<script type="text/javascript" language="javascript">

2019年 03月 3日

ひな祭り

 台東区蔵前にある文具店「カキモリ」でオーダーノートを作る!と、前日にRに言われ、関連サイトや同店の紹介された番組などを観て、内容と場所を確認。
 今日日の小学生はこんな精密な情報をよく知ってるものだなぁと感心しながら、昼下がり電車を乗り継ぎ、最寄り駅から7、8分ほど歩いた「カキモリ」へ到着。雨降る中、店内のお客は少なくない。

 B5 or B6サイズのタテ or ヨコかで、合わせて4種類の中から選びノートのサイズを決める。
 店内には棚一面に用紙がずらっと並んでいる。サイズを決めたら表紙と裏表紙を選ぶ。素材は革、リネン、PP、紙など常時60種類も揃えてあるが、Rは一番安価な紙に。

 表紙と裏表紙が決まれば中紙の選択。
 手触りの良いややザラつきのあるコミック紙、インクの載りがいいフールス紙、写真やテープを貼って楽しめる強度の高い素材とのクラフト紙など、30種類の中紙から選べる。
 サンプルの中紙で試し書きが出来るので、自分にとっての好みの素材が選べるわけだ。
 そしてリングの色を選ぶ。金、銀、銅、黒、白の計5色からRは留め金も併せて金をチョイス。そして注文。
 それなりの注文数があったせいか待ちは40分ほどの時間を要し、オリジナルノートが完成した。

 奥には沢山の万年筆が試し書き出来るコーナーがあるので端からやってみるが、2万円程度の物件がどえらく書きやすく、一時迷う自分。普段どれほど文字を書かないか自覚しているくせに「この機会に」と考えたが、一瞬の気の迷いと判断し断念。
 
 アメ横では、Rの欲しがっていたコンバースのスニーカーを買い、地元に引き上げてから晩飯に追加する鰤刺身を買って帰宅。

 夕飯は、昼間すでに仕込んでおいた、おったんの特製ハンバーグなど。

投稿者 yonezawa : 2019年03月03日 16:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: