2012年 08月 31日

OUTRAGE BEYOND

15ya_monogatari.jpg

 娘を帰省させ、夏休みの23日間を九州で過ごさせたのはいいが、この5歳児の父は幼稚園最後の夏休みに自分自身、彼女をどこにも連れてってあげられなかった。
 最後の週末には、己の参加するバンドのワンマン・ライヴとライヴ観戦が続き、遠出も不可。
 のっぴきならない諸事情故の日程だったものの、心中に消化不足な痞えが無いかといったら嘘になる。
 その分、10月の沖縄公演で辻褄をあわせるべと、外の突き刺すような可視光を浴びながら考えた。ジリジリ肌を焦がす太陽光を受けとめながら、この光も100億年後には燃え尽きる時間が計算されているのだな、と気が遠くなる思いで妄想した。真夏なラスベガスでは、確実にこれ以上ここにいたら危ないと体が察知する瞬間があるが、今の日本も同じようなものだと感じる。ラスベガスは湿気がないので木陰に行くと涼しい場合もあるが、汗が瞬時に蒸発するので汗を感じないことが危ないのだ。
 100億年後、もう人類は存在しないのかもしれないが、燃え尽きる瞬間は観てみたいものだ。

 夕方、今年一番観たかった映画の試写会へ。
 やっと北野武監督最新作『OUTRAGE BEYOND』鑑賞。倒れた。

 明日はbambiワンマン・ライヴ。

投稿者 yonezawa : 02:33 | トラックバック(0)

2012年 08月 30日

待ち構える

51ovIRxijKL.jpg

 朝8時に寝たが11時には稼働。
 今日も山積みの入稿原稿と、2本のインタビュー原稿の納品が待ち構える。
 夕飯も食べずにおいらなりに精査した原稿を納品し、とりあえず安堵してデザイン待ち。
 文庫、明日には終わらせたし。晩飯は23時。ひっそりと自家製飯。シメジ&野菜炒めに、トマト&サニレタスサラダと、18歳の娘どもにえらく大好評だった卵焼き、ソーセージそてい、キムチ、高菜、梅干しにご飯茶碗一杯。

投稿者 yonezawa : 02:32 | トラックバック(0)

2012年 08月 29日

初号試写

51%2BblGCEG9L.jpg

 8冊の文庫、コミックスの校了、入稿が相次いだせいか、一部の校正ミスを指摘され、最低。言い訳にはならない。
 本日推し進められる原稿をなるだけ迅速にチェックし、時間があっと言う間に過ぎ去る。

 夕方、渋谷の映画美学校で行われた篠崎誠監督作品『あれから』の初号試写へ。
 キャスト、スタッフのみなさんと共に繊細な作品を共有しながら鑑賞し、中華屋での打ち上げにも参加させて頂いた。映画が好きなだけで集う面々のなんとも素敵なこと。
 主演キャストのお二方、美学校の生徒の方々との親睦会は心が和むようだった。
 篠崎誠監督の新作は彼のキャリア最高傑作と言ってよい。

 最終的には当然のように誠ちゃんとサシとなり、明け方までの痛飲となったことは言わずもがな。

投稿者 yonezawa : 02:31 | トラックバック(0)

2012年 08月 28日

抜歯を決行

nol.jpg

 乳歯の下から永久歯が現れ、つい先日も医師との相談で抜歯したRちゃん。
 まだそれほど時間が経っていないにも関わらず、もう1本の歯も抜いておくべきだと言う医師の判断もあり、可哀想だけどやむなしで2本目の抜歯を決行。
 Rちゃん、よく頑張りました。

 10月の沖縄の披露宴パーティで着せるRちゃんのドレスを探していた。
 新郎新婦に指輪を渡す大役を仰せつかったRちゃんが、ある日訪れた衣装売り場で大はしゃぎ。
 白かピンクかと(おいらが)迷っていたが、純白の天使をイメージし、すべてを白にした。
 「もうこれ以上大きくならなくていいよ」と、抱っこした手足を見て思う。
 プリティリズムのダンスゲームに意識の向かったRちゃんは、おいらが立ち去る際に振り向きもせず集中。
 
 午後から終日デスクワーク。一体この1月で何ページ入稿したことだろう。百の桁ではないのは確か。

投稿者 yonezawa : 17:01 | トラックバック(0)

2012年 08月 27日

珠響~たまゆら~

Stark_Tower.jpg

 渋谷ヒカリエホールへ初遠征。
 能・歌舞伎囃子の三響會、ピアニストの稲本響、ギタリストの村治佳織、尺八奏者の藤原道山、和太鼓グループの英哲 風雲の会。そして今回は、ゲストで歌舞伎役者の市川亀治郎も出演するという『珠響~たまゆら~』のステージ観戦に訪れた。
 それぞれ個々のステージも見せながら、ジャンルを超えたコラボレーションも行うという舞台は、おいらは今回で2度目の観戦。和・洋のジャンルを超えた演奏家たちの機微が各々違う角度から斬り込む異色の音楽イベントだ。
 
 村治佳織に関しては、ここのところ、オリジナル曲創作の方向性も増えたように感じられ、個人的に盛り上がっている。第一部の「おまけ」として奏でられた曲は、タンザニアを旅した際に聞こえてきた旋律にコードを乗せ、メロディにつなげたようなことでよかったか。ともあれもっと聴きたかった。
 彼女が第二部で弾いた「コユンババ」は、先日の舞台「シダの群れ」でもメインで弾かれていたが、緊張感のあるBGMとして、あの曲の放つ機微に改めて説得され、惹き込まれた。あの曲のマッチングは恐ろしい程だ。
 彼女が、何らかの形で映画のサウンド・トラックをギター1本でやるという企画も時間の問題だろう。
 舞台の最後に単音で聴こえてきた、ほどよくリバーブのかかった美しい旋律のオリジナルフレーズもよかった。なんにせよ、トータルでとてもよいライヴだった。Hさん感謝。
 演奏の心地よさに加え、あれほどリラックスする境地に達している村治佳織に本当の一流さ加減を感じたおいらだった。
 控え室で火照った感想をお伝えし、その足でHさんNちゃんとヒカリエ内の和食屋で乾杯。
 場を新宿に移して3軒梯子し、吉祥寺から呑みの誘いを電話してこられた漫画家Z兄、S嬢夫妻と合流。『クアトロ』で明け方までの痛飲。Nちゃん感謝。

投稿者 yonezawa : 17:00 | トラックバック(0)

2012年 08月 26日

ffpのライヴ

Tales_of_Asgard_1.jpg

 新宿ヘッドパワーでffpのライヴを観て、カメラTと新宿経由の吉祥寺乾杯。バイト上がりのSも合流でいつものまま朝5時。

吉祥寺MANDARA2 bambiワンマンライヴ
http://www.mandala.gr.jp/man2.html

9/1(土)17時半開場、18時スタート
2500円+ワンドリンク
(当日前売り同じ)
打ち上げも同店にて。是非~!

※もっと詳細
大人2500円+ワンドリンク
小学生までは無料+ワンドリンク
中学生以上、18歳まで1500円+ワンドリンク
20時以降の入場は1500円+ワンドリンク

投稿者 yonezawa : 17:00 | トラックバック(0)

2012年 08月 25日

吉祥寺MANDARA2 bambiワンマンライヴ

%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E5%86%99%E7%9C%9FRED.jpg

 bambi、9/1のライヴを睨み、最後のリハーサル。完璧の仕上がりを確認して泥酔、あるいは酩酊まで呑む。

吉祥寺MANDARA2 bambiワンマンライヴ
http://www.mandala.gr.jp/man2.html

9/1(土)17時半開場、18時スタート
2500円+ワンドリンク
(当日前売り同じ)
打ち上げも同店にて。是非~!

※もっと詳細
大人2500円+ワンドリンク
小学生までは無料+ワンドリンク
中学生以上、18歳まで1500円+ワンドリンク
20時以降の入場は1500円+ワンドリンク

投稿者 yonezawa : 16:58 | トラックバック(0)

2012年 08月 24日

お泊まり保育

51h57NEfznL.jpg

 容赦なく照りつける太陽の日差し。
 昼過ぎ、単行本2冊の校了を終え、文庫のカバー類初校を表参道のデザイナー事務所へ中継。修正データを作成し、トンボ帰りで編集部へ。
 入稿直前のコミックス:カバー回りを確認してようやく入稿。

 9月売りのコミックスは後1冊分本文残し。やること山積みながら、ちびりちびりでも入稿が片付くのは気持ちよい。明らかにもの凄く仕事した実感の一日。

 今朝の明け方、禁断の独りつけ麺をやってしまったので今日は22時前に食べた夕食まで、水分以外は何も口にしなかった。というか腹が減らなかった。
 帰宅したらば、作ってあったカレーライス、豆腐、ところてん、キムチ、梅干しで一食だけの食事を済ませた。
 8/20発売のSPA!見本誌が到着。九州土産にLED ZEPPELINとAC/DCのTシャツ。ありがとう。帰宅して、今日Rちゃんはお泊まり保育の日だったことを思い出した。残念。

投稿者 yonezawa : 17:36 | トラックバック(0)

2012年 08月 23日

天使が帰ってきた

51PsdkIVsTL.jpg

 Rちゃんが帰ってくるからか午前中早々と目覚める。まだ4時間も寝てないのに。
 天使が帰ってくる時間にあわせて、昼食の準備をしようと野菜類の切り出し。
 揖保乃糸、ポテトサラダ、トマト、ほうれん草のおひたし、豚の生姜焼き、つけあわせにキムチの漬け物など。
 高速バスがインターを下りた頃メールをもらい、到着予測時間に最寄り駅まで車で迎えにいったら、丁度乗客がバスから降りだしたタイミングにぴったり。
 ママとお手々繋いだRちゃんが車に気付き、満面の笑顔。「Rちゃん、お帰りなさい!」

 帰宅して準備万端の食事をセッティング。
 延々何かを話しながらも、野菜も素麺も以前よりちゃんと食べてくれるRちゃん、えらい!
 少し日焼けした彼女を23日ぶりに抱っこしたら胴回りがスッキリ感じた。
 おいらの顔の高さにRちゃんの顔が来た。少し照れるのか、すぐにおいらの眼鏡を奪い、イタズラを仕掛けようと試みる。体重は18kg程だろうか。

 久々に家族3人で昼食を頂いた後、この盆に届いたランドセルを見せようかなと思った矢先、先においらの部屋に駆けて行ったRちゃんが見慣れぬ段ボールを発見。中身のランドセルを発見されてしまった。
 この高価なランドセルは、かけがえのない2人のおばあちゃんからの贈呈となった。E(M)ばあちゃん、K(Y)ばあちゃんありがとうございました。

投稿者 yonezawa : 17:35 | トラックバック(0)

2012年 08月 22日

天使が帰ってくる

41yNgMbcOaL.jpg

 夕べ寝る前に、軽く酔ったまま野菜炒め用の野菜を切り、米を1合炊いた。
 1月近く家事をやれば、どういったバランスとペースと量で食事を組み立てるかを無意識に思考している。
 食事に関しては絶妙なタイミングを計って、いかに合理的に浪費のない状態で美味しい飯をこさえるか、あれこれ考えるのが面白い。
 切り出した野菜も2食で食べ終えるくらいがベストで、冷蔵庫の中を見ながら一食を考えるのが嫌いでない。
 明日帰京を果たす天使の帰還に備え、たった一日でも、家族でもの凄い量を消費する麦茶を、煮立たしたお湯からペットボトル6本=12L分作成。
 しかし暑い。猛烈に暑い。ここのところ、ほんの一部地域だけにスコールのような局地的雨が一瞬降る場合があり、もはや、かつておいらが子供の頃の日本ではない感じ。
 晩飯はKちゃんと銀座の稲庭うどん系。Barでいっぱいやり終電で帰還。

 夜中、おもむろにポテトサラダの作成を思い立つ。
 ジャガイモ、続けてニンジンを湯で、ホクホクの状態で皮を剥いてボールに潰す。塩もみして水を切った玉葱スライスを投入し、焼き豚の角切りを軽く炒めてカリカリ感が出たら投入。マヨネーズ、牛乳、お酢、塩適量で味を調えた。Rちゃんが食べるのでマスタードは入れない。明日の昼過ぎには天使が帰ってくる。 

投稿者 yonezawa : 17:34 | トラックバック(0)

2012年 08月 21日

BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展

612RXCAWNSL.jpg

 9月で閉館してしまうので、早く行かねばと思っていながら、えらく時間が経過してしまった。
 ようやく本日、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の北野武 凱旋「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」へ到着。
 清潔感のあるフロアにかなりの点数の絵やオブジェが展示されている。
 稀代の現代アーティストであることには間違いない、たけしさんのシャレもふんだんに垣間見られる作品にほくそ笑んだ。

 現地で有名人気作家Bさんと合流し新宿へ。
 Bさんの友人、仕事仲間、身内の方々と、我々3名チームも合流し、居酒屋親睦会。なんと心地よき酒なのだろう。
 みなさま、お疲れさまでした。
 Bさんを見送り、Nちゃん、Yと久々の『ESPA』へ河岸を変え、白ワインと芋焼酎で乾杯。
 なんと心地よき酔いなのだろう。

投稿者 yonezawa : 02:56 | トラックバック(0)

2012年 08月 20日

じりじり暑い

51nP-GfTjhL.jpg

 地味にひたすら原稿書きに終始。霜降り肉と野菜炒めのポン酢和えがいつでも美味し。

投稿者 yonezawa : 02:55 | トラックバック(0)

2012年 08月 19日

不意打ちTEL

51FRq7nlSBL._SL500_AA300_.jpg

 4時に寝たのに何故か7時30分には目覚め、だったら録り溜めてたテレビ番組でも観ようかと思うものの1時間も観ないうちにソファで落ちる。
 だましだまし鑑賞しても身に入ってないので再び布団で寝たら午後1時過ぎに目覚めた。
 まさに生理の赴くまま起きて寝ているこの頃。

 取材したばかりの原稿をさらに洗い、依頼の文字数が来るまでこの作業を限りなく繰り返し、リライト作業を推し進めてゆく。
 明日も某有名女優のインタビューを控えるので、取材材料も揃えねばならないのだが、その前に焼きソバ作って腹ごしらえ。

 部屋に引きこもり、パソコン作業に終始する一日。安易にクーラーはかけない。

 夕方前にRちゃんより不意打ちTELあり。
 「おったん、ひとりでなにしてるの?」
 「Rちゃんがいないから、独りでお仕事してるんだよ」
 「なぞなぞをいうね。あさおきて、さいしょにあけるフタはなーんだ?」
本気で考えるが答えが出ず。
 「わからないなぁ。こたえは?」
 「まぶた」
 こうしたやりとりで20分ぐらい経過。
 帰省先でもなんとか楽しく過ごしているようだが「早く父親に会いたい」という意識はあまりなさげ。しかしあと4つも寝れば、再び刺激的な週末を迎えるあのペースが戻ってくるかと思うと嬉しい。早く帰りたがらないのはやや寂しいものの、やっぱり彼女だけには理屈抜きに早く再会したいのだ。

 リライト中の原稿を6800W程度にまとめ、とりあえず待機。
 
 月曜日収集の生ゴミを捨て、22時を過ぎた頃、スーパーに買い物へ。買い物袋が有料になったので、勿論トートバックを持参。米5kg、キャベツ、トマト、キューリ、ほうれん草、タマネギ、もやし、納豆、豆腐、鰺の干物、ところてん、キムチ、牛乳、豚バラ肉などの食料補給。

 夕飯は、キャベツ、レタス、トマト、キューリの生野菜サラダに、塩胡椒をまぶした牛肉そていを数枚添え、ところてんまで付け合わせた健康食としてはまずまずのおかず。

 日頃CS放送などの番組はほとんど観ないのだけど、この休日にスペースシャワーに軽くチャンネルを合わせたところ、知らない日本人バンドのそれなりにイケてるPV映像に遭遇した。曲、バンド名をメモる時間がなかったが、日本語と英語の混在した曲が耳障り良かった。

 続けて、軽快なリズムでイントロを奏でるドラムスがとても惹きつけるプレイを聴かせたバンドに即釘付けになった。こちらはバンド名を知るべしとその場で録画し、後ほど調べたらUVERworldなるバンドで、流れた曲は『Massive』と知る。
 こちらのインスト曲に関してはかなりタイプの物件だ。
http://www.youtube.com/watch?v=JD0pKnst_vM&feature=player_embedded#!

投稿者 yonezawa : 02:24 | トラックバック(0)

2012年 08月 18日

リハーサルらす2

bambilogo111.jpg

 原稿に没頭する余り、bambiリハーサルの時間が押し迫った。
 やむなくタクシーを呼んで、日が差しているのに小雨の戸外へ。

 夕方のリハーサルを終えた頃、某企業の社長でミュージシャンで大切な友Mがわざわざ一杯やってくれるために吉祥寺までやってきてくれた。
 「デイヴのヴァン・ヘイレンは外せませんよ」と、たった一日の来日公演を控えるヴァン・ヘイレンのチケットを確保した旨を伺い、なぜか理屈抜きに嬉しかった。ジャズを奏でるロック信者の機微は今日も変わらなかった。
 完全に飲み尽くすつもりが、彼の明日の早朝業務スケジュールもあってMは終電で引き上げた。わざわざ感激でした、感謝M!

 終電前頃の時間帯に、沖縄帰りの先ちゃんへ連絡がつき、一杯だけお付き合いいただく。
 食料品の糖質談義はかなり興味深いものがあり、ご飯の茶碗一杯の糖質は角砂糖7個分に相当すると聞き、俄に驚く。それでも二人、地下に下り、久々の『博多 一風堂』で〆。餃子も喰いました。

投稿者 yonezawa : 21:51 | トラックバック(0)

2012年 08月 17日

眼鏡を忘れてしまった

news0518.jpg

 Rちゃんが帰省してもう16日も経過していた。
 昨日は起きがけにRちゃんより電話で起こされ声を聴けたものだがら、一日の始まりのなんと快いこと。
 映画『鍵泥棒のメソッド』内田けんじ監督取材のため、都内某所へ。
 取材部屋に到着したらすでに監督の姿が。以前ヤンジャンで映画『アフター・スクール』の時にインタビューしていたので、監督とは4年ぶりの再会となった。
 予定よりも少し早めだったが、押しで取材開始。
 監督作品には、こういったタイプの邦画はなかなかないという優れた印象もあり、今後も是非とも踏ん張って撮り続けてほしいと願う映画人の一人。時折爆笑の取材空間がとても心地よい時間だった。監督感謝。
 この作品に関しては、来週にも某キャスト取材を予定している。

 ところで夕べ、帰宅のタクシーの中に眼鏡を忘れてしまった。昼間にタクシー会社に連絡したところ「確かにお預かりしています」との回答で一安心。
 取材の後に、未踏の地:江東区は住吉まで眼鏡を受け取りに向かい、Tシャツ汗だくで大変。電車に乗れば急に冷えたクーラー直撃なので、この時期に風をひくケースは少なくない。
 事務所に引き上げ、超極厚の文庫原稿を関連部署に中継し、今週の仕事は完了。まだまだまだ終わらないけれど。
 

投稿者 yonezawa : 20:53 | トラックバック(0)

2012年 08月 16日

映画

%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%204.png

 映画『THE HELP』は正式公開中に観に行くことが叶わず、それなりに気にはなっていた作品の一本。
 オフシアター「飯田橋ギンレイホール」での再上演を知り、リラックス鑑賞。
 会場はなかなかの集客で、それなりの人気の高さを知った。
 「オフシアターに行こう」と考えるのはいつも発作のような思いつきの場合が多く、無性に義務のような“観なきゃならん病”になった場合。『八日目の蝉』もそうした発作によって下高井戸シネマに独り駆け込んだ。
 黒人差別を、わりとあっけらかんと描く佳作の印象を抱きながら、入稿のため帰社。

 夕飯にはYと待ち合わせ、鰻モードな気分だったので心当たりの店を訪ねると「盆休みで明日から営業」の看板。もう一軒の店に行くと「売り切れ」の看板。さらに、一度も行ったことのない店ながら、検索で番号を調べ、電話をかけてみたところ「盆休み」で休業。……参った。
 なんて日なんだと思い、馴染みの串カツの名店「文」へ気持ちを切り替え、落ち着く。

 「シャルルボイル」のズブロッカを経由し、語り尽くす内容は映画×映画×映画。Yの感性とマインドに惹き込まれる充実爆笑の8時間。未見の映画作品、まだまだ星の数ほどあるなぁ。

投稿者 yonezawa : 19:10 | トラックバック(0)

2012年 08月 15日

入稿の3乗

51ZRWA0Q5EL.jpg

 入稿して入稿して入稿。3冊同時進行だとこの入稿の3乗なイメージ。
 遅い晩飯は久々に編集Kちゃんと。銀座の和食を頂き、ワインバーを梯子し久々に白ワインで乾杯。終電ドンぴしゃのタイミングで帰途に。Kちゃんに盆休みはなく、9月に休暇を取るそう。

投稿者 yonezawa : 00:19 | トラックバック(0)

2012年 08月 14日

アベンジャーズ

c_154382_6ce2d5849d5e5874b0f6c150e0bfd247f18f48b2_png.png

 都内某ホテルへ取材30分前に到着するつもりでそれなりの電車に乗るものの、人身事故でのろのろグズグズの運行。結局15分前に危なく到着。しかもホテルを勘違いしており、徒歩10分の距離をやむなくタクシー移動。
 現地では人気漫画家:猿渡哲也さんがスタンバっておられ、本日、関連イベントも目白押しの映画『アベンジャーズ』ジョス・ウィードン監督対談が行われた。
 破天荒な映画のスケールとは一転する、ジョス・ウィードン監督の温厚でシャイな姿が印象的だった。
 時に爆笑しながら、雰囲気ベストな対談はつつがなく終了。
 猿渡さん、監督、関係者各位お疲れさまでした。この模様は9月6日(木)発売の週刊ヤングジャンプNO.41号にガツンと掲載予定。

 事務所へ戻り、黙々とデスクワークの最中、表参道のデザイナー事務所で文庫のカバー、帯の入稿データを引き上げ、再び事務所へ戻り入稿作業。

投稿者 yonezawa : 20:10 | トラックバック(0)

2012年 08月 13日

第3弾

Mariahill.PNG

 我が家のみ第3弾。
 編集Sと地元民Sを招き、焼き肉にシーフード&霜降り肉入りカレーをメインにおもてなし。
 呑む喰う仲間は大好き。美味しい美味しいと言ってくれて大変嬉しい。
 使った直後に洗う台所もテーブルも常にシンプル。
 最後の最後にキャンキャンに冷やした揖保の糸まで平らげて、おなかぽんぽことなった面々、お疲れさま。幸せな時間だったさー。

投稿者 yonezawa : 19:59 | トラックバック(0)

2012年 08月 12日

We will rock you

f7ce2f30.jpg

 来週取材のインタビュー・シュミレーション。
 呑むはずではなかった今夜も銘酒『明月』をぐびぐび。
 ロンドン五輪の締めくくりは、やっぱり出てきた、ブライアン・メイとロジャー・テイラー。
 We will rock youはイギリス国家よりも有名なのだ。

投稿者 yonezawa : 19:58 | トラックバック(0)

2012年 08月 11日

節操

06485082012.jpg

 アンプの調子が悪いとそのままプレイに反映されるので情けない。
 bambiのリハーサル後、毎度ながら節操なく酔う日々が続く。
 9/1ゲスト参加される大先生の同級生ギタリスト×2名との親睦会が愉快。
 楽器を弾く者との集いは酒のピッチが1.7倍に引き上げられる。みなさま、よろしくお願いいたします。

投稿者 yonezawa : 19:51 | トラックバック(0)

2012年 08月 10日

しっかりしなさい

91aMK10KxJL._AA1500_.jpg

 真剣にオリンピックを観ると簡単に涙目。しかし女子の躍進には倒れそう。素晴らし過ぎる。
 多くの人たちが多くを語っておられるので、ここでわざわざおいらが語る必要もないが、勝負の緊張感の記憶と言えば小3時分の剣道の試合が最初だった。
 二回戦で負けたおいらが悔しくて悔しくて、面をつけたまま涙目になっているところ「あんた、しっかりしなさい」と言わんばかりのおふくろが叱咤している様の写真がある。「おふくろはいつでも強いのだ」と知ったのが、その瞬間からであったか。
 人間は勝負をしながら生きるしかない。大なり小なり、いつでも勝負の結論で人生が突き動かされる。果たして己はいつでも本気で勝負に真剣に挑んでいるのか。

 9月1日、吉祥寺MANDARA2での本気のライヴを控えるbambi。

投稿者 yonezawa : 19:50 | トラックバック(0)

2012年 08月 9日

酔わない

CosmicCube.jpg

 吉祥寺でSと飯。呑むけど酔わない、残らないこのお盆。

投稿者 yonezawa : 19:55 | トラックバック(0)

2012年 08月 8日

OCEAN is a very interesting aspect of my life.

91aMK10KxJL._AA1500_.jpg

 ジェイク・シマブクロがディズニーを弾いたアルバムが到着。Kazy感謝!
 http://www.amazon.co.jp/dp/B007RFON36/

 夕べは、そのジェイクと取材時にセッションした時の写真などを見ながら、ジョン・バトラー・トリオのライヴ映像を観ていた。

%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3.jpg

 中でもジョン独りのインスト曲「オーシャン」を再び真剣に鑑賞し、2007年に苗場で観たあの日の熱が思い起こされた。
 人の心を打つ旋律とタイミング。この11弦ギター(12弦ギターで、センターに1本張っていない箇所がある)にはロックの全てがある。ロックの全てが。
 http://johnbutlertrio.com/2012/

投稿者 yonezawa : 11:35 | トラックバック(0)

2012年 08月 7日

大量の超高級牛肉

20120324215949aab.jpg

 昨深夜、車でスーパーに車で買い出しに行った帰り、ちゃんとシートベルトしてるのに警告のランプと警告音が鳴り止まない。停車して何度もベルトのホールドに入れ直すものの症状は直らない。
 家は近いので帰ってから考えようと嫌な警告音のしたまま帰宅。冷静によくよく考えたらスーパーで買った重い食材を助手席に乗せており、その重量で鳴ってたいたのだと理解した。食材にもシートベルトが義務づけられていたのか。

 午前9時起床。今月こなせばならない3本の映画案件の取材仕込みもそろそろ真剣にやらんといかんなぁ〜。

 午後、諸事情あってネットで「急性虫垂炎」を検索。

 Facebookのおかげで、ふいに小学生時代の同級生IからDMが届いた。びっくり! 先日は、中学時代の同級生数名の女子からも同じくFacebookを通じ、ネット上で会話する機会を得たのだったが、思いも寄らぬ角度からそうした嬉しき連絡が舞い込み、さらに呑み達が増えていきそう。
 夕方、三鷹駅にYとHを迎えに行く。
 遅れて、自力で二人の編集者Nちゃん、Hちゃんらが時間差で到着。今夜はこのメンバーで宴を開催した。
 九州の、Hの母Mから届けられた大量の超高級牛肉をメインに、今夜も渾身の力を込めた手料理を振る舞うおいら。芋焼酎「明月」を呑みながら、ほとんどゆっくり座ることもないまま、若者の胃袋をいっぱいにしてやろうとばかりに力を入れた。
 楽しい時間は簡単に過ぎ去ってゆく。食べ終えた端から片付ければ台所は常にシンプルで綺麗。しかし超高級牛肉をポン酢と大根おろし(あるいは醤油と山葵、あるいは塩と山葵)で戴くのは格別。誰しもが食べ過ぎた。
 超高級牛肉はまだ半分以上残っている……

投稿者 yonezawa : 11:36 | トラックバック(0)

2012年 08月 6日

仕込み

LTt1o.jpg

 朝9時にはタイマーで起床し、3名の面々に味噌汁付きの焼き魚と総菜付け合わせ、卵焼きで朝食をこしらえる。卵焼きは妙に好評。

 午前中に宅配便が来た。事前に連絡があった通り、九州のMが大量の牛肉を送ってくれた。この肉は明日の夕方に大量消費されることが決まっている。M感謝!
 午後一で連中の家まで送迎。至れり尽くせり。お父さんは忙しい。

 帰宅し仕事×。遅い電車で帰途につき、夕飯を食べたのは24時。そこから明日のための買い出しに24時間スーパーへ。このスーパーは最近ビニール袋が有料になった。
 仕込みに入り、まずは具だくさんのポテトサラダを作成。茹でて作るポテトサラダは時間かなるなぁ。ポテトにニンジン、キューリを加えつつ、そこにフライパンで炒めた焼き豚をサイコロ状に切って投入するのがポイント。マヨネーズに軽くお酢と牛乳とマスタードを混ぜ込み、全部が冷えた頃に調味料を投入するといったもの。ブラックペッパーと塩で味を整え、後は冷やすだけ。
 焼き肉付け合わせの野菜を切り出し。ニンニクスライス、大根おろしをスタンバイ。全部が5人前なのでなかなか大した量になる。
 明日は我が家でパーティなのだ。仕込みは深夜4時を回ってしまった。

投稿者 yonezawa : 11:35 | トラックバック(0)

2012年 08月 5日

リハーサル〜ホロホロ集った

61PVxfHRx2L._SL500_AA300_.jpg

 長く打ったblogがセーブする前に消え去り、著しく脱力。
 二回書くと、文章とはまるで違うのがまた不思議。前に書いた文章と同じ文章は何故か書けない。同じ内容の文章を書くのはかなりの精神的体力を要する。
 文章もライヴである。

 普段よりもどえらく早い9時に起床し、4時間の睡眠から目覚めた。
 バンドリハーサルに必死で自転車漕いで到達。10時から12時プラグイン。
 集中力の限界を自覚する2時間で昼食呑みに突入。あとはもう酔うだけ。バンドメンバーと呑みたいがためにバンドやってるのではないかとたまに錯覚するおいら。錯覚なのか否か?
 Harukoによれば今日の昼間は都合4時間呑んでたらしいが、もはや時間をカウントするテンションにはあらず。フワフワ気持ちよし。
 自転車を慎重に漕いで帰宅する頃には「このまま誰が一緒に呑まないかなぁ病」にかかっており、闇雲に地元民に連絡。2時間後に、若者4人がホロホロ集った。
 おいらは冷蔵庫を睨み、手料理の仕込み開始。料理ってなぜこうも楽しいのか。昔とった杵柄が料理であったことが有り難い。
 音楽を聴き観て、映画の世界に埋没しながら、洗い物と追加つまみ作りのタイミングを図りながら、父ちゃん(おいら)は自らの喜びのために行動する。卵焼きと豚肉野菜味噌炒めが評判良し。日本酒は料理に欠かせないな、やはり。

 結果、久々の15時間呑みを経て就寝。

投稿者 yonezawa : 16:41 | トラックバック(0)

2012年 08月 4日

最終版を構築

main_ph.png

 終日、部屋の掃除。だったかな……やり出すと止まらない。
 夕方、縄文対談原稿最終版を構築し直し、ルーキーNちゃんに委ねた。
 そして掃除の続き。Tシャツが重くなった夜中、ようやくシャワーを浴びる。

投稿者 yonezawa : 11:33 | トラックバック(0)

2012年 08月 3日

定例化

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%882012-07-29%2021.16.53%EF%BC%89.png

 デザイナー兼漫画描きの美女Y&編集Jボスとの親睦会は定例化の運びに。
 神楽坂の激美味焼き鳥Bで待ち合わせ、乾杯。ここの物件はいくらでも腹に入っていく感じ。恐るべし焼き鳥。
 場をワインバーへ移し、編集若人にCCメールを送ったところ3名のYJ編集者が参戦を果たし、もう愉快極まりない。普段の行いがよくてよかった。
 残念ながら美女は終電で返ってしまったけれど、K、M、Hありがとね〜。Jさんご馳走様でした。

投稿者 yonezawa : 11:38 | トラックバック(0)

2012年 08月 2日

Kに幸アレ

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%882012-07-29%2021.21.02%EF%BC%89.png

 25年ぐらいのつきあいになるフリーの編集Kから誘われていたのは、もう2か月近く前から。
 この25年で何度Kと飲んだかと言えば、回数こそ少ないものの、その距離感は何も変わらず、素面でもほろ酔いでも一定の間が存在するよき仲間。
 二件目でまさかのゴチになってしまい、不意打ちに恐縮。しかし、Kは喰わなくなったのぅ。20代の頃の大食漢の図はどこにもなし。
 特殊スキルのあるKに幸アレ。
 

投稿者 yonezawa : 11:37 | トラックバック(0)

2012年 08月 1日

『げんきでね』

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%882012-07-29%2021.30.02%EF%BC%89.png

 朝食後、吉祥寺のスタンドジュース屋でRちゃんと2人腰掛けて生ジュースを飲んだ。
 本日九週へ帰省する2人を見送るため、高速バス乗り場へ。
 バスが到着し、真ん中辺りの窓際に座ったRちゃんが窓越しにゼスチャーつきで何かを言っている。先ほどノートを3枚破ってボールペンを渡していたので、こちらも「お絵かきしながら行けば」とゼスチャーで返した。「そうだね!」と言わんばかりのリアクションを見せたかと思いきや、下を向いたまま何かを書き始めたRちゃん。
 しばらくして、書き終えたその紙を窓に貼り付け見せてくれた。
 『げんきでね』と書かれた紙を見せられ、涙が出るほど笑わされた。2人は羽田へ。
 頭を切り換え、通常業務へ。終電間際までデスクワーク∞。寂しいよんRちゃん!

投稿者 yonezawa : 11:36 | トラックバック(0)