2018年 07月 31日

プチ打ち上げ

 午前、正午過ぎにRの塾への送迎。
 9月頭発売の季刊誌kotoba表紙撮影のプチ打ち上げを神保町BFで。
 Kボス、Sさん、Aくん、それにAKも混ぜてもらい、肉とワインの晩餐会。
 近場のバーでハイボールを頂き、新宿へ。バーとカラオケの梯子酒。
 始発前の明け方、塩鮭定食を何故か食うおいら。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 30日

新橋〜銀座

 新橋のTSは二度目だが、ここはやはり美味かった。
 隠し事の一切ないUと時折訪れる親睦会の芋焼酎で今日も酔う。
 徒歩でコリドー街へ。今月というか明日で業務を卒業するRの元Sで赤ワイン。
 その足で銀座Mに向かうと、我らがKさんが。
 当然合流を果たし、カラオケで盛り上がる氏の大応援合戦(笑)。
 
 閉店後、Uを見送り、Mとジェリー色の、ギターの弾けるバーWへ。
 なんだか相当ギターを弾いて歌ったような…………。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 29日

Rday。

 終日、Rday。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 28日

bambiリハーサル

 午前、正午過ぎにRの塾への送迎。bambiリハーサル。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 27日

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』鑑賞。

 もう本作シリーズには理屈などなく、ただただイイ。という映画に対するある種の最上級の賞賛すべき物件として、今回も我が目前に燦然と輝きを魅せてくれた。同時に笑いも出る。

 SFというカテゴライズに入れるべき構造故、何でも許せるし、出てくるアクションシーンのクオリティの高さたるや、3Dだ4Dだというエフェクトなど何も必要ない、圧倒的な脅威に満ちた映像の連続で観るモノを圧倒する。トムは流石。目も流石。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 26日

四谷三丁目

 午前、正午過ぎにRの塾への送迎。

 夜、Hちゃんと初のサシメシ in 四谷三丁目鮨。
 確か27年前くらいのゴールデン街以来。先月かそこらでの、ふいの銀座遭遇で彼との飯会の話が浮上し、今夜を迎えた。H氏に感謝。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 25日

編プロへ

 同行のO編集は一足先に帰京した模様。
 変更可の便を予約していたが、その時間に合わせるように時間を調整し、新千歳空港で大量の土産を購入して帰京。
 羽田着後、そのまま編プロへ。お盆進行の入稿が容赦なく続く。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 24日

札幌へ

 福岡の次は札幌へ。
 15時発のANAで新千歳空港へ。空港から札幌市内まで、福岡の同じ区間の所要時間を考えると、そこそこの距離を感じてしまうが特に苦にならず。

 札幌駅からタクシーでホテルへチェックイン。現地でMさんと待ち合わせ、目の前のビアガーデンにてひとまず一杯乾杯。
 予約していた「札幌に来たら行かいでか!」と言う勢いのいつものジンギスカーンへ徒歩で。
 今日も格別に美味い特製ジンギスカンが有り難し。
 今回、編集者2名+作家1名の合計3名ながら、全員の飲みっぷりたるや感動モノな夜。
 散々の梯子酒で打ち合わせの内容は全部がポジティブなものになるという、申し分のなきミーティングの夜が更けた。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 23日

浮世離れした2日間

 寝てない割には起床がちゃんとしているおいら。
 天神より地下鉄で福岡空港へ。朝昼合同の飯はアゴ出汁のカレー。
 タイムテーブル通り機上の人となり、羽田空港着から即編プロへ。
 浮世離れした2日間は瞬時に過ぎ去った。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 22日

福岡2

 一応午前に起床。徒歩で天神へ。
 宿泊の西鉄グランドホテルは、かつて福岡へ来日してきた洋楽バンドの常宿であり、18歳でコンサートホールから翌日にかけての追っかけ経験のあるおいらは、このホテルでリッチー・ブラックモア、ロジャー・グローヴァー、ドン・エイリー、ジョーリン・ターナー等と肩を組んで写真を撮ったことを感慨深く回送する。それはレインボーの公演であったか。
 リッチーにはロビーでサインをもらったはずなのだが、何故か当時から失念したまま。

 コンビニで水分補給の水他を購入。
 天神地下街を散策し、ビブレ辺りのビルで朝昼メシには行き当たりばったりの中華。

 地下鉄で大濠公園へ。あまりの猛暑ぶりに滞在時間、せいぜい15分。とても外を歩いていられないレベルの恐ろしい暑さだ。

 再び天神へ戻り、ベスト電器等を徘徊し、スマホ充電用のケーブルを購入。
 予約した、超メジャーなうなぎ屋「吉塚うなぎ」に向かおうとモールの1Fに降りて外を見れば、なんと予想外な土砂ぶりスコール。ビックリ。
 気温は下がってくれるかと思うが結構な降水量だ。
 同ビル内の雑貨屋で傘を購入し、タクシーで中州へ。
 
 ちなみにここのうなぎ屋、2ヶ月前にこの日の昼食を予約したのだが、午後4時からの時間帯しか確保出来なかった。恐るべき物件。
 個室で味わう、どことも似ていない香ばしいうな重がともかく美味い。ご飯は半分残し、芋焼酎をロックで4杯頂くこととなる。
 その足で、徒歩で近場の居酒屋へ。こちらでMと合流し、名物イカ刺し他の鮮魚を頂く。後は酔いに任せ、中州の屋台、M知人のバーらを経由し、長い食の一日が終わろうとしていた。
 と思いきや、ホテル界隈に戻りカラオケ大会となり、明け方の日差しを充分に感じる博多のひとときであった。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 21日

福岡へ1

 吉祥寺からの高速バスで羽田へ。
 第2ターミナルよりANAへ搭乗。一路福岡へ。
 仕事でもなく、直接の福岡入りしたのはもう数十年ぶりになるかもしれない。
 東京も暑いが、降り立った福岡もさらに輪をかけたと感じるような蒸しる暑さが容赦ない。
 空港から地下鉄でたった2駅の博多駅で下車。
 
 かつて35、36年昔、博多駅隣の博多ビル1Fで働いていたあの頃の光景は皆無であり、その地は、十分な店舗がテナントで入る大型のビルに様変わりしていた。
 料理人時代の後輩M推薦の、同ビルB1の居酒屋へ行くと15分の待ち。
 飛び込みでは入れなかった。

 今回“食”のツアーを自覚しており、焼き鳥屋後も宿泊ホテル近くの水炊き屋を想定しており、今回行動を共にしてくれた同級生Fらの事前情報が有り難かった。
 さらにバーを探して梯子酒をしたのか、で1日目は終了。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2018年 07月 20日

序の口

 どこの誰しもメールの書き出しに、“猛暑”、“地獄”等のワードが記される昨今。
 まだまだ序の口な案配の、ここまでの尋常でない針の振り切った“暑”気候は果たしていつ落ち着くのか。

 秋に予定する旅のツアーをにらみ、多額の旅費を振込完了。各位がそれぞれの地から集まり、それぞれの地へ解散するまでの全行程、つまりドアツードアのシミュレーションを考えねばならんのが相当大変だ。バス、電車、フェリー、レンタカー、タクシーと、何度も全行程のおさらいに余念なし。

 夕方の打ち合わせでは、湿版写真の完成品を数点拝見。木箱に入ったあたかも明治維新的フレイヴァーの立ちこめる仕上がりは迫力満点。やはり1953年製Fenderテレキャスターが必須であったことを密かに認識する。何にしても、この重厚感溢れる質感を雑誌表紙で完全に表現させてみたいものだ。
 
 夜、入稿の狭間にAmazonで買うべきものを悩んだ末に2つクリック。このシステムになって店舗へ足を運ぶという行動は当然激減した。しかしAmazon他の配達員さんはこの猛暑の中、迅速にガンガン稼働しているのだなぁ。

投稿者 yonezawa : 20:50 | トラックバック(0)

2018年 07月 19日

bambiCD打ち合わせ

 地獄の猛暑の中、神楽坂へ。
 デザイナーFとのbambiCD打ち合わせへ。
 メンバーの意向によるブックレットの形態もかなり具体的にイメージが固まってきた。が、確認事項山積み。40p程度のムック本を作る労力と何も変わらない。
 しかし、音源の内容同様、どえらいモノが構築されつつある予感。後はデザイナーFに委ねられた。

投稿者 yonezawa : 22:12 | トラックバック(0)

2018年 07月 18日

この灼熱地獄の時代に

 中野でミュージシャンHTと確認事項していたら、軽く一杯の流れに。
 bambiCDの件、ライヴの件、夏のあれこれを認識しつつ終電までの数杯。
 一軒目の、(1杯のグラスシャンパンで当然出たのだが)クーラーの効かない店ってどうなんだ、このご時世、この灼熱地獄の時代に。

投稿者 yonezawa : 22:11 | トラックバック(0)

2018年 07月 17日

買うことにしよう

 やや早めの帰宅の日。ファミマで試験的に売っているという一口煎餅シャリ蔵の枝豆味が出てるそうで、Rがその美味さを力説。次回、大量に買うことにしようか。

投稿者 yonezawa : 22:10 | トラックバック(0)

2018年 07月 16日

江口寿史イラストレーション展「step」

 連休最終日の猛暑な銀座に夕方到着。6月30日からスタートしている江口寿史イラストレーション展「step」は銀座のスパンアートギャラリーで 7月22日(日)まで開催中だ。Tシャツと画集を購入。
 S社Sさんと現地で待ち合わせ、先ちゃん共々近場の鮨屋で乾杯。銀座で数件梯子し、我々は新宿へ。現地でAと合流し、安定の早朝までの飲みとなる。

投稿者 yonezawa : 22:09 | トラックバック(0)

2018年 07月 15日

全部が美味い

 J宅の畑で、毎年恒例のプチ・トマト狩りの日。
 にしてもこの炎天下はちょっと異常で、20分もいた日にゃ全身、顔面から滝のような汗が噴き出す。2時間ほどで身体中の水分は、全部干上がることだろう。
 こんなに暑い夏は他にあったのか記憶がない。数年前の長野県上田市でのライヴ時には、ステージ上が40度くらいになっており、ハモンドオルガンは壊れ、エフェクターは素手では持てないという有様だったが、今はその猛暑以上の感覚だ。
 J宅で美味しいそうめんを頂き、爆食い。Jの家で喰う飯は全部が美味い。

投稿者 yonezawa : 22:08 | トラックバック(0)

2018年 07月 14日

疲労度MAX

 Rは土曜日の登校日。昼過ぎにおもむろに帰宅した端から即昼飯。
 15時に友達とプールに行くという彼女を見送り、一路渋谷ゼロスタジオへ。
 そこから明日早朝の5時までbambiCDのトラックダウンが行われた。疲労度MAX。

投稿者 yonezawa : 22:08 | トラックバック(0)

2018年 07月 13日

新宿SCIENCE

 FFPの新宿SCIENCEライヴを見届け、諸事情あって即帰還。

投稿者 yonezawa : 22:07 | トラックバック(0)

2018年 07月 12日

朝を迎える

 Kさん、Oと新宿Hでメシ。
 久々のメンツ。K兄にゴチになり、Oと新宿三丁目散策。
 これまた久々のEでボトルを入れ、ゴンゴンと飲む。ふいに渋谷へ向かうKちゃんよりLINEが入り、渋谷Fへ移動。グズグズの飲みが続く中、新宿から呼び寄せたAも合流し、渋谷ワインナイト。
 再びAと新宿へ移動し、居酒屋で朝を迎える。

投稿者 yonezawa : 22:06 | トラックバック(0)

2018年 07月 11日

日暮里

 丸香前待ち合わせ。日暮里でKさんの雑誌表紙撮影へ。
 暑い。猛暑。蕎麦屋で天ざるうどん。
 サシは10数年ぶりだったか。S氏と六本木飯。

投稿者 yonezawa : 22:05 | トラックバック(0)

2018年 07月 10日

のこりまくる

 怒濤の二日酔い。確かにじっくり、夕方までのこりまくる日。

投稿者 yonezawa : 22:04 | トラックバック(0)

2018年 07月 9日

新宿ナイト

 季刊誌kotoba最終打ち合わせでランチにピザトースト。珍しい、ピザトーストなんて喰うとは。
 明後日のシミュレーションを確認し、盤石の体制で取材に挑む気概たっぷりの我々。

 夜、ZちゃんとW待ち合わせ。芋焼酎を1本半空け、新宿M〜Sへ梯子酒。途中、Aも合流を果たし、Zちゃんをお見送りして鮨で乾杯。

投稿者 yonezawa : 22:03 | トラックバック(0)

2018年 07月 8日

家事

 終日、家事。指が不便。

投稿者 yonezawa : 22:01 | トラックバック(0)

2018年 07月 7日

理事会と

 朝から理事会。オープン学力テストのあるというRを塾へ送り迎え。

投稿者 yonezawa : 22:01 | トラックバック(0)

2018年 07月 6日

ゴールデン街Bで〆

 Nちゃん。新宿焼き肉屋で待ち合わせ、AのCへ。ゴールデン街Bで〆。

投稿者 yonezawa : 21:55 | トラックバック(0)

2018年 07月 5日

切り落としてしまった。

 寝ぼけ眼の朦朧としたまま、起きがけにチャーハンの材料を切り出してしていたところ、スッパっと指先を切った。切り落としてしまった。左親指と人差し指を2mmずつほど。

 自業自得のアホさ加減にげんなりしながらも、ことの重大さにどうしようと回らない頭を悩ます。
 斬った片手を持ち上げティッシュでくるんだまま、右手で食材を皿に乗せラップして冷蔵庫へ。まな板、包丁を片手で洗い、bambiバンマスで開業医に電話。
 自宅から最も近い救急病院へタクシーで向かう。
 
 到着。腕を持ち上げたまま、受付で状態を伝えたところ、「救急はオール予約制です」と言われた。予約以前に早く到着せねばと思いやってきたのだったが、結局、受信することなく、待合室で看護師による応急処置、患部に軟膏塗ってガーゼを巻く、のみに止まる。
 他病院からの案内状がないと、8千円強の手数料のようなものが取られる。このシステムの理由も知りたいと考えつつも、看護師によるアドバス「(院内にある)ローソンでガーゼと軟膏を買ってください」を聴き入れ、購入に向かうが、ガーゼしかなかったのでそちらだけ購入し、近場の外の薬局でオロナインとマキロンを買って、コミュニティバスで仕事場へ。

 勿論、今日からトホホな人生。しばらくギター弾けん。 

投稿者 yonezawa : 21:55 | トラックバック(0)

2018年 07月 4日

最高

 Kの引っ越し祝いには、愛蔵版『神々の山嶺』上中下巻を進呈。向日葵でのサシ呑みからシゲッツへの梯子酒。何もかも最高。

投稿者 yonezawa : 21:55 | トラックバック(0)

2018年 07月 3日

山葵醬油ランチ

 予約は2週間前から行っていた。M&Iとハンバーグ山葵醬油ランチ。
 

投稿者 yonezawa : 21:55 | トラックバック(0)

2018年 07月 2日

インクレディブル・ファミリー

 ディズニーの試写室は何度行っても、いつも久々なので場所がわかりにくい感じだが、無事、映画『インクレディブル・ファミリー』試写へ頑張って到着。

 かつて、アニメ監督でありながら、ハリウッドで最も大切な映画といえる『ミッション・イン・ポッシブル』を撮り、その手腕を証明したブラッド・バード監督。
 色々細かいディテールやキャラクターの性格付け、人間性に異論を唱える人もいるかもだが、おいらは大好き。ジェット・コースターに乗ったような最高のエンタテインメント作品として昇華している本作。かつて、ブラッド・バード監督とのインタビュー時間も最高の空間だったことを思い出す。

投稿者 yonezawa : 21:55 | トラックバック(0)

2018年 07月 1日

お好み焼き屋

 こんなところにお好み焼き屋さんが!

投稿者 yonezawa : 21:55 | トラックバック(0)