2016年 03月 31日

阿佐ヶ谷  銀座

 午後一、阿佐ヶ谷でTさんと打ち合わせ。家でRちゃんと餃子定食を食べてきたので、喫茶店の食事は食べなかったが、いわゆる普通のナポリタンやピラフなど、たまに実物を目の当たりにするとお腹が鳴る錯覚を起こしてしまう。

 編プロへ。ここのところ、切迫する入稿原稿を何度も差し替えながらモリモリ入稿。

 夕方、山野楽器銀座本店で行われたクラシックギタリスト木村大のインストア・ミニライヴへ。
 ピアニスト榊原大のサポートで客演はより情熱的でふくよかなものに。腹4分目のセットリストで大いに盛り上がるライヴは大盛況のうち終了。
 近場での軽い打ち上げでささやかに乾杯。大の進化はいつも楽しみなのだ。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 30日

映画『シェアリング』

 篠崎誠監督のお誘いで、映画『シェアリング』再観賞。この映画を観る度に、困ったことになっている川内原発を思い出すおいら。『シェアリング』、気骨な一作だと言えよう。

 用事で新宿ゴールデン街『ビッグリバー』に行くと言う編集者の先輩Mさん情報を得、少し遅れて合流することに。
 さらに遅れてYも到着。
 なんてことない最近観た映画のタイトルやその内容を、カウンター中のOさんとMさんに伺うのだが、全部が興味深いもので、ここ数ヶ月、気持ちはあるのに映画を観られてないおいらはスマホに情報を仕入れるのみ。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 29日

赤坂ナイト

 赤坂BLITZで開催する高校生だけの高校生によるイベント『青二才』の一部鑑賞。シンガーソングライターSaYaKaも名を連ねるグループ『セカンド・ペンギン』を2曲聴き、会場を後に。編プロ帰還して入稿。

 夜には再び赤坂へと移動し、待ち合わせたKさんとサシの韓国料理『兄夫食堂 赤坂本店』へ。多くの有名人が来る店だそうで、色紙が店内にびっしり。
 Barを梯子し、終電で吉祥寺へ。たまたま時間を頂けたSちゃんと合流し、『ひまり屋』で軽く〆の一杯。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 28日

朝の光

 ソニーの親友Kと焼き鳥乾杯。
 先日渡米し、契約を交わしてきたというギターバンドの音源資料を拝受。いつだって夢のある仕事だ。
 漫画情報を得るべく、新宿経由したらば朝の光を浴びた。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 27日

今日も 

 終日自宅作業。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 26日

終日自宅作業。

 終日自宅作業。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 25日

牡蠣工場

 映画『牡蠣工場』の都内上映にギリ間に合い、滑り込みで鑑賞。想田監督らしき“らしさ”の充満する映画だ。
 偶然のなりゆきを淡々と撮っているはずなのに、なんだかその仕上がりは完成度を高めてきたような説得力がある。
 
 夜、幸運にもUの日程を頂けたので白山の満津美鮨へ。貴重な情報収集の場となり、Uの有する感覚は明日の我が仕事にも多大な影響を与えるのでいつでも真剣。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 24日

のこのこ自由が丘まで

 半蔵門線から東横線に乗り継ぎ自由が丘へ。
 漫画家:Aさんがご馳走してくれるというので何も迷わず今夜の日程を決め込み、久々にこの地に降り立つ。スマホのナビでイタリアンへ。こぢんまりとした店内が雰囲気よし。
 1杯も呑まないAさんはブラッドオレンジジュース。おいらは赤ワインのフルボトル1本注文。お薦めの品をいくつか指定し、メインのパスタまでのフルコース。
 映画や漫画、様々な話を伺える貴重な時間で、考えたらAさんともすでに30年近くの時間が経過していることに気付く。なんと言ってもベアーズクラブ、ヤンジャン勤務以前に彼女とは出会っているのだから。
 おいらが20歳代前半の頃は、旦那様とアシスタントの方がいらっしゃるのに、ある年の正月三が日にA邸に連泊したりして、おいら一人、一日中呑んでは寝て、起きては呑んで喰って……の繰り返しで、料理も上手いAさんが全てをフォローしてくださったこともあった。
 この度またしても某漫画賞を受賞され、「その賞金、厄落としに奢るわ。協力して」と言ってくださり、のこのこ自由が丘まで遊びにやってきたのだったが、今夜のAさんもやっぱり粋だわ。Aさんに感謝。

 自由が丘から1本で新宿まで行く電車あるんだな、と飛び乗ったはいいが、やっぱりその界隈に来ると下車してしまうおいら。ゴールデン街などを経由して、本日も朝が間近となった頃、お開き。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 23日

電車帰宅

 六本木のとあるお好み焼き屋のオーナーは某俳優の店だとか。久々の夕飯はお好み焼きに酎ハイ。河岸を変え、さらに重要案件のミーティングの続きの店には10ヶ月ぶりの再会となったMがいた。
 酔わないうちに電車帰宅。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 22日

BabyTaylorを抱えて

 Y&A、入籍祝いにステーキ&カレー鍋パーティ開催。Eと父ちゃん(私のここでの称)と集う。場所は都内某所のガレージ。
 ワインと芋焼酎を仕込み、BabyTaylorを抱えて、待ち合わせの改札へ。
 冷え冷えのシャンパン他を購入し、予約したガレージに。とこが主賓の一人Aちゃんが体調不良で参加ならず。残念だけれどもよき一夜。新宿へ河岸を変え、二次会の宴に弾いて酔う。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 21日

無理もない

 Rちゃんがテレビで見て、メモし、DLしてくれとせがむアプリをスマホでDL。これが、この世のものとは思えないすげー顔のアレンジとして構成され、笑わかされてしまうシロモノ。
 子供は妖怪状態の顔にデコられてもどことなく可愛いらしさは残るものだが、大人の同じ案件でグロなことといったらない。そもそも純粋に撮った己の写真でも、気持ち悪さが際立ち写し込まれるのだから無理もない。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 20日

製作者側の意図

 家族で、映画『エヴェレスト 神々の山嶺』鑑賞。おいらは試写会以来の鑑賞。2回目の方が本作の良さをさらに認識した感触。気付かなかった製作者側の意図などが、おいらなりに理解を深めることとなった。
 思いの外家族の評価が高い。Rちゃんは全部を理解出来ないとしても、「アリ」という感触だったので安堵した。鑑賞中の後半、娘に何度も話しかけられる事態となるのだが、その様子もなんだかたまらないものがあり。
 ヨドバシカメラなどを経由し、夕方前には帰宅。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 19日

思っているのかも

 「スマホでDLしたアプリは、iPadでは使えないの?」と娘に問われる午後。おいらは知らん。アプリ、ほとんど知らん。
 スマホのアプリでツムツムってのがポピュラーであるが、基本的に我が子がやってるだけでランキングされているようだが、持ち主のおいらはほとんど知るところでなし。スマホのLINE友は、週末すごい勢いで米澤がツムツムをやっているのだと思っているのかもしれない。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 18日

今日も向かう

 水道橋の居酒屋『向日葵』に今日も向かう。作家:Kさん、Sさんとのミーティングを兼ねた初の顔合わせ。
 Sさんとは完全に初対面ながら、酒のぺースも相まって一気に酔いが回る。その速度はみなさん、同じだったように勝手に感じており。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 17日

久々の長春館

 22時過ぎまでお腹空かして入稿していたら、編集:Fが幸運にもつかまり、新宿待ち合わせ。久々の長春館で焼き肉飯。たまの焼き肉って特に嬉しいもの。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 16日

入籍祝い

 Nちゃん&Nさんの入籍祝いにと、Kさんと計画した『CICADA』、『ゴジュウニバン』などの祝杯日。お祝いの品、ワイングラスのチョイスがBOSSならではの配慮で流石。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 15日

『ECHO』打ち上げ

 木村大のアルバム『ECHO』打ち上げは、神楽坂。
 キングレコード担当外、関係者が集い、アットホームな親睦会的打ち上げが気持ち良し。
 音楽の渦におられる方々ばかり、つまりプロの現場にいらっしゃるメンバーとの酒は体調に最適。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 14日

可不可

 M&Mで麻布十番『可不可』へ。ワイン通な二人が揃えば大概ワインの店に辿りつく。雨が鬱陶しい日。Mの娘ちゃん大学合格とMの昇進と、少し前だった彼女の誕生日の3つどもえ祝い。

 お腹を一杯にして、近場のワインBarでさらにワインをぐびぐび。
 タクシーで新宿で下ろしてもらい、JR帰宅のつもりだったが、急遽心が入れ替わり、ゴールデン街でもう1杯の梯子酒。
 このもやもやは昨日休肝したせいだなと心で言い訳。漫画家:M兄と編集者の娘、そしてその後隣合わせたジオラマ作成職人な方々との飲みが、また愉快でついつい朝まで呑むおいら。その所業だけはアホだ。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 13日

 終日外出せず。

 終日外出せず。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 12日

京急蒲田『大田区体育館』

 大月晴明選手の応援に、京急蒲田『大田区体育館』へ。遠い遠い。
 館内は選手が使うスプレーの匂いが漂っており、格闘技の会場にきたんだなと認識を強める。チケットを受け取り座席に着席。
 大月選手の試合はかなりの善戦ながら結果はTKOで敗北。内容はいつもの通り素晴らしい高次のもので個人的には大満足。素晴らしい試合の証人となる。
 終わって品川で獏さんも囲んでの残念会。さらに恵比寿で4人の二次会。飯村師範代と吉祥寺に引き上げた。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 11日

ニ夜続けて

 神保町でのBE代表:Kさんとの打ち合わせを終えて、シンガーSaYaKaを交え、ニ夜続けての『串揚げ文』訪問。今日は串揚げをコースで食す。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 10日

Mよ

 月末には港区のマンションを引き払い、カナダ留学と旅立つMを囲んで、かつての上司である同級生のJと、水道橋の美味しい居酒屋『向日葵』へ。
 全員が同じ速度で酔う日というのが最も飲みに加速がつき、記憶はあいまいになりながらも心地よさピークとなるのがおいらの常であり、今日はその最たる日といった塩梅。
 近場の店にBarが思い当たらず、「飲みだけね」と電話して『文』へ。
 Mよ、新天地でもあなたの優れた人間機微を生かして踏ん張ってね。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 9日

熱中屋

 神保町の居酒屋:熱中屋に午後7時集合。
 メンバーはKちゃん、原作者のSさん、K、CMの5名。
 原作者がアラサーOLの話を伺う会と銘打っての取材呑み会のサポートに参戦。

投稿者 yonezawa : 17:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 8日

新たな出会い

 家族の呆れる早朝6時30分過ぎに帰宅(一駅電車を乗り過ごしたせいで40分のずれ)したが、やること山積み故10時前には起床。

 午後、集英社会議室にて、初対面となる映画監督:Sさんと待ち合わせ。彼女は新作映画のプロモーションでNYから来日中とのこと。
 作品に対する意向、プロモーションに対する方向性などを伺ったのだが、2時間弱のMTGがすべて楽しいものとなって嬉しかった。
 高校時代の幼馴染みとも言えるITが共通の友人であることも最高だったし、S監督との繋がりも知り得たので彼女との距離はすぐに縮まった感覚。
 何がやれるのか未知のものながら、新たな出会いを大事にしたし。

 夜、ブラシも使うスーパー絵描き:EMさん、Kさんらと会食。
 六本木の居酒屋「T」、普通に全部美味いので以降マーク。
 Barを梯子し、今夜得た情報を踏まえ、再び彼らとの仕事に結びつくものなら最高だ。

投稿者 yonezawa : 15:20 | トラックバック(0)

2016年 03月 7日

梯子の梯子

 ネット漫画家で多彩なTさん、編集志望なNと神保町で小一時間の打ち合わせ。
 夜、Kさんと新宿待ち合わせ。「H」で貝類を酒のアテにしつつ芋焼酎をぐびぐび。
 ピアノBarへ河岸を変え、馴れない葉巻を咥えながらシングルモルトをちびちび。博学なKさんの多くの教養を盗めないかと様々な会話に聴き入った。

 解散後、ゴールデン街『T』に顔を出すと、OがFの方々と呑んでた。それじゃあ飲み直すべと、若き面々と飲み尽くし、最後はOと『B』へ。早朝の西武線で帰途に。アホ。

投稿者 yonezawa : 15:19 | トラックバック(0)

2016年 03月 6日

Rちゃんデイ

 想像よりも早く目覚めたが最初の食事は完全に昼食となる。
 そこから終日、Rちゃんデイ。

投稿者 yonezawa : 15:18 | トラックバック(0)

2016年 03月 5日

吉祥寺eosライヴ

 午後、身支度をして吉祥寺eosへ。今回、初の試みとなる全部自前のライヴを決行。機材のセッティングを終え、ハイネケンを飲んで本番に供えた。
 Rちゃんは、えらく前から予約ガチガチの「キッザニア」に行く日だとかで鑑賞ならず。それだけが本日唯一、残念。

 午後6時、大先生と2人デュオで新曲インスト『Crossing of Blue』をオープニング初披露。この曲は大先生作曲で、メロのアレンジは勝手に宛がったのだが、コード進行といいフレーバーといい、まるで自分の感性で書かれた曲のようであり、作者曰く「よねちゃんなら、こういくだろうなと思って書いた」。図星で的中で驚かされた。

 オープニング2にはハルコのジャズスタンダードソロ。
 高校生さやかのステージからライヴの口火が切られ、本格的ライヴはスタート。懐かしい友等のご来場もあって、和やかな空気の中ライヴは推し進められた。
 貴重な時間を割き、かけつけてくださったご来場の皆様に心から感謝。打ち上げは2次会3次会と続き、メンバーの2人は深夜の漫喫に消えていった。

1 We Can Work It Out(SaYaKa featuring 哲、甲野、米澤)
2 好きもさよならも(SaYaKa featuring 哲、甲野、米澤)

哲、甲野、米澤
3 Two of us
4 39
5 Nowhere man
6 Voices

投稿者 yonezawa : 15:17 | トラックバック(0)

2016年 03月 4日

休肝日2

 ライヴに供えての休肝日2。おいら、なかなか偉い。
 夜、機材搬入のため吉祥寺eosへ一人働く。

投稿者 yonezawa : 15:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 3日

休肝日1

 ライヴに供えての休肝日1。

投稿者 yonezawa : 15:13 | トラックバック(0)

2016年 03月 2日

ビートたけしライブ3

 ライツ林と待ち合わせ、浅草公会堂へ。
 今夜は『ビートたけしライブ3』の日。
 電波では一言も聴けかなかろう1時間余りの過激フリートークで満場の場内はピークを迎える。
 後半、衣装換えを果たしたたけしさんが、パワフルなバンド演奏で登場し、ギンギンなロックのコンサートとなった。落語をやるのかと想像していただけに度肝を抜かれ、いきなり会場がハイテンションに導かれた。たけしさんカッコイイ。浅草で演奏されたラストの『浅草キッド』では、会場の面々の瞳に光るものが。おいらも涙腺ギリギリ。

 終演後、控え室を訊ね、殿を労い、打ち上げの会場となった居酒屋へ。
 総勢数十名となった宴は深夜まで続き、間近で聴こえる殿の話に耳を傾けながら、至福の時間が過ぎた。なんという奇跡の夜なのだろう。
 打ち上げ終宴後、興奮やまないHと2人、西麻布へ移動。
 生涯指折りの最重要な一日となった。飲み終えた解散後、一人かおたんラーメンで〆たことはHには内緒にしておこう。

投稿者 yonezawa : 14:53 | トラックバック(0)

2016年 03月 1日

アートビート展

 銀座松屋で開催中のビートたけし「アートビート展」に。現地でUと待ち合わせ、迫力満点のビートたけしによる絵を閲覧。こうやって眺めるとその点数の多さや筆致を観ると、どれほどの時間がかかったのかと想像するわけだが、忙しい人ほど時間の使い方を心得ていることを思い知らされるのだった。
 松屋内で夕飯を頂き、吉祥寺へ。漫画家Kさんと待ち合わせ、打ち合わせに数軒。

投稿者 yonezawa : 14:52 | トラックバック(0)