<script type="text/javascript" language="javascript">

2012年 09月 18日

アウトレイジ ビヨンド

jeff%26derek.jpg

 早々と準備をしていたにも関わらず、何故入稿がギリギリになってしまうのか。
 もう11月発売の文庫やらコミックスを仕込む時期にきてしまった。

 映画『アウトレイジ ビヨンド』の完成披露試写会がイイノホールで行われ、その後取材で俳優:加瀬亮さん、新井浩文さんの独占取材を行う。
 フィルモグラフィーを見ても彼らの経歴は枚挙にいとまが無い程で、八面六臂の活躍を続ける新進気鋭の俳優との邂逅は幸運だった。
 『アウトレイジ』シリーズの加瀬さんはおっかない。
 彼の出演したガス・ヴァンサント監督『永遠の僕たち』もよかったなぁ。アッバス・キアロスタミ監督『ライク・サムワン・イン・ ラブ/ Like someone in love』は妙な作品だったが、なんとも言えない味わいを与えてくれた。

 正味40分の取材は滞りなく終了。
 そのまま事務所へ引き上げ、届くはずの文庫カバーを待ち続け、終電までに入稿を終え、帰途につく。
 

投稿者 yonezawa : 2012年09月18日 14:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: