<script type="text/javascript" language="javascript">

2011年 05月 18日

ムカデ人間

CA3A1463-0001.JPG

 映画『ムカデ人間』http://mukade-ningen.com/
 DVD鑑賞。
 本作で主軸キャラを演じた俳優:北村昭博さんインタビューのため、編集Sと取材先の渋谷へ。
 オンタイムで取材開始。北村昭博さんはアメリカを拠点に活躍される若き俳優だ。
 
※北村昭博……1979 年、高知県高知市生まれ。高校卒業後に渡米し、ビバリーヒルズ・プレイハウスで演劇と監督術を5年間武者修行。LACC映画学科在学中に処女作 「PORNO」の脚本・監督・主演をまかされて映画監督デビューを果たした。新進気鋭の次世代型映画監督であり、ハリウッドで活躍する数少ない日本人俳優 の一人でもある。
脚本・監督代表作は「PORNO」「I'll Be There With You」。俳優としての代表作は本作の他、「HEROES ファイナルシーズン」(タダシ役)。アメリカで劇場公開され、DVD配給されている監督作の「I'll Be There With You」では、LA Indies Award最優秀新人賞を史上最年少で受賞し、LA最大のエンターテイメント紙「LA Weekly」の映画評でPICK OF THE WEEK(今週のオススメ)を獲得するなど、今後の活躍が期待される。

 ノリのよい明るいキャラクターは大変気持ちがよく、10年以上も前から大陸で勝負し続ける、その適性のようなものを感じさせた。
 『ムカデ人間』、とんでもない変態作品也。爆笑に包まれた1時間程度の取材を終え、編集Sと近場の居酒屋へ。芋焼酎「三岳」が丁度空いた頃、新宿へ立ち寄り、さらに吉祥寺のバーへ移動。
 さらにいつもの闇太郎へ場を移し、先ちゃん、キリンジHYさん、イトケン、coni_x、タヒチン、K崎監督……他のメンツに合流。
 遅れてギタリストでシンガーのM合流。

 閉店後もさらに河岸を変える元気メンツ数人で沖縄料理屋へ飛び込み、早朝7時30分過ぎにやっと帰途についた。さすがにボロボロ。

 玄関を開け、朝食を摂るRちゃんの横にしばらく座った後「じゃあそろそろ、お部屋で寝るね!」と伝えたら「ダメ」の合図。「そこで寝て!」といったジェスチャーで、指を指されたRちゃんの隣のソファで爆睡。
 およそ2時間後にシャワーを浴び、19日の1日が始まった。

投稿者 yonezawa : 2011年05月18日 11:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: