2013年 05月 31日

今年のメンバー

issue2_interview-Gretchen-Menn_photo-03.jpg

 夕方、6/10失速ライヴ用の神保町リハーサルに初めて今年のメンバー一同が集った。
 本番10日前になって曲も完全に確定していないという危機的展開ながら、最終的には辻褄を併せるべく、ともかくリズムと構成を意識しての2時間。難解フレーズ部分の意思の疎通を念押し。
 リハ後、全員揃うのは1年ぶりの面子で九州居酒屋。深夜2時まで呑んだのはKとおいら。2本目の芋キープ。

投稿者 yonezawa : 19:01 | トラックバック(0)

2013年 05月 30日

日本武道館

13ec151d.jpg

 昼間、S社Gっさんより電話。
 昼間、おいらによく似た人をみかけ、突然おいらのことを思い出したそうで、今日の武道館:平井堅コンサート「Ken's Bar」へのお誘いを賜る。
 うっかりしていたそうで、当日の連絡を恐縮されるもどんな案件であれ、Gっさんのお気遣い程嬉しい知らせなどあるものか。
「Ken's Bar」シンパ伴侶と、強制でRちゃんも同行を余儀なくされ、夕方の日本武道館へ。関係者受付でパスを頂き、1F正面席で観戦。
 諸事情あって、おいらは二部を観ることなく某編集部へ帰還。Rちゃんは二部ではほとんど寝てた模様。
 編集Nちゃんと様々な打ち合わせを小一時間。そして夕飯の焼き肉を共にした。

 深い時間、ゴールデン街Cabochardを数年ぶりに訪れ、Kちゃんの声がけで独り高円寺へ。
 完全にオチてしまいたい時間の、まさに限界な午前4時、おいらのかけ声で座はお開き。丁度小腹の減った、ラーメンへのもの凄い誘惑に打ち勝ち、数件のラーメン屋、定食屋、牛丼屋などを500Mほど歩いてわざわざ舐めるように通過した後、タクシー帰還。自分を試す。こちらもギリギリ。

投稿者 yonezawa : 15:03 | トラックバック(0)

2013年 05月 29日

でびっと お茶の水店

issue2_interview-Gretchen-Menn_photo-01.jpg

 スーパーデザイナー:ジェニアロイド小林が「斑鳩@九段下」に立ち寄った頃、おいらは明日で閉店してしまう「でびっと お茶の水店」を訪れていた。
 考えてみたら、この店一番の豚骨醤油ラーメン味玉入りは食べたことがなかったので、明日の閉店を前に初チャレンジ。
 結果、おいらはつけ麺と塩ラーメンがやっぱり好み。食べなくてもよい半ライスと餃子のついたA定食も(明日行かなければ)今日で最後だと理由づけをして、しっかり完食してしまう自分。明らかに喰ってる場合でないのに。

debi.jpg

 終始、入稿と原稿書きのデスクワークな一日。

投稿者 yonezawa : 18:59 | トラックバック(0)

2013年 05月 28日

寿式三番そう

itinotani-honntira-omote.jpg

 昨日、国立劇場で生の文楽、初観戦。
 [竹本義太夫三〇〇回忌記念 公益財団法人文楽協会創立五〇周年記念]

 Nさんと会場入口で待ち合わせ、観たのは五月公演最終日の第二部。開演午後四時・終演午後八時半。しかし入稿があって2回目の中休みの六時過ぎには編集部へ帰還。
 演目は「寿式三番そう」と「近松門左衛門生誕三六〇年記念 心中天網島 北新地河庄の段 天満紙屋内より大和屋の段 道行名残の橋づくし」
 仰々しくも生々しい文楽の動きは確かに唯一無二のものだった。
 浄瑠璃を多彩な声色で語り叫ぶ太夫、そして迫力満点で響き渡る三味線の生音。まさに初体験。

投稿者 yonezawa : 18:59 | トラックバック(0)

2013年 05月 27日

勘違い

Heart_Fanatic_main.jpg

 夕べの休肝日のせいか身体に何の負荷も感じないまま目覚めた。
 昼間、とても良い天気。
 明日の飲みの相手を本日かと一日勘違いして正午まで過ごしていた自分。確認のLINEを送ってなかったら今夜の20時に一人三軒茶屋へと行ってしまっていたろう。間抜けだ。
 わらわらと到着するコミックス校正紙をばっさばっさと右から左へ。
 6月新刊は今週が肝。晩飯はハイボールでHIDE。深夜には霧雨が。

投稿者 yonezawa : 18:58 | トラックバック(0)

2013年 05月 26日

木村大ギター・リサイタル~HERO~

dai.jpg

 キャンキャンに冷えた揖保乃糸を1.5束食べたRちゃんは、出汁醤油にちょっと驚くほどのネギを たくさんいれてとお願いしてきた。万能ネギが大好きなRちゃん、エライ! 時間はかかるものの野菜炒めの小鉢も完食で二重丸。
 おいらは残ったハンバーグと野菜炒めで冷蔵庫を整理。

 早朝からの室内遊びで午前を過ごし、身支度をした後、荻窪へ。途中でRちゃんをママに中継。
 おいらは急いで上野駅公園口へと向かう。

 偶然、神田駅ホームで同行予定だったNちゃんを見つけ、共にダッシュで東京文化会館へ。木村大ギター・リサイタル~HERO~“観戦”のために。

 タイトルの通り、木村は確かなギターヒーローだった。ステージング一挙手一投足の全てが落ち着きはらっており、益々シャープになったルックス同様、素直にかっこよかった。おいらは素晴らしき“ギグ”の証人となっていた。

 第一部、映画音楽を散りばめた選曲の最後にアルバム未収録のツェッペリン『天国への階段』。第二部に『HERO』収録曲の選曲という構成がとても聴きやすく、あっという間に感じた2時間は実に早かった。
 ヴァンヘイレン『スパニッシュ・フライ』の紹介なしでジミへン『パープル・ヘイズ』に行く辺りのアンコール演出も実にそつなくスムーズ。曲紹介のなかった『Dee』の導入もえらくクールだ。
 全編を通して個人的に際立ったシーンはやっぱり彼オリジナルの『earth』。木村大の代表曲でもある『ムーンターン』を超える鬼のタッピングは延々聴いていたい衝動にかられ、そこには“勝負”の気迫がこもっていた。

 8月のツアーを経た頃には、演奏の機敏は益々磨き抜かれ、さらに尖ったプレイへと昇華されることだろう。調節技巧が当たり前の選曲ばかりで、同じギター弾きとしても舌を巻きながらの贅沢な“観戦”であり、サイン会での長蛇の列も、まさにコンサートの成功を表していた。

http://www.kimuradai.com/

 この余韻を肴にした個人的打ち上げは、先頃、料理長となり店長へと昇格を果たした上野のSちゃんの店:浜ちゃんに決める。
 Yと共に終電近くの時間までなんと5時間くらい居座り、ギタリスト&カルチャー談義。それにしても日曜日のアメ横の人の多さに改めて驚く。明日は月曜日か……

投稿者 yonezawa : 18:57 | トラックバック(0)

2013年 05月 25日

ボウリングと洗車

GM_PureGuitarCover.jpg

 ジャスト7時30分起床、リビング へ。
 ソファではおいらの膝に飛び乗り、久々にWii U「マリオ」に熱中するRちゃん。
 先日はお友達の○○ちゃんが遊びにやってきて一緒にやったそう。
 
 正午前にハンバーグと野菜炒めとご飯で昼食。
 13時になる前に身支度を終え、協議の結果Rちゃんと2人でボウリングへ。

 前回は2〜3時間待ちだったのに、今日はラッキーにもスムーズに3番レーンを指定された。19cmの靴と25.5cmの専用靴をレンタルし、6オンスと12オンスのボールを選びゲーム開始。
 
 先日の腰痛のせいで何かをかばっているのか、それは言い訳なのか、1ゲーム目は人生最低のスコアを記録。まずはゲーム開始後の3投連続がガター。その後もスペアの取れなかったミスを4ゲーム分カウントすると18回。初回ゲームのスコアは69という恐ろしい結果をみた。

 2ゲーム目110、3ゲーム目94、4ゲーム目はストライク2本、スペア3回でなんとか140に回復したがアベレージ最低。4ゲームトータルでもストライク6回、スペア7回はなんとも酷い有様だが、腰などを気にして投げると、とたんにバランスもメンタルも崩れるものだとささやかに自覚。

 Rちゃんは4ゲームで3回のスペアを取り、その瞬間は大はしゃぎ。最初のスペアをデジカムで撮ってなかったので彼女に「ぜんぶとっといて!」と言われ、その後のゲームは映像に収めることに。

 帰り際洗車へ。Rちゃんは洗車が大好き。飛び散る水飛沫の中で大声出して走り回る。高圧放水と洗浄液の放射、そして再びの高圧放水に至る3段階の時間は全部決められているので、相当素早い作業を要することになる。つまり、全然Rちゃんとは遊んでられない。

 イントレに乗って洗浄液を放射しようとした際、車の反対側に回り込んだRちゃんを目で追い、大声で注意をした瞬間、足下がおろそかになった自分が足を踏み外してしまい、右手中指でイントレに手を突いた。瞬時、指先から出血。
 その後、急に片手で作業をするおいらを見たRちゃんが「どうしたの?」と言って右手をのぞき込んでくる。説明する間もないので「後から」といってとにかく作業を優先。

 出血に気付いたRちゃんは、そこから延々「みせて、みせて」のリクエストが始まった。拭き取りの段階になってやっと落ち着き、Rちゃんの興味に対応する。やれやれ。

 帰宅したのは午後6時近く。夕飯、焼き肉。指の怪我でRちゃんとのお風呂は諦めた。

 先ほど撮影したばかりの映像をテレビで見ていたらRちゃんを膝に乗せたままソファで居眠り。今夜はRちゃんが床に就いた時間もえらく早かったなぁ。なんだか2人とも疲れていたようだ。ああ〜もう(24時)相当眠い。

投稿者 yonezawa : 18:57 | トラックバック(0)

2013年 05月 24日

3人リハのためスタジオ入り

cbab63a41bf2439f7ada702ea28fc4a4.jpg

 3D眼鏡が配られ、映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』、滑り込みで試写会鑑賞。ブルース・ウィリスの出演シーンはそれほどじゃないのだな。彼主演作の中では最大の興収のような触れ込みではあったが。
 神保町へ帰還し、スタバでなべちゃんとの打ち合わせに小一時間。秋までにやることを冷静に確認すれば、ちょっとした小山を乗り越えるような感覚に……といった思いが過ぎりながらも最善を尽くします。

 本日分の入稿を終え、T、Kとの3人リハのためスタジオ入り。
 それぞれ、課題曲のコピー具合は共に同じノリ。2時間、各曲の構成の確認に終始するのだが、今日の事前リハをやったことにより、次回のリハーサルでは随分景色が違うだろう。まだまだ未完成の自分に叱咤。
 連日の宴に「今夜は呑まない」と決めるものの、夕方になるとその意志はどこかに消失していた。
 リハ後、Kと居酒屋で芋焼酎1本分の打ち合わせ。バンドとはつくづく難しいものだ。

投稿者 yonezawa : 18:56 | トラックバック(0)

2013年 05月 23日

麻布十番のバル

1352947023_securedownload-22.jpg

 起きがけの肉野菜炒め定食を喰って目覚めたようなもの。
 気候は真夏に向かってまっしぐら。

 業務中、不可解で理解不能な事態を自ら解決し、デザイナーMちゃんにようやく原稿類の中継。何故そうなったのか? 結果的に1日時間をロスすることになったのが遺憾で想定外。理由を突き止めたかったのだが堪えた。
 
 ヤンジャン編集部を後に神保町ビルへ移動。待ち合わせたKちゃん、Hちゃんと共に麻布十番のバルへ。
 現地でNと待ちあわせ、遅れてY、さらに仕事で遅れてRちゃん合流の6名会食。

 やたらと盛り上がる面々でワイン・ボトルがガンガン空いてゆく。この店、ワインセラーに客が自ら取りにゆくというシステムで、ボトルにはすべて価格が記されてある。店員の少ない店ならではのアイディアか。

 充分な食事を終え、すぐ隣の高級カラオケの個室へと河岸を変えた。前半戦は誰も歌わずまま、もの凄い勢いでのトークタイム。ある瞬間、誰かの「歌!」の合図と共に果てしないカラオケ・タイムへと突入した。どうしても得意になれない久々のカラオケながら、おいらも数曲踏ん張る。
 理屈抜きの豪華で賑やかな宴が終わる頃、体力の全てを使い果たし、限界をタクシー中で迎えた。

投稿者 yonezawa : 18:55 | トラックバック(0)

2013年 05月 22日

Suicaを忘れて

1303147875_GM-FanBridge-banner.jpg

 作り置きしてあったチャーハンを頂き、外へ。
 昨日、Suicaを忘れて一日を過ごしたら結構不便。何もかもが簡略化され、全てが合理的に仕組まれてゆく昨今。馴れたら後には戻れない。
 快晴の天候。もう夏の空気の中、内幸町へ試写会へ。列に人気女優のTさんの姿を発見。
 
 夜、Kちゃん仕切りの、R誌Kちゃん初の3人面子で新宿中華。貴重な夜。
 4軒のはしご酒は、後半睡魔に襲われながらもほどよき温度でお開き。BarDに先輩編集者のSさんいた!

投稿者 yonezawa : 18:49 | トラックバック(0)

2013年 05月 21日

麻布十番

218342792.jpg

 川端康成原作、映画『雪国』(池部良、岸惠子)のリバイバル上映をやっていたので、開演5分前にあわせて神保町シアターへと向かったが、やたらと見にくい一覧表のせいか時間を間違えた。同時に、今日は予定していた2本の試写会を見送った。
 
 夕方前、敬愛するHさんと連絡がつき、麻布十番での夕飯にお供。腰痛〜政治の話しから、様々なカルチャーに至るまで、ランダム・無軌道に転がる会話の全てが貴重で興味深い。毎回毎回、おいらの知らなかったなんらかの情報を得るこの空間。Hさんに今日も感謝。
 後で気付いたが、今日訪れた和食屋さんは、Y治とN子のマンションのすぐ隣に位置する場所だと知る。

 吉祥寺で落として頂き、Kの顔を見にBarに立ち寄り、最後はいつものHIDEで乾杯。明け方まで呑んでしまった。

投稿者 yonezawa : 18:49 | トラックバック(0)

2013年 05月 20日

終日雨模様

603084_492470584137337_1793053786_n.jpg

 夕べ、ダラダラ飲み食いしていたせいか、起きがけから全然腹が減らず。それでも出されたものは平らげるという意識が、幼少の頃からの習慣と教育。旧米澤家の面々は、食べたくない時でも食べられる身体の持ち主だった(笑)。

 終日雨模様。
 電車内で傘を鞄にひっかけ乗車したところ、傘の先が隣の男性の足下に向かっていたようで、慌てて「失礼」を伝え、向きを正した。
 こんなトラブルは気付かないままでいるケースもあり、傘の場合、やられる場合も多々。特におばさんに。

 都営バス乗車の際、停留所ではざっと10人目くらいに並んでいた。バスのドアが開き、客が乗り込み始めた瞬間、列の横をすーっと一人の男が追い越し、割り込み乗車を果たし、2番目に乗り込んでしまった。てっきりバス関係者なのかと思ったところ、その男は最前列の席に腰掛けた。
 ちょっと度肝を抜く不正行為に唖然としたが、並んだ全員がほぼ座れる程度の混み具合だったのでそのままにしていた。すると、後半に乗車した男性客が「おいおまえ、ふざけるな、このやろう」と当事者の男に一喝。一体どんな神経で割り込んだのか真相を聞きたいと思ったものだが、理解しがたい輩もいたものだ。 

投稿者 yonezawa : 18:48 | トラックバック(0)

2013年 05月 19日

“女子会”

527948_373521289345117_2112656021_n.jpg

 午前中から昼過ぎまでRちゃんとの貴重な時間。
 どうぶつ将棋やって、将棋崩しやって、PCゲームやって、WiiUのマリオやって。

 昼ご飯はソーメン。ネギが大好きなRちゃん「ネギをたくさん入れてね!」とリクエスト。
 冷やしまくった揖保乃糸はいつでも美味いのぅ。
 今日は昼間にRちゃんをお風呂に入れる。風呂上がりの着替えも、彼女、もう一人でサクサクやる。
 休日恒例の髪の毛のブロウもバッチリ。

 14時30分を目安に、bambi関係者の女性軍団が我が家へやってきた。
 彼女ら女性5人で約束していた“女子会”が今日、開催だとか。

 各位、美味しそうな食材と酒を持ち寄った。我が家は唐揚げとサラダと肉野菜炒めに刺身類の出し物でメンバーを持てなす。
 焼酎ハイボールの空き缶やワインボトルの空き瓶がどんどん生産される。
 女子会におっさんが交じってしまい、純然たる女子会でなかったのが申し訳なかったが、この面子での会合なら大歓迎。おいらもRちゃん共々、大いに笑い語り合えて幸運。
 haru、yoyo、Kちゃん、お疲れさまでした!

投稿者 yonezawa : 18:47 | トラックバック(0)

2013年 05月 18日

すみだトリフォニーホール

482648_630451306970007_1339835755_n.jpg

 すみだトリフォニーホール(大ホール)で行われるジェイク・シマブクロ国内ツアーのファイナル観戦のために錦糸町へ。
 駅前からスカイツリーがどーんと見える。錦糸町の駅前は迫力あり。

 コンサート開演後には本人バタバタで会いにくいと言うので、珍しく開演前に控え室を訪問。差し入れはラスク。
 アメリカ主体の活動を続ける世界のジェイクは益々精悍でシャープな出で立ちに見えた。おいらの着ていたジャケットが、ジェイクと二人三脚でサポートしてきたS社スタッフKちゃんのジャケットと似ていたらしく、しきりにその話をするジェイク(笑)。
 先日観たライヴでも使っていたループ・ペダルや、名曲『Dragon』で炸裂するファズ・サウンドのエフェクト機種なども教えてもらえてラッキー。

 コンサートは、彼のライヴ史の中でも最高の出来で、いつでも彼はその凄まじき技量にブレを見せない。とてつもないスキルは今日も健在。
 破格のナイスガイ:ジェイクの行く末は永遠に見つめてゆきたい。

 同行のIがそのまま仕事だったのでコンサート後はおとなしく帰途に。
 最寄り駅で20%オフになった寿司と唐揚げを買い、なる早で帰宅したが、Rちゃんタッチの差で爆睡。残念〜
 お風呂にも入らず寝てしまったそう。お疲れだったのかな?

投稿者 yonezawa : 18:47 | トラックバック(0)

2013年 05月 17日

案内

51XSXRz05CL.jpg

 真夏の沖縄ライヴツアーで予約してあった、現地での移動用航空券の案内に気付く。
 JALより5/9に届いていた案内をなんだか見逃しており、今日再び届いた案内を見れば「航空券のご購入について ・・・ 5月18日(土)までにお買い求めください」とあった。〆切明日じゃん! この案内メールを見逃せばキャンセルになるので、なかなか危ない。
 敏速に入金完了。

 昼間の気候の気持ちのよいことと言ったらない。
 Rちゃんが風を切って自転車を漕ぐ際、気持ち良い風にさらされるので満面の笑顔になる。
 ふと、その様を思い出した。

投稿者 yonezawa : 18:46 | トラックバック(0)

2013年 05月 16日

粛々

51m7D3ymvjL.jpg

 昼間の晴れ間からは信じられない天候に、午後よりみるみる変化。
 午後、Fちゃん、Yと待ち合わせ、タクシーで乃木坂。某オフィスを訪ね、しばしのミーティング。
 打ち合わせ終了後、青山一丁目から地下鉄で神保町下車。
 
 夜、書店で某氏と待ち合わせ。
 小雨模様の中、某氏、有楽町で花を買う。
 食事はコース料理を食べられるという銀座のBarで。初めて来た店。
 23時近くになりUへ移動。誕生日お祝いの花は某氏から某氏へ贈呈された。
 ひとしきりシャンパンを飲み、BarNへ移動。そして禁断のかおたんラーメンを食いに青山方面へと車を飛ばした。久々に喰うとこれがまた美味いものだ。

投稿者 yonezawa : 18:45 | トラックバック(0)

2013年 05月 15日

使わない筋肉

51VxLJODKSL._SS500_.jpg

 ギターは弾かないとどんどん腕が鈍り、技量が欠けてゆく。
 身体も同じで使わない筋肉はどんどん衰えてゆく。

 接骨院で指摘されたアキレス腱は、日常、運動をする者と較べると厚みがあるようで、運動を重ねると徐々に細くなってゆくそうだ。
「女の子でぽっちゃりした人がいますが、大概(あなたのように)こんなアキレス腱してるんですよ」と整体師に言われた。
 週末の卓球は極力毎週やっておこう。ぎっくり腰は普段使わない筋肉をビリッと使った場合にもなりやすいのだと。

 湿布とマッサージとコルセットと薬の服用で、今日の時点ではほとんど腰の違和感はない。
あの瞬間の恐怖から気持ちの上でも開放された。
 一昨日、マッサージをしながら整体師は「(初日よりも身体が随分動くので)いいですね〜いいですね〜」を連発。回復の早さは若い証拠と言われたことを過信せず、日々慎重にいくべしと心得る。

 ここにきて完全にTシャツの気候となった。
 ユニクロとfenderがコラボしたTシャツが大量に売っていると先ちゃんからのLINEで知る。

 新橋の鮨屋でCJ社Mちゃんと新作映画の件で緊急打ち合わせ。
 終電まで急ピッチで飲み尽くす。
 吉祥寺へ到着し、たこ焼き屋へ立ち寄り、先ちゃんへの差し入れ陣中見舞い。
 ここのところずっとイラスト仕事で缶詰になっておられる。最新のイラストを見たかったのでパソコン画像でいくつか見せていただいたが、腰を抜かしそうなものすごいクオリティの“女の子”と“車”が鮮やかに描かれており、またぎっくり腰になるかと思った。いやーすげーすげー。
「江口寿史よりも可愛い女の子を描く絵描きは存在しない──」かつてこのように北野武本のコピーに描き記したおいらだったが、現在もそのフレーズは更新中だ。
 某企業に使われるという作品も、コンテ状態にあるものですら完成品のクオリティを感じさせるもので、この段階でひとしきりの閲覧が叶ったことは実にラッキーだった。

 たこ焼き、自分も食べて帰ろうと思い再び立ち寄ったところ、携帯電話でU-STのような配信をしている様子で、先方の主はグレート義太夫兄だと言う。(いまいちシステムは理解していないが)このたこ焼き屋さんには義太夫兄の芸人仲間がいらっしゃり、義太夫兄も常連さんなんだと伺った。
 携帯のカメラに向かってご挨拶したところ、ライヴで義太夫兄より着信を賜った。「これからいきますよ!」「なんと! マジすか? ではお待ちしてます」と電話を切り、カウンターで缶チューハイ数本&ビールを飲みながら、たこ焼き食べてしばし待機。

 小一時間もしないうちに兄到着。ふいの再会が超ラッキー。6/10(月)目黒ブルースアレイ(ビート・ジェネレーションの出番は3番手で20:00〜20:20)のライヴで義太夫兄、今年もゲスト出演がほぼ確定!

投稿者 yonezawa : 22:42 | トラックバック(0)

2013年 05月 14日

奥が深い

51tDDAKuh6L.jpg

 昼間から眠気が全開過ぎる。
 連載二回目の、週刊文春の水道橋博士のコラム拝読。
 先ちゃんイラストも毎週観ることが出来て嬉しい。先ちゃんはここのところ、ペーストしては大量のイラスト仕事に没頭。この流れなら漫画執筆の日も近いはず(と信じたし)。

 二日酔いになりにくい体質になったのが気のせいなのか判らないが、酒の翌日、頭痛にもならない一歩手前のコンディションだと、おいらの場合濃い食べ物を食べたくなる感覚があり、揚げ物などが妄想されるのだが、今夜は神保町某店の半ちゃんラーメンで済ませた。

 来月6月10日に参加予定の毎年恒例の『失速ライヴ』は、勿論今年も『目黒ブルースアレイ』で開催される。
 我々ビート・ジェネレーションは、失速への出演歴史以来、最も仕込みが遅れており、ようやく確定したメンバーの日程を踏まえ、今頃スタジオ予約が完了。
 実質、本番前数日のみでのリハーサルで初の曲らを仕上げねばならない。己も含む全員の底力、機微に賭けたし。やればやるほど、LED ZEPPELINは果てしなく奥が深い。
 
 夜、品川区でNの元気な顔を確認して帰途に。

投稿者 yonezawa : 22:41 | トラックバック(0)

2013年 05月 13日

2度目の接骨院

51RFFbivk0L.jpg

 先週、、なんだかんだで行けなかった接骨院へ2度目の通院。
 腰を中心に、臀部、上腿部、大腿部、ふくらはぎ、脛、アキレス腱、足首・足と順にマッサージしてもらい、最後は電気マッサージ。とりあえずしばらくは週一で通院の予定。

 元呑め呑め団・団長で、今は呑まない団長とサシ飯、新宿三丁目。団長に感謝。
 吉祥寺へ引き上げ、HIDEでいつもの酒+ラフロイグ・ストレートで〆。

投稿者 yonezawa : 22:40 | トラックバック(0)

2013年 05月 12日

日本フィル杉並公会堂シリーズ 2013 第1回とT

51RBY82E5PL.jpg

 午前中、腰の好調さを確認した上で、思い切って八王子への水汲み決行。
 VAN HALEとTHE POLICEをものすごい爆音で聴かせろと言うドライブ中のRちゃんの指示に従い、容赦ない引くほどの爆音再生。少し音を絞ると「おったん、ち・い・さ・い。もっとあげて!」と指摘が入る。
 腰への負担を考慮しながらであれば、水汲み問題ナシ。

 Rちゃんに昼ご飯のハンバーグ定食を作ってあげた後、一人杉並公会堂へ。
 “日本フィル杉並公会堂シリーズ 2013 第1回 生命の躍動、輝きと憂いに満ちた世界への讃歌”を観るために。
 関連サイトには……「2011年ブザンソン国際指揮者コンクールの覇者・垣内悠希と、ギター界の華・村治佳織が杉並で共演。ウェーバー、シューマンといったロマン派音楽の生命感と、ロドリーゴのエキゾティックな熱狂と郷愁がホール内を満たします。」とある。
 
 指揮:垣内悠希は初めてロドリーゴ/アランフェス協奏曲を手がけたそう。アランフェスに関しては大ベテランの村治が完全にオーケストラをリードする様に迫力を感じ、音量も含めての絶妙なアンサンブルは鳥肌モノだった。キレのあるフレージング。それが今日の村治のギターで際立つ特徴と言えた。
 終演後、控え室で御本人に伺ったところ、使用ギタはーヤマハの機種だった模様。ともあれ素晴らしい。
 
 荻窪を後に新宿三丁目へ。丸井アネックスでS家・家族用の新居祝い贈呈品を豪華に買いそろえ、Tと待ち合わせした居酒屋へ。ゴールデン街BONS、四谷三丁目Shuffleを経由し、おいらは一人深夜の大勝軒で〆のつけ麺。深夜の麺、久々。

投稿者 yonezawa : 22:39 | トラックバック(0)

2013年 05月 11日

断念

51r8CM6SPIL.jpg

 Rちゃんの体調を踏まえ、bambi HARUKO邸での晩餐断念。
 終日、腰に気をつけながらの家行事。

投稿者 yonezawa : 22:38 | トラックバック(0)

2013年 05月 10日

ジェイク・シマブクロ公演

51QllFuhqiL.jpg

 起きがけに彼女の晴れたほっぺを見てびっくり。Rちゃん、おたふく風邪らしき症状勃発。
 誰しも一度は通る道ながら、なんだか可哀想。学校は休ませざるを得ないが、今のところ発熱もなく固いものが食べられない程度で、安静にしていればそれほど問題はない感じ。
 家族全員何かしらの体調不良なこの頃だ。腰の状態はどんどん良好。

 夕方、Bunkamuraオーチャードホールでジェイク・シマブクロ公演観戦。
 申し分のない圧倒的な機微を見せつけられた。ジェイクのパフォーマンスは今日も円熟期の極みと言えた。「ドラゴン」で見せたループペダルとファズ・サウンドは初体験のアレンジ。完全にエレキギターを再現したようなリードパートまで完璧な展開で、機材の扱いに関しても、そつのなさには舌を巻いたほど。
 一流のジェイクは今日も極まるジェイクだった。

 終演後、オーチャードホールの場合には大概訪れる鉄板焼き屋Tに乾杯の席を決めたのだが、完璧な接客が好きだったあの印象は今日(の初のテーブル担当者)に限っては真逆の体験となり、ライヴ後の心地よさが徐々に醒め始めた。テーブル担当者が全然ダメ。

 おざなりの対応に我慢ならず、電車で河岸を池袋へと移した。
 たまたま行き着いた“ど渋”のBarへ。早朝までLaphroaigストレート・でチビチビ晩酌。ジェイクの公演には18日にも行くつもり。

投稿者 yonezawa : 22:38 | トラックバック(0)

2013年 05月 9日

選挙2 FFP Y&N 

41EZ8SLp7KL.jpg

 映画『選挙2』をひっさげ、来日中の想田和弘監督にも会いたいので本日の試写会へ顔を出すことに。
 選挙運動(街頭演説などの様子)を通して政治家の素顔もチラリと見せてくれた佳作『選挙2』。
 ある種の公害とも言えそうな公共の場で行う街頭演説。街頭で行うが故、それはパブリックなシーンなので、冠婚葬祭などの取材・報道の自由のように、関係者にカメラを向けても問題は無かろうと考えるが、頑なに撮影を嫌がる候補者も映像には映っていた。

 想田監督は、撮った映像素材に何年間も目すら通さなかったそうだ。その映像をある日観て、何かのスイッチが入ったように2〜3週間で編集を完了した。
 どうも想田監督は“スイッチ”を探し当てさえすれば“素材”の機微をとらえることに長けており、そこにおいらは妙な安定感を感じてしまうのだ。
 無音の技も効果的であり、タイトルバックに音声だけを聞かせる演出にしろ、なんでだか見ていて嬉しくなる。毎回やってほしいくらい。

senkyo2.jpg

 映画は一人の、元政治家の視点を通して全体の選挙活動を追う。
 政治の素人ながら、2005年秋の川崎市議会議員補欠選挙に立候補し当選した(主演の)山内和彦さんが、2011年4月の統一地方選挙に無所属として出馬することを決意。
 日本社会が放射能不安に包まれる中、候補者たちが原発問題に触れようとしない状況に憤りを感じたから。前回は徹底したドブ板戦を展開したが、今回は組織、看板、資金もなしという大変困難な選挙戦に挑む。
 映画の行く末共々、おいらの大好きな男:想田和弘の益々の健闘を祈っている。

 夕方、テレビ埼玉で放映するという、アマチュアバンドの非常に短いライヴ収録へ立ち会う。おいらの娘・息子なffpは今年もう1本のテレビ収録ライヴを行い、年内には地方へのツアーも計画している。弾けろ、ffp。

 夜、Y&N夫妻にC誌Kちゃんの4人で、この面子では多分4年ぶりくらいの集い。
 朗らかで“いいやつら”なY&N夫妻に漂う温かい空気により、Kちゃんのトークも冴えまくり2軒の梯子酒。
 お開きになった後、Kちゃんはそのまま吉祥寺まで行こうといってくれ、BarQに着いてハイボールを2杯頼んだところ、彼は即座にカウンターでオチた。

投稿者 yonezawa : 22:37 | トラックバック(0)

2013年 05月 8日

コルセットが快適

6bc1d3_734e48dd1ee2065c4dbcbbac9949291f.png_srz_933_702_75_22_0.50_1.20_0.00_png_srz.png

 コルセットが快適なのだが、これも使いすぎると癖になるらしいのであまり頼らない方がよいとのこと。

 夜、先月の随分前から日程の決まっていたザッパなFさん、ビーチボーイズなIさんの3人で音楽談義の晩餐の席に招かれた。コアさ加減としては2者共に異様な感覚と知識を持ち合わせておられ、ディープすぎる話の内容がもの凄く爆笑。シャンパンから白赤のワインをボトルで頂き、最後はグラスワインを2杯。貴重な夜が更ける。お二方に感謝。
 帰りは高円寺駅で落としていただき、吉祥寺でBar2件の梯子酒。KもMも元気。

投稿者 yonezawa : 22:37 | トラックバック(0)

2013年 05月 7日

整形外科

31M8NVCT3EL.jpg

 腰の具合、それなり。連休直前に体調不良に陥ったことはラッキーだった。
 空気は少し冷たいけれど朝から快晴。
 ハンバーグをいただき、午前中のうちからGW中行けなかった整形外科へ。
 マンション2Fにあるこちらには、数年前打撲で伺ったことがあり。薬と湿布薬と腰ベルトの配給を得た。

 ブログには何度か書いた記憶もあるが、東京で初めて病院に行く羽目になったのは、上京した初日。井の頭公園の花見のサラリーマンと、10数人対2人の大立ち回り後の救急車で搬送されたその日。
 こちら20歳弱の2人で、相手に出来てもせいぜい4人程度。複数の男に囲まれ、あっという間に投げ飛ばされた。熱い鍋を転がった身体でぶちまけたことを記憶している。喧嘩に関係のないその場にいた女性などには悪いことをしたものだ。

 救急病院からT宅に引き上げ、薄汚れた顔と大して動けない不憫な身体のまま、2人天井を見ながらゲラゲラ笑ったあの日を妙に思い出す。

 午後から原稿リライト着手。掲載号が1号ずれてホッとした、先日のインタビュー原稿を5万字弱から5600字まで整理。ここからの800字減が最も苦労する。これ以上、削りたくないから。
 しかしスペースの限られたページ数を睨み、断腸の思いでいずれかの箇所の削除を加え、6月になれば雑誌に掲載されるのだ。現時点では手探りの原稿が。

 夕飯はモノカキのMがつかまり、ひろ喜、クラウディア、stopの新宿三丁目梯子酒。stopではTの亭主と遭遇。呑みに驕りに拍車がかかる。近い日曜日、新居を購入したT宅での飲みが決定。

投稿者 yonezawa : 02:00 | トラックバック(0)

2013年 05月 6日

クレヨンしんちゃん

51M%2BpvU2mpL.jpg

 T社の同級生Hが贈ってくれた映画『クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!』チケット3枚を握りしめ、自転車で劇場へ。
 会社で配給のあったチケットだとは言え(笑)、ホントに嬉しい。Hサンキュ!

 上映中、一瞬オチかけた瞬間、Rちゃんの肘鉄が飛んできて居眠り厳禁の環境の中、無事鑑賞を終えた。長い尺の割に内容の薄さがどえらい、というのが正直な感想。

 食材の買い物を済ませ帰宅。
 夕飯までRちゃんは自分用ベスト選曲の音源を爆音でかけろと言うので、VAN HALENからTHE POLICEに至るまで再生。もう爆音。
 
 夕飯、ハンバーグ、ポテトサラダ、キノコ野菜炒めなど。
 
 大はしゃぎの風呂タイムがどんなものなのかを、そのうちおふくろに聴かせたいが為、ICレコーダーで今夜の風呂タイムでの会話を記録したのだが、およそ27分、とにかく大声で爆笑でふざけるばかりのRちゃん肉声を完全収録。14年後には本人に聴かせたし。

投稿者 yonezawa : 01:45 | トラックバック(0)

2013年 05月 5日

コルセットが快適

319503_469774073073655_401728460_n.jpg

 久々に蒸し器を取り出す。冷蔵庫にあった沢山の野菜を刻み、最後に豚バラ肉を乗せて蒸しまくりポン酢で昼食。シンプルながら、これがヘルシーでとても美味い。
 Rちゃんは豚スライス出汁味噌漬け焼き付き。

 夕方、bambiがハーモニカ横町で呑む模様。
 筋性腰痛症保護のためのコルセットをharukoが持ってきてくれると言うので、「近場まで車で取りにゆきます」と連絡を取っていた。
 その時間が近づいた頃、ネギトロ巻きと唐揚げを買って上げる約束ならばRちゃんも一緒に行きたいと言う。人見知りはまだまだ変わらないものの、こうした大人の集いに対しての積極的な姿勢は珍しかった。
 車で一瞬会って受け取る予定を変更し、完全に呑む体勢でRちゃんと2人外出。

 初めてきた2F建てのバーはカウンターが凹型になっており、借り切りだととても好みの物件。bambiは以前にも行った店なんだそう。
 Rちゃんは店にジュースがなかったせいで、やむなく水を飲んでたけど、bambiに溶け込み、来週のharuko宅パーティにも行ってもよいと意思表示。
 本日の集いも大いに内容のある宴となった。

 帰宅してお風呂。Rちゃん大はしゃぎ。腰に気をつけてゆっくりと洗う。
 風呂上がり、harukoに頂いたコルセットが快適。

投稿者 yonezawa : 15:49 | トラックバック(0)

2013年 05月 4日

誇りっぽい部屋

207326_339684586148909_788108311_n.png

 いい加減、誇りっぽい部屋の掃除を決行せねばと思いながらも、腰の不具合により気力も断たれるところながら、2日後くらいにはやるべと心で思う。
 iTunesに読み込ませていない音源はまだまだ激しく大量にあり、そろそろCDラックも整理せねばと思いながら、こちらもなかなか着手出来ず。

 番組『情熱大陸』某回のあるシーンで、たまたま後ろに映り混んでいた自分の姿をRちゃんが見付け、えらくウケまくった。「テレビに映るおいらの姿はこれほどウケるのか」と知る。
 13年程昔、アルバム・デビュー前にテレビ出演したドキュメンタリー番組や、CSのソニーの無料チャンネルで放映していたトーク番組などをRちゃんにも観せたいなと思い出し、CD-Rなどを探してみるが、VTRだけしか保存していなかったかもしれなかった。
 テープをDVDに、あるいはHDに読み込ませると言う行程が次回の試練。

 夕飯はすき焼き。腰のコンディションを考慮し、お風呂はママに任せた。

投稿者 yonezawa : 15:49 | トラックバック(0)

2013年 05月 3日

腰の健康

71700_480013228716406_1000827442_n.jpg

 夕べは駅からタクシー帰宅。
 腰の違和感は120%。起きがけも初めて感じる腰痛の辛さ150%。
 布団から這い上がる時も、トイレにしてもそれなりに腰への気遣いを考えながら。「ビビッ」の怖さが脳裏に張り付いている。
 
 トイレに行くため午前6時30分に目覚めたら、その頃Rちゃんも起きてきてしまった。
 寝ぼけながらもそこからもう寝かしてくれないRちゃんが、「リビングで横になること」の条件で早い一日が始まった。ぎっくり腰がこれほど不便なものだとは……。
 簡単な麦茶を作るなどの動作は、負担を考えながらやってみるがそこそこの恐怖心は昨日の今日のでは逃れられない。
 これほど憂鬱になるものか。腰の健康も偉大也。

投稿者 yonezawa : 15:48 | トラックバック(0)

2013年 05月 2日

筋性腰痛症

515OynRR2YL.jpg

 確かに先日の上野動物園等では、終日野外でRちゃんの抱っこ攻勢がすごかった。ジャケットをリュックにしまい、Tシャツ姿になって可能な限り抱っこの“ねだり”に応えていた。
 それが引き金になったか、午前中シャワーを浴びて部屋で着替えようとしたところ、腰に違和感を感じ、ビビッときた痛みでへたり込んだ。
「何!?」こんな違和感は初めて。これが一種のぎっくり腰(正確には“筋性腰痛症”)だと判ったのは、這って編プロに辿りついて大先生によるアドバイスを得た後。
「GW だからだいたいの医療機関は明日から数日お休み。今日中にどっかで診てもらわないと。これ、早ければ早いほど、回復が早い」との追加アドバイスも賜り、ともかく事務所近所の接骨院に駆け込む。

 かなりの患者さんはいたようだが、さして待たずに診察を受けられた。
 一つ一つの筋肉を緻密に動かしながら、どこがどう作用して痛みに繋がっているのかを徹底的に診ていただけた。こうした腰の痛みはやはり初体験のものながら、「足全体がパンパンに張ってますね。これまでよく今まで何もありませんでしたね」とは担当者の弁。
 これまでの日常生活から学生時代のスポーツのことなどを、整体の合間に会話し、より最適・的確な治療法を探しながらの診察時間。

 ともあれ今日中に訪問を果たして正解だった。今日の昼間まで人ごとだった、あの有名な事故(ぎっくり腰)が最も身近となった日。
 整体〜電気マッサージ〜テーピングと施していただき、経過を診て頂くために来週中に再訪問の予定。しばらく抱っこはお預けとなった。ギターすら抱えちゃいけないときた。
 ライヴがそこまで近くなくて少しだけホッとする。(6/10目黒ブルースアレイの予定なので近いと言えば近いが)
 しかし、連続でガタの来るこの頃……っと思う己の躯の現実。

投稿者 yonezawa : 15:47 | トラックバック(0)

2013年 05月 1日

エンド・オブ・ホワイトハウス

511c7XUyqpL._SL500_AA280_.jpg

 6月8日(土)全国ロードショー、映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』試写鑑賞。
 主演のジェラルド・バトラーが兼任で製作も。アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日の悲劇。ダイハードのC案。
 6月刊コミックスの生原稿をずっしりと持ち歩き、その足で池袋へ。小雨の中、作者宅へテクテク原稿返却。
 何気なく立ち寄ろうかと池袋駅構内のつけ麺屋を覗くと5〜6人の行列。……なので隣のトンカツ屋に飛び込み、生姜焼き定食。
 
 最近リニューアルされたブラック・ギタレレは可愛いなぁ。

投稿者 yonezawa : 15:45 | トラックバック(0)