<script type="text/javascript" language="javascript">

2014年 08月 4日

大変喜ばしい

5114V1A8pWL.jpg

 正午前、国際フォーラムAへ。
 本日、実写映画『ルパン三世』の完成披露プレミアが開催されることになっており、開場の時間までキャストのオフィシャル取材が行われていた。
 ハリウッドで活躍する北村龍平監督を軸に、女優:黒木メイサさん、俳優:小栗旬さんの対談を時間を空けて順次行った。
 スクリーン、あるいは液晶(昔はブラウン管という表現だったのに……)や誌面で観ていた彼の役者たちには初めてお会いした。実にリラックスした独占スペースで最高の環境を得ていた。
 キャスト、スタッフの映画に賭ける熱はしっかりと映像に記録されており痛快。一視聴者としても本作のヒットを願うばかり。
 取材中、編集Nが間に合わせて届けてくれた集英社新書『映画監督という生き様/北村龍平』の見本誌が間にあって安堵。我ながら、よくこの短期間で出来たものだ。

 今年手がけた2冊目の新書が完成した、大変喜ばしい一日。

投稿者 yonezawa : 2014年08月04日 15:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: