2011年 08月 31日

KT Tunstall

kt.jpg

 ニューヨークのTからの遠隔中継となったRちゃんへの贈り物「丸いモノグッズ」が到着。
 箱から出した数点のギフトにRちゃん満面の笑顔。よかったね!
 長かった夏休みも終わり、明日からは登園の始まる日常に戻る彼女。どんどん伸びゆく手足の長さを今日も体感。

 午後、H編集部で打ち合わせを終え、いくつかの入稿を終えた。
 ふいにE社Kよりライヴのお誘い。KTタンストールが来日しているそうだ。震災で振り替えになった公演日程が東京は明日とのこと。
 知らなかった。
 「勿論都合をつけて駆けつけますよ」と即答。
 KT、久々にサイトを見るが、音源のセンスやはり好み。
http://www.emimusic.jp/intl/kttunstall/

 数年前にスティーヴィー・サラスの地元であるサンディエゴへ飛び、ツアー中の彼女のライヴ&インタビュー取材した彼の日が懐かしい。
 「売れたのがおばちゃんになってからだから、何も怖いものはないの(笑)。」と語った彼女はジャック・ホワイトの大ファンなのだそう。貴重なインタビュータイムはライヴ会場の楽屋で行われたが、予定時間を大きくオーバーする大盛り上がりの中終えた。
 その後、FUJI ROCKで再会を果たし、そして明日の SHIBUYA O-EASTを控える。
http://www.emimusic.jp/intl/kttunstall/news/index.php#live

投稿者 yonezawa : 00:35 | トラックバック(0)

2011年 08月 30日

編集者飲み

514JQ6BKFSL._SS400_.jpg

 編プロGのYと初飯。銀座:魚彩もご無沙汰だった。店内は超万席。
 飲めない酒を頑張ってつきあってくれたY、サンキュ。

 絶妙なタイミングでメールでのお誘いを受け、場を新宿へ移し、ジャンプχ編集部T兄、フリーの大編集者Iっちゃんと合流。
 すでに5合の芋焼酎を補給していた自分が加減のいいほろ酔い状態であることは、着席した瞬間から自覚していた。
 新人Aも同席した酒席に、遅れてルーキーHも合流。

 ワインバーから、明日で店を卒業するMのいるSTOPへ河岸を変えた。
 心地のいい仲間と飲む酒とおは、こうも気分を高めてくれるというサンプルのようなベストメンツでの酒。当然、後半の記憶は第三者へゆだねた。

投稿者 yonezawa : 00:34 | トラックバック(0)

2011年 08月 29日

ラーメンで〆

511eYk5fJJL.jpg

 「おったん、きょうはおやすみ?」
 「休みじゃないよ、お仕事だよ」
 「あしたはおやすみ?」
 「今日が月曜日で1週間が始まったばかりだから、お休みは週末だよ」
 「……」

 ママのお膝でご本を読んでもらっていたRちゃんにお見送りを促すことなく仕事へ。

 気になったニュース。
●石川県の海水浴場で、妻が夫を驚かせようと意図して掘ったという落とし穴に、夫婦共に落ちて死亡。
●陸上の世界選手権、男子100M決勝で世界記録保持者ウサイン・ボルトがフライングで失格。
●菅直人の後継を選ぶ民主党代表選の投開票が行われ、新代表に野田佳彦が選出。
●ビヨンセが妊娠発表。

 なぜか『ビール・フェスタ ~世界対抗・一気飲み選手権』なるC級映画を観てしまった。
 遅い晩飯は、沖縄帰りの先ちゃん、世界の大友さん、いつも心休まるタムタムと一杯。

投稿者 yonezawa : 00:34 | トラックバック(0)

2011年 08月 28日

もう1回やる

51WuCIYke1L._SS400_.jpg

 午前中、初めて我が家へやってきたキーボーディスト:Sくんが帰途についた。
 昼食食べて、昼過ぎに単身で府中〜八王子へ。
 府中のHと合流し、ポリタンクをもう1個追加購入。ついでにロールペーパーとティッシュも。
 そして一路、ストックのなくなった地下水の水汲みへと向かった。
 
 行きからおよそ4時間30分程度で帰宅。台車で家に水をあげるのが一苦労。ざっと100kg超え。
 途中、買い物をしなかったとしても、およそ4時間は時間を使ってしまう感じの距離感だった。

 夕方、民主党党首選挙報道などを見ながら夕飯を待つが、酷い眠気に襲われながらソファではオチ気味。
 「シンデレラのその後のストーリー」他を記した絵本を読んでくれというRちゃんが、おいらの膝に乗っかってくるので、自動的に3話連続読み上げた。価格高額の割に内容、まったく面白くない。

 久々に食べた鰤の煮付けが美味。Rちゃんも身をご飯に乗せたらそれなりの量食べてくれた。

 ゲームの後にお風呂。
 自分のお顔に自らお湯をかけて「洗顔」を達成したつもりのRちゃんが満面の笑みで「もう1かい!」と要求してくる。
 髪の毛も、初めて膝から下ろして、頭を下げてもらいシャンプーする経験をさせてみた。目を閉じて、洗髪を終えたらお湯を流す。そして即お顔を拭いてやると、「出来た」の達成感からか、また「もう1かいやるー!」と満面の笑顔で要求。
 自分の顔に初めて直接お湯がかかった日のことは、もう忘れた。
 永遠に記憶しておきたいシーンの一コマだ。

 気分で変わることは多々ながら、本日は添い寝を希望してくれたRちゃん。
 しかし寝相の悪さで終始夜中中、「布団蹴けたぐり」と「布団かけ」の攻防となる。夜中中うちわで仰ぐ作業も追加されたせいで、それなりの時間布団に入った割にはまともに寝られたのかは疑問。

投稿者 yonezawa : 00:33 | トラックバック(0)

2011年 08月 27日

宴会

51wc2bjkSyL._SS500_.jpg

 夕べの打ち上げから日付が変わっても、まだまだ宴会は続いていた。
 それにしてもなんと豪華なメンツなんだろう。打ち上げ会場には、これまでお会いしたことのなかった浦沢直樹さんや、しりあがり寿さん、お笑い芸人のバッファロー吾郎さん、東村アキ子さんら...の姿も。
 エキシビジョンマッチでものすごい回答を魅せた寺田克也さんとは久々の再会となり、座の中には西原理恵子さんや島本和彦さん、とり・みきさん、ズミー(泉晴紀)、さやか嬢(山崎紗也夏)...らの姿も!
 今年5月25日には『ぱじ』愛蔵版
http://www.amazon.co.jp/dp/4087823768/
を発売し、傑作コミック『星守る犬』
http://www.amazon.co.jp/dp/4575301434/
は文化庁メディア芸術祭に取り上げられ、映画化された同作品『星守る犬』
http://hoshimamoru.com/index.html
は大ヒットに導かれた。村上たかしさん&奥様との再会も毎度毎度有り難い空間だ。

 この機会でなければ話しなどできそうにない豪華メンツとのひとときが貴重だった。村上さん担当の時にこさえた、連載記念の品:トート・バッグは今でもメインで日々活躍している。
 昨日の本番でのおおひなたごうちゃんは、過去のパフォーマンスを含めても際だって素晴らしかった。仕切りは勿論、演出も感動的なほど。
 ともあれ、ごうちゃんお疲れさま。
 ヤンジャン編集Fの腕はそもそも知るところながら、解説として会場を温めるトーク内容の的確さには舌を巻いた。
 ともかく演者のレベルは勿論ながら、関係者のスキルも最大限に極まった大会となっていた。当然打ち上げも盛り上がるハズだ。

 なんだか座敷で延々と立ち話になってしまった喜国雅彦さんとの音楽談義も最高。贅沢すぎる時間が過ぎる。
 編集Hちゃんと地元の呑みだちSと隣の居酒屋に場を移し、さらに痛飲。
 世代の違う面々、みな呑み体力万全な感じ。当然、始発などとうに出ている中央線で帰途に。

 午前、Rちゃんの刺激で起き上がるモノのスイッチがなかなか入らない。
 しばらくゲームなどでお茶を濁した遊びにつきあいつつ、夕方のbambiリハへ。
 リハ後のいつもの晩餐は今日だけは厳しかろうと、心は「帰宅」と準備していたくせに、やはり「全員が揃った酒席を外しては勿体ない」といった思考が働き、赤・白ワインで派手に呑みつつ盛り上がる。
 そしてまさかの「もう一度スタジオに入る!」といった、とんでもない展開となり、全員悪ノリ大セッション大会へと突入。もう止まらない。

 パンクバンド的演奏を終え、疲弊気味で解散しながらも、まだ呑む気満々のキーボードSと『闇太郎』へ移動。時間と眠気の来るまで飲み明かした。
 「これは、20代前半の呑みですよ!」と、20歳代半ばを過ぎた、おいらを誘った張本人がボソっと漏らした。

投稿者 yonezawa : 00:33 | トラックバック(0)

2011年 08月 26日

ギャグ漫画家大喜利バトル

9bb9966066d9d5ede470794e4397f0c7.jpg

 慢性の眠気は今日もとれないまま。また気管支炎のような症状も、もう2週間は続いている。

 NYのTより嬉しいメールが来た。
 NYの花火を捉えたTの撮ったこの写真は、なんだか心地のよい絵だなぁ。

b0224285_2011413.jpg

 昼下がりから夕方にかけ、ものすごい雷雨が。雷の音がすごい。危ないほどの爆音だ。
 そうだ! そういえば今日はギャグ漫画家大喜利バトル!! じゃないか!!!

http://www.gagmanga.com/2011/index.html

投稿者 yonezawa : 00:33 | トラックバック(0)

2011年 08月 25日

METAMO

51QVTJvJ40L._SS500_.jpg

 フランスのB、映画監督のTさん、打診中の取材企画など、それぞれメールでの確認作業が続く。
 某誌に、ある崇高企画を投げたのはもう2週間前後前なのに、まるでリアクションがない。あら不思議。
 取材のあるなしに関わらず、なんらかの返事を賜りたいと思う伝言と文面でお伝えしても、まぁ反応なし。こうした対応によって、その媒体をどのような人たちが運営しているのか、伺い知れると考えてしまった。
 待つしかないが、それにしても異常な遅さだ。
 業を煮やし、取材対象者へのここまでリアクションの遅れた説明もあるので一昨日、昨日と某編集部宛に2度電話を入れた。それでも直接の担当者という人物を特定されることはなかったが、よーーやく昨日代表の方から電話を頂けた。
 結論、ボツ。
 まったく解せない残念な時間が経過してしまったが、次の展開へと頭を切り換えよう。
 
 夜、ふいに編集Yと飲みたくなり声がけしたところ、併せて編集T&Hも合流しますとの嬉しき展開に。4人の面々にて四ツ谷で九州料理をいただくことに。
 入稿のある連中は3時間弱で帰社してしまったが、こうした空間はやはり心地が良く大事な時間であると感じてしまう自分だ。T、Y、H、ご馳走さまでした。

 ところで、今日Yに聞くまで知らなかったスティーヴィー・サラス来日の情報には驚いた。
 おいらこそが真っ先に知るべき来日情報だと言うのに。

http://www.metamo.info/
http://www.metamo.info/news/237111300.php
 
 メタモルフォーゼでのS.サラスのステージは、05:50 - 07:05 STEVIE SALAS and BERNARD FOWLER presents the I.M.F's feat. Juan Alderete and Jara Slapbak とどえらい時間となっていた。
 しかし、前々回新宿で乾杯したジャラも来るようなので、今回も是非とも会っておきたいものだ。どうなることか。
 そう、この夏スティーヴィー・サラスはフェス「メタモルフォーゼ」にやって来るのだった。
 取り急ぎ、本人に滞在中のスケジュールを訪ねるべく、これから質問メールを投げなきゃならん。

投稿者 yonezawa : 00:32 | トラックバック(0)

2011年 08月 24日

満面の笑顔のまんま突進

51NCAbxOHUL._SS500_.jpg

 8月の誕生会のために登園したRちゃんの外出音には気づかず、午前中を過ごしていた。
 「午前中には帰ってくる」というのだが、そろそろおいらも仕事の時間なので、途中幼稚園に寄って顔だけ見にいくべとテクテク向かった。
 たくさんの親御さんが集い、先生の説明を聴き終えたクラスの園児がわさっと外へ。
 ずっくを履く際、おいらの存在に気づいたRちゃん。
 かけっこの本番時のようなスピードで満面の笑顔のまんま突進してきた。そしてジャーンプ!
 生まれてよかった、自分──
 かつて江口寿史兄のブログ(日記)を記した書籍には「生まれてすいません」と名指しで書かれていたおいらだったが、いやいや、生まれてきてよかった。
 かくいう先ちゃんは、今頃ご家族共々沖縄でのんびり余暇を過ごしておられるのか。
 
 昼間から眠くて仕方が無い。
 盆休みで飯の時間やら起床就寝等、生活のリズムが変わったからか、変な時間に腹が減り、変な時間に食べ、寝起きしてる感じ。
 変な時間に初のつけ麺を食した。今夜は、編集Tさんとの久々の飯と近況報告の場がありながら、その4時間前に麺をかき込むおいら。
 減ったら喰い、襲われたらオチる。己の不可抗力には抗わない。

 それにしても、夕べのニュースで見た島田紳助引退の報道には驚いた。予測も準備もないまま、極端な形であの才能がメディアから去りゆくとは……

投稿者 yonezawa : 00:32 | トラックバック(0)

2011年 08月 23日

Daughters

51EkgHl-pJL._SS500_.jpg

 マーティン・スコセッシ監督ドキュメンタリー
「George Harrison: Living in the Material World」予告編
http://www.youtube.com/watch?v=Xnx87LIDO9k

 そういえば映画『八日目の蝉』は未鑑賞だった。
 書籍やドラマでは、正確な理由も分からない心情の中、切なさの極みに突き落とされた本作。映画のトレーラーなどで感じ得る俳優陣のテンションにも、ほどよき濃さを感じていた故、鑑賞に対して積極的になった作品だった。
http://www.youkame.com/index.html

 劇中の複雑な心情を抱えるキャラクターをそつなくこなす井上真央、永作博美、小池栄子らの女優陣には納得させられ、本編で聴こえるジョン・メイヤー『Daughters』の泣かせること。どうせなら主題歌にしてほしかった。
 現役シンガーでは間違いなくベストの一人に数えたし。

 そして日に日にフェアリーズに詳しくなってゆくおいら。

投稿者 yonezawa : 00:31 | トラックバック(0)

2011年 08月 22日

デビュー

20110809-29.jpg

 高校時代のバンド仲間Rの娘ちゃんがデビュー(デビューシングル「More Kiss/Song for You」が9月21日に発売決定)してしまった。
http://www.visionfactory.jp/index2.html
http://www.visionfactory.jp/artist/fairies/index.html

 先日、九州帰省の折、たまたまRからかかってきた電話で経緯は伺ったところだったが、日テレの朝の新情報バラエティー『スッキリ!!』では彼女たちの特集が毎週組まれているのだという。
 これは……応援せざるをえないではないか。頑張れFairies(フェアリーズ)!

http://www.youtube.com/watch?v=72v6A5rXMM8&feature=relmfu

投稿者 yonezawa : 00:30 | トラックバック(0)

2011年 08月 21日

DVD作成

41pGPuZB7SL._SS400_.jpg

 起きる時間も寝る時間も飯の時間もめちゃくちゃ。
 シャワーを浴びる間、ご飯を炊き、昼食には夕べ仕込んであった唐揚げを半分少々いただいた。リビングのアンプやギターを撤収し、洗濯物をたたみ、今日までの洗濯を終え、浴槽に干して乾燥スイッチをオン。

 先日赤坂で行われたAのバンドのライヴ映像をプチ編集し、タイトルなどを挿入しDVDを2枚作成。Aよ、待っておれ。
 続けて、UEDA JOINTのライヴ映像をバンドのメンツ4人分をタイトルなどを挿入し、プチ編集してDVD作成。
 帰省時に撮ったRちゃん中心の九州での映像も、おばあちゃんと親戚用にDVD2枚作成。
 同様に、現地スチールもおばあちゃん他親戚用にと、プリントアウト完了。
 9月岡山ライヴのコード譜を補足するが、弾くまでの段階にはたどり着けず。H子すまぬ。
 
 日本テレビの『24時間テレビ』、メインと考える徳光さんゴールインの瞬間は、そんな作業をやってたせいで見ることはなかった。
 写真のプリントアウトの際、2色のインクを交換。新のDVDは買い置きがあったおかげで予定枚数を作成完了。つくづく“予備の補充”は大事だと感じ入る。
 
 冷凍庫でむき海老を発見したので、夕飯は海老マヨ作成に決定。キャベツの千切りにトマトを添え、あり合わせの野菜も海老の後に刻み炒め、調味料であえた。
 炊きたてのご飯は美味しいが、メインのおかずが美味いのかどうなのか分からない。しばらく冷凍庫に保管した食料品の旨味はどんどん衰退するのだろう。
 
 深い夜、小雨の中西友へ買い出しに。
 ロールペーパー、ティッシュペーパー、お茶、玉子、ジュース、洗剤、牛乳、カレー粉などを補充。
 深夜、明日用のカレーを作成し、キャベツの千切りも併せて準備。Rちゃん用の肉野菜炒め用の食材も切り出しだけ終え、明日に備えた。

 フランス人の友:Bからのメール拝読。欧米人も福島原発の動向にはめっぽう詳しく、情報収集もえらく早い。
 関連サイトによれば「東京電力福島第一原子力発電所事故をめぐり、政府の原子力災害対策本部は17日、福島県の子ども約1150人を対象にした甲状腺の内部被曝(ひばく)検査で、45%で被曝が確認されていたことを明らかにした。17日、同県いわき市で開かれた説明会で発表した。すぐに医療措置が必要な値ではないと判断されているが、低い線量の被曝は不明な点も多く、長期的に見守る必要がある。 」
 とあるが、この最新映像もすでにBは視聴済みの様子で、彼らフランス人にしても日本政府をまったく信用していないといった内容を文面で認識する。そりゃそうだろう。
 確かに政府の説明する被曝数値には疑問点しか感じられず、もはや人を人と見ていない対応にしか感じられない。結局、なし崩し的方向に持って行きたいだけなのだろう。「被害責任や賠償はおこなわないもんね」という意思表示だ。「喉元すぎれば熱さを忘れる」なんて話も、原発事故の当事者が漏らしているという噂が聞こえてくる。
 ここまであからさまに、子供を持つ親の気持ちを踏みにじる政府対応には、怒りを通り越して呆れてしまった。その後、怒りは数百倍に膨れあがった。

投稿者 yonezawa : 23:53 | トラックバック(0)

2011年 08月 20日

山積み

513cWAQHekL._SL500_AA300_.jpg

 ニュースでも聞いた通り、ほどよき気候を体感。
 九州で撮った写真、動画映像をパソコンへ取り込み作業開始。
 洗濯物をたたんで食事の準備。冷凍してあった食材を消化するべく材料を見るところ、まずは鶏肉で唐揚げがベストとみて、サラダと共に作成。夜はありものでチャーハンとサラダ。
 やること山積み見るモノ山積み覚えること山積み。

投稿者 yonezawa : 13:25 | トラックバック(0)

2011年 08月 19日

ストラトとケーブル

41L%2Bqs%2BHcEL.jpg

 またしても寝られない日となった。
 早朝8時前に起床し、ストラトとケーブル他を確認し、代々木のスタジオNへ。
 雨が降り出した午前10時過ぎ現地到着。すでにミュージシャンA、今回初のセッションとなるTさんはすでに到着されていた。
 ギター、ベース、キーボードの3名で課題曲を数回リフレイン。2人とも申し分のないプレイが嬉しい。
 正午前に目の前にあった中華屋で昼食をいただき、夕方にかけて人生初となる元気な課題曲を数回セッション。確かに貴重な体験と言えた。
 上田で灼熱の日に晒されたストラトの弦は気のせいか、伸びきっていたような感覚だ。

投稿者 yonezawa : 00:17 | トラックバック(0)

2011年 08月 18日

ストラトとケーブル

91FUGKiYoXL._AA1500_.jpg

 鞄もどかしていないベッドになだれ込んだ明け方。
 朝9時前にタイマーで起床。
 チェックアウトの10時を大きく過ぎた45分、フロントの催促の電話に促されホテルを後に。
 徒歩で『ピーチェリーノ』へ向かい、和風パスタのランチをゴチになった。M感謝!
 そのまま歩いて市内を目的のないまま、まさに徘徊。

 13時30分ののぞみを目指し、タクシーで博多駅へ向かい小倉へ。さらにバスで北九州空港へ。そのまま羽田へ降り立ち、15分後に出発する高速バスで吉祥寺へ。
 珍しくコンビニ弁当を買い、帰宅後夕飯。夕飯作る気、ちょっと湧かず、キャベツの千切りだけ切り、添えた。
 明日は午前中からのセッティングで某セッション予定。

投稿者 yonezawa : 13:25 | トラックバック(0)

2011年 08月 17日

明日帰京

61VgeKF1nNL._SL500_AA300_.jpg

 たったこの4日間で、もはや早朝からの稼働には慣れた。
 雨模様の中、義理母、家族と共にタクシーで最寄り駅へ。
 電車を乗り継ぎ、博多駅で親戚と待ち合わせ、おいらは一旦今夜の宿泊先に荷物を預けに。改めて、電車に乗り一路ハウステンボスを目指す。

 かなりの山奥に目的地はあった。ハウステンボスへの入場料と、一通りのアトラクションを見られるチケットはそれなりに高額で、解せない感覚もある中、「5D」とかいうシャープとナニガシが共同開発したというアトラクションでは、未就学児も大人同様に追加で500円支払わされる、というシステムに大いなる憤りを感じる。ちょっとあこぎ過ぎ。
 遅めの昼食をいただき、ハウステンボス内でいくつかのアトラクションを体感する間「このあとハウステンボスにいくの?」と娘に何度か質問される。「ここ全部がハウステンボスなんだよ」と回答。
 いくつかのアトラクションを巡るわけだが、少し怖い系のアトラクションが苦手なRちゃん、午後4時頃には、もうホテルに戻って寝たい感じのRちゃん。

 おいらにすれば現地での最後のメリーゴーランドにRちゃんサポートで搭乗し、午後5時過ぎに単身で博多へ帰還。
 宿泊ホテルに着いたらば、約束のFさんはすでに到着していた。彼との待ち合わせほど確実なことはない。博多も大分も、時に長崎までどんな場所も知っているFさん。
 彼おすすめの店へタクシー移動し、魚と激美味の豚足を口火にサシ飲み開始。再びタクシー移動し、激安寿司屋で夕飯。
 その頃、仕事を終えたMがつかまり、博多駅界隈で再会を果たし再び乾杯。
 Mはおいらが18歳の頃、16歳でコックの後輩としてレストランにやってきた、かつて言葉通り同じ釜の飯を喰った戦友のような存在。

 博多駅界隈にイタリアンの店舗『ピーチェリーノ』
http://www.peacherino-gourmet.jp/dessert/dessert.html
を構え、現役料理人として今も活躍する頼もしき後輩。こういう人生も、可能性としては、おいらにもあったのかもなぁ……っと、Mと話しをする度に考える自分がいる。
 もう大酔いで飲めない。明日『ピーチェリーノ』のランチでの再会を約束しホテルへ。
 使いにくい携帯で酔ったままどこかにメールしようとする途中におちたのだろう。携帯を掴んで椅子に座ったまま、明け方を迎えた。

投稿者 yonezawa : 13:24 | トラックバック(0)

2011年 08月 16日

大声ダイヤモンド

61UubGadPBL._SL500_AA300_.jpg
 
 学生時代、毎年原爆投下の時刻には家族で黙祷したものだった。今でも自宅にいたら、せめてもの、哀悼の意を気持ちに込める最たるタイミングである。

 朝6時においらの頭を掴む娘。今日もほぼ同時刻に起こされた。
 着せ替えシールにギターの練習。遊びに切れ目がないように、次々と要求してくる娘。
 ギターは姫と交代で弾き遊び。「Rちゃん、おったんみたいになりたいな。おったんみたいにギターじょうずになりたいんだもん」
 初めて聴くフレーズに心が喜ぶ。

 昼食には駅前のラーメン屋さんで、と言うアイデアを受け、炎天下散歩がてら外出。ところが最大限に過酷な散歩になった。
 迷いまくり、到着したらば休業中。絶句。

 全身汗だくで、最終的に入った店はうどん屋さん。
 なかなか普通に美味かって安堵。

 先日飼い始めたカブトムシのメスが臨終となり、姫は埋葬まで体験。
 夕方、再びAKB48再生。「大声ダイヤモンド」…こんな曲だっとは。初めて聴いた曲ながら。
 
 日のあるうちに姫の前髪を玄関先で切りそろえ、明日の家族撮影に備えた。
 近場の日曜雑貨屋で、アンテナ端子とテレビに差し込むアンテナ線の接続パーツを購入し、義理母のテレビ環境を、さらに強化。こちらで電波はかなり強まった。K村、アドバイス感謝。

 夜、旧友Rより電話。
 近々、娘が大々的にデビューすると伺い、軽く作成会議。
 
 こちらの娘=姫、鼻の具合かなり悪化。困った。

投稿者 yonezawa : 13:24 | トラックバック(0)

2011年 08月 15日

不備多すぎ

61LL%2BNT%2B7kL.jpg
 
 au/Androidで打つブログの厄介なことといったらない。不備多すぎ。
 九州入りして即九州ペースに移行し、18時の夕飯後、Rちゃんと風呂に入ればもう布団が敷かれ、横になってテレビを見てたら、軽い睡魔に襲われた。
 こちらが本来の生理現象か。

 近場のセブンイレブンへ買い物にゆき、近場の公園でサッカーとブランコ。
 汗だくになったオヤジと娘は風呂場に直行し、早々とシャワー。

 また夕飯が即時やってきた。
 ムリクリおったんと寝ると言い張る娘に、今日の日の気持ちを生涯忘れるべからず。と心で唱える。
 トラベルギターにイヤホンを突っ込み、iPodシャッフルと片耳ずつあてがい、音源再生。
 まずは、おいらの今週の課題となった楽曲、AKB48の「ヘビーローテーション」…こんな曲だっとは…

投稿者 yonezawa : 13:23 | トラックバック(0)

2011年 08月 14日

結局準備に深夜までかかり

61hBBMnIz%2BL._SS500_.jpg

 結局準備に深夜までかかり、8時に睡眠4時間弱で起床。
 今回の旅にあわせて購入したトラベルギターの確認を終え、9時前にタクシーを配車。駅前から出ている高速バスで羽田へ。

 土産買って朝昼兼用に寿司定食喰って、自動発券機でチェックイン。
 全てを手荷物として持ち込むべくゲートに向かえば、トラベルギターがサイズオーバーだという。ぶっちょう顔なまま、さっぱり要領の得ないスタッフに苛立ちを覚えながら、JALのスタッフに伺えば、とりあえず機内持ち込み了承の輪っかをつけてもらえた。
 帰りも同じやりとりとなるのか。

 機内で30分書籍を読んだら眠気に包まれ、あっという間に北九州着。
 
 迎えに来てくれてるはずの出口を見渡すが、それなりの人々から身内を探し出せずにいたところ、「おったーん!」の声と共に小さいのが一目さんにこちらに突進してきた。
 そしてジャーンプ!

 娘と初めての北九州での時間が始まる。

投稿者 yonezawa : 13:22 | トラックバック(0)

2011年 08月 13日

19日前後に

61bDB8Fqg8L._SL500_AA300_.jpg

 bambiリハーサル再始動。オリジナルを300曲超えたbambi。
 明日よりパソコン前にいる環境を得られない故、更新は19日前後に。
 さぁ、北九州と博多でなんとかAKB48トラック、覚えなきゃいかん。

投稿者 yonezawa : 13:22 | トラックバック(0)

2011年 08月 12日

ROCK

51U32BFX7rL._SS500_.jpg

 メンバーがなかなか決まらない。
 PのFちゃんも、SのTさんも夏のツアーやらで都合つかず。
 そんな矢先、ミュージシャンAとたまたま久々にサシ呑みすることに。
 新宿三丁目「ひろ喜」で待ち合わせ。久方ぶりの高級寿司。

 近隣のバーに河岸を変えながら近況を伺ったところ、丁度彼界隈のミュージシャンが都合つくというトントン拍子の展開となり、瞬時にメンツが確定。
 詳細は追って。A、サンキュ。

 下北のレコード店をのぞいたら、THIN LIZZY永遠の名盤『Black Rose』が2枚組で、よい音質の音源となって発売されてた。
 アウトテイクも嬉しい。ゲイリー在籍時代の生き生きしたプレイが、おいらを高校時代へとタイムスリップさせてくれる。
 THIN LIZZY、2人もいなくなってしまったんだなぁ……。

 夜、シンガー吉田兄と焼き肉。近況を伺いながら、ここでしか聞けない超絶エピソードに今日も驚嘆。とある解せん環境に愕然。今日も繊細で優しい兄、ゴチでした!

投稿者 yonezawa : 13:21 | トラックバック(0)

2011年 08月 11日

fender super sonic black panel

51U6o%2BwStZL._SL500_AA300_.jpg

 Y編集部Iからの打診で、新たなるイレギュラー演奏&撮影案件が飛び込んだ。
 9月の岡山ギグ前に、何をどうやるのか今日のところではまだ見えていない企画ながら、楽しんで取り組めたらと考える。

 世界のSさん、世界のMさんを繋げる企画をなんとか実現させられないものかと、ある音源の情報より妄想を広げ、関係者各位に気持ちをお伝えする算段をとった。
 
 午前中、宅配便業者が訪問。
 荷物の中身は、先日上田で悲しい目にあったアンプと同機種のfender super sonic black panel。
 医学界最強のギタリスト:大先生が、岡山ライヴを睨み入手。管理をおいらに委ねるというたまらない任命を授かり、本日よりこのアンプの癖と特性を習得するべく、誰もいないリビングの隅に転がした。

main.jpg

 いつもなら楽器類は勿論すべて自分の小さなギター・パソコン部屋に押し込む習慣がある故、こうしてリビングに堂々とアンプなどを置くなんてことなどあり得なかった。
 威風堂々とするこの光景に違和感を感じてしまう自分であった。
 自宅ではものすごく小市民であったことを、こんな場面で自覚するとは……。

 ともあれRさんとKちゃんの超企画、実現させたものだ。 

投稿者 yonezawa : 13:21 | トラックバック(0)

2011年 08月 10日

達郎ナイト

51mxBDZjvWL._SL500_AA300_.jpg

 電子ジャーの中のご飯は茶碗半分程度の量しかなかったので、朝飯は焼き飯(ピラフ)に即決。
 ピーマン、タマネギ、椎茸、ニンジン、豚肉をサクサク刻み、肉をサラダオイルで炒め、野菜はバターでそてい。卵を落としてご飯を入れ、あがりに軽井沢で買ってきた野沢菜入りの塩をあえたらかなりよい出来に仕上がった。チャーハンの肝は塩だ。
 正午の会議を経て、近隣の某空間でミーティング。

 Androidを終始いじり倒す故、移動の電車でも本を読めない。早いとこきちんと機能を習得し読書へ移行したし。
 新しい携帯には不可解な部分も多く、謝って書きかけのテキストを送ってしまいそうな配置にアイコンがあるので、これらは次回の機種で変更されるとみた。
 メールが届いていないのに到着を知らせるためのマーク「E」が表示される不可解に未だ謎を感じている。読み込み中ってことか?

 夜、下北沢へ移動。先ちゃんが達郎を回すというので参戦するものの、クーラーの効かない会場のあまりの暑さと、温いビールに体調がもたなくなり、適度のタイミングで中座。しかししかし、暑すぎ。

投稿者 yonezawa : 13:20 | トラックバック(0)

2011年 08月 9日

重い荷物

51G7mPHS1UL._SS400_.jpg

 早朝K宅より帰還し、4時間経った頃無理くり起きた。
 9時前にママとRちゃんが最寄り駅へ向かうと言うので車で送る。
 黒のフレアスカートにサンダル履いて小さなバッグに満タンの荷物。何が入っているのか(笑)、持って行く品を自分でちゃんと選んで詰め込むこだわりは今日も変わらない。
 一足先に九州帰省を果たす、おいら以外の家族2人。「気をつけてね! ばあちゃんによろしく!」
 帰宅。Rちゃんのいない部屋がしんと静まりかえる。
 買い換えたばかりのテレビモニター、レグザ回りの詳細設定はほったらかし。
 目の前のやっつけ事項が多すぎて、日に日に部屋の中は混沌とする一方。ハードケースに仕舞ったストラトもエフェクターもケーブルも上田から帰宅してそのまま。楽器は本数がかさばり、周辺機材も併せるとホントに重い。
 思えばこの28年間、延々と重い荷物を持ちながら生きている。様々な意味も含めて。

投稿者 yonezawa : 13:20 | トラックバック(0)

2011年 08月 8日

ミッション:8ミニッツとTさん

41wp9Li7BuL._SL500_AA300_.jpg

 何事もなかったかのように、いつもの電車に揺られている。快晴の天候。今日も暑い。
 目黒:ウォルト・ディズニースタジオで試写予定の新作映画「ミッション:8ミニッツ」鑑賞のため、初めて試写室を訪れる。
 色んな意味で凄い映画。一瞬たりとも目が離せなかったことは確か。監督はダンカン・ジョーンズ。デヴィッド・ボウイの息子だ。

 ユニバーサルより、村治佳織の新作からチョイスされた4曲入り音源が到着。ビージーズの『愛はきらめきの中に』が優しく美しい。弾きたい衝動全開。
 坂本龍一が彼女のために書き下ろしたという新曲も完成盤には収録されている模様。楽しみ。

 午後6時過ぎ、いきなり携帯にある男性:Tさんから電話がかかってきた。瞬時、卒倒しそうになる。
 すべての業務を蹴散らし銀座で会食のお誘いを勿論快諾。午後6時40分には銀座に到着していた。
 信じがたきガチのサシ飲み状態がおよそ2時間30分。夢のような時間が過ぎ去った……幸せ過ぎる。
 高級赤ワインにフレンチのコース料理が目映い。
 ボーイの方に「隣のお客さんからです」と言われ、40年もののドンペリ(気泡が抜けていない! 多分1本数15万円くらい?)を一杯ずつ頂いたのだが、そのテーブルの主は紫綬褒章も受章してるジャズ・ピアニストの草分け:穐吉敏子さん……っとこちらも驚愕。熟成されたこの味は記憶に留めたし。
 なんとも浮世離れした風景が、本当に夢の中の出来事のようだ。
 何も土産を持っていけなかったおいらは、Tさんに丁度届いたばかりの佳織ちゃんのサンプルCDを贈呈させて頂いた。生きててよかった。

投稿者 yonezawa : 13:19 | トラックバック(0)

2011年 08月 7日

UEDA JOINT

ueda.jpg

8/7(Sun) 14:00〜15:00
UEDA JOINT(長野県上田市の夏フェス)
http://www.uedajoint.com/
http://www.uedajoint.com/Artists/11artists_trjt.html

The Real Jazz Tribe

Hide Tanaka ( Keyboards )
Kazuyuki Yonezawa ( Guitar )
Tetsu Ikeda ( Bass )
Great Gidayu (Drums )

 早朝8時にはしっかり起床。
 8時30分、バイキングの朝食。9時で終わりの大浴場へ8時45分に滑り込み、入浴。
 慌てて入ったせいで、「部屋のタオルを持参ください」の文字を見落としており、タオルナシで入浴してしまった。マヌケ。
 内線電話でフロントへ連絡し、従業員の方にお世話になる。風呂場でタオルを持っていないだけでどれほど無力感に包まれたか……

 10時30分、上田城を目指して一般駐車場へ入り、場内地図を見てたら偶然、ベースの哲と遭遇。共にUEDA JOINTサイドの専用駐車場へ移動し、機材搬入。
 義太夫兄も含め、メンバー全員早くも到着済み。素晴らしい。

 リハーサルの時間までの2時間弱を適当にその辺をうろつきながら過ごすのだが、とにかく暑い。暑すぎる。
 フェンダーから到着していた、おいらの最も大好きなアンプの一台:スーパーソニックをステージに上げ、セッティングしようとしてたらいきなりつまみが3つ取れている。
 まぁなんとかなろうかとセットするが、どうも様子が変。
 専門のスタッフが確認すれば「ヒューズがありません」「回路が焼き切れてるかもしれません」「ダイレクトに音がまったく出る状態ではありません」という最悪の事態に。
 フェンダーさんの協力でアンプのリースにお世話になっていることは有り難き事実ながら、完全に搬送する前に、何もチェックされていない機材がやってきた状態であった。
 最悪。
 選んで使うので他のアンプでも同じだが、まさにこのアンプである故、基本的に歪み系のファズ、ディストーション、オーバードライヴなどを持ち歩かないおいらはお手上げとなった。
 さてどうする? と考えていた際、本イベントの主催者S氏のアンプをそのままお借りすることに。人生初となるポリトーンにLINE9のファズで鳴らしてみたところ、なんとか許容だったのでそのセッティングで押し切ることに。Sさんに大感謝。フェンダー頼むぜ、まったく!

 本番14時。オンタイムでスタート。
 こんな暑い環境の中でギターを弾いたことはない! とはっきり自覚しながら、尋常でない程暑い日差しを受けステージング。本気で半端ない暑さ。エフェクターの上では冗談抜きに卵焼きが出来たと思う。
 メンバー全員で合わせたのは3回のリハーサルだけだったが、各位素晴らしいスキルを発揮し、なんとか……なんとか形には持っていけたのではと、他3名のメンバーを労いながら演奏を駆け抜けた。
 メンバー&スタッフ、カメラT、大先生、歌姫H、我が家の家族、みなさん、糞暑い中、わざわざ駆けつけてくださって感謝でした。
 そしてRちゃん、おったんを褒めてくれてありがとね〜
 
❶Noah
❷Moby Dick
❸金星のライオン
❹Chase Me
❺My Way
❻Smoky Town

 終演後、精根尽き果てたメンバーと記念撮影。個人的にも、ものすごく焼けた。身体熱い。義太夫兄、哲、田中、thanx。
 関係者のみなさんへのご挨拶を終え、帰途に。

 高速の激混み具合に暴れたくなるものの、大渋滞に加え、集中超豪雨で精神的にももう最低。おまけに、人生初の類に数えられる疲労によってか、眠気全開。
 
 練馬インターについたのは22時を回っていた。
 結局自宅に帰り着くまで6時間以上の道中となる。近所のスーパーで弁当を買い、帰宅後いただいた。今朝の朝食バイキング以来、チップス程度しか腹にモノを入れてなかったが、あの暑さでまぁ食欲のわかぬことわかぬこと。
 食後、Rちゃんと即風呂。Rちゃん大はしゃぎ。「おったん、かっこよかったよ」
 長い長い、熱い暑い、貴重で嬉しい1日が終わった。体力は全部使い果たしました。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%882011-08-08%2011.06.30%EF%BC%89.png

投稿者 yonezawa : 15:30 | トラックバック(0)

2011年 08月 6日

おやすみなさい……

31x8KufwPWL._SL500_AA300_.jpg

 早朝8時前に、東芝レグザ設置の業者がやってきた。早すぎるし。睡眠、正味4時間……
 我が家にも初の地デジ・モニターがやってきた。
 業者の、ある腑に落ちない説明に大きな疑問を抱いたが今日、おいらは忙しいのであった。ともかく早く出発したかったので、自力での詳細設定は明後日以降やることに。

 午後一、久々に引っ張り出してきたハードケースにストラトを収納し、オリジナルの白ミュージックランダーはフェンダーのソフトケースに収納。
 ギターを2本とエフェクター&シールド他をとりまとめ、一泊のための家屋全員の大量の荷物を2度3度の運搬で車へと詰め込み、関越からまずは軽井沢へ。
 現地で自転車を借り、あの有名な商店街で野沢菜やらふりかけやらを購入し、その後上田市へ移動。

 雨模様な時間帯もあったが、果たして明日は晴れてくれるのか。50%の確率で不安も募る。

 今日は夕方より丁度河川敷で花火大会があるというので、歩いて観に行こうかと迷っていた矢先に、7Fの宿泊部屋(711)で荷ほどきをしていた最中、「ドン・ドン」という花火の音が聞こえてきた。
 窓から見ると、ほどよい大きさの花火が絶好のロケーションで観戦出来るではないか! なんたる幸運。部屋の明かりを消して、家族で1時間少々贅沢に観戦する。
 10数分音が途切れたので、「終わったか?」と思い、遅めの夕飯をいただくべく1Fの居酒屋へ。テーブルに着席した瞬間に、再び「ドン・ドン」の音が! まだ終わってなかったか。まぁいいか。
 ビールと芋焼酎で、家族とのこんなシチュエーションでの初めての乾杯だったような気がする。
 二日酔いにならない程度に切り上げ、ギターの弦を張り直し、風呂に入って就寝。
 今日のRちゃんは、あらかじめおったんの隣に寝ると決めてた模様。おやすみなさい……

投稿者 yonezawa : 15:28 | トラックバック(0)

2011年 08月 5日

生涯初

%E9%A6%99%E6%B8%AF%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%80%8CAngelababy%20%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC%EF%BC%89%20%E3%80%80Paradise%20Angelababy%E3%80%8D%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%9B%86%20%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%89%88.jpeg

 中野VOXスタジオはまるでカラオケボックスの跡地のようなレイアウト。多分当たりだろうと思う。
 明後日の本番を前に、最終最後のリハーサル。構成難しい。それにしてもこんな集中したリハは生涯初。3名の同志、明後日、よろしくお願いいたします!

投稿者 yonezawa : 15:23 | トラックバック(0)

2011年 08月 4日

雨模様だったり……

%E3%82%AD%E3%82%BF%E3%80%81%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%80%82.jpeg

 夕べ深夜も雨模様だったり、今日も降ったり晴れたりのへんてこ日和。
 O先生から中継されたペダルワウの裏に、アロンアルファで貼ってたゴム製の滑り止めが先日のライヴ前に取れてしまっていた。本番前に認識していたのでその日はそのまま使用したが、本番中にこれが起こるとすべるので厄介だ。演奏の度に足でゴリゴリ踏み込むものだから、そのうち取れてしまうのは仕方が致し方ないことだが。
 機材のメンテナンスはホントに苦手。

 晴れ間の中、雨水を含んだ木々のしずくが落ちてくる。バス停に並んでいたおばあさんらを先に譲り、いつものコミュニティバスで駅へ。
 
 力の抜き具合を含め、敬愛する編集J兄と久しぶりに再会。お茶してミックスサンド食べて近況を伺った。Jさんはいつも本を読んでいるイメージで、雑学にしても基本何でも知ってるイメージ。
 言葉では言い表しにくい魅力を秘めている先輩の一人がJさんで、おいらはあまり働きたがらないJさんといつでも仕事で組みたいと機会を伺っていたりする。
 懐かしい名前がちらほら出てきたせいで、ほんのりと23,24年前の景色を思い出していた。

 夜、中野VOXスタジオ。雨が降らなくてよかった。

投稿者 yonezawa : 15:22 | トラックバック(0)

2011年 08月 3日

リハスタinサンプラ

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%BC.jpg

 写真集『涉嫌抄襲』到着。日常に国内で見る一般的な写真集と比べれば、格段に色彩の鮮度が低く、日本の印刷技術の高さを改めて感じ入る。
 狙ったわけじゃなさそうなアンダー気味の色味がかなり残念。被写体はパーフェクトだというのに。

 一昨日、衝動換えしたauスマートフォンAndroidにまだまだ困惑。
 メール1本打つのに苦労しながらも、携帯からどうにかそのまま移行した感じ。
 文面のコピーやら、urlの貼り付けやら、ゴミ箱行きの操作がおぼつかないので、まだまだ1/100も使えていないのだろうが、ささやかな盆休みの(大量の)移動時間を使って徐々に慣れればよかろう。アプリなど先の先。Mちゃんに聞くこと盛り沢山。
 こうした機器の進化の中、パソコンを稼働させる母はやはり偉大だ。70歳代になった頃のおれには、きっとその時代のスマートフォン的操作などお手上げだろう。

 雨が時折ぽつりぽつり。。
 今夜は中野サンプラザ。コンサート観戦ではなくリハーサル也。初のリハスタinサンプラVOX。

投稿者 yonezawa : 15:21 | トラックバック(0)

2011年 08月 2日

青写真

51fU3vNmRZL._SS500.jpg

 起きがけ、Rちゃんが部屋に入ってこないなと思ったら、洗顔中、洗面所に現れた。
 彼女はデコ・シールで着せ替え出来るキャラクターでままごと中。
 「ねぇ、おったん! Kのばあちゃんちにコレきていくんだ!」と黒のフレア・スカートを持ってきて、やたら嬉しそう。親戚のHちゃんとの再会もきっと待ち遠しいのだろう。
 その間、おいらは寂しき日々が続くのだ……結構長い。っという環境も寂しいので、後追いで先帰りの日程ながら腹を決めた。
 その頃、入稿原稿がどういった状況なのかはまだまったく見えてないのだが、なんとかなるさとお盆の時期を目安に九州探訪の青写真を描いてみた。
 義理母宅で適当に過ごす前提でチケットを確保してみたところ、先方の身内がある時期にハウステンボス・ツアーを計画しており、おいらの予約した便とタイミングがちぐはぐ。明日までに調整をつけてなんとか確定させねば……。

NCM_04.jpg

 晩飯はあっさりの醤油ラーメン。なかなか。
 リハスタの手配、嫁子供の航空券の手配、岡山ツアーの変更点確認と検証、そして急遽九州便の追加手配。ハウステンボスへの最良のアクセス……もう頭はシミュレーションではち切れそう。
 夜、3ピースで2時間30分のリハを駆け抜ける。帰りがけに思わぬ驚きのブツを拾うことに!?

投稿者 yonezawa : 15:21 | トラックバック(0)

2011年 08月 1日

残ってた豚肉

8/7(日)14時〜15時出演決定!
UEDA JOINT(長野県上田市の夏フェス)
http://www.uedajoint.com/
The Real Jazz Tribe

Hide Tanaka ( Keyboards )
Kazuyuki Yonezawa ( Guitar )
Tetsu Ikeda ( Bass )
Great Gidayu (Drums )

main-1.jpg

 上田用のリハを3時間。まだまだ超手探り。

 気がつけば夜中の1時まで半日以上飯を食っていなかった。帰宅後、冷蔵庫に残ってた豚肉を味噌炒めにし、もやしとキャベツのそていとあわせた。
 台所でスタンディングの簡易ディナー。
 食事を終えた頃、目ボケ眼のRちゃんが起きてきた「おったん、おちゃ」と小さなコップに半分注いだ麦茶を飲み干して、何事もなかったかのようにそのまま布団へ戻っていった。

投稿者 yonezawa : 16:50 | トラックバック(0)