<script type="text/javascript" language="javascript">

2017年 01月 8日

長野の夜

 午前9時頃バイキング飯。
 身支度し10時30分、迎えの車に機材を乗せ、新年会ライヴイベント会場入り。雨模様なことだけが残念。
 早速リハーサルを行い、僅か30分で音出し確認完了。
 「後はよろしく!」と、一人駅へ。

 ジャストのタイミングで到着した家族を改札へ迎えに行き、昼食を摂ってホテルで休憩。身軽になり、まずは行かずにはおけない善光寺お参り。想像していた極寒の長野ではなかったことが幸い。歩く道中、Rちゃんと様々な話をしながらテクテク。
 浅草で引いたおみくじ“凶”返上で、再びRが引いたおみくじは“大吉”。安堵する。
 至って普通のお参り客みたく、出店をウィンドウショッピングしながら、成り行きでソフトクリームや、おやきなどを食べさせたり。
 その足で駅へ戻り、タクシーでMウェーブを目指す。
 ちなみに、長野駅からMウェーブ行きのバスは東口1番乗り場とネットにも、オフィシャルサイトにも書かれてあるのに、駅の売店のおばちゃんに伺ったところ、「そこの21番乗り場です。前に1番乗り場だったところなんです」とのこと。情報の修正が追いついていない。地元民以外のおいらのような民は戸惑うはずだ。
 バスの便が30分待ちなので大枚をはたき、やむなくタクシーを飛ばした。
 
 初めてやってきたMウェーブ。ここにはスケートをやるためにやってきたのだった。今日はたまたま無料開放デイ(貸し靴代はいる)。Rは初のチャレンジで、このスケートがないと長野に行く意味がない! とまで言い切っていた。
 おいらにすれば高校時代以来の35年ぶりくらいのブランク。大して巧みなわけじゃないが、普通にすべるくらいはイメージがあった。
 なんにしてもライヴ本番の直前にスケートをするギタリストは、まぁ探しても滅多におらんだろう。骨折なんかしたらメンバーに殺されるだろうなぁ〜と嘲笑しながらも、怪我だけは回避せねばと気合いを入れて靴紐を結ぶ。
 Rにはヘルメットを着用させ、おそるおそるリンクへ。
 空いてはいないが混んでもいない感じで、デビューにはなかなか良好な雰囲気。
 Rを後ろに、歩くように少しずつ少しずつ前進し、焦らず時間をかけて1周回る。1周目も3周目も同じように。4周目からはRも一人で手すりのない少しだけセンター側に出て歩くように進行。1時間する頃には一度も転けないまま、ゆるやかだけど歩くような滑りで進んでいた。最後の1周、スマホを片手に娘の滑る動画を撮影。
 なかなか貴重な怪我のない、いい経験となった。

 翻って一路ライヴ会場なのだが、呼んだタクシーがなかなか来ない。メンバーからは「何時に着く?」と焦る連絡が数回入る。
 25分後にやっとタクシーが到着し、本番20分前に滑り込み、安堵。
 まるで何事もなかったように、まさかスケート直後なんてそぶりなど集ってくださったみなさまには微塵も見せずふわーっと本番。
 何の打ち合わせもないまま、フィードバックで一気にbambiの世界を1/4演出。全員本番に強し。おつかれさまー!
 打ち上げの二次会ではアコギセッション。最高の長野の夜。

投稿者 yonezawa : 2017年01月08日 17:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: