<script type="text/javascript" language="javascript">

2010年 12月 11日

江口寿史×オザワミカ2人展『reply』

eply_DM.jpg


 漫画家:江口寿史と、イラストレーター:オザワミカによる作品展「江口寿史×オザワミカ2人展『reply』パーティへRちゃんを連れだって参戦。
 誰よりも身近に先ちゃんの絵は見続けているハズなのに、額装されたイラストの1点1点のクオリティのすごさに心でうなった。
 一見無造作に描いたようで、見つめれば見つめるほどものすごく繊細。
 最終的に選び抜かれた墨線の放つ機微、気持ちを捉えて放さない身体のライン、リアリティーあってシンプル極まる女のコの表情に心撃たれる。
 対するオザワミカさんは、すべての先ちゃん作品を観て、それに答える「アンサー」のスタイルで全作品を描き下ろしされたそうだ。
 全体にまとまりを感じるハズだし、とても清潔感のある素晴らしい個展だ。

okura.jpg

 (じっくり説明はしましたが)意味も分からないまま連れてこられたRちゃんは終始緊張気味で、到着後30分もしたらスヤスヤ寝てしまった。
 
 パーティを終え、二次会への大移動が行われるタイミングでおいらはbambiリハへ。
 久々の2時間ウォーミングアップ。
 2月のライヴを目指し、今日はすべて新曲の音出しなのだが、筆舌に尽くしがたいゆとりを感じる。
 「リハの演奏が完成している」という意味ではなく、バンドが結成当時よりも、沖縄ライヴ時よりも熟成してきたというか、アンサンブルに安定感があった。
 もちろん初めてに近い曲のたかだか3、4回程度のリプレイである故、全員、それぞれのアレンジに宛て、最もベストのタイム感を探し当てるべく試行錯誤の時間となるのだが、力業の引き出しがどんどん増えていくような気がした。
 みなさん、お世辞ではなくステキです。

http://natalie.mu/comic/news/41479
http://natalie.mu/comic/news/41727

投稿者 yonezawa : 2010年12月11日 01:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: