<script type="text/javascript" language="javascript">

2017年 06月 3日

憂鬱になっていた

 炊飯ジャーの内蓋と、うまみ循環ユニットを繋ぐ支柱が取れてしまい、うまみ循環ユニットを装着出来ないでいた。
 仕方ないのでそのまま米を炊くのだが、瑞々しさが欠けたような印象が否めず、内蓋の部品をネットで探したり、メーカーに問い合わせたりしたが商品は得られなかった。

 島忠で3㎜程度の太さのネジとボルトを買ってくれば修理出来ると思っていたが、なかなか行く時間も踏ん切りもない。
 そこで、夕飯を終えた本日、急に思い立ち、閉店1時間前になって急いで島忠へ飛ぶことに。
 目視で4㎜くらいだろうかと適度なサイズのネジを2種類買い、レジを居終えた後にはめ込むがサイズ違いでダメ。
 このサイズだ! と確信を得たバラのネジを5円で購入し、再度精算の後、レジ横で装着したところビンゴ。
 内蓋を購入することもなく、修理がなせ、こうした場合、大変気持ちがよい。帰宅して冷静に装着。またこれから美味い米が炊けると安堵したが、この2週間はずっとこの問題で憂鬱になっていたのだった。

投稿者 yonezawa : 2017年06月03日 18:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: