2018年 03月 31日

都内あちこち

 エロスの種子、最新話の修正版データが到着。
 
 S社のBになったばかりのKちゃんと、思い出横丁で待ち合わせ。安い酎ハイを飲み、かるくつまみを少々。待ち合わせの場所の西新宿の焼き肉屋へ移動。
 1時間少々の遅刻でK、E到着。
 焼き肉とハイボールで胃を満たし、目黒川の桜を観に現地へ移動。Barで一杯飲んで、新宿三丁目C2経由のSで再度乾杯。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 30日

会食はふいに訪れ

 Kさん&Kとの会食はふいに訪れ、BFで待ち合わせ。
 初対面同士なのに最高に盛り上がる場となったのはそれぞれの人間スキルの温かさ。
 当然のごとく、西麻布Gへ河岸を変え、シガーにふわふわハイボール。なんと贅沢な時間なのだろう。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 29日

新宿SCIENCE FFPライヴ

 Aと待ち合わせし、新宿SCIENCEへ。FFPライヴ観戦に。メンバーチェンジ以降、冷静に初のライヴとなる。
 ギターが増えた分、どんどん同期音源を減らしてバンドサウンドだけの音になるならと、勝手な希望を重ねながらバランスの良きステージングを見終えた。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 28日

生ピーマン

 H&Nで麻布十番の博多居酒屋待ち合わせ。ここの生ピーマン岩塩かけが、まずは食べたかったのだ。十代を思い出す食材の数々。
 ご紹介頂いた女将の朗らかな人柄もあり、一気に地元話に花が咲いた。35年前の博多の景色が鮮明に蘇る。

 やや遠いけれど、通えるものなら通う店リストに追加したいところ。帰り際に、タレントのTさんに遭遇。一言だけ会話を投げかけられた。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 27日

明けると6年生

 午前の蓮の塾への送迎をした後、やれるだけの家事を終え、R用のメシをこさえ、身支度をして塾終わりに迎えに。
 作りたてのご飯を食べさせ、ようやく仕事へ。
 
 春休みが明けると6年生になるのだなぁ。なんという時間の早さなのだろう。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 26日

激烈

 塾へゆく娘の時間にあわせて外へ。

 事務所で取材準備と入稿粛々。
 午後12時30分待ち合わせで新丸ビルへ。先週金曜日に宴会で盛り上がったBさんと1時間少々のランチ打ち合わせ。

 翻って事務所で再び入稿作業。

 夕方新宿へ。住所は代々木ではあるが都営線から徒歩でマンションの一室へ。鳥取で4月から行われる谷口ジロー回顧展用の映像を撮るというので、漫画作品の担当者に取材をしているおいらにも白羽の矢が立ち、受けることに。

 自宅からヨーロッパで出版された自分担当作のコレクションも資料に持ち込んだところ。当時のコミックス台割も棄てずに保管してあったのも、谷口作品だったからなのかもしれない。
 懇意のインタビュアーとの90分ほどの質疑応答で取材を終えた。思い出すことをその流れに身を任せ、在りし日の谷口さんの人柄を偲びながら回想した。

 中央線で三鷹へ。担当作家より本文原稿を引き上げ、その足でデザイナー事務所へ。カバー類の校正刷りを持ってやっと事務所帰還。そして再びの入稿作業。眠気増幅。首筋には大汗。
 帰途に就く頃は深夜バスの時間となっており、帰宅後の雑務もやっておきたかったが、椅子で何度も落ちるので諦めて就寝。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 25日

マザー牧場やらイチゴ狩りやら東京ドイツ村やら

 東京湾アクアラインってのも多分、初めてだったかもしれない。東京湾に浮かぶパーキングエリア:海ほたるも勿論初めて。

 東京湾の景観を診る程度で、はちみつ工房へ移動。パフォーマンス見る。
 その後、本日メインの場:マザー牧場へ。現地を気の赴くまま散策し、動物見て触れあい、広い敷地内をてくてく。遅めのランチはビーフステーキ。
 そこからイチゴ狩りの地へ。30分食べ放題というが10分程度喰えばとても、もう喰えない状態になった。
 そこから東京ドイツ村。敷地内に張り巡らされたイルミネーションの広大さは圧巻。ドイツの由来は知らない。
 日も暮れ、ぼちぼちと身支度して帰途の道。春休みの今日だけの遠出の日。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 24日

JAFを呼び

 レコーディングに行こうと車に2本のストラトを積んでエンジンをかけるが動かない。バッテリーが完全に上がっていた。さっぱり理由がわからない。やむなくJAFを呼び、およ90分遅れでスタジオへ。

 4時間弱の短いスパンで録れるだけ録るのだが、温まる頃に終了となり、まだまだ先は長い。

 駐車場に駐めた車、帰りもちゃんと動いてくれよ〜とパーキングに近づいたらば、後部座席の小さなランプが光っていた。なんだそれー。全く気付かず。バッテリー上がりの原因はこれだったか……。
 2週間前に家族でショッピングモールに行った際、誰かが点けっぱなしにしていた模様。戦犯見つけたり。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 23日

日本ミステリー文芸大賞

 第21回日本ミステリー文芸大賞を受賞された我らが夢枕獏さんらのパーティの地、帝国ホテルへ。
 もう貰える賞は他にないのでは? と想像してしまいそうな勢いで、獏さんは様々な分野のタイトルを授与されてきた。また何か獲ったんだと、最近は当たり前に感じられるところ。

 錚々たる文芸界の面子が集い、知り合いもチラホラ。
 会場ではあまり話せないので、身内話は二次会でと決め、談笑を楽しんだ。外は小雨。

 ふいに遭遇したMのMと近場の居酒屋でほんの30分だけ乾杯し、二次会の会場マリオン内のイタリアンへ。
 そこで乾杯の後、獏さんのご挨拶を聞いた後、獏さんが自腹で依頼し、作成した動画を公開された。
 21分と1分バージョンの2作品

「夢枕獏 変態的長編愛」21分
https://youtu.be/b2jGdy2vaSs
「夢枕獏の変態的長編愛」1分
https://www.youtube.com/watch?v=-wNCzTp4aOk

 獏さんの生き様を見て心に泪が流れる。
 さらには、話には聞いていたが、3月25日の朝日新聞に掲載された「夢枕獏 変態的長編愛」の広告がどえらい。この莫大な広告費用を自身で負担したと聞き、再び驚く自分。
 なんと広大なお方なのだ。
http://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018030946721.html

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 22日

あれこれを聞く会

 以前青年漫画誌にも登場したことのあるFのAと久々のサシ呑み。水道橋Hは、ここのところ最も懇意になっている和食屋。
 組織のあれこれを聞く会ながら、この時間はいつでも重要な機会と言える。
 新宿ゴールデン街へ。BIGRIVERで5時まで飲んだ。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 21日

吉祥寺デート

 どうしても見たい服があると言うので夕方、Rちゃんと、まずはヨドバシカメラへ向かい吉祥寺デート。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 20日

一旦仕切り直し

 新規業界案件のミーティングは六本木のカレー居酒屋。Kさんと、ある企画の内容を洗い直し、気持ちは一旦仕切り直し。そして恵比寿へ。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 19日

Uの目線

 神保町でU飯。和樂。
 雨が鬱陶しくなんだか天候も変な塩梅だが焼鳥は美味かった。
 ここでしか語れないあの話この話、遠慮なく情報共有。Uの目線が大事。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 18日

休息の一日

 宴の翌日、休息の一日。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 17日

バンマスへのサプライズ仕掛け

 Bambiレコーディングは、バンマスへのサプライズ仕掛けを前提に粛々と進行。相変わらず、個人的には満足出来るソロが弾けていない。自分の曲でないとこうなってしまうのか。インスピレーションを広げねば。

 レコーディング途中、サプライズされる側本人のオリジナルソング「happy birthday」をコンソールから出ているギターの音で演奏し、歌った。
 エンジニアにも事前に伝えてあったので、しかし、現場の進行状況としては、普段必要のないリバーブやコーラスをかけたギターサウンドなので、サプライズ当人も「なんでそんな音に?」と疑問を持たれることが懸念されたものの、混沌とする現場故、バレることなくとりあえず成功の体で祝いが叶った(笑)。
 プレゼントはカナダ性の高級ストラップ。決して自分では書くことのない高額ストラップを頭割り。
 レコーディング終わりに近場の居酒屋で二次会。そして三次会に。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 16日

麻痺してる気

 神保町たけで、K氏と待ち合わせたら、JのKさんがカレーうどんを食されておられた。
たけの野菜、特にトマトが美味いなぁ。鰯の串焼きも厚揚げ、焼鳥類、焼きナス、冷や奴まで全部がとても美味しい。
 常連客の一部はこのありがたさに麻痺してる気がする。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 15日

繰り返し

 帰宅してから片付けてごとやら、雑務をいっぺんに思い出すが、結局大した事が運ばず時間だけが過ぎ去り、椅子で落ちる──というパターンの繰り返し。せっかく午前0時前に帰れたのに。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 14日

美味い和食

 W社Y、CのTと何年かぶりの3人飲み。場所は、最近特に懇意な水道橋向日葵。
 美味い和食で業界内の真実をいくつか仕入れる。同様にこちらもネタを共有。荒木町で二次会。そして本日、取材案件がひとつ確定の方向に。一學のラーメンは余計だったが。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 13日

極秘会合

 試写会「名もなき野良犬の輪舞」鑑賞。
 感情移入に難はあるが、本作のなんらかの突破口はあるのかもしれない。ああ、ハ・ジョンウの出演作が観てぇ。
 夜、IYPと飯。禁断の極秘会合。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 12日

編入試験に合格

 一番若い男子の飲み友が、大学の編入試験に合格した知らせを受け、銀座でお祝い飲み。
 21歳の若さでやりたいことが明確に閃き、それに伴って行動出来る人間性は大した達観ぶりだ。多分、彼の同世代の人よりも。
 翻って自分はどうか。ギターを弾くということだけはきまっていた、21歳の頃を思い出す。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 11日

ドラマ放映

 映像作家・木川学のドラマ放映。
 紆余曲折あっての放映成就、おめでとう!

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 10日

レコーディング

 夕方よりBambiレコーディング。ソロのインスピレーション全く冴えない。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 9日

ソロの創作

 集中したギターソロの創作に至らず。事前に練って考えるべきソロと、フィーリング一発で弾き倒すのが好ましいソロ、それは曲によって色々でその真意を見つけるまでがレコーディングの肝だ。

投稿者 yonezawa : 16:09 | トラックバック(0)

2018年 03月 8日

産婆さん

 明日が誕生日だという若いAは、産婆さんによる生誕だったそう。
 その若さで珍しいと思ったが、兄弟もそうなのだそう。
 おいらの場合は明け方の陣痛で病院が間に合わなかったことでの産婆さんによる出産だと聞かされたが、昨今でも自らそちらを選ぶママもいることを知る。
 アゴ出汁の居酒屋で打ち合わせメシ。

投稿者 yonezawa : 18:30 | トラックバック(0)

2018年 03月 7日

六本木

 映画『アンロック』試写会へ。六本木キノフィルムズには初めて。
 マイケル・ダグラス、ジョン・マルコビッチの登場に期待したが予想には達せず残念。
 『ボーン・アルティメイタム』のハラハラ機微を思い出した。

投稿者 yonezawa : 18:03 | トラックバック(0)

2018年 03月 6日

ワサビ醬油

 Pのハンバーグは全部入り全部乗せのワサビ醬油と決めている。
 ハイボールを数杯であっとう間の、相当な時間の経過にびっくり。

投稿者 yonezawa : 15:02 | トラックバック(0)

2018年 03月 5日

ディープゾーン

 事務所を出る際にはまだ大丈夫だったのに、JRに乗り込んだとたん雨が窓を叩く音が。いきなりそれなりに降り出した雨。
 中野で下車し、ディープゾーン近くでTと待ち合わせ。
 先日、トランペットでもレコーディングに協力してくれた労いも兼ねての親睦会。熟成肉を頂き、次回ライヴのキーボード参加を表明した彼を今回も招き入れることに。
 80年代の洋楽は知っていたが、80年代の邦楽バーもあることを冷静に確認。

投稿者 yonezawa : 15:01 | トラックバック(0)

2018年 03月 4日

見つけた

 まだまだリードパートに関してはまったく手付かずの楽曲のメロディを模索する午後。何度も何度もコード進行の揺らぎを聴きながら、自然と湧き出てくるメロディを捉えるべく、無の精神からときに偶発とも言える創造に集中する自主練の時間。
 これはどうだ? と自ら発想したメロディをザクッとICレコーダーに録り、何度も反芻して拝聴しそぐわないと判断すればまた一から創作、の繰り返し。やっと追加1曲のフレーズ、見つけた。

投稿者 yonezawa : 14:58 | トラックバック(0)

2018年 03月 3日

オールナイトニッポン

 午後からRと吉祥寺へ買い物デートだった故に、18時からのビートたけし復活ラジオ番組・オールナイトニッポンの冒頭はスマホで聴くことに。
 ラジオから、あのお二方の声が聞こえてくると、あの頃に想いを馳せざるをえない。南九州の電波事情は劣悪で、比較的高台地区に住んでいたのかの同級生が、番組を録音してたカセットテープを翌日受け取り、聴く。なんてこともあったなぁ。

投稿者 yonezawa : 14:58 | トラックバック(0)

2018年 03月 2日

心待ち

 諸先輩方のご勇退はいつでも寂しいものだが、己自身30年近くS社にお世話になり、YグループであるY編で過ごさせて頂いた時間、経験、諸先輩方との朗らかな関係には、常に恵まれた編集者歴を認識している。
 自身は80年代後半よりS楽町時代からの勤務となったが、本日の主賓であられるDさんが歩んで来られた雑誌の時代は、まさに己こそがドンピシャの読者であり、氏の作ってこられた雑誌で成長したと言っても過言ではない。最も多感な時期にそれらのカルチャーの影響が、きっと最も沢山の私の人格形成に影響を与えていることだろう。
 
 先輩編集者と呑む機会が大好きだ。談志師匠が最初で最後となった、コミックスへの帯コメントの謝礼は、おいらの希望額の通り、お心遣いくださったDさん。今夜のような夜が、またひょっこる訪れる日を心待ちしよう。

投稿者 yonezawa : 14:56 | トラックバック(0)

2018年 03月 1日

タワー

 東京タワーの輝きは妙も魅力的。

投稿者 yonezawa : 14:55 | トラックバック(0)