2015年 03月 31日

新幹線

image11.png

 5時30分までの痛飲で、午前中の家族行事はパス。新大阪駅で落ち合うことに。
 新しくなった新大阪駅の新幹線改札付近は飲食店が全然充実してなく、(確か)うどんもたこ焼きも食うとこない。
 なので弁当を購入。出発まで30分あったので待てず、一人ベンチで爆喰い。二日酔いでも食欲旺盛なおいら。
 定刻に東京へ向けて出発したばかりの新幹線中で多分15分ほどで寝オチ、気がついたら品川だった。
 お茶の水で家族と別れ、おとうさんは涙ぐましくお仕事へ。おとうさんには30年間リフレッシュ休暇というものが無い。

投稿者 yonezawa : 04:02 | トラックバック(0)

2015年 03月 30日

USJ THE MODS

image.png

 朝6時30分起床。
 せっせと準備し一路USJへ。どうも集客によっては開場時間前に開けるとのことだが、案の定到着後1時間で入場した。
 詳しくは知らないがハリーポッターのファーストパス当日券をゲットせねばならんと言うので、駆け込んで発券場へ。運良く8時30分〜9時30分のパスを人数分確保出来、真っ先に家族の最大の目的だったハリーポッターを体感した。
 なんだかよくわからないが、そのままジェラシック・パーク(1時間待ち)、バック・トク・ザ・フューチャー(2時間待ち)、間に昼食を挟み、スパイダーマンと4大タイトルを制覇した。ターミネーターはRちゃんが怖がり、断念。
 しばしベンチで休憩したら全員まったりで、おいらは多分15分ほどオチた。

 やがてライヴを見越しておいら一人心斎橋へ。
 ホテルへチェックインし、身支度して心斎橋BIG CATへ。
 圧巻、盤石のTHE MODSライヴに重く打たれる。ひとつの完全なるROCKのスタイル。大阪も熱かった。

投稿者 yonezawa : 04:02 | トラックバック(0)

2015年 03月 29日

シェラトン都ホテル大阪

image-131.jpg

 早めの昼食を食べ、午後1時30分頃の新幹線で一路大阪へ。
 本来は、単独でTHE MODSの大阪公演観戦が目的だったが、だったら一緒のタイミングでUSJに行きたいと家族の要望を受け入れ、みんなで出発。
 行動を起こすのが遅すぎて、取れたホテルはシェラトン都ホテル大阪1個のみ。こんな高級ホテルに宿泊するなんて単独だったらまず考えないものだがやむなし。
 チェックインし、夕飯は新幹線で予約した徒歩圏内の鮨屋へ。
 明日の朝6時起き故、今夜は焼酎ロック4杯で終わり。23時には就寝。

投稿者 yonezawa : 04:02 | トラックバック(0)

2015年 03月 28日

テレビ

GB_jacket_0919-510x510.jpeg

 ブラウン管テレビの廃棄に際し、タブレットもあるし、テレビはリビングの液晶1台でいいかとテレビ離れを決意したかったが、Rちゃんの鑑賞頻度を考え、やはり買うかとJに相談。だったらついでにとギター部屋にも小さな液晶を1台。
 そして本日、配達に。
 これまで無頓着に考えていたテレビだったが、我が家にすればかなり大画面の機種を購入した。
 大きいのは確かに気持ちがよい。ゲームソフト「マリオ」の大きいこと。笑うくらい。
 設置・設定はわずか15分程度で終わった。幅も小さいのでブラウン管時代の大きさ重さとは手軽さがまるで違う。
 ともあれ画面が超薄いので、正面に倒れることだけ用心せねばと、転倒防止の釘をねじ込み、スタンばった。

投稿者 yonezawa : 04:01 | トラックバック(0)

2015年 03月 27日

菊次郎会

E3838FE383B3E383BBE382B4E383B3E382B8E383A5.jpg

 恵比寿『吉柳』をKM監督が予約してくれた。
 待ち合わせの15分前にSM監督からメールが。「あと15分で吉祥寺に着きます」完全に間違っている。すかさず、「何を言ってるの。待ち合わせは恵比寿だよ!」と返信し、事なきを得た。
 KT撮影監督は定刻通り到着。
 この曖昧さが『菊次郎会』らしい。

 まるで高校生の修学旅行のようだった映画『菊次郎の夏』の地方ロケ現場。4人が集うと瞬時の1998年の夏に引き戻るのだった。
 おいらを除く3名はぞれぞれ商業映像作品の監督となり、八面六臂の活躍。メディアで彼らの名前を見つける瞬間の嬉しさは身内の中の身内に感じるそれと同じだ。
 安くて美味い料理の食い方も高校生のようで爆食。うち、50代が2人。怒濤の速射砲談義はどんどん加熱し、ハイボールを何杯飲んだことか。お開きの後、KM監督と2人新宿へ。KMは浦島太郎となった。

投稿者 yonezawa : 04:00 | トラックバック(0)

2015年 03月 26日

精神年齢の不憫

20150203120614.png

 編集Fとは先日某氏への最重要特別インタビューでも一緒だった。
 特大の記事も6ページの特大ボリュームでほぼ完成の運びとなり、プチ打ち上げの体裁で神保町K乾杯。

 若くして日本中を旅したというFは彼同世代の者よりも精神年齢が高い感覚で落ち着いている。雑学も豊富で、ものもよく知っている。
 精神年齢の不憫なおいらは何も違和感など感じないまま、同じ高さでほろ酔う。勿論心地よし。
 新宿へ電車移動し、数軒の梯子酒。今週の早朝まで飲み頻度は尋常でなし。明日は手の抜けない楽しみな『菊次郎会』 in 恵比寿。

投稿者 yonezawa : 03:59 | トラックバック(0)

2015年 03月 25日

Jさん&Y初3人会

20150124170905.jpg

 居酒屋で日本一高い店なのではと思わざるをえない西麻布のTへ発訪問。数年前に福岡本店には同じJボスと行ったことはあったが。
 Jさん&Y初3人会。メニューの、食材の方にはほとんど価格が記されていなく大概が時価。恐ろしいメニューだ。
 しこたま贅沢な食事を頂き、西麻布のBarへ河岸かえ。
 午前2時を回った頃、編集Oも合流し、爛れた飲みに突入。電車も何本も動き出した早朝解散。

投稿者 yonezawa : 03:59 | トラックバック(0)

2015年 03月 24日

荒木町

20150124163527.jpg

 Kちゃんと、もはや恒例となる荒木町へ。
 和食割烹は、店主でカウンターに立つ若い兄ちゃんが担うのだが、その腕の確かさは一品目を口にした瞬間、理解した。
 年を重ねると1食でも損をしたくないという野卑な気持ちが心を支配するので、複数の場合の夕飯には極力美味しく身体によさげなものを選びたい。一人のときの極端に質素なジャンク飯の比ではない。
 もう一軒荒木町を梯子して吉祥寺のBar『S』へ。こちらも久々にやってきたが、以前よりも雰囲気ナイスで機会があればまた寄りたし。

投稿者 yonezawa : 03:59 | トラックバック(0)

2015年 03月 23日

簡易Session

20150124162020.jpg

 舞台は1970年代のロサンゼルス。映画『インヒアレント・ヴァイス』試写会。ポール・トーマス・アンダーソンは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で一度記事にしたことあったか。ホアキン・フェニックスもいい顔になったものだ。
 ホアキンの出演作では超名作『Uターン』が好み。『21グラム』での渾身の取材が叶い、思い出深い現場だったベニチオ・デル・トロも久々に観た感じ。近年、もしかして作品に恵まれていないのか。

 内幸町での試写を観終え、三田へ。
 Kに促され、一度か二度行ったことのある蕎麦屋(居酒屋)へ。蕎麦アレルギーのおいらだか、他の居酒屋料理も充実なので問題なく好みの店。
 おかみさんの息子さんがギターを弾くと聞き、店内の隅っこに置かれていたギターを見せてもらった。そこでKにギターを弾かせ、いきなり簡易Session開始。おいらはテーブルを叩いてのドラマー参加。この蕎麦屋での臨時ライヴをやるも日も近かろう(笑)。
 新宿S、T他を経由し、狂った早朝7時30分頃帰途に。

投稿者 yonezawa : 03:57 | トラックバック(0)

2015年 03月 22日

家作業

10640983_696207323768182_4656985553974683087_n.jpg

 豚汁と秋刀魚が旨い晩飯。終日、家作業。

投稿者 yonezawa : 03:57 | トラックバック(0)

2015年 03月 21日

お友達が2人が我が家にやって来る

10624865_695360240519557_937691261923766342_n.jpg

 飲み尽くした翌日のコンディションが重い。正午まで使い物にならない塩梅で、午前11時30分にやっと昼食の準備。カレーはRちゃんの小盛と同量に。他は食べられないコンディション。
 午後からRちゃんのお友達が2人が我が家にやって来ると聞き、二人で待ち合わせの小学校まで彼らを迎えに行く。
 約束していたのは男の子と女の子の同級生二人。
 帰宅し、リビングで三人で遊んでくれたので、父は軽く仮眠。

投稿者 yonezawa : 03:57 | トラックバック(0)

2015年 03月 20日

麻布十番

10363576_10152817863781708_934526767227319494_n.jpg

 麻布十番の地下鉄の深さには、またしても唸った。
 六本木から麻布十番まで、地上を徒歩で行くのと、深く深く潜って地下鉄で行くのではどちらが早いのかを検証する番組もあったが、とにかく『深い』という単語を頭で連呼していたおいらだった。

 待ち合わせの渋い居酒屋で待っていたのはカメラマンのT。カメラTとは昨年秋頃から「仕事を睨んだ打ち合わせをしましょう」と計画していたのだったが、多忙なヤツの日程が緩くなる時期まで待ち、本日の運びに。
 集英社勤務時代に同じ釜の飯を喰った後輩であり、出身カメラマンで最も成功した者の一人。
 T事務所近くの居酒屋の空気はとても温かく、銘柄の違う芋焼酎をお代わりしながら、小一時間ゲストのYも加わり、久々の宴に酔った。
 西麻布のBarGに場を移し、BarHの客が弾いたとLINEに情報を貰い、移動。気がつけば、なんと4時間もHで飲んでしまっていた。珍しくカラオケも数曲歌ったりして。
 店主C、友Nらの人間機微が大好きでこの店は懇意なのだが、楽しい酒ほど心を豊かにするものはない。そのように朝の5時30分に実感していた。かおたんラーメンでの〆も随分久しぶり。
 あと2時間後に撮影に出なきゃならいと言っていたTのその後は聞いていない。

投稿者 yonezawa : 03:56 | トラックバック(0)

2015年 03月 19日

Session

9862.jpg

 本年度公開の洋画でナンバーワンではと推測する『Session』鑑賞。
 夕べはかなりの寝不足だったのでオチることをかなり危惧し、ブラックガムを用意しての試写会参戦だったが、そんな心配も杞憂に終わった。
 終始、椅子を握りしめ、スクリーンに危惧付けとなった。
 狂気と芸術の境界線を見た。ものすごい映画。監督のセンスに唸る。洋画の年間Number1の文字がちらつく。

 外に出ると雨模様。
  LINEに次回『菊次郎会』の候補日程が到着。

投稿者 yonezawa : 03:54 | トラックバック(0)

2015年 03月 18日

ナイスな酒

51I1BuD9G8L.jpg

 『マジックイン・ザ・ムーンライト』(byウディ・アレン監督)試写会へ。自由なペースで好きなテーマでコンスタントに映画を作り続けるthat'sマイペース映画人ウディ・アレンは、映画人からすればかなり羨ましい存在なんだと本作を観てもそのように感じたところ。

 この会も結構時間が空いてしまったが、焼き鳥でNちゃんと乾杯。ナイスな酒。環境が変わる度にむせるNちゃんの咳き込み加減はおいらの症状とかなり似ていた。

投稿者 yonezawa : 03:53 | トラックバック(0)

2015年 03月 17日

無事確保

51r2I9OHhuL.jpg

 S社でA社&YJ編集部打ち合わせ。企画とプレゼンは永遠に根性也。
 夜、名編集者Aちゃんと待ち合わせ、四谷の鮨屋へ。ゲストSも信号待ちの場所で無事確保し合流。
 漫画家謝恩会を除いたAちゃんとのサシ呑みは多分4ヶ月くらいが経過しており、「もう少し短いスパンで飲みましょう」と語りながら、芋焼酎で極上の魚を肴にしっぽり怪談。
 Shuffleで軽めにハイボールを頂き、大人しく電車帰宅。

投稿者 yonezawa : 03:52 | トラックバック(0)

2015年 03月 16日

ABar

1509908_10152902042468287_1902045382886721204_n.jpg

 (個人的には特に)スープカレーが絶品の吉柳でJと乾杯。
 恵比寿に二店舗目をオープンしたRのABarはノーゲストだったので、ミーティングタイムとしては絶好の環境に。

投稿者 yonezawa : 03:50 | トラックバック(0)

2015年 03月 15日

ゴボウチップス

1486693_10155211758745722_6442695295900673125_n.jpg

 起床が遅かったのか、9時30分にもなってRちゃんに起こされた。近年では遅い日曜日の始まり。
 リビングではケーブルテレビのアニメが映っているので、こちらはタブレットで地上波を点けながら片耳だけイヤフォン。Rちゃんとの時間につきあう。
 昼食の少し前に、ゴボウチップスを作ると「もっとちょーだい」とRちゃん。先週、蓮根チップスを作っても大好評で、おいらの分も平らげてしまった。甘いお菓子やら煎餅を食うよりもよほど良質のおやつだろう。
 何度言っても野菜から順に食べる習慣がまだないので、今日の昼食は会席料理のように、野菜類を先に。ゴボウチップス、トマトで2皿、ほうれん草とえのきの梅肉和え&鮭焼き&ご飯という順に食卓へ。

 午後からWiiUでボクシングとゴルフ。ボクシングで汗をかいてしまった。ゴルフでは何コース回ったことか。ソフトの機能の特性はまだつかめていないのだが、続けてやればある程度スコアのあがるコツはつかめそう。最もそんな時間はないが。

 夕べの部屋の片付けついでに、きちんとセーブされていなかったいくつかのサイトのIDやらパスワードを整理。これもやる度に忘れてしまうのでホントーに厄介だが現代社会では致し方なし。

 昨年から使っていた目薬を最後の1滴まで使い切った。先頃新調した目薬は花粉症対策ですでに鞄の中だが価格は2000円近くもした。

投稿者 yonezawa : 03:47 | トラックバック(0)

2015年 03月 14日

休校していたRちゃん

1799998_10152213577008493_628618344_o.jpg

 インフルエンザでこの数日間、休校していたRちゃん。週中から学級閉鎖にもなったとのこと。おいらが午前中目覚めた頃には本人は病院に行っており、自分以外家には誰も不在。
 独り部屋の片付けをしながら、時折平行して最重要原稿のリライト。
 午後2時近くになって昼食をとる頃Rちゃんら帰宅。たこ焼きで昼食を済ませたと2人。うっかり気を利かせて昼食作って無くてよかったぁ。

 ほうれん草としめじの梅肉和えは美味いなと、ありものでの付け合わせに作ったらナイスマッチングだと知る。材料がたくさんあるので明日、もう一度作ることにしよう。
 熱も下がっていつもの賑やかになったRちゃんが「遊ぼう遊ぼう」と言うのだけど、今日だけはある程度まで部屋の掃除がしたかった。
 もはやクローゼットとは機能していないギターやら小物のつまったスペース全部の内容を確認し、廃棄するものと分別。この作業は3年くらいおきに、その間一度も触らないブツを少しずつ廃棄しているが、きっとここで必要なものは全体の半分くらいしかないのだろう。
 部屋にあるギターは全部を掃除し、映らなくなったアナログテレビは取り外し、キャビネットにスペースを作った。
 ついに直つなぎではブラウン管の映らない時代がきたのだなぁとしみじみ。まだまだ使えるのになんだか解せない。

 部屋に掃除機をかけると「Rちゃんもやるー」と参加。段ボール状のものや、いらない箱を解体すると言えば「Rちゃんもやるー」と、つまり掃除の時間もずっとおいらの仕事部屋に入り浸り。姫はパソコン前の椅子に座り、ゲームなどをやりながら掃除の終わるのを待っていた。
 「おったんも早く遊んであげたいのだけれど、毎週土日全部をあんたにつきあってたら、何も前に進まないのだよ」と心で思う。

 続きは夜中にやればよいのだと決め、夕飯からはRちゃんの時間に。あぐらの上に乗っかってきてテレビをみたり、お絵かきしたり。

 しかしつくづく誇りっぽい作業部屋だなぁと、掃除した埃の量を知って厄介に感じるのだった。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 13日

三軒茶屋

abisuyuuhodou3%2Cjpg.png

 Kさんと共に、三軒茶屋で開催中の漫画家:平松伸二さんの個展へお邪魔。邪道漫画家を自称する平松さん、今日も朗らかで素敵。
 到着したとたんに三味線のライヴが始まり、数曲聴いたのち飯に。
 三茶と言えばここ『つぼ倉』しか店を知らないのだが、今日も美味い。芸術的と言える大将の手料理は来る度に驚かされる。
 Kさん、いつもご馳走様です。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 12日

カロリー摂取量

71gdPn2zWoL._SL1305_.jpg

 KとMの3者飲みは、先日S社Sさんに教えて頂いた高級居酒屋で。出てくる品々の全てが美味い。
 芋焼酎の瓶が2本目に突入したと思ったら、その2本目も帰り間際には綺麗に胃袋へと消えさった。Mを見送り、新宿へ。
 夜中に喰う生姜焼き定食まで気分は最高、カロリー摂取量としては最低の夜更け。

投稿者 yonezawa : 19:20 | トラックバック(0)

2015年 03月 11日

焼き肉でお祝い

Tokyo%20Dome%20Live%20in%20Concert.jpg

 Hちゃん、デザイナーSくんの初面子で神保町焼き肉飯。
 彼らは数年前から仕事仲間とのことで、近年彼らと縁を持ったおいらはSくん&Hちゃんの面子で是非飲もうと語っていたが、今夜やっと実現した。
 宵の口で、新宿へ河岸を変えV〜BARへの梯子酒。
 酔って充実の早朝解散。この面子飲みもベストの1つ。 

投稿者 yonezawa : 18:20 | トラックバック(0)

2015年 03月 10日

帝国ホテル

abisuyuuhodou5%2Cjpg.png

 午後、最重要取材のため帝国ホテルへ。
 Tさんへの単独インタビューを行うのだが、映画取材としては実に16年ぶりのインタビューということになり、個人的には感慨もひとしお。
 撮影のシミュレーションを行い、万全の準備で場に挑み、正味1時間の取材は恙なく終了。おいら感無量。Tさん、関係者、スタッフの皆様へのご挨拶を終え、神保町へ帰還。
 
 夜、K社Oちゃんと『晩酌邸』待ち合わせ。制限時間一杯まで積もる話を速射砲のように語り合う。閉店後はDちゃんも加わり、2軒の梯子酒。

投稿者 yonezawa : 18:18 | トラックバック(0)

2015年 03月 9日

再検査

abisuyuuhodou3%2Cjpg.png

 吉祥寺の豚しゃぶ『あじと』で飯。Sちゃんは不在だった。
 TSUTAYAで北村龍平の『ルパン三世』を借りて上映中以来の鑑賞を果たす。やっぱり善戦した秀逸な作品だと再認識。即ロスの龍ちゃんに感想メールを送信。
 健康診断の結果が届き、中には再検査の案内が。

投稿者 yonezawa : 18:18 | トラックバック(0)

2015年 03月 8日

フォーク酒場『落陽』

abisuyuuhodou1%2Cjpg.png

 11時頃にはRちゃんとの昼食を終え、エレキを担いで独り新橋へ。
 初めてやってきたフォーク酒場『落陽』。主賓の江口寿史兄はまだ到着していない。今日は江口兄に頼まれた吉田拓郎、大瀧詠一カヴァーのセッション・デイ。数日前に音源を送って頂き、軽くコードだけとっていたのだが、飲みながら気が向いた人から適当にセッションする程度のものかと思っていたところ、ふたを開けたら集客して入場料も必要なちゃんとしたライヴだった。
 ここまで本格的にやると言うのは、初対面の他パートみなさんの完コピ具合で認識した。持参したコード譜を見ながら結構初合わせにしては難しいキメなどを確認しつつリハを終えた。ヴォーカル江口兄不在のまま。
 本番は17時頃だというが、江口兄の到着がそれを回る頃になったので、つなぎのピアノマンと、今回共演させて頂くことになっていた漫画家:国友やすゆき先生が順番を入れ替え、演奏された。
 国友先生、しぶくてクール。以前、何かのイベントの打ち上げで軽く乾杯させて頂いたことはあったが、今日は本格的に語り合う機会が得られてラッキー。
 やがて開場。リハから本番までの4時間前後延々ハイボールを飲んだ状態でライヴがスタート。フワフワした分、なんとか形になったんじゃないかと甘い自己評価。
 そして打ち上げに突入。あとはいつものようになるように流され、カラオケを経由し、締めのラーメンまでの黄金のコースを歩むことに。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 7日

廃棄物

10393743_816780551717962_2410262298580470068_n-1.jpg

 耐え難い部屋のごった返しよう。暫く点けてなかったブラウン管のテレビは、気がつけばすでに映らなくなっていた。テレビの見方もこの数十年でえらく変わったものだ。見たければワンセグもあるしタブレットもあるしの時代。廃棄物の整理がまた憂鬱。

 

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 6日

ドサリと到着

41XV27TQ6EL.jpg

 3本の試写会を見送り、デッドの迫るコミックスの最終校了を右から左へ。
 待ち時間は何も来ないのに、いっぺんに3冊の原稿がドサリと到着する。入稿とは大概そんなもの。萎えてしまいそうだがサクサク捌くのみ。

 週明けの最重要取材の準備も平行し、気が緩んだらすべてが決壊してしまいそうな平行仕事で今日やるべき案件を全部デスクトップに表示させ、最速のスピードでノルマを消化。
 本文原稿3本、カバー類の色校正を関連部署へ。芸能プロマネージャー氏、映画宣伝マン、記事デザイナー、媒体編集者数名他に情報を投げ、とりあえず今日出来うるすべての準備を構築。
 誘われた武蔵境の和食屋は無念の断念。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 5日

あなたの功績

593071.jpg

 かつて同じ編集部で、その頃から数えれば25年以上が経過した計算になる。
 元編集Aとのサシ飲みは記憶を辿っても確か初めてだったと思う。しかしながらなんのブランクも感じないまま、順を争うように積もり積もった話を速射砲のように取り合った。こりゃ、いくらでも続くわ今夜は……と嬉しい。そして今更ながら、彼とは1歳しか違わないことが分かった。イメージ的にはてっきり5〜6歳若い感覚だったのに。

 それぞれの編集部に所属したこの四半世紀。「そりゃ色々ありましたよ……」と、Aがしみじみと語った口調には、何か説得させられる、重厚な編集者の歴史のようなものを感じた。
 ココ・シャネルが「20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績。」と言ったそうだが、Aの顔もまさに彼自身の社会的功績を感じるものがあり、労った。
 25年前の食欲は半減以下となり、ヘルシーな野菜鍋も食べ干せないほど、お腹いっぱいになった辺り、互いに年齢の重さも感じつつ、それでも懐かしい話に花が咲く。
 編集者時代の時間では動いていない、午前中からしっかり稼働のAは2軒目の梯子酒はやっぱり許さず(笑)、真っ当な時間に解散。Aよ、感謝。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 4日

爆喰

81vbPefwDUL._SL1417_.jpg

 吉祥寺スターパインズカ・フェでの佐野史郎さんライヴは、彼の誕生日となる本日行われた。
 入稿の都合で全部を観ることは叶わなかったが、本業に音楽に、いつでも情熱を傾ける素晴らしい役者さんだ。誰しも、ライヴを行うエネルギーとは大変なもので、重々理解出来るおいらにとっても音の行間に多くの人の顔を思い出した。

 近場で呑むSちゃん、TTム、Tチン他の面々と合流。遅れてZ&S夫妻も到着。いつもの地元呑みの梯子酒。
 早朝にはラーメン、炒飯、餃子定食を食ってしまうSちゃんとおいら。我ながらどうかしている。ライザップの時代に。糖質ダイエットの時代に。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 3日

KISS

71JmCUO-p4L._SL1200_.jpg

 KISSのジーン・シモンズには、彼がソロアルバム『Asshole』をリリースした2004年頃に取材した。何度かこのブログにも記したことだが。
 錚々たるゲストの参加したこのアルバムのタイトルが『Asshole』。ジーン圧巻と思ったものだった。
 ドーム公演のBブロックはジーン側のよい席ではあったが、それでもまだ距離があった。大きなスクリーンに映し出される4人を39cmの脚立に乗せたRちゃんを支えて鑑賞。
 Rちゃんが最も反応したのはジーンの火吹きシーンと、ベースソロで血ノリを吐き出しステージ中央に吊り上げられた時。神々しいロックの光景を姫は朗らかな笑顔で見つめていた。
 2時間のステージで数回座っての鑑賞。コンサートは普段寝る間近の時間に終わったのでかなり疲れてしまった模様。帰途につく電車の中では眠る寸前の表情。

 ロック遺伝子がまたひとつ、心と記憶に刻み込まれた日。職権乱用でジーンにRちゃんを会わせるべきだった……

kissmomokuro.jpg

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 2日

姿勢

71bDO-yydcL._SL1200_.jpg

 NSとの邂逅で得たものは、ためらいなく飲んで喰うという姿勢。
 行く先々で馴染みの友とすれ違い、あっと言う間に夜が更けた。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)

2015年 03月 1日

和田ラヂヲ兄の勇姿

51TZRF75NXL.jpg

 Rちゃんの遊ぼう遊ぼう攻勢で午前9時起床。
 最近、マヨネーズも納豆も少しずつ食べられるようになったRちゃん。昼食は渾身のトマトクリームパスタ。
 3/3ひな祭りの日にドームで行われるKISS公演。
 メイクはしてあげたいのだが、学校の終わる時間、仕事を切り上げられる時間の兼ね合いで難しそう。
 夜、バラエティ番組『オモクリ』で和田ラヂヲ兄の勇姿、拝見。

投稿者 yonezawa : 18:11 | トラックバック(0)