2016年 08月 31日

無沙汰

 白山の名店、満津美鮨はややご無沙汰だった。休み明けのSが誘ってくれた。今日も美味いし感謝だし。
 新宿へ河岸をかえ、ハングリーハンフリー経由で数杯の酒。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 30日

Far From Perfect

 ギターを抱え、高田馬場でリハーサル中のffpを訊ねた。彼らが9.11(sun) 新宿club SCIENCEで行う、ツアーファイナルにゲストで1曲だけ弾かせてもらうことになったのだが、構成もおぼつかないままスタジオ入り。
 実にパワフルな楽曲の練習風景の証人に。ffpのファイナルは、おいらこそ楽しみ。

2016.09.11(sun) 新宿club SCIENCE
Far From Perfect presents the... "Time Bomb" Tour Final One-Man LIVE!!
OPEN / START 18:30 / 19:30
ADV / DOOR ¥2,400+1D/¥2,900+1D
w / Far From Perfect
http://farfromperfect.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=NGY803pAXE4
https://www.youtube.com/watch?v=Ngh8lNE--Xo

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 29日

流れていた音はTHIN LIZZY

 W社Oちゃんと新宿御苑の匠達広で待ち合わせ。
 ジミー・ペイジだ、ジェフ・ベックだと、人生最重要案件の相談の主が彼で、今夜もそのような時間が流れていた。
 おいら個人にすれば機密情報とも言える今後の案件をひとつずつ咀嚼し、妄想をかき立てながら芋焼酎を何杯も頂いた。
 最終的に、今年知ったROCKなバー:シゲッツで爛れた呑み。流れていた音はTHIN LIZZY。こりゃ至福だ。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 28日

ノーマル

 至ってノーマルな時間の流れ。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 27日

ノーマル

 至ってノーマルな時間の流れ。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 26日

7時間くらい滞在

 『ポチョ』という黒色のパグ犬がいることは、先日発訪問した際に知っており、次回のMとの会食はこの店しかないと決めていた。その日がやってきた。
 食事と酒の合間に、ときおり『ポチョ』へのハグとキス。暫くすると、2人のお客さんがそれぞれ犬を連れて入店され、酔っ払いの犬好きとしてはたまらない空間に。
 完全にそのせいで、たった1軒に多分7時間くらい滞在した我々。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 25日

もう3杯

 東中野駅改札で待ち合わせ、KさんSさんらと現地の取材へ。
 作品のための様々な妄想を語り合う。取材終了。

 吉祥寺の、おいらは初めて入る居酒屋でKさんともう1杯。
 お疲れ様でしたと駅前で分かれ、駅北口からどうして帰ろうかと考えながら歩いていたところ、BのAさんとバッタリ。EOSでもう3杯の赤ワイン。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 24日

バトンとアレクサンドラ・スタン

 学芸大駅と都立大駅を完全に間違えたまま、駅改札で人を待っているが、どちらも「駅改札に居ます」とLINEで云いあいながらも会えるはずがない。
 ふいに間違いに気付いたおいら、LINEで詫び、10分遅れで都立大駅改札合流。

 今日はバトンの取材。初めて体感した、優雅で、でもスポーツ的要素満載のバトンの魅力の一端を知る。
 取材は予定通り中座し、翻って渋谷O-EASTへ。3〜4年前にインタビュー取材をしたアレクサンドラ・スタンの単独公演へ。
 取材時以来の再会を果たす。JVC・Uちゃんに感謝。 

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 23日

ジェイク・シマブクロ・インタビュー原稿

 Player用の、ジェイク・シマブクロ・インタビュー原稿、脱稿。
 BのKさんとWEBの最終打ち合わせを兼ね、上野〜赤坂で会食&飲み。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 22日

脱稿

 台風で交通網を懸念し、似合わないまま帰宅。
 10月発売、エリック・ジョンソンの新作アコースティックアルバム『EJ』ライナー・ノーツ脱稿。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 21日

諸事情で断念

 午後の時間は静かに流れた。
 予定していたバラエティ番組『スカッとジャパン』収録見学は諸事情で断念し、担当者にお詫びのメール。
 Rちゃんが録画までして夢中のバラエティ番組が『スカッとジャパン』。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 20日

確かな感性

 年に2度か、あって3度、Mとのサシ呑みの日が今日も嬉しい。先日も獏さんのイベントの件で御世話になった彼と、今日は気分的に水炊き『鳥源』。
 東京で出会った、確かな感性を示し続ける最も優秀な後輩。……というより人生の経験値もこのロートルを完全に凌駕している。
 嬉しき新宿の夜が更ける。Mとも、もう30年の時間が経過してしまった。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 19日

感謝の気持ち

 S兄に誘われたのは銀座よしき。敷居の高い銀座メシも、時折奇特な友が誘ってくださるのだが、絶品料理に終始感激。何度でも飽きの来ない鮨の食感と、感謝の気持ち。ここは初めて来た店だけれども。
 銀座で知るBarはやはり高額なので新宿へと移動。
 アニーモで世間話。そして、深い深夜、呼び出しのかかったおいらは夜の闇に消えたそうだ……

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 18日

龍の巣

 『龍の巣』は最近知ったホルモン焼肉屋。昨年進出してきたという、関西ベースの新規店とか。
 そもそも言い出しっぺのC労いの会だったはずで、集う面々もそのつもりだったが、当日当人の体調不良につき、集ったのはおやじばかり。
 J、Tの3人飲みで粛々と爆喰い&飲酒。途中、河岸変えの『ストップ』でSが合流し、そのままT&Sと『シゲッツ』突入。あんまり覚えていない新宿〜吉祥寺〜関町の最後。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 17日

足取りが不明

 Kちゃん&Sの年一の夕飯に、ゲストはIちゃん。
 代官山? かどこかのイタリアンはワインの美味い店だ。
 細かい展開を記してなかったせいで、以降の足取りが不明。楽しかったことしか覚えていない。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 16日

エリック・ジョンソン

 エリック・ジョンソンの新作アコースティック・アルバム『EJ』が10月発売。……とのことで、本作へのライナー・ノーツの依頼を受けたのが少し前。
 〆切まで、頭にあるエリックの知識の裏取りに動くのだが、持っていた知識はほとんどが正確なものだった。

 週明け23日には〆切。踏ん張る。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 15日

上野飲み率

 K氏、F氏と上野広小路待ち合わせ。ここのところ、やはり上野飲み率、高まりつつあり。久々に訊ねた某居酒屋店長:真は、店長を務める店に今夜もおらず。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 14日

ハラミ

 早めの訪問により、李朝園で初めてハラミを喰えた。
 この30年間、最初に注文してもまず売り切れしまっており、一度も喰えたことがなかったハラミ。
 ところが、さしての感動がないほど、他の部位もそれ以上に美味かったことが判明(笑)。もうハラミに悩むことはない。

投稿者 yonezawa : 17:09 | トラックバック(0)

2016年 08月 13日

寝落ち

 昼食には唐揚げ、トンカツ、揚げ餃子にサラダと揚げ物ばかり。冷蔵庫に残る食材の整理を考えるとやむなきメニュー。
 調子の悪かったプリンターをようやく交換し、セッティング。前プリンターはおよそ5年で役目を終えたが、残った買い置きインクのカートリッジをどうすべきか。
 夕方、最寄りの公共図書館へ。Rの夏休みの読書用書籍を4〜5冊借りさせる。

 夕飯、カレー他。飯食ってソファに座ると、とたんに落ちる。風呂上がりの23時頃もソファで寝落ち。ここまでの酷い眠気の理由、さっぱり分からず。

投稿者 yonezawa : 23:57 | トラックバック(0)

2016年 08月 12日

メシ

 Kちゃんとの神保町飯は、彼のそれ以降の約束もあって1時間限定でさくっと終了。
 新宿三丁目のイタリアンで赤ワイン1杯とお土産のソーセージ。
 ゴールデン街でSちゃん、Jさんらと待ち合わせ、珍しいメンバーで、珍しい場所で嬉しき乾杯。
 3人で河岸を変え、後に2人で『図書室』へ。勝手に充実の深夜。

投稿者 yonezawa : 23:55 | トラックバック(0)

2016年 08月 11日

冷蔵庫

 冷蔵庫を見据え、本日も合理的に食材の調理に没頭。自分飯こそ、調理に関して深く考えること多々。実検多々。

投稿者 yonezawa : 23:54 | トラックバック(0)

2016年 08月 10日

賑やかな晩餐

 たけうま食堂はこれまで何度かやってきた居酒屋で、今日は漫画家M、Y、そちらにゲストのSちゃんも合流を果たしてくださり、賑やかな晩餐に。
 4時間30分は瞬時に過ぎ去った。おいらは午前0時、吉祥寺駅到着の帰省から帰ってきた家族との待ち合わせで梯子酒には参加せず、帰途に。初の面子での親睦会が大変貴重で有意義だった。

投稿者 yonezawa : 23:53 | トラックバック(0)

2016年 08月 9日

家で夕飯

 生姜焼き用に仕込んでいた豚肉と刻んだ野菜をあえ、パスタを茹でて和風味にこしらえ、オリジナルパスタで昼飯を済ませる。家族不在の間、極力買い物をせずに冷蔵庫の中の食材を整理せねばと、この期間中、頭の中はそれの復唱ばかり。
 家族がいないと、遅い時間でも家で夕飯という選択になるのだった。

投稿者 yonezawa : 23:52 | トラックバック(0)

2016年 08月 8日

串揚げ『文』

 串揚げ『文』が早くも7周年を迎えたそうで、お祝いの飯会にSと待ち合わせ。文ちゃんとももう5〜6年の付き合いになる時間が経過していたことを、今日認識する。Sに感謝。

投稿者 yonezawa : 23:51 | トラックバック(0)

2016年 08月 7日

KOP2日目

 KOP2日目。昨日同様にトークライブ観覧のファンが200名(先着順)以上、午前中から長蛇の列を成したもよう。
 昼食はスタッフの方に美味しいラーメン屋に連れてって頂いた。

 午後2時、京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホールでのトークライブ、スタート。
 およそ90分のトーク中には、アドリブで5分スケッチを行う流れも含まれ、昨日の15名に漏れたファンは特にラッキー。「線」の極意とも言うべく、江口寿史の描く「画の」秘密が少しはかいま見える充実した内容だ。

 2日間のイベントは滞りなく終了し、おいらは猛暑の京都を後に帰京。関係者の皆様、何もかもありがとうございました。
 先ちゃん、長丁場のイベント参加、本当にお疲れさまでした。

投稿者 yonezawa : 18:47 | トラックバック(0)

2016年 08月 6日

KOPライブスケッチ

 早朝6時30分に起床し、仕込んであった唐揚げ、とんかつ、キャベツの千切り、ゴマ昆布、梅干し、玉子焼きなどを適量作り、のり弁当完成。
 容量の1/5だけ凍らせてあった麦茶をカバンに詰め、荷造りして吉祥寺駅へ。みどりの窓口で江口寿史兄と街合わせ、一路京都へ。

http://www.kyotomm.jp/event/exh/king_of_pop.php

 6/10,11にもイベントでやってきた京都国際マンガミュージアムでの、江口寿史原画展KOPイベントサポートのため随行を果たす。
 京都の猛暑具合は東京の比にあらず、さらに2ステージほど上の体感温度。ミュージアム研究員のОさんの言葉に誇張はなかった。
 午前中の10時に配られる整理券を目指し、ファンの方々は早朝から並んでおられたと聞いた。猛暑の中、恐縮ながら200名中15名の幸運な方がライブスケッチの似顔絵対象者となり、午後1時からその抽選が行なわれた。2回の休憩を挟んで、滞りなく15名のスケッチ終了。イベントは大盛り上がりの大盛況。
 インターバルを挟み、ミュージアムスタッフとお疲れさま会の和食屋へ。
 先ちゃんとのBar巡りで、最後は午前2時、赤ワインで京都初日を〆た。

投稿者 yonezawa : 21:27 | トラックバック(0)

2016年 08月 5日

永い言い訳

 試写室には10分前に到着したのだが、予定よりも集ったマスコミ多数につき、スクリーンでの上映室は断念。試写『永い言い訳』を別途個室でのDVD鑑賞となった。やや残念。DVDの音声はもっと上げてほしかった。
 俳優:本木雅弘主演の映画では一番好みの作品だったかもしれない。彼の出演した作品の中で、最も全面的に納得したような気持ちになった。これから公開の邦画なら『湯を沸かすほどの熱い愛』みたく、啓蒙したくなる作品の一本となる。きっとゴールデン街で語ってしまうことだろう。
 冒頭の15分、ソダーバーグ言うところの『15分ルール』(冒頭15分観てつまらん映画はそれで、もうダメ)で、『こりゃ傑作だな』と感じさせる何ががこの映画には感じられ、予測したアベレージを維持したまま終盤まで続いた。
 竹原ピストルは初めて意識した俳優だったが、あのヒヤヒヤさせる間は監督の演出なのか。
そうしたシーンの積み重ねに惹き込まれる。「話の通じなそうな男」を演じさせたら、今かなりのトップランクにくる俳優だろう。本作においては西川美和監督の演出か、特別な化学反応を見せた印象で好みだ。
 具体的に本木演ずる衣笠は、何の理由で面倒な妻友人だった遺族の子供の世話をするのかという不可解な行動が、なんだか分からないが理解された。収まりのつかない、踏ん切りのつかない心情を俯瞰で上手に捉えていた。さらには子役二人の子供、演技上手すぎ。ドキュメントにしか見えない。その部分はある意味、キアロスタミ作品にも匹敵。どのような演出だったのかが気になるところ。
 フィクションのドラマ故、なんらかの演出が入ることで、避けられない‘’演技‘’の成分とは、どの役者も背負う宿命ながら、子供と同じトーンに溶け込み、スクリーンに映えた本木には大いなる実力を感じさせるのだった。

 夜、スーパーでランチパック、食材を買って帰宅。冷蔵庫を眺めて明日の弁当のメニューをおさらい。

投稿者 yonezawa : 21:22 | トラックバック(0)

2016年 08月 4日

帰省の頃

 午前9時にRちゃんに起こされ、10時にRちゃんはピアノ教室へ。
 その間、シャワーを浴びて昼食作り。11時前に帰宅したRちゃんと豚カツ定食を頂く。

 今夜の夜便でRちゃん&ママは帰省。
 航空券は希望の時間が取れず無念。多分、おばあちゃん家に着くのは深夜12時を回ることだろう。すませんRちゃん。

投稿者 yonezawa : 02:44 | トラックバック(0)

2016年 08月 3日

ロック談義

 夜忍戒開催の地は中目黒『焼き鳥スエヒロガリ』。ここの鶏は申し分のない美味さ。予約も困難らしく、来客が帰り際に次回の予約を取り付けるケースも多いそうだ。メンバーのYが早速妻との再訪の予約を入れておった。

 サクッと解散後、新宿三丁目で下車。Barで一杯飲んでたら、荒木町で泥酔手前のKちゃんよりLINE。タクシーに飛び乗り15分で和食屋へ到着。
 タクシーに乗る際、行き先を言っても何も答えない運転手にキレかけたが堪えた。四谷までの1本道なのに「どう行きますか? 知らなので」とベテラン風のおやじ。堪えた。

 つまみもないまま芋ロックを数杯。まだ2度ほどしか訪問してなかった店なのに、おいらにも名前入りのおしぼりが用意されていたのには驚いた。
 Jさん、そして新顔のYちゃんと談笑。

 河岸を『Shuffle』に変え、久々にOちゃんとロック談義。 

投稿者 yonezawa : 16:53 | トラックバック(0)

2016年 08月 2日

親切

 西麻布で最近出来たソムリエ“親友”Oさんの店でAと待ち合わせ。
 BabyTaylorを持参し、カラオケも出来る個室でギターの練習をしつつお任せ料理で親睦会。今年の11月、地元九州でやる曲がまだまだ準備不足で内心焦り気味。特に歌詞の方の遅れが。
 赤ワイン3本が胃の中に消えた頃、単身で近場のBarに立ち寄ったところ、あまりの“メーターのあがった”様相を見たマスターが、ハイボール1杯の料金を取らず、親切に帰途を促された。今宵もいつもと変わらない夜更け。

投稿者 yonezawa : 16:52 | トラックバック(0)

2016年 08月 1日

テレビ取材

 来週帰省させる家族への手当を現金配給したら財布の手持ち金が3000円になってしまった。
 
 夕方、『串カツ文』を開店1時間前に開けて頂き、亀渕昭信兄のテレビ取材にマネージャーとして同行。
 イーストの方々が2時間弱のインタビュー取材を行い、その流れで会食となった。
 取材後、事務所へ入稿に戻り、雑務を終えて新宿。ゴールデン街で夜が明けそうになってしまった。

投稿者 yonezawa : 16:51 | トラックバック(0)