<script type="text/javascript" language="javascript">

2012年 11月 9日

朝がきても終わらない

378433_195375450551939_1128948117_n.jpg

 ギタリストKと座席待ち合わせで、日本武道館「ノラ・ジョーンズ公演」へ。
 追加公演なのに2階席の上の上までほぼ満席。年齢層も壮絶に幅広い。流石の集客を確認した頃、暗転。
 ノラが世界有数に歌の上手いシンガーであることを今日も確認する。
 そしてノラの「音響(PA)」は鉄板に良く、これまで聴いてきたどのコンサートでもCD並の鮮明度と分離のよさを聴かせる。これはパット・メセニーのチームにも言えること。ジェフ・ベックでもジョン・メイヤーでも音響に関してだけは全てに満足してきたわけではない。
 国際フォーラムでも恵比寿ガーデンホールでも他のミュージシャンがやると音響の保証はないが、ノラやパットがやると鉄板に良いのだ。
 昔、チープ・トリックの厚生年金会館ライヴを観たことがあった。その際、本国のオペレーターが諸事情あって出国出来ず、急遽日本の音響マンが担ったことがあったが、このPAが酷かった。メンバーがいたたまれない程に。
 音響はバンドもう一人のメンバーと言ってもよい。それほど重要なものだ。

 「ノラが少しふっくらした」と、どこかで聞いたが、そんなことはなんの問題もなく、ノラのヴォーカルの説得力の深みに今日も惹き付けられるのだった。何よりも本人がもの凄くチャーミングであること。天性のチャーミングさ。歌唱力の凄さと比例するその印象が世界最高峰の演出に自然に繋がっているだと再認識するのだった。ノラのムスタングも実にいい味なんだな。

 大満足でKと乾杯するべく四ッ谷へ。
 いつもの雑炊屋で居酒屋つまみを頂き、すぐ隣のBar「シャッフル」でハイボールを数杯。
 場を新宿へ移し、Barの梯子酒でゴールデン街で飲み終え、最後は今週2度目の卵麺で〆。Kとのギター談義は朝がきても終わらない。たまらない夜だ。

投稿者 yonezawa : 2012年11月09日 21:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: