“巨匠”と呼び、数多くのミュージシャンからは破格のリスペクトで讃えられた。
 今夜の勇姿は、タイマー録画してるWOWOWで確認しすることにしよう。
 
 Rちゃんの大好きな海老フライと総菜、トマト等を買い出し、仕込んであった唐揚げと味噌汁とふりかけご飯をRちゃんの夕飯に。
 ヨーグルトに混ぜた粉末のお薬を飲んでもらい、お風呂へ。

 どういう訳だか今日の日だけは、どうしても「おったんのへやで、おったんとねるー!」と聞かなかったRちゃんがたまりませんでした。

投稿者 yonezawa : 16:18 | トラックバック(0)

2010年 09月 25日

結婚披露宴

51J2S55GARL._SS500_.jpg

 ここのところいつもより数時間早めの起床のせいか、午前2時頃になると軽い睡魔が。
 今日も土曜日ながら午前起床。
 主治医のアドバイス通り、Rちゃんは今日も午前から病院へ。
 昼食には仕込んであったポテト・コロッケを揚げ、付け足しにサラダと燻製たくあん、梅干し。1人で食事の時は2Lのペットボトルをラッパ飲み。

 夕方、吉祥寺アトレのオープニング企画の一環である催し物イベントへ。

CA3A1325-0001.JPG

 先ちゃんと西原理恵子さんのトークを最前列で観戦。会場は立ち見客が押し寄せ大盛況。
 「いせや」で打ち上げの乾杯におじゃまさせていただき、わずか40分ほど経った19時過ぎには麻布十番へ移動。
 
 YとNの結婚披露宴会場へ到着した。
 2人との出会いから7年ほどは経過しただろうか。以前定期的にやっていたおいらのバンドのライヴには毎回毎回足げに通ってくれた彼ら。
 最高学歴を経て会社起業を営むYも、高級アパレルに勤務するNも若いのに経済力があることが何よりも彼らの立派なところ。

 当日、乾杯の音頭をとメールで頼まれ快諾。何を語ろうかと移動の大江戸線の中であれこれ考え、僭越ながら「離婚しない心がけの一つ」をスピーチしようと決めた。

 会場では、ミュージシャン仲間だったMと確か3年振りに再会。
 会社役員となった彼との、かつて過ごした時間は濃かった。あの頃も実に充実したものだったなぁと懐かしい思い出話に花が咲く。
 Mとは、ロンドンに始まり、カナダのバンフ〜バンクーバー、フランスのカンヌ映画際等々、海外での思い出も山積み。
 新婦Nの一途な想いがようやく叶い、この日を迎えた2人を心より祝福した後、品川駅へ移動し、新幹線の時間までMと語り合った。
 山手線で新宿を経由し、帰途に。THE MODSのライヴ観戦に行くことが叶わず残念。

投稿者 yonezawa : 23:52 | トラックバック(0)

2010年 09月 21日

staff benda bilili

bilili_poster.jpg

 “カンヌ国際映画祭を熱狂させた奇跡のドキュメンタリー!”というコピーで只今絶賛上映中の映画『ベンダ・ビリリ! もう一つのキンシャサの奇跡』は、雑誌「ぴあ」調査による9月10日、11日公開の映画満足度ランキングでトップに輝いたそう。

 路上で生活する、コンゴはキンシャサのストリート・ミュージシャンを追ったドキュメンタリー。
 手作り楽器で誰にも真似できない音楽を演奏する車椅子4人と松葉杖2人を含むバンドが「スタッフ・ベンダ・ビリリ」。

CA3A1314-0001.JPG

 今日はそのバンマス:リッキーと、ドラマー:モンタナ2人の単独インタビューを敢行。
 リッキーの車椅子をモンタナが押しながら、2人はユニセフ内のインタビュールームへとやってきた。

CA3A1315-0001.JPG

 映画に描かれるまま、何の気負いもないバンドマンの2人。楽観的な国民性と伺っていた通り、現場はとてもフレンドリーな空間に包まれた。
 世界ツアーも経験した彼らは、路上生活者であった1年前と比べ、生活も180度変わったそうで、なんと今ではバンドメンバー1人ずつ家を建てたそうだ。
 モンタナは「人生はバラ色だ」と語った。
 
CA3A1316-0001.JPG

 メンバーの中に「サトンゲ」という自家製の楽器を奏でるロジェという少年がおり、実際に会ったら映画の中より随分成長していた。
 ロジェ、雰囲気カッコイイ。ある意味イケメンな兄ちゃん。
 彼らへの興味と共に、空き缶と木の枝だけで作った1弦楽器「サトンゲ」においらは惹かれていた。
 インタビュー後、全メンバーと対面し、野外の駐車場スペースで写真撮影。
 インターバルの際、ロジェからその「サトンゲ」を貸してもらったが、お手製感バリバリのなんとも言えない形状の楽器が不思議で面白い。シールドを通すアダプターもあったので、ライヴ用にピックアップも取り付けているのだろうか。
 例えば拾ったバイクを改造して自ら車椅子までも廃物利用で作成してしまう彼らは、もはや発明家だ。
 この「サトンゲ」、既製品として販売しないのか。ギター・メーカーは。そろそろ。
http://bendabilili.jp/

投稿者 yonezawa : 23:50 | トラックバック(0)

2010年 08月 29日

ジェイク・シマブクロ

CA3A1308-0001001jake1.JPG

 このブログでも何度となく讃えたことだろう。
 渋谷オーチャードホールで行われる、恒例のジェイク・シマブクロ公演は年間を通じて最も楽しみな一日だ。
 いよいよ今年もその季節がやってきた。

 新作では、クイーンのボヘミアンラプソディのカヴァーもやっていたが、ジェイクなら当たり前に優れたアレンジだし、当たり前に優れた演奏だと認識し、特に深く受け止めるニュースでもない気がしていた。

 コンサートはアルバムの曲を中心に構成。問題の『ボヘミアンラプソディ』はコンサート中盤に奏でられた。

 イントロが始まった瞬間、CDのそれとは比較にならない破格の響きだと知覚。

 すごかった。

 とんでもない宇宙規模の音色がホール全体にこだまする。
 クイーンという比較対象のない凄まじきバンドが残した、この世でたった1つの旋律とアンサンブル。その極まる楽曲の機微を、ジェイクはウクレレ1本だけであますところなく再現し、そして独自の彩りを加えた。
 ほとんどの観衆が心で泣いていた。

 CDなどでは到底表現しきれない、2オクターブの4弦だけによる世界観がたまらない。
 世界トップ水準の演奏はここにあった。

CA3A1309-0001jake2.JPG CA3A1310-0001jake3.JPG

 ジェイクの音楽は、ライヴを見なきゃその真髄はわからない。
 ジェイクの身内中の身内Kの意見も言い得て妙だ。「ディラン同様、レコード(CD)はその時の記録でしかないってことでしょう」
 彼も、ジェイクのライヴ感をCDに収めるのは無理かもしれないと知っている。
 
 音楽家としてのあの表現力、演奏スキルに至っては、もうあれ以上のパフォーマンスを想像出来ない。
 つまり音楽家として機微は(もっと前からだが)頂点を極めた印象だ。
 後は、あのトップ・スキルを何十年継続するか、テーマの一つはそこにあるような気がしている。
 まだジェイクのライヴを知らぬ者は、おいらがライナーノーツを担った最新ライヴ盤を購入し、国内ツアー中のいずれかの公演を観るべきだ。

 加えてジェイクは人として最も重要な優しさ、配慮を兼ね備えている。
 今回、婚約の朗報は個人的にもとても嬉しいニュースだった。
 フィアンセに送ったという新譜#1収録の『kelly's song』は確かにアルバム中、最も優しさに満ち溢れている。
 ジェイクの音楽に触れられること、ジェイクと同じ時代を生きることすべてに感謝。

 ツアー・ファイナルとなる宮崎県はおいらの故郷であり、現在母親在中の町だ。
 ジェイクが「口蹄疫の影響を受ける本県に思いを寄せ…」という内容で綴った「全国ツアーで本県応援」という見出し記事の切り抜きを母が写メールで送ってきてくれたのだが、今日のMCではその件が語られた。

 当面、ジェイク&2人のKさんらと、また食卓を囲める日を妄想している。その日が実現したなら、もしかしてジェイクはまた目の前でバッハのレパートリーを生演奏してくれるかもしれない。
 暑い夏の全国ツアー、ジェイク&スタッフの皆様方、どうぞご自愛くださいませ。

投稿者 yonezawa : 04:01 | トラックバック(0)

2010年 08月 28日

珠響〜たまゆら〜

41KZ6uzL._SS500_.jpg

 昼間、ほんの少し二日酔いに近い気怠いコンディションのまま、六本木はサントリーホールを目指した。
 『珠響〜たまゆら〜』観戦へ。この舞台には世界的クラシックギタリスト:村治佳織も出演しており、その経緯でこのライヴ・イベントの存在を知ることとなった。
 今回も彼女に配慮頂き、後輩編集Iと観戦へ。

 和楽器と洋楽器がコラボレートする、異種入り乱れる取り合わせのステージが面白い。
 クラシック・レパートリーに『ティアーズ・イン・ヘヴン』を加え、軽快に奏でる村治佳織の機微は今日も極まる。しかもなんとも美しい。
 終演後、控え室で伺った限り、各公演地で曲のメニューは変えて行ったそうだ。なんという余裕なのだろう。
 家を出る際、「はやくかえってくるの?」とRちゃんにと問われていたので、その約束を反故するわけには絶対にいかず、17時30分には最速帰宅に成功。
 美味しい餃子定食をRちゃんと競ってホクホク食べた。
 夕飯後、Rちゃんに「Rちゃんのきょくもかいて!」と言われ、未だその完成に至っていない己の現状を大いに反省。

投稿者 yonezawa : 03:59 | トラックバック(0)

2010年 08月 21日

HAPPY BIRTHDAY!!!!!

album_cover.jpg

 昼、作り置きしてくれてたコロッケを2コ揚げ、キャベツの千切り&トマト、梅干しを添え、納豆を海苔で巻いて自炊の昼食。美味。

 クーラーをつけずに部屋の掃除に終始。思いついた箇所から順次整理。収納部分に溜まった誇りの量に愕然。収納の中なのに…。手つかずのポイントまだまだ多し。

 浮世離れした沖縄のライヴからもう1ヶ月以上経過。
 彼の日の奮闘していた全メンバー&現地で色々とお世話になったYさんを囲み、沖縄な雰囲気の居酒屋で夕方より「東京打ち上げ」を開催。
 大人であるが故のゆとり、大人であるが故の幼さ、大人であるが故の経済力。
 偉業職の面々=“イイ大人”が集った今夜の宴も想像のまま爆笑の連続だ。

 今夜は、この夜で最も尊敬する我が母親の誕生日。
 プレゼントも何も贈らなかった親不孝なおいらは、宴の最中に「(沖縄に参加してくださった)お母さんは楽しかったのかなぁ? 私達のことに呆れてなかった?」…こんな質問も受けたこともあり、不意におふくろ携帯に直電。
 メンバー各位がおふくろとプチ・トーク。母、唐突に失礼いたしました。
 そして誕生日おめでとうございます!

 泡盛も3本目に突入しながら、どうも「この後スタジオに入る?」的、とんでもない意見が持ち上がった。かと思えば、「ならば!」と皆さん各々のスイッチを入れたのか、当たり前のように徒歩でスタジオへ移動。
 まったく面白い面々。
 スタジオに入れば「何をどう本気で演ってやろうか?」といった面持ちの各位。
 おいらもレンタルのテレキャスターをパキパキにしてブン鳴らしてみる。特殊で愉快な夜が更けた。うん、バンドはやっぱり楽しい。

 ところで明日、渋谷HMVが閉店だそうな。

投稿者 yonezawa : 21:34 | トラックバック(0)

2010年 08月 20日

フェンダー

513x2MRcvkL._SS500_.jpg

 世界的な大手ギターブランド・フェンダーのMちゃんが勇退されたとの知らせを受け、加えて近々東京を離れることを知り、労いの会を急遽設けた。

 Mちゃんとは、ジェフ・ベックだスティーヴィー・サラスだSUM41だ波瑠ちゃん(他)だと、これまで様々な仕事を共にしてきた。
 レコード会社からの要請で、ギター本体もスペシャル・ディールのもと提供くださったし、記事の構築、対応にはとにかく機敏で、彼との仕事はとてもスムーズだったことしか思い出さない。
 ギターの構造は勿論、弾き手の心も敏感に察知出来る機微を持つMちゃんがフェンダーから去ることは、業界にとっても大きな損失だと感じている。
 引き継ぎをされるNちゃんに今後は望みを託しつつ、新天地での彼の健闘を祈りたい。

 彼らを見送り、音楽人Tと待ち合わせた。
 彼はできたてホヤホヤのロリー・ギャラガーのBBCライヴ音源を持ってきてくれた。即、おいらの心は16歳に戻った。

投稿者 yonezawa : 21:34 | トラックバック(0)

2010年 08月 10日

MIX

eiji.jpg

 沖縄のライヴハウスで撮った音源をMIXしてくれたOと、やっとこさ飯にたどり着けた。
 10曲のレパートリーが最善の形で構築された。

 荒削りで練習不足な己のプレイがまず不甲斐ない出来で、差し替え無しの音源とは容赦なく丸出しの実力を突きつけてくる。
 bambiのみなさんは、当たり前だが全員本業の仕事を持つ猛者ばかり。その空き時間にせっせと各位は鍛錬を重ね、そして本番に挑んだ音源。
 結成わずかのバンドにしては善戦の出来だと、己の不出来のみを除いて確信を抱く。
 プロ畑のスーパーMIX音声技師Oは、演奏のばらつきには触れず、素直に楽曲のクオリティにまずまずの表情を見せてくれたことはバンマスに報告しておこう。
 
 吉祥寺に帰還し、先ちゃんとほんの軽く一杯。おいら不在の席で起きたというアホ編集Oのそそうを詫び、諸事情あって返金された1万円を受け取った。

投稿者 yonezawa : 09:30 | トラックバック(0)

2010年 08月 7日

川でバーベキュー

CA3A1300-0001.JPG

 ここのところの生活のリズムからなのか、おいらにすれば午前の早い時間に目覚める日が多い。
 夜中、布団の上を自由に回転するRちゃんが平行にピッタリと寄り添ってきた。
 彼女は改めて寝息をたて始める。こちらも寝付きそうになったと思えば、Rちゃんの裏拳、時間をおいて左足のかかと落とし…という具合に、おいらの顔やら腹部に対してソレらが飛んでくる。
 午前の早起きは、あながちそうした自然災害によるものなのかもしれない。
 
 10時30分に買い出しのため外へ。
 そのまま友人の格闘家I一家らが先乗りしている秩父の山奥へ移動。車でおよそ40分程度で到着の場所だった。
 そちらへおじゃまし、古民家でバーベキューをやるといった趣旨でこの地へやってきた。
 I家の可愛らしいチビちゃん2人はRちゃんとの再会を歓んでくれ、勿論2人のおねえちゃんに会うことを、とても楽しみにしていたRちゃんも大喜び。
 チビちゃん2人はもう1人のお友達と3人ですでに川遊び中。
 なんと水が綺麗なんだろう。そこそこ冷たいけど泳げる程度で丁度よい。

 昼食用に買い込んだ、人数分のおにぎりやらカツサンドやら飲料水、酒、ビールを大量に川っぺりに運び込み、日のある夕方までとにかくダベり遊んだ。

 Iのお弟子さんらプロ格闘家の面々も集合。彼らは正真正銘の有名トップ・ファイターばかり。
 川っぺりで子供達は川遊びに夢中になり、大人達はビールを飲みながら成り行きの会話で盛り上がる。
 
 日が暮れる前にバーベキューの準備をしましょうや。ということになり、数台の囲炉裏を庭へ並べ、飲みの続き。
 宴にはIの愛娘の彼氏も登場し、益々賑やかな場となった。
 酔いが回った頃、古民家の2階にあった民族楽器から、ありとあらゆるバンド演奏可能な機材を拝借し、セッションタイム。ここに来たのはこの楽器を見ることも楽しみの一つだった。

 おいらが時最も間を費やしたのがドラムス。
 近隣の迷惑も考え、菜箸で叩いた軽い感触はいまいちだったが、こんな面子でこんな環境で鳴らす…という機会はそうそうなかろう。
 そしてRちゃんのドラムス・デビュー。ドラム・セットに対して、なんて小さいんだRちゃん。闇雲に感激。

 やがて演奏中にも関わらずやたらと絡み出し、なんでもかんでも「おったんといっしょにいくー!」と聞かなくなったRちゃんの眠気の限界を確認し、明日早朝からの運転もあった故、一人抜けだし、別家屋の3Fをお借りして早めの就寝についた。

 こうした贅沢を得るためには、秩父辺りぐらいまではやってこなきゃいかんのだなぁと、ぬるい風の届く扇風機を見つめながら考えていた。

投稿者 yonezawa : 19:28 | トラックバック(0)

2010年 08月 1日

スティーヴィー・サラス

41t00_AA300_.jpg

 環境が変わり、他人と並んで寝ると極端に寝付きが悪くなるのはおいらの質でもある。
 旅は個室でなければいつも睡眠不足となる。
 
 Rちゃんの、明け方のハッキリした滑舌による寝言で他の就寝中の人たちに迷惑をかけてしまっていたがどうにもならない。ともかく、起きている時と同じテンションで喋るのがすごい。
 眠れないまま早朝8時過ぎに起床し、8時30分過ぎには朝食。
 とても美味い。この宿泊地は昔からスキーシーズンの折、学生らの合宿所として使われるのがメインとのことで、そのせいか女将さんの作る朝飯が美味かった。

 いざ出陣。珍しく午前中の11時30分から始まるスティーヴィー・サラスのステージを観るべく、レッド・マーキーへ。
 リハ中のジャラ・スラップバックは、3年前の来日の折、新宿はシンクロニシティにスティーヴィーらと連れだった同士だ。
 Rちゃんを肩車して、かき氷を食いながら最前列からジャラを呼んだらRちゃんの存在に気づき、笑顔で答えてくれた。ジャラのベースも言うこと無し。今日も素晴らしい。
 
 11時30分、オンタイムで本番スタート。
 今回はすでにアメリカでも何度もパフィーマンスしているバーナード・ファウラーをフロントに迎えた編成。鉄壁のリズムで圧巻のステージングを魅せてくれた。
 ヒートウェイブのカヴァー「グルーヴ・ライン」には、以前おいらも本田泰章らをゲストに迎えた際のライヴでカヴァーした曲だったのでなじみ深いものを感じた。
 ワウとファズの音色が炸裂し、フィードバックとハーモニックスが苗場に響き渡る。
 魅力・技量、完璧。
 
 13時40分頃、ホスピタリティエリアへ向かった。
 一般のリストバンドではホテル裏のエリアにさえ行けない旨に解せんものを感じ、関所の担当を引き連れ、ホスピ・エリアまで向かう。
 数名のレコード会社の知り合いに立て続けに遭遇を果たし、スティーヴィーの担当レコード会社の方も到着。
 雑誌を持って写真を撮るだけの案件でやってきたのだが、丁度スティーヴィーはフジテレビCS放送のためのアコギを使った生演奏中で、その姿を真横から後半だけ観戦出来た。
 演奏が終わり、歓声が沸き、おいらも盛り上がって拍手したところでスティーヴィーとの3年振りの再会を果たす。
 数枚の写真を抑えた後、Rちゃんとスティーヴィー、記念すべき初邂逅。
 スティーヴィーは終始優しい面持ちでRちゃんに問いかける。思い切り緊張気味のRちゃん。しかしなんとか1度だけのコミュニケーションが得られた。
 なんと嬉しい瞬間なんだろう。
 
 明日には帰国するそうなスティーヴィー。
 新作の進行具合を確認し、今日のライヴの感想及び、ギターの音色のよさを伝えたところ、使ったエレキギターのブランドがフジゲンだと聞いて驚いた。
 スティーヴィーはそこの担当者を紹介しようと探してくれたが、残念ながらお会い出来ず。
 
 次回の再会を果たし、会場を後に。宿泊地で荷造りをし、一路東京へ。

 帰りは、関越でもの凄い事故を起こしていたトラックの事故渋滞でどえらい目にあわされ、なんと時間のかかったことか。
 パーキングでオムライスを食べ、帰り着いたのはもはやライトの点灯が必要な夕方だった。
 Rちゃんを風呂に入れ、そのまま倒れるように3人並んで爆睡。午前2時に目が覚めるまで、気持ちよいぐらいの爆睡だった。

投稿者 yonezawa : 02:34 | トラックバック(0)

2010年 07月 31日

最低

410Q8xEu8oL._SS500_.jpg

 6時起床。
 きっと大先生が起床されて3時間弱は経過している頃だろうか。
 眠れなかった。日々の習慣はなめられない。

 7時に家族分のおにぎりをこさえ、卵焼きをこさえ、焼き明太子をこさえ、自分も2個平らげた。なんて美味いんだろう。もう逃れられないふりかけの威力による部分も大きいと感じる。

 大量の荷物を積もうと一人汗だくになり、車に積載。
 運転席の鍵を開けると他のドアが解錠してくれない。…? 嫌な予感がし、ドアを1つずつ確認したとこ、後ろの半ドアでバッテリーがあがっていた…
 JAFに連絡すると、ここから1時間15分の待ちとのこと。
 暗澹たる心境の中、只今出発を待つ最中。
 ならばと改めてシャワーを浴び、かかってくる携帯とにらめっこ中。
 今日、オフィシャル取材がなくてホッとしていた。
 ど最低。

 大泉から関越に。目的地:月夜野インターまでのおよそ1/2は渋滞に近いトロトロ運転に終始し、猛暑の中クーラーの使えない馬鹿環境が拍車をかけて不快指数を募らせた。
 インターチェンジでRちゃん休憩タイムを取り、車内でうちわで風を送ってあげたらRちゃん「あついよー」っと生ぬるい風に抗議。確かにぬる暑い風だ。

 予定よりも大幅に遅れ、やっとこさ新潟は苗場へ到着。
 前日に3通のメールで問い合わせしNG、プラス22件の電話で一軒だけ奇跡的におさえられた宿へ向かった。
 会場まで徒歩圏内の場所にとりあえず宿と駐車場が確保出来たのは幸運だったが、20畳の広間に6名の男性客と一緒になって雑魚寝という条件。しかし贅沢の言えた義理でなかった。
 それなりにゆったりした空間であったし、親切な宿主に促され、先に布団でスペースを確保し、荷ほどきをし、大量の荷物を抱え現地へ。

 残念ながら、一つの目的となっていたジョンバトラー・トリオの演奏は終わっており、クーラ・シェイカーの後半が奏でられる頃、グリーン・ステージに到着。
 いきなり編集部Yと遭遇を果たす。

 クーラ・シェイカー観戦後、ホワイトへ移動し、サードアイ・ブラインドを観戦。
 再びグリーンへ帰還途中、川でRちゃんのお手々を冷やし、ところてん喰って、KIDS LANDで小型メリーゴーランドやらブランコ等で遊ばせる。
 グリーン近くの広場にマットを敷き、しばし休憩。

 ここまで、というか、すでに宿泊地からRちゃんは9割9分歩かないので、およそ14kg超えの彼女を終始抱っこにセメント抱えしながら運ぶ作業が移動の際の条件となっていた。
 会場入りするまでに2tの汗が湧き出たような気分だ。

 ともかく水をぶっかけたような状態で気力と体力勝負のようなコンディションに陥り、段々ライヴ観戦欲が奪われてゆくようだった。それ故、観たかったジェイミー・カラムは寝ころんで音だけを拝聴。
 それでも気持ちを奮い立たせ、目当ての一人であったジョン・フォガティのステージでは、かなり前の真ん中辺りまでRちゃんを抱え、最後まで観戦した。

 ジョン・フォガティのパフォーマンス、流石だ。震えた。
 玄人中の玄人が聴かせるパーフェクトな演奏だった。ジェフ・ベック世代の彼らのギターの巧さは、そんじょそこらのミュージシャンでは到底太刀打ちできない程の完成度を極める。60歳を過ぎなければ出せない音もある。曲ごとにギターを代えるジョンだったが、テレキャスター、そして特にレスポールゴールドトップの音色に芯からしびれた。
 
 グリーンステージの真ん前で、肉眼でも十分にバンド面子の表情が確認出来る位置であり、スクリーンの映像に至っては、かなりの迫力を感じさせる場所だ。
 野外ライヴは何度か体感済みながら、ここまで本格的で音響もベストのライヴを観たRちゃは果たしてどんな気持ちだったのか。
 案の定、後半数曲では寝息をたててしまったが、彼女の心にあのレスポールの音色が届けられたことには間違いない。
 ライヴ終了間際に雨が激しく降り注いで来た。迷わず撤退。一路、会場外の飯屋へ。
 
 何人かの同士らと、その後のライヴ観戦及び夜中の飲みを半分約束していたが、Rちゃん対策で宿に帰還後、取り急ぎ先に風呂に入れねばとおいらが流しに行き、結局Rちゃんと戯れたそのまま一緒に寝てしまっていた。
 体力的にも理想の展開だったと後に認識。

投稿者 yonezawa : 08:13 | トラックバック(0)

2010年 07月 17日

ライヴ本番/沖縄2

CA3A1282-0001.JPG

 早朝の朝飯を頂きに最上階レストランへ。
 すこぶるよい天気。大きな窓から差し込んでくる太陽光線が目映い。
 食事を終え、国際通りを散策。
 那覇オリジナル・ブランドのアロハシャツ屋に飛び込み、しばらく物色したらなかなかよい物件だったので、母、九州の姉:M、伴侶、Rちゃん、そして本日おいらのステージ衣装を確保するべく模様違い、色違いの物件を5枚購入。
 そのまま流れる汗をハンカチで拭きながら界隈を徘徊し、午後2時前にホテル・ロビーでbambiと合流。最終リハのため1時間のスタジオ入り。
 ここでベース:yoyoの音が鳴らない。
 それ以前に、彼女のメインとなるベースがホテルに到着していないというのだ。本番もレンタル・ベースになることはこの時点ですでに確定ではあったが、リハにあわせて借りてきたベースも断線だったのか音が出ず。ガックシ。
 こうしていくつかのトラブル(ホテル到着後、「家と車の鍵を紛失した!」と、この時点では勘違い中の私。結論は、家に置き忘れてきていたが帰宅するまで判らない)を経て、市場で昼食を済ませ、我々バンドメンバーはライヴハウスGROOVEへ向かった。

 場末感の赴き溢れる小屋を位置を確認し、リハ後、家族の夕飯に合流するべく国際通りに戻り、本番20時前に再び家族連れでとんぼ返り。忙しい。

 本番、20時スタート。

 ハイビジョンカメラで狙っている被写体はライヴを観戦するRちゃん。つまりステージ上から客席に向けたカメラをセッティングしているおったん(私)だった。
 bambi全員ロック。紛れも無きロックバンド。
 ノルマの1時間、ビッチリ演奏敢行。良き汗かいた。
 複数の対バン演奏を拝聴し、爆睡もし、すべてのセッションも終わった後、遅い夕飯に移動。
 なんだか当たり前に沖縄公演を終えたbambiであった。安堵&乾杯。

投稿者 yonezawa : 15:09 | トラックバック(0)

2010年 07月 8日

川のささやき

CA3A1275-0001.JPG

 夕べ作家と梯子したバー「やまざき」は老舗でかなり有名な店なのだと言う。バーの草分けだとか。
 ここに来たのは2回目だ。メニューにあった見知らぬカクテルなどを似合わないくせに注文してしまい、案の定失敗。その味はモンダミンだった。

 昨年訪れた際、カウンターにあった楊枝を1本抜き取り、起用に包丁で削り先を尖らせ「はいどうぞ」と食後のおいらに差し出してくださった大将の醸し出す空気が嫌いではなかった。
 同行者の方とここ金寿司へやってきたのも2度目だ。
 昼間からランチ営業をやっておられる同店、1F席はあっと言う間に満席に。
 仕事ぶりも粋な佇まいながら、やってくるお客の数というのがなんだかいなたい空気を感じさせてくれた。

CA3A1278-0001.JPG

 午後の便で帰京。編集部で雑務をこなし、迅速に紀尾井ホールへ飛ぶ。
 エイベックス・クラシックスのコンベンションにどうにか間に合った。
 今日の目的は、もはや世界的ピアニストとして認知される辻井伸行。
http://www.nobupiano1988.com/index.html
 出演した3組の音楽家のうち、トップで数曲披露した辻井。最後に奏でたオリジナル曲「川のささやき」が最も印象に残る。
 Kと新宿へ電車移動。積もるあの話、この話は久々の「だいこんの葉菜」にて。以前この店で共に呑んだSさんとの会以来の訪問だったように記憶する。そのSさんが亡くなられて先月で丁度1年が経った。早いものだ。
 この店、料理、やっぱりナイス。

投稿者 yonezawa : 15:39 | トラックバック(0)

2010年 06月 5日

リハ開始

outrage1.jpg

 夕方よりbambiリハ開始。
 沖縄ライヴ仕様の新曲もレパートリーに加わり、久々に数曲分のオリジナル曲を弾いてみるが、高々3ヶ月そこそのブランクでここまで思い出さないのかと呆れるほど、一発目の音出しでいくつかのフレーズを忘れてしまっているおいら。
 生活パターンはおそらく夏まで変わりようも変えようもないが、少ないリハーサルの時間に集中せねば…と木村カエラのCMを見ながら考えた。

 「今朝までの痛飲のことを考えれば、ここは大事をとって帰宅か…」とリハ前まではほんの少しだけ決意していたところ、いきつけの居酒屋前に到着した瞬間、気持ちは真反対に翻る。
 当たり前のようにホッピーをコンコンとお代わり。
 bambi、リハ後の盛り上がりもライヴ並。
 おふくろもRちゃんもいる、沖縄の妄想が広がる夜更け。

投稿者 yonezawa : 18:07 | トラックバック(0)

2010年 05月 31日

明日からお弁当

%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3.jpg

 明日から幼稚園でお弁当を自力で食べねばならないRちゃん。
 お家でタッパに入れたおにぎり等を食べてもらおうと、練習するのだがあまのじゃくに「たべさせてー」となかなか率先してチャレンジしてくれない。
 ほうれん草は平らげ、トマトは「たべさせてー!」、ハンバーグも半分以降は「たべさせてー!」と甘えるRちゃん。
 「幼稚園にはおったんもママもいないから、自分でちゃんと食べなきゃいけないんだよ!」と念を押すが、果たしてどうなることやら。
 
 コミュニティバスに乗り、隣のおばあちゃんを見つめるRちゃん。
 「可愛いねぇ。いくつ?」の問いに3本の指を出して「3さい!」。よくできました。

 食事前、あまりに暴徒化したRちゃんを落ち着かせるために食べさせてしまった苺チョコレートの不覚を早いとこ取り戻さねば。


 元ゲントウキ:ベーシスト:イトケンとの遭遇は吉祥寺:闇太郎だった。
 夜、仕事を終え外へ。「日を改めて一杯」という約束から、ようやく再会が叶い、夜新宿乾杯。

 聞けば彼はおいらよりも丸一回り若く、そして驚いたことに誕生日が同じだった。ビックリ。
 東京に来て同じ誕生日の男に出会ったのはこれで3人目になった。
 (よい意味で)古い、いなたい、良質の音楽に造詣が深い彼との会話は、まったく世代の差を感じさせない。“よき音”の在り方もよく理解している。
 双方の音源を交換し、イトケンが演奏するお皿をロックバーで拝聴。
 いなたいベースを志す彼の気持ちが負荷もなくこちらに伝わり、好感を抱いた。

 最近の日本のロックを全然聴かないおいらは、彼の口から聞く若いバンド名も若いミュージシャンも極端に知らないことばかり。
 速射砲のように語り尽くして一息ついたらあっとう間に数時間が経過していた。実に早い時間の体感速度だ。
 「じゃあそろそろ炒飯かな」と導いてしまい、新利しりで〆。

投稿者 yonezawa : 19:43 | トラックバック(0)

2010年 05月 29日

禁じられた遊び

51omCVzinRL._SS500_.jpg

 夕方17時までRちゃんと風船遊びなどをしながら、恒例の「鯉に食パン投げ込み」に外へ。
 冷凍した食パン1枚を1cm大にちぎり、ビニールに入れて外へ。「Rちゃん、もつー」とRちゃんが胸元にパンを握りしめ、エレベーターを下りて小川に到着。

 川に投げ込むのと交互に、自分のお口にもちぎったパンを投げ込むRちゃん。「何自分でも食べてんの、Rちゃん(笑)!?」と突っ込むと爆笑のRちゃん。さっき昼食を食べたはずなのに、持ってきた1/4を平らげてしまった。

 紀尾井ホールで18時より開演された「村治佳織チャリティギターリサイタル」観戦のためJR最寄り駅へ。
 編集:Fと待ち合わせのおいらは、最寄り駅の四谷をお茶の水とすっかり勘違いしてしまい、まさかの遅刻。不覚。最悪。

 スペインな深紅の赤が鮮烈で、控え室を訪れた時にもご本人に圧倒された。
 「ジャンゴ」の力強さが今日も圧巻。「アルハンブラの思い出」「禁じられた遊び」が聴けた今日はラッキーだった。

 常に今が最も美しい村治佳織の機微を堪能。
 わずかの時間ながら、お母様、そしてギター講師でもあられる村治昇先生にもご挨拶する機会を得られた。幸運。
 ギターを習わせたいが、全然落ち着きのないRちゃん3歳の事もお伝えしたところ「4歳になったら少しは落ち着きますよ!」と温かいアドバイスを賜り感激。

 車で六本木へ移動。
 編集部:H兄と漫画家:Sさんの披露宴2次会の席へ。六本木ヒルズのゴージャスなフロアを貸し切り、派手で賑やかなパーティが開催。2人方、おめでとうございます。

 終始赤ワインを飲み尽くし宴は終演を迎えた。
 さらに河岸を変え、編集:F、N、スーパー・デザイナー:モトちゃん&Kらとディープな飲みに突入。

投稿者 yonezawa : 12:06 | トラックバック(0)

2010年 05月 24日

失速LIVE2010

51R293G4vOL._SS500_.jpg

 Aimie、bambiご一行様、デビルガールズご一行様、トッポ、マミコロ、エミちゃん、S織、E戸夫妻、対バンのみなさま、サウンドチェックでトラで叩いてくださった某氏、実行委員会の皆様、カメラ殿村&広称、他、失速LIVE2010に参加してくださったすべてのスタッフ、ご来場の皆様の方に感謝!

 第16回を迎えた失速LIVE2010はあいにくの雨模様。
 巻き気味で始まったサウンドチェックにはギリギリで到着し、着いた端から音出し。走ってきたので熱い熱い。
 
 出番までK野、Tらと焼鳥屋へ。
 本番1時間前に今年も恒例の会場となった「目黒ブルースアレイ」へ戻り、満員御礼の集客を確認。少し赤ら顔だったおいらは誰かに指摘される。

 20時30分、本番。
 知らぬ間にドラムスの兼松くんが突然ドラムセット前に居ることに気づく。
 フィードバックから『移民の歌』でライヴ・スタート。
 スタート瞬間の、なんとも表現しがたいライヴ独特のテンションが毎度たまらない。ライヴの最も好きな感覚は、この瞬間にもある。
 回客席には大勢の知り合いの面々。おいらにとっては最も贅沢なライヴと言えた。ここにおふくろがいれば完璧。

 時間いっぱい正味20分のステージを瞬時に駆け抜けた。
 打ち上げの最終的な〆には、久方ぶりの『阿夫利』。

 唯一の心残り、それはこのイベントに絶対来たかったRちゃんが、残念ながら来られなかったこと。風邪と(ぶつけた)お口の怪我で断念したのであった。

●失速LIVE2010
Beat generation

●吉田宏(ヴォーカル)
●甲野勝之(ギター)
●池田哲也(ベース)
●兼松幸市(ドラムス)
●田中英俊(キーボード)
●米澤和幸(ギター)

1)Immigrant Song
2)Communication Breakdown
3)Custard Pie
4)All My Love
5)Misty Mountain Hop〜Beat it〜Misty Mountain Hop

投稿者 yonezawa : 00:33 | トラックバック(0)

2010年 05月 22日

リハーサル

CA3A1215-0001.JPG

 失速リハを行う隣のスタジオではbambiのリハも行っていた。
 明後日の失速ライヴ本番を睨む最終リハーサルは、最後の調整として4時間たっぷり充てることに。
 途中、想像通りの嬉しき乱入を果たしたbambiバンマスの持参してきたフレットレス・ギターが斬新。
 初めて弾いてみたが、なんとも言えない感触の弾き心地で、第一印象は弾いて気持ち悪い感じ。
 しかしスライドさせた際のトーンは、他の代替え品の利かない物件であることを認識。

 ともあれ、ビート・ジェネーション(BG)の最終リハを終えた。
 終わってbambiとBGとの合同飯会と思いきや、なんと偶然bambiバンマスが、スタジオの待合い室で中学時代の同級生と遭遇するという信じられないハプニング(40年以上ぶりの再会だとか)に見舞われ、結果3つのバンドが集いながら飯会の席に。
 当然のように誘い合うこととなり、想像通りの混沌とするザッツ・バンドマン打ち上げの様相となった。
 この席を経て、また化学反応が巻き起こる予感が…

 24日(月)20時過ぎ、目黒ブルースアレイで本番を迎える。

投稿者 yonezawa : 00:33 | トラックバック(0)

2010年 05月 12日

ジョン・メイヤー

51WIUykam2L._SL500_AA300_.jpg

 意地でも見たかった。
 直前まで日程のめどがたたずにいた故、インビテーションはあえてご遠慮させて頂いてたジョン・メイヤーJCBホール公演。
 時間繰りが整い、事前に会社員Kが手配してくれてたチケットで入場。
 JCBも武道館もドームも、仕事場の神保町界隈からは徒歩圏内。
 
 ステージを眺めて右サイド寄りの5列目に着席。ここのことろ観戦する場所が間近でついている。
 暗転〜ジョンのギターの音色が鳴り響いた。
 
 以前見たガーデンホールでのライヴでは音響に不備を感じ、パフォーマンスとは裏腹に最後まで満足しにくいライヴだったと記憶するが、今日の出音は良好。結果、ジョン・メイヤーのベストの音響で拝聴する機会を得た。
 単なるヴォーカリストの域を遙かに超えたギタースキルが、フルシアンテともデレク・トラックスとも違う、レイヴォーン的方向性を感じさせる。
 バークリーでギターを習った先生が日本人だと言うジョンの身体には、日本テイストのDNAも流れていると感じており、全身のタトゥーを見ると驚かされる。
 「巧い」という言葉が口を突く。
 想定していた楽曲はあまりやってくれなかったが、ベスト・パフォーマンスのジョンを体感出来た一時の休息時に感激。
 神保町に心地よき店、発見。武蔵小山の夜が更けた。

投稿者 yonezawa : 23:34 | トラックバック(0)

2010年 04月 28日

ロケンローラー

61SVUiHb6GL._SS500_.jpg

 前々から楽しみにしていた飯会。
 ロケンローラー:K渕兄、ジェフ・ベックの通訳でもご一緒させていただいたMMちゃんとの3人会。
 たった1軒限定の飯会なので、ご飯の美味しい銀座:Gを予約し、おいらは赤ワインを注文。料理は店長:Nさんに、こちらのコンディションをお伝えし毎回委ねる。ここではそれが一番正解。

 今日の3人の共通点は圧倒的で強力だ。そこだけは音楽通の者にはどうしても自慢するしかないのだった。
 2007年のロンドンはO2アリーナで、アーメット・アーティガン追悼コンサートの会場に居あわせたのがこの3人であり、数少ないレッド・ツェッペリン再結成ライヴの超貴重な証人となったのが我々でもあった。

※現地でおいらが数えた日本人は(他にも居たのだろうが)20名程度だったと記憶する。
※ペアチケットを1900万円でオークション購入したイギリス人がいた。
※エリカ様&高城両氏も、おいらの席から左に10個ほど離れた並びの席から観戦されておられた。
※帰国後、コンサートの半券がインターネットのオークションで3万円に跳ね上がっていた。

 語り合う話が全部ロック。
 「こんな(おいらみたいな)ヤツって学年に2,3人ぐらいしかいなかったよ」と言えばMちゃんが「私も(こんなロックだけの体質のコは)学校で自分1人だけだったかも」っと共通項を語り出す。
 年齢差をまったく感じさせないK渕兄はジェフ・ベックよりも2,3個年上で、ボブ・ディランよりも1歳年下。スラッシュと同じ歳のおいらも、つまり年齢などまったく関係ない。
 20数年後に自分の未来があるならば、まずはK渕さんが目標だと今日も心で思う。K渕さんもMMちゃんもロックでチャーミング。

 時間の許す限り語り合いながら、終電までMちゃんとバーで乾杯し、おいらは一旦帰社。
 雑務を終え、吉祥寺で待ち合わせたSちゃんを訪ねたら、いつもの吉祥寺面子と遭遇。居酒屋:闇太郎にて、横一で毎度の飲みに突入。

 今日知り合った、先ちゃんの飲みだちミュージシャンとも親睦を深めることとなり、今年3月に武道館コンサートも成功させた、ポリシックス:フミちゃんとも乾杯出来た今夜は貴重な夜更けとなった。

 やがて時計は午前7時を指してた。めーいっぱいロケンロールな1日。
 みなさん体力さすが。先ちゃんも毎度毎度、さすがです。

投稿者 yonezawa : 01:21 | トラックバック(0)

2010年 04月 15日

Gっさん

pic01-1.jpg

 寒い日と暑い日が交互に訪れる感じ。
 Tシャツ1枚で過ごせる日から一転し、革ジャンの必要な日に変わる。
 小雨模様の中、外出に同行するRちゃんを見送り外へ。
 
 着ていく服の厚さを間違えた。バス停に向かった頃、かなりの冷え込みを自覚し、途中でジャケットを買おうかと迷った。
 
 昨年の親睦会から数ヶ月。S社の名物ディレクターにして、実力派シンガーHKのブレーンでもあるGっさんと久々の再会を果たす。
 席に落ち着き、飲み物を注文した際、個室のドアの隙間から知り合いの顔が見えた。
 漫画家:若林健次と偶然遭遇。
 
 現在邦楽セクションに身を置くGっさんは、以前洋楽セクションに在籍中、おいらと共にニューヨークへ飛び、AC/DC「アンガス・ヤング」取材時の担当者でもあった。
 AC/DCの公演は、個人的に海外まで追っかけ、先だって行われたさいたまスーパーアリーナでの公演の際には、アンガスのコスプレでエントランスに現れた。
 ニューヨークでの取材時、この日と同じ格好でアンガスと2ショットを撮ったことはいわずもがなだ。
 彼の醸し出す独特のノリが妙にツボにはまる。マシンガントークで音楽談義に花が咲く。

 やがて遅れること1時間少々、同社S&Yも合流。
 この席に、たまたま流れで出た(タレントで、警世家で、ベナン大統領特別顧問で、俳優:ビートたけしの付き人でもある)ゾマホンを呼ぼうという話になり連絡。着信を入れたらば、丁度別件で同じ新宿にいるという返事が返ってきたが、残念ながら合流にはならず。ゾマホンにもそろそろ会いたいものだ。

 三丁目のバー『S』に河岸を変え、トミー・エマニュエルの旋律に耳を傾ける。
 「ジョー・サトリアーニのギターよりも、先日聴いたノラ・ジョーンズのギターの方が、数倍の魅力を放っていた」というおいらの話に「そういうことなんですよね!」と頷いてくれたGっさんが、やがて船をこぎ出した。
 超プレミア・チケットを都合してくれたGっさん、嫁も喜びます。大感謝!

投稿者 yonezawa : 11:40 | トラックバック(0)

2010年 04月 13日

ジェフ東京公演3日目

41JGLiwVhtL._SS400_.jpg

 ツアーの最終公演となるジェフの国際フォーラム公演観戦。
 今日も鳥肌が立ち、ため息がこぼれる。

 終演後、ジェフ以外のメンバーとは昨日と同じ部屋で待機。すると、あの『Who Else!』で超絶ギターを披露した、あのジェニファー・バトンの姿が。
 彼女もとても気さくで、それだけでもミュージシャンとしての大いなる懐を窺い知る。

 やがて昨日のナラダ、そしてプリンス、シーラ・E他からも絶大な支持を仰ぐ女性ベーシスト:ロンダ・スミスとも親睦を深める機会を得た。みなさん、とてもフレンドリー。なんと嬉しい瞬間であろうか。ロンダはとてもチャーミングな女性だ。
 最後の最後、ジェフの待機場所へと通され無事再会を果たす。サングラスをかけたジェフの勇姿、気が早いが次回の再会は来年に実現するのか。

投稿者 yonezawa : 18:05 | トラックバック(0)

2010年 04月 12日

ジェフ東京公演2日目

51IdVbaobxL._SL500_AA300_.jpg

 ジェフ東京公演2日目。国際フォーラムA。
 名古屋公演だけで演奏されたという『フリーウェイ・ジャム』は、セットリストに記されながらも、今夜も奏でられることはなかった。
 ジェフの機微は何度見ても何度聴いても飽きが来ない。究極の演奏をステージ中央近くの4列目で拝聴した。
 ギターのアドリヴは、簡単に言えばその場の閃きであり、即興演奏のひとつだとも言える。
 その即席で奏でるメロディには演奏者のセンスがすべて剥き出しとなり、それまでにどれほどの引き出しなり、アイディアなりを有しているのかがミュージシャンのセンスの鍵となる。
 とにかく舌を巻く圧巻の演奏が今日も繰り広げられるのだった。

 終演後、控え室へと向かい、待機部屋で赤ワインを飲んでいたらドラムスのナラダ・マイケル・ウォルデンが登場。超ファンキー。そしてなんとフレンドリーな男なのだ。
 部屋にいる関係者すべてと握手を交わし語り合う機会を提供し、自ら記念撮影を催促するほど温かいナイス・ガイだった。ドラムスに偽りがないはずだ。
 やがて関係者に「メンバーはすでに全員帰りました」と聞き、残念ながらこの日はジェフには会えず仕舞いで引き上げた。

投稿者 yonezawa : 15:20 | トラックバック(0)

2010年 04月 11日

通園お見送りに備え

517t1bzaXIL._SS500_.jpg

 bambi in 沖縄ライヴのミーティングという名目でのリハを兼ね、昼間っからbambiメンバー集結。
 スタジオに行けば、またしても新曲のコード譜が用意されている。こんな創作意欲の途切れないバンドはおいらも初めて。
 端的なリハの後、昼間っから居酒屋でアルコール。今日の酒は少し及び腰でありながら、宴が始まったらどうでもよくなり、気持ちの赴くまま流し込む。
 帰宅した夕方以降、案の定記憶は曖昧となる。蘇るのは楽しい酒席のイメージだけ。
 明日のRちゃん通園お見送りに備え、午前1時30分には就寝。

投稿者 yonezawa : 19:12 | トラックバック(0)

2010年 04月 9日

入園式に備え

51jOe0OFXvL._SS400_.jpg

 失速ライヴ用のリハ、やっと2回目。
 先週初めて面子を引き合わせ、今日でトータル5時間あわせたが、ギター1名が仕事で欠席。
 アレンジも何も確定されておらず、個人的にもリフレインのコードもところどころ覚えていない。
 今回のイベントで急遽、主催者側から提案されたアイディアも消化することとなり、これからの仕込みでどうノリがまとまるのか、今日の時点ではまだまだ完成品のイメージが湧かない。
 冴え渡る吉田兄のシャウトは、今日の時点で1人すでに良好。

 明日のRちゃん入園式に備え、電車帰宅。

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2010年 03月 30日

RED JACKET ROCK PARTY

%E5%85%AB%E6%97%A5%E7%9B%AE%E3%81%AE%E8%9D%89.jpg

 『MR.T RED JACKET ROCK PARTY』の会場:原宿クロコダイルへギリで駆けつけた。MR.Tさんの還暦祝いとなるプライベート・ライヴは、半分身内のプライベート色濃きノリで行われた。
 MR.Tさんからのお誘いメールには「限られた人にしか連絡していないので他言無用でお願いします。」とのことだったが、同じくご招待されておられたBambiバンマス大先生、はるちゃんらとも現地合流。
 ステージ目前のがぶりつき位置、カウンター席にて観戦。

 「ストレイタス」を奏でた森園さんのギターで、ロニー・スコッツクラブでのタルとジェフを思い出し、ついでにトミー・ボーリンを思い出した。
 原曲がジェフでないことを世間はあまり知らないんだろうなぁ。
 2番手にはチャー登場。「涙の乗車券」のアレンジが光る。

 入れ代わり立ち代わりの豪華ゲスト陣のカヴァーを堪能し尽くし、渋谷で軽く食事を済ませ原稿取りへ。

 <出演>
鮎川誠(g、vo/シーナ&ロケッツ)、マーティ・フリードマン(g)、西山毅(g/元ハウンド・ドッグ)、岡井大二(d/四人囃子)、MASAKI(b/CANTA、元ジャクソン・ジョーカーズ)、王様(v&g)、シーナ(vo/シーナ&ロケッツ)、高橋重夫(g)チャー(g、vo)、古田たかし(d/奥田民生バンド、元カルメン・マキ&OZ)、沢田浩史(b/チャー・バンド、オーケスタ・デラ・ルス) 森園勝敏(g、vo/四人囃子)

投稿者 yonezawa : 02:23 | トラックバック(0)

2010年 03月 23日

All Along The Watchtower

%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF.jpg

 只今来日中のハリウッド・スター:ジョニー・デップの出演作で好きな作品はいくつかあるが、『フェイク』のポイントは相当高い。

 彼主演の映画で監督取材を初めて担ったのは1998年製作のアメリカ映画『ラスベガスをやっつけろ』(Fear and Loathing in Las Vegas)だった。原作はハンター・S・トンプソンの同名小説。
 ロンドンで初めて会ったテリー・ギリアム監督も最高だったが、劇中のジョニー・デップも、共演のベニチオ・デル・トロも最高だった。
 ジョニー・デップは禿頭にしているし、デル・トロは、全編を通してスクリーンに登場するのだが、役のために体重を20キロ増やしたせいで最初は、最後まで彼がどこに出ているのか判らなかった。
 海賊:ジャック・スパロウを演じたジョニーは、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』でローリング・ストーンズのキース・リチャーズを念頭に役作りをしたと公言しているが、現在、キース・リチャーズのドキュメンタリー映画で自らメガホンをとることになった模様。

 夕方、青海「お台場 VenusFort」の待ち合わせ場所を目指し、料金の高いゆりかもめに豊洲より乗車。
 乗った車両に見慣れた後ろ姿の男性が。
 近づくと、その男性がこれから待ち合わせる予定だったKさんであることに気づき、思わぬ遭遇を喜んだ。
 VenusFortの焼き肉屋で軽く夕飯を済ませ、 ZEPP TOKYO:ボブ・ディラン公演へ。

 それにしても、CHARLIE SEXTONとは感慨深い…
 おいらはボブ・ディランのことは何も知らなかったと認識させられた夜だった。

 以下、SONYスタッフより届いたライヴ・リポート↓を転載します。

★ディラン東京2日目、通算9回目となる3/23は「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ、ベイビー・ブルー」(1965年『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』収録)が初登場!ただし東京初日と比べるとなんと9曲も変更!!今日は60'sの曲が多かった(17曲中8曲が60年代の曲)!都市が変わることによってセットリストをリセットして変更していくということなのかもしれません。

それにしてもびっくりなのは、おとといの東京初日から既になんと曲のアレンジが変化してしまったこと。あの「ライク・ア・ローリング・ストーン」では21日の初日で、既に
びっくりしてしまったのに(途中から全く別の曲かと思うほど、スタッカートでディランが歌うPOPなアレンジ)本日また変化…!ディランのキーボードのリフ(ドシラソファミレド、ドレミファソラシドみたいな!?)をフィーチャーしたようなヴァージョンで、おとといの
ヴァージョンはいったいなんだったの??と思えるほど。いきなり今日変えたみたいです。ん〜びっくり、凄い!というかバンドは大変・・・!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ボブ・ディラン:3月23日東京2日目、日本公演9日目セットリスト!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月23日 Zepp 東京

会場で開演前に流されているBGMが、東京初日の21日から音楽ではなく本の朗読に変わった。正確かどうか定かでないが、情報によるとジャック・ケルアックの『路上』だという。今夜もおなじ朗読テープが流れていた。さらに、アーロン・コープランドの『ホーダウン』に変わることなく、突然、19時10分に場内の明かりが落とされ、ステージにミュージシャン
たちが姿を現し、紹介アナウンスがはじまった。

ボブは黒の上下。しかも上着丈の長いロング・ブラック・コートだ。パンツのサイドに赤のストライプ。黒のスペイン帽子。赤いシャツを着ている。バンドは黒の上下。

1. Cats In The Well/キャッツ・イン・ザ・ウェル)
 (1990『アンダー・ザ・レッド・スカイ』)

ボブ:キーボード。ドニー:ヴァイオリン。
16日大阪に続いて2度目の登場。ボブがめずらしく歌の途中で、キーボード脇に設置されていたマイクスタンドの位置をずらし、足下のスペースを広くした。踊りやすくするためだろう。1曲目からから熱のこもったキーボード演奏を披露。

2. It's All Over Now, Baby Blue
(1965『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』)

ボブ:ステージ中央、ハーモニカ。ドニー:ペダルスティール。スチュ:アコースティックギター。2010年初登場曲。フレーズの最後を高音で終えるアップシングも少し聞かせたが、全体的にはオリジナルヴァージョンをそれほど崩さずに歌った。エンディングはハーモニカ演奏でしめる。

3. Summer Days/サマー・デイズ
(2001『ラヴ・アンド・セフト』)

ボブ:キーボード。トニー:ウッドベース。ドニー:ペダルスティール。16日大阪、21日東京につづいて3度目の登場。トニーもかなり大きな動きを見せるほどのジャムを展開。

4. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)/アイ・ドント・ビ
リーヴ・ユウ)(1964『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン』)

ボブ:キーボード→ステージ中央、ハーモニカ。
ドニー:ラップトップ。スチュ:リード11日大阪、16日大阪、18日名古屋に続き4度目の登場。1番はキーボードで、2番以降はステージ中央で歌った。

5. Forgetful Heart/フォゲットフル・ハート
 (2009『トゥゲザー・スルー・ライフ』)

ボブ:ステージ中央、ハーモニカ。スチュ:アコースティックギター。ドニー:ヴァイオリン。トニー:ウッドベース(弓)。ジョージ:ボンゴ。16日大阪に続いて2度目の登場。薄暗いステージに、頭の中を歩き回る影が映し出されたようなシルエットが投影され、物悲しさが漂う。ハーモニカの響きがもの悲しさを倍加させる、感動の1曲。

6. Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again/メンフィス・ブルー
ス・アゲイン(1966『ブロンド・オン・ブロンド』)

ボブ:キーボード&ハーモニカ。スチュ:アコースティックギター。ドニー:ペダルスティール。13日大阪、15日大阪に続いて3度目の登場。大阪で聞かせたような、1小節、あるいは1単語ごとにヴォーカルとハーモニカを交互にくりかえす驚きの奏法は聞けなかったが、エンディングに向かうハーモニカ演奏はみごと。鍵盤(竹林)模様の照明が使われる。

7. John Brown/ジョン・ブラウン
(1995『MTVアンプラグド』)

ボブ:ステージ中央、ハーモニカ。スチュ:アコースティックギター。ドニー:バンジョー。トニー:ウッドベース(弓)。ジョージ :ブラシ。16日大阪に続いて2度目の登場。ボブのストーリーテラーのパワーに圧倒される。

8. Under The Red Sky/アンダー・ザ・レッド・スカイ
 (1990『アンダー・ザ・レッド・スカイ』)

ボブ:ギター。ドニー:ペダルスティール。16日大阪に続いて2度目の登場。大阪ではキーボードで歌ったが、今夜はギターで歌った。ボブはストラトキャスターでリードギターを演奏、途中チャーリーとのツインリードも披露。まさにギター弾きまくりだった。

9. Honest With Me/オネスト・ウィズ・ミー
 (2001『ラヴ・アンド・セフト』)

ボブ:キーボード。ドニー:ラップトップ。12日大阪、16日大阪、19日名古屋に続いて4度目の登場。かなり崩したヴォーカルをまじえながら、階段を降りるようなリフを繰り返すジャムを展開。

10. Masters Of Warr/戦争の親玉
 (1963『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』)

ボブ:キーボード。ドニー:ラップトップ。 スチュ:アコースティックギター。トニー:ウッドベース(弓)。16日大阪に続いて2度目の登場。ボブの説得力あふれるヴォーカルによって、50年近く経ってもメッセージはまったく色褪せない。

11. Highway 61 Revisited/追憶のハイウェイ61
 (1965『追憶のハイウェイ61』)

ボブ:キーボード。ドニー:ラップトップ。11曲目は「追憶のハイウェイ61」に固定されたようだ。チャーリーがときおりボトルネック奏法をはさむ。ボブのオルガンがミュージシャ
ンをあおるように鳴り響き、自由奔放なジャムがくりひろげられる。

12. Shelter From The Storm/嵐からの隠れ場所
   (1975『血の轍』)

ボブ:キーボード&ハーモニカ。トニー:ウッドベース。ドニー:ペダルスティール。スチュ:アコースティックギター。13日大阪、18日名古屋、21日東京に続いて4度目の登場。雪模様の照明、エンディングはハーモニカでしめる。

13. Thunder On The Mountain/サンダー・オン・ザ・マウンテン
 (2005『モダン・タイムズ』)

ボブ:キーボード。ドニー:ラップトップ。 スチュ:アコースティックギター。明るい照明に照らされ、今夜もノリ乗りのジャムが繰り広げられる。ここからアンコールの最後まで不動の5曲が演奏される。

14. Ballad Of A Thin Man/やせっぽちのバラッド
 (1965『追憶のハイウェイ61』)

ボブ:ステージ中央、ハーモニカ。ドニー:ラップトップ。ボブはブリッジ部分でハーモニカを演奏しながら数歩だけだったが、ファンサービスのつもりなのか、左右に歩いた。後半はハンドマイクで歌う。黒幕にシルエットが映し出され、ボブは腰を深くかがめて得意ポーズを何度も決める。

メインセットが終わり、10分後にアンコールセットがはじまる。バックに大きなアイロゴの幕が飾られる。

15. Like A Rolling Stone/ライク・ア・ローリング・ストーン
 (1965『追憶のハイウェイ61』)

ボブ:キーボード。ドニー:ペダルスティール。コーラス部分で、客席にスポットライトが当てられる。今夜のキーボードはすごい。アップシングもすこし聞かせた。

16. Jolene/ジョリーン
 (2009『トゥゲザー・スルー・ライフ』)

ボブ:キーボード&ハーモニカ。トニー:ウッドベース。ドニー:ラップトップ。リードキーボードといわんばかりに、ボブがみんなを引っ張る。いままでよりも、ヴォーカルを崩して歌った。

(メンバー紹介)
この夜、歌以外でボブが声を発したのは、このときだけ。

17. All Along The Watchtower/見張塔からずっと
  (1967『ジョン・ウェズリー・ハーディング』)

ボブ:キーボード。スチュ:リードギター。ドニー:ラップトップ。ボブが5人のミュージシャンをぐいぐいと引っぱり、エネルギーのほとばしる自由な絡み合いがステージで展開。

2010年新登場は1曲だったが、東京初日とくらべると9曲が入れ替わったセットリストとなった。

(Reported by 菅野ヘッケル)

メンバー:
BOB DYLAN,
TONY GARNIER (bass),
DON HERRON (steel guitar / mandolin / violin / trumpet),
STUART KIMBALL (guitar),
GEORGE RECILE (drums / percussion),
CHARLIE SEXTON (guitar)

投稿者 yonezawa : 00:18 | トラックバック(0)

2010年 03月 21日

高校時代

 Bambi鉄壁のリズム・セクション:チャーリー&ヨーヨーの出演するライヴ情報を得、代々木の某ライヴ・ハウスで行われた帝京大学軽音楽部OB-LIVEへ向かった。
 高校時代を思い出すパラシュート、そしてプリズム等のカヴァーが奏でられ、自身が高校時代の景色を思い出していた。

 実に忠実に高中正義を弾きこなすH先輩。マイケル・シェンカー/イン・トゥ・ジ・アリーナを寸分違わずコピーしきったK。同級生のTはクラプトンを極める高校生だった。
 先のH先輩の消息は知るところではないが、Kがギターを止めたのは大変勿体ないと感じたものだった。Tは今も地元でギタリストであるハズだが、ギターを本業として成功に至らなかったのは今でも残念でならない。
 当時高中正義は周りの環境もあり、おいらも1曲だけ弾いたことがある。確か「FINGER DANCIN’」。今のおいらのギタースタイルとは対局とも言える懐かしきカヴァーの1曲。

4988005420527_1L.jpg

 ライヴはヨーヨーのスラップらしきプレイも初めて体感。バンド中、最もプロっぽい仕切りでキメを極めたチャーリーのスティックさばき。7月沖縄ライヴも益々楽しみ。
 みなさまお疲れさまでした。

投稿者 yonezawa : 02:22 | トラックバック(0)

2010年 03月 18日

音楽家

61GL2kwO0gL._SS500_.jpg

 広尾から西麻布へ徒歩移動。
 家族ぐるみでお会いする機会(コンサートの控え室や取材の場)が多かったのだが、およそ2年ぐらい前から延び延びとなっていた、音楽家:Mさんとの念願の会食がついに実現することとなった。

 丁度、海外と日本とを半分ずつ行き来し、ワールド・ワイドに音楽活動を展開される彼女のスタイルは一つの憧れでもあり、常々その偉功を讃えているおいらだ。完全に脱帽。
 常に自然体で気負いがないまま世界中を飛び回り、各国の人々の前で一年を通して演奏する日々。あまりのナチュラル(無防備)さに、懐の深さなりゆとりを感じ、日々最前線で活躍される機微を余計に感じていた。

 一昨日は北海道、明後日は関西でのコンサートを控えておられるそうなので、本当に合間の時間を調整してくださったMさん、感激でした!

 彼女はたけしさんの番組にも何度か出演されておられ、そこから派生した無軌道な話が、音楽話以外の会話へと脱線し、とても興味深い。
 頭脳明晰で音楽的才能に溢れ、その上、容姿端麗。彼女は芋焼酎も数杯おかわりしてくれた。

 コンサート会場では控え室を訪れる度に、いつもRちゃんに配慮されたメッセージを頂き、人間的にあまりに素晴らしすぎる才女。夢のような数時間は、あっと言う間に過ぎ去った。

投稿者 yonezawa : 18:07 | トラックバック(0)

2010年 03月 16日

CAVATINA

615PYL4pDaL._SS500_.jpg

 昨深夜の炒飯&餃子のせいで、午前中胃もたれ。

 村治佳織『CAVATINA』を拝聴。タイトルチューン「カヴァティーナ」は映画『ディアハンター』の主題曲になった美しい佳作。誰しもその旋律を聴けば、「どこかで聴いたことがある…」と感じるのではなかろうか。
 
 クラシックギターの名曲「サンバースト」は、生きているうちに弾けるようになるものか。つくづくA.ヨークはクラシック・ギターの申し子のような作曲家だと感じ入る。
 映画『バグダッドカフェ』を思い出した。「コーリング・ユー」が切なく沁みる。
 
 アコースティック拝聴頻度の増すこの頃。

投稿者 yonezawa : 17:36 | トラックバック(0)

2010年 03月 3日

The John Butler Trio

 「ひな人形は出しましたか?」というおふくろからのメールで思い出した。
 「とっとと出さねば」と焦った。
 義理母からのギフトとして贈られてきたこの人形を飾るのも、もう3回目だが、Rちゃんの記憶は今年からとなるのだろう。
 
 ちょっと少量だった朝食以来、飯を喰ってなかったからか妙に腹が鳴り、18時30分頃の東横線内でおにぎり2個を頬張りながら代官山のライヴハウス:UNITへ。
 本国オーストラリアでも絶大な人気を誇る、ジョン・バトラー・トリオのライヴへ向かった。
 
 以前、ジョン・バトラーの日本における契約レコード会社はワーナーだったが、今回のニューアルバムよりレーベルを移籍。同時にドラムス、ベースのメンバー・チェンジも行っている。
 この件に関しては、以前のJBTのバンド・メンバーであるドラムス:マイケル、ベース:シャノンらにメールでいきさつを伺っていた。
 マイケルにしろシャノンにしろ、「今度は他のミュージシャンともやってみたい、というジョンの意志を尊重し、残念ではあったが了承した」と記されたメッセージが届いた。

 新しいバンド・メンバーもお茶目な輩で、なかなか好感のもてるプレイヤーであったが、冷静に旧JBTと新JBTでは、リズムの繊細さに関しては明らかに前者の方がきめ細かい印象を受けた。
 今日の段階では、正直マイケルにとシャノンに戻ってきてほしいという気持ちが心を支配しているが、新JBTの面々がセッションを繰り返し、新たにわき起こる化学反応を得るその様も、また心待ちにすることにしよう。

nggshow.php.jpeg

 ジョンの技量は言わずもがな。変わらなく突き抜けて素晴らしい。比べる者など誰もいない。
 定番『オーシャン』のエンディングではまたしても目頭にきた。
 演奏だけの11弦サウンドはどうにも涙腺を直撃してくる。ジョンに神が降臨する瞬間を、おいらはもう4度生で見ていることになる。

 今回どういうわけだか、スタンディングのステージ最前列中央に陣取り、終始ライヴ観戦を果たしたのだが、最後のアンコールを終え、両手を掲げてオーディエンスに挨拶をするジョンが、グーのサインでこちらのグーサインに答えてくれるアイコンタクトの配慮が嬉しかった。
 この日の焼酎が格別だったことは言わずもがなだ。

 彼らは3月24日に日本先行で待望の新作『April Uprising』を発表する。

投稿者 yonezawa : 03:47 | トラックバック(0)

2010年 02月 27日

64年のストラト

100203_1714~00001.jpg

 これまでの、すべてのbambiリハーサルを通して、個人的に最も手応えを感じた今日。
 長く封印していた64年のストラトを久方ぶりに表舞台に登場させようと、それなりの音量で鳴らしてみたところ、なつかしいファズ・サウンドが気分を高揚させてくれた。
 とても気持ちのよいリハーサルだった。バンドのテンションに感謝。

 メンバーには申し訳なかったが、本日のリハは早めに上がらせていただき、そのまま車で六本木へ。
 思いの外空いていた都心までの道中がそれなりにスムーズで、狙った駐車場もバッチリ確保出来、気分がよい。

 以前からHさんにお誘い頂いていたライヴ・ハウスへ到着。
 Hさんは、本業であられる作品の執筆だけに限らず、いつでも日本中を飛び回り、様々な分野でアグレッシヴに活動を繰り広げる素敵な才女だ。

 中へ入ると、すでに演奏は始まっていた。
 おいらが勝手に想像した音楽とは幾分傾向が違ったものの、フォーク調の可愛らしいメロウな曲を堪能した。アコギのギタリストも上手。第二部までの観客入れ替えのインターバルにおいとまし、表参道のカレーうどんで〆。

投稿者 yonezawa : 23:41 | トラックバック(0)

2010年 02月 13日

ゆらぎ

51cxW3DUybL._SS500_.jpg

 bambiリハーサル後も、大事をとって即帰宅。
 元気なRちゃん、しかし鼻づまり。

 45歳の頃の父親の姿を思い出す。当時おいらは12歳。
 あの頃父は、仕事で何を思い、何を目指し、どんな瞳で家族を見つめていたのか。
 今となっては知るよしもないあの頃の親父を想像してみる。
 十二指腸潰瘍になったのは今で言うストレスだったのだろうか。
 不意に意味不明の吐血をしたのは、それよりももっと後だったか。
 45歳の親父。家長と呼ぶに相応しい迫力と魅力と優しさがたくさんあった。

 アルバム発売前、来日前に思い切り来日の予習の出来る、Jeff Beckのゆらぎに心で泣こう。
http://www.youtube.com/watch?v=nwNx-SG_vr8

投稿者 yonezawa : 01:21 | トラックバック(0)

2010年 01月 25日

Dave Mason

41VVPD1ADQL._SS500_.jpg

 先週の金曜日、新宿で食事中レコード会社SのKさんより電話がかかってきた。
 Kさんは大概用件はメールではなく電話だ。
 「…ってことでメールに詳細を書いて送りますんで宜しくお願いします!」
 受けた電話の正式な返答は今日の約束だった。

 届いたサンプルCDを聴きながら、16歳の頃を思い出していた。
 テレビでジョン・レノンが射殺されたニュースは、午後テレビを見ていた親父より知らされた。
 ポール・マッカートニーがテクノのような曲「カミング・アップ」を書いて、そのトーンに驚いたこと。ブロンディが最も売れた年だったこと。ピンク・フロイドの「WALL」に強大な衝撃と威力を感じたこと。
 同級生と授業をさぼり、我が家でLPを聴いてたら、突然その同級生の母親がやってきて「米澤くん、居ますかー? うちのKはいませんか? 上がりますよー!」っと家に上がり込んで来られ、「この馬鹿が!」と注意しながらその同級生の耳を引っ張って連れ帰ったこと。その話を聞いたおいらの母親は含み笑いをしながら「お父さんに言おうかねぇ…?」と、おいらを軽くゆすってきたこと。その時の母親の寛大さにしびれたこと。
 …思い出せばキリがない。
 つまり1980年という年代はおいらの世代にとってはかなり重要な意味を成す年だと言えた。
 
 その年リリースされた、ウエストコーストの香り漂うレイドバックしたデイヴ・メイソンの『明日へのチャンピオン』(Old Crest On A New Wave)を今、改めて聴き直しているところだ。 
 ベスト盤も含めて以下の8タイトルがが4月14日に同時発売になる模様。

It's Like You Never Left
Dave Mason
Split Coconut
Certified Live
Let It Flow
Mariposa de Oro
Old Crest on a New Wave
The Best of Dave Mason 

投稿者 yonezawa : 11:05 | トラックバック(0)

2010年 01月 20日

Norah Jones

nora.jpg

 虎ノ門で映画『マイレージ・マイライフ』試写を経由し、赤坂へ移動。
 赤坂BLITZで行われたノラ・ジョーンズ1ナイト・ライヴの観戦。
 冒頭からムスタングを抱えて登場したノラの姿に驚いた。蓋を開ければライヴの半分以上のトラックでギターを披露したノラ。
 ざらついたリバーブ効果に、ほんのりトレモロがかった魅力的な音色。チャーミングに奏でるギターがなんとも言えない温かき空間を演出する。

 まさしくノラ一色の世界。冒頭1曲目の歌が聴こえた瞬間、一気にノラの技量を思いしらさられる。デビュー10年前後のミュージシャンで、こうも惹きつけるヴォーカルを聴かせるシンガーは果たして何人いよう。男なら断然ジョン・メイヤーだろうか。

 生ビールを飲みながら、スタンディングで1時間の公演を堪能し、近場の焼鳥屋へ。
 取り立てて芸術の話なら全幅の信頼を寄せる“モノカキ”なHさんとの席が贅沢で有り難い。

投稿者 yonezawa : 15:49 | トラックバック(0)

2010年 01月 14日

Rodrigo Y Gabriela

31sqIV57-gL._SS500_.jpg

 比較的短いスパンで来日を果たしているアコギ・デュオ:ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ。ZeppTokyoの来日公演観戦へ。

 以前、渋谷duoで圧巻のステージを拝聴し、今回2度目のロドガブ体感。
 全体的にロドガブの中でもトリッキーな技の応酬で、パーカッシヴにギターを叩くシーンの印象が際立った。
 しかし、集客としては充分過ぎるほどの動員があるものの、個人的にはロドガブのライヴとしては大きすぎるような箱の印象も抱かせた。
 観客との距離感が最も大事なユニットだと感じるから。

 場を中央区へ移し、同行した編集と食事の席に。
 結局、忘年会をやれなかった彼と新年会。今年は彼と、いくつの取材が実を結ぶのだろう。

投稿者 yonezawa : 15:01 | トラックバック(0)

2010年 01月 12日

THE MODS

 信じられない一日となった。
 都内某所でTHE MODS森山達也氏、漫画家:高橋ツトム氏の特写&対談が実現することに。

 50年の歴史を誇る年期の入った都内大型駐車場を撮影スペースに決め、撮影1時間以上前に現地入り。スーパー・フォトグラファー:尾形正茂と事前ロケハン。

 この場所のとてつもないクールさに胸が高まる。
 場所を提供くださった現地関係者の方々の協力も有り難く、今回ロケ・ポイントにはしなかったが、今後のための様々な驚きのスペースも見学させて戴いた。大感謝。

 高橋氏現地入り。やがて森山氏も。
 肩肘の張らないパンク・ロッカー森山さんのスタンスは、とてつもない魅力に溢れていた。

 福岡から上京したおいらにとって、THE MODSの存在はやっぱり特別なものがある。
 ビートルズもツェッペリンもマイケル・シェンカーもヴァン・ヘイレンも大好きだったが、JL&CもミカバンドもTHE MODSも勿論大好きだった。

1th-live-a.jpg

 THE MODSが東京進出する際、最後に演ってた80's FACTORYは伝説のライヴハウスだったし、おいらは当時入手した同店のマッチを今でも家のどこかに保管している。

logo80.jpg

 『TWO PUNKS』にしろ『激しい雨が』にしろ『バラッドをお前に 』にしろ、森山氏が希代のメロディメーカーだと言う認識は、博多で1stを聴いたあの日から変わらない。

a-a.jpg

 パンキッシュでありながら、同時にスタイリッシュな存在感が共存。
 今回氏と遭遇し、何故永遠にTHE MODSが瑞々しく輝き続けているのか、その理由の一端を再認識させられた夜になった。

 対談はまるで旧知の友人同士が語り合っているような、至ってアットホームな雰囲気の中進行。2人は3杯目の生ビールをおかわりした。やがて取材はつつがなく終了。
 そのまま「もう1杯いこうや!」と近所の酒場に飛び込み、その後夢のような時間が訪れることに。極めてロック。もう最高。

 THE MODSにおける森山さんの魅力溢れる声と、せつなく美しいメロディーは世界でただ一つの究極の個性。その想いは死ぬまで変わらんだろう。

 この、ときめく対談記事は、1月27日(水)発売のスーパージャンプ4号に掲載される。

投稿者 yonezawa : 04:08 | トラックバック(0)

2010年 01月 8日

ホスピタリティ・エリア

51ne2mEkISL._SS500_.jpg

 現在音楽専門誌等を拠点にしたライター活動中のYと、何年ぶりかの再会を果たした。
 Yと会ったのは、フランツ・フェルディナンドがセカンドをリリースし、FUJI ROCKに登場した際の、ホスピタリティ・エリアでの取材以来だったと思う。

 時折メールで近況は伺っていたが、直接会う機会はなかなか得られなかった。
 おいらよりも一回り以上若い世代らしく、Y独特の視点で捉えた、今旬のバンドに関しての評価が面白い。
 熱心なロック信者なY。
 おいらにしても、今考えてみれば中学高校時代からここまで延々ロック・ミュージックに傾倒し、追い続けている者の知り合いは思い浮かばず。
 Yにしても学年で自分1人が、そう言った意味で浮いていたそうだ。
 ロックで発熱をしてしまい、その熱が醒めないまま現在に至る。Yの気持ちが重々理解出来るのだった。

投稿者 yonezawa : 02:18 | トラックバック(0)

2009年 12月 29日

Al McKay

 池袋のヤマダ電機には2店舗の大きな店がある故、入口で義理兄と待ち合わせた際、困難を極めた。各々がそれぞれの1店舗しか頭に入っていない故、「今正面玄関の真ん中に立っているよ」「おれも正面玄関の真正面にいるんだけど…」会うはずがない。
 このやりとりの最中、もしやと思い、他店舗情報を店員に窺い、すぐそこの横断歩を渡った場所にもう1店舗の店をようやく見つけることが叶った。

 このケースで、最も気をつけなきゃならないのが新橋のキムラヤ前での待ち合わせ。
 そう言われ待ち合わせし、現地に初めて着いた際、「駅界隈はキムラヤだらけ」だと気づく羽目になる。

 夕方、六本木ミッドタウン内の讃岐うどん屋で肉うどんと辛高菜おにぎりをほおばった。
 そしてアル・マッケイ・オールスターズ・ライヴ観戦のためビルボード東京へ。
 アル・マッケイはあのEARTH、WIND&FIREのギタリストだったが、当時、彼の教則ビデオを観て秒殺され、同じ頃観たアルバート・リーの教則ビデオと同様、彼らはもう片方の頭で意識するギタリストの一人となっていた。

almckay.jpg

 世界有数のカッティングを拝みに行くべく高い椅子に腰掛け観戦。
 あの「SEPTEMBER」もアルの作品だったし、懐かしい多くのアースのトラックは、こうしてライヴ・ハウスで聴けば、どれだけの秀作で、心地よいのかを改めて感じ入っていた。
 リードヴォーカリストは3人。
 晩年、フィリプ・ベイリーが歌っていたファルセットのヴォーカル・パートも、今日のこのライン・ナップで奏でた彼らの方が格段にパンチを感じた。
 
 和光市を経由し、新宿犀門でホントの夕飯。今年もあと2日。
 帰ってから、己の作ったカッティング曲をおさらいすることにしよう。

41ENGZ82XSL._SS500_.jpg

投稿者 yonezawa : 10:30 | トラックバック(0)

2009年 12月 26日

今年最後のbambi

 今日までにやるべき家事を終え、今年最後のbambiリハへ。
 このバンド、集合する度に新曲が追加され、この1年足らずの間にレパートリーは180曲以上。尋常でない創作スピードはここにきても止まるところ知らず。

 コードを譜を見ながら、即席のアレンジメントで順繰りの音出し。
 ある種の化学反応を見せるトラック、すでに1回目で完成に近い仕上がりを見せるトラック、自分自身、どうしてもコード・トーンに絡みきれないトラック。様々な感触を得、予定していた阿佐ヶ谷の居酒屋バーで乾杯。

 まぁこれだけバラバラ異業種メンバーの集いは、各々の持ち場ネタがまちまちなので特殊な面白みが満載で、今宵の酒も爆笑の夜となった。
 今年は長野での遠征ライヴもこなしたし、数回の都内でのライヴもこなした。
 アマチュアにしてはかなり活動的な1年だったと回想。

CA3A1057-0001.JPG

 やがてお開きとなり、戸外に出て商店街を歩いていると「ラーメン丸長」の看板を発見。
 もしかして荻窪店の姉妹店?と思い、メンバーを見送った後、一人ふらりと入店。勿論つけ麺をオーダー。
 丸長の系譜が書きつづられたポスターが貼ってあり、この店もあの丸長グループの流れをくんだ系列店とは判ったが、味の方はおいらにとって可もなく不可もなく。 

投稿者 yonezawa : 16:55 | トラックバック(0)

2009年 12月 21日

フリーペーパー『熱風』

418338A7X4L._SS500_.jpg

 伸び伸びになってしまっていた亀渕兄との飯が、この師走になってどうにか叶いラッキー。
 ソニー・ミュージックMさんにご配慮戴いたアジカンのZEPP公演はS、M、A(後にゴールデン街で合流)に託し、新宿の待ち合わせ場所へ。

 氏は、書店で無料で入手出来るフリーペーパー『熱風』に「ドーナッツ盤に恋をして」という、とてもチャーミングで魅力的なコラムを熱筆されておられるのだが、おいらはその熱心な読者だ。

 待ち合わせの場所へ到着し、再会を果たし椅子に座る前から、もう速射砲のように語りつくす。次回の機会がいつなのか判らぬ故、会ったらとにかく速射砲。

 アメリカン・ロック、ブリティッシュ・ロック、70年代、60年代、80年代、90年代、そして現在。
 マイケル・ジャクソン、ジミヘン、ビートルズ、リトル・リチャード、民主党、自民党、洋画、酒、新宿、正月、鍋、寿司、山、コレステロール、会社、社長、江口寿史、夢枕獏、母、父、文章、コラム、仕事、ツェッペリン、ニッポン放送、ウィキペディア、お笑い、北野武、ギター…
 話が途切れない。

 脱線しまくる節操のない話題は、これ以上ないほどの興味深さへと突き進む。
 亀兄、何でも知っている。物事をいつも優しい目で見つめている。
 60歳代の亀兄は、例えば18歳から30歳ぐらいまでの時に持ち合わせるような鋭い感覚の瞬発力を今もまったく失っていないことを、45歳のおいらが感じている。

 『熱風』に執筆されるコラムの、例えばたった2行を書こうと思えば、文献を2.3冊読み漁り、事実関係を突きとめなければならない。その真摯な姿勢が胸を打つのだ。そんな意味もあり、コラムの放つ熱風を感じずにはいられない。

 話の途中、氏が1冊のボロボロになった片手サイズの洋書を取り出した。
 例えばミュージシャンの正確な名前、アルバムのタイトル、年度、関係者各位とのいきさつなどは、その洋書を参考文献の1冊にされておられるとおっしゃった。
 ページをめくると、蛍光ペンで何カ所もアンダーラインが引かれてあった。
 感服。
 アンダーラインなど、もう何年使っていないだろう。
 本を読むときには確かにアンダーラインが必要だった。
 自分の鞄にはピンクのアンダーライン用のペンを常備させているにも関わらず、何年もその作業をすっかりスルーしている。
 ふいに母が学生時代からずーっと家で使っていたボロボロの辞書を思い出した。
 亀兄と語ると、様々な景色が思い出されてきた。

 古き時代を知り、最先端の今、巷に流れる音楽を聴き、そして自ら欲する音を求める。
 2007年12月、ロンドンの地で偶然の初邂逅を果たした亀渕兄との出会いは、今生涯の宝となった。

投稿者 yonezawa : 21:36 | トラックバック(0)

2009年 12月 17日

村治佳織、宮本笑里のナビゲート

510NBZDBCVL._SS500_.jpg

 村治佳織、宮本笑里のナビゲートするJ-WAVE『MITSUBISHI JISHO Classy Café』公開録音の地:丸ビルへ。
 http://www.j-wave.co.jp/original/classycafe/

 ゲスト:レ・フレールの演奏に続き、宮本笑里のソロ演奏。優雅。
 観るごとにスキル・アップをはっきりと感じさせる彼女の進化を今日も認識させられる。
 クラシックでありながら、今回初のオリジナル曲を発表した彼女。ここのところの様々なメディアでの活躍ぶりは、デビューから見つめてきたファンの1人としても嬉しい限り。

 あまりに集まる客が多すぎて、Rちゃんをなかなかベスト・ポジションで見せられない。
 最終的にはステージから右手前方のカフェで観戦。

 村治佳織のソロギターに聴き入る。
 ああ言った場所での、戦メリ、ティアーズ・イン・ヘヴン等の効果的な選曲を改めて感じ受け、フロアのナチュラルなリバーブ感がとても加減のよい演出効果に感じられた。
 通常のコンサートで聴く出音よりも、ややトレブリーでエッジの効いたような響きは個人的にはとても好みの音で、リスナーも“パンチ”を感じたのではなかろうかと感じた。

 2人の非の打ち所のないパフォーマンスを観た後、控え室へご挨拶。
 コンサート会場なり、控え室なり、取材先で何度もご一緒しているはずの彼女たちながら、2人の放つミュージシャン・オーラが素晴らしく、感じる空気にはある種の精悍さを感じた。抱っこして再会を果たしたRちゃんもその空気を察知したのか、とたんに静かになった。
 現役バリバリのミュージシャンが発散する力強きオーラ。それ以上にクールなことない。
 Rちゃんは彼女たちによって、特別よき体験をさせて戴いていた。
 2人にお会いするまでは散々「かおりちゃん、いる! えみりちゃん、いる!」とかうるさかったくせに、いざ連れて行くとおとなしくなってしまい笑った。

 終演後、一旦編集部へ帰還。
 入稿を終え、M労いの会を決行。

投稿者 yonezawa : 17:58 | トラックバック(0)

2009年 12月 14日

Superfly

61o._SS500_.jpg

 ひょんな機会から、今回初めてスーパーフライの武道館公演を観ることとなった。
 TVCM等で洩れ聴こえてくる彼女の歌声は破格だと感じていたし、多和田えみ、LOVE等と同じように、邦楽女性ヴォーカリストの中では最も気になる存在の一人だったのだけれど、会場に足を運ぶ機会はこれまでなかった。

 漫画家:Hさん&担当Mと待ち合わせ、3階席に陣取った。
 ステージ・サイドからの観戦となったが、この時代PAはこちら側にも向いているせいで、バランスの悪さは大して感じない。
 ステージを縦横無尽に動き、パフォーマンスする彼女の自然体な姿はとても好感があり、比較的小さな女性ながら、その姿は舞台ではとても大きく映った。
 ジャニスも弾き語りも披露してくれた志帆ちゃん(Superfly)。
 2時間強のステージ後、控え室で乾杯を交わし、帰り際に一言二言、話す機会を戴けた。
 乾杯の際、所属事務所社長の語った言葉が、とても言い得て妙であり、本当の音楽家を丁寧に着実に育てる術を感じさせた。
 音楽の成功に近道はない。この意識を持って、この世のすべての優れたミュージシャンは同じ条件でトライするしかないのだ。
 和田ラヂヲ兄と同じ松山出身最大の女性シンガー:スーパーフライの、今後のさらなる活躍を楽しみにしている。
 遅い夕飯は四谷の博多料理。美味。
 隣り合わせたお客さんは、偶然スーパーフライのコンサート帰りの方々だった。
 ところで福岡市平尾在住時代には知りもしなかったが、糸島の卵は名物だったのか…

投稿者 yonezawa : 16:32 | トラックバック(0)

2009年 12月 9日

MITSUBISHI JISHO CLASSY CONCERT in Marunouchi

41x6Ufpj3xL._SS500_.jpg

 フジテレビ「2009FNS歌謡祭」は、終わり間際のSMAPの歌った部分しか拝見出来なかった。
 そのステージではヴァイオリニスト:宮本笑里、クラシック・ギタリスト:村治佳織との共演もあり、そうしたこともあって個人的には珍しい舞台の映像に聴き入った。

 夕方、丸ビル1Fフロアで行われるのは、J-WAVE(81.3FM)のクラシック専門番組「MITSUBISHI JISHO CLASSY CAFE」の公開録音コンサート「MITSUBISHI JISHO CLASSY CONCERT in Marunouchi」。
 ナビゲーターの宮本笑里と村治佳織のツイン・ナビで魅せるスペシャル・コンサートを観戦するべく現地へ。

 フロアにはゾクゾクと人が集い始め、どの位置でも鑑賞が困難になるほど、行き交うオーディエンスは膨れあがった。

 ゲスト奏者の後、村治佳織のギター・ソロ。
 いつもよりエッジの効いた、気持ちトレブリーだった村治の出音は個人的には好みだ。
 観衆の雰囲気と、この場所、そしてこの環境にベストと思われるポップスのカヴァー曲が独特の風格を感じさせた。
 宮本笑里と村治佳織によるジョイント演奏も、もはやあうんの呼吸と思わせるシーンも見受けられ、日々、進化を遂げる2人のクラシック・ミュージシャンの機微を感じ受けていた。

 終演後、控え室でRちゃん、久々にお2人と再会。
 先ほどまで、あれほど走り、騒いでいたRちゃんは彼女たちに再会したとたん、急に静かになってしまったので笑った。
 笑里ちゃん、佳織ちゃん、貴重な時間に感謝。
 
 一旦業務へ引き上げ、この日を逃したら年内の食事会は無しとなっていたMとの約束だったが、どうにか新宿で再会の時間を得た。
 わずかの時間でも、濃い内容の意見交換を得られた夜更けはラッキー。

投稿者 yonezawa : 01:59 | トラックバック(0)

2009年 12月 3日

失速で鍵盤

61hDlOPx8cL._SS500_.jpg

 またしても早朝より稼働。
 社内の会議に参加し、1日が早々と始まる。
 入稿した原稿の、とある解せん方向性に泣く泣く泣く泣く了承。
 
 延期になった失速ライヴの連絡以降、会う機会がなかった吉田兄と飯。
 諸事情で早めに帰途につかれた兄と別れ、失速で鍵盤をお願いしているミュージシャンTと合流。ゴールデン街:Hで、こちらとも久々に「名月」で乾杯。
 マイアミでバカンスを楽しんできたと言うT家の近況が、ちょっと羨ましい。

投稿者 yonezawa : 12:33 | トラックバック(0)

2009年 11月 13日

身内が1人

61QNwtzQu5L._SS500_.jpg

 アコースティック・ギタリスト:押尾コータローのライヴは2度目。
 以前、初めて彼のパフォーマンスを見た時と同じ国際フォーラムへ駆けつけた。
 前回同様、申し分のないPAのバランスを感じ受けながら、絶妙の間で演奏は繰り広げられた。静と動の入り交じる圧巻のステージングが染み入る。
 控え室でご本人と再会する機会を得、先だって押尾さんとの2ショット撮影を果たした、我が家の核弾頭:Rちゃんの描いたイラスト入りピックを贈呈。
 「これ、芸術作品やないですか!」と押尾さんのお気遣いが嬉しかった。

 同行させたのはフリー編集者でライターのKなのだが、こやつ最近妙に綺麗になってきたなと感じていた。
 新宿に場を移し、Kが呼んでくれたのは彼女の彼氏。
 なるほど、美の秘訣はそこか! と心で感じた。
 身内とも言えるKの彼がもし半端な男だったら、おいらなりの手段で根性を入れ直してやらにゃなぁと、大きなお世話なことを想像していたのだが、登場した彼氏と数杯酒を酌み交わしたら、そんな懸念は即刻吹き飛んだ。
 新しい身内が1人増えた、そんな夜更けであった。

投稿者 yonezawa : 22:26 | トラックバック(0)

2009年 11月 8日

坂本耕作

 午前11時30分、ホテル・ロビーで市役所関係の方と合流し、トークイベントの会場となる『水俣市のエコパーク水俣バラ園』へ。

 会場には先ちゃんのイラスト展が常設。
 控え室で本日トークショーの打ち合わせを行いつつ、地元コミュニティ誌の取材を受ける先ちゃん。

CA3A0954-0002.JPG

 「漫画家のサイン会」というものは、作家の知名度、人気のバロメーターによって現金に集客に反映されることはなく、各地域の民族性(?)ということなのか、大盛況の場合も時に寂しい場合も勿論ある。

 本日、江口寿史のトーク・ショーは超大盛況。びっくり。流石、世界の地元のヒーロー。
 地方自治体なり役所の方がいくつかのメディアで告知されたせいなのか、入口付近は立ち見の入りきれない状態で、老若男女のオーディエンス(!)が大勢押し寄せた。
  
 地元の人気ミュージシャン:Nさんのファンキーな司会で、先ちゃん会心のトーク・ショーを魅せてくれた。
 ホワイトボードに描いたサイン入りのイラストは現地のファンにプレゼントされ、トーク自体でもみっちり1時間強。
 その後、怒濤のサイン会。

CA3A0955-0001.JPG

 長蛇の列に並ぶファン一人一人にイラスト入りのサインを描く先ちゃん。2時間以上ぶっ通しで描き続ける先ちゃん。短編1本分ぐらい描いたんじゃなかろうか。マジで。右手にご苦労さま。
 イベントはつつがなく終了し、一旦ホテルへ。

 ロビーには、先ちゃんの同級生のサカモト氏が待っておられた。
 サカモト? 坂本? 坂元?
 先ちゃんに紹介されたサカモトさんは、なんと先ちゃんが『ストップ!!ひばりくん!』を描いた時の、ひばりくんに翻弄されるキャラとして登場した「坂本耕作」と漢字違い。つまり、あのキャラクターは彼の名前から拝借して使ったのだそうだ。
 これは初耳だった。ご本人の名字(坂元)とは文字が違うものの、ひばりくん現役直撃世代の雄であるおいらとしては、なんだかとても特した気分。

 坂元さん、そして新幹線で来れば早かろうに、わざわざ2時間の鈍行で駆けつけてくれたS作夫妻らと共に、居酒屋『遊食三昧』へ。
 イベントお疲れさまのかんぱーい。

 やがてわらわらと、先ちゃんの同級生の初恋の女性陣ら等々が随時合流し、とても不思議な面子で卓を囲んだ。こんな面子で呑もうと願っても、まず不可能だろう。
 
 この旅でお会いした、すべての水俣の方々は温かく、この町への好感度は益々急上昇するのだった。
 ものの小一時間で芋焼酎の5合瓶が空き2本目に突入。耕作さんのペースは尋常でなく、今日の面子での最たる酒豪として確定。

 おいらはS作のくだらない話に腹がよじれそうになり、情けなく実にバカバカしい会話で何度も(可笑しくて)泣いた。
 このままこの時間が永遠に続けばなぁ〜と考えながら、一次会はお開き。二次会の地:秀ちゃん宅へ今日も移動。S作&Mちゃん、ありがとよ!

 秀ちゃんは午後2時から酒をあおっておられるご様子で、こちらのテンションと丁度良き案配。
 夕べも飲み明かした、たくやさんとギター・セッションで景気を付け、今日は赤ワインを戴いた。
 先ちゃん節も炸裂。吉祥寺となんら変わらない宴は明け方近くまで続くのだった…。

saaminamata.jpg

(前回、江口寿史兄が描いた[町のあちこちに貼られてあった]ポスターと関連サイト)
●観光ポスターへの江口寿史氏のコメント

 こんにちは、江口寿史です。
水俣市の丸島町で生まれて13歳まで八幡町に住んでいました。
今回、水俣市の観光ポスターという形で頼まれたんですけど、思い出してみると小さい頃、水俣の海がきれいだと思ったことがなかったんです。というのは、比較の対象を知らなかったから。
 で、特にこう水俣の自然ということに対して意識したことはなかったんですけど、大人になっていろんな場所をたずねて見た目で改めて見ると、海も山もすごいきれいなんですよね、水俣というところは。自然の懐が深い。水俣の人たちはこの自然の豊かさをもっと誇っていいと思うし、そこら辺を他県の人々にあまりにも知られていない感じがするんですよね。あまりにも一面的なイメージでしか見られていない。
 今回のポスターは、水俣を知らない人たちに、ちょっとでも行ってみたいな、見てみたいなと感じてもらえたら、という思いで描きました。また水俣の人たちにとっても、自分の故郷を再発見する機会になってくれたら嬉しいですね。

http://www.minamatacity.jp/jpn/sangyo/eco-town/saaminamata.html

投稿者 yonezawa : 01:03 | トラックバック(0)

2009年 11月 5日

RY COODER & NICK LOWE

618S2DPDuKL._SS500_.jpg

 JCB HALLには初めてやってきた。
 会場のこけら落としとなったキャンディーズのフィルム・コンサートの時も、その公演自体に気づかないままいた。
 つまりJCB HALLの存在を、その公演が行われたことによって知ったぐらいだった。
 
 今日、この場所で初めて観たのはライ・クーダーとニック・ロウの来日公演。
 
 パブ・ロック界の大御所と言われるニック・ロウ、かたや多くの映画音楽とスライド・ギター奏者として名高いギタリスト:ライ・クーダー。
 2人はリトル・ヴィレッジの解散から17年振りの共演となったそうだ。

 ワーナーIに用意戴いたチケットは4列目のど真ん中。嬉しい。まるでリハーサルに参加しているような距離感で、彼らの生々しいパフォーマンスを聴いた。ワーナーI、ありがとう。
 かつてライの音楽で聴き込んだのは「Paris, Texas」「 Crossroads」「Jazz」の順番だったか。
 ニックは断然「Cruel To Be Kind(邦題:恋するふたり)」、そしてRockpileでの音源がクールで好みだった。『Seconds of Pleasure』のCDは、まず買いだ。
 年を重ねてどういったギターを弾くか? そんなに遠い将来でない未来の己の有り様も想像しながら、淡々と演奏されてゆく曲に耳を傾けた。
 時にコードを弾き損ね、言い訳をするライがとてもチャーミングに映る。
 
 2人とも本当に年を取ってしまったもんだなぁ〜と、ビジュアルを観ながらどうしても考えてしまうのだが、これがベストの年の重ね方の一つだとも同時に感じ受けるのだった。 

投稿者 yonezawa : 01:02 | トラックバック(0)

2009年 11月 2日

入園願書〜面接〜bambi in 長野

 早朝起床。最寄りの幼稚園に必要書類を届け、正確な面接の時間をその時点で知り、一旦帰宅して備える。
 私立の仰々しい幼稚園ともなれば、整理券をもらうべく寝袋持参で徹夜で並ぶケースもあるのだと言う。まったく理解しがたいこの異常なシステムを当事者の世代を持つ親となって初めて知る。

 長野ライヴのリハ時間にはなんとしても間に合わねばならないので、午後「なる早」の新幹線に飛び乗った。ネットで調べた出発便のうち2本が残念ながら運行しておらず、東京駅で40分も待つ羽目に。
 14時4分発の長野新幹線「あさま」に人生初乗車。
 中から映る戸外の景色はあっという間に長閑なものとなり、熊谷を通過する時思わず界隈の輩につっこみメール。
 霧に包まれた軽井沢を通過した。

CA3A0948-0001.JPG

 やがてJR長野駅着。外はあいにくの雨模様。風が強くて前情報通りメチャ寒。
 駅に隣接するホテル「メトロポリタン」へチェックインし、徒歩でライヴハウス「NDIA LIVE THE SKY」入り。
 サウンド・チェックの最中、長野朝日放送「ザ・駅前テレビ」の取材陣も到着した。このイベントは地元のメディアで紹介される模様。
 34年の時空を超えて復活を果たす伝説のバンド『俄』のリハに聴き入る。

CA3A0949-0001.JPG

 オリジナル・メンバーの演奏ーーという真実が余計迫力を感じさせた。本番の熱が楽しみ。

CA3A0950-0001.JPG

 最後のbambi逆リハを経て開場。
 どうも会場には入りきれないほどの客が押し寄せている模様。流石、地元『俄』再結成の底力を感じ受けた。
 そしてbambi本番。ステージは狭いが、いつものテンション良好。『俄』のオリジナル「人形館」は、勝手ながらもはやbambiオリジナルの感触。
 我々以外のゲスト:宮川真衣さん、俄組の演奏時間もそつなく流れた。

 そして真打ち『俄』登場。
 ここのところ、何度もLP音源を聴いたあの演奏が、よりパワフルなテンションで再現されてゆく。楽屋下にも聴き漏れる演奏を聴くに連れ、自分なりの感慨にふけいる。
 何故NSPは、オフコースは、時代の潮流に乗っかり成功したのだろうか。小学生の頃、同級生の女のコで生徒会長だったSの家でNSPのカセット・テープを貰ったなぁ。
 『俄』リードヴォーカリスト:宮川さんの声は天野滋の声よりも芯に響く印象だ。

 最後、『俄』に混じってのセッション。「鬼が走る」のいなたさをおいらはタッチワウでちゃんと再現出来たのだろうか。今宵ステージの最終最後を締めくくる「ハイウェイバス」でライヴは叙情的に幕を閉じる。

 こうしてbambi in 長野の初遠征が無事に終わった。

 小雨の中、一斉に撤収。
 一路打ち上げ会場へ。差し入れの野沢菜を肴に赤ワインで乾杯。
 演奏もさることながら、出演者及び関係者のみなさん、人柄も素敵な方ばかり。音楽が紡いだ心のつながりを感じ受ける。

 差し入れの美味しい野沢菜を肴に赤ワイン。
 差し入れの美味しい野沢菜を肴に赤ワイン。
 差し入れの美味しい野沢菜を肴に赤ワイン。

 この作業を繰り返すうちに軽く酔いがまわり始め、打ち上げ会場を後にbambiの面々で〆のラーメン。勿論この地の夜中に食した。

CA3A0955-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 01:41 | トラックバック(0)

2009年 10月 24日

料金 5100円

41oU3-ibxyL._SS500_.jpg

 夕べ、食事中の深夜、飛び込んできた新案件で土日の原稿執筆の時間を確保。
 
 小雨の中、午後7時、勿論本番キャンセルはナシのBambiリハーサルへ。
 キャンセルナシどころか、こちらは11月2日:長野ライヴに向けてのTV取材の申し込みが長野放送より入ったそう。
 ライヴに向け、オリジナル俄の曲コードとフレーズを数曲拾ってみた。
 ともかく本番が待ち遠しい。

 久々にメンバー全員集結し、軽い打ち上げの後パーキングへ。
 駐車してあった枠番号「5」を押すと「料金 5100円」の表示。
 ? 何? 一瞬呆然と機械の前に立ちつくす。
 駐車時間に対して料金が明らかにおかしい。管理会社へ連絡し事情を説明したところ、遠隔操作で駐車時間が判るらしく、こちらの言い分が把握来た(機械の表記ミスを確認出来た)ようで、これまた遠隔操作で車のストッパーを下ろしてもらった。
 料金は特に請求されずそのまま。ついていたのか不幸だったのか。しかし気分は晴れない感じ。しかし、あんなこと(遠隔操作)が出来るとは…

★INDIA live the SKY
34年の時空を超えて...伝説のバンド 俄 復活!!
11月2日(月) open19:00 start19:30 前売\2,000 当日\2,500(ともに1DRINK付)

出演 俄/宮川真衣/bambi(東京)/俄組

お待たせいたしました!なんとあの『雨のマロニエ通り』『東京』等、数々の名曲を残した伝説の俄が34年ぶりに待望のオリジナルメンバーによる復活です!ゲストには宮川真衣、俄組、東京よりbambiを迎え、豪華な面々が揃う1日です!
http://www17.plala.or.jp/india-sky/index2.htm

投稿者 yonezawa : 16:10 | トラックバック(0)

2009年 10月 23日

失速延期

%E5%A4%A7%E9%81%93%E5%A1%BE%E9%A3%AF%E6%9D%91.jpg

 どうも喉の調子悪し。
 インフルエンザを伝えるニュースもシャレにならんので、日常における最低限の用心は特に心がけねば。
 平日のリハーサルのためにギターを抱え、何年ぶりに電車を乗り継ぐが重くて辛い。
 20年前ならば、ギターに加えてエフェクター・ボードのジュラルミン・ケースも一緒に持ち歩いて、スタジオだ居酒屋だ、よく徘徊したものだった。
 思い返してもあのエネルギーは凄かったし逞しかった。

 仕事の都合もあり、みなの仕事場を考えたら丁度おいらのいる編集部界隈が集まるスタジオとしては条件が良く、今夜はこの地に集まってもらうことに。
 ところが、リハ1時間前になってバンマス:吉田兄より連絡あり。内容は以下のようなもの。
 「ライヴ主催者側との連絡の行き違いで、今年の失速イベントは延期され、2010年の3月頃に振り替えになる模様」
 リハ初日になってのビックリ情報。これは明らかに出演者に対して何の連絡もしない主催者の落ち度によるもの。吉田さんが「今年も宜しく! リハーサルに入ります」の連絡をたまたま入れたら、その旨を聞かされたとのことだ。
 なんたる事態。ライヴの告知を、どなたに声をかけたのかすべてを正確に覚えていないし…困った。
 ともあれ、リハーサルは親睦会の場となり、リラックスしたゆるいリハの時間を過ごすことに。

 全員リハーサル不足と思いきや、演奏の感触やら録った音源を聴いてみればなんとかなる程度の感触を得、メンバー各位の底力を認識。
 ベースのTとは今回、正式に初セッションの機会を得られ嬉しかった。
 終電の時間もあり、今夜の打ち上げはKとTの3名で。なかなか面白き化学反応の感触だ。

投稿者 yonezawa : 16:15 | トラックバック(0)

2009年 10月 16日

tommy

41bpX2LL9dL._SS400_.jpg

 記憶が間違っていなければ、91年2月24日のロリー・ギャラガーの公演(旧:郵便貯金会館)以来、この地:芝メルパルク・ホールにやってきたのかもしれない。
 
 トミー エマニュエル来日公演。
 ロビーでTシャツを買っている時に前座の演奏が聴こえてくる。

 オンタイムの午後7時、オープニングを努めるステファン・ベネットの登場。
 彼の弾くギターの中で、100年の歴史のあるというハープ搭載のような大仰なアコギの音色が柔らかく優しかった。初めて知ったギタリストだったが、トミーの盟友といった面持ち。ナイス。
 
 数分後、ステファンが引き上げ、入れ替わりにトミー登場。
 何の演出もないまま、ただ朴訥に登場し、そしてイナズマのようなハイテンションのプレイが突然始まる感じ。
 もう声が出せないほどの超絶技巧の嵐。しかし、際立ったメロディの主張と圧巻のリズム感が、お仕着せがましさをまったく感じさせない。
 ぐうの音も出ない、舌を巻く演奏がここから延々と始まる。
 「上手い」と言うよりも、ここまでいくと大げさな意味ではなく神の領域と言えるよう。
 おいらの生涯で、ある意味これ以上のアコースティック・ギターのプレイに出会うことはなかろうと思われる。
 
 2人目のサプライズ・ゲストで登場したのはジェイク・シマブクロ。
 この公演に彼が登場することはあらかじめ知っていた。
 トミーの親友にしてこのステージに相応しいキャスティングと言えた。
 たまたまジェイクはこの日、日本公演の最中だったが、明日の神戸で国内ツアーのファイナルを迎え、そして彼は再びアメリカ・ツアーへと突入する。
 2人で奏でたザ・ビートルズのアンサンブルの美しさといったらない。
 ジョージ・ハリスンは、なんとアコースティックにベストマッチする創作をしてくれたか。
 今やこの2人のためにある曲と言わんばかりの『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』が芯に響く。『ヒア・ゼア・アンド・エブリウェア』の完成度に心で泣いた。

 再びトミーのソロとなり、アンコールまで非の打ち所のないステージングを堪能した。
 控え室でジェイクに再会。「ヨネザワさんが来ると知っていたのでガンバリマシタ!」というジェイクのリップサービスがとても嬉しかった。
 
 明日は札幌出張につき、余韻に浸るための飲みを断念し、夕飯食べて即帰宅。

omote.jpg

投稿者 yonezawa : 21:29 | トラックバック(0)

2009年 10月 4日

そろそろ着手

41kUuiR0MAL._SS400_.jpg

 いい加減弾かないことには始まらなかろうと、11月、目黒ブルースアレイで20分間だけLED ZEPPELINを弾く「失速ライヴ」での曲をゆったり確認。
 しかしヘタしたら40年ぐらい経過しているこのバンドの曲を聴いているのだが、弾けば弾くほど恐ろしい発見があり、バンドの化学反応で起きた奇跡だとしても、ジミー・ペイジという人物の創造した閃きなり創作には格が違うとしか言いようがない。
 今日も舌を巻いた。舌を巻くのは中学時代から続いている。
 手癖のソロにしても、なんと言ばいいのか…風格があり、「そのフレーズこそ正解!」と言う、ベストのマッチングを流れにメロディに感じるのである。
 ONE AND ONLYの存在になるはすだ。

 そのライヴの前に控えるBambiの長野ライヴ。こちらもそろそろ着手せねばなりません。

投稿者 yonezawa : 10:48 | トラックバック(0)

2009年 10月 2日

あまり自信ないんでぇ

41i4C44KARL._SS500_.jpg

 2016年夏季五輪はリオデジャネイロに決まった模様。南米初の開催。「東京は第2回投票で落選」との報道を知る。

 夕方、国際フォーラムへ向かおうとタクシーを拾う。乗車したらばドライバーが「国際フォーラム」を知らない。
 「あの〜あまり自信ないんでぇ…」「判りました。ではとりあえず東京駅に向かってください」「あの〜あまり自信ないんでぇ…(道順を)言ってもらえませんか?」ときた。
 車を拾った場所は東京駅まで車でおよそ10分程度の神田神保町界隈。
 さすがに呆れた。
 丁寧に道順を伝え、思わず今後の彼のキャリアに憂いを抱いてしまった。

 国際フォーラムCで超絶技巧アコースティック・ギタリスト:押尾コータローのライヴ初観戦。
 MCからアンコールまであわせると、都合2時間30分以上にも及ぶステーングが力強かった。
 静と動の色彩が入り乱れるまさに弾きまくりのライヴ堪能。
 先日の、ジェイク・ライヴでの初遭遇以来の再会を果たし、控え室を後に。押尾さんお疲れさまでした。
 22時、銀座までテクテク歩き編集:Tに大きくゴチになる。感謝。
 編集部より深夜帰宅のタクシー内ではものすごく爆睡。道順は家に到着の10分前から伝えた。

投稿者 yonezawa : 03:22 | トラックバック(0)

2009年 09月 25日

DOOBIE BROTHERS/The Derek Trucks Band

 海陸先生と、NYの報道カメラマン:天平
http://blog.goo.ne.jp/tempei/
http://web.mac.com/tempeiiwakiri/iWeb/E06DBE33-B00A-4612-915B-AC8DF4BA111C/5C1B21F4-0C48-4B38-8AA0-B513E39436FD.html
が同じ誕生日であったことをこの年になって初めて知る。

 男の同級生の誕生日なんぞは、当時たまたま知っていた輩以外知ることもないものだが、甲斐甲斐しいmixi等のお知らせもあってか、この偶然を知ることとなった。
 
51u00_.jpg 51kwh5ZvJSL._SS500_.jpg

 国際フォーラムでデレク・トラックス・バンド、ドゥービー・ブラザース・バンド、ジョイント公演観戦。
 デレク・トラックス・バンドのダイレクトで純粋なギター・サウンドに対し、ドゥービー・ブラザースの面々の奏でたギター・サウンドはかなり作り込んだ音色に感じた。
 もしかしたらアンプは使わずラインだけで鳴らしてたのかもしれない。
 ハイテクなアンプシュミレーターの採用だったのか。
 ギターの音とはアンプのスピーカーから吹き付ける音厚と振動による「風」が必須だ。
 しかし残念ながら、ドゥービーにその風は感じられなかった。
 反面、デレクはフェンダーのアンプからビシバシ風圧を感じさせてくれたが。

 テクノロジーの恩恵をそのまま間に受け「ギターと真空管アンプ」という、この切っても切れない究極のシステムから離れてしまうと、見事に魅力は半減するのだという気持ちになる。

 とどのつまり、生涯かけて究極のギターサウンドの追求ということに変わりなし。

投稿者 yonezawa : 12:16 | トラックバック(0)

2009年 09月 22日

Live From Austin Texas

410_.jpg

 たまには行きつけでないレコード店へも行ってみるもんだ。
 通勤の際、最寄り駅で、ある種の惰性で覗くレコード店のルーティン的意味合いではなく、大型有名レコード店にもたまには時間を割いて行くべきだと思ったのだ。
 失速ライヴ打ち合わせも兼ね、イースト:吉田兄と突発会食。その足で、タワーレコードへ。
 
 「国内盤の発売予定はない」と記されたヤードバーズのライヴ映像を収録したDVDが、まずは目指した品だ。
 荒削りな画質・演奏でありながら、何故こうも彼らの有り様は興味深くかっこいいのか。

 ヤードバーズで演奏されたDazed and Confused、そして(ギリギリ、ツェッペリンの結成直前なのか)ロバート・プラントがヴォーカルを取ったバージョンのDazed and Confusedも収録されており、とても貴重な映像であると同時に、今となっては“作り込み”では構築しようのないかっこよさの極みに項垂れる。
 収録されているそれら一部の映像は、過去どこかで断片的に観た記憶あり。
 
 フロアを徘徊し、見つけたロイ・ブキャナンのDVD『Live From Austin Texas』に再び倒れる。
 全編を通して鳴り聴こえる“まんま”のトーンにしみじみとう頷くのだ。76年頃のライヴ録音なのに、視聴した際、まず初めに聴こえてきたハイハットの繊細な響きがあまりに優れていて(歓びで)眉をひそめた。
 そして何と言ってもここで聴かれるテレキャスターの音粒と言ったらどうだ。
 まさしくこれ以上はなかろうと考えるテレキャスターの音。
 ちなみにキース・リチャーズの奏でるテレキャスターのひとつの音も、同様に凄まじいものがあるが、それはここで語った純然たるテレの音ではないと、ここの演奏でのロイの音を聴けば識別できる。

 哀愁にまみれ、奏でられるのはせつないフレーズばかり。
 サントラ(『ディパーテッド』とか)に持ってこいの、枯れた風情に包まれたロイの色気の真骨頂。
 おいらが東京で観た、事実上国内におけるロイの最期となったライヴは、国産:ローランドJC120で演奏されていた。このアンプの機種が名機であることに異論はないところだが、まったくロイの音ではなかったことを、古い遠い記憶の奥底から思い出す。

 映像を強く観つめながら、視聴機にあるヘッドフォンを耳に当てれば、あたかも今そこでロイが弾いている錯覚に見舞われた。

投稿者 yonezawa : 16:48 | トラックバック(0)

2009年 09月 20日

オリジナル「俄」再結成

achristmascarol_l200909151625.jpg
 
 家で軽くコピーしていたオリジナル「俄」の曲を初めてバンド・セッション。
 おいらが、70年代にデビューした岡山発のバンド「俄」(一度だけの)再結成話を正式に聞いたのは、先日の吉祥寺ライヴ当日だった。
 バンマス:大先生がオリジナル「俄」のメンバーであり、11月に長野で行われる「俄」再結成ライヴへ参加する流れとなったのだが、同時(瞬時)に現バンド:BAMBIでの参加も決定。
 
 初めてバンド演奏した「俄」の曲は確かに70年代の香りに満ちあふれており、シンプルな曲調の中に感じられる練り込まれたアレンジが好み。演奏すれば心地よさを覚える名曲ばかり。
 LPのプロデュースはあの大野克夫。ちなみにデモ・テープはデビュー前の、無名の山下達郎が担ったのだと言う。
 NSPが売れたのなら俄も売れてよかった。「俄」1st.『俄芝居』は名盤也。

投稿者 yonezawa : 11:37 | トラックバック(0)

2009年 09月 19日

Bunkamuraオーチャードホール

51pFD1I4F9L._SS500_.jpg

 先だって発売された、ジェイク・シマブクロのライヴ国内盤ジャケットを描いた漫画家:谷口ジローさんと会場入り。
 ジェイク・シマブクロ in Bunkamuraオーチャードホールへ。

 ホールは超満員。
 ツアー中日の頃合いで、演奏的にもまさに脂ののった完璧な技量と色気の炸裂する申し分のないコンサートだ。
 たった一人で2時間以上のステージングをこなす舞台演出には、今回、スクリーン、CCDカメラを駆使したジェイク。
 アットホームな中に、針の穴を通すような繊細なリズムとメロディの機微。とにかく圧巻としか言いようがない。
 今回、初めてジェイクの(ガット)ギター・プレイも拝聴したが、そのスキルには嫉妬を抱くほど。見事。さすが。舌を巻いた。

 終演後、大勢の関係者が待ちわびる中、控え室にジェイク登場。
 ジェイクは谷口さんの描かれたジャケット原画を持参し、記念撮影の後にサインを戴いた。谷口さんも英語版のご自身のサイン入りコミックを贈呈。全編英語フキダシのコミックスにジェイクご満悦。
 冷静にコンサートの出来を確認するジェイクに、おいらは感じたままの印象を伝える。彼と同じ時代に生き、同じ音楽を共有出来る幸運に感謝しながら控え室を後に。

 今後彼は、国内ツアーのわずかな合間にも渡仏し、異国でのライヴを控えているそうだ。
 世界有数のこれ以上考えられないミュージシャンの一人:ジェイク・シマブクロ。今日も世界へ邁進中。 

投稿者 yonezawa : 14:48 | トラックバック(0)

2009年 09月 15日

BOX SET

thebeatles.jpg

 いくらでも入手可能かと完全にタカをくくっていたザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】 は、EMI:Nちゃん情報によれば今後は入手困難だと今更知る。
 あらゆる分野にマニアは存在しようが、ザ・ビートルズ・マニアの緻密さを凌ぐマニアはなかなか見つけづらかろう。売れた数字が物語る。

 モノ盤には、一般的と考えるオリジナル・アルバムのタイトルが数枚欠けているようなので、結局ステレオ盤の方をコレクションしたくなるところだが、すでに恐ろしいプレミア金額設定でコレクターズ・アイテム化されていることを知ると、まんまと欲しくさせられたモノ盤。
 そのステレオ盤の方にしろ、次回の出荷が確か10/25。
 中学時代、自宅にあったモジュラー・ステレオの前に座り、ヘッドフォンで何百回赤盤を聴いたことか。
 ザ・ビートルズはいつも懐かしく、聴くと嬉しい音楽。 

投稿者 yonezawa : 16:31 | トラックバック(0)

2009年 09月 11日

敦賀明子(オルガン)

51IXlERrUhL._SS500_.jpg

 渋谷:東京メイン・ダイニング[TOKYO MAIN DINING|SHIDAX]という地は初めて。
 こんなところにこんなスペースがあったのか…とやや驚く。

 公式HPではソールド・アウト。
 Charge Jazz Live AKIKO TSURUGA TRIO[敦賀明子(オルガン)、田井中福司(ドラムス)、石川政実(ギター)]のライヴ観戦を目指した。
 敦賀さんとは丁度1年前、NYはハーレムのクラブで知り合った。
 事前に敦賀さんにもメールで伺っていたのだが、席はなかろうと思いながらも行けばなんとかなろうと音楽人:Tと共に現地参着。
 ポツンと空いた真横がぶりつきのテーブルを用意して戴き着席。久方ぶりとなる敦賀さんの生オルガンをゆったり堪能させて戴く。

 アルバム『Oriental Express』のジャケ写には、彼女と初めて遭遇したハーレムでのクラブで友人:Tの撮影した写真が一部にコラージュされていると彼女に聞いた。
 会場でそのCDを購入しようと陳列された商品コーナーを覗いたら完売。残念。
 身体全体で「楽しくってしかたがない気持ち」を表現する彼女の音楽はいつでも陽気で素敵だ。

o0800113410231371588.jpg

投稿者 yonezawa : 16:56 | トラックバック(0)

2009年 09月 7日

カセットとmp3

61ohX8tolaL._SS500_.jpg

 iPod Touchのデータ移行に手間取るおいら。
 しばらく使っていないものだから、基本的な打つ仕込み方の要領を忘れてしまっている。
 そう言えば、先日久々に再会したTさんから「カセットのウォークマンを使っている」と聞いた時にはさすがに驚いた。
 カセットのWデッキは、先日Rちゃんによる執拗な過剰操作によってか、パワーを入れるだけで「カチッ・カチッ・カチッ...(エンドレス)」の音が出てしまい、再生も録音も出来なくなった。
 サンプル盤としてレコード会社より希にカセットでの試聴盤が届くケースも、つい2年ほど前まであるにはあったが、ここ最近は一切見かけないのでレコード業界でも流通上、いよいよ無くなったのかもしれない。
 MD音源をmp3に変換する仕事が今後、残された。
 
 深夜、駅より30分の徒歩帰還。

投稿者 yonezawa : 01:27 | トラックバック(0)

2009年 08月 29日

bambi trump live

CA3A0867-.0001.JPG CA3A01.JPG

 午後3時過ぎまでRちゃんと戯れ、吉祥寺のライヴハウス『ブラック&ブルー』へ向かう。
 数ヶ月前から手伝いで参加させて戴いているbambi、2度目となるライヴの会場へ。

 リハーサルで初めてJCM800を弾き、アンプの特性を把握。
 インプットはストレートな1CHタイプの、2ヴォリュームはナシの機種なので、足下には歪み系のアタッチメントも必要となった。
 ライヴとしては、多分10年(以上でも利かない)ぶりにBOSSのODを引っ張り出し使用。
 硬質のナチュラルなファズ・サウンドで基本のバッキングを鳴らし、ソロ時に踏み込むことに。なかなかドライヴする音。
 結果、ワウ-OD-タッチワウ(スティーヴィー・サラス・モデル)の並びで確定させた。この際だと思い、一々タッチワウも繋いだおいら。

 3部構成に分かれたライヴは18時にスタート。
 1部は観客として鑑賞し、2部は全9曲、3部は3曲参加。
 思いの外PAの卓ご担当者がバランスの良い音を構築してくれ、モニターにしてもクリアな環境を提供してくれた。
 当日試してみようというノリで、その場その場の気分でバッキングを構成してみる。
 メンバー各位のテンションは、これまでのリハを通して最もベストの雰囲気と技量を感じさせた。みなさん、本番に強し。
 全体的に細かいミスもミスにあらず、ロックバンド然とした佇まいのうねりを産み出したbambiの、ひとつの完成形を思わせた。

 演奏中、最前列にRちゃんの姿を発見。
 同じく最前列には旧友で空手家:Iの2人愛娘ちゃんらの姿も。
 リズムにあわせて身体を揺する我が子の姿に、シリアスな曲にもかかわらず笑顔のまま演奏してしまったおいら。
 今夜は初めて我が子に演奏する姿を見せるという忘れられない1日となった。
 
 アンコール的シーンまで想像に近いタイムテーブルでライヴは進行し、確かに滞りなくライヴは無事終了。演者のみなさん全員大人だった。

 終演後の打ち上げの席で、ESP専務:T氏によるコメント「歪み系はチューブスクリーマーか何かを使ってるような音がしたよ」という感想が嬉しかった。
 アンプ次第でBOSSのODは充分いまだに活躍してくれることを認識。それなりの音量で鳴らさなければ解らないことなのだが。

 打ち上げ時にはホール内を駆けめぐり、新しいお友達も出来たRちゃんの笑顔がとにかく印象的だった。
 中野から来場くださったMの観戦も嬉しいものがあり、終演後近場のバーへ移動し、作家:Yと編集者:Aと遭遇しつつ朝まで痛飲。
 深夜4時、〆の屋台ラーメンはMにゴチ。おいらには、「太ってもいいなら食べません?」の誘いを断れる度量がなかった。

 ご来場の皆様、ありがとうございました!

投稿者 yonezawa : 11:51 | トラックバック(0)

2009年 08月 26日

LILLIX

41BX4Q1014L._SS500_.jpg

 各位の多忙なスケジュールをぬい、本日ようやく打ち上げ(何の?)の席を確定させた。
 幹事は率先して名乗り出たおいら。
 FUJI ROCKで、サマソニで、インタビュー・ルームで多くの現場を共にしてきたWチーム:KOBI、I葉、&Mゆう、大家社長らの5名で宅を囲んだ。

 おいらがナンバリングをして、定期的に手がけるようになった音楽記事は、彼女たちとの仕事から始まった。
 記事としては、枠の都合で03年ヤンジャン33号掲載のSTACIE ORRICO記事が初っぱなだったが、打ち合わせそのものを最初に行った案件は03年ヤンジャン39号掲載のLILLIXから。
 あの日からすでに6年以上が経過した。あっと言う間の時間だ。

 酔いの境目が判らない酔い方こそ最もストレスのない飲み方であり、今日は勿論いつ酔ったのか判らないGOODコンディション。
 とりたてて良質のロック・ミュージックの啓蒙を全員共通の意識として、今後も力の続く限り、彼らと現場を共にすることが継続出来れば言うことナシ。

 よく飲んでよく笑って語り明かし、申し分のない夜更けだ。

投稿者 yonezawa : 18:07 | トラックバック(0)

2009年 08月 25日

Aimee Mann

51Rbh6qbz-L._SS500_.jpg

 メールで出欠を問われていた「エイミーマン来日公演」の案件をすっかり見落とし、慌ててダメ元メールを書いていたら、S社Kさんより「リストに名前がないようですが、今日は来られませんか?」と確認の連絡が。
 なんとも有り難い。
 時間の読めぬ状況ではあったものの、根性でなんとかたどり着くぜいと雑務をごんごん進行させた。

 開演前10分現地・渋谷AX到着。
 関係者入口には偶然ジェイク・シマブクロが!
 一昨日以来の再会を奇遇にもこのコンサートで果たし、互いに2F席で鑑賞。なんとも嬉しい。

 エイミーマンは初観戦となったが、会場には渋谷陽一さん、保科さんら音楽業の方々の来場もあったようなので、その注目度が窺い知れた。
 それにしても、こんなにファンが待っていたのかと感心する程、1Fスタンディングは超満員。
 ステージは、良き意味でリハーサルのようなアットホームでリラックスした、終始エイミーマン・ペース。独特の緩いテンションで紡がれてゆく。
 語りと歌の色彩温度に変化はなく、喋るのかと思えばそれはイントロの歌詞だったりした。
 ギブソン・ハミングバードの音色が温かかった。 

 終演後、ツアー中の一時の休息をも音楽と接していたジェイクと9月の再会を約束。どこまでいっても彼は常にナイスガイ。
 各位、最新ライヴ盤を聴くべし。

投稿者 yonezawa : 15:29 | トラックバック(0)

2009年 08月 24日

ぷーるいく

%E6%94%B91.jpg

 日に日に言葉のバリエーションが増えるRちゃん。
 どこの親御さんにしてもこの面白味は体験してきたのだろうが、特別に子供嫌いだった自分は第三者から、こんなに刺激的な子供の話を聞くことはこれまでなかった。
 己の豹変ぶりは自覚しているものの、未だにこんなブログを書くこと自体信じられない感覚でおいらを見ている身内もいる。
 
 先だってSちゃんに誘われた、Rちゃん未体験の「プールへ行く」というイベントを彼女はしっかり覚えており、「ぷーるいく? ぷーるいく?」と口癖のように語る時がある。
 大人だろうが子供だろうが、勿論約束は守らねばならない。
 残暑と言われるシーズンのうちに、一度赴きたいところ。
 
 自我が芽生え、あり・なし、好き・嫌い、欲しい・いらないの意見をしっかり持ち始めた子供の感性は、少なからずこちらにも重要な人の機微を教えてくれる。

投稿者 yonezawa : 02:06 | トラックバック(0)

2009年 08月 23日

Music Is Good Medicine Tour 2009

419mEsabbCL._SS500_.jpg

 昼、車を動かそうと鍵を開けようとするがドアの解錠音がしない。
 完全に電気系統がイカれている様子。
 よくよく見れば丸々2週間、室内灯の1カ所が点いたままの失態でバッテリーが上がっていた。

 予定していた外出の時間は押し迫っていたので、やむなく帰宅後の夜JAFを呼ぶことに決めた。
 [Music Is Good Medicine Japan Tour 2009]で国内ツアー中のジェイク・シマブクロ・コンサート観戦のため「恵比寿ガーデンホール」へ向かう。
 やむなき電車移動の道中、いつになくおいらの場所から離れないRちゃん。
 家以外でこれほどコミュニケーションをとったことがないほど、実にたまらない時間を過ごせて幸運だった。その代わり移動中の7割は抱っこ。ともあれ運転手だとこうはいかない。
 
 恵比寿ガーデンプレイス敷地内では買ったばかりの一眼レフが大活躍し、Rちゃん特写におよそ20分。
 動きっぱなしのRちゃんとは2時間30分ほどのお別れで、おいらはライヴ会場へ。

 先日書かせて戴いたライナー・ノーツの載った『Live〜ジェイク・シマブクロの世界』発売以来のライヴ・ツアーとなる。
 会場はチケット完売の様相で場内満席。大量に陳列されているCDの平積み加減が嬉しかった。
 
 初期のアルバムからの選曲なり、懐かしい衣装での演出なり、CCDカメラをウクレレのヘッドに搭載し、大型スクリーンで奏法をしっかり見せる演出やらと、趣向を凝らしたアイディアが会場の空気を和ませ、そして凝視させた。
 常に立ち止まらない偉大なる音楽家:ジェイクの演奏が今日もありがたい。
 
 登場するまで知らなかったが、ゲストにはアコースティック・ギタリストの押尾コータロー。
 YouTubeなりテレビでその卓越した超絶技巧は知ってはいたが、彼の最新アルバムからのオリジナル曲を始め、その明瞭で美しい音色がまずは際立っていた。やはりとんでもなく上手い。
 ジェイクとのセッションが命題となるのだが、中でも後半に魅せた「Five Dollars Unleaded」の2人かけあいは正に圧巻。
 誤解を恐れず言えば、このテイクは彼らにもそうそう簡単に再現は出来ないのかもしれないと思わせた。それほどの極めた演奏と言えた。
 互いのインプロの極みからエンディングへと叩きつけるキメまでがものすごい化学反応を実現させていた。
 (後で聞いたのだが)限られた打ち合わせの時間しかなかった故、双方がどう掛け合ってくるのかは、本番のテンションでないとお互い解らない境地だったことだろう。
 世界最高峰の演奏と認識する、すさまじき瞬間の証人となれた今日はラッキー。

 公演はアンコールを含んでおよそ2時間30分。
 終演後、控え室でジェイクとの再会をRちゃんと果たし記念撮影。一眼レフが活躍。
 押尾さんもご紹介戴き、彼の最新アルバムを贈呈戴き感激。

41e6N%2BYPNuL._SS500_.jpg

 押尾さんのゲスト出演はスケジュールの都合上、昨日と今日の2カ所、東京公演のみ。特別な1日だったようだ。
 せっかくなのでRちゃんと押尾さんとの2ショットも実現の運びとなり、ムードメーカーなRちゃんの存在の大きさをここにきて再確認。
 Rちゃん、恐るべし。

 夜帰宅し、JAFを呼んだ。
 「バッテリーの残量は計測すると0。チャージしても数値が安定していないため、アイドリングとか、少々走る程度では一度止めたら再びエンジンがかからない確率もあり。GSでチャージするにせよ、これからなら24時間の店でなければならないし、最低でも半日〜1日は車両を預けなければならないはず」
 と診断されたので選択肢はほとんどなく、17000円の大枚をはたきバッテリー新調(泣)。
 
 気持ちとしてバッテリーのテスト運転も兼ね、ともかく車を動かしたかったのでRちゃんを連れ立ち、Sちゃんスタジオへ走らせた。

 スタジオにたまたま居合わせた最強スタッフ:Mちゃん、小Sちゃんとの嬉しい再会ともなり、Rちゃんは初対面の機会を得、なんと嬉しき邂逅となったことか。
 それまで気乗りしていなかったRちゃんの発言が嘘のように、Sちゃんスタジオ玄関前に到着したとたん、走り込んで家屋の中に入り、「うーたーまんいったよ。うーたーまんいったよ」とSちゃんに語り出したRちゃん。
 大いに笑った。

投稿者 yonezawa : 02:06 | トラックバック(0)

2009年 08月 22日

JCM800

%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%B3.jpg

 デスクに張り付いてやるべきことを行っていると、リハーサルの時間があっと言う間にやってきた。
 来週の本番の際、ライヴハウスにあるアンプの中で使用するのは多分マーシャルJCM800のようだが、未確認アンプなので、本体自体でどれほど歪むのか検討がつかない。
 なので念のため、久々にサンズアンプとODを引っ張りだしてきた。が、ここ何年もエフェクターはペダルワウ以外に使ってなかったので、短いシールドも探さなければどこにあるのか解らない状態。
 丁度、高校生時代と同じような「エフェクターを持っていない状態」に落ち着いていたので、どこそこに何の機材をしまっているのか探すのが一苦労。
 機材の特性を知り尽くしたギターテクが居るなり、よほどのことがない限り、今後も使わないだろう。

 本番直前のリハは、皆様方勿論これまでの最高の出来であり、練習後のポッピーも格別なものがあった。
 山形くんだりより重量のあるメンバー分の(名物の?)こんにゃくを買ってきてくれた、バンド最年少の青年:Sくん、サンキュ。

投稿者 yonezawa : 14:44 | トラックバック(0)

2009年 08月 19日

18巻、ジェイク・シマブクロの世界、ドロップ

18_%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1.jpg
 
 本日、ヤンジャンコミックス『SIDOOH/高橋ツトム』18巻発売。
http://www.amazon.co.jp/dp/4088776992/
 内容と同じ輝きを放つ、この光沢のある刀が目印だ。

 さらに本日、ライヴ~ジェイク・シマブクロの世界~-初回生産限定盤-DVD付-ジェイク・シマブクロ〜発売。
http://www.amazon.co.jp/dp/B002B5WUAK/

 ジャケ写アートワークは、日本が世界に誇る漫画家:谷口ジローの描き下ろし!
 ライナー・ノーツはおいら米澤和幸が担った。

0_.jpg

投稿者 yonezawa : 18:06 | トラックバック(0)

2009年 08月 15日

下見

key_eg-fenus-amst-st-blkm.jpeg

 3時間のリハを経て、再来週本番を控えるライヴ・ハウスを下見。
 使用アンプにはマーシャルJCM800を確認。
 使ったことがないシロモノであるが故、当日の調整でぶっつけ本番の様相。
 

投稿者 yonezawa : 14:42 | トラックバック(0)

2009年 08月 14日

Les Paul

les.lpg.jpeg

 昼過ぎ、KJ兄からのメールでレス・ポール御大ご逝去の訃報を知る。
 絶句…。「ついに逝ってしまったのか…」

 エレクトリック・ギターは彼の存在なしでは語れない。
 ギブソンのオフィシャルサイトには、多くの有名ギタリストのコメントが寄せられていたが、ギタリストであると同時に発明家であったレスの存在は、どのギタリストにとってもその存在はあまりに大きかった。
http://www2.gibson.com/Gibson.aspx

 何年おきかに仕事でNYを訪問する機会もあったが、いつも、レスの恒例ライヴの曜日「レスポール・ナイト」には日程があわず、それを理由に結局一度も彼の生演奏を聴く機会には恵まれなかった。
 エレキギター本体の開発しかり、マルチトラックの発明家ともなれば、世界でどれだけの音楽に携わる人々がその恩恵を受けてきたか。その功績は、プロツールス全盛の時代における現代であろうともすべての発想の源だと言えた。

 16歳で親父に7万円借りて買った最初のエレキギターが国産レスポールだった。
 レオ・フェンダーが逝き、そしてレスが逝った。
 エレキギターの歴史における大きな節目の一日となった。合掌。

投稿者 yonezawa : 14:41 | トラックバック(0)

2009年 08月 10日

Canon announces EF-S 18-200mm f/3.5-5.6 IS lens

51pA1-0%2B0OL._SS500_.jpg

 サマソニに続く、本日の単独公演のため来日中のアロハ・フロム☆ヘル(ALOHA FROM HELL)ライヴ観戦のため代官山ユニットへ。
 客は、(見るからに)女子高生多勢を含む、その年代から始まる男女で占めていた。
 抑揚とか達観という言葉はまるで思いつかないものの、この年齢でしか為し得ないパワーと若さの炸裂する、ここ最近のライヴでも超ラウドなライヴだった。

 演奏中(ヴォーカル音声の技術的なイコライジングに問題があり)左耳がもたないほどで、延々耳をふさぎながら聴き入るという奇妙な状態で観戦。
 これまで最も若い取材対象者は、映画『小さき勇者たち〜ガメラ〜』に出演した当時14歳ぐらいの女優:夏帆ちゃんだっと記憶するが、今日の彼らはその次に若いかもしれない。

 元気、若い、一直線。
 世界一ビジュアルにうるさい民族だと言える日本人に、持って生まれた日本受ウケも充分見込める、彼らアロハ・フロム☆ヘルはどこまで突き進むか。
 本国のドイツ語ではなく、曲もMCも全編英語で貫く彼らには個人的には人ごとだとは思えない感覚を抱いている。ROCKは英語に限る。


 取材を終え撤収。取材流れで「中野フジヤカメラ」を目指した。
 「中野フジヤカメラ」とは、プロの間でも超有名だそうで、この店の価格は「中野価格」と呼ばれ、価格.comよりも、大型家電量販店よりもカメラの安値店としてその名を轟かせているのだと言う。
 フォトグラファー:Tからは、これまでこまめにアドバイスを乞うていた。
 ピーカン日よりに今のRちゃんをどうしても一眼レフで抑えておきたい衝動を、この2年ほど思い描きながら、選択したのはデジタル動画の環境構築が優先だった。

 日に日に成長するRちゃんを横目に、「今の時期はモタモタしていたらモノの数ヶ月で終わってしまう」と、日増しに長くなるアンヨを眺めながら、いつでも良質の物件に出会えば衝動的にでも買う腹づもりは出来ていた。

 「中野フジヤカメラ」では迷わずEOS/CANONの前に陣取った。
 プロフェッショナルモデルであるMark II、あるいはハイアマチュアモデル5D等、ど素人的には妄想がふくれあがっていたが、プロであるTの的確なアドバイス(その機能、いりませんから。その機能、まず使いませんから等)と自分のスキルを顧み、加えて予算の都合で踏ん切りをつけ、10年ほど昔に購入した同じシリーズとなるエントリーモデル「EOS KISS ×3」に本体は確定させた。
 そしてレンズは18-200mmをチョイスすることで落ち着いた。

kiss3.png

kiss3%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.png

 周辺機器は、予備のバッテリー、レンズカバー、4GのSDカード、フード…そんなところ。
 軽さと機能性を重視し、変に気合いの入った機材では扱い勝手も悪かろうと己の面倒くさがりな性質も踏まえ決断した。

 機種にもよろうが、この一眼レフの動画モードは本気で映画並のクオリティで撮れるそうだ。
 静止画用のカメラであるが故、動画撮影の機敏性に関しては不備があろうが、きめ細かさの画質に関しては突き抜けてイイそうだ。
 カメラを買えば(その瞬間だけ)知識がついてくる。

EF-S-18-200mm-f3.5-5.6-IS-SLANT.jpg

 店員にお願いし、事前にサンプル品本体にレンズを取り付け確認したが、レンズが2.8でなくとも充分に明るいし何の問題もナシ。
 さて、明日からどう撮ろうか。

投稿者 yonezawa : 18:16 | トラックバック(0)

2009年 08月 8日

リハの時間

51PtWiXNAdL._SS500_.jpg

 気がつくとリハの時間になっていた。
 常々楽曲制作者よりコード譜を綺麗にプリント・アウトしてもらってのリハなので、体と楽器2つでスタジオへ赴けばよいのだが、(ライヴで見やすいように)コード譜の文字をもっと大きくしたいと考えた。
 あらかじめテキスト・データを送ってもらい、自ら再構築してみたらばコードと歌詞の抜け箇所が発覚。

 コード譜に頼ってライヴ演奏すると完全に紙頼りになってしまい、生演奏に関してはソレを見ないと永遠に自信がつかないテンションに落ち着く。
 今回もコード譜頼りでのライヴとなるが致し方なし。
 
 リハ後、メンバーと乾杯。
 今夜に関しては明日午前中の諸事情もあったので、ちょっとセーブしようと思っていたところ、なんだか知らないうちにかなり回っていた。

 朝、ちゃんと着替えて布団に寝ており何も問題はなかったのだが、久々に、帰宅した記憶が丸ごと抜け落ちてしまい、曖昧だったのだ。

投稿者 yonezawa : 18:03 | トラックバック(0)

2009年 08月 3日

hibari & Pixie Lott

news_large_hibari01.jpg

 ↑に倒れた。絶賛発売中!


 午前中、都内某所着。
 初来日中の美人シンガー:ピクシー・ロット、インタビューへ。
 長旅の疲れか、前日からかなり体調が思わしくない情報を関係者より得ていたのだが、登場した彼女はとてもプロフェッショナルな気持ちを持ち合わせていた。
 2パターンの衣装によるフォトセッションを経てインタビュー・ルームへ移動。

Pixie%2BLott%2B%2BPNG-3.png Pixie%2BLott%2B%2BPNG.png

 イギリスはケント出身の若干18歳。
 今流行の、リアリティ番組やオーディション番組などテレビのバックグラウンドなしでデビューシングルを全英シングルチャート初登場1位に送り込んだ、初のUK女性アーティストとのこと。
 ポージングを決めてスチール撮影を行った時の大人びた雰囲気とはうってかわり、テーブルを囲んで質疑応答する瞬間、等身大の彼女の笑顔はまさに年相応。とてもキュート。
 
Pixie%2BLott%2BPixie_Lott_HD_1.png Pixie%2BLott%2BPixieLott03093.jpg

 デビューアルバム『Turn It Up』は9月に全英リリース予定(日本では10月14日)。 
 身長は180cm以上あるそうだ。

投稿者 yonezawa : 15:42 | トラックバック(0)

2009年 08月 1日

違法駐車

511P2650WPL._SS500_.jpg

 気がつけば後4回のリハで本番。
 何事も本番直前の一夜漬けでなんとか窮地を凌ごうという体質は変わらず。人間の性質は簡単に変わるモノではない。

 良好なるリハの終盤頃バンマス大先生からトンデモナイ話を聞いた。

 ご自身で所有している駐車場に知らない第三者の車が堂々と駐車しているとのこと。
 どこの誰なのか判らないので、ともかく車が移動できないようにご自身の車をせき止める形で駐車し、リハに赴かれた。ともかくリハ優先な大先生。

 その後、事の顛末を聞いて愕然。経過は以下に。

 「直ぐに警察(110)を呼び、ナンバープレートから当該車両の所有者を割り出し、警察から連絡を繰り返すも不通〜パトカーを呼んで付近を大音量でアナウンス。しかし反応なし〜警察曰く『マンションの敷地内の問題でもあり、これは民民なので警察はこれ以上の介入できない』〜そのまま当該車両を塞ぐ形で(当方の)車両を放置し、飲み会に合流〜深夜のご帰還〜一眠り〜翌朝、8:00 に現場に行き確認〜一切の変化なし〜「たいがいにしなさいよ、アナタ」という内容と同じ意味合いのメッセージを記載した張り紙をべた張りにして、(やむなく当方の)車両を移動させ帰宅〜管理会社にFAX 〜数時間が経過〜管理会社の担当者が再度警察を呼び、現場付近を大音量でアナウンス〜繰り返すこと数十分、やっと持ち主が現場に現れたそうで、車両を移動させ、幕〜但しこの犯罪者に対する個人情報の開示は(被害者サイドには)なし。警察の弁は『確信犯だな、この輩は』」

 なんて理不尽なんだ。

 こんなことなら「おいらの車で代わりに堰き止めにかかり、容疑者を完全に突き止めるんでした」とO先生にメールしたところ、「警察は(民民の問題にも係わらず)ここまで遣ったのだから充分…ということでしょうし、こちらの顧問弁護士から警察に訴えて、相手方の個人情報開示を行わせた上で当該犯罪者に対して『損害賠償請求』を行うにしても賠償金額が少なすぎる(せいぜい、コインパーキングの費用程度か?)し、かえって弁護士費用の方が高くつくこと。裁判所も(この程度であれば)和解を薦めること(そもそも、軽犯罪としては軽微な問題なので訴訟として受け付けてくれない可能性が経験的にはあり)等を勘案すると、結局、警察の言うように、相手は『確信犯』としか言いようがないと思います」といったものだった。

 O先生には同情。個人的には実に腹立たしい事件だった。
 同時にこの一件で、「公道に無断駐車で放置するより、他人の敷地に無断駐車する方が刑罰がない」という事実が発覚したのである。

 頭にきたおいらの「せめてタイヤに穴ぐらい空けるんでしたね」の意見に対し、大先生は「但しタイアに穴を開けると犯罪になるしねぇ。後段は『単なる脅し』に過ぎず、管理会社も『穏便にことを済ませよう』とするので、結局は『泣き寝入り』ですが、これは(ごね得? に通じる)法治国家の罠ですねぇ」との回答。確かに。

 バンマスにしてギタリストにして無限創作者にして医学界の権威:大先生、終始冷静。さすがでした。

投稿者 yonezawa : 15:45 | トラックバック(0)

2009年 07月 21日

Yesの紙ジャケ

41F41A1M5BL._SS400_.jpg

 ワーナーミュージックよりYesの紙ジャケ SHM-CDシリーズが全作品リリース。
 先日、DJの亀渕兄もブログに書いておられたが、日本人の作る紙ジャケットの精密さには呻るモノがある。
 現像するLP現物のジャケ写を直にスキャンしてアートワークとして起こすのだろうが、ここまで緻密に再現する民族は、他国には居なかろう。

 前に書いたサンタナ『ロータスの伝説』にしてもどえらい物件だったが、こうして全アイテムを一度にまとめてドーンと眺めると、CDながらも大変な迫力を感じ受け、製作者の顔が浮かぶだけに余計労いたい気持ちになる。
 Oちゃん、お疲れさんでした。毎度毎度感謝!

 ハッキリとした記憶はないが『こわれもの』の中の『ムード・フォー・ア・デイ』には確か1日(15分程度?)だけ完コピにトライして投げ出した覚えがあったようなないような…。
 勿論、多分に洩れず『ラウンドアバウト』だけを人並みにつま弾いた記憶はしっかり思い出していた。

 よいアルバムは、時代の空気と演者の感性が混じり合い、融合し、再現不可能な化学反応の物体として昇華してきた。誰にも作り出せない色彩だ。
 どのアルバムにもあの頃の空気が満ち溢れている。

51PvtOjVklL._SS500_.jpg

投稿者 yonezawa : 17:55 | トラックバック(0)

2009年 07月 16日

VOX

vox_da5rd2.jpg

 久々に楽器屋をのぞけば、入口近くのアンプ売り場に超ローコストの赤いVOXアンプを発見。
 本誌の撮影に使う可能性も想定し試奏してみたが、音質の多面性に驚いた。
 今時、新しいアンプなど試したことが無く、アンプ自体の2ボリュームによってどれほど心地よきファズ効果を得られるかだけが唯一興味のポイントなので、エフェクト効果としては今も昔もペダルワウ以外まったく必要を感じない。
 しかしながら本機種は、タッチワウを始め、フェイズ効果、リヴァーブ効果等、何十通りも組み合わせの出来るオモチャアンプ。なかなか馬鹿に出来ない楽しみ方を有した物件だ。

 価格は1万円2000円前後程度(後で調べたら、ネットでは半額程度の価格で出ていた)。
 よく見かける飾りのようなミニチュア・アンプを7000〜8000円で買うなら、こちらの機種を買った方が遊び甲斐は充分ありそう。
 
 店員によれば、現在VOXは本国での生産は終わっているそうだが、おいらはVOXのペダルワウはもう20年以上使っている。ある意味、筋金入りのVOXユーザー。

 都内移動中の交通機関に乗車する際、慢性的睡魔は未だ続く。
 深夜バスに乗った際、降りるバス停を乗り過ごしかけ、慌てて下車した。

投稿者 yonezawa : 20:17 | トラックバック(0)

2009年 07月 14日

singer

love.jpg 51SqrHHntzL._SS500_.jpg

 昨日のローラ・イジボアのライヴで、後半にゲストが登場することは窺っていたのだが、それが日本のソウルシンガー:福原美穂だとは知らされていなかった。
 ローラの輸入盤が出た頃、いち早くその感想をブログに書き綴ったという彼女は、ローラと共にキャロルキングの『You've got a friend』を熱唱。
 アコギ1本で奏でられるシンプルな演奏が清々しさを思わせ、福原もローラと十二分に渡り合える歌唱力を披露。
 思わぬ場所で予想だにしなかった体験を得られラッキー。

 日本の女性シンガーは、例えばスーパーフライ、LOVE、多和田えみ、森恵、そして今回初めて生を知った福原美穂しかり、優秀な人材が溢れている印象。

51wp7tosOyL._SS500_.jpg 51y5wlEB9NL._SS500_.jpg

 WPBUSTOPCABOCHARD

投稿者 yonezawa : 11:40 | トラックバック(0)

2009年 07月 10日

SIMON & GARFUNKEL

51ebm0pnfML._SS500_.jpg

 公園のお散歩から帰宅してきたRちゃんの元気な声でしっかり目覚める。
 帰宅早々、チョコ味のアイスを食べるものだから、昼食のオムライスをなかなか食べてくれないRちゃん。
 
 リビングのエアコンをいよいよ本格稼働させねばとリモコンを探すが、これが不思議とみつからない。
 冬場もほとんど暖房にエアコンに頼ることがないので、夏前後の1シーズン程度のみ稼働させるのだが、心当たりの場所に置いてあったハズのリモコンが見つからない。何故だ?
 汗だくになり、本気でありそうもない場所も確認してみたがまったく出てこない。不思議だ。
 やむなくメーカーに問い合わせ、品番を確認しヨドバシカメラで注文。
 いまだ同じ機種のリモコンは製造していた。
 注文から1週間から2週間は取り寄せに時間がかかるそう。価格は6000円。ツーっと背中を汗が流れた。

 夕方、楽しみにしていたサイモンとガーファンクルの東京公演へ。
 チケットはアリーナ席のAブロック。並びには、人として、仲間として敬愛するHさんとKさん夫妻。
 ポール側の、かなりステージに近いラッキーな場所からの観戦となった。

 暗転〜そしてあの2人がステージ中央に登場した瞬間、大きく感慨深い気持に包まれる。
 『Old Friends ~ Bookends Theme』のアコースティックがズキンと胸に染みいる。

 今回演奏はされなかったが、中学時代、Iの家で聴いたIのギターによる『4月になれば彼女は』を鮮明に思い出していた。
 おいらのギター歴が始まることになったきっかけは、Iによるサイモンとガーファンクルのカヴァーが最初だったと認識している。
 男子の場合、「女の子にモテたくてギターを始めた」というパターンが多いと聞くが、おいらは「Iのように『4月になれば彼女は』を弾けるようになりたい!」只その一点の思いでギターを弾き始めていた。

 『冬の散歩道』のリフの素晴らしさ。
 これこそがオリジナルなんだ! と一々胸が高まりながら『アメリカ』『スカボロー・フェア』『ミセス・ロビンソン』『コンドルは飛んで行く』etc...曲の美しさに、優しさに終始打たれ続けた。
 涙がこぼれ落ちることはなかったが、終始瞳はウルウルしっぱなし。名曲が有り難かった。

 バックを務めるミュージシャンも温かい。フレットレス・ベースも味わいのあるドラムスも申し分のないものであり、当たり前なのだろうが、生で聴いたポール・サイモンのアコースティックはとても巧かった。
 終演後、Kさんと握手を交わし、Hさんと銀座へ。
 Hさんの馴染みの店:Kで乾杯。今宵はベストの面子で最高の音楽に浸り、最善の食材を戴くとても贅沢で破格の夜となった。

 サイトで見つけたセットリストは名古屋公演のものだが、ほとんど同じだったように思う。

7/8(水) ナゴヤドーム
7/10(金) 東京ドーム
7/11(土) 東京ドーム
7/13(月) 京セラドーム大阪
7/15(水) 日本武道館
7/18(土) 札幌ドーム


7月8日(水)@ナゴヤドーム
1. 旧友〜ブックエンドのテーマ/Old Friends ~ Bookends Theme
2. 冬の散歩道/Hazy Shade of Winter
3. アイ・アム・ア・ロック/I Am a Rock
4. アメリカ/America
5. キャシーの歌/Kathy's Song
6. ヘイ・スクールガール/Hey Schoolgirl
7. ビーバッパ・ルーラ/Be Bop A Lula
8. スカボロー・フェア/Scarborough Fair
9. 早く家へ帰りたい/Homeward Bound
10. ミセス・ロビンソン/Mrs Robinson (includes Not Fade Away)
11. スリップ・スライディン・アウェイ/Slip Slidin' Away
12. コンドルは飛んで行く/El Condor Pasa
- - - Art Garfunkel solo - - -
13. ブライト・アイズ/Bright Eyes
14. ハート・イン・ニューヨーク/A Heart in New York
15. パーフェクト・モーメント〜ナウ・アイ・レイ・ミー・ダウン・トゥ・スリープ/Perfect Moment ~ Now I Lay Me Down to Sleep
- - - Paul Simon solo - - -
16. ボーイ・イン・ザ・バブル/Boy in the Bubble
17. シューズにダイアモンド/Diamonds on the Soles of her
18. 時の流れに/Still Crazy After All These Years
19. ニューヨークの少年/Only Living Boy in New York
20. マイ・リトル・タウン/My Little Town
21. 明日に架ける橋/Bridge Over Troubled Water
- - - - - encore 1 - - - - -
22. サウンド・オブ・サイレンス/Sound of Silence
23. ボクサー/The Boxer
- - - - - encore 2 - - - - -
24. 木の葉は緑/Leaves That Are Green
25. いとしのセシリア/Cecilia

投稿者 yonezawa : 18:19 | トラックバック(0)

2009年 07月 7日

トミー・エマニュエル

B0009GX20U.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V1115769244_.jpg
 
 10月の、トミー・エマニュエル単独来日公演が知らない間に決まっており、あわてて手配。
 情報を集めれば、このライヴでとんでもないジョイントのコーナー(?)があるとかないとか。共に観戦を目論んでいたスーパギタリスト:Mさんのライヴ・スケジュールと重なっており、実に残念ながら、ともあれ見逃せない人生2度目の生トミーには期待大。
 

投稿者 yonezawa : 02:02 | トラックバック(0)

2009年 07月 4日

ベーシスト

51MQVO0KRiL._SS400_.jpg

 夕方からのバンド・リハーサルではベース:Yっちゃんが欠席。
 代わりにバンマス:大先生(ギター&ヴォーカル)がベースも持参し、オイラがスタジオに到着した頃にはジャズベをバリバリ弾いていなさった。
 元々、70年代の自身のバンド『俄』にはベース&ヴォーカルで参加されたそうだ。
 どうりで普通にゴリゴリ弾けるハズだ。

 最近仕上がったと言う曲を中心に演奏。なかなかの手応えだったのでこの時期になって本番のレパートリーを数曲差し替える流れに。
 色彩豊かな曲の輪郭が徐々につかみかけてきた感触だ。

 スタジオより徒歩1分程度の居酒屋に、店名が変わって初めて訪れた。
 旧『ことぶき』。
 ビールと緑茶割り数杯でめっきりほろ酔い気分になってしまい、軽く弾いたアコギもおぼつかなくなった。
 昔から、それなりに酔ってしまうとオソロシイほど指が動かない。
 ドロップDのインド風新曲、ソロはどうしたものかと考えながら、霧状の雨に頬を打たれながら地元民丸出しのママチャ引きながら帰宅。

投稿者 yonezawa : 02:38 | トラックバック(0)

2009年 06月 27日

バンビ

51TYVM3B9NL._SS500_.jpg

 午前中よりRちゃんは、ママ知人宅へ訪問お供のため外出。
 終日ちょっと寂しいひとときを過ごす。

 午後2時を回った頃、用意してあった焼きそば炒めて昼食に。
 夕方まで、録り溜まった番組を見て随時消去。半分以上居眠りしながら。
 シャワーを浴び、午後7時からのリハーサルのためスタジオへ向かう。
 
 8月のライヴへ向けたバンビのリハーサルが本格始動。
 曲に関する己の解釈不足は棚に上げ、初回のリハにしてはより完成度が高いという印象。みな、持ち場持ち場の仕事を最善の姿勢で紡ぎ上げてゆく。
 前回ジャストだった感覚から一転し、手探りとなってしまったあるオリジナル曲のノリに一人違和感を感じていたのは、おいら一人前回のおさらいが出来ていなかったからだろう。
 バンマス:大先生の、まるで高校生時分の頃のギター熱を思わせる愛しいギターとの接し方を聞いたら己の反省を促された。もっともっとギターと戯れねば。

C01.JPG

 フォーク、ロック、ジャズetc...すべての音楽性を網羅する大先生&はるちゃんの創造世界。変幻自在、多種多様の楽曲。もしかしたらおいらは、とんでもない創作の場に立ち会っているのかもしれない。

 それにしても先日のマイケル・ジャクソンの悲報には驚いた…。本人はもとより、とりたててジャクソン5は大いなるフェイバリット・グループのひとつだっただけに、今後の創造が絶たれたかと思うとものすごく残念。
 巨万の富を築きあげた後、わらわら集まる夥しい取り巻きと付き合うことを運命づけられたスーパースターの境遇。
 結局、自身を守りきれず、人間性までを貪り尽くし破壊されるほどの悲劇に埋没してしまった結果だったのでは? っと真相は一般人には決して判りようがないながらも、彼の不幸を想像した。
 一緒にするわけにはいかないが、以前パリス・ヒルトンと対峙しインタビューした時、真っ先に取り巻きの人々がまず(常識的、社会的に)ダメだと感じた。あの感覚を思い出すのだった。(些細なことにしろ)軌道を逸したパリスに注意する人がいないのだから。

投稿者 yonezawa : 16:00 | トラックバック(0)

2009年 06月 26日

Magnus Hjorth Trio

 自宅パソコン完全復興まで、もうちょい時間のかかる案配。
 デザインの上がった入稿原稿を製版所へ。
 上がってくるまでの数時間を利用し、編集部を飛び出した。
 お茶の水『Naru』へ駆け足移動。
 随分前から夢枕獏事務所:中條氏より情報は頂いており、今日がお誘いを受けたライヴの日であった。
 演者はジャズトリオのマグナス・ヨルト・トリオ。

70726f647563742f356136323961623231632e6a70670032353000.png

 以下、関連サイトの紹介文…録音:2008年9月/スウェーデン
 マグナス・ヨルト(p)、ペーター・エルド(b)、スノーレ・キルク(ds)

■西洋の花嫁への4つの格言、Something Old(何か古いもの)、Something New(何か新しいもの)、Something Borrowed(何か借りたもの)、Something Blue(何か青いもの)これらを身につけると必ず幸せになれるという習慣。本作品ではこの格言から「Old=伝統の継承」「New=新鮮さ」「Borrowed=メンバーとの結束」「Blue=純潔」 を自身の音楽創りに置き換えて創り上げられた、デンマークの若手最注目ピアニスト、マグナス・ヨルトのSTUNT RECORDS デビュー・アルバム!

■自身のオリジナル曲の創作や新たなプレイ・スタイルの構築のために、スコット・ジョプリン、バディ・ボールデン、ジェリー・ロール・モートン、キング・オリバー、フレッチャー・ヘンダーソン、ルイ・アームストロングなどジャズの創始者と言われるアメリカのミュージシャンの作品からハーモニー、メロディ、リズムのスタイルや当時の歴史を研究することに2年以上の時間を費やしたとされ、本作品へ懸ける熱い意気込みが感じられます。また、マグナス・ヨルトによるピアノは、アート・テイタムやファッツ・ウォーラー、ジェイムス・P.ジョンソンなどのラグタイム・ピアノから発展したスライド・ピアノ・スタイルを取りいれたパフォーマンスも聴かせます。
 さらに、ジャズの中でも重要な位置に置かれるブルースについてはアームストロング、エリントン、モンク、ミンガス、パーカー、コルトレーンらの作品から学んだものを自身の音楽へ取り入れている。

■歴史を振り返ることで、伝統的なスタイルに新たな魅力を加えてオリジナルを創り上げるという感性の素晴らしさとジャズに対して純潔に真摯に向き合うことで創り上げられた本作品。豊かな感性と類稀な実力を兼ね備えたフレッシュなトリオは計り知れない魅力を感じさせます。

 『闇狩り師 黄石公の犬』発売記念サイン会会場より駆けつけた作家:夢枕獏さんも現地で合流。ドラマーはアルバムのメンバーではなく、日本人ミュージシャンが務めた。

CA1123.JPG

 今日の公演を含む4会場での公演を予定している彼ら。狭い店内は空席のないほど満場の人々で埋まっており、フリーダムに繰り広げられる類い希なジャズ演奏に耳を傾けた。
 
 都合3部構成。観衆の熱に対して白熱の演奏で答える彼ら。
 3度目の、最後のインターバルの際、丁度隣り合わせた彼らとしばらく歓談する機会を得た。
 
 初来日だと言う彼ら。ベーシスト:ペーターも、これ以上ないほどの技量を有するとても魅力的なプレイヤーだ。ある種、彼は超絶技巧の類でもあるミュージシャン。
 ウッドベースで4ビートを奏でる彼に、正反対のロックミュージックへの興味を伺ったところ、当然のようにレディオヘッドがフェイバリットバンドである旨を教えてくれた。
 勿論エレクトリック・ベースも所持しているそうだ。

 マグナスには、日本が世界に誇るピアニスト:上原ひろみの名を出したところ、彼は当たり前のごとく上原ひろみをリスペクトしており、彼女を労った。
 マグナスもペーターもナイスガイ。思わずe-mailアドレスを交換。

 先頃発売した『OLD NEW BORROWED BLUE』は必須のチェック・アルバムの1枚。せっかくなので我が家の姫:Rちゃん宛にサインを戴く。マグナス&ペーター、サンキュ!

 編集部へ帰還し入稿を済ませ、深夜にTと待ち合わせ。
 若くして旅だってしまったT母親の献盃を、葬儀後初めて交わした。

投稿者 yonezawa : 15:20 | トラックバック(0)

2009年 06月 25日

MOJITO

5152MNEQR3L._SS500_.jpg

 B社が近々に社屋をS社に移し、本国と同じ形態の会社として再起動するニュースは、昨年から聞かされていた。
 編集の先輩:T氏の要望で、レコード会社の近況をご教授戴くべく、名刺がS社となったHちゃんを交えての食事会をセッティング。
 西麻布「真」着。

 九州出身の父親を持つHちゃんは、プロモーターとしての仕事も完璧で、良き意味で年齢に似合わず仕事を円滑にこなすクール・ビューティな才女。
 おまけに父親譲りなのか酒も強い。
 
 すれっからしのロック信者であるおいらが、今ロック啓蒙のほんの一端を担えるような立場にもしあるなら「是非とも次回はこうしたい、ああしたい」などと妄想しながら、洋楽話に花が咲く。
 漫画、ロック、映画、スポーツ、すべてのカルチャーの中から良質なモノを抽出して紹介してゆければ、いち発信者としては本望だ。

CA001.JPG

 酒豪ヘミングウェイが愛飲し、エレキギターの神:ジェフ・ベックが好んで飲むと言うカクテル「MOJITO」を、昨日のジェフ65歳の誕生日に飲めなかったので、本日改めてジェフに乾杯。

投稿者 yonezawa : 15:18 | トラックバック(0)

2009年 06月 22日

Yael Naim / ヤエル・ナイム

51LPWIWpv9L._SS500_.jpg

 米アップル社のノートパソコン「MacBook Air」のテレビCMに採用されたことで初めて認識した。現在、NISSAN cubeのCM曲「ピクニック」が大量OA中、ヤエル・ナイムの来日公演:渋谷クアトロへ。
 
 「アレサ・フランクリンなどの影響も受け、自らのヴォーカルの才能にも気が付く。18才の時にはジョニ・ミッチェルに傾倒」とある資料の情報が、なるほど! と納得出来るほど、情感豊かに奏でられる彼女の創造する音楽に惹きつけられた。
 
 バンドも申し分なし。ライヴによって醸し出る空気の素晴らしさ。ノラ・ジョーンズの優れたバンドにも匹敵するほど完璧と言えた技量に加え、人間味を感じさせる小粋なプレイの数々。
 ドラムス、そして特にフレットレス・ベースで小気味よいオブリガードを決め込むプレイヤーが素晴らしかった。
 ヤエル・ナイムの前回の公演を見逃してたおいらは不覚だった。
 CDでは絶対に伝わらない、オーガニックで魅力溢れる本物のパフォーマンスに酔った。

CA3A0739-0001.JPG CA3A0740-0001.JPG

 夕飯は、久々の面子:K、U、N&初ゲストのGちゃんと『佐賀雑穀』で乾杯。
 あらかぶ(大きいかさご)、いさき、赤はた、わらすぼの絶品なこと。

CA3A0741-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 20:07 | トラックバック(0)

2009年 06月 18日

三軒茶屋

51t0X9Q4-NL._SS500_.jpg

 三軒茶屋の名店をJ社:Uにご教授いただき、1年ぶりに卓を囲む。先日、リサ・ローブの取材でご一緒したMくんも同席し、音楽話に花が咲く。

 仕事で絡む場合、お互いの年齢なり家庭環境(嫁、子供の存在など)等話す機会もあまりないが、子育て話なり、音楽以外のエピソードを語り合えば相手の人となりがかいま見え、空間は温かい空気に包まれる。

 10歳も若いMくん、深夜といえる時間にありながら、店を出た後「渋谷のクラブ・イベントへ行きます!」と元気に消えていった。

 Uちゃんを連れ、三茶に来たなら寄らずにおかない、梯子したもう1件の店:つぼ倉へ。
 大将の飾らない気質が心地よい夜更けだ。

投稿者 yonezawa : 20:08 | トラックバック(0)

2009年 06月 5日

キャス単独取材

HEYMONDAY.jpg

 都内某所、ヘイ・マンデーの紅一点:キャスへの単独取材日。

 関連サイトより
 「ヘイ・マンデー…フロリダを拠点とする5人組。アコースティック・ギターを弾きながら歌える紅一点キャサディーのキャッチーなメロディーとスムースな歌声にのせて届けられるのは、ティーンの心をキラキラとときめかすストレートな恋愛ストーリー! そして本作のプロデュースを担当したのはメトロ・ステーションやジム・クラス・ヒーローズらを手掛けたS*A*M&DAVE!彼らとバンドとのマッチングはカンペキ!また、アヴリル・ラヴィーン・バンドの元リード・ギタリストにして共作者であったエヴァン・トーベンフェルド(現The Black List Club)が「次のアヴリル」と評したり、日本の早耳ファンのブログなどでも、とにかくアヴリルやパラモア、アシュリーなどと並び評されている」
 
51zHLS500_.jpg

 待ち時間の間、控え室でキャス使用のアコギで、ボストン「モア・ザン・フィーリング」をぽろぽろ弾いていた最中、別取材を終えたメンバーが入ってきた。
 キリの良いところで弾き終えるとメンバーからの温かい拍手喝采。ちょっと嬉しい。
 ヘイ・マンデーとの初邂逅を果たす。

 ロケハンで決めた撮影ポイントでキャス(キャサディー)単独特写に20分。
 インタビュー・ルームへ引き返し、彼女への単独インタビュー。

 カラッとしたティーンならではのフレッシュな後光をビシバシ感じ受けながら、昨日見たライヴの印象を伝え、取材開始。

 一つ一つの質問に、大変明確に、かつ柔軟性を含んだクレバーな回答を示すキャス。とにかく気持ちが良い。彼女はパフォーマンス同様、とても魅力的な女のコであることを伺い知る。
 若き優秀な日本人も沢山いるが、取材時に感ずるのは海外ミュージシャンの圧倒的な返しの巧さ。
 回答の質が違うと思えるほど。気が利くと言うか格が違うと言うか。

 欧米の若者は幼き頃よりディベート等に慣れ親しんでいるのだろうが、それにしてもいい大人顔負けの凜とした態度が素晴らしい。
 キャス、サンキュ!
 
 夜、音楽業界のTを連れ立ち、立川の重鎮ギタリスト:デカパンと数年ぶりの再会。初の面子で親睦会。
 
 杯が進む頃、思いついたように語り始めたデカパン兄の残念話にうなだれる。
 4,5年前、メインで使用していた年代物のレスポールを泥酔の末、帰途の途中無くしてしまったそうだ。
 気がついたら自宅におり、道中の記憶はまったく無し。一切覚えていないそう。
 他人事ながら究極に恐ろしい失態話に愕然とさせられた。道路に置いてきてしまったのか、酔って誰かにあげてしまったのか、本人の記憶はゼロ。…多分もう出てこないんだろうなぁ。

 ティーンの頃、福岡郵便貯金ホールで見たアン・ルイスのコンサート。
 そのステージにはデカパンがいた。
 ライヴを見た日、「こりゃ、外タレ見る必要ないな」と感じさせた程、圧巻のパフォーマンスを確信したものだった。
 あの日弾いていた、あのレスポール・サンバーストが紛失とは…再び呆然。

投稿者 yonezawa : 17:16 | トラックバック(0)

2009年 06月 4日

ヘイ・マンデー・ライヴ

8.53222.jpg

 以前から最も興味のある時計ブランド「チュードル」の商品はすでにデッド・ストックしかない、と言う情報を第三者より得、関連サイトを覗く。
 きっと時が経てば経つほど、現状よりも価格は上昇するのだろう。
 
 午前中、Rちゃんとリビングをいっぱいに使い、交代で「よーい、どん!」のかけっこ。
 わずか10本の往復でヘトヘト。
 それでも「もっともっと」と要求するRちゃん。
 
 夕方、小腹を満たすべく渋谷「喜楽」へ。
 今日の「喜楽」ほぼ満点。味にばらつきがあったのか、前回には感じられなかった舌感動にみまわれる。

CA3A0703-0002.JPG

 クアトロにて2度目の来日を果たしたヘイ・マンデー・ライヴへ。
 若い時分にしか成しえないストレートなパフォーマンスを拝見し、己の懐かしい彼の日を回想しながら観戦。
 集まったファンはすでに歌詞も熟知。理解の深い熱気あるオーディエンスはモッシュにダイブ。
 明日はヴォーカル:キャスに単独取材。

投稿者 yonezawa : 16:59 | トラックバック(0)

2009年 06月 1日

のぞみで帰京

51eGh66hX3L._SS500_.jpg

 大阪より金沢入りするという先ちゃん、タムタムらより一足先にチェック・アウト。
 なんばで今回初めてうどんを喰い、新幹線の切符購入。

CA1.JPG

 12時発ののぞみで帰京。地下鉄を経由し出社。
 
 以下、同士『ショーベーの「SHOWBIZ NEWS」&LINKS』よりそのまま添付。

 ザ・ビートルズも、レッド・ツェッペリン同様、人生の中で何度同じアルバムを買い直す悩みに直面することだろう。
 「出荷停止」の言葉で秋までの購入欲をあおり、「マスター」盤の登場で再びコレクションしているアルバムと同じ内容のCDを購入するファン。
 悩みどころのイタチごっこだ。「大人買い」という言い得て妙なフレーズを顧みる瞬間。

http://plaza.rakuten.co.jp/shobei1964/diary/200906010001/

ザ・ビートルズのオリジナル・アルバムが全世界で出荷停止

@ぴあ配信記事

 9月9日(水)に全オリジナル・アルバムがリマスターで発売されるザ・ビートルズ。これを受け、現在販売されているオリジナル・アルバムの全てが5月31日をもって出荷停止となった。これにより現行のオリジナル・アルバムの販売は店頭にある在庫のみとなる。

 対象となったアルバムはデビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』から、最後のオリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』までのオリジナル全13タイトルと、アルバム未収録曲を収録した『パスト・マスターズ VOL.1』及び『VOL.2』、そしてこれらアルバムをセットにした『ビートルズ BOX』の全16商品。9月9日にはこれらアルバムがリマスターされ、パッケージも一新されてリリースされるため、1987年の初CD化以降、慣れ親しんできた音や仕様パッケージは現在の店頭在庫を最後に入手困難となる。

なお、今回の出荷停止は全世界的な措置のため、現在輸入盤として流通している海外盤も現在の店頭在庫で終了となる。

■出荷停止対象商品
『プリーズ・プリーズ・ミー』(TOCP-51111)
『ウィズ・ザ・ビートルズ』(TOCP-51112)
『ハード・デイズ・ナイト』(TOCP-51113)
『ビートルズ・フォー・セール』(TOCP-51114)
『ヘルプ!』(TOCP-51115)
『ラバー・ソウル』(TOCP-51116)
『リボルバー』(TOCP-51117)
『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(TOCP-51118)
『ザ・ビートルズ』(TOCP-51119〜20)
『マジカル・ミステリー・ツアー』(TOCP-51124)
『イエロー・サブマリン』(TOCP-51121)
『アビイ・ロード』(TOCP-51122)
『レット・イット・ビー』(TOCP-51123)
『パスト・マスターズ VOL.1』(TOCP-51125)
『パスト・マスターズ VOL.2』(TOCP-51126)
『ビートルズ BOX』(TOCP-50501)

投稿者 yonezawa : 18:39 | トラックバック(0)

2009年 05月 29日

片面CD、片面DVD

41M3B3FJJ1L._SS500_.jpg

 DMBのこのアルバムは、片面CD、片面DVDというシロモノ。
 こんな両面仕様の盤は初めて見た。
 ところがDVDサイド、既製の国内DVDレコーダーではリージョン違いで再生不可。
 同じバンドの他の輸入盤CDに付属するDVDは再生可能なのにややこしい。

 早朝8時の高速バスで帰郷の義母。あっと言う間の1週間が経過した。
 「おったんとお留守番!」と言って、外出の準備を手こずらせたRちゃんは、意志とは裏腹に服を着替えさせられ、おばあちゃんのお見送りに羽田まで同行させられた。

 今朝3時間睡眠。朦朧の頭のまま、録画した番組を見た後消去するべく再生。しょぼしょぼした目が画面を見ていられない状態で、音声だけ聴きながら数本の番組を鑑賞直後に消去。
 ディズニーだ、アンパンマンだ、しまじろうだ、ハッピー!クラッピーだと自動録画の番組が増えたせいで、HDD内ハードディスクはすぐ容量オーバーに。
 自身で撮った動画の保管手段もそろそろ確立させねばと思いながら、時間は刻一刻と経過するばかり。
 それにしても、数年前のドラマ『スカイハイ』撮影現場で初めてお会いした女優:新山千春は随分綺麗になったものだ。

 想田和弘監督最新作『精神』の単独取材記事をようやく構築。
 監督からの最終チェックを経て、無事本日入稿の運び。
 彼からのメールによれば想田くん、来月(6月)、初の著書「精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける」(中央法規出版)を出版するそうだ。
http://www.amazon.co.jp/dp/480583014X/

51CxZIgL-8L._SS500_.jpg

投稿者 yonezawa : 18:19 | トラックバック(0)

2009年 05月 9日

All Handmade Guitar

CA3A0654-0001.JPG

 最寄り駅前のパスタ屋でTさんとお茶。
 現在、ヨーロッパの大漫画家:メビウス御大が来日しており、Tさんは過去に共著されている経緯もあり、最終日の今日、ご本人とお会いしてこられたそうだ。
 今回、おいらからは別件の仕事の話があり、バンド・リハーサルぎりぎりまでノン・アルコールで打ち合わせ。

 久々のスタジオ・セッションにはオリジナル・オール・ハンドメイド・ギターで参戦。
 すべてに注文しまくり、作成したこのギターの完成度は手前味噌ながらおそろしく完璧。

 ほろほろと、そしてもんのすごいペースで量産されるバンマス:O氏とリード・ヴォーカル:Hちゃんの創作ペースは、おいらの音楽歴史上聞いたことがない程。
 この、ほんの数ヶ月の期間で100曲以上のレパートリーを数えている。
 原石のごとき粗構成の楽曲を、それぞれの解釈で肉付けをするような新鮮なセッションの2時間はあっという間に過ぎ去った。

 馴染みの優しい居酒屋:Hで、おいらにすればライヴ以来、メンバーとの乾杯を交わす。
 水割りでお願いしていた芋焼酎が(サービスなのか?)単なるロックであることに3杯目になってようやく気づき、いつにないほろ酔い気分で店を後に。
 同じく馴染みのバー:SにはO氏、Hちゃんの3人で訪れた。
 例によって話の肝心の内容は空の彼方に消えるのだが、演奏後のアルコールがこうまで美味しく感じる感覚は20歳の頃から変わらない。

投稿者 yonezawa : 22:42 | トラックバック(0)

2009年 05月 5日

ジェイク

Jeff4_w_Oxblood.JPG

 読み込ませていなかったジェイク・シマブクロの旧譜すべてをiTunesに録り込む。
 ヘッドフォンで適当にアルバムを再生すれば、とたんにジェイクのきめ細かいフィンガリングに聴き入ってしまう。

 ソロ・キャリアわずか7年程度で、なんだかんだ12枚前後のCDをリリースしてきたジェイク。そのスパンにも驚きだが、実際のライヴでもリハーサルはほんの数時間で、初めてのサポートの面子と本番をこなす技量にも舌を巻く。
 その演奏に不備はなし。

 昨年リリースの彼のアルバム『YEAH!』は、個人的に『ドラゴン』に次ぐ優良物件で、この中の数曲はおいらのレパートリーとしても定着させたいところがある。
 
 雨模様の中、Rちゃんを片手に抱えスーパーで買い物。

投稿者 yonezawa : 23:27 | トラックバック(0)

2009年 04月 30日

カサビアン 昌原光一

41t%2BC3-lk2L._SS500_.jpg

 昼下がり、都内某所着。
 イギリスのロックバンド『カサビアン』主要メンバー2名(サージ&トム)が来日。
 『West Ryder Pauper Lunatic Asylum』と言う不思議なタイトルのつけられた新作アルバムのプロモーションでやってきた彼ら。
 
 過去、レコード会社よりアルバム・リリースにあわせタイムリーな時期にプレゼンのあった『カサビアン』案件は数回あった。
 結果、ファーストの際は諸事情でNG。
 セカンドのタイミングでは大型タイアップが帰結。滅多にやらないが、外部ライターによる執筆で記事構成の運びに。
 そして今回、サード・アルバムのリリース、そしてサマーソニック09の出演を睨んだタイミングで、ついに彼らへの単独取材という局面を迎えた。

 レコード会社側の『カサビアン』に対するプライオリティは毎度揺るぎなきモノがあり、新作ごとに誌面交渉のため、担当者が粘り強く食い下がってくると言う案件の一つ。
 『カサビアン』は幸せだ。日本国内におけるプロモーターのモチベーションは充分なのだから。

 バンドのギタリストで『カサビアン』サウンドの鍵を握るサージは、人当たりの良いナイスガイ。
 バンド全体のサウンドよりも、むしろギタリストとして何を追求し、あのサウンドに至ったのか、極めて客観的な第三者的視線で質疑を開始。
 取材が始まってみれば思いのほか時間は短く感じた。

 日本でのアルバム・デビュー前にサマソニで初来日を果たし、その際、入場規制がかかったという彼らの最大限の持ち味は、きっとライヴ・パフォーマンスにあるのだろうと睨んだ。

 帰社後、怒濤の入稿。嵐の入稿。
 コミックス4C周り再校正、本文校正、本誌某コミック連載200突破記念の読者プレゼント賞品・物撮り、精算、5月末発売のインタビュー案件原稿の構築、先ほど撮ってきたばかりの『カサビアン』動画WEB業者への中継...と、いとま無き業務の数々。

 「GW前に夕飯でも」と、奇特なKさんに誘われ神楽坂で鮨。
 そのまま銀座のバーで軽く飲み、仕事に戻った彼とはその場でセパレート。

 新宿を経由し、明け方帰宅すれば郵便受けには漫画家:昌原光一の最新作『御誂 人情幕の内[壱]』献本が到着していた。
 昌原光一の記念すべき2冊目の著作本完成。
 他社からの出版ながら、おいらがビジネスジャンプ誌上で担当し、間違いなく入稿した作品も3本収録されている。
 才能溢れる、漫画家:昌原光一のさらなる世間的評価を祈るばかりだ。

http://www.amazon.co.jp/dp/4845838079

投稿者 yonezawa : 00:29 | トラックバック(0)

2009年 04月 25日

松下奈緒コンサート・ツアー2009"pf"〜BARD LAND

CA3A0628-0001.JPG

 あいにくの雨模様の中、有楽町は国際フォーラム(C)へ。
 開演2分前に滑り込みの到着。入口で編集者:Uと合流。
 松下奈緒コンサート・ツアー2009"pf"観戦へ。

 彼女の、フォーラムでの単独コンサートも今年で3回目。
 一昨年、オーストラリアのトップ・シンガー:デルタ・グッドレムと、女優でピアニスト:松下奈緒との対談を企画した経緯があり、それ以降、正式に音楽活動を開始した後の彼女の東京公演観戦は勤賞となっている。

 暗転の中聴こえてきた、彼女が中学時代に書いたと言う曲よりコンサートの幕が開く。連なる叙情的なピアノ・ソロ曲が新作『pf』の世界観をかいま見せる。
 
 ボサから4ビートに連なるジャズ的趣向の演奏が個人的には最も惹かれ、ソニー VAIOのCMに使われた彼女のオリジナル曲『〜F〜』は、オリジナリティという見地からは最も突き抜けていた。
 終演後、楽屋で『pf』レコーディング時以来の再会を果たし、会場を後に。

CA3A0629-0001.JPG

 編集:Uの馴染みの焼鳥屋『BARD LAND』はすでに看板(閉店)でありながら、店主:和田さんが快く迎え入れてくださり、激美味の焼き鳥をコースで堪能。
 Uとは、なかなか味覚もおぼつかない赤ワインの価格談義を交わす最中、プロ的見地からアドバイスをくださる和田さんの意見は大変参考になり、カウンター越しにかなり充実した情報を入手。
 シャトー・マルゴーの年代ごとのレア価格情報も仕入れ、収穫多し。

 閉店の時間も場所をテーブルに移し、従業員の方々のまかない飯に参加する形で生ビールとつまみを、精算後にも関わらず提供してくださった、初対面:和田さんの懐に心より感謝。

 新宿を経由し、帰途へのタクシーに乗る頃、1時間前に届けられていた岩谷テンホー師匠の着メールに気づき、急いで連絡するが、御大、昨日おいらが訪れた『闇太郎』ですでに出来あがりのご様子。

投稿者 yonezawa : 16:58 | トラックバック(0)

2009年 04月 23日

Jake Shimabukuro

Jeff_Beck_LP_detail6.JPG

 以前『新宿リキッドルーム』のあったホールは知らない間にリニューアルされ、新しいライヴハウス『新宿face』として営業していた。
 営業が始まったことは、今回のシークレット・ライヴの告知を受けたことにより知る。
 ジェイク・シマグクロによる、およそ1時間のライヴ観戦。

 ザ・ビートルズ・トラックのカバーアルバムで最新作となる『アクロス・ザ・ユニバース』からの曲を中心に、いつものあのジェイク・スキルがごつんと炸裂。
 アルバムではヴォーカルなりギターの彩りがあるが、今回はすべてをウクレレ1本で貫いた。
 8月には日本国内ツアーを控え、益々精悍さをかいま見せるジェイク。圧巻のステージングはいつでも充実だ。

http://www.jakeshimabukuro.net/

 終演後、ジェイクと久方ぶりの再会を歓び、初対面で同行者のNさんもサインと記念写真を戴き超感激。
 ジェイクとは夏の再会を約束し外へ。
 グッド・タイミングで登場したHと合流し、『バンタイ』で夕飯。

投稿者 yonezawa : 20:50 | トラックバック(0)

2009年 04月 16日

GRAN TORINO

61GF12GYFTL._SS500_.jpg

 ようやく試写会に辿り着いた。
 映画『グラン・トリノ』
http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/試写会には最終日だからこそなのか長蛇の列。ピーター・バラカンさんの姿も。
 「公開までラストシーンを口外してはならない」と言う約束で試写開始。
 この作品で俳優業を引退するというクリント・イーストウッドのいぶし銀の演技…と言うか、等身大の年代の老人を何の無理もせずに演じてるように写る。
 シーンシーンのリズムはとても見やすく、時折クスっとさせる日常会話がほのかな心地よさを継続させてくれる。英語が堪能ならより面白かろう。
 事件が起こり出すシーン辺りの展開から、異様な緊張感につつまれながら映画は終わりを迎える。
 周りでは、啜り声が聞こえたり、涙をぬぐうマスコミ諸氏の姿も。

 遅めの夕飯は四谷集合の親睦会の予定だったが、諸事情あって渋谷へ変更となった。
 指定のフレンチの場所にはS社:Sの姿が。
 ほどなくして、今後おいらを含む紙媒体の担当者だと言うIさんが合流され、紹介いただく。
 
 宴は美味しいワインのチョイスもあってか、充実の数時間。案の定、時間の経過はあっという間。SもIさんも、フレンドリーで正直で魅力的。
 偶然なだのが、S社のスタッフでこれまでに苦手な人と出会ったことはない。

 さらに遅れて編集者:H到着。
 Sを見送り、近場のバーでもう1杯。親睦会という意味では相当成果のあった夜更けであったろう。

CA3A06000-0001.JPG

 〆のラーメンはHが携帯ナビで探り当てた豚骨。2人ですする。
 相変わらず深夜営業のラーメン屋は豚骨多し。

投稿者 yonezawa : 14:01 | トラックバック(0)

2009年 04月 15日

The Legacy of G&L

51NXJ3Z45YL._SS500_.jpg

 昨日とは、うって変わってよい天気。

 都内某所でレオ・フェンダーが最後に造ったシリーズの1本、テレキャスターを試奏。
 なんたる軽い重量、なんたるネックのフィット感。
 楽器がよいと実力以上のフレーズが得られるので、己がどの楽器を選択するのかはとても重要な問題となる。
 メサブギ直結で、これほど締まりのある色気のサウンドが奏でられるとは大した名機。
 弾き心地と生音の機敏は、おいらの所持するセイモア・ダンカン・テレキャスター(ジェフ・ベックがアルバム『ギター・ショップ』時に弾いていたテレと同等の、回路とピック・アップ他、搭載のスペック)のクオリティも凌駕しそうな勢い。

 まったくアバズレで不埒な性質が治らない。
 よいギターには即一目惚れしてしまうおいら。

 約束していたS社:M&Sとのランチは、約束時刻から2時間をずらし、場所を恵比寿より神保町へ移した。打ち合わせを兼ねボンディで。
 明日はS他と再戦の初四谷親睦会。

投稿者 yonezawa : 01:10 | トラックバック(0)

2009年 04月 2日

EVERY MAN FOR HIMSELF

61DC428MR5L._SS500_.jpg

 渋谷AX:フーバスタンク公演へ。
 まだ一度、それもパソコンでの小さな音でしか拝聴出来てはいないが、今日のライヴで新作『FOR(N)EVER』の仕上がりも渾身の出来であることが窺い知れた。

 前作『EVERY MAN FOR HIMSELF』のBorn to Leadは何度聴いても素晴らしい。
 ギタリストのダン・エストリンの音作りは完璧と言ってもよいほど。
 前回とは違うメインのアンプだったように思ったが、精密で丁寧なバッキングの構成は今日も清々しいクオリティだ。
 安定したパフォーマンスもさすが。
 『EVERY MAN FOR HIMSELF』からの曲に最も身体が揺れる。このアルバム・リリース時に、「このバンドには労いの言葉をかけねば」と思い立ち、BMGのオフィスで取材した日が懐かしい。
 彼らの2ndアルバム『ザ・リーズン』はグラミー賞3部門にノミネートをされ、世界的にも大ヒットし、結果200万枚のセールスを記録している。
 ヴォーカルのダグ・ロブは、日本人の母を持つハーフ。

投稿者 yonezawa : 00:49 | トラックバック(0)

2009年 03月 28日

リハスタ

41NfVIykFqL._SS500_.jpg

 時間の許す限り、先日行った映画人インタビュー原稿をリライトしていた。
 ようやく粗原稿を一応構築し、メール送信。
 97年のベネチア映画祭で意気投合して以来、監督と取材人という間がらではなく、一映画ファン同士というスタンスで交流を続けてきた想田和弘監督より返信メールが届いた。
 彼は昨日の時点で香港映画祭に参加中とのこと。
 おいらの知る限りで、彼の最新作『精神』は、釜山国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞、ドバイ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞(2冠達成)、台湾国際ドキュメンタリー映画祭、ベルリン国際映画祭、ブエノスアイレス国際映画祭、香港国際映画祭、シネマ・ド・レアル映画祭、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭他、正式出品と言う輝かしい成果を上げている。
 ともあれ、『精神』日本公開も次回彼との再会も楽しみ。 

 23時までに、家事を含む今日の日課及び必須ノルマ作業を終え、なんとかリハスタへ。
 今宵はエレクトリックによる、Acoustic Bambiリハに参加。
 時間的に連日つらつらと届けられたコード譜と歌詞に目を通すことはなく、この1〜2週間が瞬時に過ぎ去ってしまったが、スタジオで初めて曲を確認し、バンマスの奏でるコード・トーンとリズムに合わせ、まさに適当にオブリ及びコードを被せるべく試みる。

 バンマスOさん、リードヴォーカル:Hちゃんのライティング・ペースはとにかく異常な程早い。
 ほんの1、2ヶ月ですでに100曲はレパートリーを完成させているのではなかろうか。
 曲の本質的完成度は最終形をみなければジャッジのしようはないが、その創作意欲には脱帽。

投稿者 yonezawa : 10:10 | トラックバック(0)

2009年 03月 19日

美貌の青空

l_dd0cd5bb44ef13111a6448ae0be4183d.jpg

 午前中より武蔵小金井に新規オープンしたイトーヨーカドー(赤ちゃん本舗)へ買い出し。
 極端に温かい気候で車中クーラーをかけたほど。

 映画『チェイサー』記事入稿。
 午後7時より国際フォーラムCで行われる坂本龍一コンサートへ。
 本日の趣向は、完全なるピアノ・ソロ・コンサートとなっていた。

090319_1942~0003.jpg

 今回は残念ながら教授への2度目のインタビューは次回への持ち越しになってしまったが、関係者様のご厚意により、このプラチナ・ケットをご用意戴けたのだった。

 『out of noise』からのトラックはもとより、映画サントラ・シリーズ、そして最後に奏でられた映画『バベル』のラストシーンに聴こえる『美貌の青空』が特に響いた。
 しみじみと教授の大ファンである、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は鬼才だ。
 
 終演後、ほんのわずかな時間ながら教授と久々の再会を果たせて幸運。お疲れさまでした。

 明日からは奈良の親戚」Y家、親戚で従兄弟:N家の方々、翻訳家で塾講師で同級生の海陸先生宅訪問の予定。

投稿者 yonezawa : 21:39 | トラックバック(0)

2009年 03月 12日

音楽

l_1827ea7a75094825529d7c56ba217429.jpg

 終電間近までデスクワークで次週の原稿構築に埋没。

 思い立った時期が遅すぎ、先方にとっても調整出来ないほど時間が経過してしまっていた。
 ある日ふいに取材の要請を思い立ち、コンタクトを取るが残念ながら今回は見送ることに。無理もなかった。次回の機会を待つことに。

 アンビエント系サウンドも、そのニュアンスの中に含まれた音楽家:坂本龍一の新作『out of noise』は数量限定生産の [Limited Edition]を選んだ。
 #1から#2に曲が移り変わる瞬間の、その切なさの理由が何なのかわからない。
 関係者各位の方々には尽力いただき、来日公演の席を用意してくださったのは大変恐縮だった。Sさん、Nさん、そして教授に大きく感謝。
 
 夜食は五反田の支那そば「はせべ」で。
 魚出汁の東京ラーメンがこの年齢になってまさにジャスト。「かづ屋」の支那そばは、味を忘れてしまった。

CA3A0546-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 21:36 | トラックバック(0)

2009年 03月 9日

Journey

l_68f8dd2a6de90228a90a57ea6fed5dc3.jpg

 今日も朝、トコトコ起こしにやって来たRちゃん。
 おいらの布団までやってきた矢先によそ見をして転けてしまったのか、まだ寝ているおいらの顔面にRちゃんのお尻が落ちてきた。体重12kg超(?)の物体が顔面落下はもたん。

 驚愕な起こされ方でリビングへと連行され、ソファでぴょんぴょん跳ねるジャンプのパートナーを努める展開に。意識朦朧。
 
 かつて花粉症に悩みぬいていたハズの周りの同士は、どんどん脱花粉症のコンディションに生まれ変わり、まるで免疫をつけたような体質に変化を遂げたと方々で聞く。
 ヨーグルトがいいのか、サプリが必要なのか。おいらは長年の間、長いトンネルから抜け出せない。
 Rちゃんの鼻水は単なる鼻風邪であってほしいものだ。
 ともあれ今日もおいらひとり、微熱混じりの花粉症全開。

 夕方、国際フォーラムAへ。あの、ジャーニー来日公演へ向かった。
 新宿『シンクロニシティ』Oちゃん情報によれば、今彼らは再びアメリカで大変な盛り上がりをみせているようで、噂のフィリピン人ヴォーカリストの実態も確認するべく会場に足を運んだ。

 コンサートは2時間30分近くのヒットソング大オンパレード。
 途中途中、ヴォーカルが引っ込んでいるのに歌が聴こえてくるので、誰が歌っているのか? と、遠くの席から目をこらして見つめるのだが、なんとドラムスもリード・ヴォーカルをとるという構成になっていた。
 コーラスでの参加なら判るが、なぜあのフィリピン人ヴォーカリストが数曲も歌わないのか疑問。曲を覚えてなかったのだろうか?

 ともあれ、矢継ぎ早に往年のレパートリーが奏でられる。
 3F席だったせいで音の輪郭は酷いものだったが、8割方楚良で歌える曲の瞬間には、ほのかに高校時代の景色を思い出していた。

 ニール・ショーンも全盛期となんら変わらない印象。ジャーニーは完全に復活していた。 

投稿者 yonezawa : 21:34 | トラックバック(0)

2009年 03月 7日

テニーシャ・ケリー/ライヴパフォーマンス

l_0b1c8a8edfbcb2eb5d7c62b1a40dabca.jpg

 花粉症全開。鼻腔全壊。バス電車を乗り継ぎ渋谷へ。

 O-EASTは久々。昨日インタビュー取材を行ったテニーシャ・ケリーのライヴパフォーマンス初体感。
 可愛らしいセクシーな女性が歌を歌っているのかと思っていたが、歌の上手い女性がセクシーで可愛らしかったことを認識する。
 好き嫌い、善し悪しは別として、一般的にアメリカは歌の下手なシンガーを送り込まないことに徹底している感じが、改めてした。

 女性ダンサー2人を連れ立ち、HIP・HOPな出で立ちで登場したテニーシャのパフォーマンスを、2F席で数曲拝聴。

 昨日の撮影時、彼女はスタジオでかかっていた自分の曲にあわせて思い切りシャウトしていたが、プロの日本人シンガーの誰しもが、ここまでスキルがあるのかと言うと、日本人としてまったく自身がない。

 終演後、コンベンションの席にはモデル:押切もえさんの姿も。
 彼女が一番最初の挨拶を終えた直後、テニーシャに労いの意を伝える。
 「次回、いつ日本の帰ってきてくれるの?」の問いに、彼女は「2ヶ月後よ!」と笑顔で答えてくれた。

 マスクを着用し、会場を後にして混雑する電車に飛び乗り帰還。Rちゃん、起きてくれてるかなぁ?

投稿者 yonezawa : 21:33 | トラックバック(0)

2009年 03月 6日

テニーシャ・ケリーな1日

51Z%2BKOrfg%2BL._SS500_.jpg

 いつの間に、また知らないTHIN LIZZYのライヴ盤が発売してる。
 オフィシャル商品でジャケ写違いの品を知れば欲しくなる病気はティーンの頃から変わらず。

 鬱陶しい雨模様の中、バス停に15分以上も待たされ、身体は冷え切り、同じく並んでいるこれからの乗客たちも到着の遅れるバスにイライラ。

 ギリギリのタイミングで都内某スタジオへ駆け込み到着。

 アルバム・リリース前から「エロカワ・激カワ・激キュート」等、色々優雅に謳われつつ、日本の着うた(R)と着うたフル(R)部門を現在大きく賑わしている初来日中の女性シンガー:テニーシャ・ケリーと初邂逅。Nice to meet you!
 彼女は前評判の通り、スタイル抜群のセクシーおねぇさんだった。24歳。

 例えるに、ちゃきちゃきの江戸っ子よろしく気っ風の良さか気持ちよい。
 とてもフレンドリーに相対してくれる彼女とは急激に和んだ。

 インタビュー&特写は久々の本格的スタジオ撮影となり、ライトの下でポージングをキメるテニーシャの姿を遠巻きに見つめる。
 おいらはWEB用の素材になればと、動画も同時に稼働。

 充分なフォトセッションを終え、速攻でインタビュー・ルームへ。
 くったくのない、かつ飾り気のないテニーシャは会話を進めるにつれて益々好感を抱かせた。

 特に今日の、目眩のしそうなほどセクシーな衣裳を身に纏った彼女の「普段はジャージの上下を来ているのよ!」と言う意外な発言を聞いたときには益々親近感が沸いた。

 気取り毛のない言葉はそのまま彼女の解き放つ魅力と直結し、こちら側には最善のプロモーション・サポートを決意させる理由を見いだしてくれる。
 取材を終え、次の取材に入る前、空腹を満たすべく口に頬張った食べ物をもぐもぐモグモグしながらのテニーシャと最後の握手を交わし、明日の再会を約束しスタジオを後に。

 帰社すると編集部は閑散。
 スタッフ全員社員旅行の地へ出かけ、フロアに編集者は誰もいない。

 たった1人、デザイナー:Mちゃんがおいらの予告記事を完成させた上で待機中。
 間もなく、デザイナー:Tちゃんから上げられたジェフ・ベック記事の最終確認を終え、Mちゃんと新宿へと消えた。

 最後のラーメンはおいら一人で喰ったもの。深夜のその時点で母親からの叱咤メールが確定。
 
CA3A0530-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 19:24 | トラックバック(0)

2009年 03月 4日

トゥー・ホット・トゥ・ハンドル:ザ・ストーリー・オブ・UFO

51cxitQOK7L._SS500_.jpg

 午後、NHK某番組用の撮影隊来社。
 海外向けの番組製作チームとのことで、アニメ等のカルチャーに携わる著名人の取材を、これまで1年以上続けてこられたそうだ。

 本日の被写体は漫画家;高橋ツトム──

 シンプルに質疑されるテーマに、独特の視点で切り返し回答する高橋氏。わき出すアンサーの言葉は、氏の描く漫画の如く端的で芸術的。
 申し分ないインタビュー素材を40分程度おさえ、無事終了。

 世界中を飛び回る音楽人:Tが幸運にもつかまり、彼のお膝元で待ち合わせ。今日もまた新たな音楽界の裏情報を仕入れる。

 土産のDVD感謝!
 
『トゥー・ホット・トゥ・ハンドル:ザ・ストーリー・オブ・UFO~ジャパニーズ・エディション [DVD] (2001)』

■内容紹介

70年代のハード・ロック全盛期にシーンに君臨、'80年代のヘヴィ・メタル期を生き抜き、今なお根強い人気を誇るUFO。本DVDは、そんな彼らのヒストリーをライヴ映像やインタヴューを交えて綴ったドキュメンタリー映像だ。だが、一応"ドキュメンタリー"という体裁ではあるものの、ライヴ・シーンがふんだんに盛り込まれた、半ば"ライヴ映像集"とも言えるもの。中でも、"カリスマ"と称するに相応しい数少ないギタリストの一人、マイケル・シェンカーを擁した'70年代のライヴ映像は超貴重だ。お馴染みの愛器フライングVを股に挟むスタイルで、叙情的かつアグレッシヴなフレーズを次々と繰り出す姿は圧巻。「Too Hot To Handle」「This Kids」「Out In The Street」「Lights Out」といった名曲が次々と披露され、ギター・ソロもたっぷりとフィーチャーされている。もちろん、あの独特の節回しで堂々たる歌唱を聴かせるフィル・モグや、低くベースを構え、派手なアクションでドライヴ感溢れるラインを奏でるピート・ウェイも大活躍。また、インタヴューでは、マイケル・シェンカーやフィル・モグらバンド・メンバーはもちろん、アイアン・メイデンのスティーヴ・ハリスや、デフ・レパードのジョー・エリオット、フィル・コリンらも登場。さらに、日本盤ボーナス映像として、UFOが、あのウリ・ジョン・ロート(元スコーピオンズ~エレクトリック・サン)と共演した'02年のライヴ映像、「Rock Bottom」「Doctor Doctor」など4曲を追加収録!! 日本語字幕・解説付き。
[仕様] 本編約57分 / NTSC / リージョン2(日本国内向け)/ドルビー・デジタル5.1chサラウンド / リニアPCM ステレオ / 日本語字幕付き
[UFO]
1969年ロンドンにて、フィル・モグ(vo)、ピート・ウェイ(b)、ミック・ボルトン(g)、アンディ・パーカー(dr)によって結成。'70年にアルバム『UFO1』でデビューし、翌'71年には『UFO 2ーFlying』をリリース。本国では鳴かず飛ばずだったが、1stからの「C'mon Everybody」が日本とドイツで大ヒットする。その後、ギターがマイケル・シェンカーに交代し、『Force It』('75年)、『Lights Out』('77年)、『Obsession』('78年)といった名盤を連発。ハード・ロック・バンドとしての地位を確立し、マイケル・シェンカーは一躍ギター・ヒーローとして脚光を浴びることとなる。だが、その間もマイケルは加入/脱退を繰り返し、遂には'78年11月に正式に脱退。その後はギタリストの座をポール・チャップマン、ローレンス・アーチャー、ヴィニー・ムーアらが務めながら、そしてメンバー・チェンジを繰り返しながら、さらにはバンド時代も解散/再結成を繰り返しながら、今なお活動を続けている。

投稿者 yonezawa : 09:23 | トラックバック(0)

2009年 02月 26日

Jazz in the Garden

U2%20official%20photo%20by%20Anton%20Corbijn.jpg

 昨年、チック・コリアとの武道館コンサートを成功させ、自身のバンドも国際フォーラム等で鉄壁の演奏を魅せた上原ひろみが、次回はスタンリー・クラーク・トリオ with 上原ひろみ&レニー・ホワイト名義でアルバム・リリースの運び。
 この方の鍵盤スキルには毎年脱帽。
 
※2009年上半期ジャズ界最大の話題作のCD「Jazz in the Garden」が4月15日(Telarc/ユニバーサルミュージック)日本先行発売。

投稿者 yonezawa : 13:28 | トラックバック(0)

2009年 02月 22日

最終リハーサル

j-45e-back.jpg

 28日パーティ最終リハーサルのためスタジオへ。
 リハ後の用事もあったので、初めて車で赴けばスタジオ専用の駐車場はやや離れた場所にあった。
 
 メンバー各々最善を尽くし、なかなかよい仕上がりになったのではなかろうか。
 そんな意識にメンバーも全員感じていたのではなかろうか。
 
 帰宅後、幾つかのインタビュー原稿を洗い直す。
 ジェフのインタビュー・テキストは珠玉の仕上がりだと、手前味噌ながら内容を読み返しながら好感触を得ているところ。

投稿者 yonezawa : 23:47 | トラックバック(0)

2009年 02月 12日

3名の素敵なフランス人

51sEc3WBJaL._SS500_.jpg
 
 フランツ・フェルディナンドのアレックスとポールへのインタビューは今回で2度目。取材は3回目となった。
 一昨日のZepp Tokyoのライヴを踏まえ、予定よりも2分前倒しでインタビュー、スタート。

 特にドラムスのポールはMANGAファンとのことで、前回も自らインタビューにエントリーしてくれた。
 今回も、ヤンジャン本誌絶賛連載中のSIDOOHコミックスを土産に、しばし漫画談義で盛り上がる。
 フレンドリーで、とても協力的な取材時間を提供してくれる彼らの優しさに今日も感激だ。
 フランツが売れる理由はそこにもあるように思う。
 
 取材を終え地下鉄帰社し新宿へ。

 ベルギーより来日中のダルゴー社のIさん、Kさん、そして翻訳家で友人のTさんが、待ち合わせのちゃんこ屋さんへ到着。
 フランス人3人においら一人。
 以前も、彼らと親睦会を開催した経緯もあり、多忙な日程の中、おいらと食事をする時間を捻出してくださり、彼らからのお誘いを受けたのだった。

 今日でなくとも構わない案件を来週にずらし、彼らと3度目の再会を果たす。
 日本の漫画がフランスの出版界をメチャメチャにした! と言う表現で、日本のコミックがいかに現地で売れまくり、これまで本国にあった部数の概念を根底からひっくり返してしまったと、前回の食事会の際伺っていた。
 
 それぞれの箸で同じ器の食材をつつくという、彼らからすれば珍しかろう鍋が本日のメイン・ディナー。

CA3A0497-0001.JPG

 そんな日本ならではの常識にも全くの抵抗も見せず、上手に箸を使いながら最後の雑炊まで完食してくださった彼ら。気持ちよい。
 「一度は行ってみたかったけど、その勇気がなかったんです」と、ゴールデン街を指しておっしゃるので「ならば任せて!」と馴染みの店数軒を梯子。
 
 中でもフランス語ぺらぺらのママのいらっしゃる店:Jでは、彼らもさらにリラックスし、おまけにフランスから来日中のドキュメント映画製作チームのカメラマンら3名のフランス人も集い、狭い店内は英語と日本語とフランス語の飛び交う陽気な空間に。

 この場に映画人:佐藤睦雄も加わり、場は益々賑やかになった。
 
 「次回はフランスで乾杯しましょう!」とおっしゃる、Iさん、Kさん、そしてTさんのご提案が嬉しい夜更けだ。

投稿者 yonezawa : 01:29 | トラックバック(0)

2009年 02月 10日

フランツ・フェルディナンド

51yO5N6lv4L._SS500_.jpg

 夕方、青海『Zepp Tokyo』へ。
 12日にインタビュー取材の確定しているフランツ・フェルディナンドのライヴ取材へ。
 フロアは超満員。日本でも彼らがいかに定着したかを物語る、迫力の集客だ。
 矢継ぎ早に新旧織り交ぜた曲で会場を踊らせるフランツ。
 ファーストをラジオで初めて聴いた時、アトミック・スウィングを彷彿とさせる印象をいただいたものだったが、今はもうフランツ独特のサウンドにしか聴こえない。
 演奏が上手いのかそうでもないのか、彼らの出音には今日も不思議な感触を受けていた。
 そうした単純に理の中だけでは解決しない要素を含むバンドこそが、通り一遍の評価を凌駕するような起爆・化学反応起こしがちだ。
 まさにフランツの場合もそんな意味合いで、よき意味で未来の読めないバンドのひとつと言える。
 ラスト・ソングを聴かずして帰宅。Rちゃん、軽い発熱!

投稿者 yonezawa : 00:44 | トラックバック(0)

2009年 02月 9日

The Ting Tings

51yuNXF%2BXZL._SS500_.jpg

 都内某所にて、ザ・ティンティンズ単独インタビュー。
 ケイティ・ホワイトとジュールズ・デ・マルティーノの2人に初遭遇。

 (イメージとして)マンチェスター発の音とは思えないポップな彼らのサウンドは、本国でも日本でも成功し、いよいよアメリカにも飛び火する勢い。

 彼らのリード・トラックは日本のTVCMにも起用され、巷を賑わしている。
 ツアーを終えたばかりの彼らに肉薄する、取材時間45分が滞りなく終了。
 ジュールズのフェイバリット・ドラマーがジョン・ボーナムとスチュワート・コープランドと聞き、反論の余地無しと回答。
 フレンドリーな彼らだ。

 渋谷ESPでギターテク:Iちゃんに近況を窺い、その足でNHKホールへ。
 ジェフ・ベック単独東京公演最終日の会場へ到着。
 関係者入口で、世界的クラシックギタリスト:MKさんと待ち合わせ、1F席へ着席。
 すぐ後ろにはロックの生き証人で呑み達:Kさん、その前にはザ・ビートルズの権威として広く認知される:MYさんらの姿が。

 初日よりも幾分リラックスした赴きを感じさせた演奏は、ふんだんにアドリヴ要素を含んだアットホームな雰囲気。まるで彼らは本当の家族のよう。
 メニューは初日からは数曲変更が加えられ、比較的ハードでトリッキーな趣向となったライヴに感じる。
 いつになくオーバー・リアクションするジェフの姿を見るおいらは笑みが絶えない。
 こんな陽気な姿のジェフを見ることは珍しいぐらい。“身内”と化したメンバーとの化学反応が絶妙なプレイを引き出し、心の襞にズキズキ感動の楔を撃ち立てまくる。

 ドラムスのヴィニーがベースのタルちゃんをジェフの元に連れてきた際、彼女はノーメイクで現れたそうで、初対面のジェフにとっては12歳ぐらいの少女にしか見えなかったそうだ。
 「彼女、本当に大丈夫?」と危惧していたら、彼女はジェフの曲を全部覚えてきており、最初のセッションで「完璧だ!」と確信したそうだ。
 彼女のプレイを聴けばそのスキルが即座に認識出来た。

 アーミーバーを使った妙技、そしてボトル・ネック奏法の神髄。
 ジェフはガラス性のボトル・ネックを好んで使用する。
 1列目で観戦した悪友2名による目撃情報だが、初日のプレイでは床に(プレイを継続させるため故意に)落とした際、割っていたベック。

 倍音の出るハーモニックスをバンバン出しまくるジェフ。彼の真骨頂とも言える彼ならではのプレイと言えた。
 たった1音のハーモニックスで5音、6音の音程を一度に再現するのは、世界広しと言えどもジェフ以外に知らない。
 通常、5フレット、7フレット、9フレット、12フレット…このぐらいの場所しかハーモニックスはまともに出ないものなだが、彼は人類史上初めて2フレットだ3フレット4フレットでの倍音を出してしまうのだった。
 一つの偉大なる発明。
 ヴァン・ヘイレンもこうしたプレイの名手だが、ジェフのソレは今日も別格だった。

 終演後、今年65歳の御大を労う酒で乾杯。埼玉でのクラプトンとの共演、そして待望のDVDリリースの頃まで、現状のジェフ熱は続く。

CA3A0493-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 01:30 | トラックバック(0)

2009年 02月 8日

ジェフ・ベック単独インタビュー

single_file.jpg

 午前中のうちに、取り置きしてもらっていた商品を山野楽器で受け取り一路都心へ。
 少し道に迷いながら、都内某所高級ホテル到着。

 2000年、2003年のロンドン取材に続き、3度目のジェフ・ベック単独インタビュー決行の時間が近づく。
 14時30分〜の取材が15分程度押したので、その時間まで昼食を摂り、指定されたインタビュールームへ移動。

 胸が高鳴る。
 14時45分過ぎ、前取材の朝日新聞がジェフの特写&撤収の最中、おいらも部屋の片隅でセッティング開始。
 今回、ジェフの取材許諾が出たのが、その2媒体のみなのだという。
 ギター及び音楽専門誌にすら、今回の単独インタビューに関しては掲載されない。
 
 ジェフは今日も素晴らしかった。
 幾度となく感じることだが、このひとときがたまらなかった。

 質問には、時にジョークを挟みながらも、中身はあくまで誠実に回答くださるジェフ。
 多くの日本人ファンがリスペクトしてくれる気持ちを歓び、感謝の言葉にしながら、まったく傲ることがない。
 常にリラックスする場に空気を導いてくれる人間性の深さは、彼のギター・プレイに比例していた。

 ジェフはジョークも可愛らしいし、きっといつでも実直だろうし、激しくシャイだと感じさせる。3回目の取材にして、ようやく彼との空間を見渡せる気持ちになれた。
 これまで彼との遭遇した時間は、まともに景色が見えていないほど高揚していたと記憶するからだ。

 宿泊ホテルでの再会を含めれば、都合4回目の邂逅となった今日の取材となったが、ジェフがおいらにとってギターの神様だと言う気持ちは、このまま死ぬまで永遠なんだと再認識・再確信。

 モトちゃん(サンキュ!)作成による、メッセージを記したシールを貼ったギタレレと、持参したおいらのオーダーメイド・ギター:ミュージックランダーをペケペケ弾きなさる神。

 この世で最も信じているギターの神様が、何もかも素晴らしいことに終始感激し、最後に労いの意を直接お伝えしながら取材部屋を後にした。
 感無量。Sスタッフにも大きく感謝。
 一路丸長に飛ぶ。

CA3A0492-0001.JPG

 Rちゃんの年齢を伺い、Rちゃんを見つめた時のJEFFの優しい瞳は生涯忘れないだろう。
 今年65歳を迎える、ジェフ・ベックの全盛期は今も続いている。

投稿者 yonezawa : 01:11 | トラックバック(0)

2009年 02月 7日

ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ

jeff.jpg

 一足先に3月後半発売のDVD映像『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ /ジェフ・ベック』拝聴。

 過去、JEFFのオフィシャル映像のもので、これ以上の素材をおいらは知らない。
 演奏のスキルもさることながら、わずか200人キャパのクラブで演奏されたテイクを映像にしているので、とてもじっくり安定した作りになっており、素晴らしいテイクの連続&極地だった。

 ロック・ミュージックの歴史の中で、誰一人としてあの域に到達したギタリストはいないと再確認させられるものだった。

 会場にはジミー・ペイジを始め、ロバート・プラント、トニー・アイオミ、ブライアン・メイ、ジョー・サトリアーニ、ジョン・ボン・ジョヴィらが観戦に訪れていたそうだ。
 ジミー・ペイジの笑顔がカメラに抜かれた瞬間、なんとも言えない空気がわき起こる。
 アンコールで登場したゲスト・プレイヤー:エリック・クラプトンも終始愉しそう。素晴らしい破格映像の連続だった。

 仕込みに1日費やし、明日はいよいよJEFF BECKと正式には4回目の邂逅を果たす。

投稿者 yonezawa : 01:12 | トラックバック(0)

2009年 02月 6日

JEFF BECK来日公演:国際フォーラムA

jbd078c.jpg

 JEFF BECK来日公演:国際フォーラムA。
 幸運にもかなり肉薄した6列目中央に位置した。S社:Sちゃんに感謝。

 暗転になりメンバー登場。瞬間、背筋を電気が通過。
 オープニングは、ヴィニー・カリウタ(ds)のスネアで始まる『Beck's Bolero』。とたんに高揚する。
 ここのところ、ジェフ・ベック公演の定番は国際フォーラムとなっているのだが、過去ジェフのフォーラム公演史上、最高の音響と言って良かった。
 実にクリアな演奏だったし演奏自体もアンサンブルもよかった。さらに何よりも雰囲気が申し分なかった。

 偉大すぎるギタリストを目の当たりにし、心が大きく揺さぶられている。
 隣に座った、おいらよりも年上らしき(外人?)女性は、要所要所で頬に涙を伝わらせていた。
 その気持ちは重々理解され、かく言うおいらも、涙をこらえねばならない瞬間に何度か見舞われていた。
 今回、そんな人が多かったのではなかろうか?
 何の演出もないステージ・セットに、何のてらいもない世界最高水準のアンサンブル。そしてギター1本から奏でられるメロディが宇宙に木霊する。
 
 (前にも書き記したが)自らのバンドに偉大なポール・コゾフというギタリストがいながら、「世の中には2種類のギタリストしかいない。ジェフ・ベックとそれ以外だ」と語ったヴォーカリスト(ポール・ロジャース)もいた。その言葉に一切違和感など感じない。

 You Tubeでも話題になったタル・ウィルケンフェルドのプレイも掛け値なしに素晴らしいものがあり、まさにジャコばりの安定する演奏に大いなる好感を抱く。
 ちなみに彼女はソロではキングレコードと契約したとか。

 アーミーバーと、そして(演奏を終え床に落とした際、割れてしまった)ボトルネックの神業としか言いようのないプレイにため息がこぼれ、ジェフの創造する宇宙に取り込まれてゆく。
 エレクトリック・ギター・サウンドの極みがあった。エクスタシーの連続と言えた。

 発熱した錯覚を覚えるほど聴き入り、アンコールまで骨の髄まで堪能。
 幸運にも間近で実に拝見する機会を得た今日は幸せだ。
 
 ライヴの活気は、そのまま終演後のマーチャンダイス売り場にも反映されており、グッズのハケ方も凄いモノがあった。今回はやたらと商品数にも気合いが入っているようだ。

 次回おいらはNHKホール。今日のように音響がいいと最高なんだが。
 バンドはもはや家族。雰囲気がいいハズだ。

CA3A0487-0001001.JPG

投稿者 yonezawa : 01:13 | トラックバック(0)

2009年 02月 4日

Brian Setzer

scbdaybashsoldout.jpg

 結局、こちら側の諸事情あって取材申請は断念したブライアン・セッツアー。
 1990年に結成したオーケストラを率いたCCレモン・ホール公演には編集:Fと観戦。

 大所帯のアットホームな雰囲気はこのビッグ・バンドの持ち味で、ブライアンの愉しい気持ちが伝達するように、こちらににも伝染してくる。
 コード・ソロに関しては、間違いなく世界屈指のテクニシャンであり、ハイ・センスの持ち主でありながら、このオーケストラでの活動ではそうしたテクニックを引け開かすこともなく、終始バンマス的立ち位置で楽曲の魅力をコントロールしているブライアン。
 公演回数もかなり多いのに会場は満席。さすがのブライアンだった。
 
 唐突にライター:M、某WEB部署を担うSより連絡が入り、急遽笹塚で待ち合わせ。
 今後の編集業務の相談も兼ね、最後の雑炊までミーティングが続いた。

投稿者 yonezawa : 12:23 | トラックバック(0)

2009年 02月 3日

Live at Ronnie Scott's Jazz Club

51MZZIEtiqL._SS500_.jpg

 『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ 』DVDサンプル拝受。
 データベースによれば…『世界を代表するギタリスト、ジェフ・ベックが2007年の11月にロンドンで行ったライブの模様を収録。「Big Block」「You Need Love」「Led Boots」ほか全22曲を、エリック・クラプトンやロバート・プラントら豪華アーティストとの競演で披露する』とある。
 ともあれ、ジェフ・ベック史上初の公式映像作品ということもあり、注目度は凄まじい。
 なんと言っても200人規模の小さなジャズクラブで演奏された映像なのであり、今回ジェフと共演してその名を馳せたTalちゃんのプレイも興味深い。
 BBCのTV放送用であるからして、ブートの比ではなく映像の安定感は素晴らしいとのこと。

 きっと埼玉でのクラプトンとの共演では、本DVD収録のM・ウォーターズのカヴァーも演るに違いない。
 っと、ときめきながらパソコンに挿入したらば、エラー表示で映像見られず!

投稿者 yonezawa : 12:22 | トラックバック(0)

2009年 01月 31日

パンツ購入

CA3A0471-0001.JPG

 赤ちゃん本舗に到着。
 入口近くのテレビのモニターには、NHK『おかあさんといっしょ』DVDのプロモーション映像が映し出されてる。
 はいだしょうこさんの出演されている同番組のDVDは、ある日以降我が家にも自動的に数枚コレクションされた。
 やや眠気もあったのか、いつも歩かずにはいられないRちゃんはベンチに腰掛けたおったんの膝の上に延々座ってくれている。

 Rちゃん必需品を諸々購入する中、初めてRちゃんのパンツ購入。
 いつ使用許可が出るのかは未定だが、成長の段階は徐々にその域へと近づいてきた。

 帰宅後、2月イベントの曲を30分ほどおさらい。

 夕方のリハーサルは今回初めて訪れたスタジオとなった。
 今日で3回目のリハとなったが、ようやくバンドの形になってきた印象。

 第三者(アマチュア)のオリジナルを弾くのも、ツェッペリン等のカヴァーでなければ随分久しぶりのことだったが、曲全体の9割方はコードを認識し、思い切る演奏がようやく見え始めた気がする。
 アコギをエレキと同等にみなし、構わずハイポジションでのフレージングを入れ込むが、状態として手を縛られたと同等のアコギ使用なので、気合いも十二分に入れねば腕力もアコギ負けしてしまうのだ。
 リハの翌日にはきっと指先がジンジン痺れる様を予感しながら、3時間のウォーミングアップの時間はあっさりと経過した。
 中身の濃き3時間、今宵も無事消化。

投稿者 yonezawa : 02:58 | トラックバック(0)

2009年 01月 30日

THE PRESIDENTS OF THE UNITED STATES OF AMERICA live

31p5u8wTlqL._SS500_.jpg

 午前から雨模様が鬱陶しい。
 昨日決まった4C1P記事の〆切りがいきなり今日で、デザイナ:Tちゃんと四苦八苦しながら、レコード会社への中継を逐一行いながら記事構築に勤しむ。
 本来、見開きを想定しておいた内容だったので、ボリュームを1/2に削除する作業を行い、関係者各位への了解を取るべく配信。
 同じく本日入稿の、プッシーキャット・ドールズ記事もデザイナー:Tちゃんによる配慮あるレイアウトとして徐々に完成に近づき、本日入稿の運び。
 SJ誌掲載の『黒塚』DVD&ブルーレイ告知記事コンセンサス原稿チェックで、ようやくこの記事が手を離れる。

 夕方18時15分過ぎに一旦席を外し、昨年完全復活を遂げたPUSA(ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ)来日公演の会場、恵比寿リキッドルームへ向かった。
 彼らは90年代後半に人気を博したシアトル出身のバンドで、昨年の夏、FUJI ROCK’08に出演したその日、都内で初めてインタビューをした。特にドラムスのジェイソン・フィンは、地元シアトル・マリナーズ:イチローの大ファン。
 
 ライヴは全体的に固めの音作りで、SGから放たれるファズ・サウンドも、相当固めの原始的サウンドだった。一切の小細工のない出音。
 それは彼ら3ピース全員の楽器に言えた。たった2本のベース弦で飛び跳ねながら弾きまくるクリスの器用な演奏スタイルには思わず笑みが漏れてくる。
 1STからの曲は半分以上歌える感じ。『ラジオスターの悲劇』はいつ聴いても大変なカヴァー名曲だ。
 観客の合唱ぶりもすごい。
 オールド・ファンに混じって若いオーディエンスもチラホラ目につくが、彼らはEMI移籍第1弾となった彼らの最も新しいCD『グッド・タイムス・ピープル』によって、新しく根付いたファンなのか。
 ともかく、舌を巻くほどの演奏技術がありながら、シンプルな構成に拘り、おちゃめな演奏に終始するPUSA。リズムのタイミングはとんでもない間を有する奇特なバンドであることを再認識するのだった。
 つくづく疾走感とグルーヴが突き抜けたバンドだ。

Chris Ballew クリス・バル- vocals, 2-string basitar
Andrew McKeag アンドリュー・マッキーグ- guitar
Jason Finn ジェイソン・フィン- drums

 終演後、即刻帰社。
 活版記事2P、4C記事1Pを入稿し、雨模様の中終電で帰途に。
 最寄り駅に到着すれば、偶然同じ電車に乗っていたと言うS社:Sと出くわし、軽い立ち話。後セパレート。

 夕飯のタイミングを逃してしまったおいらは、一人で駅構内の立ち食い飯屋へ飛び込み、うどんとミニ丼のセット・メニューを注文。深夜バスで帰宅。

pusa.jpg CA3A0469-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 19:18 | トラックバック(0)

2009年 01月 18日

Revolutions in Sound: Warner Bros. Records - The First 50 Years

51%2B5Fbx-cGL._SS400_.jpg

 ワーナーブラザース・レコード創立50周年記念ボックス[Revolutions in Sound: Warner Bros. Records - The First 50 Years]をご購入されたと言うKさんの、あるwebサイトに掲載されている原稿により、この音源の存在を明確に知る。
 Kさんのコラムは、とても温かくて秀逸で鋭くて情報満載で素晴らしい。
 僭越ながら、内容にも技術にもストレートに呻らされた。心が温かくなる文面に刺激を受けた。
 それ以前のコラムにしろ同様の印象を抱いたおいらだったが、まさにロックとは友情とリスペクトの歴史──
 K兄の文面には愛が溢れていた。かつメチャメチャおちゃめ!
 Kさんは定額給付金を当て込みの購入だと、シャレで綴られておられたが、政府は本当にばらまくのか。
 おいらは無事拝受出来た暁に初めて購入しようかな。

 それにしても最新の軍事兵器しかり、近代音源のスタイルといい、文明の利器には参るばかり。このワーナーBOX、音源ボックスなのにCDがないそうだ。
 Kさんも「20枚のCDはどこ?」と思わず焦ったそうだが、なんと全320曲、CDではなく、特性のUSBメモリーに入っているのだそうだ。
 約3GBのUSBが一本だけ付属している仕様なのだと言う。なんたるソフト、なんたる時代。

 しかしこれは、つまり仮にUSBが読み込めなくなったらおシャカってことなんだろうか。
 ここら辺の知識の浅いおいらが考えるに、購入の際はここからコピーをHDに2コぐらい保管するなり、あるいはDVD数枚に保存しなきゃ、なんだか心配な気がしてしまい…

usb.jpg

投稿者 yonezawa : 02:26 | トラックバック(0)

2009年 01月 13日

once ダブリンの街角で

51Aa23R7LHL._SS500_.jpg

 ジョン・カーニー監督の映画『once ダブリンの街角で』で、街頭バンドをやってる連中と主人公の会話がある。
 ダブリンはグラフトン・ストリートの脇にあるシン・リジィのB.&Vo.:フィル・リノットの銅像前で演奏するバンドマンに、主人公がデモを録音するために「一緒に演奏しないか?」と誘うシーンだ。
 すると、そのバンドマンは「シン・リジィの曲しかやらん」と言うシーンがあるのだが、その1シーンだけでこの作品のファンになった。
 演じるのは本物のミュージシャンなので、歌も演奏も申し分ない魅力が散りばめられた作品だ。
 公開当時、おいらに強く鑑賞を薦めてくれた奇特な映画伝道師:Mちゃんには、タイムリーな時期に見られず恐縮。

 アルバム『uk tour 75』は、彼らがデビューしてまだ6年ぐらいしか経過していない、若かりし時代の音源。
 音質も勢いもニュアンスも申し分ない、全盛期の1シーンとも言えるクオリティだ。過去の彼らのライヴ盤の中でも極めて秀逸なる埋蔵音源の新登場。 

投稿者 yonezawa : 01:18 | トラックバック(0)

2008年 12月 28日

上原ひろみ Tokyo International Forum Hall A Tokyo-City,Japan

HIROMI.png

 年の最後を締めくくるライヴ観戦は、国際フォーラムAで行われた「上原ひろみ」となった。
 17時に開場着。
 10分程度時間が経過した後、LPの針のノイズ的MCに混じったホンキートンク・ピアノでコンサートの幕が上がる。いきなり軽快で上手すぎる。演出も演奏も。
 
 結論から言えば、ある意味彼女の音楽人生史上、頂点のコンサートだったのではなかろうか。幾度となく彼女のコンサートを見てきたわけではまったくないのだが、そうした確信を感じさせるほどの技量であり、雰囲気であり、タイミングであり、音響であった。
 
 先日、新宿の行きつけの居酒屋で偶然女優の大竹しのぶさんを見かけたのだったが、その際も同席していたHが今日の連れとなってくれた。
 一席空けてHの並びにいらしたのは、モノマネを得意とする日本のタレントで女優のSMさんだった。
 SMさんは、上原ひろみの究極の演奏を凝視し、コンサート中、涙を拭きながら観戦されていた。
 ピアノを得意とする者ほど、そのスキルに対して驚嘆と感動が同居し、感極まる様が重々理解できた。
 連れのHは座って観戦出来る席環境だったにも関わらず、もう立ち上がらずにはいられない状態。
 会場の、ほとんどの観衆がそうした高揚した気持ちになっていたのではないか。
 
 演奏はインストのみ。かつ、ほとんどロック・バンドのような迫力のあるアンサンブルでまとまっており、個々の演奏技術の凄さをかいま見せる演出と、終始全員が主人公に成る得るメンバーの妙と魅力がビシビシ伝わってくる。
 上原ひろみは、彼女にすれば世界最高のパートナー(メンバー)を探してあてていた。

 厳密には少々のミスがあろうとも、何もかもを吹き飛ばす迫力と包容力を有したコンサート。リハーサルの質と量がさぞ凄かったろうことが、演奏中のキメで確信に至る。
 「圧巻」と言う言葉が最もピッタリくる、舌巻きまくりな2時間強の瞬間瞬間だった。

 海外を拠点にした音楽活動を行う上原ひろみは、今日のツアー・ファイナル後、正月休みで実家でゆったりするのだろうと思いきや、3日後の大晦日にはボストンでのコンサートがあるそうだ。
 予定になかったろう2度のアンコール後、楽屋を訪問。
 ファイナルの、この日のコンサートに訪れられたご両親も、せっかくの師走に帰国していながら、再び異国へと飛んで行ってしまうことはきっと淋しかろうと察するが、彼女の意志は音楽に関する向上心のみで突き動かされているようだ。

 今はそれでよいのだ。

 チック・コリア・ライヴ以来の再会を果たし、取材の際の御礼をお伝えし、焼きたての美味しいパンをひろみちゃんへの差し入れに。

 ホットな気分で盛り上がるHと新宿へ移動し、タイ料理。
 ひろみちゃんの身内的立場にいる音楽人:Tも合流し、日曜日のゴールデン街で一軒梯子し、今年最後の外呑みを終える。

投稿者 yonezawa : 12:06 | トラックバック(0)

2008年 12月 27日

アドレス・データ全件消去

TDV2754D_L.jpg

 やりかけた部屋の掃除を再び推し進めるため、Rちゃんの眠ったタイミングを狙い、破棄するモノと整理するモノをごった返しつつレイアウト。
 1年前から積み上げられた、結局目を通してないじゃん的雑誌も結局破棄の道。

 ともかく捨てていかないと次に行けない。

 深夜、メール年賀を準備せねばと、mac純正の「メール」に付随する「アドレスブック」を起動。サクサク作成に励んでいる最中、ソフトが固まった。
 しばらくしても反応がないので強制終了。ここまではいつもの手順だ。
 そして再起動。
 すると、正確な件数は把握していなかったが、予測2000件強のアドレス・データが全部すっ飛んでしまっており、真っ新の状態に戻っていた。

 アドレス・データ全件消去──
 絶句──

 どこを探しても復旧のめどは立たなそうなので、この時点までに届いていた数百件ばかりのアドレスを、まずは簡易セーブ。
 他ソフトよりインポート、エクスポート出来ない「アドレスブック」の行く末が、この師走にきて実に深刻だ。

投稿者 yonezawa : 12:06 | トラックバック(0)

2008年 12月 8日

Newton Faulkner

CA3A0361-0001.JPG

 午後5時30分、渋谷『喜楽』には並ばずに入店。ここ初体感。
 火傷するぐらい熱々のスープだが、好きなタイプの台湾風中華麺のような物件。もやしのシャキシャキした触感が旨味の決め手か。麺は太くてもちもち感抜群。
 汗をかきながら完食し、徒歩で渋谷DUOへ。
 ニュートン・フォークナー来日公演の観戦に、ビッグE:江口寿史兄とやってきた。

 前回来日時のインタビュー・ラスト、ニュートンに問うた質問と回答はこうだった。
 「──最後に、漫画に関しての体験、興味は?」

 「『パーフェクト・ブルー』っていうアニメ映画知ってる? 僕はそれが一番好きなアニメ作品なんだ。最高だよ。素晴らしい! キャラクターを描いたアーティスト(漫画家:江口寿史)に「あなたは天才だ!」って伝えといて! 最近だと『メトロポリス』を観に行ったよ。音楽も素晴らしかったしね。サウンド・フィックスが抜群だったよ。」

 即刻「これは2人をお会いさせるしかなかろうよ!」と考え、師走で多忙な先ちゃんを強引に連れ立ち渋谷くんだりまでやってきた。
 ニュートンの人間性を知らなければ先ちゃんに直接紹介するはずもなく、取材時に彼の温かい人柄を認識していたので、ここは是非とも先ちゃんには会って戴きたかったのだ。

EGUCHI.jpg

 ライヴ前の控え室でお二方、めでたく初邂逅。
 先ちゃんは最新豪華イラスト集を贈呈し、記念撮影。
 ニュートンの申し出で先ちゃんはイラスト集にサインを。ニュートンもサイン入りのCDを先ちゃんに贈呈してくれた。

 ワーナー・ミュージックの前座シンガー後、実にシンプルな、ギター1本だけの演奏のためのセッティングがなされたステージにニュートン・フォークナー登場。会場はギター好きと思しきファンが瞳を輝かせながらスタンばっている。
 出てくるなり、下駄(スニーカー?)を履くよりもギターが上手な空気バリバリ。
 しかしテクニックひけひらかし的嫌みなど微塵もなし。きっと彼のナチュラルな人間性がそう感じさせるのだと思う。

 タッピングを多用する、ギターのボディも打楽器としてコード・トーンに絶妙に絡めるプレイは、アコギ・プレイの一つの到達点を感じさせる。
 様々なタッピング・プレイで魅せる何人かの凄腕ギタリストは他にも存在するが、ニュートンのプレイは彼独特。世界でたった一つの技巧と言えた。
 迫力と腕力に繊細さの入り交じる奏法に、おいらも居眠りすることを忘れ、深く見入ったライヴとなった。

 コンサートはクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』
http://jp.youtube.com/watch?v=n_k8_HSA1-o
で幕を閉じる。圧巻。素晴らしい。
 
 終演後、控え室には元フリッパーズギターの小山田圭吾氏、押尾コータロー氏らが。
 
 新宿で激美味の鮨をつまみ、ゴールデン街で軽く乾杯。先ちゃん、ご苦労さまでした。

投稿者 yonezawa : 02:20 | トラックバック(0)

2008年 12月 7日

村治佳織 in サントリー・ホール&世界最重要日

muraji-pas1.jpg
▲村治佳織の弾くギターとの
 出会いは『パストラル』から。

 外は風がとても冷たかった。

 チケットは当日券まで完売。
 午後1時30分には現地に到着し、入口付近で連れを待つ間、ホールに向かって続々と集まる観衆の光景を見ていると、今日のコンサートが発散している迫力が伝わってきた。
 『plays BACH』の初日となる、村治佳織のコンサートは午後2時よりスタート。
 入口でH夫妻と待ち合わせ入場。

 やがて暗転となり、日本が世界に誇るクラシックギタリスト:村治佳織が眩い純白の衣裳を身に纏い登場。

 『プレリュード』導入部分の美しいことと言ったらなかった。
 2組のゲストを迎え入れ、演奏された和笛との掛け合いも初めて体感した刺激的なニュアンスだったし、学生とのコラボレーションは、彼らに大きな自信を与えたことだろう。
 そもそも今回のバッハに関しては、最後の『G線上のアリア』ぐらいしか知識のないヘタレながら、終始演者の魔法にかけられたまま終わりを迎えた。

uccd9707playsbach200.jpg
▲最新作『plays bach』

 ああも立て続けにバッハ(他)の曲を、ああもきっちりギターで弾ききるギタリストは他に知らない。
 ソロ演奏の瞬間、鍵盤の和音が聴こえたような錯覚を起こすシーンが何度もあり、生産地の違う2台のギターが織りなす、起伏のあるメロディが、コード・トーンが、かつて一度でもギターを囓った者の少し鈍った感性をビシバシ突き上げてくるようだった。
 非の打ち所のない満場一致大喝采のリサイタル。圧巻のステージがとにかく素晴らしかった。
 そして村治佳織自身の優雅で美しいこと。

 先だってタレント:今田耕司氏司会のテレビ番組(他)も興味深く拝見したが、(あの映像の村治佳織は永久保存版にしたいぐらい貴重で特に最高)ああした音楽以外の時間にも練習時間をどんどん割かれてしまう環境であろう中、どれほどの鍛錬があのステージを支えたのかを想像する度に、ギターの旋律が個人的な感動へと変わってゆくようだった。
 つまり自制心を感じたコンサートでもあったのだ。

 アンコールを見ずして楽屋入口に待機し、終演直後、控え室で、衣裳も煌びやかで眩い佳織ちゃんと数日ぶりの再会を果たした。瞬間、カメラマンを同行させなかったことを悔やんだ。 
 労いの言葉をお伝えした別れ際、「Rちゃんによろしく!」っと彼女が笑った。

JOSE%20AntonioJR-200%20J.L.%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%A7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB.png

 おいらの人生で最も重要な日:12月7日──Rちゃん2歳の誕生日は、記憶に宿る素晴らしく印象的な1日となった。

 速攻帰宅して午後6時。
 Rちゃん大好物のハンバーグにバースデイ・ケーキ。いつもとなんら変わらない夕餉のひとときながら、心だけは特別な1日
 クリスマス・シーズンだけの限定ホワイト・プーさんに、Rちゃんまるで無反応(哀)。
 彼女のマイ・ブームは断然「ミッキー」さんなのだった。

投稿者 yonezawa : 23:30 | トラックバック(0)

2008年 12月 4日

Lisa Loeb 想田和弘

CA.3A0339-0001.JPG

 自前のギタレレで今日の午前中になって初めてリサ・ローブの『Stay』『I Do』のコードを探ってみた。
 神々しいコード展開がなんとも言えない温かさを発散する。
 
 昼下がり、取り置きしてもらっていたおニューのギタレレを山野楽器に取りに窺い、その足で六本木へ。

 昨日今日とミッドタウン東京で来日公演中の女性シンガーソングライター:リサ・ローブのインタビュー取材のため、ビルボード東京を訪れた。
 先頃、婚約した彼女へ贈呈するための、あらかじめ注文していた花束をミッドタウン正面の花屋でピック・アップ。
 おまけに録音機材にデジカメに三脚まで抱え、大仰な状態で店内へ。

 待つこと30分、すでに今日のリハーサルを終えたリサとの初邂逅を果たした。

 1995年リリースの『Teiles』を聴いた瞬間、速攻で彼女の世界観にヤラれたおいらは、その日以来、彼女の音楽にシビレっぱなし。
 逢うことがとにかく念願だった。
 彼女においらのリスペクトの度合いを伝え、彼女がこれまで書いてきたの数々の名曲の完成度を労った。

 インタビューは1時間。
 キラキラ輝く彼女の瞳がとてもとても印象的だ。

 今日の日をどれほど待ちこがれていたのか、思い返せば気が遠くなる思いがする。
 1997年にリリースされたセカンド『Firecracker』の出来には舌を巻いた。
 世界中のあらゆる女性シンガーソングライターの最優先事項にリサの存在があると言っていい。

 これまで100人以上のミュージシャンにインタビューをしてきたが、特に新人の女性シンガー(例えば、ジョス・ストーン、コルビー・キャレイ、トリスタン・プリティマン、KTタンストールetc...)に、「──リサの音楽性をどう感じるか?」と質問したらば、すべての人が彼女をリスペクトし、ある意味目標にしていた。

 『It's Over』のメロディにどれほど泣いたか。
 『Do You Sleep?』はすべてのロックバンドの手本になりうるアレンジがなされた名曲であり、『Stay』を聴いて、即、映画『Reality Bites』を見に走ったのは言わずもがなだ。
 『Window Shoping』は特に模倣したくなる粋なポップ・ソングであり、アルバム『CAMP LISA』は、明明後日に2歳になるおいらの宝物:Rちゃんの愛聴盤の1枚となっている。

 レコードと、webサイトと、TV番組でしか知らなかったリサと、今日、初めて出会えた奇蹟に心から感謝。
 
 自ら滅多に記念撮影は行わないのだが、なんとリサが自前のデジカメで記念写真を撮ってくれたのは感激だった。
 感無量の取材空間に後ろ髪をひかれながらミッドタウンを後に。

 渋谷の居酒屋で映画監督:想田和弘と、2時間待ち合わせ時間を繰り上げ合流。
 本日はインタビューWヘッダーなのだ。
 
 先頃、釜山映画祭でドキュメント部門で賞を受賞した映画『精神』のインタビュー開始。
 彼はすでに現在も新しいドキュメント映画(平田オリザへの密着)を撮りながら、本作のプロモーションに世界中を飛び回っている。
 来週(?)にはドバイにも行くそうだ。

 一般的にタブー視されがちなテーマにあえて取り組んだ『精神』撮影秘話を窺えば窺う程、想田監督のただならぬ勇気を感じざるを得ない。
 想像を絶する修羅場の撮影現場。
 テレビのディレクターとして、海外でドキュメント番組を100本前後撮ってきた監督も、今回の現場は計り知れない試行錯誤とチャレンジの連続だった様が窺い知れた。

 しかしつくづく魅力的な男だ、想田和弘。
 途中から合流してくれた同じく映画監督の篠崎誠の登場により、インタビュー空間は益々熱を帯びてゆく。
 充分なる素材を確保し、取材開始3時間以降は通常の飲みにスルリと移行。抱腹絶倒の夜更け。宴は朝を迎えた。

投稿者 yonezawa : 01:48 | トラックバック(0)

2008年 12月 3日

リサ・ローブ in ビルボード東京

lisa.png

 午前8時に起床し、9時過ぎに杉並区を目指す。
 出来たてホヤホヤの歴史的原稿を拝受し、小汗をかきながら最寄りの駅へダッシュ。

 人の少ない編集部。午前中のうちに無事入稿完了。
 
 久々に神保町での昼飯。列の出来かけている新しいつけ麺屋が気になったが、中華屋の定食に落ち着く。
 近場の『ラーメン二郎』にそれなりの長蛇の列が出来ているのだが、この光景だけは未だに理解し難い。
 帰社後、今週続く怒濤の取材材料を確認しながら、同時にとっ散らかったデスク周りの整理整頓開始。
 小一時間でかなり綺麗に整理できた。もう年末の大掃除を軽くやってしまった感覚。
 しかし埃の多い編集部だこと。

 午後9時30分。ミッドタウン内にあるビルボード東京で行われるリサ・ローブ来日公演へ。
 4F席からのかなり見下ろす形の席になってしまったが、コンサート中、何度も目頭を熱くするシーンが訪れた。彼女の歌声は大地のものだ。
 この10数年の間、リサの曲を果たして何人に人たちに聴かせてきたことか。
 その啓蒙の回数は他のどのミュージシャンをも上まわっているだろう。

 『アイ・ドゥ』の清々しさ。『ステイ』の美しさ。チャーミングなMCに観客がグイグイと惹き寄せられる。『どんぐりころころ』のチョイスには大いに笑った。

 明日は念願であり、ときめきのリサ・ローブ単独インタビューを予定している。

12/3 東京(Billboard Live Tokyo)2nd ステージ

I Do
Waiting for Wednesday
Best Friend
Everyday
Diamonds
Truthfully
Love Is a Rose
Dance with The Angels(アコースティック・ソロ)
どんぐりころころ
Stay
Falling in Love
Snow Day
?
You Don't Know Me
It's Not Goodbye
Going Away
-------------------------------------
Linger
Payback

投稿者 yonezawa : 13:18 | トラックバック(0)

2008年 12月 2日

ジェイクさんのレコーディング

msg2008_2.jpg

 数日前にS社:K氏より連絡を戴いていた。
 夕方の業務空き時間を狙い、都内某所でレコーディング中だと言うウクレレ奏者:ジェイク・シマブクロを尋ねた。
 スタジオの中へ入ると、まさに真剣勝負中のジェイク。
 今録った音を確認するため、録音スタジオの部屋から出てきた彼は、おいらの存在に驚き共に再会を喜んだ。

 シビアなレコーディングという空間は他のどの現場の空気とも違う、特殊な空気が流れている。
 ウクレレの録音には初めて立ち会ったのだが、マイクの位置、本数は意外だったし勉強になった。
 アドリヴ・テイクを数トラック録りながら、本人にしかわかり得ない微妙なフレージングの違いを聴き分け、神妙にOKテイクを決断するジェイク。
 ほとんど毎回のアルバムを、セルフ・プロデュースによって構築してきたのがジェイクだ。
 たった今録ったばかりの音源を神妙な面持ちで聴き入る。
 本人自身がスタジオの空気を和らげるという、演奏技量同様、本人の人間性が今日も素晴らしさを感じさせるのだった。
 
 おいらも、スタジオ隣の待合室でK氏持参の63年ギブソンを弾かせていただいた。
 レコーディングではギター・パートもジェイク自身が弾いているようで、タカミネのブライトなトーンがスタジオに響き渡る瞬間も。
 
 遅い食事のインターバルを挟む頃、帰り支度をしたいたら、ジェイクが「昨日撮った曲を聴いていかない?」と尋ねてくれたので、喜んで拝聴。
 そこには、世界トップ水準に達するウクレレたった1本で織りなされた宇宙が収録されていた。
 オーガニックな彩りに包まれた上に達観した技量。ミックス前の原石と言える演奏がプロトゥールスにきっちり収録されていた。
 紛れもない本物の技量とマインドを再認識させられた。

 ジェイクさん、サンキュ!

CA.3A0336-0001.JPG CA.3A0337-0001.JPG

 「過ぎ去ったおいらの誕生日を祝ってくれる」と言う奇特な輩連中と合流することになり、先ほどジェイクのスタジオに持ち込んだオベイションを持ち歩いていたオイラは結果、彼らに散々ギターを弾かされる羽目に。

CA.3A0338-0001.JPG

 今年最もギターを弾いた1日となった。ともあれT、S、R他のみんな、サンキュだ。

投稿者 yonezawa : 13:18 | トラックバック(0)

2008年 11月 28日

44年目の節目

 札幌のMさんからメールで現地の寒さを知らされたのだが、東京も東京なりの気温ながら随分寒くなった。

 ぞろ目の誕生日はダニエル・パウター『NHKホール』来日公演と重なった。
 前回のステージング同様、アットホームと言う言葉がしっくりくるようなライヴだ。
 縦横無尽にステージを駆け抜け、時に観客も取り込むような演出がダニエルっぽくて、やっぱり温かい。
 ライヴ後半、1列前右横5席隣に座っていた美女を突如ダニエルがエスコート。
 観客をステージに上げ、ダニエルは隣に彼女を座らせ、2曲披露という演出のよう。
 ところが、ダニエルの紹介を聞いていたら「アクトレス」と言うフレーズが聞こえたが、詳細は聞き取れないまま。彼女はステージ正面のキーボードの前に座り、伏し目がちな角度で曲を聴き入っていたため顔が見えない。
 曲が終わり、拍手に包まれ客席に引き返して来る際に、彼女が女優の桜井幸子さんであることが判った。
 ドラマ『高校教師』が懐かしい。
 公演後、関係者のたむろする場所で「高校教師の頃、おいらは彼女のファンだったんだよぉ〜」と皆に語りかけるものの、若い担当者らはあまり判っていない様子。

 電車で地元方面へ引き上げる。

 年を重ねた本日の食事は、思いも寄らぬ予想外の盛大なパーティとなり、おいらの到着を待ちわびた大勢の美女に取り囲まれ、1本200万円のロマネコンティを3本空け、イタリアンのコース料理で、もうお腹は一杯だわ、ほろ酔いになるわ、もう大変(笑)。
 いや〜参った参った、まったく優雅で壮絶な宴となってしまったわい……とは一切ならず、初めて飛び込んだラーメン屋で、味噌ラーメンの味つきタマゴをトッピング。青年誌『アクションZERO』を片手に、およそ20分程度で侘びしい夕食を済ませた齢44年の節目の終焉であった…

CA3A0336-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 00:13 | トラックバック(0)

2008年 11月 24日

Kaiser Chiefs

81_sumple01_01.jpg

 雨。
 見通しの悪いコンディションの中、車で編集部へ。
 雑務を残しつつ、都内某所にて来日中のカイザー・チーフス/インタビューへ。
 複数の取材陣の待機と遭遇しながら、ヴォーカル:リッキー・ウィルソン、ベース:サイモン・リックスの2人へのインタビュー、やにわに開始。
 彼らにはまだおどけなさを感じてしまう辺り、もう大した世代の違いを認識する場面ながら、ともあれ前進のアクションを継続するバンドが魅力的であることに間違いはなし。
 撮影時の驚きのトラブルを回避し、フレンドリーなバンド・メンバーに別れを告げ、再び車で帰途に。
 井の頭公園の混み具合が酷く、街道に入ってから1時間もかかって地元方面の西友へ到着。
 雨で買い出しに出られなかった分の夕飯の買い物を済ませ帰宅。

 晩飯はハンバーグ。
 
 連日報道される「元厚生次官宅襲撃事件」の闇は未だに解明されず。

 日頃、「踏襲(とうしゅう)」を「ふしゅう」、「未曾有(みぞう)」を「みぞうゆう」、「頻繁(ひんぱん)」を「はんざつ」、未確認ながら「前場(ぜんば)」を「まえば」、「有無(うむ)」を「ゆうむ」、「詳細(しょうさい)」を「ようさい」っと読み間違えないよう、自身も気をつけねば。

投稿者 yonezawa : 02:41 | トラックバック(0)

2008年 11月 23日

お台場

vhlogo.JPG

 午前8時頃から目覚め、昼前には昼食の準備。
 オムライスにキャベツ&トマト・サラダ。田舎から届いたごま昆布と梅干しを付け合わせに、ゆうべの残りのスパサラを添え、わさわさ食事。
 正午過ぎ、急遽入稿することが決まった記事構築のため、編集部でデスクワーク。
 原稿書きと打ち合わせと終え、デザイナー:Tちゃんに最終デザインを託し、そのままお台場へ。

CA3A0326-0001.JPG CA3A0330-0001.JPG 2736_1.jpeg

 速攻で『JUICE JACK CAFE』のメニーカシス 630円(スムージー)を飲んだ。
 冬に備え、Rちゃんのジャケット他を購入し、『青龍門SEIRYUMON』で腹ごしらえ。

1247_1.jpeg 1253_1.jpeg
 
 夕方、ZeppTokyoで行われたMTVのライヴ・イベントへ。
 開場は本気で満タンに埋まりきっていた。
 2F席1列目の最高の場所から、冒頭1時間登場したイギリスの新星:カイザー・チーフスのライヴを観戦。
 頭上で拍手をする観客を2F席から眺めると、ゲーム等で観衆を表した同じシーンと何ら変わらない映像だった。
 カイザー・チーフスはレコードよりもライヴの方が印象は断然よかった。
 明日は、都内某所で彼らへの単独インタビューを行う予定。

投稿者 yonezawa : 02:41 | トラックバック(0)

2008年 11月 21日

CAROLE KING

51B0hqdQ-hL._SS500_.jpg

 国際フォーラムAで行われたキャロル・キング来日公演は編集Fと観戦。
 アコースティック・セットの2部構成で行われたライヴは、風格と温かさと大きな包容力に満ちあふれた、とにかく素晴らしいとしか言いようのない出来のコンサートだった。
 声量の衰えなどまるでなく、まったく無理のない自然なメロディとアンサンブルが、これ以上はないと思わせる程のクオリティを醸し出す。
 ピアノ弾き語りがどんなにカッコイイか、キャロルの演奏がまざまざとその技量を見せつけてくれていた。
 インターバルの頃、とある人に声を掛けられた。振り向くと、なんと中学時代の同級生:Mと遭遇。当然のごとく、終演後飯に。
 徒歩で『魚彩』へ伺い乾杯。奇遇な再会を喜んだ。
 原稿取りのあるFが先に引き上げ、閉店まで飲み明かす。この再会によって、年末の忘年会の話が一気に加速し、大分県からトラックで東京を通過する予定のYの都合まで調べようと言う話になってしまう辺りが、心地よき酒席の様相を表していた。
 Mさん、遅くまでご苦労さん。

投稿者 yonezawa : 02:40 | トラックバック(0)

2008年 11月 14日

DJイベント

514DPD6QBOL._SS500_.jpg

 まだ確定ではないのだが、正真正銘世界一の大物ミュージシャンであり、ロック・ミュージックの頂点とも言える某氏へのインタビューを、Eメールで行える可能性が出てきたので、文面作成に小一時間没頭。
 今回は、写真のjeff beckではない。念のため。

 年内に控えるいくつかの取材素材を整理しながら、夕食出前の濃厚サンドウィッチ&シーザーサラダを頬張る。
 時計が22時を指した頃、急いで原宿へ移動。
 少しだけやり残した仕事を離れ、アストルホール隣のビルで行われていた、バァフアウト!主催のDJイベント『middle&mellow meetin′』へ。
 到着した頃、洋モク(キャメル?)を吸いながら最後の3〜4曲を繋いでいる先ちゃんと合流。曲順表を見る限り、おいらの知る音源は1曲もなかった。
 馴染みのない楽曲でも、こうした空間の中で大音響で聴く環境だと、善し悪しが明確に伝わる。
 DJを終えた先ちゃんら、他編集者らと近場のバーで軽く乾杯。
 飛び込んだそのバーは、たまたま今日で20周年を迎えるアニバーサリーの日だと言うことで、店から振る舞われたシャンパンを1杯ずつ戴いた。

 場を渋谷へ移し、ひっさびさに再会を果たした映画人:Wの待つ若者の集う席に合流。
 その席で、20歳のマジシャン青年の見せた数々の技には驚かされた。
 20代の若者らが集う酒席でのマジック。まさに打って付けの独壇場。大技のタネは一切判らなかった。

投稿者 yonezawa : 18:53 | トラックバック(0)

2008年 11月 12日

宮本笑里リサイタルツアー2008

51A%2BH%2BwrrCL._SS500_.jpg

 昼前、冷蔵庫の中で発見した牛肉と、半欠けのタマネギをそてい。牛肉には塩こしょうでアタリをつけ、食前にポン酢をかける。あらかじめ水にさらしておいた多めのキャベツの千切りを添えて簡易定食の完成。
 梅干しとごま昆布(おいらの食事に添える定番物件)は冷蔵庫にはなかった。
 ギャル曽根の出演するバラエティ番組でない限り、1人前の食事など知れたものだ。

 実家から送った宅配便の荷物3箱到着。
 中でも、最も場所を支配したのがRちゃんの親友であるプーさんの巨大ぬいぐるみだった。

 夕方、東京・紀尾井ホールにて『宮本笑里リサイタルツアー2008』観戦。
 本番前にはド緊張するという本人の弁ながら、客演スキルは日増しに充実。人は経験で成長するものである。
 
 「パッヘルベル:カノン」で幕を開けたリサイタル。
 ピアニスト:浦壁信二とのアイ・コンタクトでリズムイン。音程の起伏がとにかく気持ちよい響きを醸し出す。
 続く「グノー:アヴェ・マリア」は、ヴァイオリンの最も小さな音色から導入される楽曲だった。不意に夢の中に誘うような、優雅な旋律が心に染み入る。
 耳を凝らして聴き入ったMCをはさみ、「ドヴォルザーク:ヴォカリーズ」では、オクターブの音階を行き来する裏声のさらに裏声のようなヴァイオリンの旋律が印象的だった。
 リズムは跳ね、音階の“こぶし”のようなニュアンスが小気味いい。マイナーキーの進行に、ほんのわずか挟み込まれるメジャーキーの旋律が個人的にはツボだった。
 「ボロディン:ダッタン人の踊り」の落ち着くこと。
 ヴァイオリンの弦を指で弾く和音のシーンが軽快でチャーミング。宮本笑里だからこそ、あのような柔らかい雰囲気を醸し出せるのだろう。
 MCで〜コンチネンタル・タンゴの代表曲〜と紹介された「ゲーゼ:ジェラシー」で、再び意識のスイッチを入れ直す宮本笑里。
 意味深なメロディに聴き入りながら作者の意図を想像していた。
 導入部分のメロディが特に印象的な「服部隆之:Les enfants de la Terre〜地球のこどもたち〜」、そしてインターミッション。

 15分の休憩を経て第二部の開始。そしてアンコール。
 さらに観客の要求する拍手に促され、まったく予定していなかった2回目のアンコールまで堪能する機会を得た。
 アニメ「のだめカンテービレ巴里編」エンディングテーマとなっている、宮本笑里×solitaによる「東京et巴里」は丁度本日発売のCD。
 今日はヴァイオリンとピアノによるシンプルな編成で聴いたが、まだCDを拝聴していないおいらながら、こちらのアレンジも清潔感の感じられる演奏となって奏でられていた。
 
 ほんの少しながら、演者としての風格も確実に備わりつつある宮本笑里。
 彼女の未来が益々楽しみな、申し分のない内容のステージングとパフォーマンスであった。

CA3A0310-0001.JPG

 深夜、眠気と格闘しつつT氏と親睦会。

CA3A0302-0001.JPG CA3A0304-0001.JPG CA3A0303-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 02:30 | トラックバック(0)

2008年 10月 22日

ケイティ・ペリー/鍋

maki1.png

 渋谷WOMBは、渋谷のホテル街に位置するとてもへんぴな場所にあるグラブ(らしい)だ。
 ケイティ・ペリーのことを、あのマドンナが賞賛したという情報を得ていたので、その真意を確認するべく会場へ。
 「ケイティ・ペリー/ショー・ケース・ライヴ」

 1Fで近々結婚するというおめでたい、E社:Nと遭遇。
 2F関係者スペースで、思いの外パンキッシュな彼女のパフォーマンスを体感。
 ミーグリには時間の関係で参加せず。

 そこから、わずか徒歩1分程度の場所にある鍋専門料理屋へ。

CA3A0236-0001.JPG

 前々から伸び伸びとなっていた、W社:M&Nとの会食がようやく実現。
 おいら担当となって初めて相対する空間を共にしたNと、折に触れて連絡を取り合う、おいらにとっての重要な意見交換主:Mとの空間が、毎度の事ながら心地よい。

 それぞれの業界周りののっぴきならないあり方やら、プライベートな重要話やら、話題はM&Nの機転が快適な分、回転するように転がり続ける。

 相手に会う時、何も考えずになりゆきで語り、なりゆきで飲む。
 これが出来る関係が、最も芯のある、いうなれば真の友という意識だ。

 美味しい鍋を大いにご馳走になってしまってやや恐縮だが、連中との酒はまだまだ定期的に続けてもらうのだった。Thanks!!

CA3A0237-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 01:00 | トラックバック(0)

2008年 10月 18日

Chet Atkins〜Tommy Emmanuel

51PZfkHRatL._SS500_.jpg

 本人のオフィシャル・サイトでコンサート・ツアーの記述を偶然発見したK野の機転で、今日のライヴ・チケットを得ることに。
 念願のトミー・エマニュエル:ライヴを見る機会に恵まれた。
 遙々やってきた関内ホールへ到着。

 彼の存在に気づいたのはケーブルTVでのライヴ映像。
 海外の音楽番組を放映するそのチャンネルでトミー・エマニュエルと言うギタリストの存在を初めて知り、「この凄腕は一体誰?」と視聴後にミュージシャン名をメモり、即座に同番組放送先のチャンネル『MUSIC AIR』へ問い合わせた。
 数日後、とても丁寧な回答のメールが到着し、よりトミー・エマニュエルの情報を知る手段を得た。
 ちなみにこの頃、おいらも加入するJCOMでは無料チャンネルの枠内だったので、視聴は普通に可能だったが、ある時期から同チャンネルが消えた。
 そのせいで、WOWOW以外の定期鑑賞チャンネルだったこの局の情報がすべて途絶えてしまった。
 いきなり最低の環境となったのだが、これらの問い合わせにも丁重に回答してくれた『MUSIC AIR』の対応は上々だった。
 後においらは『MUSIC AIR』のある関係者と飲みダチになるのだが、あの時点でこの放送局のポイントはとても高かった。

 現在はamazonで幾らでも入手可能だが、当時、日本ではトミー・エマニュエルのCD等は入手困難で、基本的に彼のオフィシャル・サイトを辿り、オーストラリア$で購入するしかなかった。

 トミー・エマニュエルのギター・プレイとは、目の覚めるようなタイミングで超絶技巧が炸裂するのだが、そうしたタイプなだけのプレイヤーに感じられがちな、テクニックひけひらかし的嫌らしさは皆無であり、魅力に包まれたセンスと、舌を巻くほどの完成度を誇っている。尋常じゃないほどに。
 今、最も生を見てみたいギタリストのトップ・プライオリティに、今日まで彼はいたのだ。
 
 オープング・アクトの日本人ギタリストが終わる頃、着席。

 午後7時を少し回った頃、ケーブルTVとDVDとYouTubeでしか見たことのなかったトミー登場。
 ステージ・セットはまるで手品師が登場するかのような趣き。
 本人の横にはラックのようなシンプルな機材が置かれてある程度。使うのはアコースティック・ギター1本だけで、とにかく信じがたきアンサンブルを醸し出す凄まじいギタリストだ。

 生前、あのチェット・アトキンスが「世界最高のギタリスト」と彼を名指しした意味は、そのプレイを目の当たりにすれば重々納得。

 ただ早いだけでもダメ。ただ綺麗なだけでもダメ。どんな音にもわびさびと情緒とパワーにリズムは必要だ。世界中のあらゆるアコースティック・ギタリストの中で、とりたてて彼は突き抜けた存在だと言っていい。
 スタートからアンコールの演奏まで全てが圧巻。“究極”と言う言葉と“神業”と言う言葉がこだまする。
 中でも自身の娘を歌った『アンジェリーナ』、坂本九『Sukiyaki/上もを向いて歩こう』が印象的で、チェット・アトキンスをリスペクトし、カヴァーした『I Still Can't Say Goodbye』のシーンには最も胸が熱くなった。
 トミーにあまり歌うイメージはなかったが、ステージでは木訥な歌も数曲披露してくれた。
 
 チェット・アトキンスがマーク・ノップラーと共演した1987年の同曲ライヴ映像があるが、あの場面の感動を鮮明に思い出した。
 客席もマーク・ノップラーも涙ぐんで見えたあの映像。
 チェットの温かさ、奥深さ。トミーの客演も実に温かかったのだ。

 会場では譜面を1冊購入。
 終演後、来年のインタビュー取材を実現させるべく関係者の方にトミーへのメッセージを託し、23時を回った頃、JR五反田駅へ辿り着いた。
 飛び込みの居酒屋で乾杯。
 目当てのラーメン屋が閉店してしまい不覚を取り、〆はデニーズで夜中の焼き肉丼+半ラーメン。

★Chet Atkins - I Still Can't Say Goodbye [Live 1987]
http://jp.youtube.com/watch?v=8590o8A4iU8

★Tommy Emmanuel - I Still Can't Say Goodbye
http://jp.youtube.com/watch?v=E6bo2feZRo0

投稿者 yonezawa : 20:48 | トラックバック(0)

2008年 10月 17日

DragonForce

51kqXvA3UbL._SS500_.jpg

 午後、都内居某所でイギリスのメロディックスピードメタルバンド:ドラゴンフォースへのインタビュー。
 対象者は、バンドの鍵を握るギタリストの2人。

●サム・トットマン - (Guitar)(イギリス生まれニュージーランド育ち)
●ハーマン・リ Herman Li, 李康敏 - (Guitar)(香港出身)

 関連サイトの彼らを評する表現に「誰も到達したことのないエクストリームな音数とスピードで現代のメタルシーン随一のスピード・スターと称されている」とある。
 早送りのようなギター・ソロが少し滑稽なニュアンスもあるのだが、ヒットチャートのリアクションの好調さをレコード会社:担当に力説され、今回取材を引き受けることに。

 アイバニーズの特注カスタム・ギターが世代の若さを感じさせる。
 なにはともあれ、大変な鍛錬によってあのギター・テクニックを身につけたことだけは賞賛。
 ナイスガイなサムとハーマンだった。

投稿者 yonezawa : 20:47 | トラックバック(0)

2008年 10月 11日

ギター・マガジン 2008年11月号

RM220811B.gif

 早朝6時起き。8時到着で都内某所へ。
 集英社『PINKY』専属モデルで『爽健美茶 』のCMに出演中。ヤンジャンより1st 写真集『nozomi』、WEEKLY YOUNG JUMP PREMIUM DVD『nozomi』を発売中。
 『どうぶつ奇想天外!』のレギュラーが決まったばかりのグラビア・タレント:佐々木希ちゃんの撮影へ。

10041022378_s.jpg img_sasaki.jpg

http://ameblo.jp/sasaki-nozomi/

 ロケハンから機材調達と打ち合わせから気合い入りまくり。 
 本誌担当編集が企画したシチュエーションで、本気の、渾身の撮影開始。モデルでもある希ちゃんは今日も感動的な美しさでチャーミングに登場。
 芸能人の中でもとりたてて容姿端麗、その上長身なのでそのクールさは突き抜けている。
 狙った絵作りのポージングがすべてキマる姿に、天から与えられた美の才能を感じ受ける。

 早朝からのこの撮影に全面協力してくれたS社:晋平&友人に感謝。
 バンド・スタイルで進行した今回のグラビア企画が、果たしてどんなスチールとメイキング動画の仕上がりになるのか、出来上がりがとても楽しみな現場だった。
 11月前半発売号の週刊ヤングジャンプが、まずは掲載の一コマ目となる予定。
 希ちゃん&スタッフのみなさん、早朝からご苦労さまでした。
 大量の機材を撤収し、小雨の中一旦帰宅。
 
 夕方、待ち合わせの地:新宿へ。
 [ギター・マガジン 2008年11月号]表紙&巻頭特集で、先月10日にニューヨークで仕込んできたAC/DC~アンガス・ヤング最新インタビュー記事がようやく発売。
 ギター・マガジンには、B.B.B.1stリリース時の2000年夏過ぎ頃、スティーヴィー・サラスと共に登場させていただいたが、原稿を書いたのは今回が初めて。
 テキストのスペースはわずか1Pだけだったが、処女原稿が巻頭の特集とは幸運だ。
 ギター・マガジンに限らず、“ギター”と名のつく雑誌は端から買いまくっていた時代があった。思えば16歳の頃から、この雑誌を何冊買ってきたことだろう。
 自身の所属するヤングジャンプも、創刊号を購入してから、来年で30年の時を刻んでいるのだが、時間の経過とは感慨深さを思わせる。

 新宿御苑駅到着。駅構内でいきなり待ち合わせ3人のうち、2人に遭遇。
 メンバーは、昨日、映画『精神』が釜山ドキュメンタリー部門作品賞授賞を受賞したばかりの想田和弘監督&ダンサー:Kちゃん、先日WOWOWの新番組『クエスト:探求者たち#1映画監督 北野武』の監督:篠崎誠の3人。

P1010425.jpg

 想田監督&Kちゃんと出会ったのは1997年のベネチア映画祭。篠崎誠監督と出会ったのは、翌1998年の北野武作品『菊次郎の夏』クランク・イン前のオールスタッフ・ミーティングからだったと記憶する。
 出会った瞬間意気投合。遙か昔から知り合いだったような錯覚を覚えたような彼らとの出会いだった。
 なんだかんだで、想田監督&Kちゃんとは1年ちょっと前に東京で会っているし、Kちゃんとは数年前のニューヨーク取材時に、ブルーノートに行ったこともあったので、ここのところは疎遠ではなかった。
 映画を生業にする彼らの感性は、そもそも生理的にもの凄く大好きで、加えて3人とも実は本気の博学・インテリで、品格のある人間性がとにかく魅力的だ。想田くんは最高学歴で、誠ちゃんは映画監督、映画ライターでもあり、出身校である立教大学『映像身体学科』教授の肩書きも併せ持つ。

 愉しい。愉し過ぎる。
 「この時間がずっと続けばいいのに──」と思わせる晩飯から夜更けのひととき。
 心底朗らかな人間性を有する者が、きっとよりよき作品を生み出すのだと、彼ら身内にそうした確信を得る時間が流れる。
 しかしこの同じ面子で次回の席はいつになろうか。ともかく、この時間内で彼らに伝えねばならないアレコレを語るものの、たった1日では足りやしない。
 次回、再来日を果たす想田チームの訪れる11月〜12月のいずれかに、またこの会が実現するのか淡い期待を抱きながら、〆のうどんを一人すすっていた。

http://www.varietyjapan.com/news/
movie/2k1u7d00000ehb78.html

411ZMDQNXPL._SS500_.jpg

投稿者 yonezawa : 12:01 | トラックバック(0)

2008年 09月 24日

Bunkamuraオーチャードホール

51fdmjpg.jpg

 ジェイク・シマブクロ渋谷Bunkamuraオーチャードホール公演へ。
 主にクラシック等の公演が行われるホールのイメージがある、ここオーチャードホールがジェイクの東京公演の定番になりつつある。
 会場は高校生ぐらいの男女から、上は50歳以上の年代の方から実に幅広い。女性客も少なくない。
 3Fまでの客席が開演直前にほぼ満席に埋まった。
 映画『フラガール』で、音楽ファン以外のファン層にもアピール出来たのか、ジェイクの東京公演は、客入りも内容も益々充実してきた印象だ。
 
 ウクレレ1本とは信じがたい恐るべき表現力に、美しくも迫力の旋律が背筋にガンガン電気を流してくる。
 おいらの大好きなアルバム『Dragon』を超える傑作として、先頃リリースされた新作『YEAH.』からのトラックが、おいらにとっては最も刺激があり、聴き応えのある場面だった。
 数曲ギターで軽くさらってみた曲を、想像した頭の中でウクレレのフレーズに被せてみる。
 そこで聴こえてくるのは、おいらの弾いたギターの旋律よりも遙か数倍、滑らかで色気のあるフレーズだった。
 あの境地に到達するまでに、人はどういった試練を乗り越えるのだろう。
 非の打ち所のないウクレレ・プレイにアンコールの最後の曲まで、心底圧倒させられ高揚させられたライヴを堪能。

 『five dollars unleaded』は超絶技巧で、『piano-forte』が美しすぎた。今日もジェイクはノーミスだったし自由だった。
 
 終演後、楽屋で再会を喜び合い、本日のプレイを労いホールを後に。

 近場の店で夕食を戴き、電車で自宅方面へ。
 駅に到着し、Z氏をお誘い近場で一杯。ラッキーにも貴重な時間を得、近況を伺った。そして、気がつけば午前5時。

投稿者 yonezawa : 13:07 | トラックバック(0)

2008年 09月 16日

Avril Ramona Lavigne Whibley

Unknown.gif

 FMのエア・チェックなど、も何年もやってないのでラジオをかけることすら日常ではない環境ながら、編集部のリスナーに聞けばそれぞれ聴き続ける番組がある模様。
 信頼のあるデザイナー、編集者が、大竹まこと、北野誠、伊集院光等の番組を即答してくれる。
 毎週毎週、なんだかんだで休日は聞き逃しがちなので、毎週日曜日:午後7時からのj-wave「classycafe」だけはタイマー録音しておこうと、初めてオーディオのタイマーをセット。
 
 アヴリル・ラヴィーンin東京ドーム、オープニング・アクトに大塚愛、パフィら登場した模様。観戦した者によれば、アヴリルは1時間少々のステージしか見せてくれなかったそうだ。

 最終の地下鉄に無事飛び乗り、編集部へ。
 ニューヨークの最も羨ましい環境のひとつは、夜中何時でも電車が走っていること。先進国の中でも先端を駆け抜ける母国日本は、こうした肝心な部分が最もおざなりだ。

CA3A0163-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 23:15 | トラックバック(0)

2008年 09月 8日

村治佳織×宮本笑里

 結局、ろくに眠れないままの早朝、クラシック界究極の2大美女=ギタリスト:村治佳織×バイオリニスト:宮本笑里:特別対談の都内某所スタジオへ。

 彼女2人同士は、すでに村治さんのJWAVEラジオ番組 http://www.j-wave.co.jp/original/classycafe/ 等で何度かの共演を果たしており、すでに仲良しの間柄ということもあり、今回の対談企画はスムーズに事が運んだ。
 共に新作リリースのほどほど近かったタイミングも手伝い、S社:Sの提案に加え、おいらの企画と合致したタイムリーなタイミングが功を奏する結果に。
 つまり、おいらのわがままも幸運にも実現することとなった。

 お二人には午前9時スタジオ入りしていただき、10時過ぎよりシュート開始。
 白黒の色彩に包まれた2人の出で立ちが神々しさを放つ。
 安易に隣に誰がが並ぼうものなら、とたんに品格の落差を自覚することになるだろう。
 決して大げさな表現ではなく、彼女たち自身から感じられるオーラは、そんな表現がしっくりくるのだ。
 昨日の夕方、突如として降り出したスコールの瞬間はかなり落胆していたのだが、今日の太陽は早朝から彼女たちを最大限に演出する目映い光を放ってくれた。

 程よきペースで進行するシューティングはもはや完璧。ジャケ写の撮影と錯覚するほど、キマるシーンがフレームにバンバン収められてゆく。

 予定よりも前倒しで対談&インタビューをおよそ1時間弱。
 自然体な受け身で真摯に質疑に応答してくださる彼女たちとの時間がゆるやかに流れる。
 二人の創造する音楽、そして彼女たち自身と出会えた幸運を再確認する、実に贅沢な瞬間でもあった。

 遅れて到着した、ややご機嫌斜めのRちゃんを彼女たちに紹介出来たことも、おいらにとっても、将来のRちゃんにとっても重要な思い出になった。
 村治佳織ちゃん&宮本笑里ちゃん、本当にありがとうございました。関係者各位の皆様方、ご苦労様でした。

 そしてそして、明日午前の便でおいらはニューヨークへ。
 奇跡の単独インタビュー敢行。ジェフ・ベック、北野武以来の高揚が全身を包み込む。
 
 ついについに、AC/DC:アンガス・ヤングとの邂逅を果たす。
 更新は帰国後の13日以降。NY顛末、乞うご期待。

DCCD24.jpg

投稿者 yonezawa : 00:45 | トラックバック(0)

2008年 09月 7日

BECCA

CA3A0180-0001.JPG

 荻窪から国会議事堂前で千代田線に乗り換える際、美人バイオリニスト:宮本笑里の特大ポスター発見。都内各所に、とんでもない大きさのポスターが張り巡らされている模様。
 セカンドアルバム「tears」の発売を記念したプロモーションの一環。
 このアルバムは広大で優雅で品格が高く、ポスターのコピーにあるまま、まさに「世界遺産級」
http://playlog.jp/emirimiyamoto/blog/

 晴れ渡る午後の昼下がり、都内某所でアメリカの女性スーパー・ロック・シンガー:BECCAと初対面。
 11月5日にリリースされる、彼女のファースト・アルバム『ALIVE』の出来は120点。
 内容は、パワフルでメロディアスでツボを抑えた充実の仕上がりだ。19歳の女性シンガーと言われなければ気づかない程、わびさびを感じさせるテイストにつつまれた秀作に仕上がっている。
 2種類の衣裳チェンジの中で幾つかのシチュエーションを試み、シューティングを終えた。
 
 撮影の合間、現場でなんと女優でピアニスト:松下奈緒ちゃんに贅沢にも偶然遭遇。
 とんでもない多忙なスケジュールの中、近況を伺えば彼女は新作の創作にも取り組んでいるそうだ。

 BECCAチームとミーティングルームへ引き上げ、正味40分のインタビュー。
 彼女はとても気持ちのよい、可愛らしくも正真正銘のロッカーだった。
 編集:U差し入れのテントウ虫ケーキが大好評を得る。

CA3A0182-0001.JPG

 帰宅途中、最寄り駅に少し前から突然の土砂降りに遭遇。
 一旦、帰宅した後、急に思い立った荻窪:丸長の夕飯を実行するべく車を飛ばす。
 今日のつけ麺の出来、完璧。大満足。デザイナー:小林満には遭遇しなかった。

 夜、先ちゃん仕事場でスーパージャンプ20周年のお祝い記事用イラスト&肖像写真を確認。先ちゃん、ご苦労様。

投稿者 yonezawa : 21:06 | トラックバック(0)

2008年 08月 27日

The Script インタビュー

hight.jpg

 ユニバーサル:T氏に手配していただいたTHE WHOの日本公演チケットを拝受。
 8枚分96000円の現金と引き替えた。
 年々、公演のチケット代金が高騰し、例えば10枚以上の関係者分チケットをおいらが中継する場合、軽く10万円以上の立て替えになってしまうケースもあり、驚く。
 福岡在住時代の1980年代は、外人のコンサートでも3000円代だった。
 アリーナが出来て、ワールドツアーとなれば、1万円以下のチケット代金になることは、もう滅多にない。

 国内盤がまだ発売されていないこともあり、輸入盤がメチャメチャ売れまくっているThe Script単独インタビューのため、都内某所へ。

http://www.bmgjapan.com/thescript/
http://www.thescriptmusic.com/jp/home/

 建物の正面にタクシーをつけ精算していたら、入口からたまたまダニエル・オドナヒュー(Key/Vo)が一服しに出てきた。
 嬉しい遭遇に、おいらが今日のインタビュアーである旨を伝え、取材より先にご挨拶。イメージよりとても長身だった。cheers,
 取材するメンバーは、ダニエル・オドナヒュー、グレン・パワー(Dr/Vo)の2人。
 おいらの着ていったTHIN LIZZYのTシャツにいきなり反応したダニエルは、アーティスト写真に感じられた、少し影のあるような印象とは正反対で、とても朗らか。
 音楽的に、ジャズからの影響もあったと睨んだドラムス:グレンのプレイは、ブライアン・ダウニーのプレイから継承される部分もあるのかもしれない。
 まずは、ダブリン出身の彼らが、当然のごとくTHIN LIZZYを大リスペクトしている様に共感と歓びを感じた。

 インタビュー空間は爆笑の渦。特写共々、取材は滞りなく終了。
 次回、彼らに会う時には、ある意味、彼らが手の届かないとんでもない場所に上り詰めている予感も、大いにある。
 ナイスガイな面々、The Scriptの前途を祝したい。

投稿者 yonezawa : 03:21 | トラックバック(0)

2008年 08月 26日

THE SCRIPT

bodyface.jpg

 雨が止まんなぁ。梅雨の頃より梅雨っぽい。
 7時に寝て11時に起きた。 

 ザ・スクリプトは、アイルランド出身のスリーピース・ロック・バンド。
 彼らのファーストを指して「このアルバムには人生のすべてが詰まっている」とか、「今、アイルランドから世界規格の新人バンドが誕生」とか、各メディアでは話題沸騰中。

 拝聴する限り、確かに初期のU2に感じたような匂いのロックが感じられるバンドであるが、本日行われる新生赤坂BLITZでのパフォーマンスで、その真偽を確かめてこようと思う。
 これでパワーが感じられれば嬉しいのだが。

51rlBnPWU5L._SS500_.jpg

 で、観戦。徐々にフロアは観客で埋め尽くされた。
 諸事情あって正式ギタリストは急遽帰国したそうで、ギターはサポート・メンバーが弾いていた。
 ともかく、歌もドラムスも巧い。
 レコードのクオリティをそのまま演奏出来る、技量の確かなバンドであることがよくわかった。
 U2に感じられるロックのリアルさ、切実さ。あるいはコールド・プレイ、マルーン5等を彷彿とさせる風格が、全編を支配するマイナー・キーのオリジナル・トラックを聴くうちに感じられてくる。
 新作の曲から、ラスト:ボウイのカヴァーまでシンプルなステージは1時間程度で終演。
 アンコールは、再び「WE CRY」を演奏。
 次回は彼らの内面にグイッと迫ることにしよう。

 徒歩で燻製の名店:Cへ。
 T氏との打ち合わせを終え、電車で黄金の原稿取り。

 ザ・スクリプトへの単独インタビューは明日。

投稿者 yonezawa : 03:20 | トラックバック(0)

2008年 08月 25日

Strangest Places

41ED6F6G5WL._SS500_.jpg 41Z06DXKR9L._SS500_.jpg 51aHDfKxnEL._SS500_.jpg

 Abra Mooreの『Strangest Places』は大変な傑作だったが、日本でのリリースがなかったせいか、おいら以外にこのシンガーを知っている人には出会ったことがない。

21P69YAEQ0L._SL500_AA130_.jpg

 そのアルバムはもう10年ぐらい前に購入したのだが、どういうわけだが彼女の他のアルバムを聴くという発想に、つい先日まで至ってなかった。
 調べれば何枚かのオリジナル・アルバムをリリースしており、DVDに特典映像のあるアルバムで初めて彼女が動く姿を拝見した。
 ともかく、『Strangest Places』でのバンド・アンサンブルは、ノラ・ジョーンズとかジョン・メイヤーで聴かれる種類の、絶妙で秀逸なアレンジの妙を見出すことが出来る。
 不思議なことに、日本のレコード会社が契約しなかったミュージシャンなのだろう。
 
 昨日から、まるで梅雨のような雨模様。
 打ち合わせ先の、清澄白河へ向かう。徒歩で作家宅を目指すと、到着したら汗だく。
 電車内の冷房で冷えるせいもあり、薄い長袖を着ているのだけれど、歩くと汗が出てくるし、バランスが難しい。
 
 幾つかのインタビュー原稿のリライト作業にデスクワーク10時間強。
 麻婆豆腐丼の出前を喰ってパソコンの前からほとんど動かない1日。
 今週、来週、再来週と重要取材が目白押し。
 午前5時にひとまず区切りを付け、帰宅の支度を。 

投稿者 yonezawa : 03:09 | トラックバック(0)

2008年 08月 24日

ザザンオールスターズとU2

51JdgHExgPL._SS500_.jpg

 北京五輪の終演と共に、ザザンオールスターズの活動一区切りも、雨模様の中終わりを迎えた。
 日本中を熱狂に導いた五輪選手の方々には賞賛&労いの意を。

 30年間、トップを独走。WOWOWでザザンオールスターズ/ライヴを飛ばし観戦。
 知らない曲が1曲もなかった。そこがこのバンドの偉大さを物語る。

 昔ラジオで「盗作特集」のような、似通った楽曲を対比させるように聴かせてくれる企画の番組があった。
 何のおんめんもなく、堂々と(しかも思い切り流行った曲の)洋楽をパクる邦楽(筒美京平等)の面々の中で、桑田佳祐の曲だけが“洋楽がパクったのかも?”といった趣旨で取り上げられたことがあった。

 世良公則&ツイストもシャネルズもクリスタル・キングも敏いとうとハッピー&ブルーももんた&ブラザーズもジューシィ・フルーツもザ・ヴィーナスも横浜銀蠅も杉山清貴&オメガトライブもC-C-Bもうしろゆびさされ組もBOØWYも光GENJIもカルロス・トシキ and オメガトライブもバービーボーイズも爆風スランプもプリンセス・プリンセスもいないけど、サザンオールスターズだけは30年現役だった。彼らの意志で一時活動を無期限停止するだけで、彼らは今日まで常に音楽業界の先端を走り続けた。
 ものすごいことだ。 

 関連サイトによれば、U2待望のニュー・アルバム収録曲と思われる新曲4曲がネット上に流出した模様。
 フランスのボノの別荘で、友人たちに彼らが演奏している様子をたまたま耳にしたファンが録音した音源か、あるいはボノが大音響で新作の音源をかけていたものを録音されたとみられている。
 『サン』紙によれば、その数曲の中には、アルバム第一弾シングルと言われている「Sexy Boots」も含まれているとのこと。リリース日の噂はオフィシャル発表ではないものの、11月14日とのこと。

 とんでもない輩もいるもんだ。

投稿者 yonezawa : 20:19 | トラックバック(0)

2008年 08月 19日

遠位型ミオパチー

41CF9PJXGGL._SS500_.jpg

 CDラック下段1/3に段ボールを貼り付け、およそ高さ1m程度は一面取り出せないようにしている“Rちゃんシフト”のせいで、聴きたいCDが簡単に引き出せないこの頃。
 隠れた分、持っているCDも、そうでないCDも益々区別がつかなくなり、取材対象者の音源も取材が近づくに連れ、焦ったりするパターンも。

 6時間はきっかり寝たハズなのに、編集部へ行きがけの電車で、最寄り駅3つ手前頃から爆睡の状態に。日によっては四六時中眠い場合も。

 深夜、黄金の原稿を拝受し、入稿を終え、帰途へ。

 先頃、ドキュメント番組で中岡亜希さんという美しい女性を知った。

 以下、関連サイトからの引用で周辺情報を得た。
 現在、彼女は31歳。
 足を引きずって、はうように廊下を移動します。もう足に力はありません。足だけでなく、両手に残された握力もわずか1~2キロ。箸を持つ手もおぼつかないのです。

 番組で初めて知ることとなった奇妙な病名「遠位型ミオパチー」と呼ばれる、指先などの体の遠い部分から徐々に筋繊維が萎縮する、原因不明の病気に彼女がかかってしまったことを、その番組で認識した。

 患者は100万人に、わずか2,3人。

 現時点では治療法などはまったく無く、未だ国が難病指定をしていないせいで、治療にも莫大な金額が課せられるのだ。

 今から8年前の当時、客室乗務員だったという中岡さんは、憧れだった職業に胸を躍らせ、世界中を飛び回る生活を送っていた。
 ある日、会社の同僚から『歩き方がちょっとおかしいね』と指摘されたり、紙パックのジュースが指でひきちぎれない日があり、そこで初めてご自身の体調の変化を自覚したそうだ。
 その後、検診により告知を受けた。

 歩けない程度だった初期の症状は徐々にひどくなり、徐々に筋肉は奪われ、このまま進行すれば20〜30年後には寝たきりになる日が来るのだと言う。
 なんていたたまれなく、理不尽極まりない現実なのか。
 
 そんな中、ささやかな朗報が飛び込んできた。
 彼女の主治医が、遺伝子技術で中岡さんと同じ症状を持ったネズミをつくり出すことに成功し、現在、治療法の研究が進められているそうだ。
 ただし、治療法が見つかったとしても、現状、患者の数が少ないため、製薬会社にとっては採算が見込まれず、治療薬の開発は絶望的。

 そこで彼女たちは、患者だけで莫大な開発コストをまかなうのではなく、国に支援を求めようと署名活動を始めている。
 現在、18万人分の署名が集まり、彼女を中心とした「患者の会」は法律の改正や難病指定を求めた要望書を、近く厚生労働省に提出するようだ。

 厚生労働省は患者の人数など関係なく、とっとと認定すべきだ。どんな理由があろうとも。
 役人の不正で税金が理不尽に搾取されることは1円も許さないが、こうした難病と闘う人たちのために税金が高騰することには、きっと多くの納税者は基本的に反対しないのではないか。
 道路を、ダムを造る前に、トップ・プライオリティは明らかにこちらだろう。

 「今を生きるために、国による支援体制が何よりも欲しい──」
 残された時間の中、消えゆく筋肉を振り絞りながら、彼女たちは闘っている。

投稿者 yonezawa : 00:30 | トラックバック(0)

2008年 08月 18日

森恵

mfsj-30377_m.jpg

 出社途中、新宿:伊勢丹は9999へ寄り、ひん曲がった眼鏡のフレームを修理に。
 ものの5分で治してくれた。大助かり。もうRちゃんの目線の高さに眼鏡を置くまい。

 休み明けのデスクはたいそう、どえらいことになっているかと思いきや、大したことがなかった。
 編集部のパソコン宛に届く900/1200通あまりのスパムメールが自動的にゴミ箱へ。

 帰途につく途中、編集部の近くにあるにも関わらず、たった2、3度しか入ったことのない書店内を徘徊。
 ギター・マガジン掲載のジョン・メイヤー記事。かつてジョンはバークリー在籍中に日本人ギタリスト講師に習っていた事実を知る。なるほど。
 ミニ親子丼と冷やしたぬきうどんの立ち食いで晩飯を済ませ、地下鉄とJRを経由し地元方面へ引き上げた。
 ユニクロで、程よいサイズの鞄とシャツを衝動買いし、CDショップでディズニー『くまのプーさん』DVD×2購入。
 DVD『ライヴ・イン・ジャーマニー'80S フロム・ロックパラスト/ロリー・ギャラガー』発見。
 なんと「フォロー・ミー」「バッド・ペニー」等の音源がライヴ映像で見られる。
 マメにamazonなどを見なきゃ、こんなレア映像は見逃しがちだ。
 
 定期便のバスの時間も危なくなった頃、徒歩で帰途につこうとアーケード街を歩いていると、伸び伸びとした上に、清んだ歌声が耳に飛び込んできた。
 聴こえてくる声には、清潔感があってパワフルで、丁寧な歌い回しだ。
 近年だと、元コア・オブ・ソウルの中村蕗子ことLOVE以来の心地よさ。

 閉まった店の前にギター・ケースを敷き、そこへあぐらを掻いてギターを弾く小柄の女のコが、その耳を惹く歌声の持ち主だった。
 シンガー・ソングライターのストリート・ライヴ──
 遠目で見る限り、マーティンの・アコギだろうか。いい鳴りしてる。
 それなりに離れた場所からも、サビにかかる節のシーンでは実に小気味よい声量の抜けを確認した。
 歌っている本人も、聴き入る我々も気持ちの良いポイントに達しているカオスを感じた。

 ストリート拝聴の経験上、ほとんど9割方、足を止める音楽には出会わない。今まで出会って来なかった。
 しかし、今日の偶然に対しては3曲拝聴し、曲の狭間に彼女の1ST.アルバムを購入しようと考えた。

 人前で演奏する恐怖、人前で歌う勇気…そうした、経験した者にしか解らない試練やプレッシャーを乗り越え、この場所まで、この技量まで己を磨いてきたんだろうと、見るからにまだ若き彼女の歌声を聴きながら勝手にそう感じていた。

 帰途につき、CDを聴いた。彼女の名は森恵と言った。
 今宵は優秀なるシンガーの発見となった。

 http://www.multiformatstudio.jp/megumi/index2.html
 オフィシャル・サイトにマーキングを入れ、次回、彼女の紡ぎ出す音との再会を楽しみに待つことにしよう。

投稿者 yonezawa : 13:29 | トラックバック(0)

2008年 08月 14日

Mess Of Blues

6b00f0c1.jpg

 妙な時間に眠気が襲う。
 ソファに寝転がると、知らないうちに10分オチている。
 北島康介の快挙に、体操、柔道、フェンシングと、特に注目している選手がいなくともこれだけ頻繁にプレイバックしてくれるので、ほぼタイムラグの無い状態で戦績を知る北京五輪。
 
 こうした加熱する特番を余所に凶悪事件も番組の片隅で報道されているが、その印象は当然薄くなりがち。
 拉致問題の件。日朝実務者協議で、日本が北朝鮮に対する制裁の一部解除を実施するとのことだが、「調査開始と同時に解除」のあいまいな見解は当然被害者の心情を納得させるものではないだろう。

 夜中、Jeff Healeyの遺作『Mess Of Blues』拝聴。

 89年か90年頃、闇雲に映画の試写会に行き倒していた頃があった。
 食指に触れようが触れまいが何だろうが、時間のある限り映画を見尽くした1年間という時期があった。
 そんな見方をすれば、9割方、時間のロスとも言える駄作ばかりに直面するわけなのだが、パトリック・スウェイジ主演の映画「ロード・ハウス」に遭遇した時には、ヒヤリと背中を駆け抜けるシーンを見つけたのだった。
 盲目のギタリスト:ジェフ・ヒーリーのことはファースト・アルバム『See the Light 』で大注目しており、知ってはいたが、この作品に出演していることは何の情報誌にも出ていなかったので、スクリーンを見て一人で驚いていた。
 A.シュワルツェネッガー主演の『ツインズ』にジェフ・ベックのバンドが出ていた時と同じぐらいのレア発見だった。
 後で聞くと、この映画出演によってデビューのきっかけを得たそうだが、おいらは後からこの映画と出会った。

 彼がプロデュースを担った女性シンガー(名前忘れた)も秀逸だったし、スティーヴィー・サラスの親友でSOクールな女性シンガー:サス・ジョーダンもジェフとの深い親交があったはず。
 ブルースからやや遠ざかった感のある時期には、おいらも必死で追いかけるほど熱心な信者とはいかなかったが、彼の産み出す音楽性に対しては不変のシンパでいたのは事実だった。

 その彼が本格的なブルース・アルバムを制作中との情報は、風の噂で知っていた。

51q-850k6lL._SS500_.jpg

 少し送れて、07年にガンを取り除くための脚と肺の手術を受けている事実も知った。
 闘病生活を送りながらも演奏活動は続けたそうで、08年に久々のブルースロック・アルバム『Mess Of Blues』を完成させたとニュースで聞いた。
 ジェフは、リリースを目前に控えた08年3月2日、トロントのセントジョセフ病院にてガンのために、なんと41歳の若さで亡くなってしまうのだが、『Mess Of Blues』を聴き込めば聴き込む程、途方もない大きな世界的遺産を失ってしまった意識に苛まれる。
 先日の、ハイラム・ブロック逝去の悲しいニュースしかり。

 『See the Light 』の素晴らしさ同様、今回ほとんどがカヴァー曲だけで構成された最期の新作『Mess Of Blues』も、永遠に聴き続けるアルバムの1枚になりそうだ。
 ミス・トーンもいとわない、剥き出しの豪放磊落なトーン。
 終始、素のプレイに徹している演奏が心に突き刺さるのだ。

投稿者 yonezawa : 02:44 | トラックバック(0)

2008年 08月 8日

JUNO〜ROOM

c7727eb9.jpg

 最終上映となった今日、渋谷アミューズCQNで未見の映画『JUNO』滑り込み鑑賞。
 80回アカデミー賞脚本賞の作品ながら、主演のJUNOを演じたエレン・ペイジに全面的に感情移入出来ず、世間の評判よりやや温度差を感じた内容だった。
 
 21時待ち合わせの鍋料理屋へ移動。
 先々週前決まっていたK社:Mちゃんら4人の飯会の席に到着すれば、いたのは幹事のMちゃんだけ。
 それからおよそ1時間後、ワラワラとD社:K、K社:Sが合流し、ようやく本来の鍋を囲む会開始。

 2件のワインバーを梯子し、単独で下北沢へ移動。
 下北沢「ROOM」で行われているDJイベントへ深夜合流。
 そもそもおいらをこのイベントに深夜メールでお誘いくださった岩谷テンホーちゃんは、もう限界の様相で、おいらが到着したばかりの1F入口で、すれ違い様に帰宅された。
 すでに出来上がっていたおいらは、かなりの体力の限界でもありながら、流れてくるフーバスタンクの爆音等で持ち直す。
 先ちゃん、健ちゃん、山本直樹さん、馴染みの編集者らと現地合流し、イベント終演後、近くの居酒屋へ。
 もはや体力限界で、気がついたら終宴15分前にオチてしまっていた。
 吉祥寺組を一人ずつ送迎しつつ、最後自宅に到着したのはもはや完全な早朝だった。どえらくしんどい。

CA3A0086-0001.JPG

投稿者 yonezawa : 17:17 | トラックバック(0)

2008年 07月 25日

The Presidents Of The United States Of America

41DIo3-CRrL._SS500_.jpg 41EKYGVMVAL._SS500_.jpg 41jhdODJgFL._SS500_.jpg

510FMY89TNL._SS500_.jpg 515KJ2EEJAL._SS500_.jpg 6159KZF743L._SS500_.jpg

 祝来日! The Presidents Of The United States Of America!!!

 本日から始まった、苗場FUJI ROCKフェス08の昼間グリーンステージに登場したのは、おいらの音楽人生にもたっぷり影響を与えたザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ。
 彼らは明日、いきなりドイツへ発つそうで、ライヴ後の夕方、早々と都内に帰京した模様。
 つまり、通常はあり得ない夜の時間帯での単独インタビュー敢行となった。
 
 1990年代、400万枚のセールスを記録したデビュー・アルバムは、おいらにすればザ・ポリスのファースト並に衝撃を与えてくれた。
 有名な話ながら、ベースは2弦、ギターは3弦。バンドで合計5本の弦で演奏を繰り広げる彼らのスタイルは現在も変わらない。
 新作もこの弦の本数で演奏しているそうだ。なんて奴らなんだ、まったく!

 彼らのファーストは、当時何人の人たちに啓蒙したことだろう。

 一見、コミカル的に見間違いそうなバンドながら、昔から彼らの演奏スキルはとんでもなく突き抜けており、これは解る者が聴けば一聴瞭然。
 とてつもなく演奏技量の高いバンド。かつ、書く曲書く曲の楽曲クオリティの高さは舌を巻くほどだ。
 3人それぞれが1分程度のタイムラグで取材部屋に訪れ、正味50分間、インタビュー時間をメインに取材を推し進めるのだが、1クエスチョンに対してほとんど回答が脱線する展開で、その逸脱したエピソードに空間は爆笑に包まれる。
 そのせいで、用意した質問は巧く消化出来ない部分があったものの、一つの質問から派生した展開がとても温かい空間を彩っていた。
 とにかくサービス精神も満点。90年代前半頃の自分なら、大リスペクトする彼らを前に、さぞ舞い上がっていたことだろう。感激だった。
 新作『These Are The Good Times People』の完成度にニヤリ。
 捨て曲のないアルバムにして、14. ディリーター / Deleterのエピソードに笑った。
 それにしても腰にくるクールなリズムとアレンジとメロディだ、まったく。

 そして、3人が思い思いの感性で、速射砲のように語る内容を、異様なスピードで通訳し、対応してくださった@サムさんの技量が、今日の滞りなき取材を支えていた。
 
 取材空間としてはこれ以上ないほど抱腹絶倒の空気に包まれた、心地良き時間はあっと言う間に過ぎ去り、フォトセッションを終えて、読者への動画メッセージを戴き、次回の再会を約束して取材部屋を後に。
 彼らと同じ時代に生きることが叶った奇跡に感謝。
 ロック・ミュージックは、リスペクトと友情の歴史。
 まさに、おいらの座右の銘とも言えるこの認識をほのかに感じた。
 世界で最も優れたトリオ・バンドの一つ:ザ・プレジデンツが演奏を続ける限り、永遠に追い続けてゆくことだけは決まっている。


51Lta3RKqiL._SS500_.jpg 2008/06/11 Album
『These Are The Good Times People』
ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ / The Presidents Of The United States Of America
TOCP-66800 ¥2,500(Tax in)

01. ミックスト・アップ・S.O.B. /
 Mixed Up S.O.B.
02. レディバグ /
 Ladybug
03. 牙を研げ /
 Sharpen Up Those Fangs
04. モア・バッド・タイムス /
 More Bad Times
05. フレンチ・ガール /
 French Girl
06. トラックストップ・バタフライ /
 Truckstop Butterfly
07. 幽霊がいっぱい /
 Ghosts Are Everywhere
08. ルース・バルーン /
 Loose Balloon
09. フレイム・イズ・ラヴ /
 Flame Is Love
10. ソー・ロー・ソー・ハイ /
 So Lo So Hi
11. カメの唄 /
 Poor Turtle
12. ロット・イン・ザ・サン /
 Riot In The Sun
13. ウォーヘッド /
 Warhead
14. ディリーター /
 Deleter

BONUS TRACK
15. ファイア・ザ・パイロット /
 Fire The Pilot

www.emimusic.jp/international/artists/pusa/

投稿者 yonezawa : 02:06 | トラックバック(0)

2008年 07月 24日

暑い日々

desnavajas.jpg

 ゆうべ午前0時30分頃、岩手界隈での強い地震(震度6強)のニュース速報と同時に、家の中もそれなりの揺れを感じた。

 幼少の頃、九州地方は慢性のように地震に見舞われていたので、きっと東京の人よりもそこら辺の免疫は強いと思う。
 ここのところ、知人から届くメールのタイトルが「暑い暑い」「いやぁ暑い」ってのばかり。
 梅雨明けの都心では、書かずにいられないような蒸し暑い日々が続いている。
 
 ロドガブのライヴCD拝聴。渋谷DUOの熱を再び思い起こさせた。
 アコギ、しかもナイロン弦で確かにヘヴィメタをやっている節あり。
 DEVOの紙ジャケ出てるが、しみじみと「Uncontrollable Urge」「(I Can't Get No) Satisfaction」は色あせない演奏とアレンジに聴き入りしみ入る。
 

 夜、銀座:Kで、T氏と飯。Hと合流し、JAZZ BAR:KINOKOに沈む。
 数年前、店に訪れた客を写した写真のアルバムに、よく知る漫画家のツーショット写真を発見。ビックリ。

 明日はひとつの念願が叶う日。
 ロックバンド:ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカへの、待望の初インタビュー。

投稿者 yonezawa : 02:06 | トラックバック(0)

2008年 07月 18日

めりけんや

413YHNBWE0L._SS500_.jpg

 入稿を終え、ライヴ観戦の前にJR恵比寿駅構内にある「さぬきうどん NRE&めりけんや」で素早く軽くざるうどん。
 昔からこの店の噂は聞いていたが、初めて喰った。
 確かに「はなまる」よりも麺に腰があって美味しいかも。
 大阪外大の学園祭に行ってた20年以上昔、阪急そばで喰ったうどんは美味かったなぁ。
 大阪の街の人たちに、美味しいうどん屋さんを伺えば、ほとんどの人が「手打ち」とか高価なうどんよりも、そこら辺の立ち食い店の方が美味いとおっしゃる。
 
 リキッドルームでマーティ・フリードマンのライヴへ。
 マーティには、先日のチープ・トリックの記事作成の折、コメントをいただいた経緯があった。
 耳が痛いぐらい大爆音の中、おいら少し居眠りしてしまう。知っている曲は1曲もなかった。ゲストの太鼓の人はテレビで一度拝見していた方だったが、アンコールで登場した女性ヴォーカリストは誰だったのか。
 個人的には、マーティのプレイはテレビで観る、何の音楽にも対応する超絶技巧の方がタイプ。
 ライヴのMCがすべて英語であることが、妙に不思議だった。
 
 終演後、駅へ向かう前、先ほどのうどんがよほど消化が良かったのか、「阿夫利」で辛口つけ麺1杯。
 駅界隈のF1屋で『マッハGOGOGO』のリモコン模型を発見。迷って衝動買い。
 

投稿者 yonezawa : 18:10 | トラックバック(0)

2008年 07月 12日

椅子

Smoky.JPG

 本棚を見ると、謹呈でいただいたらしき書籍を発見。しかしこの本を斜め読みでも読んだ記憶が蘇らない。
 おいらよりも4,5歳年上のとある高名なる編集者が、「最近、DVDで映画見ても、ラストシーンを覚えてないことがある」と言っていた。
 
 我が家、未だ大型テレビの購入に至っていない。
 その代わりパソコンのモニターが以前よりも大型になって、初めてPC画面で映画(DVD)を見る。
 パソコンに向かってそれなりのサイズの画面を正視し、ヘッドフォンを使用すればかなりの臨場感で鑑賞できる。
 しかし椅子がオンボロ。
 多くの作家の方々のように立派な椅子にあらず。彼らは座ることが仕事の一つでもあるので、多くの方々が大概重厚感のある高価な椅子を使っておられる印象を受ける。
 一般的に椅子なんてものは滅多に買い換えることはないが、大型家電量販店でフロアをうろつく際、パソコン椅子のコーナーを発見し、10コ以上の椅子に腰掛けてみた。
 例えば10000円以下の品から80000円程度の品まで様々。中でも30000円代後半の機種に惹かれるが、懐と相談し、この衝動買いは改めることに。
 午後6時30分より、1月以上遅れの6/2失速打ち上げ。
 お好み焼き屋〜イタリアン〜居酒屋経由で終日爆喰いの1日。馬鹿。

投稿者 yonezawa : 00:55 | トラックバック(0)

2008年 07月 5日

Newton Faulkner

5109aepDjPL._SS500_.jpg

 BMGよりサンプル盤が届いた時から気になっていた、ギタリスト:ニュートン・フォークナーのアルバム『ハンド・ビルツ・バイ・ロボッツ』が、ここのところヘヴィー・ローテーションなCD。
 午前中、彼へのインタビューを行うべく都内某所へ。

 彼の音楽性同様、会った瞬間に彼の優しく温かい人柄がダイレクトに伝わってくる。
 例えば、ジョン・バトラーの醸し出す雰囲気と、とても似ている印象を抱いた。
 タッピングにしろ、ボディを叩きながらパーカッシヴにリズムを刻む演奏にしろ、まったく嫌らしさを感じさせず、どんどん彼の音を理解したくなってくる。
 彼の演奏を聴いて感激したジミー・ペイジが会いに来たそうだ。アコギ1本で奏でるクイーンからのカヴァー「ボヘミアン・ラプソディ」が、お茶目で嬉しい。
http://jp.youtube.com/watch?v=n_k8_HSA1-o

 ニュートン・フォークナー、最高!

投稿者 yonezawa : 12:37 | トラックバック(0)

2008年 07月 3日

公ちゃん、大好き

513p5PLT0ZL._SS500_.jpg

 avex所属のクラシック・ミュージシャンが集い、白寿ホールでコンベンションの演奏会が行われた。
 以前取材したバイオリニスト:奥村愛、チェリスト:遠藤真理、ピアニスト:三浦友理枝の演奏を聴くべくホールへ。
 登場するミュージシャンそれぞれが、とんでもない技術とセンスを駆使し、実にそつなく楽器を奏でる姿に聴き惚れた。
 チューニングは耳だけ。勿論演奏にクリックはなし。ステージを彩る圧巻の演奏に惹き込まれる。

 中でもこの日、初めて体感したピアニスト:辻井伸行の演奏には完全にノックアウトさせられた。『報道ステーション』、『題名のない音楽会』等のテレビ番組に出演し、その名も世間では認知されはじめた彼だが、オリジナル曲「川のささやき」の美しすぎる旋律、指揮者:佐渡裕の奥様に捧げたという曲「公ちゃん、大好き」の優しさには、少し涙目になってしまった。
 曲を聴きながら、大好きなRちゃんを想像してしまったからだ。
 
 前半後半のインターバルに遠藤真理ちゃん、三浦友理枝ちゃんらと取材以来の再会を果たし、インタビュー時の御礼を再びお伝えする機会を得た。
 近年のクラシック・ミュージシャンはつくづく美しい。
 日本で充分な実績をあげた後、欧米での鍛錬によって確かな技量をさらに磨き上げ、鍛錬を止めない彼ら。
 一点の迷いもない演奏が感動的ですらあった。
 ロック・ミュージックもクラシックもジャズも、おいらにすれば何もかもがROCKという思想でくくることが出来る。
 
 夜、編集者の鏡:T氏と念願のサシ飯へ。
 河岸を変え、S社:YMと合流。YMは、友人で親友だというFM横浜でDJを務めるTさんを連れ立ち、4人でがっぷり音楽談義。最高。
 元コア・オブ・ソウルのシンガーで、現在LOVE名義で活動を続ける中村蕗子の、溢れる才能に対する共通の認識に思わずほくそ笑んだ。

投稿者 yonezawa : 17:16 | トラックバック(0)

2008年 06月 23日

THE WHO

080618_221031.JPG

 梅雨入りしながらそれほど激しい雨天に遭遇していないのがラッキー。
 いかにも降りそうな空模様の昼下がり、地下鉄大江戸線を経由し六本木へ。駅直結の駅ビル内試写室へ5〜6分の遅刻で潜り込み(ごめん!)、映画『カンフー・パンダ』正式鑑賞。
 主演:ポーの声優を担う俳優:ジャック・ブラックのtoo muchな(声の)リアクション及び演技を期待して鑑賞。その期待値が高かったか、思いの外彼にすればノーマルなテンションだった。
 物語は端的にスピーディーに描かれ、日本の子供達がこの作品をどう評価するのか楽しみ。
 ああ〜『スピード・レーサー』が早く見てぇ。
 
 鑑賞後、やにわにF氏より携帯着信あり。
 今年11月、THE WHOの武道館公演が決まったそうだ。
 「チケットを頼むぜぃ!」とのメッセージ&来日公演のニュースを得たおいらは即座に関係者各位へ問い合わせ。
 無事、大勢分のチケット入手確約を得て一安心。

 公演は6才未満(未就学児童)の入場不可。
 メンバーは、ロジャー・ダルトリー(Vo),ピート・タウンゼント(G),サイモン・タウンゼント(G),ジョン“ラビット”バンドリック(Key),ピノ・パラディーノ(B),ザック・スターキー(Ds)。
 つまり2004年のロック・オデッセイ出演時と同じラインナップを予定しているようだ。

投稿者 yonezawa : 15:08 | トラックバック(0)

2008年 06月 15日

アリスのカヴァー

41DSEVRXHSL._SS500_.jpg

 午後、コミックス入稿のため編集部へ。
 1Fの受付でデザイナー:Tと遭遇。

 表参道ヒルズにはまず縁のない生活ではあるが、今回初めてB4の専用駐車場へ車を駐めてみた。意外にも日曜日の昼下がりなのに並んで駐車場に入れる混沌ぶりではなかった。勿論人出は多いのだけど。
 W社:Mさんとは、昨年12月の、LED ZEPPELINロンドン公演でご一緒した間柄という関係になる。
 休日の本日、原宿アストロホールで、彼のバンドがカヴァー・ライヴを行うと聞いていたので、仕事の帰りこっそり覗いてみることに。
 彼らは、今回『スーパー・アリチュ』というバンド名で、アリスのカヴァーを演った。
 我々の年に一度のお祭りイベント『失速バンド』とも趣向がかなり似ており、会場では知り合いのレコード会社の者、おまけにおいらのギターも作成してくれるESP:石井ちゃんとも偶然遭遇した。
 Rちゃん同伴で観戦したのだが、彼女は無心にステージ上のアマチュア・バンドの熱演を見つめていた。その横顔に1曲の半分ぐらい一々見とれるおいら。
 それなりの音量で演奏されるライヴ空間。合間にRちゃんに耳打ちして少し言葉を投げかけたら、いつもの回答が返ってきたのが妙に嬉しかった。

 食事を終え、午後9時過ぎに帰宅。

 お風呂上がりのRちゃんがようやく寝静まった頃、引き出しの小物、書類等の破棄及び整頓保存をおっぱじめ、これまで気持ちの悪かった散らかったままの引き出しスペースがやや整理され、ほんの少し爽快な気分になった。
 夜中、母からのE-MAIL拝受。
 更に深い深夜、amazonより告知のあった「格安ゴム印作成・購入」のお知らせに、まんまと乗せられてしまった。

投稿者 yonezawa : 12:24 | トラックバック(0)

2008年 06月 13日

Slap My Hand

31JGVWAP7DL._SL500_AA210_.jpg

 昼、JR中野を経由し編集部へ。
 コミックス原稿入稿、RIZEインタビュー記事作成。

 午後7時、ミッドタウン内『ビルボード東京』へ。
 ここでライヴを見るのは2度目だが、会場への最短の行き方を2度とも迷う。
 1Fなりに明確なるインフォメーションがなかなか見あたらないので、単に4Fと言われても、3Fまでしか行かないエレベーター等があったりで不親切。
 ここら辺の飲食店:店構えの雰囲気も好きになれない。

 ここのところライヴ観戦要員と化すMも迷った末到着した模様で、入口で待ち合わせ。『“Slap My Hand” special session Jimmy Copley & Char with Paul Jackson / Yoshinobu Kojima / Micky Moody 』の会場へ。
 先日のSMOKY MEDICINEのライヴを見逃してしまっていたので、今回の主役:ジム・コープリー参戦のライヴだけはかなり前から意識してチケットを購入していた。
 入口ではパス申請したものの、席のインビテーションを申請しなかった随分久々のライヴ観戦となった。

 アン・ルイスなり、サイケデリックスなり、チャーのソロでも証明済み。
 破格のタイム感で作品の質を最上級に押し上げるドラミングを聴かせるジムの技量は世界唯一無二。
 チャーがジムのドラムスを聴いた瞬間、バンドを作りたいと感じた気持ちが重々伝わってくる。他に代えが利かないからだ。

 他面子にしてもチャーのバンドとしてはベストと行ってよい。
 いつ見ても圧倒的存在感でたたずむベーシスト:ポール・ジャクソン。アメリカ人のプレイにしか聴こえない圧倒的センスとスキルを有するキーボード・プレイヤー:小島良喜。ゲスト・ギタリストで登場したミッキー・ムーディはスライドで沸かせてくれた。
 そして、どのステージに立っても結局の主役となるチャーのキレのよい圧巻のプレイは、今日特に際だっていたように感じさせた。
 やはり最終日がバンドとして最も温まっている感じだ。
 「この面子でワールド・ツアーしかない」とはライヴ中感じた素直な気持ちであり、楽屋で真っ先にチャーに伝えた言葉のひとつがこれだった。
 いつの時代でもステージの違う“かっこよさ”を発散するチャーという日本人ギタリストの存在感は、北野武の意味合い同様、世界へ向けた日本の誇りだと常々感じている。
 楽屋ではわずかの時間ながら全てのメンバーと語る機会を得、フェンダーのアコースティック・ギターのボディ裏に全員のサインを拝受。このサインはおいらのためのものではなかった。
 突っ込みの厳しいチャー兄とも久々にゆるりと語る機会を得、ラッキーだった。「漫画家の先生(江口寿史兄)、元気?」と聞かれたので、また先ちゃんとの飲み会セッティングしようかな。 
 しかるに格段レア物件と化したそのギターを抱え、まずは新宿『池林房』で酒ごしらえ。
 
 そして、ロック・バー『シンクロニシティ』のOちゃんへ、先ほど戴いたサインつきのアコギを太っ腹贈呈。
 今年4月28日、目出度く10周年を迎えた『シンクロニシティ』のOちゃんへの、おいらからの、そしてチャーの祝福メッセージの入ったギターをプレゼントしたのだった。ちょっと遅れたけど。
 オレンジで描かれたメッセージのフレーズはマスキングから塗装に至るまでおいらの手作りだ。
 第三者に向けて、こんな面倒なことをこの年代になってもやれることを自覚する。

 たった一人で10年間、つまみもナシの酒だけでロック・バーを貫き、借りた借金もすべて完済してしまったという話はしばらく前に伺っていたのだが、この10周年をお祝いする輩が誰もいないと伺い、本人も特別なイベントを考えていなかったと聞いた。
 オープンを待って常連となったおいらとしては、このお祝いを黙って見過ごすわけにはいかなかった。
 同い年のあなたの所業は立派です。Oちゃん、10周年おめでとう! 

080516_2121~0001.jpg 080516_2137~0001.jpg

080516_2155~0001.jpg 080506_2317~0001.jpg

080610_1804~0001.jpg 080611_1238~0001.jpg 080611_1242~0001.jpg

080611_1247~0001.jpg 080612_1237~0001.jpg 080612_1237~0002.jpg

080612_1238~0001.jpg 080613_2334~0001.j%E3%80%80pg.jpg

080613_2345~0001.jpg 080613_2345~0002.jpg 080613_2346~0001.jpg

 歌舞伎町〜はなまるうんどんで解散。

投稿者 yonezawa : 12:22 | トラックバック(0)

2008年 06月 4日

The Presidents Of The United States Of America

51Lta3RKqiL._SS500_.jpg

 残念ながら、ソニー・ミュージックの主催するコンベンションにたどり着けなかった昨日、出前の弁当を食べそこねてしまった。
 「どこで何を喰おう?」とテーマをあれこれ妄想し、一人遅い時間帯に食べる絵を想像したら、どうにも侘びしい気持ちになった。
 自分一人なら松屋だ吉野屋だ、御法度のラーメンだ…という即席喰いになってしまうのが常。
 結局、遅い時間になった頃、テンホーちゃんと合流。遅い夕食におつき合いいただいた。

 The Presidents Of The United States Of AmericaがEMIに移籍し、新作『These Are The Good Times People』リリースの情報を得た。
 しかも彼ら、FUJI ROCKに出演する模様。知らなかったよ、そんな情報。
 WOWOWは今年からFUJI ROCK独占中継からの撤退を決めてしまった。かつ、今年、特に現地で取材対象者としておさえねばと必要に迫られたバンドも、現時点では見あたらなかったせいもあり、取材申請は行っていなかった。
 
 ファースト・リリースの瞬間から虜にさせられたThe Presidents Of The United States Of Americaに会う機会は果たしてあるのか!?

 本日夜、G社:俊英:T&編集者で彼女のNちゃんと飯。
 Nちゃんがとても品格のある美しい女性だったのがとても嬉しかった。同じ空間にいる際の、彼女を取り巻く“温度”にとても育ちの良さを感じ、機転の利くクレバーな女性であることを瞬時に理解した。
 深夜、もう一つの約束があったため、たった一軒での解散となったが、Tの行く末も彼女が隣についていさえすれば問題なしと確信を抱いたのだった。
 場を銀座へ移し、最終的に恵比寿で会談。

080605_0331~0001.jpg 080605_0332~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 13:15 | トラックバック(0)

2008年 05月 31日

最終リハ

31VC8H4FWNL._SS500_.jpg

 2日のライヴに向けての最終リハへ。
 曲を完全に把握してたと思ったら、思わぬ落とし穴を見つける瞬間がある。気合いと根気で問題解消につとめる。
 降ってるのか降ってないのかハッキリしない天候の中、豚豚屋へ。
 ホッピーには白と黒があるよう。
 「中」と表される焼酎は業務用の麦焼酎だと思うが、以前、夜中まで営業している格安の寿司屋でカウンター中のおやじに、気分が乗って一杯薦めたら、明らかに「とてもその酒は飲めません」という表情をしたことがあった。
 おいらはその顔を見逃さなかった。つまり業務用の大きな容器に入った確実に頭痛が来る仕様の焼酎。
 安い店では必ず別にきちんとした銘柄の酒を頼まなければいかんと、あの日確信したのだった。
 解散組と河岸変え組みと別れ、吉祥寺のバー『スカラベ』へ。
 ほどなくして漫画家:Yさんふらりと来店。
 
 さらに街道沿いの『闇太郎』へ場を移でば、漫画家:Eさんが!
 休日の珍しい面子。しかし、何の銘柄なのか判らない焼酎を飲んでしまった後のコンディションだったので、Eさん(♂)相手にセクハラなおいら。
 やがて記憶は遙か彼方で、とてもラーメンどころじゃない案配で帰途に。

投稿者 yonezawa : 00:55 | トラックバック(0)

2008年 05月 30日

梅雨入り

img10293222042.jpeg

 定期的に部屋が散らかり、定期的に整理整頓。
 疲労度の高い体調だと簡単な整頓もおぼつかず、気持ちの悪い状態のまま時間が過ぎてゆく。
 九州は梅雨入りか。まだじくじくした日々が続くのか。傘が厄介な季節だ。
 失速バンド:ビート・ジェネレーション:ライヴまであと3日。

投稿者 yonezawa : 00:52 | トラックバック(0)

2008年 05月 28日

The Jazz Guitars

418rLwKzmEL._SS500_.jpg
 
 amazonの『ファースト・ライト』紹介記事より…「1969年に結成されたウィッシュボーン・アッシュは70年にアルバム『光なき世界』でデビュー。しかしこのアルバムのためのマテリアルは一度録音されたもののお蔵入りとなり、再びレコーディングをし直してリリースにこぎ着けたという経緯がある。そのお蔵入りとなったマテリアルは長らく行方不明となっていたが、近年になってオークションに出品され、これがアンディ・パウエルの手に戻ることとなり、その音源を新たにミックスし直して仕上げたものが本作『ファースト・ライト』。いくつかの楽曲は『光なき世界』にも収録されてるが、いずれもテイク違いで、さらには完全初出の楽曲もいくつかフィーチャーされている。ウィッシュボーン・アッシュ黎明期のメガ・レア音源が今封印を解かす!」
 後輩Tに懐かしいロック・バンド:ウィッシュボーン・アッシュ、モット・ザ・フープル等CDを拝受。併せて以下のJAZZアルバムを教授してもらいamazonクリック。

●Wes Montgomery「ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリー」
●Tal Farlow「スウィンギン・ギター」
●George Benson「ジルブレット・グレイヴィー」
●Joe Pass「ヴァーチュオーゾ」
●Grant Green「グラントスタンド」
●Pat Martino「ライヴ!」
●kenny Burrell「Live at Five Spot」
●Jim Hall「アンダーカレント(ビル・エヴァンス)」
●Barney Kessel「ポール・ウィナーズ」

 夜、映画会社K社:Y&K、編集:Iらの恒例4人会開催。
 Kとの最近の仕事は映画『アフタースクール』。読者のウケも相当上々だったし、蓋を開けたら初日から大ヒットを記録しているそうだ。
 それにしても初めてやってきた「天香回味」の薬膳火鍋が美味い。ホフホフしながら飲みの手を休め、チンギスハンが考案したといわれる天香回鍋爆喰い。

g959905ps4.jpg

 2次会には東京タワーの眺めが心地よい屋上のバーで乾杯。さらに場を移してうどんを食し、D:モトちゃんと待ち合わせの新宿へ個人移動。午前5時も雨模様。

080528_2243~0002.jpg 080528_2243~0001.jpg
080528_2234~0002.jpg 080528_2234~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 00:52 | トラックバック(0)

2008年 05月 26日

slap my hand

51jpyEPze3L._SS500_.jpg

 jimmy copley初のソロ・アルバムが出た。
 彼のドラミングは好きだなぁ。特に日本には彼のようなスキル、センスを感じさせるドラマーは見あたらない。
 テクニシャンなドラマーはいるけど、こんなにドライヴしてバック・ビートを感じさせるドラマーにはめったに遭遇しない。
 どんなにギターがラウドにプレイしても、リフを、フレーズを、バック・ビートで大きく包み込むような感じ。
 それは、バーナード・パーディの醸し出すテイストに近いのかもしれない。気持ちいいドラムスの代表と言えるジム・コープリー。最もギター・サウンドを理解しているドラマーの一人だと感じる。
 彼曰く、ドラマーのソロ・アルバムと言うよりも、むしろギター・アルバムになっているそうだ。参加ミュージシャンは…ジェフ・ベック、バーニー・マースデン(元ホワイト・スネイク、M3)、ミッキー・ムーディー(元ホワイト・スネイク、M3)チャー、ピノ・パラディノ、ポール・ジャクソン(元ハービー・ハンコック&ヘッドハンターズ)、ニール・マーレイ(元ホワイト・スネイク、M3)、イアン・ジェニングス(ビッグタウン・プレイボーイズ)、小島良善、ピーター・コックス(Go West)。

 ドラムスは、バンドの善し悪しを左右する最も重要なポジションとも言え、独りよがりなドラマーほど不憫なことはない。
 「良い演奏」と「良いグルーヴ」の意味が理解出来ていないドラマーには遭遇したくないもんだ。

 後輩でミュージシャンのTと初のサシメシ。初であったせいか、気合いが入りすぎたか、後半は記憶も定かではなくなりながら、和田ラヂヲ先生の大ファンであるというTの嬉しい趣味趣向に歓喜し、夜中に御大へTEL。ラヂヲ兄、感謝! 
 ラヂヲ兄の声を聴いたらば、〆はラーメンと言うことで、おふくろに叱られる覚悟で今日も〆てしまった。お母さん、ごめんなさい。

080527_0445~0001.jpg 080527_0456~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 16:49 | トラックバック(0)

2008年 05月 20日

嘉門雄三&Victor Wheels LIVE!

51h4uMM0LmL._SS500_.jpg

 昨日の夜中も雨模様だったが、昼下がりにはすっかり上がっていた。
 妙な時期に台風。ニュースでは傘が逆さまになる街の人々を映し出していた。

 「サザンオールスターズ期限を設定せずバンド活動を当面休止」のニュース。
 8月に新曲発売及びデビュー30周年記念ライブ開催を経て、来年以降、特に期限を設定せずバンド活動を当面休止するそうだ。

 音楽ランキング番組『ザ・ベストテン』のコーナー「今週のスポット・ライト」で始めてサザンオールスターズを知ったのが30年前か。
 桑田佳祐ソロの活動では、1982年頃リリースされた「嘉門雄三&Victor Wheels LIVE!」が好きだった。
 1981年、渋谷のエッグマンで行われたライブ盤がこれ。

 このLPは、大の桑田ファンなのにレコードを持っていなかったカメラマン:尾形正茂に贈呈したっけ。未だにCD化されていない音源なのだそうだ。

 K社:Sと飯の予定になりかけたものの、お互い抱えている仕事がやや窮屈過ぎたため断念。夕飯は出前でたまたま余っていたステーキ弁当とサラダ。
 カンヌだロスだと現地ライター諸氏とのメールのやりとりを経て、今週入稿の映画記事材料収集にあくせく。
 深夜1時過ぎ、漫画原稿の入稿を終え、心の広いモトハルちゃんに贈呈いただいたおふくろ仕様のmacを抱え、しおらしく帰宅。

kamon1a.jpg

投稿者 yonezawa : 23:59 | トラックバック(0)

2008年 05月 19日

Tristan Prettyman

080519_2110~0001.jpg

 今週入稿の映画『告発のとき』原稿を構成中。
 夕方、やや遅刻気味で渋谷クアトロ着。トリスタン・プリティマン来日公演の日がやってきた。
 クアトロは改装中で、入口は正面玄関からのみ。
 前回も、トリスタンはここクアトロでの公演だった。
 10分少々押し気味の頃、3ピースの編制でトリスタン&バンド・メンバー登場。
 先日、2回目のインタビューを行った時と似た、アットホームな雰囲気の中、終始リラックス・ムードを漂わせるトリスタン。
 観客から漏れ聞こえる感想のまま、今日の彼女もとても可愛らしく見えた。
 1曲目、テイラーから奏でられる音色がとても美しい。アタック音も明確に聴こえてくる。
 ゆとりのある空気作りしかり、ライヴ・スキルに格段の進化を感じさせたトリスタンはギターの腕前も随分上達していた。
 こんな音を聴くとアコースティックで何かやりたくなってくる。

 1本、打ち合わせを経て、夜馴染みのMと半年以上ぶりの再会を果たす。
 Mとはここのところ年に一度くらいしか会う機会を得られない。東京出身なのに、Mの仕事は常に様々な地方なのだ。
 来週からは三重県勤務だと言うMと乾杯し、シンク〜ハングリーハンフリー〜エイプリール・フールの経由で、最後にジャスミンティー飲んでおとなしく帰宅。 

投稿者 yonezawa : 23:59 | トラックバック(0)

2008年 05月 17日

圧力IHジャー炊飯器:おどり炊きECJ-IZ10(SP)

03_01_ECJIZ10_SP.jpg

 先日、突然我が家の炊飯器のご飯が不味くなった。
 以前、米を入れて炊かずに間違ってそのまま保温してしまった事があったが、あの感じに近い。米に芯のある微妙な状態。
 Rちゃんのイタズラなのかと再び炊いてみたが結果は同じ。

 迷わず速攻で翌日炊飯器購入。これまで使用していたサンヨー製品がとても美味い米の炊きあがりだったので、メーカーは迷わずサンヨーを選択。熟考の上『圧力IHジャー炊飯器:おどり炊きECJ-IZ10(SP)』に決定。
 メーカー希望小売価格は67,200円 (税抜64,000円)となっていたが、もっと全然安価で買えた。
 およそ18年ぶりに炊飯器の交換。以前の機種も、よくもったもんだ。
 まだ、圧力IHジャー炊飯器:おどり炊きの米は食していない。少し楽しみ。

 午後4時より失速バンドのリハーサルへ。
 急遽、レパートリー1曲を差し替えることとなりモチベーション更にアップ。

 メンバーとの飯会にはRちゃんも大参加で、宴はたまらない空間と化し、2週連続:焼き肉の爆喰いに大満足。外は雨。

投稿者 yonezawa : 14:29 | トラックバック(0)

2008年 05月 14日

GREY DOG'S RECORDS

31B8N2KM1KL._SS500_.jpg

 GREY DOG'S RECORDSとは昨日初めて知ったレーベルだが、intervisionなりThe BDI'sなり、メジャー・レーベル所属のミュージシャンやらバンドとは趣の違う、複数のバンドが所属。公式ヒット・チャート組のライン・ナップとはひと味違う、良質かつレイドバックな音風情を全体的に感じさせた。
 SAMPLERに収録された複数のバンドは、なかなか聴き心地よし。

 竹の子と手作りCDーRを土産に、久々にB社代表取締役:K氏と会食。
 イタリアンからHへ梯子。初対面のMY、so cool。KINOKOで夜が更けた。
 

投稿者 yonezawa : 23:37 | トラックバック(0)

2008年 05月 9日

ライブ・イマージュ7

41k2ohlt93L._SS500_.jpg

 TBS系「THE世界遺産」メインテーマ曲を演奏している宮本笑里も出演する「ライブ・イマージュ7」in 国際フォーラムへ。
 2000年発売のコンピCD「イマージュ」は100万枚以上売れたそう。
 「ライブ・イマージュ全国ツアー」は、ゴンチチ、加古隆、羽毛田丈史のレギュラー組に加え、元ちとせや宮本笑里(オーボエ奏者・宮本文昭の娘)が初参加。

 この大舞台でまたしても宮本笑里の進化をかいま見た。
 勿論、技量、容姿も破格のスキルを有する彼女なのだから、ある意味当然のあり方なのかもしれないが、ステージに登場した時の優雅さ、ここ一番のフレーズに入り際が理屈抜きにメチャメチャカッコ良かった。光輝いていていた。ロックしていた。
 この「理屈抜きにいい」という見え方が、ミュージシャンにとって技量の次に最も欲しい要素。
 衣装もえらくキュートだったし、旋律はオーガニックで素晴らしかったし、実に美しくもあった。
 終演後思ったのだが、例えばリズムのある、ザ・ビートルズのカバー(ハロー・グッバイ)の時ほど、宮本笑里の新たなスイッチを感じた瞬間はなかった。と言うか、クラシックとはまた違う、別の引き出しを感じた。
 リード・パートに入る瞬間の緊張感が背中に来た。「もっと聴きたい」と感じさせた。
 勿論、正当なクラシックを継続する活動は何よりも素晴らしいことなのだが、せっかく大変なスキルを有しているのだから、徐々にもう一つの切り口…“ロック”、あるいは“ジャズ”なリズムの導入を聴きたいと個人的には感じていた。
 あらゆる音楽性のまぐちが広がるような気もした。
 とにかく、宮本笑里の有するポテンシャルは破格の未知数。
 このスレッカラシのロックミュージック信者が感じたのだから間違いない。

 11月のリサイタルツアーまでにいくつものライヴを体験し、どう彼女の化学反応が巻き起こるのか楽しみに。
 国際フォーラムを後にし、S社:S、2年ぶりに正式再会:Uと、そんな話で盛り上がっていた。

投稿者 yonezawa : 14:58 | トラックバック(0)

2008年 05月 5日

LEONA LEWIS

51wkPu0HQhL._SS500_.jpg

 昨日も今日もはっきりしない天候。井の頭通りは都心まで空いていた。
 東京ミッドタウンの33階で、映画会社:GAGAのIちゃんと、我が家のRちゃん初対面。
 Rちゃん、あっと言う間にIちゃんと和んでくれて嬉しい。今日の深夜の便で、あのハリウッド・スター:シルベスター・スタローンが映画『ランボー』プロモーションのため成田に到着するそうだ。
 わずかの時間だったが近況を伺い、おいらは取材の地へ。

 GW中の今日は取材日。
 夕方から、UKの新星:レオナ・ルイス取材のため某所へ移動。
 レオナ・ルイスはこの数日間の間、テレビ、ラジオとプロモーションでガンガン電波メディアに露出中。
 彼女はUKのオーディション番組に登場しプロデビュー。UKではすでにファースト・アルバムを200万枚以上売り上げており、アメリカでも初登場1位を記録した。
 若干23歳にしてスーパー・スターの座を射止めた正真正銘のシンデレラ・ガール。
 日本では、早速(よく知らないのだけれど)着うたNO1獲得とかで、日本でも4月23日に発売したばかりの1st.アルバムは、すでに売り上げ15万枚を突破しているそうだ。
 この実績と、UK、USの音楽業界関係者が渾身の力を込め、どえらい規模でこの新人女性歌手をプロデュースし、プロモーションしている様は間近で知っておきたかった。
 その才女を目の当たりにしてみたかった。

 30分押しのスケジュールでレオナ登場。特写〜引き続きインタビュー開始。
 アルバムではダイナミックかつ優雅な歌声を聴かせる彼女だが、インタビューで語る声はとても繊細で声が小さい事が意外な感じだった。
 でもそのギャップが、肩肘を張らない等身大の至ってノーマルな女性の印象を与え、好感を抱かせた。レオナはとても落ち着いた物静かなコだ。

 1年間かけてじっくりレコーディングされたと言うアルバムには数曲のカヴァーも収録されているが、すべてが彼女のオリジナルに聴こえた。
 ギターとピアノは少しだけやれるそう。

 時間一杯、とても丁寧に質問に答えてくれたレオナ。及ばずながら、おいらなりに最大限にサポート出来ればこれほど嬉しいことはない。
 レオナはマインドまで可愛いかった。
 お別れのご挨拶のわずかな瞬間、ときめくレアな一時を経て取材部屋を後に。

 場所を東京ミッドタウンへ。飲食店へ入ろうと数軒覗くが、B1以外のフロアは子連れOKの店が皆無な雰囲気で、2F、3Fのどの店もどの店も午後6時前後の時間帯なのに「満席でお断り」的文面を店頭に掲げ、ある程度並ぶ事も拒む勢い。
 全然ダメダメな飲食店を認識。この界隈ではよほどのことがない限り喰いに入ることはなかろう。
 ちっとも面白味を見いだせないミッドタウンを遠く離れ、馴染みの店で激美味のカレーを食す。

image.php.jpeg

投稿者 yonezawa : 00:09 | トラックバック(0)

2008年 05月 2日

SPECTRUM

080423_2158~0001.jpg 080423_2159~0001.jpg

 1973年作、Billy Cobham『SPECTRUM』を改めて冷静に聴き直したところ。
 
 Jan Hammerによるキーボードの音色のせいか、おいらにとってどうしても70年代のJeff Beckのアルバムを彷彿とさせる音源。
 Tommy Bolinのギターも、この編成にアレンジに楽曲だとJeff作品に偉く通ずる印象を受ける。
 ある節によればJeff BeckがBB&Aの頃、車の移動中にカセットでこのアルバムを聴きまくったのだと言う。
 また、Jeff Beckがギター・インストの道に進むきっかけになったと言われるアルバムだとも。
 確かに#4収録の「Stratus」はJeffのライヴでもカヴァーが有名。

 故Cozy Powellが自身のソロ・アルバム『TILT』でGary Moore、Don Aireyらと競演している超高速トラック「Blister」が、#1収録「Quadrant4」の雰囲気と酷似しているのも興味深い。

 おいらが自分のアルバムの、たった1曲だけのミックスのためにロサンジェルスに飛んだ時、エンジニアの男がTommy BolinのプリントされたTシャツを誇らしげに着ていた事を思い出した。
 ちなみにその頃Stevie Salasの着ていたTシャツに書かれた文字は「Bad Mother fucker」。
 映画『Pulp Fiction』で、Jules Winfield(Samuel L Jackson)が使用していた財布に書かれたフレーズでもある。

 深夜、映画『告発のとき(IN THE VALLEY OF ELAH)』鑑賞。

 ●2004年11月、元軍人警官ハンク・ディアフィールドのもとに、息子・マイクが軍から姿を消したという不穏な知らせ。
 無許可離隊などあり得ないと信じるハンクは、帰還したはずのフォート・ラッドへ向かう。
 帰国している同じ隊の仲間も皆、マイクの行方を知らなかった。
 女刑事エミリー・サンダースと捜査する中、息子の焼死体が発見された…。
 実話社会派ドラマ。

51rKqTLwNhL._SS500_.jpg

投稿者 yonezawa : 00:47 | トラックバック(0)

2008年 04月 30日

The Subways

4146FEBYGEL._SS500_.jpg

 やんごとなき所用を済ませ、都内某所でバリバリパワフルなロック・バンド:ザ・サブウェイズのインタビュー取材へ。
 ちと遅刻してしまったおいらは彼らを少しだけ待たせてしまった。
 しかし、彼らの懐もスタッフの懐も海より深かったー。
 皆様にまずはお詫びと御礼を申し上げます。
 
 およそ2年弱ぶりに彼らと再会を果たした。
 しかしまだ20歳そこそこの年齢でもある彼ら。
 この取材のため、セカンド・アルバムはいち早く拝聴したのだが、以前にも増してラウドになり、ほとんどのトラックが一見荒削りに聴こえがちな楽曲ながら、よく聴けばちゃんとキャッチーなツボが盛り込まれている辺り、純粋にバンドの進化を感じさせた。
 どの曲も、1回聴いたら覚えるストレートさだ。

 ギター・ヴォーカル:ビリー・ランは饒舌に真摯に質疑に答える。
 バック・ステージでも、もの凄く好感の持てる彼ら。
 新作「All Or Nothing / オール・オア・ナッシング」 最終トラック(ボーナス・トラックを除く)として収録されている「12.ロスト・ボーイ」を指してサイモンとガーファンクル、「02.カリフォルニア」を指して、ニルヴァーナを彷彿とさせる…という意見に対して笑顔で「正解だよ!」と答えるビリーは、ステージの爆裂キャラとは裏腹の、年齢相当の可愛らしい表情をかいま見せる。

 隣で脚を組んで話を聴き入るシャーロット・クーパーはベースのテクニックも格段の成長を遂げており、ドラムスのジョシュ・モーガンはTHE WHO:キース・ムーンばりのドラミングでオーディエンスを魅了した。一昨日のMTVは興奮の坩堝と化した。
 
 正直、ここまで期待はしていなかったバンドだったのだが、それはおいらの見間違いだと誤りを認識。
 The Subwaysはどんどん本物の進化を遂げてゆくのかもしれない。
 特にセカンド・アルバムは要必聴盤也。

 必死で帰社し、コミックス原稿の最中チェックに、最新漫画原稿の入稿。
 
 少し遅刻しながら、武道館「チック・コリア×上原ひろみ」コンサートへ。
 2階席ながら、ロケーションのよい席に暗転の後、着席。
 たった2人によるグランド2台:ツイン・ピアノのステージ。
 MCはチックに委ね、一言も語らなかった上原ひろみはピアノで2時間すべてをチックと会話していた。
 次元の違う2人。
 ほとんどインプロによる、ある意味エロいプレイの応酬であっと言う間に2時間が経過。
 上原ひろみのスキルは東洋サイズではなく、大陸サイズの本物だ。ちなみに我がおふくろも大陸生まれの世界スケールで人格構成されている。

 終演後、新聞テレビの囲み取材にも付き合い、おちゃめなチックと間近に接見した後、カメラ:殿村とファミレスで不憫にオムライス喰って帰社。

 仕事はまだ終わらない…。

p4706-mid.jpg

投稿者 yonezawa : 02:21 | トラックバック(0)

2008年 04月 28日

Seymour Duncan

main.jpg

 おいらにすれば早朝と言える午前8時過ぎ起床。
 3時には床についたものの、いつもの習慣からか寝付きがとても悪い。
 11時、編集部で打ち合わせ。
 久々に神保町で昼食。
 
 夕方、明後日インタビュー予定のザ・サブウェイズの出演するMTVライヴ・イベント会場:渋谷AXへ。
 午後7時45分過ぎ、ほぼオンタイムでザ・サブウェイズ登場。
 彼らは確実に一皮剥けた。2年前の取材時よりもよりラウドになり、バンドの風格もパワー・アップ。
 まだ二十歳そこそこの彼らだが、場数がバンドの雰囲気を変えたのだろう。
 パワー・コードの荒々しい演奏ながら、パンクバンドに通ずる若さ故の魅力が炸裂する疾走感溢れるライヴを小一時間堪能。
 
 すでに閉店している渋谷ESP店の石井ちゃんを尋ね、Seymour Duncanのアコギ用ピック・アップ、9Vの電池2コ、ストラップを購入。ギター・ショップで久々の買い物。
 遅い晩飯は久々の石井ちゃんと新宿ゴールンデン街で。
 偶然連絡を寄こしてきた高校時代の同級生で大会社TのH山ら、同僚諸氏と合流しウォッカで乾杯。
 初対面のTさん、Hくんらもとても気持ちのよい漢で、瞬時に全員の心がうち解ける。
 饒舌なH山の口調がほろ酔いの口調へと変わるに比例し、数軒の梯子酒。高校時代のアホ話に笑った笑った。面子が全て。
 〆のラーメン喰って、指折りに最高だった飲み空間の夜更けが明けた。

080429_0408~0001.jpg 080428_2348~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 20:19 | トラックバック(0)

2008年 04月 27日

I've Always Got You

41tn58OIeKL._SS500_.jpg

 iTunesにCheap TrickのBoxしか入れてなかったので、オリジナルCDを順次読み込ませる。
 このバンドは4人それぞれの個性が交錯し独特の雰囲気を構築しているが、ドラムスにも特徴を見いだすことが出来、このドラミングも30年以上変化を感じさせない。
 技量の低下なり音色の変化はあっても、演奏のテイスト、クセなどは30年経過しようがあんまり変わらんもんだ。
 「Dream Police」の誠実なファズ・ギター、成功の証のようなストリングス・アレンジ、益々ゆとりを醸し始めたロビンの甘い歌声。
 期待に期待を寄せる、中学時代のおいらの高い高いハードルをいとも簡単に乗り越え、このレコードは30年名盤としておいらの心に君臨している。
 あの時代にこの作品に出会った奇跡に感謝だ。
 追記、1993年作:ロビンのソロ・アルバム『ROBIN ZANDER』も激しく名盤。「I've Always Got You」にどれほど泣かされたことか。

 夕方、LED ZEPPELIN「Babe I'm Gonna Leave You」「Ramble On」等を冷静にアコギでとって(コピーして)みると、これがとてつもなく難易度の高いギター楽曲であることを知らされる。
 ジミー・ペイジによるアコギ曲の指運が、いかに鍛錬を必要とするアレンジなのかを気づかされる。
 鍛錬に終着点ナシ。 
 

投稿者 yonezawa : 20:19 | トラックバック(0)

2008年 04月 26日

甲斐よしひろ

41HHQCKA4VL._SS500_.jpg

 甲斐よしひろ in 新宿厚生年金会館へ。
 先日、2枚目のカヴァー・アルバムをリリースした甲斐よしひろのソロ・ツアーを観戦。
 音楽人:伊丹由宇兄やら、天才ギタリスト整形外科:家康兄らと待ち合わせ、厚生年金会館で最も見やすい席に陣取る。
 甲斐さんのライヴを生で見たのは実は今回が最初だった。
 80年代後期、仕事が昼夜の飲食店ばかりだったこともあり、あの時期はコンサート自体に行く発想がほとんどなかったせいだと、今日自己を振り返ったところ。確かに今よりも行けたライヴは少ない。
 あの頃も生きる事に精一杯だったのだ。

 甲斐バンド…カセット・テープに吹き込んだ音源、FMでエア・チェックした音源をどれほど繰り返し聴いたことだろう。
 今日の趣旨は、カヴァー・アルバムのツアーなので、選曲も基本そちらがメインではあるものの、やはり甲斐バンドの音を期待していた。

 7曲のカヴァーの後、興味深いMC。そして#8「安奈」に続く、#10「港からやってきた女」この曲でおいらのスイッチが入った。
 綿密にアレンジされたカヴァー曲も、もはや甲斐よしひろのオリジナルと言えるほどの完成度を誇ってはいたが、甲斐バンド・オリジナル曲の魅力はステージが違った。
 セット・リストを見た瞬間、最も期待を寄せていた#13「翼あるもの」には鳥肌。ゲスト・ギタリスト:土屋公平のファズ・ギターも誠実だった。

 2度のアンコールを含む全20曲を堪能。
 以前この場所(or 中野サンプラザ)で演奏したマルーン5が、1時間にも満たない驚きのステージを展開した事を思い出したが、甲斐よしひろのコンサートはパワフルな2時間30分前後。

 終演後、控え室で甲斐さんと握手を交わし、伊丹兄推薦の渋谷の居酒屋へ移動。
 初対面でも同じコンサートを共有した三茶居酒屋:つぼ倉仲間の皆さんとの酒が心地よい。
 終電に近い電車を乗り継ぎ最寄り駅へ。タクシーを使わず30分かけて徒歩で自宅にたどり着いた。
 秋に甲斐バンドは始動するようだ。

投稿者 yonezawa : 18:41 | トラックバック(0)

2008年 04月 25日

Daniel Powter

51iAgRp80bL._SS500_.jpg

 ダニエル・パウターの新作リリースまでにはあと数ヶ月かかるようだが、先日の試聴会で、最終ミックスを残す1曲以外の全曲を拝聴。
 アレンジや楽曲の方向性は認識出来た。1st.に続く新作は、やはり優しくてせつなくて正直で軽快だ。

 午後、都内某所でダニエルと1年半ぶりの再会を果たした。
 小一時間の取材時間の中、彼は前回同様、真摯に、時にコミカルに回答してくれる。
 スーパースターといってもよい程の成功を、たった1枚のアルバムで手中に収めても尚、彼の謙虚な姿勢は変わらないままだ。
 自信を持つ瞬間はパフォーマンスの瞬間だけなのだろう。彼のストイックな一面も魅力の塊として、一ファンの心に響く。
 「#1に収録されそうな“Best of me”はファースト・シングルカット? もしかして最初に書いた曲なんじゃない?」との問いにダニエルは「その通りだよ。良い勘してるよ。正解だよ」と答えた。
 補足で、スタッフサイドから「ファースト・シングルカットの曲はまだ決まっていないそう」だとも。
 「今、最もファルセットの美しい、アレンジの曲を書くのがあなただね」と伝えたら「ステレオ・マジック(笑)!」と照れるダニエル。
 去年までの取材時、めったにサインを貰わなかったおいらなのだが、ここのところRちゃん宛のサインは時間と空気が許す場合のみ戴くことにしている。
 ダニエルがRちゃん宛に書いてくれたフレーズは「Don't listen to your Daddy! Be well」
 取材空間を爆笑に追い込んでくれた素晴らしき盟友:Daniel Powterとのひとときも、滞りなく終了。

 実家より引き上げてきた懐かしいMac G3を再生させようと編集部で四苦八苦。
 入稿と原稿リライト作業の最中、デスクの横で作業をしていると通りすがりのスタッフが「懐かしい〜」としみじみG3を眺めてゆく。
 たった5年でも、パソコンの進化は果てしないスピードであるが故、もうこの機種を使っている人をまず見かけることはない。
 おふくろパソコンの再構築が今現在最大の最優先事項ながら、まだ解決の時間が得られず無念。
 深夜4時帰宅。

080425_2057~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 18:22 | トラックバック(0)

2008年 04月 24日

at 武道館

41SHrFQ15fL._SS500_.jpg 41mGo8NYoCL._SS500_.jpg 

 小雨模様。ついに、Cheap Trick at 武道館(30周年)ライヴ当日到来。
 1978年4月、彼らの初来日公演は今から丁度30年前に行われ、その音源は『Cheap Trick at 武道館』として発売。
 中学生の頃、リアルタイムで購入した重要なアルバムの1枚がそれだ。 
 おいら世代の音楽ファンにとってCheap Trickは、まさにロック・ミュージックの入口となるバンド。
 あれから30年が経過し、その間においらは料理人になり、編集者になり、ギタリストになった。取材、楽屋訪問等の機会を経て、Cheap Trickとは4〜5回ほど会って話す機会を得た。
 数年前からヴォーカリストのロビン・ザンダーは貴重なメル友だ。
 「ザ・ビートルズとローリング・ストーンズの記事」を書いた時、ロビンはメールで即コメントを寄せてくれたっけ。
 ロックは友情とリスペクトの歴史──
 彼らのフレンドシップの温かさに感激しながら、この数年間が経過している。

 20分ほどの、Cheap Trickの歴史を綴るVTR映像の上映。そして全米中にその名を轟かせた、あのライヴから30年後の『at 武道館』がついに開幕。
 この歴史的のライヴはなんと武道館3列目の真ん中席に陣取った。こんな環境はブライアン・ウィルソンの1列目真ん中以来。
 なんたる演出の場においらはいるのだ。SMJIに感謝!
 
 オ−プニングは勿論「ハロー・ゼア」。
 レッド・ツェッペリンの「コミュニケイション・ブレイクダウン」に匹敵のドライヴィング・トラックがたまらない。
 席があまりに前過ぎて、PAの音が後ろに行ってしまい、音の輪郭が掴みにくい場面もあったものの、しっかりと身体に染みこんだ曲のオンパレードに涙腺だけが心配だった。

 ロビンはアコギが上手だな。
 美しき「ヴォイシズ」のイントロ・コーラスが始まった瞬間、さらにオベイションのコードが鳴った瞬間、このコンサート中、最も心の頂点を迎えた。
 懐かしい中学時代の景色が頭の中で渦巻いていたのか。
 自分が今いる場所までの遍歴が見え隠れするような感触だったのか、よく判らない。

 やっぱりCheap Trickのコンサートは最高だった。

 先日、取材を介しリックとの再会を果たした時、おいらの着ていた(江口寿史兄によるVOXのペダルワウの描かれた)Tシャツを見た彼は、しみじみと「それ、いいね!」と言った。
 「You Are The Best」リスペクトの意味を込め、おいらがそう伝えたら「No! Best is JEFF BECK」とリックは笑顔で答えた。

 コンサート終了後、楽屋を訪れ代表してリックに約束のTシャツをメンバー分手渡し出来て幸運だったな。彼らは全員が温かい。
 同行のKM、シンク小野ちゃんもよかったね。
 食事の後、今年28日に、無事オープン10周年を迎える小野ちゃんのロック・バー『シンクロニシティ』で改めて感慨深く乾杯。
 各々に響いたツボの場所が寸分違わず同じであったのを、おいらはライヴ中から気づいていた。
 この思いを誰に伝えよう。ロック・ミュージックは人間の心を本質的に豊かにするのだ。

080424_1811~0001.jpg 080424_1812~0001.jpg

080425_0220~0001.jpg 080421_2139~0001.jpg
▲このチャンポンは余計でした…

投稿者 yonezawa : 18:22 | トラックバック(0)

2008年 04月 23日

冬の動物園

4183ERJP3TL._SS500_.jpg

 午後、ワーナー・ミュージック本社でダニエル・パウターの新作『UNDER THE RADAR』試聴会へ。
 優しいメロディに美しいファルセット。ダニエルの創造する世界観は前作同様の彩りで構築されていた。
 会うと判る人間性の優しさ。金曜日にしっかり再会予定のダニエルは、きっと前回同様シャイなままなんだろうな。

 谷口ジロー『冬の動物園』発売。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091818501/
 収録作品は、05年から08年にかけてビックコミックオリジナル増刊に発表された、一話完結方式の連作長篇。
 ノンフィクションなのかフィクションなのか、その狭間が判らないまま物語りの中に溶けこまされた。リアルな世界観に浸るうちに、やがて自分が主人公の目線となり、主人公の心の痛みが肌で感じられるのだ。

 夜、K社:TSとライヴ打ち合わせ。新宿:ひろ喜。
 夜、吉祥寺で江口兄と随分久方ぶりにサシ飲み。闇太郎〜スカラベ。
 
181850.gif

投稿者 yonezawa : 20:43 | トラックバック(0)

2008年 04月 21日

紙ジャケ

41S8XS2BQ3L._SS500_.jpg

 VAN HALEN紙ジャケで再び70年代後期の気分に浸る。
 CHICAGOベスト盤を改めて復習。
 Cheap Trick at武道館のスペシャル・エディション盤で78年に浸る。
 Whitesnake新作『GOOD TO BE BAD』到着。
 ザッパがザッパをプレイする!? ドゥイージル・ザッパのドキュメント・ライヴDVD到着。
 久方ぶりのテリー・ボジオのプレイも興味深いところ。
 眠い。

投稿者 yonezawa : 01:53 | トラックバック(0)

2008年 04月 19日

豊田駅前

masl26_yearinphotos0712.jpg

 小雨の中、JR豊田駅前の飲食店で行われた知人のセッション・バンド・ライヴ観戦へ。
 ギブソン335のナチュラルなファズ・サウンド2本に、ドラムス、ベース、キーボードの編成。セカンド・ステージにはゲスト・ギタリストのストラトが参加。
 今回初観戦だった、いなたいドラムスを聴かせるプレイが小気味よい。
 充実したタイム感を感じさせる。そんじょそこらのへたれドラマーでは、なかなかこうはいかない。
 アットホームな店内の雰囲気で、メンバーと客の距離感はゼロ。身内的空気が充満する中、気持ちのよい店主よりご丁重なご挨拶を賜り、今日はノンアルコールで帰宅。

投稿者 yonezawa : 01:45 | トラックバック(0)

2008年 04月 18日

スペイン料理

51yu86u5kFL._SS500_.jpg

 4人のスケジュールを調整し、待ちに待った今日の日がやってきた。
 小雨降りしきる中、S社:ENを囲む会を渋谷のスペイン料理屋で開催。
 この会をパーフェクトに取り仕切ってくれたYM、ライヴの立ち会いで少し遅れたFSに、おいらのメンバー4人。
 結果、これほど楽しく有意義なひとときは久しぶりだった。

 もうしばらくすると会社を退職し、新たな新天地を目指すENの送別会のような意味合いもあったのだが、この面子での“飲み会”には筆舌に尽くしがたい贅沢さを感じていた。
 これほど何も包み隠さないまま、思いついたエピソードをストレートに伝えられた今宵の夜も稀だ。きっと、このメンバー全員が醸し出す空気がそうさせたのだと思う。

 人に最も必要な気持ちは相手への配慮。
 親父と母親に教わった“配慮”、そしてこれまでおいらの受けてきた様々な方々から戴いた配慮。キアロスタミの話。たけしさんの話。映画の話。音楽の話。心が温かくなった。
 赤ワインが心から旨い。イカスミが刺激的だ。贅沢極まりない1日であった。
 3人とも今後とも仕事に酒によろしくどうぞ。
 そしてENちゃん、多くの現場での完璧なアテンドに心から感謝。あなたのスマートな配慮は忘れないよ。

投稿者 yonezawa : 18:29 | トラックバック(0)

2008年 04月 17日

上原ひろみ

ucco1034.jpg

 世界的ジャズ・ピアニスト:上原ひろみ取材のため、夕方、都内某スタジオへ。
 本当の意味で、「世界的」という肩書きに相応しい、まさに世界を股にかける活躍をする彼女。
 上原ひろみのCDは逆輸入盤として日本国内ではリリースされている。
 オスカー・ピーターソンやチェック・コリア等の巨人と競演もしてきた天才ピアニストは、法政2部ジャズ研究会出身。
 通称“2ジャズ”には、おいらも23〜24年ぐらい前に特例としてギターで参加していた経緯もあったので、その旨を彼女に伝えたところ、OB会で会ったという、おいらの知る後輩の名前も出てきたので驚いた。
 トリオ編成から最新の4人編成のバンドとなり、5月には新作リリースを控える。
 新譜では、スタンダード・のカヴァーも数曲あるのだが、ジェフ・ベックのカヴァーという選曲にまずは惹かれた。彼女はギタリストが好きで、特にジェフ・ベックやらザッパのファンなのだそうだ。
 新譜はギタリストのインスト・アルバムという言い方も出来るような、トータル・バランスの優れた仕上がりとなっており、2005年のFUJI ROCK出演頃から、一度は彼女にお会いしたいと願っていた。今日は念願が叶い嬉しい。
 天才で謙虚。上原ひろみは日本の誇りだ。

投稿者 yonezawa : 18:28 | トラックバック(0)

2008年 04月 15日

fantasy

41k2ohlt93L._SS500_.jpg

 宮本笑里の最新音源は『fantasy』でシングルCD+DVDでの発売。クラシックでシングルて!
 クラシック界では破格のセールスを記録する彼女。
 上原ひろみの新作は、ちょっと珍しい選曲のカヴァーも混じったりする歯切れの良いアルバムに仕上がっている。
 ほとんどギタリストのインスト・アルバムと言ってもいいぐらい、トータル・バランスのクオリティが◎。
 彼女は今月末に、あのチック・コリアと武道館で競演。モノが違う。
 
 政府からほとんど何の説明もない印象のまま、自動的に実施に至ってしまった75歳以上が対象の後期高齢者医療制度が無茶。
 最も大切な身内にも降りかかる唐突な制度に怒り心頭だ。
 「保険料を年金から“天引”」て。「特別徴収」て。
 国家をあげての強制詐欺行為に等しい。他に目を向けるべき問題山積の最中、なぜこんな制度が優先されて施行されるのか。
 田舎の我がばあちゃんは高齢過ぎて抗議にすらゆけない。
 納得のゆく説明もないわ誤徴収処理はあるわむちゃくちゃ。
 国会議員の調べによれば、実態が明らかになるにつれ、制度への批判の声が急速に広がり、署名はすでに500万人を超えたそうだ。なんとかならんのか。
 だいたい当事者である高齢者が、制度自体をまったく把握してないじゃないか。早速、ばあちゃんの年金もしっかり天引きされていた。

 外に出られない1日。晩飯はデスクでハンバーガー。
 帰宅は午前4時30分を回った。

投稿者 yonezawa : 02:43 | トラックバック(0)

2008年 04月 14日

Fly Like An Eagle

masl21_yearinphotos0712.jpg

 Steve Miller Bandはいい。
 DVDのボーナス付き『Fly Like An Eagle: 30th Anniversary』は名盤。
 禁酒を貫く元飲め飲め団団長:K兄からは『Greatest Hits 1974-78』拝受。
 「ここまでの完成度だったのか!」と、今改めてリトル・フィートの紙ジャケのように感激しつつ拝聴。
 思えばレス・ポールwithフレンズでのLD映像がよくなかった。
 レス・ポールを目の前にした多くのミュージシャンがテンパっていることを差し引いて見ていなかった。
 Steve Millerは歌も巧く、作品はTommy Bolin的に味わい深い。今、この時代のおいらにシンクロする音源として肌馴染みよし。エドガー・ウィンターしかり。
 カントリーの奥深さもかいま見る秀作・佳作そろい。Steve Miller Bandの名演は、ここのとこ最優先事項。

 編集部&外部スタッフと初の面子で鍋。
 想像通り愉快なひとときが過ぎ、明け方1人寂しく入稿のため帰社。

投稿者 yonezawa : 02:39 | トラックバック(0)

2008年 04月 5日

In This Life

61%2B91SM%2BqZL._SS500_.jpg

 午前起床。冷蔵庫の整理をするべく昼食の仕込み。
 昨日から解凍していた肉類をさばき、オリジナルの思いつきレシピでチキン南蛮風を調理。付け合わせにポテト・サラダに納豆、梅干し。
 
 デルタ・グッドレム『In This Life~旅立ちまでの3ステップ』を聴きながら、軽く循環コードをさらってみる。
 ありがちなコード展開であろうとも、つくづくメロディが秀逸ならば楽曲のクオリティもオリジナリティも安定するものだ。
 素晴らしく透き通るデルタの歌唱を堪能。
 夕食のカレー、美味。
 
top_04.jpg

投稿者 yonezawa : 11:50 | トラックバック(0)

2008年 04月 3日

世界のナベアツ

funichar.jpg

 午前中、編集部で雑務を終え、吉野屋で牛丼喰ったら胃がもたれた。

 昼前、都内某ホテル滞在中のジョン・バトラー・トリオの面々に、昨日渡し忘れていた小物を届ける。
 明日以降の大阪、名古屋の公演でもさぞ神々しい演奏を聴かせるのだろう。

 夕飯時、久々に再会したMSのスーツ姿が凛々しい。
 馴染みの店:Rで乾杯。
 年齢にしては一般常識の知識の幅が広い明晰なMSなのだが「世界のナベアツ」を知らない様子だったので、「サンドウィッチマン」のネタと併せて教授。
 30年前はみんながみんな、同じテレビ番組を見ていたものだが、今ではテレビの話題は共通認識を得にくい。
 現代は各々が違う番組を各々のペースで見ている。
 YouTubeなんて有り難いサイトがあるせいで、見逃したハプニング・シーン(例:やくみつるvs亀田父)等なんかはフォロー出来る時代だ。
 酔いに任せて心地の良い時間が流れる。不思議とこういった場合には一休みしてくれる花粉症が不思議だ。
 ゴールデン街で〆。呑んで笑って語って朝が来た。

投稿者 yonezawa : 01:58 | トラックバック(0)

2008年 04月 2日

ジョン・バトラー・トリオ

080402_2121~0001.jpg 080403_0142~0001.jpg

 ジョン・バトラー・トリオLIVEが大盛況。
 渋谷クアトロはもう彼らには狭い小屋だ。
 もっと大きいホールで演ればいいのに、と前回のツアー時にも感じた。
 何も言うことはない。
 彼ら3ピースのパフォーマンスは全盛期のザ・ポリスにも匹敵だ。
 インプロの極み、ジョン、マイケル、シャノンの呼吸はもはや一つの宇宙。
 骨の髄まで堪能できる「これ以上はない」と言わしめるほどのライヴ空間だった。

 ライヴ終了後、Mと連れ立った控え室で、メンバーの面々とFUJI ROCK以来の再会を果たす。
 奢り無き謙虚な彼らのマインドに、今日もまた感激だった。

 火照った感触のまま、久しぶりに『鳥金』、『叙々苑』で一杯。

080403_0951~0001.jpg 080403_1010~0001.jpg
080403_1015~0001.jpg 080403_1016~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 01:58 | トラックバック(0)

2008年 03月 30日

rodrigo y gabriela

47bce95b9f9a9.jpg

 外は雨模様。午後5時過ぎ、東急渋谷本店地下3Fパーキングへ駐車。
 渋谷DUOで行われるロドリーゴ・イ・ガブリエーラ初来日、単独公演観戦。
 噂とCDとDVDで確認澄みだった彼らは、現在世界に2つとないギター・スタイルを貫くデュオ。独特のグルーヴ感に高度なテクニックを混在させる2人だ。
 以前、スラッシュ・メタルをやっていたと言う彼らだが、フラメンコ調等のパーカッシヴなプレイ+ハイテクなミュート早弾きプレイには、一連のバタ臭いダメダメ・メタル特有の嫌悪感は微塵もなし。
 たった2人でほとばしるような熱いグルーヴをガンガン生み出してくる。
 ともかく入手したどのソフトよりもライヴ演奏がダントツに一番よかった。
 ハイテクニック&ハイスピードでジャンル・レスなギター演奏。全てがインスト。
 ロドリーゴの高度なピッキング・テクニックと、ガブリエーラの手のひらでギターを叩くパーカッシヴな演奏の組み合わせはもう圧巻で、タイム感は一つの頂点を極めていた。
 そんじょそこらのドラマーなんかでは到底歯が立たない究極のパーカッションぶりが小気味いい。
 オフィシャル・サイトで彼らの経歴を観れば…「メキシコ出身、ダブリンを拠点に活動。ロドリーゴ・サンチェス(Rodrigo Sanchez)とガブリエーラ・クインテーロ(Gabriela Quintero)の男女2人よるユニット。地元メキシコでブラック・サバス、メタリカ、メガデスなどの影響を受けたスラッシュ・メタルバンドからスタートしアルバムもレコーディングするが、新しいスタイルの音楽を目指したいという気持からレーベルとの契約を嫌いリリースを見送る。その後はホテル演奏などで食いつないでいたが、ある日「ヨーロッパ進出をしよう!」と決心。たった1000ポンドだけを握り締めて2人でダブリンに渡る。最初の地にダブリンを選んだ理由は「一番未知の場所だったから」(ガブリエーラ)。あっというまに無一文になるも、その後は粘り強くホームコンサートやギャラリー等の演奏活動を続ける事で次第に評判が広がる。活動の場をミュンヘン、バルセロナと広げていき、2002年からはダブリンのインディレーベルRubyworksからアルバム”re-foc”をリリース。その後も野外フェス出演等で、その強力な演奏力の話題が広がり続け、2006年に発売された最新アルバムは世界で40万枚超を売り上げた。現在もフラメンコ、ロック、フォークなどをミックスしたアコースティック・ギター2本での演奏をしており、まったく新しい音楽の地平線を切り開き続けている」とある。

 本来、明日行うはずだったインタビュー取材は、残念ながら次回へと持ち越しになってしまったのだが、今年のFUJI ROCKには帰ってきてくれるそう。
 ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ、最重要新人の登場。大した奴らだ。
 
 終演後、ネットで観たハンバーグ屋『ゴールドラッシュ』へ。ライヴハウス『TAKE OFF 7』と同じビル内だったのか。
 豪快に、若者メニューをガツガツ食してお腹パンパンとなり帰途へ。食い過ぎ。

 明日からの動向も読めないまま、一応入れとくべとガソリン・レギュラー満タン。
 西友で買い物を済ませ帰宅。
 リビングには、本日より登場の大型「ワンワン」が、人一倍大きな目でこちらに視線をおくっていた。

SANY0044.jpg

投稿者 yonezawa : 14:00 | トラックバック(0)

2008年 03月 28日

ジェシー&あっくん_野村

cmd3.jpg

 午後、およそ1年ぶりとなるRIZE(ジェシー&あっくん)インタビューのため、都内某取材地へ。
 彼らRIZEは、4月16日に待望のオリジナル・アルバム『K.O』をリリース予定。
 これほどの素質と才能とモチベーションを有した日本発のロック・バンドは、彼らをさしおいて他に思い浮かばない。
 ヴォーカル、ドラムス、共に技量という点を睨んでも彼らのスキルは破格。
 テクニックのことなど口にする彼らではないが、その部分における裏付けにしても実に充実しているバンド。新譜『K.O』は、RIZE史上最高傑作の仕上がり。

 今日のこの日をどれほど待ちわびたことか。夕食時に自由人:野村と待ち合わせ、初サシ飯へ。
 合流した瞬間から帰途につくまで、まぁ速射砲のように語り明かすことになった今宵も贅沢で貴重な時間だった。
 野村とはそれなりの世代差がありながら、音楽・映画を初めとする様々なカルチャーへの造詣深さは舌を巻くほど。
 銀座:Gより移動。初めて訪れた新宿のロックバーへ。
 自然な流れの我々の会話の中に出てきた、数々のバンドのLP(しかかけられない)を実にタイミングよく、ほどよき音量で矢継ぎ早にかけてくれるマスターの気遣いがたまらない。
 UFOもスティーヴ・ミラー・バンドもまた揃えたくなってきた。
 血湧き肉躍る音楽は、おいら酒飲みの気持ちを朗らかにしてくれた。
 花園神社を経由し、ゴールデン街:Aで乾杯。しっかりした自分の意志を持つ者と語る一時の充実した感触ほど嬉しいことはない。しみじみと野村は貴重な存在だ。
 今夜いただいた、トミー・エマニュエルの重要映像が収録されたDVDを観るのが超楽しみ。 

投稿者 yonezawa : 19:42 | トラックバック(0)

2008年 03月 26日

Woody

cm-cp.jpg

 連載コミック150回突破記念品サンプル到着。

 極めてノーマルなアコースティック・ギターのサウンドホールへ取り付けるピックアップを購入するべく、ESP:Iちゃんへ相談。
 プリアンプが入っているタイプの、ダンカンのWoody(ウッディ)というピック・アップを薦められたので、次回是非試してみようと思う。
 もちろんアンプ直結でもすぐに鳴らせるが、アコースティックDIとかミキサーみたいなものを通してから、アンプにつないだ方が音量が稼げ、バランスがとりやすいそう。
 
 某作品のフィギュア付き限定版商品を模索中。UJ:Oに原型師のアドバイスを乞う。

投稿者 yonezawa : 03:17 | トラックバック(0)

2008年 03月 17日

Beat generation

image-1.php.jpeg

 失速バンドの打ち合わせで、イースト:吉田兄と軽飯。
 神保町〜新宿と梯子するが、あっと言う間に電車のタイムリミットが。

 6月2日(月)に予定される「ブールス・アレイ」での本番準備は、まだまだ何も出来てはおらず、人前でプレイするスキルは今日の時点ではゼロだが、この時期に選曲が確定出来たことに安堵する。
 今回、初参加となる鍵盤の美少女:Sの感性が、我らBeat generationにどんな化学反応をもたらせてくれるのかともかく楽しみ。

 深夜、飲食店社長で吉祥寺在住のSさんと待ち合わせ、およそ1か月ぶりのサシ飲みへ。
 ところが今週は「極力飲なまい週間」実践中を貫くおいら。
 一通り梯子するものの量的にはほとんどセーブの案配。真面目にセーブを心がける。
 喉がまだ本調子に戻らないせいか、案の定テンションはまったく上がらずの早朝5時ようやく帰途へ。
 速射砲のように語り明かした還暦間近のSさん、今宵はおいらは完全なる聞き手に徹した。
 あのパワーは一体どこから来るのか…

投稿者 yonezawa : 00:30 | トラックバック(0)

2008年 03月 16日

Toots & Jeff Beck

Jeff%20Beck%20Crossroads%202007-1B.jpg

 「起きがけ調子悪し」ばかりの記述が続く昨今。
 午前4時床につき、8時頃の激しい咳き込みでやむなく目覚めた。
 しばし咳が止まらない状態なんて極めて珍しい。
 朝昼併せた食事を摂ると徐々に回復してきたが、花粉症から端を発する微妙な喉痛の自覚より、すわ風邪の初期症状かとヒヤリ。
 根性で回避しようと身体に言い聞かせる。
 500mmlのコーラを買ったら「1本に1曲必ずもらえる!」というiTunes連動のキャンペーンがあったので、咳き込みながらの明け方4時、Toots & Jeff Beckの『54-46 Was My Number』をダウンロードしてみる。
 誰だTootsって? 軽快なオブリ入れ倒しのJeffは、この曲でも誰にも真似できない変幻自在のプレイでギター歌いまくり。

 HDD内がついにパンク状態間近。
 録り溜めた番組コンテンツを難儀で苦手なDVDへ移行するという、この世で最も嫌いな作業を夜中に決断。
 朝までかかってたった3つ分だけの移行を完了。
 AC/DC『Stiff Upper Lip』が心地よし。

投稿者 yonezawa : 17:34 | トラックバック(0)

2008年 03月 15日

丸長 Avril Lavigne The Best Damn Tour 2008 Japan

image005.jpg 080315_1407~0001.jpg

 天気によい暑い日だ。朝と昼を一緒に、荻窪:丸長でつけ麺。久々。
 買い物を済ませ、室内でゴロゴロ。
 深夜の番組で、到底手の届かないマンション物件の紹介のくせに、何故だかこうした映像は延々見てしまう。
 
★直木賞作家、連載打ち切りのニュースが深刻。
★P.マッカートニー、妻ヘザー・ミルズさん(40)の離婚協議で約(2500万ポンド)50億円支払いで合意。
★キャンディーズ解散30周年でファンが“同窓会” 。
★2008年9月、アヴリル・ラヴィーン初の東京ドーム公演が決定。

Avril Lavigne The Best Damn Tour 2008 Japan
9月10日(水) 静岡 浜松アリーナ
9月11日(木) 新潟 朱鷺メッセ
9月16日(火) 東京 東京ドーム
9月17日(水) 名古屋 日本ガイシホール(旧レインボーホール)
9月18日(木) 名古屋 日本ガイシホール(旧レインボーホール)
9月20日(土) 大阪 インテックス大阪
9月21日(日) 大阪 インテックス大阪
9月23日(祝・火) 福岡 マリンメッセ福岡
9月24日(水) 広島 広島サンプラザホール

投稿者 yonezawa : 17:34 | トラックバック(0)

2008年 03月 14日

UKと甲斐さん

416PR4WJK9L.jpg
 
 G社:UKちゃんとも、どえらく疎遠であった。
 しかし、イニシャルがUKとはクールだなぁ。
 雨模様は続いたまま。UKからの誘いで三軒茶屋、初のおでん屋へ直行。
 花粉症と風邪らしき喉のイガイガで笑うほど声がまったく出ず。昨日よりはマシだけど。
 コンディションもまだまだ半分しか取り戻していない状態ながら、UKとの乾杯は毎回愉快で嬉しい瞬間。
 ところで関東のおでんには鶏肉が入っていない。
 「九州ではおでんに必ず鶏肉入れるのだよ」帰国子女であり、アメリカ各地〜東京とインターナショナルな環境で学生時代を過ごしてきたUKに、地元情報を伝えた後メニューを見れば、鶏のもも肉をおでん出汁で煮込んだ品があることに気づく。
 同じ鍋で煮込むと出汁が濁ってしまうので、それを避けるために関東のおでんは肉類は入れないのだろうと読んでいるが、こうして別メニューでおいてある店は珍しいかもしれない。
 積もる話、これまで話す機会が無かった話、映画の話、音楽の話…っと、酒の酔いに任せて話はあらゆる方向へと連なり、心地の良い時間が過ぎゆく。

 UKにゴチ(感謝!)になり、雨模様の中、通算4,5回目の訪問となった居酒屋:Tへ移動。
 「先日、これから向かう店:Tで甲斐バンドの甲斐よしひろさんをご紹介いただいたんだよ」とUKに話しながら店ののれんをくぐれば、なんと偶然甲斐さんら音楽関係者らの方々と遭遇。
 なんたる幸運。
 先日、甲斐さんとの遭遇を田舎の母親にも伝えたならば、母の妹、つまりおいらのおばさんとおふくろが甲斐バンドの話をしたと聞いた。
 おばさんは「甲斐バンドの『安奈』を聴くと涙が出てくる」と言ったそうだ。
 時代、世代、性別に関係なく、多くの人々に影響を与えるロック・ミュージックの深さを、そのエピソードにも認識させられた。
 
 突然、ふいに現れたおいらたち2人をなんだかんだ言いながらも迎え入れくださり、しばしの談義に混ぜていただいた今宵も大収穫で大感謝な瞬間だった。
 名盤の1枚、『マイ・ジェネレーション』を超えうる甲斐バンドのオリジナル・アルバムを、おいらはいつでも心待ちにしているのだ。

投稿者 yonezawa : 15:48 | トラックバック(0)

2008年 03月 11日

戦慄の王女

41JQ56D6BTL.jpg

 花粉症のせいで喉の調子が芳しくない。
 風邪との合併症併発の感覚で午前中はボロボロ。
 
 失速打ち合わせで午後10時、銀座某店で今回鍵盤をお願いすることになるかもしれぬSと譜面を見ながらの下打ち合わせ。
 花粉症による体力消耗は体感した者にしか判らない程深刻なモノであり、1軒の店だけで素直に帰宅。オチまくりの深夜也。

投稿者 yonezawa : 21:57 | トラックバック(0)

2008年 03月 10日

花粉症患者以外の人々にも花粉症らしき症状が勃発の噂

main.jpg

 日曜日も遅くまで飲みまくってしまったせいで、午前の起きがけの眠いこと眠いこと。
 おまけに、もはや重症と言える花粉症勃発の早朝で、鼻が肩チャンネルしか機能せず。
 金束子で内側から磨き倒したいクソ鼻腔がたまらない。
 息を吸い込む回数が増えるので背中の辺りがなんだか熱を帯び、常に眠気のような朦朧としたコンディションで都内を移動する羽目に。

 午後2時、企画モノ・コミック原稿を拝受し帰社。
 デスクでも眠い眠い。出前のカレー喰ったら余計に眠い。

 メガ・ヒット・アルバム『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』(2005/11)から約2年半 ぶり。12作目のニュー・アルバム、『ハード・キャンディー』の日本リリースが4月30日に決まったのはマドンナ。
 現在アルバム制作の最終段階にあり、曲順や曲名を練っている真っ最中とのこと。先日行われたインターナショナル向けでの取材では、ファースト・シングル「フォー・ミニッツ」でジャスティン・ ティンバレイク参加、ティンバランド・プロデュースによる楽曲。
 アルバムにはファレルやカニエ・ウェストも参加しているそうだ。

 ここら辺の情報は、正直あんまりおいらとは無縁ながら、ワーナー・ミュージック:Mさんが熱心に配信してくださる情報が細かいので書き記してみたところ。

 しかしワーナー・ミュージックと言えばこちら! ロック界最高峰ヴォーカリストの一人である、デイヴィッド・カヴァデール率いるハードロックの重鎮バンド:ホワイトスネイクの10枚目のオリジナル・スタジオ・フル・アルバムが完成。4月23日にリリース。

1141-large.jpg

 深夜、某駅より30分かけて徒歩帰宅。

投稿者 yonezawa : 11:21 | トラックバック(0)

2008年 03月 9日

SWAN LAKE KTタンストール

swan_lake_act4No_1050.jpg P000692094.jpg

 寝られない午前7時過ぎに、最新原稿の上がり時間を最終確認。
 予定より45分のずれ込みで無事upした原稿を拝受し、正午より閑散とした編集部でせっせと入稿。
 五反田ゆうぽーとで行われた『SWAN LAKE』公演の優雅さに浸る。
 舞台は4幕に分かれ、それぞれの見せ場が華やかで躍動的だ。
 相変わらず素人の感覚丸出しの目線ながら、ソリスト、複数のダンスによるシーン・シーンが見る者の中に色濃い足跡を残してゆく。
 オーケストラの生演奏はやはり深い。
 ユニゾンで奏でられる弦楽奏はロック・ミュージックにも取り入れたいところ。
 胸にしみるチャイコフスキーの名旋律が、クラシック・バレエ不朽の名作である演出効果をぐんと押し上げていた。

080309_1631~0001.jpg

 夕方、品川ステラボールへ移動。
 同胞女性ミュージシャン:KTタンストールの来日公演観戦。
 KTのステージは一昨年のFUJI ROCK以来。
 結論から言えば、ステージングはこれまでで最高の出来映えだった。
 そもそもクオリティの高い楽曲の素晴らしさを明確に証明する素晴らしいライヴだった。
 もはやループ・ペダルは彼女の代名詞。あれほど効果的にクールに使いこなすミューシャンは世界広しと言えども、彼女以外他に知らない。
 大満足のステージを拝聴し、しばしの待機後控え室を訪れた。
 再会を喜び合い、ステージの素晴らしさを労った。KTは心も温かい。

080309_2008~0001.jpg 

 控え室を後に引き上げる途中、ふと前方を見ると元コア・オブ・ソウルのLOVE(中村蕗子)が!
 偶然、コア・オブ・ソウル/ラスト・ライヴ以来の再会を果たし感激。
 つい先日、ソロとなった彼女のアルバムを入手したばかりだったので、奇遇な遭遇が嬉しかった。
 品川界隈〜五反田で、本日1日のおさらい焼酎で乾杯。 
 

投稿者 yonezawa : 00:57 | トラックバック(0)

2008年 03月 8日

Cheap Trick

 午後一に目覚め、しかしまだ頭は朦朧。
 昼飯に喰ったカルボナーラが美味しい。
 午後、妙なタイミングで再び床につき、ぐずぐずの休日。
 
 車検場から届いた関連書類を確認。
 漫画家:ビッグ錠御大から恒例の舞台の案内が。
 
 チープトリックの『at 武道館 コンプリート・コンサート』が白盤(サンプル)の段階から嬉しい。
 このアルバムのせいで、次の『ドリーム・ポリス』の発売が延期になった1979年頃のことは鮮明に覚えている。
 それにして、Cheap Trickのロゴのクールなことと言ったらない。
 彼の日、何度ノートに書き写したことだろう。
 来月行われる武道館公演はとにかく最優先に楽しみなのだ。

ct_layout_spring_03.jpg

投稿者 yonezawa : 00:56 | トラックバック(0)

2008年 03月 7日

COLBIE CAILLAT/インタビュー

masl01_yearinphotos0712.jpg

 都内某所、コルビー・キャレイへのインタビュー取材へ赴く。

 20分押しの流れで取材部屋にコルビー登場。
 彼女はインターネットのマイスペース上でオリジナル曲の1000万プレイを獲得し、レコード契約のない歌手のナンバー・ワンになった。
 やがてメジャー・レーベルも動き出し、彼女はユニバーサルと契約。
 ネットのヒット数なり、閲覧回数等がレーベルを動かしている現象はアメリカでも顕著となっている。
 穏やかな取材時間が流れる。コルビー・キャレイの1st.アルバムは3月19日発売。
 おいらは中でも#5:Feelings Showが好み。

 取材終了後、一旦入稿のため帰社。
 ジミー・ペイジ御大のインタビュー原稿を印刷所に放り込む。このインタビュー完全版はヤンジャンのオフィシャル・サイトに掲載予定。
 以前行った取材分のインタビュー掲載アドレスは以下の通り。
http://yj.shueisha.co.jp/special/hmsb/
http://yj.shueisha.co.jp/special/alesha/

 ヤンジャン16号(3/19発売)から1ヶ月間の限定で、チープトリック/リック・ニールセン/インタビュー完全版をWEB掲載予定。
http://yj.shueisha.co.jp/special/rick/
 ヤンジャン17特大号(3/27発売)から1ヶ月間の限定で、ジミー・ペイジ/インタビュー完全版をWEB掲載予定。
http://yj.shueisha.co.jp/special/jimmypage/


 夕方、日比谷:東京會舘へ。
 夢枕獏事務所:N氏と待ち合わせ、日本SF大賞、大藪春彦賞の授賞式パーティへ。
 会場で獏さんと遭遇し、小一時間情報交換。獏さんは今日も明日もパワフルで魅力的だ。

 夜、MSと待ち合わせ、数ヶ月ぶりの再会を果たす。
 本当に積もる話が目白押し。しかしこの貴重な機会に何を語ろうかと、ともかく速射砲のように語り明かした。内容はやはり行き当たりばったり。
 久々にゴールデン街へと迷い込み、Tと、偶然店に遊びに来ていたその姉:Aと合流。

080307.jpg

投稿者 yonezawa : 18:24 | トラックバック(0)

2008年 03月 6日

COLBIE CAILLAT/ショーケース・ライヴ

bio.jpg

 コルビー・キャレイなる新人シンガーのショーケース・ライヴ会場:渋谷DUOへ。
 彼女はカリフォルニア生まれの22歳。
 昨年リリースしたファースト・アルバムがアメリカで100万枚以上の売り上げを記録した。
 DUOに訪れた観衆の数は、おいらがこれまで体験した中で最も大勢であった。
 関係者用に設けた2F席の階段に辿り着くまで、ものすごく大汗をかく。
 まるで超満員電車の詰め込み状態で、大げさな言い方じゃなく本当の満員電車の中を1/2車両分移動するような状態だった。
 満員電車ほど嫌な場所はない。
 
 パーカットションとアコギ2本、時にそこにコルビーのアコギも加わるような編成で、温かいカリフォルニアらしい風を感じるトラックを数曲拝聴。
 演奏後のミーグリ時に、媒体用サービスの意図で記念撮影。おいらは明日のインタビュアーの一人である旨を彼女に伝え、会場を後に。
 かねてから約束だったT氏と新宿で待ち合わせ、かなりの優良物件である名店:Hで乾杯。
 さらに五反田でMと久々の再会を果たし帰宅。 

投稿者 yonezawa : 18:23 | トラックバック(0)

2008年 03月 3日

transit

img_tres.jpg

 ひな祭りの実感ない3日だ。

 入稿の狭間を狙い、王子ホールへかっ飛ぶ。
 ネットで確認するまで王子ホールは王子だとばかり思っていたが、東京:銀座のど真ん中にあるのだった。
 バッハ:リュート組曲第1番_ホ短調_他の演目で、オーガニックな演奏を聴かせてくれる、“下町”が“日本”が世界に誇るクラシック・ギタリスト:村治佳織のコンサート会場へ。

 ここのところ、彼女のチケットは入手困難で、本日もソールド・アウト。
 ユニバーサル担当:T氏のチケットを強引に奪い取り、観戦する機会を得る。Tさんサンキュ!

 王子ホールでの『transit』コンサートは、2005年よりシリーズとして継続される人気プログラムの1つ。
 彼女のインタビューによれば…「バッハの作品は小学生の頃に「プレリュード・フーガ・アレグロ」BWV998より『プレリュード』を弾いたのが最初で、その後コンサートプログラムに1曲入れ込むことは時折あったのですが、コンサートの一部が丸々バッハという機会はありませんでした」とのこと。
 今年は、ドイツにて管弦楽団とバッハ作品を演奏する予定もあるようなので、「私にとってはバッハ・イヤーです」とも語っている。

 現代音楽の分野において世界的にその名を知られ、日本を代表する作曲家である武満徹によるギター作品が前衛的に聴こえ響く。
 構成、アレンジを聴き、理解する体力・スキルを有することが必要だと、特にトリッキーな演奏部分の技巧に目を見張りながら集中して拝聴。

 演奏中、曲のうねりに身を委ねるように、時に厳格に、時に優雅に、時にトリッキーにとギターを操る村治佳織。
 ある境地に到達した者だけが醸し出せる、メンタルな意味をも含む超絶技巧が今日も圧巻だった。
 演者の醸し出すウェーヴに観客も自然と同調し、曲の有する物語の起伏に取り込まれるような感覚を味わった。
 アンコールで演奏してくれた「オーヴァー・サ・レインボウ」のしみること。
 “語るよりギターの方が上手”なジェフ・ベック・バージョンの同曲ともまた趣向の違う、優雅で繊細な旋律が胸に沁みた。
 彼女も、言葉で語る以上にギターで語る表現の方が雄弁なのかもしれない。

 おいらのようなロック畑のみの者には、すべてが勉強不足だと自覚をせざるを得ない内容ながら、彼女の紡ぎ出す世界観だけは、およそ15年前から欲する感覚を継続させてくれるのだ。
 それは彼女の持つ演奏スキル、雰囲気、動き、言動、声質、音質、容姿、環境、すべての要素が融合し、化学反応を起こして感じさせるものだ。まさに言葉では言い表せない村治佳織独特の魅力を感じてしまうのだ。

 村治佳織は演奏中も演奏後も心の瞳を大きく見開き、すべてを見渡していた。
 一見簡単な行為かと思われがちだが、この境地にたどり着いていないプロ・ミュージシャンなど大勢いる。
 あらゆる世界の景色全てが見えきった瞬間、あるいは見渡せる余裕を得た瞬間、音楽家は本当の意味でのトップ・ミュージシャンという位置に到達するのだと思う。

 メンタル面で最上級のポテンシャルを有する村治佳織の行方は果てしなく厳格で壮大なものだ。

投稿者 yonezawa : 14:30 | トラックバック(0)

2008年 02月 29日

swan lake

makiasami.jpg

 リック・ニールセンのインタビュー原稿を読み込む。
 感慨深い内容に「そうだったのか!」っと30年前の裏話に改めて驚きと発見を感じずにはいられない。
 ノーカット盤はweb展開も視野に入れ、気合い入れて書き記したし。
 
 B.デルトロ新作の試写会はこれら原稿書きにより断念。
 夜、『swan lake』公演チケットをSHより譲渡。
 水道橋の寿司屋:量平寿司で久々に夕食を。

 化粧品のCMが決まったというKMからのメールに労いの返信。
 電車の動いている時間に珍しく映画監督:寅より連絡があり、つたない英文でメール返信すれば、彼は約束通り駅改札に到着していた。
 英文、通じた通じた。

05andy.jpg 06andy.jpg 07andy.jpg

 最近知ったB1の居酒屋で久々再会の寅と映画・音楽談義。
 この男、先日のザ・ポリスの楽屋へ潜入した模様で、アンディ・サマーズの生写真やら楽屋に無造作に置かれたストラトキャスターの写真を何枚も見せてくれた。
 なんでこのおれを呼ばねぇんだ! と嫉妬の意を伝えると、彼はBACK STAGE PASSを土産に差し出した。寅はアンディの娘と友達なのだそう。

photo_jitsuroku1.jpg

 4時過ぎ、寅の監督したドキュメント・フィルム『アラキメンタリー』を本人よりレンタルし帰宅。猛烈な睡魔に包まれながら半分ほど鑑賞した5時過ぎに就寝。

wp_dummy1.gif wp_dummy2.jpg

投稿者 yonezawa : 12:21 | トラックバック(0)

2008年 02月 23日

JAKE SHIMABUKURO 一期一会

080223_0939~0001.jpg

 午前8時丁度に旅館の方からの電話で起こされ、即朝飯。
 そして朝風呂。
 9時30分の送迎バスに乗車し、最寄り駅「伊沢温泉駅」下車。
 10時11分のあずさで立川駅乗り換えの吉祥寺駅下車。
 車内では、編集:Fと延々お笑いの話ばかり。
 話題に出た古いお笑いに纏わる互いの情報は、きっと編集部でもこの男(F)しか通用しないだろうと思いながらの道中だった。
 
 帰宅が正午辺り。
 少し汚れてたゴミ箱の蓋を3コ洗浄し、洗濯物を取り込んでたたんで整理。2枚敷きのテーブルクロスを1枚にし、昼飯作成。
 1時間程度の仮眠を終え、午後3時30分外出。渋谷へ。
 JAKE SHIMABUKURO 一期一会コンサートツアー @Bunkamura オーチャードホールへ。
 
 しかし何て突風な日なんだ。
 春一番なんて可愛らしい言葉じゃ済まされないぐらい、とんでもない突風が吹き荒れている。電車も止まる勢いだ。
 会場入口の重厚な灰皿、傘立てが風でごろごろと転がり転倒。

 現地でヘアメイク:Mと待ち合わせ、ホールへ。会場ソールドアウトの大盛況。
 オープニング・アクトの演奏後、JAKEの一期一会なライヴをじっくり堪能。
 終演後、控え室では、先日どえらいライヴを成功させたヴァイオリニスト:宮本笑里ちゃん&関係者各位の方々らと遭遇しつつ、ジェイクには再会と労いのハグ。
 風が強いのでホール目の前の鉄板屋へ飛び込み、Mと深夜まで音楽・映画・芸能談義の激論で盛り上がる。
 新宿を経由し、深夜にむさぼり食うホルモン焼きがメチャ美味。
 帰途についたのは午前6時を回っていたかもしれない。

080224_0246~0001.jpg 080224_0252~0001.jpg
080224_0253~0001.jpg 080224_0254~0001.jpg 080224_0320~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 15:12 | トラックバック(0)

2008年 02月 21日

Rick Nielsen & Delta Goodrem

080221_1718~0001.jpg

 インタビューWヘッダーの本日。
 昼下がり、チープ・トリック:リック・ニールセンへの取材へ。前回はハードロック・カフェだった。
 インタビュー・ルームに登場したリックと06年10月以来の再会を喜んだ。
  
080221_1524~0001.jpg 080221_1524~0002.jpg 080221_1524~0003.jpg

 今年の4月、あの『at武道館』が30年ぶりに再現されるというニュースは、先月関係者間でにわかに話題になっていた。

 『at武道館』とは、1978年4月28日&30日に実現した、彼らによる初来日公演ライヴ盤。当時、日本での人気が足がかりとなり “世界的出世作”となった記念碑的作品だ。
 このレコードリリースの時期、どれほどおいらたち中学生はチープ・トリックに狂っていたか。
 あの時代に彼らの音楽に出会い、洗礼を受け、やがて自分のバンドでカヴァーするに至るのだが、おいらの中で圧倒的に特別なバンドの一つがチープ・トリックだった。
 
 『at武道館』は日本限定リリースの予定だったが、やがて逆輸入の形となり、結果的にはアメリカ本国でも『ビルボード』誌のアルバム・チャートで最高4位を記録。
 通算売り上げは400万枚以上。モンスター・アルバムはここ日本で録音されたのだった。

 撮影に使ったディーンのギターで「ヴォイシズ」のアルペジオを弾いたおいらを見て、ニヤリと笑ったリック。「oh!! プロフェッショナル・ギター!」とリップ・サーヴスが嬉しい。
 取材終わりに袋から何枚もpicを取り出すリック。何のスペルかと思えば「Cheap Trick」の文字分、おいらに大量に贈呈してくれるではないか。
 なんたるサプライズ! なんたるギフト! 「日本人は誰も持ってないんだよ!」とリックの心遣いに心で涙。

 一昨年のインタビュー同様、実に贅沢で究極に愉快な一時だった。中学時代、リックの存在なくしておいらの青春は語れない。
 4月の再会を約束し、取材部屋を後に。

080221_1601~0001.jpg 080221_1603~0001.jpg

 2本目のインタビューは、同じく06年7月にインタビューしたデルタ・グッドレム。
 彼女の醸し出す距離感はとても温かく真摯で健気。
 癌の一種であるホジキン病(悪性リンパ腫の一種)を完全克服した彼女のエピソードは、涙無しでは語れない。
 そして持ち前のポジティヴさは感動という言葉では覆いきれないほど偉大なものだ。
 持ち時間めい一杯、新作をリリースした彼女の近況、心情を伺い、改めて大きく彼女のビッグ・ファンを再認識した。
 シングル・カットとなっている「In This Life」は、思わずギターで弾きたくなる運命のトラック。次回は是非ともセッションしてみたし。
 デルタ、サンキュ!

080221_1754~0001.jpg 071221_delta.jpg

www.deltagoodrem.com/
www.sonymusic.co.jp/deltagoodrem/

投稿者 yonezawa : 02:49 | トラックバック(0)

2008年 02月 17日

破棄

51RsN9Kij6L._SS500_.jpg

 「スティングの息子:ジョー・サムナー率いるフィクション・プレイン、セカンド・アルバム日本盤リリース」の情報をネットで知り、さらに「ザ・ポリスの再結成ツアーでスペシャル・ゲストとして出演」と書いてあった。知らなんだ。
 聞いても知らない前座のバンド名だったのでスルーし、ザ・ポリス・オン・タイムの時間にドーム入りしたのだった。
 どんな音なんだろう。スティーヴ・ルカサーのせがれも、大村憲司のせがれも、チャーのせがれもみんなロックやってる。
 ジョン・ボーナムのせがれ:ジェイソン・ボーナムは先日ツェッペリンのライヴで存分に叩き上げ、前日のリハーサル時には、さらにジェイソンの二世(多分せがれ)がリハ終わり間際にドカドカ叩いていた。
 ロックの先駆者達は60歳オーバーとなり、第二・第三世代が現役として登場する時代も当たり前となった。
 先日、初の酒を共にさせていただいたロック・シンガー:甲斐よしひろさんの次女:甲斐名都さんはシンガーソングライターとしてデビューしている。

 深夜、ついにCDの整理に着手。
 といっても今日一日ではとても終わらない。CDラックにスペースを設けつつ、都合、1800枚程度のCDを破棄することになりそう。

投稿者 yonezawa : 13:39 | トラックバック(0)

2008年 02月 15日

マイ・ジェネレーション

41XVYF0BR9L._SS500_.jpg ons_main_image.jpg

 午後8時、三軒茶屋へ。
 待ち合わせの居酒屋で音楽人:伊丹由宇兄と合流。
 伊丹兄を介し、なんと今日あの大物ロック・ミュージシャンをご紹介いただける機会を得たのだ。
 数分の遅れでロック・シンガー:甲斐よしひろ氏到着。
 
 おいらの世代だと甲斐バンドの洗礼はやはり1978年のヒット・シングル「HERO〜ヒーローになる時、それは今」が最初で、そこから遡り初めつつ1979年リリースのベスト盤『甲斐バンド・ストーリー』でスイッチが入った感じだ。
 続く1979年リリースのLP『マイ・ジェネレーション』がおいらにとってどれほど眩いアルバムだったか。
 同時期リリースの『ヘヴィ・ムーン/アン・ルイス』と併せて聴き込んだ数少ない邦楽アルバムの1枚がそれ。
 「三つ数えろ」のスリル、「100万$ナイト」の切なさ、「熱狂(ステージ)」の鼓動…
 曲の抑揚、メロディがこのバンドにしかない緊張感を感じさせてくれた。
 「翼あるもの」が「安奈」のカップリングで収録されたことによって、レコードとして欲しかった曲「翼あるもの」をようやく入手したのだが、簡単にLPを買えない世代のおいらたちはシングル・カットしてくれて助かった想い出がある。
 風のように登場されてからは、おいらにすればとても貴重な話の内容オンパレードで、会話の中で出た洋楽ミュージシャンの音源に関して、時にプロデューサー目線のような見解で教授してくださる甲斐さん。そしてあらゆる洋楽ミュージシャンの音源の話をふっても、きちんとその音源を聴き込んでおられることに驚いた。
 GSの話に関してだけはなかなかついてゆけないものの、おいらは甲斐バンドのカヴァーした「マドモアゼル・ブルース」が大好きだ。
 なんと氏に、2月20日リリースの、出来たてほやほやのカヴァー・アルバム第二弾「TEN STORIES」サンプル盤をいただいた。感激。

 中学生時代、DJ:甲斐よしひろによる、NHKサウンド・ストリート水曜日午後10時20分からの放送はとにかく勤勉に欠かさず聴き続けたものだった。
 ちなみに木金のDJ:渋谷陽一の放送も貴重な情報源として欠かせなかった。
 火曜日担当DJ:森永博志の放送でJL&C、ミカ・バンドを知り、DJ:渋谷陽一放送でツェッペリン他の洋楽ロックをこてんぱんに叩き込まれたのだ。

 今日の話題にも出たが、このラジオ番組で盛んにオン・エアーされていたバンド…例えば柳ジョージ&レイニー・ウッド、佐野元春、RCサクセション等は、甲斐さんによるラジオ配信の広報活動で火が点いた部分も大きかったのではないか。というのが個人的な見解だ。
 当のおいらがこのラジオで、彼らの音楽を知るきっかけとなったことは間違いない。
 
 それにしても今日は記念すべき嬉しい1日だ。
 おいらも、伊丹兄の書いてくださったライナー・ノーツが懐かしいファースト・アルバムを甲斐さんに贈呈。
 ジャケ写のアート・ワークは江口寿史兄。その起用に関して「職権乱用的!」と言う意味合いで、笑顔で突っ込んでくださった甲斐さんは昔も今も変わらずクールなロッカーだ。

 最高の焼酎に感激、伊丹兄&甲斐さん感謝!

投稿者 yonezawa : 02:51 | トラックバック(0)

2008年 02月 14日

宮本笑里smile ツアー2008

080214_1946~0001.jpg 080214_2051~0001.jpg

photo03.jpg photo04.jpg

 必死に必死こいて入稿の切れ目を見つけ、トッパン・ホールへ飛んだ。
 ソロ・コンサートとしては2度目となる宮本笑里smile ツアー2008は前々から楽しみにしていたのだ。
 定刻通り、粛々とクラシックのソロ・ヴァイオリン(withピアノ)コンサートが始まる。

 結論、心底素晴らしかった!
 わずか2度目のステージにして、あれほどの進化を遂げるとは侮れないヤツだと感じさせたのだった。
 第一印象は「強くなった」という感じ。前よりも進化を遂げていることは、その裏付けとなる鍛錬あってのモノ。しかも元々美しい宮本笑里の容姿が、より一段と輝いている。
 きっとすべての観衆もすべての関係者も同じ意見だと思う。 
 何よりも落ち着いていたし、構成もアンコールの選曲・順番もよかった。
 
 超絶技巧に関しては勿論圧倒的で、おいらクラシック素人がおいそれと口を挟む隙間なんぞはないけれど、特にメンタル面においては格段にレベル・アップしていることに驚き、安心させられた。
 終演後、会場入口にいらっしゃったお父様であり、音楽家、元世界的オーボエ奏者:宮本文昭さんもつくづくカッコイイお方だ。
 今宵は一緒に乾杯したかったのだが、今日は最愛の身内の方々と内々に打ち上げとのことで、おいら部外者は撤退。→1人でラーメン→編集部帰還→入稿雑務…
 笑里ちゃん、クールだったぜ。ご苦労さん!

photo05.jpg photo06.jpg
080214_2113~0001.jpg
 深夜、先ちゃん、テンホーちゃんらと年が明けての最初の乾杯。
 ラーメン談義に全員気合い入りました。

投稿者 yonezawa : 12:31 | トラックバック(0)

2008年 02月 13日

THE POLICE

080213_1913~0001.jpg photo_main.jpg

P000005163.jpg live.jpg

 昨年のグラミー賞に登場し『Roxanne』を披露。翌日にはロサンゼルスのライヴハウス『Whisky A Go Go』で公開ライヴ・リハーサルを行ない、約23年ぶりとなるワールド・ツアーをスタートさせたザ・ポリス。
 昨年5月28日にカナダのヴァンクーヴァーを皮切りにコンサート・ツアーは始まった。LIive Earthへの参加などを挟み、ついに来日公演の日がやってきた。

 おいらにすれば初体験のザ・ポリス。
 ドームへ向かう前に盟友:RRと一杯引っかけた。
 「一杯ひっかけた」のは、RRからの率直な誘いによるものだ。そうだよな、コンサート前って昔は毎回一杯ひっかけてから観戦に挑んだものだった。
 RRのシンプルな一言が、俄然このコンサートへのモチベーションをレヴェル・アップさせてくれた。
 
 ビールを買う途中に客電が落ちそうになったので、急ぎ足でアリーナ席へ。
 アルバム自体の売り上げはあまり振るわなかったという情報が信じられないほど『Reggatta de Blanc』は名盤だ。27年ぶりの来日公演の初っぱなは、その『Reggatta de Blanc』収録#1『Message in a Bottle』。
 アリーナ左サイドの場所のせいか、音響もう一つな環境は否めない。
 彼らは、数々のヒット・チューンを矢継ぎ早に演奏。
 つくづくと音響の輪郭が悔しかった。より鮮明な音体感はWOWOWでの放映を待つことにしよう。
 ラスト『Next to You』で、本来の用意したアレンジでエンディングを成し遂げられない様が感じられ、少しだけ残念。
 個人的には、永遠の名曲として燦然と輝きを放つ『Every Little Thing She Does Is Magic』が好印象を抱かせた。

 乾杯は六本木で。ISと中華てんこ盛り爆食・爆赤ワイン。

 スティング56歳、スチュワート・コープランド55歳、アンディ・サマーズ65歳。

The_Police_01.jpg 

投稿者 yonezawa : 02:51 | トラックバック(0)

2008年 02月 12日

THE PURPLE TAPE

51-lKHAFHPL._SS500_.jpg

 気がつけばリサ・ローブも今年で40歳なのか。
 彼女は新作『THE PURPLE TAPE』リリース間近。
 新星堂の伝言板コーナーのような、店員による手書きのニュースでその情報を得た。アナログの情報配信もあながちバカに出来ないもの。
 レコード店のレジ後ろに何やら大きな箱が重ねてあり、ミュージシャンの絵が載っていた。パッケージを見た瞬間、ジャコ・パストリアスであることが判った。
 店員に聞けばジャコ・フィギュアなんだそう。だけど23,400円の定価、高すぎ。

4543638001453_1.jpg 4543638001453_2.jpg page-9043.jpg

投稿者 yonezawa : 02:51 | トラックバック(0)

2008年 02月 11日

井の頭公園/グラミー賞/クラウディア奇蹟の愛

414x6QC8pqL._SS500_.jpg

 今朝7時まで起きていた間、花粉症と同時に少し喉の違和感を感知。
 風邪の初期症状状を自覚。
 
 正午前に起きて午後の昼下がり、井の頭公園へ。
 近所に住むトラヴィス(寅)とYを誘ったら、寅が体調不良でダウンとのこと。残念。
 公演には大勢の人々が余暇を楽しんで来ている。日差しのよい気持ちいい日本晴れの陽気。

 ここではめったに食べないのだけれど、小腹の空き具合から「いせや」でつくねと焼き鳥を塩で1本ずつ立ち喰い。
 池に浮かぶスワンの数も相当なモノだった今日の井の頭公園。Rちゃんはたま〜に転けながらも、見渡す景色の雑踏を無心らしき表情で眺めていた。

 本日発表のあったグラミー賞で若手カントリー歌手:ブラッド・ペイズリーを初めて見たけどギター上手いな。
 新人:エイミー・ワインハウスが最多5部門を受賞。報道によれば、ドラッグ問題等々で度々騒動を起こしているという彼女。
 ロンドンとの中継映像でもその特異なキャラの一部をかいま見れたような印象。

 昨年、共にインタビューする機会を得たジョン・メイヤーとアリシア・キーズの競演がよかった。「レーベル間の契約だ何だという面倒くさい事は置いといて、とにかくセッションしようぜ」と語った2人のフレンドシップが思い出された。彼らは双方の最新アルバムに参加し合っている。
 同じく過去にインタビューしたネリー・ファータド、ファーギーもプレゼンター、パフォーマーで登場。

 ボストンのリードボーカル:ブラッド・デルプが昨年無くなっていたことは、今日のこのグラミーで知った。
 高校時代、ボストンのファースト、セカンドをどれほど聴き込んだことだろう。
 ボストンのギタリストだったバリー・グドローのソロ・アルバムまでも彼は歌っていたんじゃなかろうか。
 デルプはバンドの活動休止中にはBeatlejuiceなるザ・ビートルズのカバーバンドでプレイしていた。死因は一酸化炭素中毒による自殺であったことが警察から発表されたそうだ。
 享年55歳。合掌。

 以前、ブログにも書き記した書籍『クラウディア奇蹟の愛』を奈良の従兄弟:太に贈呈したところ、歓びのメールが届き嬉しかった。
 改めて概要を語ると、91年のソ連邦崩壊後も蜂谷弥三郎さんは恐怖心が先立ち、なかなか日本に連絡をとれなかった。だが、96年、51歳になった娘さんが訪ロし再会を果たした。
 日本で、独身を貫いた久子さんがご健在で、夫を待っていると知ったクラウディアさんが、最も強く弥三郎さんに帰国を勧めたそうだ。
 書籍の冒頭引用されているのが、弥三郎さんとの別れに際してクラウディアさんが書いた手紙の一部。
 後のテレビ映像で見た、半世紀ぶりに夫:弥三郎さんと再会した時の久子さんの可愛らしさといったらなかった。そして弥三郎さんの精悍なこと。
 久子さんは、持ち込まれた再婚の話などは全て断ってきたのだ。夫が生きているかさえどうかわからない51年もの間。
 51年…
 まだ、おいらではその時間を知りようのない長さだ。

 夫の絶ちがたい望郷への想い。
 途方もなく想像もつかない51年間の日々を待ち続けた妻の想い。
 夫を救った孤児の女性がもたらした果てしなく広大な懐。

 学ぶことは多すぎる。

 この書籍の存在を知った後、田舎のおふくろにも即読んでもらった。
 母方にあたるおいらの祖父も、終戦と同時にロシア兵によって満州から連行され、捕虜になった経緯もあるので、この話は他人事ではなかった。
 まかり間違えば同じ運命を辿っていた可能性もあった。

 報道で知ったのだが、残念なことに昨年07年5月に久子さんは逝去されたそうだ。
 すべての日本人も、すべてのロシア人も、心から彼女のご冥福をお祈りしなければならない。

投稿者 yonezawa : 02:51 | トラックバック(0)

2008年 02月 10日

LOVE

 鼻噛みまくりの1日。
 大量の可燃物・不燃物・ペットボトル、空き缶、段ボール、雑誌らを2回に分けて破棄。
 わずか2回の往復でゴミ置き場へ運搬。根性。
 
 訳あって久々にQUEENの旧譜を聴こうとラックを見たら、おいらベスト盤とトリビュート盤しか持ってなかった。
 いい加減いらないCDと、残すCDの整理をしなきゃなぁ…。
 先週、K社:Yが「映画(DVD)は買ったら見ないですね。安心しちゃって。封を開けないまま。レンタルでないとダメ(見ないん)です」のフレーズに同感。
 封の切っていないCDも“安心”のために入手し、手元にある“安心”が故、聴き込む機会を逃している。
 全然知らなかったのだが、元CORE OF SOULの中村蕗子が現在LOVE名義でソロ活動している情報を自力で得た。
 すでにファースト・アルバム『Embryo Love Songs/LOVE』もリリースしているよう。
 早速拝聴。声もリズムも相変わらず爽快だ。
 カーラジオでCORE OF SOUL『Natural Beauty』を初めて聴いた時の衝撃は忘れない。大昔にこのブログに書いた記憶があるが。
 アルバム『Embryo Love Songs/LOVE』と一緒に、ついに探せず仕舞いのCORE OF SOULファーストを諦め、『CORE OF SOUL THE BEST(初回限定盤)』同時購入。
 さらにamazonからのお知らせで、書籍『獏さんのぽちぶくろ/夢枕獏』、『エブリ リトル シング/大村 あつし』追加購入。
 購入意志にブレはないのだが、amazonの思う壺夫くんと化しているおいら。

51pVUoHtozL._SS500_.jpg
▲CORE OF SOULのラスト・ライヴとなった
 渋谷クアトロでのLOVE(中村蕗子)が懐かしい。

投稿者 yonezawa : 05:30 | トラックバック(0)

2008年 02月 4日

THE POLICE

thepolice-071016.jpg

 Edgar Winter's White Trash『Recycled』(1977年)を久々に聴いて盛り上がったという呑め呑め団(休憩中)団長:K兄より拝受。
 こんなにもド・ファンクだったっけ? と思うほど小粋なブラスがガンガン入っており、おいらもつられて盛り上がる始末。
 こんな粋なバンドがいたら速攻取材して音楽話に花を咲かせたいもの。
 30年以上経過した音源であろうとも燦然と光り輝く良質物件だ。
 流行のシンセとか余計なエフェクトをカマしていない良質アルバムの音源は不変である。80年代に流行まくったどーでもいいシンセの聴こえる音源の古めかしいことといったらない。

51AXxGhIUmL._SS500_.jpg

 で、来週にはTHE POLICEがついに来日。
 チケット代金を20万円近く立て替えたおいらは先月、死にそうな経済状態に。
 NY在住Tの場合によれば、現地での公演は退屈で途中でドロップしたそうな。東京公演のコンディションはいかがなものなのか? LED ZEPPELINに続いて超絶歓喜の体感は果たしてあるのか?

 昨夜の雪は、ほとんどドブ川脇にしか残っていなかった。

080204_1434~0001.jpg 080204_1434~0002.jpg

投稿者 yonezawa : 02:45 | トラックバック(0)

2008年 01月 30日

JIMMY PAGE 単独インタビュー(当日)

080130_1638~0001.jpg
↑JIMMY PAGEさん、ここに腰掛けました。

 都内某高級ホテルの一室に到着。
 あと30分もすれば、この部屋にLED ZEPPELINのJIMMY PAGEがやってくる。
 2台の録音機をセッティングし待機。こんな気持ちは初めてだ。

 やがて、10分押しのタイミングで御大の到着。一生モンで究極の取材が始まった。

 海陸先生に英文翻訳いただき、完全構築していただいたおいらの気持ちの詰め込まれたメッセージをまずは差し上げた。
 約束の取材時間はわずか。速射砲のように、矢継ぎ早に質問を投げかける。
 JIMMYの回答は逐一親切丁寧で、1クエスチョンに対して回答が長い。
 想定した質問の1/30も消化出来ないそもそもの時間枠ながら、かなり貴重で重要なコメントをガンガン拝受。
 
 なんたる時間、なんたる空間、なんたる現実。
 「この人は本当に現実に存在しているのだ」という当たり前のことが頭でグルグル渦巻きながら、彼の真摯な回答に耳を傾けた。
 「あなたが、この世のすべてのギター・リフのオリジナル創造者である。」この想いに彼は「そんなことないよ!」となんなく回答。
 そんなことありますって。

 果てしなく魅力的な紳士であった。
 果てしなく魅力的な音楽人であった。
 果てしなく魅力的なギタリストであった。
 果てしなく魅力的なプロデューサーであった。
 果てしなく魅力的な創造者であった。

 インタビュー終了後、直接彼への、彼の作品への、彼のギター・プレイへの愛情をお伝えすることが叶った。
 彼はおいらよりも一回り大きな身体でビッグ・ハグ。奇跡の空間であった。

 JIMMY PAGEと同じ時代に生きることが叶った幸運に心より感謝。
 祝杯はAと吉祥寺乾杯。たまらない赤ワインだ!

投稿者 yonezawa : 17:40 | トラックバック(0)

2008年 01月 26日

松下奈緒LIVE[poco A poco]

nao%20%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%20803.jpg

 午後6時、東京国際フォーラム・ホールCへ滑り込み到着。
 待ち合わせのA&Hと会場へ。
 「アイフルホームpresents 松下奈緒LIVE[poco A poco]」観戦。
 ピアノのスキルも時間と共にアップする彼女。丁度1年前も、この国際フォーラムで彼女のピアノを堪能させていただいたっけ。
 今回、弾き語りによる歌は初めて聴いたが、あの場所であのスタイルで歌いこなし、弾きこなすことのエネルギーがいかほどのものなのか、おいらには判る。
 冷静かつ淡々とステージを進行させる彼女の力量は並のものではなかろう。
 イントロの前に一旦一呼吸を置き、気持ちをリセット。歌とピアノと同時にインする楽曲では絶対音感の技量も魅せた彼女。
 総合的に素晴らしい出来だった。

 終演後、奈緒ちゃんへご挨拶。
 彼女の来ていた美しいドレスのブランドを聞けたH、同行のAと近場のパブで乾杯。

LISTENING%20PARTY%E3%81%94%E6%8B%9B%E5%BE%85%E7%8A%B6.jpg
↑これは本人なのか!?

投稿者 yonezawa : 23:56 | トラックバック(0)

2008年 01月 23日

矢野沙織

080123_1439~0001.jpg 080123_1440~0001.jpg 080123_1440~0002.jpg

 降雪。リビングの窓際から外の景色を観るRの瞳が爛々と輝いている。
 人生初体験。空からしんしんと降り注ぐ白いフワフワした物体は、一体どういう風に彼女の心に映ったのだろうか。
 外へ出る頃には、雪は微かな雨に変わっていた。

 腰の違和感は未だ続いており、もう少し完治に時間がかかりそうな雲行き。というか病院にいかないのだから治りようはない。
 同時に(なぜか)右足付け根の、筋の違和感を解消するべく、マジで来週以降接骨院に行ってみんとなぁ。
 なかなか行き出さないんだが。

 夕方、昨年11月にNewアルバム『Little Tiny』をリリースしたアルト・サックス奏者:矢野沙織のライヴへ。
 東京青山円形劇場には初めてやってきた。
 会場は本当に円形の作りで、ステージを囲むように客席が配置され、なんだか可愛らしい雰囲気を感じさせるアットホームな小屋だ。

 彼女が小学生の頃に出会い、目覚めさせられたというジャコ・パストリアスの『ティーン・タウン』でライヴは始まった。21歳とは思えない堂に入った淡々としたステージング。会場満タン。
 後半、「報道ステーション」のテーマ曲もライヴで聴く分、独特のリフのうねりを感じさせた。
 アンコールの時、サックスの音が妙に生々しいなぁと思いきや、ピン・マイクの装着を忘れていた彼女。その姿は愛嬌たっぷりで、アクシデントがプラスに働く偶然の演出となってステージは終盤へ。
 およそ2時間弱、矢野沙織のステージは無事に終演を迎えた。

 表参道でTSとお茶して地下鉄で神保町へ。
 飯を喰ってなかったので、駅となりの吉野屋で定食を数分で平らげ帰社。そのまま深夜に及ぶ雑務で、かなり疲労困憊気味。

◆LIVEスケジュール
アルバム「Little Tiny」リリース記念ツアー
矢野沙織 Tour 2008「Little Tiny」

1月20日(日)大阪府堺市栂文化会館
1月23日(水)東京青山円形劇場
1月26日(土)兵庫県たつの市総合文化会館
1月31日(木)佐賀 基山町民会館
2月02日(土)長崎県南島原市ありえコレジヨホール
2月03日(日)福岡 Gate's 7
2月11日(月)埼玉 深谷市花園文化会館アドニス
2月16日(土)愛知芸術劇場 小ホール
2月23日(土)愛知県愛西市佐織公民館
2月27日(水)兵庫芸術文化センター

矢野 沙織(Sax)
【Tour Member】
金子雄太(Org)・細野よしひこ(G)・小松伸之(Ds)
企画制作:モンドラナミュージック
後援:コロムビアミュージックエンタテインメント
トータルインフォメーション(モンドラナミュージック)
03-3493-5176【平日12:00~18:00(祝祭日を除く)】

投稿者 yonezawa : 19:07 | トラックバック(0)

2008年 01月 22日

FIRED UP  ALESHA

41RjUw_.jpg

 ああ〜眠い眠い。
 午前中の脳みその中にはきっと昨日のアルコールが大量に残っていたに違いない。
 朦朧とした頭で風呂に入ると湯船でオチかけた。
 至って健康的な朝食をいただき、いつもの交通手段で移動。その時間すべて朦朧。

 デスク回りが早くも郵便物で混沌としてきている。しかし気怠さ全開のコンディションで整頓のスピードがエラく鈍い。
 文字通り机に張り付いたまま深夜に及ぶ入稿作業と、取材原稿のリライト。ああ〜眠い。
 
 昨日ブログへの追記。
 渋谷duoにてライヴ取材したアリーシャとは、都内インタビューに続いて2度目の遭遇となったのだが、彼女のあまりに天真爛漫ぶりに再び心が癒される想いがした。
 「この服、日本で買ったのよ!」と笑顔でピンクの衣装を指さす彼女。
 スタイルにしろ、歌唱力にしろ、パフォーマンスにしろ、超のつく一流のスキルを見せつけた。
 「このシンガーが成功しないハズはないべ」と確信させる、パーフェクトなショーケース・ライヴだった。

080121_2058~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 19:07 | トラックバック(0)

2008年 01月 21日

トミー・エマニュエル

51A8DXAHQJL._SS500_.jpg

 トミー・エマニュエル懇親のライヴ盤拝聴。
 どこを切ってもトミエマ独壇場。超絶技巧のオンパレード。
 技量もさることながら、きっと握力もすごいのだろう。ギタリストにはある程度の腕力が絶対に必要で、その力は余裕があればあるほど好ましい。
 
 “いい音”がギターのフレーズを歌わせるという現象は間違いなくあり、“悪い音”だと上手に弾けないもの。不思議だがそうなのだ。
 
 姉のお下がりの、白いフォーク・ギターは、今考えれば史上最低の音色がするシロモノだった。
 その最低ギターで「シクラメンのかほり」などを鳴らしていたが、音の抜けない分、腕力に頼り、強引に弾き込んでいた。
 その物件よりほんの少し上級機種の、友人が通信販売で入手したフォーク・ギターを弾いた時、おれはこんなに弾けるのかい!? と驚いた経験があった。
 技量は同じのはずなのに、そうした錯覚を覚え、その隙にほんの少しなんだけれど、本当に技量が向上するのだ。
 音色によって上手に弾かせる魔法のような瞬間も、間違いなくある。
 ちなみにその最低ギターは同級生の大男“ナジョッタ”にご購入いただいた。

 編集:F、A、遅れてSとの夜食に銀座。
 まさに抱腹絶倒の夜更け+赤ワインに大満足。思いも寄らぬスペシャル・ゲスト:Sの登場に宴は臨界点に。

投稿者 yonezawa : 19:07 | トラックバック(0)

2008年 01月 17日

http://www.emimusic.jp/intl/tristan/

080118_0226~0001.jpg

 以前、一度取材したトリスタン・プリティマンの新作を口火に、EMI:N&Rと打ち合わせ新年会。
 時間一杯、各々速射砲のように矢継ぎ早に交わし合う会話が心地よい。
 話は脱線ばかりなのだが、この面子の空間だとその脱線が特に面白味を醸し出してゆく。
 トリスタン・プリティマンの新作は2月20日発売。
 http://www.emimusic.jp/intl/tristan/
 ともあれN&Rよ、今年もよろしくどうぞ。

 絶賛発売中! JCDX『瑠璃の方船』1巻、よろしく!
ee13b5a7.jpg

投稿者 yonezawa : 01:25 | トラックバック(0)

2008年 01月 16日

HUSH

080117_.0116~0001.jpg

 クーラシェイカー単独公演初日の恵比寿リキッドルームへ。
 ドラムスの響きが心地よい印象を残したステージングだった。
 オープニングに選んだ『HEY DUDE』の選曲とエンディング(アンコール)となった『GRATEFUL WHEN YOU'RE DEAD/JERRY WAS THERE』がクール。
 ステージ中盤で演った『HUSH』は、毎度毎度ながら突き抜けた曲だなぁ。
 下北沢での某クラブで漫画家:江口寿史兄もDJの際、選曲していた名曲の1曲。
 あの曲をあの時代にカヴァーとして選択したクリスピアンのセンスには永遠に脱帽也。

 ただし、今日のステージだけに関して言えば、多くの課題を感じさせたのは正直な気持ちだった。
 深すぎなリヴァーヴ効果、バンド・アンサンブルの不安定な揺らぎ、リハーサル不足等々、同じ印象を抱いた人たちも多くいたはずだ。
 しかしながらクリスピアンの構築する世界観を今後も追いかけてゆくことだけは決まっているのだ。

 終演後、久々にSMJI:Kazyとサシメシ。
 恵比寿で鍋をつまみに乾杯し近況報告会。移動して新宿二丁目。雪もちらつく寒い夜だ。
 初めて連れられた不思議な店で、「どんだけぇ〜」がIKKOさんのオリジナルでないことを、おいらの欲する情報とは裏腹に知らされた。
 同時に普段、どんだけおいらはテレビを見ていないのかを知らされた。
 Kazy、ゴチでした!
 

投稿者 yonezawa : 01:25 | トラックバック(0)

2008年 01月 12日

アヴェンジド・セブンフォールド

p4393-mid.jpg
 
 外は雨模様。Rちゃん体調不良の兆しを察知し、大事をとって近所の病院へ。
 午後1時、アヴェンジド・セブンフォールドの取材のため都内某所へ。
 都内は比較的スムーズな交通の流れで、丁度アルバム1枚聴き終えたタイミングで取材場所へ到着。
 今日1日で数本の取材をこなすバンドの面々は、紹介される前にメイン・フロアで遭遇し、午後3時オンタイムでヴォーカリストのマット・シャドウズへの単独インタビュー開始。
 先日、新木場でのライヴでは暴君の権化(?)かと思わされていたマットはとても大人しい若き紳士で驚いた。
 両腕のタトゥーが凄まじいイメージもあって、そのギャップは激しい。
 時間いっぱい、質疑に対して丁寧に回答してくれたマットは気の優しそうなナイスガイ。
 エレベータ前でガッチリ握手を交わし速攻で帰途へ。

 マットのバンド:アヴェンジド・セブンフォールドは派手なツインリードの聴けるラウドなロック・バンドだが、「そのツイン・リードのバンドとして、例えばウィッシュボーン・アッシュ、シン・リジィ等は意識したことがあるか?」の問いに驚きの回答が。
 マットはシン・リジィを聴いた事がなかったのだ。

投稿者 yonezawa : 16:31 | トラックバック(0)

2008年 01月 8日

Resurrection THIN LIZZY

Glasfront.jpg

 '79年4月15日、グラスゴーでのTHIN LIZZYライブ盤をついに入手。
 フル・サイズのライブで『BLACK ROSE』リリース直後の、充分なGary Mooreの弾きまくりが堪能できる音源だ。選曲も文句なし。音がいいという噂だったがやや大味な録音だった。しかしながら、内容は果てしなく貴重なものだ。
 ファン・クラブ・オンリーで300枚限定と書かれているが、シリアルNo.は記されておらず。
 インナーにある、電飾で派手にデコーレートされたTHIN LIZZYのロゴのクールなこと。
 79年、『BLACK ROSE』のLPに針を落とした瞬間、WISHBONE ASHが吹き飛んだ。
 THIN LIZZYの衝撃は、VAN HALEN、THE POLICEと同等の質だった。

 飯の2時間一本勝負で神楽坂:よね山へ。年男の大将へ新年のご挨拶。「次回の干支が来たら還暦です」とは感慨深し。

投稿者 yonezawa : 01:35 | トラックバック(0)

2008年 01月 6日

Avenged Sevenfold

41SoRrmgb9L._SS500_.jpg 615IvIJkwJL._SS500_.jpg

 午後3時過ぎ、新春初取材待ち合わせのため編集部へ。
 今年初っぱなの仕事は、Avenged Sevenfold(アヴェンジド・セブンフォールド)のライヴ取材。
 ライヴ会場:新木場STUDIOCOASTへ。道中、『ユビキタスの山田洋行』看板発見。
 あの事件がなければ気づきもしない看板だ。ユビキタスとは何か?
 調べると、ユビキタス(ubiquitous)とは、語源はラテン語で、いたるところに存在する(遍在)という意味。
 インターネットなどの情報ネットワークに、いつでも、どこからでもアクセスできる環境を指し、ユビキタスが普及すると、場所にとらわれない働き方や娯楽が実現出来るようになる。「ユビキタス・コンピューティング」、「ユビキタス・ネットワーク社会」のようにも使われ、「パーバシブ(pervasive)・コンピューティング」ということもある。
 とある。まだよくわからない。日本の軍需専門商社:山田洋行の『ユビキタス』とは何を意味する?

080106_1604~0001.jpg

 都内スムーズ。随分早く到着してしまったので、控え室待でワーナー関係者としばしコーヒー歓談待機。

080106_1811~0001.jpg 080106_1858~0001.jpg

 午後6時、オンタイムで爆音のライヴ・スタート。このバンドのギターのフレーズには80年代の日本のヘヴメタ・バンドを彷彿とさせる部分があり。
 90分のライヴ観戦後、一路中野区へ。

 FENDER SUPER SONIC(ギター・アンプ)を購入したばかりの高橋69ツトム。
 仕事場リビング部分に、少し整頓されたギターたちと一緒にSUPER SONICがそびえている。

img10292668721.jpeg


img10292668723.jpeg
img10292668731.jpeg

 想定する、あらゆる方向性の求める音に対応出来る優れモノのアンプがコレ。
 極めてクリアに歪むハンバッカーの音色が音の臨界点超えを感じさせた。アンプを見つめるだけでライヴがやりたくなってくる物件がSUPER SONIC。

 ヤンジャン最新原稿を拝受し、30分で即飯。
 一路編集部へ戻り今年一発目の漫画原稿入稿完了。ギリの終電に飛び乗り冷静に素面で帰途に。

投稿者 yonezawa : 19:05 | トラックバック(0)

2007年 12月 24日

クリスマスイブ

51%2BbtdUyEgL._SS500_.jpg 61cpXnjSKXL._SS400_.jpg

 クリスマスイブの昼下がり、パルコの本屋で『THE GUTAR MAN Super Deluve Edition[シンコー・ミュージック・ムック]』『Real Wine Guide 2008年 01月号』購入。
 先ちゃんの描く『Real Wine Guide〜』表紙の女のコのクオリティが、思わず素通り中のおいらを振り向かせた。
 ほんなこつ、こん人の描くおなごはいっつも美人で目立っとんしゃぁ。

 既存ギター雑誌も、よほど内容が好みでなければ買うことのない昨今。
 『THE GUTAR MAN〜』のカラーページをパラパラ捲れば、これまでのエディ・ヴァン・ヘイレンの使用ギター物撮りがガンガン掲載されているので衝動買いに走る。
 それらと同じギターが掲載されている本など何冊も持っているのに、欲しい欲しい病にすぐ罹るおいら。
 学生時代、いつもこういう買い方をしていたことを思い出した。
 十代の後半、音楽雑誌には毎月2000円以上も使っていた時代もあった。

 エディ・ヴァン・ヘイレンのギター・プレイほど心を高ぶらせてくれた物件はかつてなかった。
 ツェッペリンの新譜を待ちこがれて買ったのが『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』であるおいらの世代には、ジミヘンもジェフ・ベックも後追いだったので、目の前のトップ・プライオリティな存在は圧倒的にエディだった。
 どの世代にも、どのジャンルの者にも永遠にリスペクトされるエディがどれほど眩しい存在だったか。
 レス・ポール・ウィズ・フレンズのライヴ初っぱなに登場した、新婚当時のエディもよき映像だったし、ブライアンメイ&フレンズの「STAR FLEET」で共作したテーマ曲の気の利き方といい、カップリングされたブルース・トラックにフィーチャーされたギター・プレイの色気と言ったらなかった。

 テクニックは当たり前で、ギターのすべてが色気であることも、このエディ・ヴァン・ヘイレンから学んだのが、高校時代のおいらだった。

51ewSa8An-L._SS500_.jpg 51HW424YABL._SS500_.jpg 51IRWX181hL._SS500_.jpg 51KDN63XKGL._SS500_.jpg 51MFYX212JL._SS500_.jpg 51Oa0RFcDUL._SS500_.jpg 51RBpPRL3nL._SS500_.jpg 513QM6BZWWL._SS500_.jpg 3251.jpg RealWineGuide01.jpg RWG2.jpg RWG3.jpg RWG5.jpg RWG6.jpg RWG7.jpg RWG8.jpg RWG9.jpg RWG10.jpg RWG11.jpg rwg12.jpg

投稿者 yonezawa : 21:30 | トラックバック(0)

2007年 12月 20日

クリスマスコンサート

uccu1162_l.jpg

 ★村治佳織クリスマスコンサート
 日時:2007年12月20日(木)19:00開演
 会場:紀尾井ホール(東京)
 ゲスト:古川展生(チェロ)

 曲目:トロバ:ラ・マンチャの歌、ソル :グランド・ソナタ ハ長調Op.22、シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ(チェロ&ギター) 他…

 村治佳織のスキルは今日も素直に素晴らしかった。
 奏でる端から“あちらの景色”に惹き込まれせる印象は格別だ。とは言っても、ヴィヴァルディにもシューベルトにも造詣の浅いおいらにとって、やはりメロディの知っている曲が断然印象に残るのは仕方がない。
 アンコール曲『星に願いを』、『ホワイトクリスマス』が特に心を和ませた。
 難なく超絶技巧をこなす村治佳織のスタイルに今日もため息。

 コンサートが終わり即帰社。午後11時過ぎまで雑務。
 ロードショー編集部のスタッフと合流し、遅めの飯を共にした。午前1時に結構喰ってしまうおいら。
 帰宅途中、先ちゃんに連絡をとれば、西新宿の超高級マンションで漫画家、編集者他、出版関係者が集ってホーム・パーティ中との情報を得る。
 場所を伺いFさんのパーティへ抜き打ち参加。それにしても30数階にそびえるこのマンションの各部屋から見える夜景がもの凄かった。
 入口にはホテルのレセプションのようなスペースがあり、夜中なのにエスカレーターが上下共に動いている。

 久々に再会を果たした仲間なり初対面の方々と、時間の許す限り語り合うイレギュラーな夜更け。

投稿者 yonezawa : 05:28 | トラックバック(0)

2007年 12月 13日

LED ZEPPLIN特集記事

41M2Y8EBDWL._SS500_.jpg keiko005.jpg

 いきなり入稿が明日と迫るLED ZEPPLIN特集記事、そしてこちらもおいらが夏頃から企画・温存してきた「クラシック&ジャズ美女大特集」記事のグラビア構成に終始没頭。
 加えて、1月刊のコミックスJCDX『瑠璃の方船』入稿も重なり、もうボロボロ。

 当初、本日予定していたK社K、H、それにIっちゃんとの、楽しみにしていた4人忘年会の席に合流することなぞ、早くから環境が許してはくれず、結局明け方まで終始デスク・ワーク。
 時折届けられる、写メールに写った面々の弾けた笑顔を呪いながら、明け方、差し込む日の光を睨んだ。
 それにしても、まさか ZEPPLINのライヴ記事について書く日が来るとは…。

投稿者 yonezawa : 05:08 | トラックバック(0)

2007年 12月 10日

LED ZEPPELIN

LONPAR62.JPG

 正午まで部屋で読書、そしてシャワー。
 外は曇天。
 日本では絶対に見ることのない、独特の不気味な色の空だ。
 Hightstreet Kensington駅構内モールでサンドウィッチ、コーラをテイク・アウト。
 再び部屋で続きの読書をしつつ午後2時50分、待ち合わせのロビーへ。

 中学時代、それこそLED ZEPPELINを初めとする洋楽ロックをNHKのラジオで“教育”してくれた、音楽評論家:渋谷陽一氏との遭遇がとてもラッキーだった。

 午後3時、O2アリーナへ向かう。
 到着後、午後5時、スタバでカプチーノ待機。
 あの渋谷氏と、いみじくもツェッペリンのコンサート前に、しかもこのロンドンの現地で音楽話をする機会に恵まれた時間は貴重だった。
 中学時代に聴きまくったサウンド・ストリート等の思い出話を、この機会に彼に伝えることが叶った。
 渋谷氏DJのラジオがなかったら今のオイラは無かった。あの体験がなければロック・ミュージックに目覚める時期が、もっと遅れていたかもしれない。
 プレイヤー以外で、おいらの音楽見識に関し、多大なる影響を与えてくれたのが渋谷氏のラジオ番組であったことは揺るぎようのない事実だ。

 午後6時30分、Hゲートより入場。
 話題の沢尻エリカ嬢も並びの席で観覧スタンバイ。
 
 19時過ぎに始まったコンサートには、フォリナー、ポール・ロジャース、ビル・ワイマン、パオロ・ヌティーニ等が参加。
 セットチェンジの後、21時、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジェイソン・ボーナムの4人がステージへ現れる。

 このコンサート詳細は、来年1月17日発売「週刊ヤングジャンプ7号」誌上に4C2Pのリポートにて掲載予定。

 「そのキーに、そのリズムだったらそれしかナイ!」というリフレインを最もたくさん創造・生産したギタリストがジミー・ペイジだ。
 おいらのツェッぺリンの認識はまずそこにある。

 彼の創作したリフの構造は、近年に至るまで進化という進化は何もなく、ツェッペリンの楽曲の構造・アレンジが、後の多くのロック・バンドの創作する楽曲の原型として確立され現在に至っている。
 これまでどれほど多くの男(とあえて限定)たちが、ジミー・ペイジのリフについて議論してきたことだろう。
 E Keyに対して「これしかない!」という出来映えのリフの、琴線の触れさせ方は、もう魔法としか言いようがないほどだ。
 そのリフには必ず“歌っている”リズムが感じられ、オリジナルのリフを創作する場合、多くのバンドがツェッペリンのリフの呪縛から脱却することが至難の業となるのだ。
 
 かねてからそのスキルは実証済みだったジェイソン・ボーナムのドラミングも素晴らしいの一言で、ともかくLED ZEPPELINにハマり過ぎなほど。
 彼は父親のスキルをすべて受け継いでいた。
 「よくぞボンゾは彼を遺してくれたものだ」と心で感謝した。

 まさに至上最高のダイナミックなイブニングが過ぎていったのだった…
 あのレッド・ツェッペリンが21世紀に完全復活を果たした、文句なしの125分-全16曲。感無量──

投稿者 yonezawa : 05:07 | トラックバック(0)

2007年 12月 8日

アーメット・アーティガン トリビュート・コンサート

ginza_.jpg

 本日、正午より東京不在につき。
 現地にパソコンは持参しない上に、工夫もしないのでPC宛のメールは12日夕方まで確認出来ません。
 更新は13日以降になります。
 案件は、『アーメット・アーティガン トリビュート・コンサート』
 つまり、レッド・ツェッペリン再結成ライブ@ロンドン、見てきます。

 取り急ぎ!
*****************************************
 午前6時50分、出発。高速バスで成田へ。
 空港内で不味いカレー喰って風邪薬を購入。昨日から喉の痛みが気がかり。
 保証金1億円の保険に加入。追加料金15000円でexit シートを確保。これで12時間、前方の席に人のいない環境は得られた。
 正午発のヴァージンに搭乗し、定刻離陸。

 機内では、映画『バブルへGO』『ゴーストライダー』『ダイハード4』等を鑑賞。
 半日、この生きにくいスペースで過ごす覚悟を伴った気合いを入れながら、正味12時間を経てヒースローへ到着。
 生きている内に、この渡航時間が半分ぐらいになる日が来ないモノか。
 税関で音楽ライターの保科さんと偶然遭遇。信じられないことに、彼はマジでこのチケット『アーメット・アーティガン トリビュート・コンサート』が当選したのだそうだ。彼も同じ便だったのか。
 ペットボトルの水を2本購入し、雨模様だったのでタクシーに相乗り。双方のホテルを経由してチェック・イン。
 今回は、初日宿泊のホテルと、2日目以降宿泊のホテル:ROYAL GARDEN HOTELが違った。
 シャワーを浴びて午後7時、ROYAL GARDEN HOTELへ。W社:F氏と打ち合わせのため、待ち合わせた。
 合流後、タクシーでF社:M氏、F氏らと夕食の店へ移動。
 席には、株式会社ニッポン放送相談役の亀淵昭信氏、主にヘヴィメタル・ハードロック(HM/HR)を専門とする日本におけるこのジャンルのパイオニア的存在の音楽評論家:伊藤政則氏らも。
 1966年頃、留学先のサンフランシスコでジミ・ヘンドリックス、クリーム等のライヴを実際に観たという亀淵氏のエピソードにはぶっ飛んだ。「ジミ・ヘンドリックスも2,3度見てるかなぁ」なんて、一体どんな環境なんだと驚かされた。
 伊藤氏との絶妙な間の会話がとにかく新鮮。彼らを紹介いただき、とてもラッキーな時間だった。
 勿論全員、今回のLED ZEPPELINを見るために渡英したのだ。
 
 W社様、ご馳走様でした。2件目には移動せず、旅の疲れと時差ぼけを癒すべく午後10時過ぎにはホテルへ帰還。
 即爆睡。

投稿者 yonezawa : 20:23 | トラックバック(0)

2007年 12月 6日

生涯のコレクションは1000枚に限定

51b-DYTAJUL._SS400_.jpg

 東銀座でRちゃん向けにピッタリの衣類を扱う店を発見し、悩みまくりながら数点の商品を購入。
 明日はRちゃん初めての誕生日!

ginza_odb_pic.jpg

 JCDX『瑠璃の方船』コミックス入稿も佳境となり、本日最後のデータを入稿する運びに。
 FUJI ROCKの打ち上げを、この師走に近づいた本日まで引っ張っていた。
 W社:Yちゃん、新社屋移転直前の映像人間:Tちゃんとシンプルに鉄板焼き乾杯。
 彼らの知るロック(に限らずとも)界隈の知識、情報のスキルはオイラの比ではない。
 30年前のバンドの名前からアイドルグループまで、話が縦横無尽に飛び交う極めつけの席。なんでもよぅ知ってるよ、この2人。
 トライアンフ、フォガット、ジョニー・ウィンターの話題に笑い、ガバメント・ミュール、モビー・グレイプをご教授。
 果てしなく貴重だったAC/DCの来日公演にこの3人、揃いも揃って諸事情で未完戦。なんたる不覚な3人だと笑った。
 知る機会もそうそうなかろう、音楽業界の裏話にもずいぶん笑ったなぁ。

 彼らの所有する枚数には及ばないものの、おいらにしろ数千枚に及ぶ膨大なるCDのコレクションとなってしまってるが、この際贅肉を切り捨て、「生涯のコレクションは1000枚に限定してしまいたい!」と漏らしたおいらの意見にご両人も大賛同。

 濃度の高い熱烈な音楽話だけで夜が更けていった。
 

投稿者 yonezawa : 20:23 | トラックバック(0)

2007年 11月 29日

As I Am

071129_1753~0001.jpg

 夕方、丸ビル1Fフロアへ。
 「アリシア・キーズから、頑張っている女性に一足早いクリスマス・プレゼント!」と題した、丸の内で頑張っている女性たちを応援するスペシャルイベント…という趣旨のアリシア本人によるショーケース・ライヴが行われた。

 ステージ横には高さ8mの丸ビルツリーが。一日限りの“アリシアツリー”として、シャンパン・ピンクの装飾に変身しそびえ立っている。
 押すこと30分、2F3F、近隣のビルの見物人の数が凄まじい。関係者のスペースもぎゅうぎゅう詰め。
 やがてエスカレーターで登場したアリシア。20代半ばながら、以前会った時と同じ印象のまま風格はトップ・ミュージシャンのものだ。
 1STシングルカット「NO ONE」を含む、数曲のパフォーマンスを拝聴。つくづく、歌上手ぇ。LED ZEPPELINを歌ってくんねぇかなぁ? 本人にもインタビューの折にお願いしたのだったが。
 ともあれ、世界トップ水準の“生歌”を聴き、編集:Kと5Fのパスタ屋へ。
 通常、Kと飯の場合、怒濤の飲みに突入のパターンなのだが、2人ともまだまだ終わらない仕事を抱えており哀しく即帰社。
 iTunesでアリシア新作『As I Am』を再生しながら、来年1月リリース予定のJCDX『瑠璃の方船』コミックス原稿の入稿。
 まだ終わらん。

投稿者 yonezawa : 14:52 | トラックバック(0)

2007年 11月 28日

単独インタビュー〜43歳

071128_1204~0001.jpg

 都内某ホテル。デレク・トラックスへの単独インタビューの機会を得た。
 本人は優しいナイスガイで中身もプレイも一流だった。

 インタビュー中には何度も驚かされた。
 ライヴで、メイン・ギターSGにかましているのは別バイパスのチューナーだけ。つまりヴォリュームと指だけのニュアンスだけで、すべての表現が出来る強者だ。エフェクターは勿論一切の使用がない。
 9歳から指弾きオンリーで、当時の海賊ビデオもブートで存在するらいしが、現レコード会社の担当者によれば、今とほとんど同じプレイだと聴いて驚いた。

 まったく、SGもクールなギターだ。

 メインのSGは61年のリイシューモデルの新品で、単なるローコストのギターとのこと。これも凄い。
 ライヴ中、座って弾いてたビザール・ギターはカワイ製で、ドブロ、ゴールドのレスポールらは、すべてコレクターとかオールドショップが強引に貸してきたレンタルギターだと言っていた。何てヤツなんじゃ! アンプのヘッドとSG1本だけが自前とのことだ。

 デレクの新鮮な刺激を受けながら取材完遂。おいらにすれば珍しく記念写真をお願いしてしまった。
 ホテルを後にし、新年早々発売するコミックス原稿入稿の準備のため、即帰社。


 40歳の誕生日は函館だった。本日、この世に生を受け、43年の時間が経過。
 
sonybmg.jpg

 今年1年間、様々な仕事を共にし、そして本年度最後のインタビューとなったデレク・トラックス取材も彼ら界隈との共同作業によるもの。
 ソニー・ミュージックの奇特な有志らがおいらの誕生日を高級シャンパンで祝ってくれたのだ。
 晋平、エンノリちゃん、やないちゃん、ありがとね。嬉しかったよ! 大感謝。

071128_2057~0001.jpg 071128_2059~0001.jpg 071128_2209~0001.jpg

投稿者 yonezawa : 11:58 | トラックバック(0)

2007年 11月 27日

恵比寿リキッドルーム

51Y8xFwmbWL.jpg

 恵比寿リキッドルーム。
 デレク・トラックス・バンド:ライヴ観戦2日目──

 会場は満タン。おいらが知るだけでも、多くの音楽業界の重鎮、うるさ型のライター他がこの2日間大挙するように押し寄せ、会場を埋め尽くしていた。
 追加公演も満タンで、この狭い小屋で見られる機会を得た今回の来日公演はラッキーだ。

 ギブソンSG、カワイのビザール・ギター、ゴールド・レスポール。そしてドブロまで使用したデレク。
 オヤジ連中がまるでギター小僧のような視線でデレクの指先を凝視している。
 知っている曲は半分強だったが、いぶし銀の彼の強弱あるプレイに酔いしれ、何度も背中に電気を流された。
 国内版が出る前に輸入盤でその存在は知ってはいたし、E.クラプトンの武