<script type="text/javascript" language="javascript">

2019年 03月 19日

満津美鮨

 白山の超名店、満津美鮨が今月いっぱいで閉店となる。
 今月は3回目の訪問だが、以降の予約はもう取れないそうで、今夜は最後の満津美鮨晩餐となった。
 たまたまこのタイミングとなった幸運なEと、もう二度と食べれない極上のあれこれを頂いた。

 場所がら東京ドームも近いので、時折野球選手もお客さんでいたり。
 いつものお通し「イカの甘いタレと山葵」も今日で最後になるのか。甘辛くてとても美味しい。その他小鉢もクラゲなど2品つく。
 いつものようにお造りから、いくつかのつまみをゴンゴン頂き、お好みの握りは光りものから順繰り食した。胃袋、至福の時間だ。

 毎回、お持ち帰りとしてもオーダーしてた高菜巻きも今日で最後。うーん、実に残念、ひと巻こちらで頂き、ひと巻だけお持ち帰りさせて頂いた。
 ここはなんと言っても値段が素晴らしく、例えば神保町辺りの高級鮨店と比較すれば半額だったのではないか。
 82年の長き歴史に幕となる。大将は55年、弟さんの大将は50年の職人人生だったそうだ。圧巻だ。
 
 Eと春日のJAZZ BAR:ROUNDへ移動。少ししてからHT到着。
 Eとゴールデン街へ繰り出し、Cで、E×初Hの図、観る。仕事明けのLも合流し、大変優雅な時間だ。

投稿者 yonezawa : 2019年03月19日 19:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: