<script type="text/javascript" language="javascript">

2017年 10月 3日

忘れようのない体験

 お茶の水:武蔵家が今夜の晩飯。
 かつて30年弱ほど昔、向ヶ丘遊園で食べた鵜骨豚が忘れられない。今でいう家系ラーメンなのだろうが、あの全体像の完成度は未だかつて感じたことがないほど他に例のない極まり方だった。
 あるいは、同じく20数年前の白山:千石自慢ラーメンか。
 現在は、お茶の水:武蔵家がそれらに一番近い気がしている。麺が変わったり、スープの素が変わってしまったりと、味の変遷はあるものの、かつての記憶に残るいくつかの物件は忘れようのない体験となっている。

投稿者 yonezawa : 2017年10月03日 20:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: