2018年 01月 31日

メンバーの機微

 FFPのYとライヴハウス以外で久々に再会。音源製作、プロモーションの方向性など、現状彼の睨むあれこれを伺った。
 新曲を作りまくるそのエネルギーがバンドのひとつの宝。新たに迎えたメンバーの機微がさらに炸裂することを祈って乾杯。

投稿者 yonezawa : 18:48 | トラックバック(0)

2018年 01月 30日

面倒な案件

 冷蔵庫を見て、ハンバーグと出汁味噌豚そていにタマネギ、椎茸を沿え、キャベツの千切りにトマト、梅干しなどで朝食を済ませる。
 いつものように麦茶5Lも捕捉。賞味期限間近の豚肉は、生姜焼きの出汁を作成し、キッチンパッドに肉を並べ、漬けに。キッチンが綺麗に片付くのはいつでも気持ちがよい。

 頬内側の痛み、まだ継続。頬の内側に処方してもらった塗り薬を。口内にゼリー状の塗り薬だけれど、ちゃんと塗れるものだと感心。塗った後も特に違和感なく塗られたままの感覚で、唾液で流れるという加減もなし。面倒な案件が増えているが。

投稿者 yonezawa : 19:29 | トラックバック(0)

2018年 01月 29日

ブライアン・セッツァー・オーケストラ

 歯茎というよりも、頬内側の痛みを感知した2日前、やはり違和感が払拭できず、緊急の歯医者へ。レントゲンを撮ったところ、虫歯でもない塩梅で、どうも歯の磨きすぎで傷ついた箇所から菌が入ったか何かの痛みだった模様。まだ痛い。特に朝の起きがけが。

 ブライアン・セッツァー・オーケストラ来日公演初日。ドームシティホールへ。UDOさんよりライヴ・リポートのご依頼を受け、貰った席はメモ取りしやすい1F正面角席。ベストポジション。
 コンサートを観終え、そのまま飲まずに帰宅したのは初めてかもしれない。遅い晩飯を食って、深夜0時から4時間かけ、メモ帳を紐解き、資料を見つめて明け方4時前にライヴ・リポート脱稿。

 翌日正午が〆切なので、一旦ちびっと寝たあと早い午前に推敲。それでも修正箇所は出てくる。Gちゃん、Fの指摘に感謝。そしてNさん、ありがとうございました。
 内容はオフィシャルサイト↓に。最高のライヴ! 
http://udo.jp/concert/BrianSetzerOrchestra/article/245

投稿者 yonezawa : 19:27 | トラックバック(0)

2018年 01月 27日

マニッシュ・ボーイ

 ジミヘンの未発表スタジオ音源新作、「マニッシュ・ボーイ」が公開。関連情報によれば、のちの“バンド・オブ・ジプシーズ”としての記念すべき初録音がこれ。とのこと。Sちゃんのブログを!
https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12345207270.html

 ジミ・ヘンドリックス、未発表スタジオ音源からなる新作『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』は3月14日発売。
https://youtu.be/3hXo3bH1UMo

投稿者 yonezawa : 19:26 | トラックバック(0)

2018年 01月 26日

リハーサル

 次回のレコーディングを睨んでのbambiリハーサル。動き出したこの流れを極力スマートに終えたいもの。
 果たして何曲(何枚?)のアルバムになるのか、次回のベーシックトラック録りでさらにその景色は見えてこよう。

投稿者 yonezawa : 19:25 | トラックバック(0)

2018年 01月 25日

良質の映画情報

 M、O、Yら映画チームと年1程度のメシ会新年会。この日を指定しながらも、結局仕事の都合がつかないTは残念ながら欠席。
 この面子で食べる久々のちゃんこ鍋がまた格別に美味し。人数分よりも多めに、別途追加するのがほとんど。芋焼酎で平らげた。ここには良質の映画情報が沢山。

投稿者 yonezawa : 19:24 | トラックバック(0)

2018年 01月 24日

断念

 映画「スリービルボード」の試写会は、一度は数分前の到着だった故、満席でダメ。最終日は、とても1時間前などに到着出来ないと判断し、断念。劇場公開を待つことに。

 昨年10月30日にクランクインした、犬童一心監督作「猫は抱くもの」の話はタイムリーに聞いていた。すでに撮影を終え、編集中だという作品のささやかな情報を得た。
 「猫は抱くもの」は6月23日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

投稿者 yonezawa : 19:23 | トラックバック(0)

2018年 01月 23日

アイスバーン

 破棄する硝子状の瓶や、同じく破棄するアルミ類を複数持ったまま、玄関先で傘を降り立たんでいたらそれらを落っことしてしまい、2つの瓶が割れた。下に置いてやればいいものを横着してしまった。
 近くにほうきもなかったので、キッチンペーパーで破片を拾い片付け。アホ。人生で最も無駄な時間ながら自業自得。

 マンションの駐車場に駐めてある雪ざらしの車は、ほとんどが凍結時に備えワイパーを立てており降雪対策が出来ているが、己の愚車はそのまま。
 吹雪いた昨夜から晴天の日差し。アイスバーン箇所で滑らぬように最寄り駅へ。

投稿者 yonezawa : 16:45 | トラックバック(0)

2018年 01月 22日

降雪

 外に出れば雪が降っている。積もる様相なのか昼間の加減ではわからないが、事務所で事務ワークし、郵便局へブツを送りに持って行った際には、積もる確信に変わった。
 人が溢れていた渋谷駅での、もはやディズニーランドの入場状態である絵面の写メが届いたことをきっかけに、早めに帰宅せねば帰れん!と判断し、最寄り駅へ。
 多少の混雑はあったものの、極端なストレスはなく最寄り駅へ。
 そこから、並んでいる人はいるもののタクシー乗り場にはまったくタクシーがおらず。ならばと隣のバス停に並ぶが、異様な長蛇の列となっていながら一度にその人数が乗車出来たことには俄に驚いた。 
 普段、起きてる時間帯に帰ってくる父ではないので娘が少し驚く。
 鮭、餃子、ソーセージなどに火を入れ、独り自宅夕食。

投稿者 yonezawa : 16:43 | トラックバック(0)

2018年 01月 21日

『ブレイキング・バッド』

 ニュースでは降雪の報道がなされていた。が特にやる準備はなし。

 深夜まで独りドラマ『ブレイキング・バッド』Blu-rayを鑑賞し、ついに2周目の視聴完了。細部は随分忘れている箇所もあったので、再視聴には大いなる意味があった。残りはメイキング他のボーナス映像の視聴。
 まさにすべてが巧く展開された、Perfectで奇跡の物語。

投稿者 yonezawa : 16:42 | トラックバック(0)

2018年 01月 20日

bambiレコーディング

 昼食をRと頂き、今日から始まるレコーディングの最終準備。

 Fender Super Sonic、オールド&アメスタのストラト2本、シールド類、チューナー、カポ、予備の弦、9V電池、ニッパー、布、フレット・弦用クリーナー、コード譜などをバッグに詰め込み、午後3時過ぎ、迎えの車に乗ってスタジオへ。
 
 今年で10周年を迎えるという、当事者ながら知らされて初めて驚く吉祥寺発のロックバンドbambi初のレコーディングが今日から始まった。

 エンジニアKのアドバイスを賜り、2つのレコーディングスタジオを紹介頂き、それらの場所に決定した。
 
 1時間前に現地へ到着し、近場でお茶。酒しか飲んだことのないメンバーと10年目にして(個人的には)初めて珈琲を頂く。

 16時、スタジオへ機材搬入。ギター類は9本あった模様。
 1956年製レスポール・カスタム、1954年製テレキャスターもその物件の中に。

 テレは一度、リハスタジオで弾いたことがあったが、正式にFenderアンプを通して弾いたことがなかったが、その鳴りは想像以上に筆舌に尽くしがたい高尚な音色だった。
 最もほどよい加減でアンプだけの歪みで引き出されたドライヴ感はワン&オンリーと言わざるを得ない。

 同様に、ジミー・ペイジ所有のレスポールよりも3年オールドな、カスタムのファズサウンドたるや他の追随を許さない圧倒的さ。セッション・スピーカーから鳴るファズの風圧に酔った。

 自身のアメスタは一部アーム使用の箇所に使う場面もあったが、リズムトラックの基本は前出の2本で全てを賄ってしまう予測。
 テレキャスターとトーン・マスターでツェッペリンサウンドを構築したジミー・ペイジの気持ちが、活字だけでなく、体感として今正式に認識させられた。

 この面子での初レコーディングだったが、想像よりも驚くほどスムーズな展開をみせ、休憩を含む正味6時間で7曲のベーシックトラックを収録。予算と時間との兼ね合いで、OKテイクの線引きが毎度レコーディングでは肝となるが、おいら以外のメンバーにすれば当たり前かもしれないが、その集中力に驚いた。
 スタジオの環境も心地よく、現地エンジニアの迅速な仕事ぶりにも助けられた。深夜0時近くまで、Vo.haruko作成の激美味おにぎり1コだけほおばり、録音は無事終了。
 深夜、機材の一部を我が家へと搬送し、bambi初のレコーディングはつつがなく終えた。

投稿者 yonezawa : 16:54 | トラックバック(0)

2018年 01月 19日

横浜中華街

 恒例の夜忍戒は横浜中華街。何年ぶりかの現地訪問ながら土地勘はゼロ。
 繁華街を抜け、目的の店へ。
 幹事馴染みのそこは、コースで出てくる品々全部が極まっており、上海から実際に仕入れに赴くというフォアグラ料理には特に脱帽した。
 でも店主、中国料理は苦手とのことw。その店は台湾の創作料理……とのこと。意外すぎ。

投稿者 yonezawa : 16:40 | トラックバック(0)

2018年 01月 18日

第四編集部・新年会

 夕方、六本木グランドハイアット内で行われた、毎年恒例の集英社第四編集部・新年会へ。
 この場でしか会えない編集者、作家多数ながら、世代交代もある故、知るお顔の人たちは年々減ってきた感。
 赤ワインを飲みながら、様々な高名な方々と談笑。──そして二次会へ。
 関わる雑誌スタッフとの酒席の機会も初。ショーを見つつハイボール数杯。
 三次会は近場の馴染みのワインBarへ、面子が絞られ乾杯。
 そしてカラオケ大会へと突入…… 

投稿者 yonezawa : 16:39 | トラックバック(0)

2018年 01月 17日

想いは“肉”モード

 Sと新年会。
 想いは“肉”モードになっており、新宿三丁目のステーキと心が決まっていた。
 各所に数店舗あるチェーン店のようだが、いきなり行ってもそこそこ座れそうな広いスペース、コスパも良質。
 このタイミングで近場の懇意のBarアニーモへ新年のご挨拶も叶った。Sに今年も感謝。各位、本年もよろしくお願いいたします。

投稿者 yonezawa : 16:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 16日

某案件

 午前中からキャベツの千切りして、コロッケ定食の朝食で朝を済ます。
 昨日、肉親からのとある相談で、某案件をOさんに相談。思い出したくもない肉親の過去を回想し、終日気持ちがささくれ立っていた。
 氏、丁度、仕事終わりで時間があると言うので近場で直接お会いし、アドバイスを賜る。
 この距離感はもう30年近く続いている。いつもいつもOさんには感謝するばかり。

投稿者 yonezawa : 14:41 | トラックバック(0)

2018年 01月 15日

ほぼ単独ライブ

 ビートたけし ほぼ単独ライブ 第五弾は地元的感覚になりやすい中野サンプラザホールにて。2000人集客の会場は満席。

 今回もいつものように全編放送禁止ネタのみなので内容を記すことは憚られる。かつそれは、オープニングでたけしさん&MCのお2方と、全観客とで交わされる恒例の約ごととなっている。詳細な内容がSNSで拡散されたことはないそうだ。この情報社会において。

 威勢のよいテンションで終始会場が揺れ、温まった。
 終演後、控え室の通路に関係者と共に列をなし、殿にご挨拶。

 そのまま連れと共に中野を後に麻布十番へ。
 初めて連れられたのは博多料理屋。勝手知ったる連れにほとんどのメニューの注文をお任せしたのだったが、中でも宮崎産のキャンキャンに冷えた生ピーマンの美味さに驚いた。
 岩塩をふりかけピーマンがカットされて出てきただけ。
 その食感や美味さたるや初体験。「出所はどこですか?」と店番の方に伺ったが突き止められず。他の焼き物もすべて美味しかったが、マーキングしたくなる名店をまた一つ知った。 

投稿者 yonezawa : 14:39 | トラックバック(0)

2018年 01月 14日

来週から

 部屋に籠もり2時間の集中練習。レコーディングは来週から始まる。

投稿者 yonezawa : 17:48 | トラックバック(0)

2018年 01月 13日

おもむくまま

 遊びの合間を縫ってささやかな自練。Ovation、BabyTaylor、G&Lテレキャスター、ストラトキャスターと機種を持ちかえ、気持ちのおもむくままつま弾き。部屋には何日でもこもれる。

投稿者 yonezawa : 17:47 | トラックバック(0)

2018年 01月 12日

空海-KU-KAI

 『さらば、わが愛/覇王別姫』などで知られる中国の巨匠チェン・カイコー監督・日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』(2月24日公開)試写会へ。原作は夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」。まずは、唐の首都・長安の街を再現した壮大なスケールが圧倒的だ。
 関連情報によれば、日本に先駆けて中国では昨年12月22日に公開され、初週3日間で40億円を超えるヒットを記録したそうだ。

 夜、ZWちゃんと約束していた新宿御苑『T』へ。今月いっぱいで退職され、新たな新天地を模索するという彼労いの宴。そしてS経由の夜が更ける。

投稿者 yonezawa : 17:47 | トラックバック(0)

2018年 01月 11日

堪能

 和食の美味さ、堪能。Rに感謝。

投稿者 yonezawa : 17:45 | トラックバック(0)

2018年 01月 10日

重要

 K新年会、M、I in 神楽坂で合流。
 二次会はMちゃんサシで新宿S。秘密の会話がとても重要。

投稿者 yonezawa : 17:45 | トラックバック(0)

2018年 01月 9日

新年会

 Kさん、そしてM家、初参加のKさん新年会は西麻布PTにて。こんな短期間でこんな密なフレンドシップが築けるなんて幸せだ。

 二次会にはギターが弾けるBarがあるという神泉へ移動。しかし、セッションしてもまったく楽器で交わろうとしてこない意図がハッキリする店主の心が物悲しく、ちっとも面白くない演奏に終始。人生最悪の絡み。こんなに心のない演奏をされたのは人生初なくらい。
 M家のみなさんにも申し訳ない。
 そんな可哀想な店は即離れるべしと、新宿へ。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 8日

成人

 成人の日は15日の感覚、まだじっくり残ってる。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 7日

ピカピカ

 ちまちまと、年末にやれなかった掃除など。台所の流し、洗面所、風呂の水回り部分、風呂場の鏡はピカピカに。
 掃除の頭になるとギターが弾けない。
 Rちゃん遊びの頭になると、彼女が寝るまでギターが弾けない。
 だが、思い立った最優先事項に間違いはない。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 6日

オリジナル

 BabyTaylorとOvationをつま弾き、3つのコードパターンを組み上げ、紙にコードと展開を記した。
 何年ぶりかに、大昔買ったハードディスクレコーダーの電源を入れ、忘れてしまった取説片手に録音機能を確認。

 面倒なので、自分が演奏に飽きる前に出来るだけ早く録ってしまおうと、サクサク進行を目指すが、まずクリックを出すのに一苦労。半分しか覚えていないので無駄な時間がどんどん過ぎ去るばかり。
 それでもなんとか1時間弱で3パート分の収録を終え1曲完成。それをICレコーダーにバランスを取って落とし込んだ。
 さらにそれをパソコンへとMP3でコピーし、何度か試聴。どんな出来なのか、いいのか悪いのが、自身では判っていない。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 5日

多かった

 インフルエンザの名残はノドに残りますよ──と今年経験者のMちゃんから教わった通り、ノドの違和感だけはまだ引きずっている感覚。気持ち悪し。年末年始のインフルエンザ患者は知り合いだけでもやけに多かった。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 4日

実現せず

 どうしても二段ベッドを買う! 買わなきゃ死んじゃう! と、ネットで探した品を何度も見せてくるR。収納もあるし、前からベッドを欲しがっていたRなのでまぁいいかと一人購入を検討してはいたのだったが、それは実現しなかった。無念の、涙の断念となったRがものすごく可哀想。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 3日

浅草寺初詣

 毎年恒例の浅草寺初詣。三が日だというのに、午後3時を過ぎた頃の(例年に比べての)仲見世通りの空き具合は快適なほど。
 この程度の人出だとありがたい。
 知人へ土産の箸を購入し、賽銭を投げ入れ、いつものの願いごとを。おみくじはおいらのみ凶。家族は大吉。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 2日

布団……

 干したばかりの布団が気持ち良し。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)

2018年 01月 1日

誕生おめでとう

 獏さん、そしてSの長女誕生日。S、めでたき元旦の姫の誕生おめでとう。

投稿者 yonezawa : 17:38 | トラックバック(0)