<script type="text/javascript" language="javascript">

2012年 10月 25日

獏さんの対談,第4弾

broken_im.jpg

 次から次へと呑み会も舞い込んではくるが取材のスケジュールも原稿に没頭している間にすぐやってくる。
 スーパー・フォトグラファー尾形正茂に明日の取材の場所も口頭で伝えたまま、文面なりメールで知らせておらず失礼をこく。担当編集Nちゃんの激務具合も認識。
 「取材は粗方昼頃から2時間程度」とは伝えていたが、確定の連絡が来ない方はそりゃ判らんわな。ともかく原稿書きに狭間をつくり、取材詳細の通達。

 観察映画監督第一人者:想田和弘の原稿整備は徹夜で推し進め、泣く泣く4800Wにシェイプ。
 この判断が正しかったのか、追って精査に入るところ。

 明日は、生物学者(理学博士)の長沼毅さんと初邂逅を果たす日。おいらは海のことは何も知らなかったとを、長沼毅さんの書籍『世界をやりなおしても生命は生まれるか?』を読めば読むほど痛感。
http://www.amazon.co.jp/dp/425500594X/

投稿者 yonezawa : 2012年10月25日 02:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: