2015年 10月 30日

あと1月弱

 Bambiリハーサルに、ほんのり汗をかく。あと1月弱と思っていても、ライヴはあっと言う間にやってくるのは、もう重々知っている。

投稿者 yonezawa : 03:09 | トラックバック(0)

焼き鳥屋で

 漫画家:OGちゃんとこうした形で飲むのは初めてかもしれない。週3で京都の大学へ通い、講師を務める氏。連載漫画も好調のGちゃん、相当多忙のご様子だ。
 少し送れて小一時間だけ現BM:Fも合流。
 ギャグ作家の中でもセンスが光るGちゃんの作品は、ほとんど好みなおいらだ。

投稿者 yonezawa : 03:07 | トラックバック(0)

2015年 10月 29日

うそつき迷人会 その2

 通算2回目の観覧となった『うそつき迷人会 その2』は横浜の『にぎわい座 のげシャーレ』で開催。
 ホーキング青山×グレート義太夫による、どこへ着地するのかハラハラするようなトークと落語が、個人的には正に初体験の心境といったところ。
 夏目亭透析さんは『看板のピン(一)』を。立川梅春さんは『大工調べ~三方一両損』、古今テー志んショー者『時そば』のお題を披露。

 前回の日本橋亭に続き、今夜も立川梅春さんが登場されたわけだが、何度体験してもあのワクワク感だけは不変。なんたる距離にいらっしゃるのだと今夜も感動を覚えた。

『ホーキング青山×グレート義太夫 うそつき迷人会 その2 勝手に襲名披露!?』
出演:夏目亭透析(グレート義太夫)、古今テー志んショー者(ホーキング青山)
スペシャルゲスト:立川梅春(ビートたけし)

投稿者 yonezawa : 03:06 | トラックバック(0)

2015年 10月 28日

スタッフ打ち上げ

 先日の、Kさん還暦パーティに続き、会を手伝ったスタッフ打ち上げと称する呑み会が人形町のお好み焼きやで開催。
 絆を思わせる元SJが大勢集い、おいらにすれば懐かしい方々のお顔も。
 2次会の新宿Dにもかなりの人数が移動し、宴絶好調。
 と言いながらもタイミングをみつつ電車で帰宅するおいら。

投稿者 yonezawa : 03:05 | トラックバック(0)

2015年 10月 27日

もつ鍋

 もう鍋が丁度良き時期ともなった。六本木のもつ鍋はお腹もココロもホクホクにしてくれる。Nちゃんプレゼンツで、元TIのIゃんとの3人飯。この面子での3人飯は2回目。Iちゃんは華麗なる転職で六本木勤務。
 彼女を見送った後、ARへ。実に不思議な空間であった。

投稿者 yonezawa : 03:03 | トラックバック(0)

2015年 10月 26日

すべきだった

 井の頭線:久我山へK氏の原稿取りへ。
 夜、神保町で待ち合わせした3名と後、荒木町へ。  
 今夜は初面子のSI、K氏、Sの3人。そりゃあ楽しい酒だったよ。
 ただ、宴終焉後、素直に帰還すべきだった……。

投稿者 yonezawa : 03:02 | トラックバック(0)

2015年 10月 25日

アコースティック

 これほどアコギばかりを弾くなんて久々のことだが、ライヴが決まれば仕方なしでも励むもの。励むと言うよりも、極力恥をかかないように練習しておこうという腹。
 指先の皮が剥け、かちんこちんに固まってまた剥ける。生まれつき皮膚の弱い自分は、弦と指の摩擦にこの35年くらい悩んでいる。

投稿者 yonezawa : 03:01 | トラックバック(0)

2015年 10月 24日

リビングの奥

 リビングの奥で、今回、Rちゃんが発表会で演奏する曲が遠目に初めて聴こえてきた。滅多に練習する姿を見たことはないたが、きっと発表会が近いのだろう。練習量の少ない割には形になっている印象のようだが、人ごとではない。部屋に籠もって自分の練習に小一時間。

投稿者 yonezawa : 02:57 | トラックバック(0)

2015年 10月 23日

アコースティック・ギター・ディスクガイド

 Rちゃん腹痛で学校を休み。前にもそんな症状があったよう。彼女が病院に行ってる間、肉野菜炒めで朝飯。

 注文のあった「ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ」の原稿は1400Wの文字数指定だったが、文章横に添えるというアルバム5枚を3枚に減らしてもらい、1500〜1600Wの文字数で納品完了。一息ついた。

 原稿は、五十嵐正さんの選盤・監修で11/28に発売するムック「アコースティック・ギター・ディスクガイド」に掲載とのこと。「今」のシーンにスポットを当てるべく、1990年〜2015年までのリリースを幅広く取り上げる主旨の本となる模様。
http://www.amazon.co.jp/dp/4401641485/

 夜、緊急の仕事のミーティングという連絡を頂き、恵比寿フェローズの展示会には迎えず、BEのK氏と近い未来を睨んだ会合に集中。

投稿者 yonezawa : 17:34 | トラックバック(0)

2015年 10月 22日

アー写撮影

 午後3時頃、新宿でアー写撮影をやっていたTと、カメラTのそこにはやっぱり行けなくて、夕飯の集いには間に合った。
 男子はおいら以外全員イニシャルがT、T、T、紅一点のCのプチ誕生会の席に。久々にこれほどと言うくらい焼き肉喰った喰った。ホルモンもたっぷり。N、C、Bと河岸を変え、ワインの消化は通算6本くらいだったろうか。全員、充実の出来上がり。

投稿者 yonezawa : 17:30 | トラックバック(0)

2015年 10月 21日

1年近いブランク

 ご飯なしの鰺フライ、サラダを昼食に。
 赤坂界隈勤務のHとサシ飯の日。なんだかんだで1年近いブランクの飯。やってきたのは竹橋『B』の姉妹店『A』。店内は我々以内、団体の客でテーブルは全部埋まっている。
 ミディアムボトルの赤ワインを呑み、新宿経由で電車帰還。

投稿者 yonezawa : 17:14 | トラックバック(0)

2015年 10月 20日

ROCK談義

 定期的なROCK談義を提案し、S社Sちゃんに声がけ。銀彗富運にはM&Yも集っての飯。オーナーシェフTの作る飯が美味いとみなさん絶賛。M帰還の後、目の前のAへ。すかさず隣のBarSに置いてある2本のギターを拝借し、SちゃんとのギターSessionが始まった。
 Sちゃんを見送った後も、まだ呑みたりないYと共にBarと居酒屋の梯子酒。帰宅は朝だ朝。

投稿者 yonezawa : 09:33 | トラックバック(0)

2015年 10月 19日

プレート

 急遽、Kちゃん打ち合わせが決まり、新装オープンした西麻布プレートに飛んだ。赤ワインは2人で3本近く呑んでしまった。
 恵比寿に河岸を変えるが、目的の店が満席で入店出来ず。
 駅反対側のBarに場所を移し、終電までの打ち合わせ呑み。

投稿者 yonezawa : 09:33 | トラックバック(0)

2015年 10月 18日

何を書こうか

 11/28に発売される、五十嵐正さんの選盤・監修のムック「アコースティック・ギター・ディスクガイド」では、「今」のシーンにスポットを当てるべく、1990年〜2015年までのリリースを幅広く取り上げる主旨の本……とのこと。
 同誌の中で、ロドリーゴ・イ・ガブリエーラに関する文章の依頼を頂いた。収集していたアルバム全部を改めて拝聴。世界一の歯切れるギターが痛快。さて、何を書こうか。

投稿者 yonezawa : 09:32 | トラックバック(0)

2015年 10月 17日

リハーサル

 午後、1週間おきのbambiリハーサルの日はすぐにやってくる。個人的には、まだまだ全体的に手探りのような状態。なるようになるさ。
 終わって初訪問の肉主体Barでワインを摂取。

投稿者 yonezawa : 09:30 | トラックバック(0)

2015年 10月 16日

ROCK談義

 イースト吉田兄にお誘い頂き、I夫妻とROCK談義の犀門。
 芋焼酎ボトルが瞬時に空いた。 

投稿者 yonezawa : 09:29 | トラックバック(0)

2015年 10月 15日

編集者

 初めて集う編集者3人での飯となった。こんなに近場にあるのに、ムアンタイナベに来たのは今日が初めて。Oは彼女が大学生の頃からの知人で、SさんはSインターナショナルの編集者。今年知り合った方。
 晩餐後半に届いた編集:FからのLINEに歓び、西麻布へ飛んだ。Hのカウンター待ち合わせ。ここは麻薬のような店だ。
 久々に締めた赤のれんの豚骨が妙に重い。

投稿者 yonezawa : 09:28 | トラックバック(0)

2015年 10月 14日

個人練習

 11月23日の、小林市駅前クリスマスイルミネーション点灯式イベントへの参加を睨み、とりあえず入ってみるかとKと2人、神保町のリハーサル・スタジオでたった1時間の個人練習。
 Nでの反省会を経て新宿の、Kの務めるRを経由し、Bで締め。

投稿者 yonezawa : 09:26 | トラックバック(0)

2015年 10月 13日

格闘技観戦後

 格闘技観戦後の打ち上げで知り合ったSさんと白山『M』で待ち合わせ。初のサシ飯で近況を伺う。
 連れのペースに連れられ、気持ち小食気味の今夜の晩餐。土産の高菜巻はAのHさん用お土産に。

投稿者 yonezawa : 09:26 | トラックバック(0)

2015年 10月 12日

GAMBA ガンバと仲間たち

 子供用のSuicaを買ったRちゃんがそれを使いたくてしょうがない。昼食を食べての午後、2人で新宿へ。
 最寄り駅でいつものジュースを飲んで、唐揚げを4個購入。改札口からRちゃんは初めてSuicaを使い、満面の笑み。
 電車内で2人行儀悪く唐揚げをほおばりながら新宿へ。ママとは絶対に体験しない行為にRちゃんはともかくこっそりだけど嬉しそう。

 花粉なのか道中くしゃみの止まらないおいらを指して終始爆笑のRちゃん。ジーンズショップでやたら何かを買わせたがる彼女とジーンズを選んで試着室でまた爆笑。服など滅多に買わないがこういうライヴ感も手伝って1本だけ購入。

 バルト9で3D版映画『GAMBA ガンバと仲間たち』鑑賞。
 国内のCG技術もここまで来たんだなぁと感心させる、作り手の頑張りと拘りを感じさせる佳作だった。神田沙也加と野村萬斎の声だけが見(聴き)抜けた。
 3D眼鏡をかけたRちゃんの横顔がなんともいえない萌えシルエット。

投稿者 yonezawa : 09:23 | トラックバック(0)

2015年 10月 11日

米沢嘉博記念図書館

 夕方、江口寿史KOP開催中の米沢嘉博記念図書館へ。
 イベントの一貫で、少年ジャンプ時代の歴代担当編集者の鼎談を集客して行うイベントがあり、先ちゃん共々2列目に陣取り鑑賞。遡る30年弱昔からの知る話、知らない話を聞き、少年ジャンプだけを熱心に貪り読んでいた中学時代を思い出した。

 海陸先生と通っていた英数の塾では、買ったばかりの少年ジャンプを我慢出来ず、授業中デスクの下でこっそり読んでいた。すると先生が(本当に)優しい笑顔で「米澤くん、ジャンプは家で読もうね!」と言ってくれた微笑ましい景色がフラッシュバック。ジャンプを今、読まずにいられなかったあの頃。
 それらと同系統のコミック雑誌に携わる仕事にも就くとは不思議な因果。あのときの先生に会いたいものだ。

 時折、会場から鼎談に絡む江口兄と、歴代担当編集者との応酬でイベントは勿論大爆笑。

投稿者 yonezawa : 09:21 | トラックバック(0)

2015年 10月 10日

見た目

 結局昨日の収穫は、今頃デジキスの液晶画面を出して撮れることに気づいたことだったが、その際はオートフォーカスが出来ない。一長一短だ。

 夕方、bambi リハへ。bambiリハ前には、今回対バンするエヴァンズのリハだったようで、そのメンバーもスタジオに残ってセッションしていた。中でもギターのエヴァのクールさは目を見張るものがあり、シルバーラメのグレッチのフィット感が圧巻。あのギターはもう本人のモノになってしまった体。ギタリストは見た目で善し悪しが決まるものだと重々再認識。

投稿者 yonezawa : 09:19 | トラックバック(0)

2015年 10月 9日

忘れ物

 昼、カメラTと新宿待ち合わせ。早速、昨日検討していたカメラ機種の下見に。
 取材時にシャッター音がするのとしないのとでは場の空気が全然違い、極力黒子になりたい意志があるので、そのスペックは重要なキーだ。

 現行のEOSを買い換え、新たに軽量化された機種へと想像していたが、物色するうちに気が変わり、買うならレンズだろうと思いとどまった。もう少し吟味の上、結論を出すべし。
 もし本体を売るなら、一眼レフのバッテリーと充電器もいらないと、一応準備しておこうと午前中、部屋を探すしたがどこにも見当たらなかった。本当にない。
 おかしいおかしいとランチを食べながらの頃にも思い出して考えていたら、18日前に滞在していた北九州のホテルに忘れたままだったのではないかと、即電話。すると、やっぱり忘れていた。
 先方が着払いで送ってくれると言うので安堵し、買い直さずに済んだとランチをほおばっていたが、こうした場合、ホテル側から宿泊客に連絡をするものじゃないのだそうだ。そうなのか。知らなかった。

投稿者 yonezawa : 09:17 | トラックバック(0)

2015年 10月 8日

デジカメ

 肉野菜炒めに出汁と岩塩、そしてケイジャンスパイスをふりかけ朝飯のおかずに。ケイジャンスパイスの風味が強いので、もう少ししっかりした出汁の素を入れなきゃ味が引き締まらないことを覚えた。

 R誕生と共に、デジカメのEOS-KISSが一眼レフ・メインカメラとしての愛機なのだが、これが、HDDカメラと併用しての旅となれば、大きな荷物となるので、出来ればコンパクト化しいと思っている。
 カメラのクオリティは落とさずに。これまで通り、望遠で後ろをぼかしての撮影が出来て、軽量で、レンズ交換の必要もなくて、暗くてもよく写って、取材時に空気を遮るシャッター音がしなくて、コンパクトで軽量で安価な機種が欲しい。贅沢すぎか。パナソニックのLUMIX DMC-GX7Cのような機種欲しい。

投稿者 yonezawa : 18:37 | トラックバック(0)

2015年 10月 7日

今夜も赤ワイン

「チョイト一杯の つもりで飲んでいつの間にやら ハシゴ酒気がつきゃ ホームのベンチで ゴロ寝これじゃ身体(からだ)に いいわきゃないよ分かっちゃいるけど やめられねぇ ア ホレ スイスイ スーダララッタスラスラ スイスイスイスイー」

 「ベンチで ゴロ寝」はしていないが、今夜も思いの外このパターン。
 ゴールデン街でHと待ち合わせ、先日の取材で御世話になった某氏を含めて、数件の梯子酒。
 気がつきゃ自宅で布団に寝ていた。

 9/30の朝、前日明け方の赤ワインで、後半、独走態勢となっていたのだったが、生涯で初めて玄関で目覚めたことを書き記すのを忘れていた。朝、Rちゃんはさぞびっくりしたことだろう。これは果たして老化なのか。

投稿者 yonezawa : 18:36 | トラックバック(0)

2015年 10月 6日

還暦パーティ

 遡る2日前、LINEで「米ちゃん、ギター弾いて」との連絡があり、「快諾」のご返信で今夜のイベントに臨むこととなった。
 オベイションのボディを拭いて弦を貼り替え、チューナー、カポタスト、ケーブル等を準備して本日に供えた。

 今夜はS“K”Sさんのものすごい還暦パーティ。開演1時間前、重いオベイションの入ったハードケースを抱え、赤坂へやってきた。

 LINEで鳴らすサウンド・チェックをものの1分で終え、定刻19時30分に宴開始。酒席でギターを弾くコーナーがあると、酔いのペースもゆっくりと遅くなるもので面白い。
 それでも、しこたま飲んだ焼酎とウッオッカでほんのり酔った。やがて宴はオーラスに。そこで、S“K”Sさんに命じられた吉田拓郎の『人間なんて』を1曲だけアコースティックギターでサポート演奏。
 なんとかなったか。ひとまず安堵。

 次回は11月のクリスマス・イベントでのアコースティック。さらに気合い入れねば。 

投稿者 yonezawa : 20:10 | トラックバック(0)

2015年 10月 5日

薬局の問題

 時折、意味不明の咳で咳き込むことがあるので、さして大したこともないのだが、(明日もある)演奏中に咳き込むのは困るので薬だけ確保しておこうと、前回訊ねた内科へ。
 小児科も兼ねた病院だが、駅と事務所の間にあるのでこの病院は重宝だと決め、2回目の通院となった。

 小児連れのお母さんが、「何故あなたのような職業の判らない風貌の人がこの病院に?」……とまで考えるのは行き過ぎだとしても、ふわっとした違和感の目線を、受付の方同様に感じながら肩身の狭い思いで診察を待つ。ギターを抱えていたことも理由の一つだったか。
 
 主治医に症状を伝え、咳き込み防止の薬を処方箋に記してもらう。

 すぐ隣の薬局へ処方箋を持って行くと、患者は1人しか見当たらなかったが1時間30分くらいは待つそうだ。「じゃあ、いいです」と断り、すぐ隣の薬局へ行くが同様の状況だった。

 結局一緒じゃねぇかと、初めてなので問診票を書かされ、再び保険証を提示。薬局で薬を受け取るだけに、とても1時間30分も待ってられないので、「場合によっては2〜3時間後に来てもいいんですか?」と伺ったところ、それで問題ないという。さらに聞けば明日でも大丈夫とのこと。
 こちらは知らないことばかりで、その辺の事項を伺っていたのだが、面倒くさそうな目線を向けた受付の者の空気だけは見逃さなかった。「なんでまだ、つっ立っている?」的目線。
 一度に説明すればいいことを、一々聞かねば判らない回答をするので、およそ10分間にも及ぶ大きな時間のロスをしてしまった。大きな時間のロスを。気分悪。
 薬の受け取りは当然、明日だ。お茶の水駅真ん前のここには明日以外、もう行かない。

投稿者 yonezawa : 20:09 | トラックバック(0)

2015年 10月 4日

休みがちだった記憶

 運動会の前2日間、発熱と腹痛が続いたRちゃんは学校を休んでいた。
 昨日の運動会では元気に飛び回っていたので、もはや全快ながら、確かに週末にかけてはやや元気がなかった様子。

 思えば小学生低学年の頃、身体の強い方でもなかった己も、そこそこ学校を休みがちだった記憶を思い出す。
 床の間に寝かされ、部屋にかかった親父のもらった賞状をいつも黙読していた。親父が授与したのは当時の農林水産大臣からのもの。
 漢字が読めないので、所々のひらがなを何度も何度も黙読していた。
 熱が落ち着き、微熱になるとすぐにゲーム機で遊ぶRちゃんだが、おいらの小学生時代の寝込みは、いかに重かったかを想像するのだった。発熱で寝込むしかなかったあの頃……。

投稿者 yonezawa : 16:34 | トラックバック(0)

2015年 10月 3日

運動会

 今日がRちゃんの運動会とは判っていた。
 午前4時に帰宅したのでほんのり酒の余韻もあった午前8時起床。
 一眼レフカメラと動画用カメラを確認して三脚を抱え、小学校へ。

 今日日、昼飯のときには家族でその辺に腰掛け、家族で弁当を食うという状況はなく、子供達は弁当持参で親とは別に食べるようになっている。
 昼食の休みは、親御さんらは一旦自宅に引きあげ、あるいはその辺のレストランなりコンビニで済ますのだろう。我々は家で昼食。
 再び午後の種目に出陣し、Rちゃんの出場種目を確認して帰宅。そして1時間の爆睡。大行事が今年も酔いが醒めるタイミングで過ぎ去る。

投稿者 yonezawa : 16:23 | トラックバック(0)

2015年 10月 2日

新宿二丁目 恵比寿

 新宿二丁目某店には14時前に到着。
 俳優Sさん、作家Yさんとの対談取材を決行。
 演技論、俳優論、果ては人間論へと話が繋がり、2年近くやっているこの企画の中でも珠玉の対談原稿を得た感触。
 両氏に感謝。

 事務所に引きあげ、入稿は相変わらず。
 20時を回って編集Fと待ち合わせ、徒歩で懇意の店Bへ。

 おいらの原稿の添削先生ともなっているFとの酒は、互いの子供の話からこの世のすべてのカルチャーまでジャンルの境目なし。大概そうした友としか酒を呑んでいないのだが。
 何でも回答してくれるFとの、次回の家族含めた再会を楽しみにしつつ、恵比寿の夜が更けた。

投稿者 yonezawa : 16:21 | トラックバック(0)

2015年 10月 1日

渋谷WWW

 入稿と原稿で30分前まで悩んでいたが、渋谷WWWでワンマンを行うNOAH率いる101Aのライヴに行く腹を固め、渋谷へ。
 出会いは5年前後昔だったように思うが、ROCK道へと一度も立ち止まらず邁進する101Aの志は脱帽モノ。
 やってる方向性は、おいらの趣向とは真逆ではあるが、ROCKの志だけは同じベクトル。集客を含めてよき景色をかいま見れた。

投稿者 yonezawa : 16:20 | トラックバック(0)