2013年 12月 31日

7回目の大晦日

haha.jpg

 Rちゃん7回目の大晦日到来。
 昨年の大晦日の記述を見ると、昼間においらは独り水汲みへゆき、ドライブした車中でRちゃんはTHE POLICEばかりを聴いており、遅い時間になってもRちゃんは『ねない!』と言い張っていた様子。
 そこから一年。瞬時の一年。
 本格的な大掃除をするノリでもなく、リビングや本棚部屋の簡単な掃除に止まり、実に平凡な一日を過ごした。
 風呂上がりの夜、Rちゃんを囲ってコタツに座り、みかんを食べながら特番鑑賞。
 「今夜だけ特別に、起きれるだけ起きてていいよ」と、本人にしたら夢のような言葉を受けながらも、もはやテレビにも集中してはおらず夜23時30分が限界だったようで、大きなあくびをして、ぼそっと「ねる」宣言。年跨ぎで元旦は迎えられず。惜しい、Rちゃん!

投稿者 yonezawa : 19:29 | トラックバック(0)

2013年 12月 30日

ガラス拭き

413Wky2h-yL._SL500_AA300_.jpg

 明け方まで年賀メール作成につき、昼間まで起こさないでと伝えたせいで11時の起床からおよそ1時間、パソコン作業に集中。
 午後からRちゃんもリビングのガラス拭きの掃除を手伝っていた。
 年賀メールが楽になったと言えばそうした部分も感じるものの、その量はアナログの比ではないほど膨れあがっているせいで、一言言葉を記すだけでも相当な時間を要する。同時にRちゃんの相手をしているとなかなか集中できないまま時間が過ぎ去ってゆく。
 夕飯の時間まで、1時間遊んだら30分パソコンのような繰り返しで、やれる範疇作業を進めた。

 深夜寝てしまわないよう今夜はノンアルコール。夕飯のハンバーグとレンコンを使った料理に舌鼓。
 年末のテレビ特番鑑賞でたけしさんを追い続けるだけで、あっという間に夜中になった。

投稿者 yonezawa : 19:26 | トラックバック(0)

2013年 12月 29日

総重量100kg

51ZAJV3NG3L.jpg

 いつものRちゃんによる早朝起床指令で、最近覚えたらしき「おはじき」遊びを強要される。が、我々男子は基本的に知らない遊びなので、インターネットでルールを雑に確認した。彼女がいつの間にかたくさん所持していた「おはじき」遊びを2回。

 朝はお茶漬け。昼食は、ここのところ毎回「Rちゃんもてつだうー」といって小さなイスを台所に持ってきて手伝いをやりたがる彼女と、鰺の開き定食のようなものを作った。
 Rちゃんには野菜を洗ってもらい、その次にはほとんど汚れてないボールやざるなどに大量の洗剤をつけて洗うだけ。物量に対して使う「大量の洗剤」を知り「勿体ない」と心で思うおいらは今も貧乏性だ。

 朝食で食べてなくなったお茶漬けを買い足しにいこうよとRちゃんの言うまま午後からスーパーへ。
 買い置きの米も切れたそうで、ついでも10kgの米を2袋購入。自転車の前後に20kg越えの物資と人間を乗せ、明らかに総重量100kg状態となったが普通に帰宅。

 鍵でオートロックを解除し、ロックを解除して郵便受けを見ること、玄関の解錠、お米のビニールの封を切る、お米を米びつに入れる……そこまでが全部共同作業。何もかも「Rちゃんもするー」ときかない。
 日がな一日、朗らかな時間がほとんどだが、我が儘が聞こえた際には軽く喝。
 至ってオーソドックスな夕餉のひとときを当たり前に過ごす、この幸せを忘れないようにせねば。

投稿者 yonezawa : 19:25 | トラックバック(0)

2013年 12月 28日

台湾及び中華な店

21dd251833b8007069b15d05bce111a7435d2a441367914684.jpg

 夕方、bambiリハへ3時間。
 どこもかしこも満員で数軒の店で入店を断られ、最後は台湾及び中華な店へ。外食での年内呑み納めはやはりこのバンドの時間となったる。一年を振り返る師走の感慨深さなど微塵もなく、考えるのは新春ライヴの完成度。是非とも成功に導きたし。
 

投稿者 yonezawa : 19:25 | トラックバック(0)

2013年 12月 27日

Char×ロバート・ブリル×佐藤準

41NXFVFKFRL.jpg

 公演の時期間近だったにも関わらずチケットを手配してくださったI社Iさんに感謝。六本木ex-theaterでライヴを観るのは今日が初めて。
 内容は『Char×ロバート・ブリル×佐藤準……1976年、Smokyを生んだ伝説のライブをいま再び! Char(Vo,G)、ロバート・ブリル(Dr)、佐藤準(Key)、澤田浩史(Ba)、Guest : ミッキー吉野(Key)』といったもの。
 Charのファースト・アルバムでドラマー担ったロバート・ブリルの生演奏を今この時代に聴けるなんて考えもしなかった。ロバートは77年春頃までCharバンドでドラムを担当している。つまりオリジナル「Smoky」のドラマーというわけだ。
 あの頃のジャケットにあったような白いスーツ姿で登場したCharはファースト、セカンド、サードに区切った3部構成でパフォーマンスを魅せた。
 ロバートが今も現役なのかどうかまったく知らないまま拝聴したが、ある意味、ファースト・アルバム(スタジオ盤)のクオリティ以上のタイム感だという印象。バリバリの現役なのだろう。Charとのアンサンブルも申し分のない素晴らしさ。きっと76年、77年頃の選曲はこうだったんだろうと思わせる内容で、あの時代に書かれた独特の世界観をコード感とメロディの匂いに感じとっていた。
 CBAのライヴでティム・ボガートの声を聴いた瞬時、会場が70年代に回帰した気持ちと似ている。
 想像したまま、今夜のコンサートは実に感慨深いものとなっていた。

713HW%2BAxpQL._AA1000_.jpg

 まるで何十年もセッションを続けているようなバンド演奏のこなれ具合には脱帽。このために集った面子でありながらこのクオリティは流石のひとこと。貴重で素晴らしい演奏といえた。

4154Q30FJRL.jpg

 終演後の控え室を訪ねたら実に豪華な面々で賑わっている。10月に発売され、2万字の原稿と21枚のディスコグラフィーを書いたcharムックの御礼をご本人にお伝えし、会場を後に。
 Iさん及び16年ぶりに再会した久々のYKちゃんらと立ち話。そしてYと池袋へ移動していつもの痛飲。よいコンサートの余韻に赤ワインも進む進む。

投稿者 yonezawa : 19:24 | トラックバック(0)

2013年 12月 26日

プロ釣り師K

413FE461KFL.jpg

 サンタさんから届いた「ジュエルペット ジュエルポッドダイアモンドプレミアム ピンク」を見せてもらえた。写真も撮れるそうで、見た目は完全にスマホ。限られた(登録した?)人とは通信も出来るとか。
 夕方、人気俳優Sさん事務所で深い深い打ち合わせ。
 事務所に戻り、まだ入稿やってるし。

 夜、久方ぶりのプロ釣り師Kとギター弾きKに、帰省直前のHが参戦で4人生姜鍋呑み。
 釣り師Kの充実した仕事ぶりの報告を受け、とても良い気分に。
 思えば釣り師Kとはもう24〜25年の付き合いになるのか。最もギター弾きKとは37年にもなるのだが。抱腹絶倒の夜がたまらなかった。

投稿者 yonezawa : 19:53 | トラックバック(0)

2013年 12月 25日

丸香

314AFDA2QPL.jpg
 
 Christmasカードの入った封筒の上書きに英語で「Merry Christmas」や、「Santa Claus」などの英単語を混ぜたこともあり、「本当に来たんだ……」という信憑性はより増すことになった様子。しかし次回のクリスマスまでサンタさん存在の意識は持つのか……。その感想は週末に聞いてみることにしよう。

 昼過ぎ、ご近所さんの“ちゃんM”が「米さんお薦めのうどん屋さんはここですか?」と写メール付きでLINEしてきた。どうも事務所近所の神保町のうどん屋に来ている様子だったので、お土産のコミックス数冊を紙袋に入れ合流。この時間(14時30分前後)でも人が3〜4人並んでいた。
 ちゃんMとは吉祥寺以外で初めて遭遇。そういえばちゃんMの仕事場もこの近くだったようで。彼女は同僚と来てて「美味しい〜」を連発。そうだろうそうだろう。よかったよかった。

 近年ほとんどがメール年賀となるものの、この時期になってやっと年賀状作成の状態に。しかし夜になっても何をどこでどうするのかが定まっておらず。
 イブもクリスマスも今夜も遅い時間まで地味にデスクワークで一日を終える。

投稿者 yonezawa : 02:38 | トラックバック(0)

2013年 12月 24日

怒濤

71dFQlQDF0L._AA1500_.jpg

 あー年賀状作れてねぇー。
 今ではほとんどメール年賀に移行しているが、来年は三が日過ぎた頃に発送の運び濃厚。どうだろう?
 作成者の某氏には迷惑ばかりかけており……いつも恐縮です。

 昨日、Rちゃんの釣った鱒に交じり、山女魚も1匹交じっていたので今朝の朝食に頂いたが、二匹並べて食べると山女魚の味のきめ細かさが際立つ。鱒よりも一回り小さな山女魚だがやはり一枚上手な味。滅多に食べないのでむきになって骨以外残らず完食。

 1月刊文庫の校了はまだまだ続く。
 夕方、ヤンジャン編集部へ生原稿を取りにゆき、某漫画家仕事場へ返却。
 神保町に戻り、文庫カバー校了。保険会社のNさんとの契約更新打ち合わせに20分。最近は打ち合わせに喫茶店を指定されるとカフェオレを飲むおいら。今年覚えたTeaのひとつ。40を過ぎた頃くらいから出されたら珈琲も飲むことにしている。

 来年2月刊のコミックス愛蔵版も早々と下準備中で0校の作成の依頼。先週には3月刊の0校作成依頼もすでに発注した。すべては怒濤の3月刊大量業務の前対策によるもの。
 しかし本日の最も重要な案件は、サンタさんからの手紙。
 深夜0時を回った頃、プレゼントの「ジュエルペット ジュエルポッドダイアモンドプレミアム ピンク」も枕元に。

投稿者 yonezawa : 18:01 | トラックバック(0)

2013年 12月 23日

マスの釣り場の渓流

555264_10151747558922996_444507205_n.jpg

 おでんは、家で喰う鳥入りの九州出汁の物件が一番好みで、夕べのみなさんにも好評でよかった。

 朝食で全員一同に介し、我々一家はそのままチェックアウト。午前中のうちに鍾乳洞へ行き、その寂れ具合に不安を抱きながらもヘルメット被って探検。足場が悪いのでRちゃんややウケ。転けたら結構危ない感じで、運動不足の自分も充分危ない。

 帰り際にたまたまマスの釣り場の渓流を見付け、Rちゃんに小さな釣り堀でやらせたところ、当然入れ食い状態で連続6匹釣り上げた。
 3匹は氷を詰めて持って帰ることにして、その場で1匹ずつ塩焼きで食した。もう絶品。
 管理人さんがRちゃんが釣ったことで割引してくれ、保存用の氷代入れて締めて2200円也。あたかも釣りがそういうもの(入れ喰い)だと勘違いさせてしまいそうな展開だったが、その笑顔は代えのきかないものだった。
 美味そうに食べてもくれて最高だったが、あの水の冷たさたるや大変。生きたマスを素手で掴んで針を外したのは35年ぶりくらいだったかも。
 夕方帰宅し、温泉の粉をお風呂に入れて入りたいと主張するRちゃんと風呂場で温泉気分で楽しんだ。

投稿者 yonezawa : 18:01 | トラックバック(0)

2013年 12月 22日

おでん他

817H-GaeKcL._AA1378_.jpg

「bambi忘年会はあきる野市の温泉で」と、幹事からの通達で相当前から決まっていたが、メンバーがしっかりしているせいで前々日までまともに考えていなかった。
 仕込んで持って行く食材などは前日に確認して準備万端。

 当日の今日、衣類もあわせてものすごい荷物の量になったのを見たRちゃんが「たったいっぱくなのに……」と真っ当な反応。
 荷造りを終え、車まで3往復で荷物を詰め込んだ。おったん大変。
 14時30分を回った頃、道中、給油時間を挟みつつ出発。そして17時前後着。
 目的の地「瀬音の湯」は以前、水汲みの後、休憩と昼食で立ち寄ったことのある場所だと思い出した。
 早速温泉に浸かった後、bambiチームの部屋へ集合。
 おでん他、それぞれが作り持参した肴で思い思いの酒を汲み、2013年度bambi忘年会が開催。

 なんらいつもの吉祥寺の夜と変わらない愉快な酒なのだが、はだけた大先生の衣装がいつもと違う場所と空気を認識させてくれた。
 このバンドも決してキャリアの短いバンドではなくなった。絆で繋がったままのメンバー。大先生はすでに400何曲目かになる、恐ろしい難易度の高いオリジナルを思いついておられた様子。
 大先生の居酒屋料理も美味で、舐められん!

投稿者 yonezawa : 18:00 | トラックバック(0)

2013年 12月 21日

久々のリハ

719G7Olub9L._AA1378_.jpg

 吉祥寺ペンタへ久々のリハ。
 バトル(セッション)の度に演奏の機微を確実に伸ばしてくるメンバーの技量に気づくと高揚感はマックスに。メンバーがどのくらい音の配慮を心がけているのか、その感触が音で伝わる瞬間の歓びは他に類するものがない。
 リハ後、T&Tに送って貰い、彼らからRちゃんへの誕生日&クリスマス・プレゼント。その配慮にはリハの躍動感以上(笑)に感謝!

投稿者 yonezawa : 17:59 | トラックバック(0)

2013年 12月 20日

それぞれ7割ほど

718XvopqKTL._AA1400_.jpg

 吉祥寺のHで知り合ったKとは「そのうち呑もう呑もう」と話していたが、1月前にようやく本日の日程が決定。待ちに待った一献は今日も新宿。
 諸事情あって酒は酒屋で購入し、日本酒と芋焼酎の4合瓶を2本初の持ち込み。
 鮮魚を肴に、それをそれぞれ7割ほど呑んだ(笑)。
 温かい仲間に守られ、苦難を経験し、真摯に生きる者がどのように輝くのかを食事の間、目の当たりにしつつ、妙にグビグビ入る初モノの芋焼酎に舌鼓。K、最高の夜をありがとう!

投稿者 yonezawa : 17:59 | トラックバック(0)

2013年 12月 19日

現役世代の我々よりもスピードの速いトーク

519zfRjNA5L._SL500_AA300_.jpg

 元ニッポン放送代表の亀渕兄を囲んで、イースト吉田兄、なべちゃん、亀渕さんのお誘いくださった元S社Tさん、Yの面子。
 少し前に偶然、飛び込んで刺身も鍋も美味かった居酒屋に場を決めた。
 その世界でトップを極めた人、あるいはトップの人間と仕事をする人たちとの酒が面白くないわけがない。
 むしろ現役世代の我々よりもスピードの速いトークで、まるでラジオの生中継を聴いているような錯覚に陥る。応戦するおいらも歓びに満ちながら本気で返した。真剣を抜く瞬間と言える。延々このまま終わらない酒であったらいいのに……と時間経過と共に名残惜しい。そして芋焼酎の夜がどんどん更けるのだった。皆様、ありがとうございました。

投稿者 yonezawa : 17:58 | トラックバック(0)

2013年 12月 18日

初体験の面々がすでに呑み交わしている

511GO04546L.jpg

(集英社ではない)S社のKさんと打ち合わせを兼ねた初のサシ飯。
 場は、「普段米澤さんがいかれる店でお願いします。行ったことのないゴールデン街がいいです」と言うので、Hで待ち合わせ。
 ところが今日は、別口で中学の同級生で我々のスターであるMが上京する日。彼らはアスリートクラブのコーチ陣であり、Mは監督。関東近郊で大会があって大分県から遠征でやってきたのだった。このタイミングで会わない手はない。しかしながらこちらは仕事の打ち合わせを兼ねた親睦会。迷ったところ、Kさんに事情をお伝えし、「打ち合わせ後に合流するのは差し支えありますか?」とメールしていたところ、「喜んで参加させてください」と嬉しい返信が。
 ところがおいら、入稿の都合で待ち合わせの場にやや遅れて到着したところ、なんと初体験の面々がすでに呑み交わしているではいか。なんという打ち解けのスピードなんだ。おいらも、全員も爆笑状態。
 おいら合流の後は、少し離れた席で30分ほどの打ち合わせ時間を設けた。
 そして再び全員合流でたまらない酒を飲み交わすのだった。全員、朗らかで素晴らしい輩であるなぁ。

投稿者 yonezawa : 17:58 | トラックバック(0)

2013年 12月 17日

谷口さん忘年会

416TV951BYL.jpg

 吉祥寺の居酒屋で谷口さん忘年会。今回は音頭を取る幹事がおいら。急に日程限定で決めた会であったが、全員が参加を果たしてくれた。さすが、谷口さん人気は不動。
 参加者全員がどういった性格の者でどういった温かさを持った者かを知っている場というのは酔いに異様な拍車をかけることとなり、今夜もその流れに逆らわないおいら。
 梯子酒で付き合ってくれたO&Hとのバー呑みもたまらなく愉快な酒。当たり前だ。みなさま、お疲れさまでした。

投稿者 yonezawa : 17:57 | トラックバック(0)

2013年 12月 16日

突然HP&メインmailの不通

416KWJ5S3QL.jpg
 
 突然HP&メインmailの不通で皆様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。本日全部が落ちてしまい、19日未明に復旧しました。その間、戻ってしまったメール送信者のみなさま、現状復帰しました。
 果てしなく忙しい中、尽力してくれた管理人Mに大感謝。

 夜、メールで約束したNちゃんとは忘年会になってしまうのかな。
 近所のビアバーで夕飯、一年総決算の親睦会。赤坂のバーへ梯子し、「来年マッサージ店を起業する」というIと乾杯。最後のたこ焼きやでNちゃんとの忘年会を終えた。Nちゃんの物腰が好きなんだなぁ。
 おいらはまたしても、一人のこのこ初のラーメン屋へ。
 充実のハイボールが帰途に就くタクシーで効いてきた。

投稿者 yonezawa : 17:56 | トラックバック(0)

2013年 12月 15日

沖仁のコンサート

41gmuda%2B1wL.jpg

 Bunkamuraオーチャードホール会場入口でなべちゃんと待ち合わせた。
 今夜はフラメンコギタリスト:沖仁のコンサート。
 内容を記したフライヤーには……「石塚まみ(Pf), 島裕介(Tp), ホセ・コロン(Per)。スペシャル・ゲスト:上妻宏光、木村大、coba、野崎良太(Jazztronik)、渡辺香津美、他。」とあった。
 この「他。」の部分がファンにとってはひとつの肝でもあり、豪華ゲストとの贅沢なコラボを経た後、(飛行機の都合で来られるか否か直前まで分からなかったという)ギタリストの押尾コータロー、さらにはあの玉置浩二までもが登場。
 年齢層の高い女性客の多い会場は一気に朗らかな空気に包まれた。

 個人的な目的は木村大と沖仁との超絶技巧なヴィヴァルディの協奏曲、通称『四季』を聴くこと。すでにライヴでも彼らの共演は拝聴済みだが、沖仁のレコーディングで正式に共演した後のテイクには目を見張るものがあり、椅子を握りしめ、高まる集中力の極み、技巧の妙に釘付けとなる。「何年練習すればあの境地にたどり着けるのだろうか……」と途方に暮れさせる嫌らしい(笑)技の連発で、終演後の控え室では嫉妬混じりに大を労った。
 このコンサートで得た情報としては、沖仁はバカテク・ギタリストであると同時に、それを上回る素晴らしい人間性の持ち主であるということだ!

投稿者 yonezawa : 17:56 | トラックバック(0)

2013年 12月 14日

THE MODS

DSC_1742.JPG

 朝、Rちゃんを見送り、昼まで爆睡。下校したRちゃんが押したインターフォンで再び起きた。
 Rちゃんに餃子を焼き、食べ終えた頃、同級生のKちゃんが我が家へ遊びにやってきた。彼女はお弁当を持参していたが「Kちゃんも餃子食べる?」と聞いたら「いいんですか?」と礼儀のわきまえた回答が返って来た。自分の分から3個お裾分け。
 2人でドレスを着たり、テレビを観たりとリビングで遊んでいる間、父はデスクワーク。
 2人が夕方まで外で遊びに出た間の30分ほど仮眠。17時前には渋谷AXへ向かう。彼女らと1Fですれ違ったところ、Rちゃんが「いったらだめ! どこいくの? なんじにかえってくるの?」と言うので「(午後)9時30分かな?」と答えた。

 今夜は渋谷AXでのTHE MODSライヴ。
 盤石の安定感。歴史の重さが今日も感慨深し。「ロックはやせ我慢」森山さん最高のフレーズだ。終演後、メンバーのみなさんにご挨拶、そして渋谷のGAPで買い物して帰途に。
 21時30分ピッタリに帰宅出来てホッとした。

投稿者 yonezawa : 17:55 | トラックバック(0)

2013年 12月 13日

ホロッとくる酔い

91t7cyJm77L._AA1425_.jpg

 昨日届いたDVDの映画『TURN IT UP!』鑑賞。
 21時を回った頃、Uとホーム待ち合わせ、新宿『ひろ喜』へ。
 最近はビールをほとんど呑まないので1杯目からの芋焼酎でホロッとくる酔いが心地よし。
 久々の魚を肴に豪華な晩餐を堪能。彼とは今年最後の酒になるのか。ふいに今日の機会を得られラッキーだった。Uの感性はいつも正解だ。数軒の梯子酒。
 明け方、始発も動き出したJR中央線のホームに行ったらば、お茶の水辺りのトラブルで運行の見通しがたたずとのアナウンス。15分待ってもまだ東京駅から電車は動いておらず、相変わらず運行の見通しがたたないというアナウンスが続くので丸の内線に移動。
 こちらは次の電車は30分後の発車だと聞き、とても待てる精神状態でなかったのでタクシーで帰途に。
 帰宅した30分後にはRちゃんを玄関まで見送らねばならぬ。

投稿者 yonezawa : 17:55 | トラックバック(0)

2013年 12月 12日

映画『スノーピアサー』

91Q6oiIH00L._AA1500_.jpg

 寒くなったので、午前に風呂を沸かして飯喰って仕事へ向かう。
 先週先々週とまるで試写に行けず、年内の鑑賞を予定していた多くの映画を見過ごすこと確定。
 映画『スノーピアサー』の取材記事に追われる中、グランドジャンプ誌に掲載予定の記事レイアウト第一便が到着。スペースの都合でノーカットから1/4程の量にはなってしまうのが心痛いところながら、本年度の最後となる映画案件としては個人的にも盛り上がれた。
 遅めの夕飯は、T氏と神楽坂。初のイタリアンをいただき、銀座のワインバーへ梯子。最後は『KINOKO』で〆。喰いすぎた不思議な夜。

投稿者 yonezawa : 17:54 | トラックバック(0)

2013年 12月 11日

OOY忘年会

mmi_otomo_04.jpg

 気がつけば待ち合わせ時間の18分前。慌てて地下鉄へ駆け込んだ。
 通常30分は見るべき場所にジャスト18分で到着したのは、乗り合わせのタイムラグがほとんどなかったから。1本前の都営線は人身事故で随分遅れたそうなのにラッキーだった。最寄り駅に着いたらそこから大勢の通行人をごぼう抜き。

 OOY会待ち合わせの新宿『鳥源』の店の前に着いたとたん、後ろからOさんの声が。
 まさにジャストで2名が到着。30分ほど遅れて新橋方面から合流されたもう1人のOさん到着。
 最も早い時期、能動的に決めたオフィシャル(?)で重要な忘年会を兼ねたOOY会開催。
 コース料理をお願いし、水炊きから雑炊までお腹ぱんぱんのメニューを食した。
 この店には芋焼酎はなく米焼酎。しかも41度と高濃度の焼酎だ。ここに来た時に限り、米焼酎を頂くのだが、これがまた鍋にも合って美味い。鹿児島県日置市産の物件。

4905991164051.jpg

 仕事関連の話からプライベート、そして政治の話からゴシップな話題まで、OOさんとの席はためになる場でもあり、情報収集の場でもあり。おいらはどんな話も彼らには包み隠さず話せてしまうという不思議な感覚に毎度包まれる。とても15歳も年上世代の方々とは思えない距離感を勝手に感じてしまっている。お二人とも髪の毛が白髪になった程度で、現役時代となんら印象は変わらない。白髪はこちらもそこそこ負けてないし(笑)。

 前回のOOY会時よりも、ちょっと酒量が多いような気をさせてくださったお二方。一緒に呑む仲間が沢山呑む様というのは、飲んべえにとって嬉しいものであり、今夜はほのかにこみ上げる嬉しさを感じていた。
 丁度よき塩梅で一次会はお開きとなり、お二人をお見送りした後、おいらも大人しく帰途に。OOさん、(まだ半月残っていますが)今年もありがとうございました!

 書かねばならないレビューの音源を、寝る前にもう一度拝聴しておくとするか。

投稿者 yonezawa : 17:53 | トラックバック(0)

2013年 12月 10日

七面倒くさいプラン・夜忍戒

261440_473356702715392_979347614_n.jpg

 午後、入稿の合間をぬい、神3ビルで最重要ミーティング。
 ここで語られた内容が果たして1年以内の時間が経過したときにどのような展開をみせるのか。期待も懸念も入り交じる準備期間ながら、毎度毎度究極のこのテーマだけはモチベーションは上がり、なんだか冴える。

 やたらと遅い昼食に牛丼並をかっくらい、その足でauショップへ。携帯電話の通話時間の少なさを踏まえ、従来の料金設定を見直し、さらに安くなるプランを見直した。
 携帯の料金プランは機種によって変わるようで、この七面倒くさいプランを考えぬいた関係者の思考を想像した。

 およそ1クールごとの夜忍戒は忘年会も兼ねて新橋寄りの銀座で。
 細い路地にある隠れ名店で珠玉の和(洋)食を食す。ミシュラン名店でナンバー2だったらしきシェフが切り盛りする店──とのことだが、基本的に立ち飲みというスタイルの中、1個だけ設置してあった4人がけのテーブル席に陣取った。
 夜忍戒の面々、1年間、お疲れさま。 

投稿者 yonezawa : 01:24 | トラックバック(0)

2013年 12月 9日

手塚赤塚賞パーティ

1069232_497200083696989_1337818126_n.jpg

 ややブログを書く気持ちにならない程、押し迫る原稿のタイムリミットがありながらも一言。
 この2〜3年、師走恒例行事となる手塚赤塚賞パーティ出席のため、帝国ホテルへ。
 集英社第四編集部パーティ時よりも知り合いは格段に少ないので、歓談の狭間、それなりに立食で胃袋を満たす。
 元ボスで現関連会社社長のYさんと映画談義で最もこの場の時間を割き幸せ。
 Yさんにはご挨拶したい方々が列を成しており、話を伺いながらも皆様方の方が気になり冷や汗。長きに渡る映画通・映画マニアな氏のマインドには今日も脱帽だった。赤ワインはたった3杯。
 関係者各位への一通りのご挨拶を終え、翻って会場を後に帰途に。

 あー、知らずに前半の閲覧欠けてしまった、無念。B級ニュースを芸人たちが殿にプレゼンする『ビートたけしのTVタックル 特別編』秀逸。そして、司会:東野幸治。メイン・コメンテーターに松本人志とゲストを迎え、芸能 ニュースや時事問題など、さまざまな話題や人物を取り上げていくワイドショー『ワイドナショー』に魅入る。

 深夜から徹夜での原稿執筆に燃えた。

投稿者 yonezawa : 11:13 | トラックバック(0)

2013年 12月 8日

掃除

417mdmq0CCL.jpg

 父は49歳になり、娘は7歳になった。
 午前起床。Rちゃんの残したクロワッサンを2個を朝飯に。

 昼食、唐揚げに鰤の刺身、ほうれん草中心の野菜炒めなど。
 食後、徒歩で最寄り駅まで歩き、Rちゃんの散髪。前髪を眉の辺り、裾を4cmカット。

 ここのところの部屋の混沌に耐えられなくなり、今日は朝から部屋の掃除と決めていた。Rちゃんにゲームをさせる間、とにかく今日出来うる限りゴミの破棄と整理と掃除。
 本棚にたまった埃も大変で、よくもまぁこんなに埃とは溜まるものだと感心するほど。
 夕飯どきまで徹底的に片付けるが破棄するゴミの絶対量が少ないのでスペースを整理したにすぎず、モヤモヤは未だ継続中。以前、選抜した本を更に選抜し、ギターも整理し、増え続ける家族全員の衣類をいつの日か処分せねば新たなスペースは出てこない。
 夕飯、焼き魚、豚汁、残ったポテサラ、野菜炒めなど。
 大掃除まで、今一度悩みたし。

投稿者 yonezawa : 09:46 | トラックバック(0)

2013年 12月 7日

7歳の誕生日

20101202163932236s.jpeg

 7時30分起床。「きょうはRちゃんのたんじょうびだから、お・き・て」っと、まるで2文字足りない「お・も・て・な・し」みたい。
 渋々起き上がったらばRちゃん、「い・ま・で・しょ……(元気に)いまでしょぉー!」と応用した。そこら辺、もう手が抜けない。
 THE MODSのベーシスト北里さん、寺田克也氏に誕生日おめでとうメールを送信。

 午前中、駐車場でリップスティックに90分。父は地面に座って『大江戸恐竜伝』2巻の読書。
 Rちゃんが2つ年上の近所のおねぇちゃんらと遊びだしたので一人帰宅し、鰺フライと唐揚げ、ほうれん草、もやし、エノキ炒めなどで昼食の作成。出来上がった頃、Rちゃんも帰宅した。

 ご飯を食べた後、先日撮影した写真館に七五三写真の仕上がり確認へ。膨大な量のカットから、グラビアやら取材写真現場で鍛え上げたスキルを発揮し(笑)、ポージング、表情としての決定的な1枚をテキパキ選択。
 それでも、17枚(に決めた)写真のセレクトとアルバム、2人の母へのアルバム×2への採用写真etc...と選んでいたら90分ほどかかってしまった。
 価格は締めて106000円。驚愕。先日の撮影代(確か)2万円弱を合わせると、およそ125000円前後の価格となった。ほとんど、仕事で使う我々にとっての業務用フォトスタジオ使用料のようなものだ。
 Loftでアイカツ・ゲームに1時間強。今日ばかりはなにもかもが本気のお姫様。プレゼントは、すでに欲しいバッグと財布という注文があったそうで、すでに購入し持ち歩いていた。特に今日ならなんでもまかり通ると勘違いしている節があったので、少しだけ叱咤。男の子なら拳骨のシーン。

 夕飯は「おすし(マグロ類)がいい」と言うので、鮮魚店で購入し、ついでに試食してナイスだったハマチのブロックもゴツンと購入。
 先に2人を帰宅させつつ、おいらは1時間のみbambiリハに合流。
 知らない間に書き上がっていた新曲が、すげぇかっこよくてワクワク。そこでVo.ハルコの歌唱力の向上を間違いなく察知した。

 メンバーには申し訳なかったがバンド飯には行けず、リハの終わった瞬間ケーキ屋へ直行。
 チョコ、ショート、モンブランetc...なんとなく「それだろう!」と思われる物件を2人×2日分購入して19時15分には家に居た。

 丁度夕飯の準備が整い、Rちゃん7歳の誕生会を改めて開催。終始ご満悦の彼女。お寿司を食べて、刺身を食べて、おったんは芋焼酎飲んで、クラッカー鳴らして。
 THE POLICEとLED ZEPPELINのトリビュート・アルバムを聴いた。

投稿者 yonezawa : 09:48 | トラックバック(0)

2013年 12月 6日

音楽談義を共有

d91a7b5f2268fa65014e9fdc514275db-300x300.jpg

 19日発売の単行本をここまで引っ張りながらも無事責了を迎えた。
 2回催促しても来なかった印刷所からの進行表は見ないまま、すべての入稿が終わった。このケースは初めて。

 そしてこんなケースも滅多にないが、今夜は諸事情あって西麻布待ち合わせ。スーパー・ベーシストTとサシのカジュアル・フレンチ。滅多にないパターンの重要な一日。

 気持ちのほとんどを彼に伝え、最も興味深い音楽談義を共有する時間が贅沢だった。
 ものを見つめる目線が的確であり、かつ雑学王。その上大人で、優しいマインドの持ち主。家族を愛し、心の澄んだ子供達2人をパーフェクトに育てあげたTの凄さに今夜も脱帽。

投稿者 yonezawa : 09:47 | トラックバック(0)

2013年 12月 5日

学資会館と吉祥寺

281666_10151292714347488_299159865_n.jpg

 夕方、学資会館、ホーム社忘年会へ。
 諸先輩方へのご挨拶&歓談。集英社で漫画編集者になりたての頃の先輩方がすでに還暦を迎えられた方々も少なくなく、今年も感慨深い気持ちになる。年々その感慨は強くなる気がしている。己が年を取るハズだ……と考えながらも。

 パーティを中座し、入稿のため帰社。
 雑務を終えた後Sと待ち合わせ、今夜は吉祥寺飲み。
 ハーモニカ横町で飛び込んだ居酒屋はなかなかコストパフォーマンスの高き物件。もっと愛想と間がよかったら評価は◎だったのに。
 二軒目はいつもの『ひで』に。
 いつも常連といつもの世が更けた。Sとこの時期に飲めて幸運だ。感謝。

投稿者 yonezawa : 00:59 | トラックバック(0)

2013年 12月 4日

下北沢251

61HV909HXKL._SS500_.jpg

 下北沢のライヴハウス251は確か20年くらい前に、当時の自身のバンドでライヴをやったことのはるハコ。なんでも今年20周年を迎えたそうなので、きっと創業時に近い頃のライヴだったのだろうと回想した。

 本日は、101Aのライヴ観戦に訪れた。アジアツアーも終え、来年はオーストラリアツアーも決まったという彼ら。幻想的で他では体感したことのない不思議で独特の世界観を構築するバンド。何のコードが鳴っているのか分からない曲ばかり。今夜も我が道を歩む101A。

 終演後、斜め向かいの焼き鳥屋でKと遅い晩飯で一杯。
 やがて101AのギターNが合流し、小一時間の乾杯とお疲れさん会。バンドのことだけを考えているNの野心は同じギター弾きとして称賛に値するものだ。

投稿者 yonezawa : 09:45 | トラックバック(0)

2013年 12月 3日

韓国映画界の鬼才×日本屈指の脚本家

41VdvNTJcRL.jpg

 韓国映画界の鬼才:P監督への単独取材、そして日本屈指の脚本家:K氏との対談というWヘッダー取材でてんこ盛り。
 P監督はおいらにとってフェイバリット監督の最たる一人で、もしもお会いできるなら当然エントリーしたいと考えていた。今回は宣伝Wさんからのダイレクトな密告(笑)により、実にスムーズに取材までの段取りが進行された。気負いのないP監督の物腰は想像していたものと近く、大変穏やかであり、時折爆笑する局面も得ながら滞りなく取材は修了した。さすが、内容は濃い。
 間に短い他取材を挟み、流れるようにK氏との対談へ。
 あらかじめ、P監督サイドにはハングル文字での個人的なメッセージと、K氏のDVD&Wikipedia韓国語に翻訳してもらった資料をFedEx済みでいた。そしてK氏はP監督の大ファン。2者の対談はとてもフレンドリーかつ朗らかな空気に包まれた。そうした対談の内容が面白くならないはずがない。持ち時間90分はあっと言う間に過ぎ去り、後ろ髪を引かれながらも持ち時間をめーいっぱい使って終了。

 師走に向かってグイッっと起伏を見せた、今年最後の大きい取材。

投稿者 yonezawa : 09:44 | トラックバック(0)

2013年 12月 2日

エラー・メール

81.jpg

 午前中の目覚まし時計で飛び起きた。今日は朝から写真館での七五三撮影日。
 夜、敬愛するHさんとの貴重な夜。

 米澤携帯宛のメール及びパソコン宛のメールは全てを事務所パソコンに転送させており、2重3重にチェックし、業務及び遊びの漏れを防ぐようにしていた。転送機能の恩恵は重大。
 ところが、ふいのサーバー上の不可解なトラブルにより転送不可の機能障害が頻発。先方には意味不明の大量のエラーメッセージ(場合によっては4〜5日のタイムラグで)が返信され、ほとほと困惑した。
 最も迷惑をかけたHP管理者と、全ての仕事関係者&メル友にまずは陳謝&恐縮。
 明確な原因は突き止められないまま、とりあえず転送機能は解除することに。M 、超多忙な中、何度もごめんね。多数の皆様に大変不愉快な思いをさせることとなってしまい、ごめんなさい。
 今日の時点で5日前のエラー・メールが来るので、大変恐縮ながらあと1週間は様子を見て頂き、それでも妙な英文エラー・メールがいくようならダイレクトに米澤宛にお知らせくださいませ。この度は失礼いたしました。

投稿者 yonezawa : 00:35 | トラックバック(0)

2013年 12月 1日

仁王立ち

4153MZEFS1L.jpg

 ばりばりの気怠さで午前中は×。ちゃんと起き上がれない父に怒り心頭の娘。
 横になったまま動物将棋で対戦するが、駒がよく見えず相当適当な戦いに。

 とりえず、昼食の餃子作りと唐揚げ作りで強引に目覚めたが、まぁ覇気の無い午後。早朝6時に目覚めたらしいRちゃんも時折あくびをしていた。
 リハの時間まで小一時間仮眠をとろうと部屋に籠もって横になったところ、しばらくしたらリビングからやってきたRちゃんがドンとドアを開け、仁王立ち。
 しばらく立ったままでいる。何かを考えている。薄目で見たところ無言でこちらにずんずんやってきて、おいらの隣に普通に滑り込んで寝てしまった。やがて、ものの1分にしないうちに寝息が。彼女も眠かったのだろう。
 その寝息を聴きながら、結局寝付けないまま身支度を始めオールド1本を抱えて車へ。

 ナビで40分。 朝霞市の『アベル1』は初訪問となった。1月にライヴを控えるLRの今シーズン初リハ。鈍りまくった身体にかつを入れ3時間の汗をかいた。完全リハビリ状態。しかし記憶を探りながらの初日としては問題なかろう。
 痛烈なリズムの嵐の中、ゾクゾクする山場がたまに押し押せるので、そのフレーバーを確実に捉えたし。

投稿者 yonezawa : 14:18 | トラックバック(0)