2014年 06月 30日

リライト作業

20140617-1518-1.jpeg.png

 昨日の夕方、届いた原稿を夕飯後からばっこばっことリライト作業。
 なんとしてでも本日うちに仕上げたく。
 数万字の原稿の必要な部分とそうでない部分を荒読みしてセレクト。昨日の夜からニュース番組もろくに見ていない。深夜、数時間の仮眠を取って早朝から着手しただけあって、正午頃には粗方の目処がついた。
 
 事務所では今週の会議の日程がチェーンメールで到着。
 今週も全部人と会う日程が決まっており、嬉しくもあり(仕事の狭間の酒という意味で)重くもあり。でも全部が楽しみで仕方が無いことは共通の気持ちだ。

投稿者 yonezawa : 14:23 | トラックバック(0)

2014年 06月 29日

ひろーい

10390299_573135956136844_2335603827067109641_n.jpg

 土曜早朝までの酒のせいで舌がササクレだってヒリヒリしている。口内炎の一歩手前のコンディションという感じだろうか。
 朝ちゃんと起きて、鯖塩焼きと肉野菜炒めをあわせ、Rちゃんと2人美味しく頂く。
 昨日のRちゃんが言った腹筋の約束はしっかり生きており、今日は100回やると意気込んでいるがそちらは却下。「おもちゃが欲しいからやる腹筋なんかダメ!」

 午前様を反省し戒めるため、午前中のうちにヨドバシカメラに向かい約束の3DSソフト「妖怪ウォッチ」購入。「妖怪ウォッチ2」が7月頭に発売になるのでそれを待てと言ってもきかない彼女。
 午後1時40分には帰宅。
 
 Rちゃんが近所の子達と遊ぶといって外に出て言った際、ギターのコード譜作成やら諸々の雑務。しばらくすると友達3〜4人連れだって帰ってきた。Rちゃん友が我が家の狭いリビングを見て口々に「ひろーい」と言うので実に気分がよかった(笑)。そこから彼女たちはゲーム三昧。

 こちら、夕方まで雑務に没頭。届くハズの原稿はまだ届かない。
 19時15分からのFFPのライヴ観戦のため、雨の中車で渋谷へ。前回、ツアーファイナルを見逃したおいらとしては今日のライヴは外せなかった。着実に演奏スキルというか、翻って言えば人間スキルを少し身につけたバンド4人の向上を見た。小さな積み重ねもやはり重要。明日のFFPに多いなる期待。

投稿者 yonezawa : 14:21 | トラックバック(0)

2014年 06月 28日

廃人の一日

10349213_573136426136797_2530720300707053654_n.jpg

 終日死んでいた廃人の一日。Rちゃんに腹筋30回やったらおもちゃ買う、といった約束をさせられたようなされなかったような。

投稿者 yonezawa : 14:22 | トラックバック(0)

2014年 06月 27日

スナックを探している

81XGpLhZhAL._AA1416_.jpg

 神保町で元団長とサシの会。音楽と友の話。幸運で贅沢なひとときに感謝。
 最終地の『ひで』はノーゲストだったけれど、後に馴染みのCMなど来店しいつものように呑んでいた。
 我が家の近所に住むCMが今日は自転車じゃないそうで、タクシー帰宅だと言うので「じゃあ送るよ」とそのタイミングで、今日の酒の塩梅も丁度よかろうとおいらも外へ。ところがドアから数メートル歩いた先に、ふいに見た顔を発見。
 よく知る編集者Yと、初対面となるお連れの漫画家Hさんだった。お互いびっくりしながらも「スナックを探しているんですよ。スナックがいいんです」という彼らの希望を聞きつつも、全く“スナック”の心当たりのないおいらは、「まぁいいじゃないか」と当たり前に合流を決め込み、近場のBarへ促した。
 気がつけば編集はギブアップとなり先に帰宅し、残った初対面のHさんとおいらの梯子酒。
 大変愉快で貴重な時間であったが時計はそろそろ早朝8時になる頃。Rちゃんが家に一人になる時間だと数回の着信とメールで知り、大反省で猛ダッシュで帰途に。アホなおったん。Y&、Hさんお疲れさまでした。

投稿者 yonezawa : 14:21 | トラックバック(0)

2014年 06月 26日

メモとサイン

X000031015p.jpg

 昨日のニュースで流てたけれど、「ボブ・ディランの『ライク・ア・ローリング・ストーン』の直筆歌詞(メモ書き)が、サザビーのオークションで204万5000ドル(約2億860万円)で落札」だそうだ。
 関連サイトによれば、この手の音楽の草稿としては史上最高額なのだと言う。アメリカ(ワシントンD.C.)ザ・ロジャー・スミス・ホテルの用紙に書かれていた単なるメモで、メモの中にはイラストも書かれてあった。いずれにせよ単なるメモだ。

 このような希少価値のものとはまた別なのかもしれないが、ジミー・ペイジがギターにサインをしなかったり、アヴリル・ラヴィーンがサインすることに相当慎重である、という裏には、一気にこうした法外な価格になってしまうことも起因しているのだろう。ジミー・ペイジはインタビュー中、高等するチケットのオークション価格についてそのようなことを語っていた。なんといってもペアチケット(2枚)を1900万円で購入したファンがいるのだから。
 ジミー・ペイジにギターを渡してサインを貰おうと思ったところで、その前の時点でおつきのマネージャー及び、有名専属フォトグラファーに制され、止められるのだ。ギターがあるとスタッフに「そのギターはプレゼントか?」と聞かれるので「そうだ、プレゼントだ」と言い、ある工夫を凝らしたあるギターを贈呈したところ、神がもの凄く喜んで下さったことが、生涯の宝となったのだった。

 ジミーもジェフもおいらがプレゼントしたあるギターを(捨てたりあげたりしてなきゃ)持っててくれてるはずなのです。

投稿者 yonezawa : 14:11 | トラックバック(0)

2014年 06月 25日

ジャンバラヤとNuvibe

muraji320.jpg

 一見、降るのか降らないのか分からない空の具合で、外に出たら霧雨程度の雨しか感じなかったが、報道や第三者からのメールだと各地で雨の相当降った地域もあったようだ。

 近場の老舗喫茶店にケイジャン料理のジャンバラヤがあることを先週知ったので、本日遅めの朝昼一緒の食事はそこへ。正午を随分過ぎてから頂いた。
 ジャンバラヤは、以前、沖縄の空港で食べた物件が個人的には最も印象(美味)強く、その日からあのテイスト、クオリティ並の物件を探しているのだがなかなか見つけられない。以来、飲食店のメニューにジャンバラヤの文字を見つけたら注文するようにしている。
 近年、数カ所でそれを見つけ食べるが、100%満足するような歓びはあの沖縄以来味わえていない。
 そこで近場の老舗喫茶店。中辛と辛口があると言うので辛口を注文。想像した物件とほぼ違わないルックスで品が出てきた。そこそこナイスではあったが。

 昨日、一昨日知り得た情報に、KORG(日本)製のNuvibe復刻ってのがあった。
 日本製でありながら、ジミ・ヘンドリックスの使用とその生産数の少なさから伝説化、超プレミア化している「シンエイ Uni-Vibe」の復刻版だそうで、あの60年代から国産のギター関連商品がROCKの本国を席巻していたという事実は今でも高まるエピソードだ。

 1969年のウッドストックでジミ・ヘンドリックスが奏でたギターの音は、それから40年以上経過しようとも、完全なる完成の体を成し、行き着いたファズ音であり、60年代後半に歪みは確立されていたことが明確に伺い知れる。それにもう一つのエッセンスを加えたNuvibeの存在は、実に大きな功績だと言えるだろう。

投稿者 yonezawa : 13:54 | トラックバック(0)

2014年 06月 24日

一杯だけ〆

muraji2.jpg

 吉祥寺でイースト吉田兄と待ち合わせ、焼き肉。近場にいたSも合流。
 いつもの「ひで」に移動し、闇太郎へ。たまたま先ちゃんが入ってこられたので合流。
 そして一杯。ホントに一杯だけ〆にいただいた。

投稿者 yonezawa : 13:53 | トラックバック(0)

2014年 06月 23日

きたあかり

Bmcw3NcCYAAuxWw.jpg

 土曜日の芋、品種は「きたあかり」だと判明。
 新橋寄りの銀座でお好み焼きと赤ワイン。西武線と徒歩で帰宅。

投稿者 yonezawa : 13:53 | トラックバック(0)

2014年 06月 22日

ROCKの名曲

Bmcv9_SCAAEstKP.jpg

 早速、昨日の芋を使ってフライドポテトとポテトサラダ。昨日と同じくらい美味い。

 午後からお友達のピアノの発表会に出かけたRちゃんとママ。
 一人、雑用とアコギの練習で小一時間。中学生の頃、好きで好きで仕方のなかったある曲のコードを初めてとってみたら小難しい発見だらけ。身に入れるにはなかなか至難の曲ながら、曲の放つ機微に酔いしれた。そつなくさらりと演奏された数あるROCKの名曲は、弾いてみて初めてその楽曲の奥深さを認識させられる。

 夜、吉祥寺で2名の輩と待ち合わせ。午前3時30分解散。

投稿者 yonezawa : 13:52 | トラックバック(0)

2014年 06月 21日

最高の休日

910WHZipdML._AA1500_.jpg

 朝8時過ぎに起床。朝食食べて外出の準備。Rちゃんには汚れていい服を用意してもらっていたはずだが、汚していい服とは思えない雰囲気のワンピースだったが、まぁよしとして身支度を手伝った。
 11時過ぎ、府中のH宅訪問。みんなで雨靴履き、徒歩で5分程度の1年契約(抽選)で借りているというH所有の畑に向かった。
 前々から誘われていた芋掘りにやってきたのだった。一昨年は同じ畑で3種類のプチ・トマト狩りに。
 3月に植えられたという4段層の芋畑をスコップで掘り越すと、ゴロゴロとジャガイモが出てきた。Rちゃん、8割方収穫のお手伝い。大きい籠2箱分の収穫で顔面からいい汗かいた。

 H宅へ戻り、早速フライドポテトと、たらこ入りポテトサラダ、普通に茹でた芋の3種類を頂いたがこれが美味いったらない。フライドポテトをほおばるRちゃんの感想は「マックよりおいしい」
 昼食はまさに芋三昧となり、食後、車で『府中市郷土の森公園』へ。郷土の森公園は、さまざまな施設が集合した複合的な公園となっており、シーズンにはまだだが、蓮の花をバックに散策。
 Rちゃんが幼稚園の頃、ママと乗ったカートに今回はおったんと乗車。運転はRちゃん。3周してご満悦。
 公園の遊具や消防車やSLなど本物の乗り物で遊びながら博物館へ入場したところ、あと9分後に『プラネタリウム ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検2~太陽系のひみつ~』が始まるナイスタイミングで、もしかしたらRちゃんとは初めて?となる長編のプラネタリウムを鑑賞。

20131207_dora300.jpg

おったん、少しだけ居眠りしてたようで、時折Rちゃんに肘でつつかれ起こされる。
 H夫妻と別れ、Rちゃんと2人でジャブジャブ池へ。代えのパンツを持ってきてなかったが、爆笑しながらどうしても腰まで浸かりたいというので、「好きにしなさい」と笑って諦めた。
 腰にタオルをまいてソフトクリーム食べた後帰宅。H夫妻の居たときにはやたらと大人しく、おしとやかな素振りでいたくせに、2人になればまぁよく喋り、ツッコミするわ爆笑するわのRちゃん。最高の時間繰りで過ごせた最高の休日となった。

投稿者 yonezawa : 13:51 | トラックバック(0)

2014年 06月 20日

高田馬場で一人

91b%2BCvxih9L._AA1426_.jpg

 高田馬場で一人飲んでいるというTからのメールを受け、遅い晩飯はゴールデン街で。
 Uのメールを受け、Uも遅れての合流。U少し久々。行き当たりばったりのライヴ呑み心地よし。ハングリーでたらふく食べて、久々の利しりで〆。Uに今日も感謝!

投稿者 yonezawa : 13:50 | トラックバック(0)

2014年 06月 19日

新宿住友ビル

81sSqmJBENL._AA1425_.jpg

 夕方、新宿住友ビルで行われたカルチャーセンターで獏さんの講演拝聴。
 立て板に水のごとき圧巻の講義が贅沢で感動で貴重だった。
 齢63歳で、同世代の他のどの作家よりも連載の本数を抱え、いつだって熱を持ってガシガシ執筆の手を止めない獏さんの活字体力は凄まじい。
 なんの保証もない作家家業の道を30年以上歩んでこられた創造主の業を見た。講演最後の〆の言葉がうっかり目頭に来そうだった。獏さんにとっての宮沢賢治や司馬遼太郎や大手拓次や萩原朔太郎が、おいらにとってのジェフ・ベックでありザ・ビートルズでありツェッペリンなのだと察した。
 様々なメディアで、もはや語りも完全なプロフェッショナルにこなしサバく獏さんは相変わらず魅力的だ。
 終演後、新宿界隈へ場を移し、労いの宴の末席に参戦。

投稿者 yonezawa : 13:50 | トラックバック(0)

2014年 06月 18日

えいや

61XgpSdi6dL.jpg

 悩みまくった挙げ句、8月帰省の便をえいやと確定。
 同時に帰省先の友に呑み日程の、確定メール一斉送信。
 新宿で重要打ち合わせを数件。
 解散後、文庫仕事でいくつかの仕事を交わしたMと久しぶりの親睦会。
 モノカキという職種にあれこれ思いをはせる深夜3時。

投稿者 yonezawa : 13:49 | トラックバック(0)

2014年 06月 17日

言わずもがな

61nc4PtCuwL.jpg

 夏休みに帰省させる家族の飛行機を予約せねばと思い立ち、ネット検索。
 マイレージを使ってのエアーを検索するが、すでに行きたい日時の便は乏しい。
 なんとか盆前の日程で往復のエアーを確保。同時に己の身の振りも早く決めたし。今回は帰省しようかな。海陸先生が最後の九州の旅と言っているので、それは現地で呑むしかなかろうと。

 夕方、ふいの連絡をもらい新橋・内幸町のモルモン屋へ。
 新宿を経由し、心を浄化させ、吉祥寺で先ちゃんと待ち合わせたところ、なんと先日取材で初邂逅を果たした名脚本家で映画監督のKさんがカウンター隣に。なんと幸運な。
 勿論、親睦の痛飲に努めたのは言わずもがな。即Aにメール。

投稿者 yonezawa : 13:49 | トラックバック(0)

2014年 06月 16日

バル

61gayrx%2B6NL.jpg

 ○○バルの店、最近増えまくり。
 開店の頃〜気になっていたスペインバルへ初訪問。食中、召集メールを受け、吉祥寺で呑んでいたKちゃんと合流。バルじゃないけど、イタリアンで赤ワインを追加補給し、いつもの「ひで」で常連とつるんで梯子酒。
 久々に〆の「ひで」ラーメンを頂くが、Kちゃん早くにおちて、ちゃんMとシェア。Kちゃん。めっきり弱くなったのぅ。
 

投稿者 yonezawa : 13:47 | トラックバック(0)

2014年 06月 15日

絶賛作業中

51eBgs9Nh7L.jpg

 昨日の夜中の作業で椅子で寝てしまい、そして本日早朝にはRちゃんの馬乗りで起こされることもなく、そのまま原稿リライト作業に没頭。

 午後一でテキストを確定させ、対談相手のお二人に原稿送信。彼らの確認するその間、Rちゃんと約束の卓球へ出かけ、出先でGJ編集長との内容を睨んだ打ち合わせを行いつつ、入稿スケジュールの確認。
 迅速なバックアップ体勢でいてくださった獏さん、寺田さんに大感謝。

 帰宅して2人の赤を反映させ、デザイナーMちゃんに投げたところ、これまた迅速にレイアウト原稿が上がり涙。この連係プレイは賞賛もの。Mちゃんに大感謝。
 再びレイアウト原稿をお二人に送信し、最終チェックとおいらの最後の赤を反映させ、後はデフォルトのロゴを後送にして明日の入稿データの上がり待ち。
 このスピーディーな流れは普通ちょっとないくらい。優秀な人材を知ることが編集者の最も重要な機微か。
 おかげで夜はRちゃんとゆっくりお風呂にも入れたし。明日、なんとか入稿出来る。

グランドジャンプ・プレミアム7月号
P239〜P242(6月25日発売)
★漫画[獏談]第二回 
夢枕獏×寺田克也 対談 
只今、絶賛作業中。是非!
http://grandjump.shueisha.co.jp/premium/

投稿者 yonezawa : 13:47 | トラックバック(0)

2014年 06月 14日

2万字を1万字

51cQc%2B2ymzL.jpg

 昨日と今日の夕方上がった対談起こし原稿を確認し、速攻でリライト作業開始。
 昨日1時間分の起こし原稿は準備できていたので、その部分だけはすでに2万字を1万字にリライトする作業を終えていた。
 追加の残り1時間分の原稿も織り交ぜ、怒濤の作業。もう怒濤。
 月曜日に入稿なので「大丈夫なのか?」という危ない時間を踏まえ印刷所に掛け合うが、月曜日中に入れねば見本誌が1日遅れてしまうという状態だと(知っていたけど)知り、切迫確定でデザイナーのMちゃんにもその旨通達。
 今回、土日の作業を快く受けてくれたMちゃんの手腕がすべて。

グランドジャンプ・プレミアム7月号
P239〜P242(6月25日発売)
★漫画[獏談]第二回 
夢枕獏×寺田克也 対談 
只今、絶賛作業中。是非!
http://grandjump.shueisha.co.jp/premium/

投稿者 yonezawa : 13:46 | トラックバック(0)

2014年 06月 13日

参観日

51%2BCYgZaXCL.jpg

 今日と明日がRちゃんの父兄参観日。
 大概、パパは土曜日に来るようだが、午前8時に起床しシャワーを浴びて9時過ぎには1限目の算数の授業を参観していた。
 2限目が国語。時折こちらを真顔でチラ見するRちゃん。3限目以降は課外授業とのことで、そのタイミングでおいらはおいとま。
 駅ビルで京樽のチラシ寿司を買って事務所で早めの昼食。

 一昨日、お誘いのメールを頂いてた篠崎誠監督最新作の映画試写会鑑賞のため、夕方、渋谷美学校へ。

投稿者 yonezawa : 13:46 | トラックバック(0)

2014年 06月 12日

超高級ホテルスイート・ルーム

41pnXroWfML.jpg

 午後、品川の超高級ホテルスイート・ルームにいた。
 やがて、本日対談を予定していた2人のもの凄い作家が順次到着。
 取材はスムーズかつ滞りなく進行〜そして終了。そのBさん&Tさんと、そのままモンベル本社へ赴き、Bさんも交えたモンベル代表の冒険家の方とのアウトドアな講演会を1時間30分拝聴。打ち合わせのないままイベントを推し進める2人の掛け合いに朗らかにさせられた。

 対談取材の材料をG誌Fに託し、Bさん&Tさんにご挨拶した後、記事ミーティングのため一人抜け、打ち合わせの場へ移動。

 Kちゃんと現地待ち合わせ、遅めの夕飯を寿司幸で。奇遇にも奥の部屋からM誌編集長で後輩のSとTが登場し、ビックリ。7月頃の呑みの約束を軽く交わしたりしつつ河岸を変え、以前新宿三丁目のBar:PainにいたHちゃんの店を探しあて、一杯だけスコッチのハイボールを頂いた。満腹中枢MAX。

投稿者 yonezawa : 13:45 | トラックバック(0)

2014年 06月 11日

労い会

10155803_10152952554084922_8947223166364100420_n.jpg

 当たり前のように霧状の雨。
 新宿三丁目でY兄と共にカメラTの労い会。Y兄を見送った後、怒濤の新宿徘徊。早朝、駅のホームでTを見失った。

投稿者 yonezawa : 13:44 | トラックバック(0)

2014年 06月 10日

DUDE TONE

jk_dude_tone_rhca102.jpg

 苣木寛之率いるDUDE TONEのライヴが下北沢Gardenで行われた。
 苣木さんは言わずと知れたTHE MODSのサウンドプロデューサーにして唯一無二のギタリスト。
http://dude-tone.com/
 荒削りなギターリフは心地よきファズサウンドとなってズシズシ突き刺さる。苣木寛之のギターサウンドは今夜も一流だ。
 洋楽ロックとは赴きも方向性も違うが、十代で受けたTHE MODSの洗礼は、このZPEPPELIN、BEATLES信者の心にも突き刺さるものがあったのだ。
 福岡市平尾の安アパートに住んでいた時期、LPだけは異様な枚数を保有していたが、THE CLASHの『パールハーバー79』のLPの横には、数少ない日本人バンドのLPとしてTHE MODSの『FIGHT OR FLIGHT』が並んでいた。そして、まさに初志貫徹。インターネットなどでも情報解禁とのMCを受け、微力ながらこのブログにも記しておきたし。

投稿者 yonezawa : 15:39 | トラックバック(0)

2014年 06月 9日

河豚が大根共々絶品

WILLSUCCESSSPOILROCKHUNTER-DVD.jpg

 昨日の夕飯の後、Rちゃんの散髪のために外出。髪を切り終え、ついでにヨドバシカメラでゲームさせて電池を買って帰宅する際、小雨が降り出し、ちょこっと濡れながら2人で大笑いしながら2人乗りの自転車で帰宅したのが愉快だった。
 
 昼前、家の窓から外を見ると気付かない小雨に、1Fエントランスに下りて玄関を出ると霧雨に気付く。
 梅雨明けが今から待ち遠しい。
 夜、上野でFとサシ飯。この河豚が大根共々絶品で驚く。女将の対応も素晴らしい。老舗名店の片鱗びしびし。
 ずっしりと新宿を経由し長い一日を終えた。

投稿者 yonezawa : 15:38 | トラックバック(0)

2014年 06月 8日

スクール・オブ・ロック

watashinootoko1_large.jpg

 馬乗り起床。その瞬間以降、もはや寝られるわけはないが、8時30分まで残り20分間の睡眠時間を意地でも確保。
 昼食の仕込みを午前のうちにやっておこうと下準備をし、プチトマトを洗ってたら隣にやってきたRちゃんが3コ食べてしまった。今日日、プチトマトの甘さは感心するほど。

 出汁味噌の豚そてい、サラダ、梅干し、賞味期限のそろそろな鯖缶などを食卓に並べ昼食をわさわさ頂く。「おにくのおかわりはないの?」と聞くので彼女におったんのお肉を半分シェア。おいらのこの光景は40数年前の母の配慮と重なった。自分の分の肉を誰かに半分シェアするなんて、学生時代の男には不可能な行為だ。

 米のストックが無くなりかけてたのでそれを理由にスーパーへ買い出し。小雨なので車で出発。色々買って8000円超えてしまった。

 我が家の娘は、一つの映画を何度も繰り返し観ると主張するケースがままあり、例えば『スクール・オブ・ロック』というおいら自身、フェイバリット作品の1本である洋画がRちゃんヘヴィロの1本となっている。毎回全部を観るわけじゃないが、もう30回では利かない再生回数。ジャック・ブラックの機微を気に入ってからは、もう呆れる程観たがる。
 この春、ビックリする程当たってしまった映画『アナと雪の女王』DVDの再生回数は今から予測出来る。

 午後から、Rちゃん:アンパンマンのおもちゃのピアノと、おったん:アコギで『アナと雪の女王』主題歌を軽くセッション。まだまだ相当いい加減な演奏ながら、この類の歓びは他に比較対象がない。そう、我がバンドの宝:T親子のアンサンブルが目映く羨ましいのだ。 

投稿者 yonezawa : 15:37 | トラックバック(0)

2014年 06月 7日

閃き

UCCD-9887_xuX_large.jpg

 馬乗り起床から一日が始まる。昼食ハンバーグ定食。

 夕飯はRちゃんの閃き発言で焼き肉に決定。想定した店舗に、以前、18時30分頃行ったところ1時間待ちのような状態だったので「土日のファミリー向け飲食店をなめちゃまずい」と心構え、一応18時からの予約を入れた上5分前に到着。まだ空席はあったが。
 だが小一時間のうちにそれなりの待ち客で入口が溢れ始めた。

 Rちゃんは遊びも食べる物も全部が閃きに近い感覚で発想し、その意志はほとんど瞬時に鋼鉄のように変更が利かない。「B案」という選択肢を聞くと「いやだ」というのが大概の回答。「いやだ」は口癖のようなものか。説得材料があれば話し合いの余地はあるが意志が固い。7歳児(笑)。……閃きのはずなのに。
 車で行ったので飲めなかった。飲まない場合の食事のペース配分はへたくそだと自認するまま、案の定ダラダラと喰いすぎた。

投稿者 yonezawa : 15:36 | トラックバック(0)

2014年 06月 6日

UCCD-1395_CQg_large.jpg

 雨。最低の一日の始まり。何も報われず。

投稿者 yonezawa : 15:36 | トラックバック(0)

2014年 06月 5日

天婦羅

the-girl-can-t-help-it.jpg

 担当分の6月刊コミックス本文、ようやく責了に。

 昼食は久々の天婦羅いもや。えび定食900円(えび4本、かぼちゃ、春菊で、大根おろし入り店つゆ、味噌汁、ご飯)にしたところ、天ぷら定食よりもえびがゴンゴン入っているが、他天ぷらの種類が少ないので「天ぷら定食+追加のえび1本」と頼むべきだった。っと、隣あわせたY共々心で考える。メニューを見ると「椎茸も食べたいなぁ」と際限がなくなる。ここの美味しいたくあん、どこかに売ってないかな。やや値上がりしてしまってたが早くて美味いのは変わらず。
 おいらが知るだけで26年以上は存在する店だが、ぐぐればどうも神田神保町にて昭和28年に創業した老舗だとか。

投稿者 yonezawa : 15:35 | トラックバック(0)

2014年 06月 4日

ギターの話だけ

The%2BDragon%2BSnake%2Bdisc%2B1%2Bdragon%2Bsnake%2Bdisc13.jpg

 よい天気。東京の梅雨入りはいつになるのか。
 漫画原作の実写映画『スイートプールサイド』、サイクリングムービー『南風』鑑賞。
 
 夜、渋谷ESPでKボスと待ち合わせ。
 仕事終わりの職人Iちゃんを囲んだ初の親睦会。Iちゃんは過去、おいらのギターも数多く作成してくれ、リペアもし、一時期はステージ袖に待機してギターテクまでやってくださったギター職人。
 「彼の労いの会はいずれやりましょう」と、共通の友人であったKボスとかねてから語っていたが今夜やっと実現した。
 丸9時間ほど、ほとんどがギターの話だけ。
 他から見ればある種異常な会話の中身なのだろうが、思考の大半がギターで構成される者同誌が集うとそのような夜になる。

 美味しい居酒屋で腹を満たし、西麻布のいつものBarで乾杯。ボスを見送った後も、1年以上ぶりになったBarHでさらに乾杯。〆も1年以上ぶりとなったカオタンの塩で一日が終わった。

投稿者 yonezawa : 15:34 | トラックバック(0)

2014年 06月 3日

銀座のはずれの和食屋

81g3v9Uo8DL._AA1500_.jpg

 中国地方、近畿、東海での梅雨入りも告げられたか。
 蒸し暑い日中、ギリ校了のコミックス数冊分の関連原稿を右から左へと中継。

 29日のライヴからわずか5日ほど、ほとんど弾かない日数が経過するととたんに指先のささくれだった皮が剥け始める。ほっとくと、柔らかいプラスチックのようなつるつる感のある皮質となり、そのまま弾き続けないと鍛えられた皮膚が一皮綺麗に剥け、また一から鍛錬を重ねなければブライトなアコースティック弦に対向出来る指先にはならない。
 
 銀座のはずれの和食屋でKちゃんとご飯。美味しいのでやや食べ過ぎた。
 店主のKさんが鹿児島県薩摩川内市出身であると前回伺い、心当たりのあるおいらも身を乗り出したのだったが、「川内市の居酒屋:暫を経営する、地元では有名な緑朗ってのが身内にいるんですけど御存知ですか?」とお伝えしたところ、「ああ〜緑朗。知ってますよ」と返事が来たので爆笑してしまった。銀座で偶然出会った店主が緑郎を知っている。なかなか奇遇な体験だ。深くは語らなかったけれども。

http://plaza.rakuten.co.jp/shibaraku69/
http://tabelog.com/kagoshima/A4602/A460201/46002761/

投稿者 yonezawa : 15:34 | トラックバック(0)

2014年 06月 2日

クーラーはつけなかった

61JIsjMLROL._SL500_AA300_.jpg

 夕べの寝苦しさもいきなりなり感があって、いきなり猛暑が来た感覚。確かに暑い。でも今日からクーラー入れると7月8月は一体どうなるのだ? という奇妙な強迫観念に陥りクーラーはつけなかった。

 昨日と変わらぬ炎天下の中、一日が始まる。編プロではもはやクーラーガンガン。
  
 夕方、ふいの集いの席に参戦。家族同然の友との酒。完全に無理をさせて遅くまでつきあってくれたHに大きく感謝。

投稿者 yonezawa : 15:33 | トラックバック(0)

2014年 06月 1日

扇風機付きのミスト

MXR%20M222%20Talk%20Box.png

 午前中、ネギ好きのRちゃんと素麺。Rちゃんネギは毎回おかわり(笑)。
 そのまま餃子と卵焼きとおにぎり弁当作って公園へ。

 ディズニーランドで買ってもらった扇風機付きのミスト(霧状の水)をおったんにふりかけながら追いかけるというのをやりたい!という意志を明確に語るRちゃんは爆笑しながら広大におっかけてくる。そのまま終始鬼ごっこ。
 これがいい運動。炎天下の中なので、水やアクエリアスなどを補給しながら、公園遊び、サッカーなど。いい汗かいたかいた。多分焼けた。

投稿者 yonezawa : 20:24 | トラックバック(0)