2016年 04月 30日

bambiリハーサル

 bambiリハーサル。終了後、ミーティングを兼ねた晩ごはんで一杯。まだまだ静かな宴。

投稿者 yonezawa : 18:36 | トラックバック(0)

2016年 04月 29日

時間の許す限り

 終日家で過ごす。時間の許す限り、Rちゃんとの時間に費やす。

投稿者 yonezawa : 18:36 | トラックバック(0)

2016年 04月 28日

明日からGW

 Y父さんとステーキ丼的定食でランチ。
 夜はあやふやな入稿のため予定は入れてなかったのだが、仕事の終わる絶妙のタイミングでK氏からのお誘いを受け、上野待ち合わせ。

 GW前で店は混み合い、満席満席で3〜4軒ふられてしまうが、結局『すしざんまい』で一杯やって解散。
 明日からGW。

投稿者 yonezawa : 18:36 | トラックバック(0)

2016年 04月 27日

今夜も当然抱腹絶倒

 KM、KTとの“臨時”菊次郎会はふいにやってきた。新作が劇場公開中のMちゃんは残念ながら参戦ならずだったが、菊次郎会はそんなノリがあっているように思う。そして(Mちゃんによれば)菊次郎会は女人禁制だとか!
 映画、ドラマなどの映像業界のアレコレを思い切り語り合えるかなり重要な席。今夜も当然抱腹絶倒。スープカレーが美味い。笑う準備と覚悟万端で集っている様が全員に窺える。時間の許す限り語り合った。

投稿者 yonezawa : 18:36 | トラックバック(0)

2016年 04月 26日

歌舞伎座へ

 集英社の某雑誌バイトが勤務の満期を迎えたそうで、その引き継ぎに新たなバイトさんを紹介される。
 ランチのハンバーグを食べて、以後よろしくとご挨拶。

 夕方、歌舞伎座へ。夢枕獏原作の“沙門空海”をテーマに据えた舞台鑑賞に訪れた。演者の力強い立ち振る舞いがきらびやか。
 終演後、獏さんチームと会食へ。獏さん、Nさんに感謝。

投稿者 yonezawa : 18:36 | トラックバック(0)

2016年 04月 25日

贅沢な時間

 前回の約束の日は、まさかの己の発熱により約束が延期。仕切り直しの本日、H、Kと新宿で待ち合わせ、念願のプチ同窓会の機会を得た。
 誰とも加減の違う距離感は同級生ならではのもので、10代の情けないアレコレを知る友との酒は例外なく美味い。愉快で気遣いがいらない、というか、同級生相手としての気遣いはあるはずなのだが、その絶妙な空気がたまらないのだ。
 おいらを除いた2名は一流会社で大変なポストに就くホンマもののエリート・サラリーマン。彼らがどんどん偉くなってゆく様を横から見つめることか、どんなに誇らしく贅沢であるか。
 10代の頃から第三者への配慮と労いがあって、それが過剰でないことが、また彼らの大いなる魅力とセンス。贅沢な時間だけが流れていた。

投稿者 yonezawa : 18:36 | トラックバック(0)

2016年 04月 24日

BBQ

 雨がぱらつき、せっかく予定していたBBQがなんだか憂鬱なことになるなぁと残念な気持ちでいたが、早朝の「決行する」との判断を受けて3合分のおにぎり、殻を剥いたゆで卵一パックをRちゃんとテキパキと用意した。迎えに来てくれたTの車で野川公園へ。

 着く頃からすでに雨は収まり、木陰の足元も濡れてはおらず、そこから天候はバンバンと回復の兆しを示し始め、各々が「ほれみろ!」と“晴れ男”を主張する午前。
 焼き場の準備を経てガンガンと肉を焼く。仲間との戸外のご飯は酒は、何故にこのように美味いのか。Rちゃんと来られなかったのが、ただただ悔やまれる。
 たらふく食って飲んで、ギターも弾きまくり、みなさんとのセッションは見送り、Rちゃんの待つ家路に急いだ。

投稿者 yonezawa : 18:37 | トラックバック(0)

2016年 04月 23日

bambiリハーサル開始

 5/29㈰の昼・新高円寺クラブライナー・ライヴを睨んだbambiリハーサル開始。リハビリがもっと必要かと我がスキルの落ちようを覚悟していたが、思いの外覚えてる箇所多々でなんとか乗りきる。

 リハ後、シンガー・ソングライターSと待ち合わせ、近況を伺った。

投稿者 yonezawa : 18:36 | トラックバック(0)

2016年 04月 22日

東京-阿佐ヶ谷

 20時までに入稿を終え、東京駅オアゾ『えん』へ。
 Bさんと待ち合わせ、小一時間の近況報告。
 阿佐ヶ谷で待つYと現地合流し、磯丸水産で飯。笑いすぎた。
 温めている企画が実現すると最高なんだけどなぁ。

投稿者 yonezawa : 15:45 | トラックバック(0)

2016年 04月 21日

サファリで夕飯

 正午、吉祥寺のカフェで1時間のネームミーティング。
 作家2人とわかれ、神保町でいつものデスクワーク。

 築地銀だこ六本木店で軽くハイボール飲んで、サファリで夕飯。
 先週末に結婚したCのお祝いに映画宣伝プロデューサーMくんをお誘いし、怒濤の『h』飲みへ。
 かおたんラーメンで〆たのは言わずもがな。

投稿者 yonezawa : 15:46 | トラックバック(0)

2016年 04月 19日

ALLOY & PEACE

 表参道スパイラルで開催中の展示イベント『ALLOY & PEACE』レセプション・パーティへ。
https://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1805.html

 見応えのある絵とオブジェがガツンと展示されてある。
 絵師匡エサカマサミさんらと現地待ち合わせし、ラクガキング寺田克也さんや、ビリケン商会三原宏元さん、トイズマッコイ岡本博さんなどと再会を果たす。
 
 近場にあった『俺のフレンチ イタリアン』が飛び込みでも入れたので腹ごしらえ。赤坂のBarを経由し、自宅最寄り駅からは徒歩で帰った。

投稿者 yonezawa : 15:43 | トラックバック(0)

2016年 04月 18日

ザ・スズナリ

 Tシャツ1枚で過ごせそうな陽気。
 ジャケットを手に持ってコンビニでお茶買ってデスクワーク。
 午後、カフェでTさん打ち合わせ。

 夕方、下北沢ザ・スズナリの舞台に出演しているという役者:木乃江祐希の誘いを受け、新作演劇観戦。何度観ても演劇観戦スキルの上がらない自分。よくもまぁあれだけの台詞を覚えるものだと感心しながら、力強い役者の演技を最前列で観た。祐希、お疲れさま。

 せっかくこの地に来たので連絡してみようとTちゃんに連絡したら判型30m以内で呑んでいることが判明し、10分後に合流。暫くぶりの近況報告。

 深夜、吉祥寺『てら』でKさんと合流し、最後の一杯と、〆のホープ軒、またやらかす。

投稿者 yonezawa : 15:42 | トラックバック(0)

2016年 04月 17日

強風

 微熱の続くRは時折だるそうなゴロゴロ姿勢ながら、「昼寝しなさい」といっても「やだ」といって絶対に言うこと聞かない。
 一日中、部屋にいたのだったが、外の強風の音がもの凄くて、一体何なんだと思ったところ、ニュースで映し出すもの凄い地域の強風災害を知り驚愕。一体どうなっているのだ日本。

投稿者 yonezawa : 15:41 | トラックバック(0)

2016年 04月 16日

エリック・クラプトン公演

 テレビは延々と熊本地震の経過を報道している。
 午後からの水泳は微熱で休ませると決まり、喜ぶ蓮に餃子を焼いて昼食。自分焼きそば。

 夕方、エリック・クラプトン公演へ。
 正直、いつも下準備もない情報のないまま観に行くケースばかりで、クラプトン自身のギタープレイを凝視することもなくとてもリラックスして観るのが慣例。今夜のクラプトンは割と練習してきた印象を個人的に抱き、ほんのり満足度が増した感じ。
 終演後、徒歩で竹橋『文』へ。Kと近況を語り、お疲れ酒。

投稿者 yonezawa : 15:39 | トラックバック(0)

2016年 04月 15日

熊本地震

 昨日の地震がいかほどのものかを、一日明けて愕然としながら冷静に知る。日本では、地球ではいつ何が起きても不思議ではないことを今日も認識する。
 午前中、九州の母にかける電話がコール音もせずしばらく繋がらない。数回の電話で繋がった話によれば、母が入浴中に揺れたそうで、怖かったと答えた。深刻な被害の実害はなく安堵するものの、大分県時代の某同級生宅ではSNSに記された部屋の中の甚大な被害の写真にショックを受け、嘆いた。

 枕元に靴とジャケット、鞄に非常食と水の用意。毛布もすぐに掴める場所に。水は箱での買い置きを怠らず、飲み干す度に補充という日常を考えるべきだと震災の度に思うが、かくいう己も震災から3年4年と経つと怠ってしまっている。
 丈夫な建物も瞬時に崩壊する自然の驚異。避難する広場の確認など、冷静にもう一度、シミュレーションしなきゃ。

投稿者 yonezawa : 15:37 | トラックバック(0)

2016年 04月 14日

武蔵小山

 今日も天気はまだ回復しておらず。映画『追憶の森』試写会。
 午後一、Yにクラプトンのチケットを中継。いい大人が道端で何らかのモノのやりとり──という様はやっぱりなんだか妙な空気。

 映画の宣伝プロデューサーMと駅で待ち合わせ、知人Jが最近バイトを始めたという武蔵小山のBarへ遠征。待ち合わせに絶対遅刻しないタイプの人間はいるもので、彼もその種類の者なので改札で待ち合わせた。
 都市開発で駅の目の前にあった風情のあった飲み屋街はのきなみ地上げされており、これから高層建築物件が建つそうだ。ささやかに残った一角の雑居ビルに移転したというBarで乾杯。飲み始めて少しした頃、居た客全員が地震を知覚。

 地元民Oには今晩この地で呑む連絡は入れており、某パーティを早めに切り上げ夫婦でかけつけてくれた。当然、怒濤のアホ呑みに突入。おいらのジャケットを着て終電に向かったMは、勘違いに気付き、再び戻ってきながらも終電に間に合ったそうだ(笑)。

投稿者 yonezawa : 15:29 | トラックバック(0)

2016年 04月 13日

でも食い過ぎ

 映画『ヒマラヤ』、『フィフス・ウェイブ』試写会へ。

 社内便で届く雑誌類の中には時折、転送ハガキも挿入されており、神楽坂の名店『よね山』18周年の知らせを、少し遅れて知った。
 もう行ける日程もあと少しじゃないか! と焦り、盟友Uに連絡したところ、たまたま仕事を切り上げられる塩梅とのことでつきあってくだすった。
 何もかもが絶品的に美味い。でも食い過ぎ。でも勿論食べる。Uの映画情報などを聞きつつ、本日も大感謝。

 焼けたゴールデン街はどうなんだと、小雨のぱらつく中、『ビッグリバー』へ遠征。丁度店から出てこられたOさんとしばし会話し、満腹で結果的にほとんど飲めなかったウイスキーの水割りで唇を濡らした。 

投稿者 yonezawa : 18:27 | トラックバック(0)

2016年 04月 12日

3人会

 昼間、ゴールデン街の火災のニュースが深刻。いきなり数名からの心配メールが届くが、「平日の昼間、オレはゴールデン街にはいないから」とメールの主に心で突っ込んだ。
 4軒の馴染みの店で働く経営者や友に連絡したところ、店は全店舗無事とのことで一応は安堵するものの、あの風情の場所での大被害なニュースには一ファンとして心が痛い。なんせおいら個人でも通って32年間の歴史があり。

 昼食の弁当を事務所で食べ、ジェイク・シマブクロの最新インタビュー原稿を無事納品。
 夜、Nちゃん、KKとの3回目の3人会。
 西麻布で鮨を頂くものの、二日酔いが午後3時頃まで続いてしまったせいで、一人食も細めで〆のお椀ですら飲めなかった。
 Barを梯子し、最後の店でNちゃんの行く末を巫女的目線で占って下さる某氏の占術でうかがい知る。

投稿者 yonezawa : 18:26 | トラックバック(0)

2016年 04月 11日

CM&Sちゃんは結婚およそ1周年、Kは先日入籍を終えたばかり

 いつものように、起きて顔を洗い、一呼吸して台所へ。
 夕べ作った麦茶5Lを冷蔵庫へ入れ、再び5Lのお湯を沸かしエンドレスの麦茶作り。我が家の麦茶消費頻度は日にすごい量なので、気付いたらその都度5L仕込んでいる。
 昨日仕込んでおいら豚肉スライスの出汁味噌付けを2枚そていし、キャベツとトマトのサラダで充分過ぎる朝飯が完成。

 Macの調子が編プロも自宅もイマイチで改善のポイントが見つからなく騙し騙し使っているところがあり憂鬱。
 自宅Macは、iTunesの音源をCR-Rにダビングする作業に異常が起きており、あるときから収録時間よりも長く時間がかかる──という意味不明の状態になっている。色々試すが、試す時間も一々その設定で時間を待たねばならんので鬼のように厄介。1枚のCD-Rを無駄にしたくないが故に。
 
 夜、長くリスケを経た後、やっと本日実現の運びとなったCM、Sちゃん、Kとのお祝い飲みの席を設けることに。
 CM&Sちゃんは結婚およそ1周年、Kは先日入籍を終えたばかり。娘・息子と言ってもギリギリOKなほど吉祥寺で出会った若き仲間との時間は、このじじいにとってもかけがの時間だ。

投稿者 yonezawa : 18:21 | トラックバック(0)

2016年 04月 10日

指摘する娘

 昼、オムライス。
 夜、鰺フライ、ポテトサラダ、ほうれん草としめじ和え。
 
 おやじの身体の手脚やらに傷があれば、風呂の最にすぐに気づいて「そこどうしたの?」と聞いてくる娘。
 眉間の皮が剥けてるとすぐに指摘する娘。
 日常、知り合いでも街中でも人の顔やらにまるで注意がないので、第三者のそうしたことに気付くことはほとんどない自分だ。なので、そう言われるとつくづく「よく注意して見てるんだなぁ」と感心してしまう。
 トランプのスピードを緩くやってるともう6割は、勝てなくなってきた。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 9日

味噌汁頻度

 明け方の帰宅につき午後一まで役立たず。居眠りしながらRちゃんとの時間を過ごすが、父に馬乗りの娘は不服そう。そりゃそうだ。ごめんなさい。
 Rちゃんを水泳に見送り、小一時間の睡眠。

 夕飯は昼間の体たらくを払拭というわけでもないが、おったんの手料理で食卓を飾る。初めて買ってきた味噌もなかなかよき物件。そう言やぁ我が家の食卓では味噌汁頻度、少ないなぁ。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 8日

一つの大きな幸運

 W社Oちゃん&元W社のIと念願の3人飯。
 Iはこの春新天地に再就職を決め混み、その後初めての集い。会うのも数年ぶり。
 Oちゃんより、今日の時点で人生最重要音源を賜り、梯子したBarで聴きたくて聴きたくてたまらん症候群に陥るがブツがブツなだけに我慢するしかなかった。今更ながら、Oちゃんとの出会いも一つの大きな幸運だ。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 7日

また雨模様 武蔵小山

 昨日はあんなに快晴だったのにまた雨模様。
 コンビニで買った傘をさしたところ、家の傘立てに入れた際、他の傘で表面を突き破ったらしきところが数カ所見つかり、雨漏れを避けたテクニックのいるさし方で、最寄り駅からとぼとぼ歩いた。土砂降りなら傘の体を成していなかった。
 夜、武蔵小山へ。Kと駅で待ち合わせ、前回入れなかった焼き鳥屋へ。その界隈もこぢんまりとした小さくても魅力的な店がほろほろ、飛ばし飛ばしに並んでいる。約束通り終電前に帰宅。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 6日

ノーマルに帰宅

 白山の満津美鮨で夕飯。スペインの血を引くLとのサシ飯は初めて。
 たった1杯でなくなった芋焼酎のボトルを追加し、いつもの美味しい肴で会話に拍車をかける。バイリンのLは若くして精神年齢高すぎ。映画や音楽の話を速射砲のように語り合うひととき。時間はあっと言う間に過ぎ去り、閉店までの2時間30分が経過。盛り上がる日の体感速度は得てしてそんなもの。
 電車を乗り継ぎ、至ってノーマルに帰宅。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 5日

今夜も感謝

 新宿でファー・フロム・パーフェクトのライヴを観て彼らを労い、Kazyとゴールデン街『ハングリー・ハンフリー』へ消えた。
 貴重な時間を割いてアドバイスくださったKazyに今夜も感謝。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 4日

奇跡の夜

 入稿を切り上げ都内某所へ。THE MODS森山達也さん還暦パーティへ。
 会場でふいに再会を果たしたクドカンちゃん、初対面で少しだけ話す機会を得た俳優の陣内孝則さん、他にも多数著名人の姿も。
 トリビュートバンドによる様々なMODSトラックだけでも、その楽曲の素晴らしさが伝わる。
 二次会、三次会と会場を変え、奇跡の夜が更けた。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 3日

目黒の桜

 正午過ぎ、目黒桜まつりへ。
 雨は上がっていたが足場は濡れており、吉祥寺界隈よりも降雨はおおかったとおぼしき目黒界隈。
 川沿いを歩いてメイン会場でタイ料理の昼食。
 作家:Sさんと合流を果たし打ち合わせを兼ねたミーティング。

 帰途に就き、ホルモンが食べたいと主張する娘の要求を聞き、焼き肉屋を想定するものの、近場の美味しい焼き肉屋があるのにそこでは嫌だといい、自宅近くのイマイチな焼き肉屋を明確に主張する娘。その意図は判らず。勝手なことばかり言うなとママの軽い逆鱗に触れながら、鮮魚売り場で鮨のパックを見たら「鮨がいい」と益々気まぐれなことを言うので、結局今夜は鮨で決まり。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 2日

ごめんなさい

 明け方の帰宅につき午後一まで役立たず。時折、居眠りしながらRちゃんとの時間を過ごすが、父に馬乗りの娘は終始不服そう。そりゃそうか。ごめんなさい。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)

2016年 04月 1日

TTB

 日本武道館。前回、見逃したテデスキ・トラックス・バンドの来日公演へ。
 デレクは自身のシグネチャー・モデルを使わず、今夜はディッキー・ベッツ・モデルで通していた。今回3曲でしっかり(日本では初めて?)ソロを取ったテデスキのギタープレイも歌いっぷりも大変チャーミング。スパンコールの衣装が眩しかった。
 重厚でクールなツインドラムスの心地よさ。ブラスも最高。申し分のない、非の打ち所のないパフォーマンスに舌を巻くほど。
 以前、デレクに「もうこれ以上、ギターテクニックで覚えることはないだろう?」と聞いたところ、「まだまだ沢山覚えたことはあるよ。エフェクターも色々試したいし……それに……」と、まるで高校生の回答のような言葉を聞き、微笑んだ。なんにせよ、あいつは凄い。

 アンコールのラストは、ザ・ビートルズの「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」。偉大すぎる世界一のメロディに心で泣いた。破格のスキルで聴かせるスライド・ギタリストはまだ36歳。

 小雨の中、お膝元のBar&ハンバーグ屋で朝までオールナイトの宴。

投稿者 yonezawa : 17:33 | トラックバック(0)