2015年 09月 30日

カレーの日

 無性にカレーが食べたくなる日があって、それが今日。
 駅前のカレー屋はお気に入りなのに随分疎遠になっていた。行くときには連続となるが胃袋の傾向は天の邪鬼だ。
 カレー以外にも、炒飯の胃袋、ラーメンの胃袋、鍋の胃袋、肉の胃袋、鮨の胃袋、その瞬間にならねば胃袋が何を欲しているのか判らない。

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2015年 09月 29日

ジェイク・シマブクロ IN 渋谷オーチャードホール

 ジェイク・シマブクロ IN 渋谷オーチャードホール。
 ジェイクの来日公演はこのオーチャードが個人的には最もしっくりくる。
 初めてインタビューした頃のアルバム『Dragon』からのタイトルトラックはループペダルを駆使し、盤石のアレンジで会場を惹き寄せた。そして定番となる『Bohemian Rhapsody』の美しさ。非の打ち所のないライヴが今年も圧巻だ。
 終演後、いつものように年一、二の再会のため控え室を訪問。

 毎年、来客が多くなっているのか、1時間以上も待つこととなったが、再会を果たしたジェイクの温かい心遣いはいつも脱帽ものだ。
 労いし、次回のアルバムにひとつの提案をさせて頂きつつ、後ろ髪を引かれながら引きあげた。
 札幌公演に行けなかったのは本当に無念。Sよ、残念!

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2015年 09月 28日

真っ2つに割れ

 もう2回目なのだが、事務所の椅子の4脚あるローラーの1つが真っ2つに割れ、安定しなくなった。そもそもがかなりの年期モノなので致し方ないのだが、家に使いかけのアロンアファがあったなぁと思い立ち、持参して接着。このまま壊れなきゃ一応応急処置は成功。
 それにしても毎回毎回アロンアファは一度開けると使えてもほんの一瞬しか持たず、なかなか続けて使う機会がないのでいつも困る。忘れた頃の二度目に使う場合、役立つことは経験上まずない。

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2015年 09月 27日

スーパーアリーナと横浜赤レンガ

 留守番を不安がっていたRちゃん同伴で今日の取材に行くことになったいたが、前日の両親のやりとりを聞いていた本人が「(一人家に)いるから、いい」と覚悟を決めた。

 今日はまず、さいたまスーパーアリーナでUFCを観戦する作家2名に試合後に対談を行うという取材が入っている。
 終わり時間の読めない試合故、午後からの習い事のあるRちゃんは途中でママに中継しながら、間に合わせるような段取りでいたが、正直時間も読めず杉並武蔵野からさいたま新都心との距離もあって、どうしようか決めかねるところだった。
 おまけにその取材後に、急いで横浜赤レンガ倉庫に向かわねばならない状況もあり、正直本人が家で一人でする番してくれると決めてくれたときには安堵した。

 午前10時40分、現地へ向かった。Rちゃんはそこから3時間の初めてのお留守番。
 現地には12時過ぎには到着し、12時30分待ち合わせのスタッフと写真撮影のロケハンを行い、試合終わりに待機。11時より6試合行われるというので、読みは13時だった。ところが、14時になってもまだ試合は終わらず、結局14時30分を回った頃、ぽつぽつ観客がアリーナから出てきた。
 お二人を探し、ロケハン場所で瞬撮。
 急いで対談の店へ移動し、およそ90分間の素材を頂いた。両先生に感謝。

 翻ってJRに飛び乗り横浜経由で一路、横浜赤レンガへ。
 今夜はブルーノート・フェスの日。

 時間はもう17時30分を回っており、無念ながら完全にパット・メセニーは見逃すこととなったが、遠目でもよく聴こえるBarでインコグニートを聴きながら一杯。これはこれで贅沢。
 やがて本番の、野外のジェフ初体験。ケアレスミスなどどうでもよくなるほど、肉眼で追えたジェフがたまらなかった。逐一、ジェフの気持ちが痛いほどに伝わる。

 横浜駅構内で遅い夕飯の鮨をつまみ帰途へ。

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2015年 09月 26日

11月に2本のライヴ

 車でRちゃんの習い事へ。
 翻ってbambiの遊びリハーサルに急いで向かう。
 11月に2本のライヴが決まり、うち1本はなんと故郷の宮崎県でのイベント出演だ。

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2015年 09月 25日

ジェフ・ベック in ZEPP TOKYO

 ジェフ・ベック in ZEPP TOKYO。
 東京では、武道館、国際フォーラム、TOKYO DOME CITY HALLなど以外のハコで観るジェフは初めてかも。
 興行もUDOではなくクリエイティブマンというのも新鮮。
 K氏と現地へ向かい、開演前にTシャツ購入。KとIの分まで。2Fの座席でNちゃん到着。

 このライヴを含む現状のジェフへの想いはすべて発売中の『LIVE+』ライナー・ノーツに書き記した。http://www.amazon.co.jp/dp/B00WV0KSY0/

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2015年 09月 24日

シンナー

 暑いのか寒いのかなんだからよく分からん部屋の体感温度。
 明け方、外壁工事の使うシンナーのような匂いが部屋に充満したまらない。麦茶を作ってゴミ出しの準備して外へ。また天気が崩れるとか。

投稿者 yonezawa : 16:04 | トラックバック(0)

2015年 09月 23日

居眠り

 娘との部屋遊びを経て、昼食後に市民体育館へ。
 30分待って久方の卓球を1時間強やった。広場でフリスビーとキャッチボール。
 西友で煎餅と野菜ジュース、ゴマ昆布、低カロリーヤクルト、シャンプーなど買い物。Rちゃんとの買い物が大好きだ。
 帰宅してパソコン仕事をやってたら居眠り。初老の自覚。

投稿者 yonezawa : 15:04 | トラックバック(0)

2015年 09月 22日

江口寿史原画展KOPアネックス

 娘との休日の時間。吉祥寺の街をお手々繋いでデート。
 どこで知ったか「子供用のSuicaが欲しい!」と言うので、身分証明書を持参し、JRみどりの窓口で2000円チャージで購入。

 駅ビルでいつものフレッシュジュースを飲んで、唐揚げ1切れを30分も並んで立ち食い。このライヴ感がママとはない瞬間なので、Rちゃん嬉しそう。ユニクロで自前の服購入。衣類を買うなんてTシャツ以外は年に1度あるかないか。ペットショップで子イヌの見学。たまたま檻の外にいたジャック・ラッセル・テリアを抱っこさせてもらったRちゃん、満面の笑み。
 100円ショップでウィンドウショッピングし、TSUYTAYAでCD-R買ってロフトを経由し、その足で吉祥寺リベストへ。

 北九州に続く、開催中の江口寿史原画展KOPアネックスで『5分スケッチLIVE』見学。先ちゃん、ファンサービスに大尽力。吊らされた活版の生原稿の中には、かつておいらが入稿した作品も。彼の日の己の書いたあおりを読んだ。この原画展の何もかもが素晴らしかった。

投稿者 yonezawa : 15:03 | トラックバック(0)

2015年 09月 21日

北九州KOP最終日

 この10年で最も明確に記憶を亡くした昨夜の宴からまともに起きれるわけもなく、ともあれ朝飯は諦めていた。
 事前にリサーチしていた有名な鰻屋へ行くよと先ちゃんよりお気遣いのLINE「昨日相当酔ってたから起きれなかったら先に行くね。北九州空港で会おう」を頂く。夕べの(覚えていないが)己の怪獣ぶりが改めて情けなし。
 シャワーを浴びて身支度を終え、ロビーへチェックアウトに向かったところ、これから飯だという先ちゃんに遭遇し、鰻屋『田舎庵 小倉本店』へ。間に合ってよかった。鰻、美味し。
 
 ホテルで荷物を受け取り、11:50の高速バスで北九州空港へ。タイムテーブルは好調。空港で土産を買って13:30のスターフライヤーは離陸。
 居眠りしている間に15:15頃羽田着。バス時刻までの1時間、先ちゃんと『PRONTO』でお茶して、16:10発、吉祥寺行きの高速バスへ。

 この2日間、先ちゃんお疲れさまでした。ものすごい芸術の証人となりました!
 即時、コミュニティバスで自宅へ。

 連休の半分は一緒に居られなかった愛しきRちゃんが帰宅直後、玄関に走ってやってきた。「おったん、今日はもうどこへもいかないよね?」旅の疲れが瞬時に消え去る瞬間だった。

投稿者 yonezawa : 15:01 | トラックバック(0)

2015年 09月 20日

【北九州漫画ミュージアム 江口寿史 KING OF POP】3

 9:00起床。意地でもホテルのバイキング朝飯(カレーメイン)を22時までに食べ終え、11:00漫画ミュージアムへ。午前11時30分頃からの朝日新聞取材、随行。11:15義理母、義理妹来館。
 身内が来館し、集ったみなさんで12:30頃徒歩10分のうどん屋『資さんうどん 魚町店』へ。ここ、博多の『牧のうどん』に近い風味。速攻でスタンダードなごぼ天うどんをかきこみ、バタバタでミュージアムへ帰還。

 13:10『5分スケッチLIVE』開始。2度の休憩を挟むものの、先ちゃんおよそ5時間強描きっぱなし。当選された方々も、描かれる際には緊張しながらもみなさん満足そうで、おいらも嬉しい。
 14:30頃、中学時代の同級生の面々も来館し、うち、1人は『5分スケッチLIVE』にも当選していたので、代表で似顔絵描き参戦。嬉しい。昨日、今日とスナップ撮影と動画撮影を担うおいらは、基本的に『5分スケッチLIVE』張り付き状態。

 2日間のイベントを無事に終え、先ちゃんを労った18時30分頃一足先にホテルへ。荷物を置き、徒歩10分の居酒屋へ。

 宴の席には中学時代の友が待っているので小走りで現地へと赴く。
 酒席には、Mっちゃん、Nちゃん、Mちゃん、Yの4人だけと聞いていたが、中学三年生になった以来の再会となる旧姓YYも来てくれており、Nちゃんとの2人とは実に36年ぶりの再会。さらに10分遅れで東京のKと大分のYも駆けつけ、思いがけぬサプライズ演出の的となった。幸せだ。

 終始、感激と感慨深さに包まれていたおいらは、そのまま当然の爆飲暴走で独走態勢へと移り、梯子酒のワインバーで2本目の赤ワインが空いた頃からの記憶がまるでなし。
 後から聞けば、その後もみんなでラーメンも食べに行ったそうだが、証人によればおいらは1〜2本の麺しかすすってなかったとのこと。感激感動の邂逅のうち1/3は記憶なし。やむなし、むなし、やむなし。

投稿者 yonezawa : 14:59 | トラックバック(0)

2015年 09月 19日

【北九州漫画ミュージアム 江口寿史 KING OF POP】2

 ホテルのバイキングで10:00朝飯。
 ロビーで11:30頃待ち合わせ、集った3人で徒歩で昼食へ。
 少しだけ行列を成していたラーメン屋『まるいち』で、おいらは早めの昼食となった故、小ラーメン。
 ホテルにカメラを取りに帰りつつ13時に間に合うようにミュージアムへ。
 13:00『5分スケッチLIVE』開始。18:00ライブ終了。25人の当選者の似顔絵が描かれた。
 ホテルへ荷物を置き、歩いて近場の居酒屋『鍋自慢原点小倉』へ。
 錚々たる有名漫画家諸氏と合流し、賑やかで贅沢な時間が流れる。

 北九州漫画ミュージアムでの『KOP展』は今日から11月3日まで続く。

投稿者 yonezawa : 14:56 | トラックバック(0)

2015年 09月 18日

【北九州漫画ミュージアム 江口寿史 KING OF POP】1

 目の充血はまだ治まらないものの、感染症ではない診断は得ているので、今日からの北九州への旅は決行の意。
 早朝6:30起床。平日に家族がみな揃う珍しい時間。Rが登校した直後の7:50、タクシーで最寄り駅へ。
 高速バス停で江口寿史兄と待ち合わせ、8:20の高速バスで羽田空港へ。チェックイン後、レストランで和食定食。
 90分くらいのフライトで居眠りするうちに北九州空港到着。バスで北九州駅へ。駅直結のステーションホテルへチェックイン。
 モノレールで早速昼食のラーメン。飯屋は事前にリサーチ済み。
 
 16:00頃、明日から開催の【北九州漫画ミュージアム 江口寿史 KING OF POP】打ち合わせのため、徒歩で北九州漫画ミュージアムへやってきたのだった。

 ほぼ展示の終えた原画展を内覧。これほどの規模で原画を展示するのは先ちゃんも初めてのことではなかったか。広大なスペースに贅沢に展示されてある原画の数々は、生原稿を何度も目にしている担当編集のおいらが観ても感動させられる迫力のあるものだ。この感覚は永遠に変わらなかろう。
 抽選で選ばれた方々をスケッチする、『5分スケッチLIVE』の手順などまでの打ち合わせを終えた18:00頃、一旦ホテルへ。

 駅への連絡口で某氏と待ち合わせ、予約していた居酒屋『瘉猿ゆえん』、そして門司港へ。

投稿者 yonezawa : 14:54 | トラックバック(0)

2015年 09月 17日

扁桃腺の違和感 眼球の腫れと充血

 大いなる宴の翌日は質素な一人飯。

 二日酔いと扁桃腺の違和感、そして原因不明の眼球の腫れと充血で体調最悪。明日から地方出張だと言うのに。
 昨日内科に行き薬を処方され、続けて今日は眼科へ……とついてない。地元の眼科で診察を受けたのだが、医師の判断でも目を休めて安静の指示もあったので、病欠で初めて仕事を休むことに。すべては明日からの出張を考慮して。

投稿者 yonezawa : 14:52 | トラックバック(0)

2015年 09月 16日

後楽園ホール

 お茶の水の楽器屋でブルーの頑丈なギターソフトケースを購入。今日日、ケースの進化も知った。霧雨や小降りの雨がいつ大ぶりになるのか分からんのでケースはそのまま事務所に保管。

 夕方、現地後楽園ホールで大月晴明選手の応援に。
 会場にはBさん、Tさんらの姿も。
 打ち上げは残念会となったものの、素晴らしき試合の証人となり、大月選手を労った。
 久々に再会のI師範代と地元に引き上げ、午前5時までの痛飲。

投稿者 yonezawa : 14:52 | トラックバック(0)

2015年 09月 15日

リペアの終えたストラト

 渋谷ESPにリペアの終えたストラトを引き上げに。
 これでジェフ・ベック再会のお膳立てはGケース以外完了。

投稿者 yonezawa : 14:51 | トラックバック(0)

2015年 09月 14日

アネックス

 吉祥寺の画廊で開催中の『江口寿史 KING OF POP アネックス』へ。やがて先ちゃんは「ライブスケッチ」の最後のお客さんの絵を描き終えた。
 一旦、仕事場へ引き上げ、飯も喰わずそこから4時間の綿密な打ち合わせ&資料の整理。近場の居酒屋でたんまり遅い夕飯を頂き解散。

投稿者 yonezawa : 14:50 | トラックバック(0)

2015年 09月 13日

レコーディング2日目

 レコーディング2日目。
 早朝9時30分集合。Rちゃんもここから同行。
 彼女には退屈なセッティングの時間からDSをやらせたり、本人希望の映画『スクール・オブ・ロック』など観せながら、その後の我々は粛々と音決めしつつレコーディング。

 最終的には予定した10曲に2曲プラスされ、12曲のリズム・トラックを録った。ドラマーとベシストのすごさたるやたまらない。
 つまり、正味9〜10時間程度でベース・パートまでのOKテイクを収録してしまった。同時に弾いているギターは他パートへのガイドを示しもので、あくまで仮ギターとなるのだが、ベースの録音と同時に弾いたリズムギターも数曲はOKテイクもあったかと思う。
 後は残ったギターの大量のダビングと歌入れ他に何日かかるか。

 T&Oと高円寺駅北口前の居酒屋で乾杯。車でノンアルコールのおいら、そのストレスを打ち消すように結構喰った。意外な程、つまみもナイスな居酒屋。

 今頃、大阪のあるハコでは木村大と沖仁とのDUOライヴが演奏されていることだろうなぁと想像した。
 チケットを購入しようと思った大阪在住のKが「ソールド・アウト」だというので、急遽関係者を介して座席を用意して頂いたのだった。

投稿者 yonezawa : 14:50 | トラックバック(0)

2015年 09月 12日

一発レコーディング

 昨夜から扁桃腺の痛みを知覚。やがて発熱に至り、病院に行って抗生剤を飲めば3日で収まる風邪のパターン。
 昨年処方された薬を探し出し、ネットで探して効能を再確認し、いくつかの薬を飲んだら痛みは半分に軽減された。しかし明け方の4時頃、何度も咳き込んで飛び起きるという妙な症状に苛まれ、その時間から早朝に至るまで全然寝付けず。
 咳がピンポイントで発作のように出る症状に憂鬱。
 今日はミキシングルームで音出しの日なのに。

 早朝からRちゃんの弁当を仕込み、午前11時30分に学校の校門まで迎えに。車中で弁当を食べさせながら、杉並へ向かった。

 10年ぶりにやってきた高円寺のスタジオ『アフタービート』には、すでにセッティングを終えたメンバーとエンジニアが到着していた。
 「この時期に一発レコーディングしとこう!」と提案したおいらにメンバーが賛同してくれ、今日明日の録り日が決められたのだった。
 今日1日で10曲のリズムパートまで録音完了。予測の倍のスピードで録音が叶ったのは、高次の演奏でどんどんOKテイクを積ねる世界一クールで優秀なリズム隊2人のスキルによるものだ。

投稿者 yonezawa : 14:48 | トラックバック(0)

2015年 09月 11日

寺田克也個展

 中野ブロードウェイで8月29日より開催中の寺田克也個展『Hidari Zingaro』へ。ライブ・ドローイングの日は日程があわずに断念したが、静かな空間で寺田さんの絵を一人でじっくり・ゆっくり眺める機会が心地し。白地のキャンパスに墨で描かれた清潔感のあるカオスの宇宙。

投稿者 yonezawa : 14:47 | トラックバック(0)

2015年 09月 10日

ベルギー料理

 先頃、S編集長になったNちゃん、これまで共に何冊もコミックを作ってきた印刷所Iさんの3人で、神田のベルギー料理を食べるというので暫くぶりの(ベルギー)ビールで喉を潤した。
 結構な量食べて飲んだ。
 シングルモルトは河岸を変えた西麻布で。仕事から家族からカルチャーから、相当な領域に及ぶ話がエンドレスとなる夜。

投稿者 yonezawa : 14:46 | トラックバック(0)

2015年 09月 9日

クロサワ楽器

 台風余波の日々。外壁工事のせいで外の天気はほとんど室内からは見えないのだが、今日がそれなりの雨模様であることはわかった。
 
 新宿のクロサワ楽器でMと待ち合わせたところ、1Fが改装中で閉まっている。2F〜4Fの営業はやっていたので、ギターの物色と試奏へ。
 閲覧と音色確認、協議の結果、欲しいギターはEpiphoneレスポールタイプのサンバーストがよいと言うので店員に「おまけも付けて」とお願いし、チューナーとあわせてMご購入。意志と決定が速いM。
 ギターは好きな形の好きな色で選べばよいのだから、今日の直感と選択は正解だ。雨模様だろうが構わずに買ってしまう辺り、男前。
 中古の階も物色するが、330の1pick upナチュラル、20万円以下なんかは見つからず。オリジナル・パーツなんかじゃなくて全然いいのでそのくらいの価格の物件に出会わないものか。出会わないか。

投稿者 yonezawa : 14:44 | トラックバック(0)

2015年 09月 8日

JEFF BECKの新作アルバム『LIVE+』

 起きがけに、身体に残った夕べの酒をしっかり知覚するが、日常生活には支障なし。

 9/16発売のJEFF BECKの新作アルバム『LIVE+』サンプルが上がってきた。Oちゃん感謝!
http://wmg.jp/artist/jeffbeck/WPCR000016491.html

 ライナー・ノーツにも記したが、本来、昨年の3月にロンドンへ飛び、スタジオ収録の新作を現地で聴き、直後にJEFFにインタビューする、といった予定だったものが、あれから一年半が経過した今、半分以上の音源がお蔵入りとなり、前回のミニ・アルバム『YOSOGAI』、そして今回の『LIVE+』にスタジオ・レコーディング曲の一部が収録される──という形で落ち着いた。
 豪華写真集付きJEFFの新作『LIVE+』。ライナーを書くに辺り、珠玉のコメントを寄せてくれたスティーヴィー・サラスには心からの感謝とフレンドシップを感じずには入られない。
 より多くの音楽ファンの手に届いてほしいものだ。

投稿者 yonezawa : 13:58 | トラックバック(0)

2015年 09月 7日

磐石の酒量

 土砂降りに見舞われる機会は避けられているものの、ずっと降り続ける雨が憂鬱。
 久々に竹橋のBへ行ったらば、最高学府の肩書きを持つYが一人飯中でびっくりのバッタリ。聞けば嫁が帰省中とかで、飯が作れないYは冷や汁なんかを食べに来たそうだ。
 待ち合わせたMは仕事で少しだけ遅れてきたが、角の席でまとめての親睦会となった。赤ワイン2本が空く。
 Mを見送り、呆編集部で軽い打ち合わせを終え、たまたまいたS、さらに裏受けつけでバッタリのHと急遽3人飲み。
 すっかり出来上がった上に二軒の梯子酒。磐石の酒量。

投稿者 yonezawa : 13:57 | トラックバック(0)

2015年 09月 6日

手作りペンダント

 今朝もポテトフライ、そしてパンの朝飯。昼間に埼玉の姉宅へ行く日。
 先頃生まれたばかりの又姪(まためい)(or 姪孫:てっそん)贈呈用の赤ちゃん仕様布団と、Rちゃんが幼少期に遊んでいた豪華木製のおもちゃ2袋を抱え、彼女の顔を見に向かう。
 わずが数年前のおもちゃを譲渡することに少し不満げな表情をするRちゃんだったがママの決定には逆らえず。

 姉宅を訪問し、又姪のRちゃんを抱っこしたとたんにおならしてくれたが、おしりの辺りを軽くぽんぽんすると直ぐに笑顔になった。隣で見つめる大きい方のRちゃんも超笑顔。Rちゃん、R(赤)ちゃんが大好き。
 小一時間お茶しておいとま。

 帰り間際、通り道のショッピングモールの一角で、手作りペンダントが作成出来ると言うので、1000円支払い、好みのミッキーマウスをかたどった枠(ペンダントトップ)と、ペンダントトップの中にコラージュするシール類、ビーズ、キラキラ鮮やかな粉末素材の飾りものなどを選ばせた。
 特殊な液体を枠内に流し込み、爪楊枝で成らした後、材料を1個ずつコラージュするといったもの。
 最初のコラージュが終わったらUV光線を照射し、2分程度で樹脂を固め、さらにコラージュを数回繰り返し、その都度照射の繰り返しで30分ほどで完成した。なかなか上手に出来てた。

 帰宅して、改めて「見せて」と手に取ったところ、裏面が枠から少しだけ樹脂がはみ出ていた箇所があった。カッターで綺麗にしてやろうと思ったところ、「おったん、そのままでいいよ」とRちゃん。「綺麗にしなくていいの?」と聞いたところ「手作りだからそのままでいいんだよ!」と彼女は回答。確かにその通りだと妙に納得させられたのだった。

 夜、劣悪な天候の中、渋谷へ。ライヴハウスTHE GAMEでFFPツアー・ファイナルの証人に。
 常に次回のライヴがベスト、と言い切れる盤石の出来でファンにアピール。新しいTシャツ2枚入手。FFP、お疲れさん。

投稿者 yonezawa : 13:57 | トラックバック(0)

2015年 09月 5日

メニューのビジョン

 土日の朝食時にRちゃんが、この頃ポテトフライを食べたいと言うので今日もそのように。確かに揚げたてのポテト素揚げは美味い。

 冷蔵庫に鰤の切り身があったので、ずけにして照り焼き、仕込んであった唐揚げとサラダで昼食。冷蔵庫の中身を見るまでメニューのビジョンはない。

 Rちゃんが習い事に行く間、週末のセッションを想定して仕込み曲のリフレイン。楽曲の仕組みを緻密に探る度に今更新たな疑問も沸き上がってくるのだが、なるばく身体に入れるべきトーンを探った。
 ギターの時間はあっという間に過ぎ去り、ギターの音でRちゃんが帰宅したことには気付かなかった。いきなり彼女が部屋に飛び込んでくるもんだから心臓に悪い。びっくりした。
 土日のあるとき、おいらがトイレから出てきた際には、オモチャの懐中電灯で自分の顎先を照らし、毎回驚かせにくる娘。「おったん、こわかった? ね? こわかった?」この行為に飽きる気配はない。

 今月最重要の原稿を関係者各位に送信し、週明けの本番原稿仕込みの最終調整。なかなかのスピードで原稿構築中。 

投稿者 yonezawa : 01:24 | トラックバック(0)

2015年 09月 4日

アントマン

 映画『アントマン』試写会へ。新しいディズニー試写室は初めて。映画は好みの風味だった。予約を入れてくれたディズニーKにはメールで感想を伝えることに。

 終日、ネームチェックと原稿書き。一昨日の取材原稿はもうほぼ完成した。あとは本誌のページ枠情報と、映画会社からのオフィシャル素材の到着と、週明けのメインカット・スチールを待つのみ。

 気分的に夕飯を途中で食べる気になれず。地元最寄り駅ビル内で弁当を買うことはたまにあるが、スーパー紀伊国屋で豆腐と雪印のバターをとりあえず2つ購入。雪印のバターは店にあるとき買いおきしてないと直ぐに品薄になるとか。冷蔵庫にはまだ新に近いバターが確かまだ2コあったはずだが、そう言われていたので買うのだった。品薄本当なのか。
 店を変え、寿司折を1つ買って帰宅。
 いつもならRちゃんは寝ている時間。家から洩れた明かりが廊下で確認出来た。帰宅するとRちゃんがやってきた。まだ起きてたのか。
 寿司折をテーブルに置いたらところ、やにわに醤油を持ってきて、本人食べる気満々。時間的に寝てるはずとタカをくくっていたので少量のパックにしたのだったが失敗だった。
 結局、全体の半分(ご飯以外)ほどの寿司ネタを奪われたのは言わずもがな。

投稿者 yonezawa : 01:24 | トラックバック(0)

2015年 09月 3日

梯子酒

 一回り以若い編集Oに、ある業務案件で声をかけられ、近場で打ち合わせを兼ねた晩飯。こうして純粋にサシで飯喰うのは初めて。
 せっかくなので直ぐ隣に事務所を構えるデザイナーSちゃんも呼んで3人飯に。梯子のバーの存在もちょっとだけ収穫。

投稿者 yonezawa : 01:23 | トラックバック(0)

2015年 09月 2日

特別鼎談

 六本木のスタジオで、大フォトセションと特別鼎談実施。
 全面的に納得の上挑んだわけじゃないが、当初危惧された、ほんのわずかばかりの取材時間は現場対応でなんとか16〜17分確保するに至り、安堵した。
 後半戦の取材時間となった我が媒体だけのQ&A素材をサクサク頂き、国内外トップの俳優お2人&監督の鼎談は無事終了。関係者の皆様、ありがとうございました。
 終わって我々関係者の2名と近場のランチ。豚の味噌漬け定食の豚が思いの外柔らかく、美味かったのがなんだか意外。

投稿者 yonezawa : 01:22 | トラックバック(0)

2015年 09月 1日

2度目の鑑賞

 11月公開の映画『MOZU』は絶賛編集中とのことながら、取材日程を想定し、午後の試写へ。
 今日の試写は実は2度目の鑑賞なのだが、ドラマ版の『MOZU』を完全に視聴し終えてから、劇場版をもう一度観たかったのだ。
 ドラマ最終話から半年後が描かれた劇場版。果たしてどのような印象を聴衆に与えるのか、今から楽しみ。

投稿者 yonezawa : 01:21 | トラックバック(0)