<script type="text/javascript" language="javascript">

2010年 06月 28日

激しい夕立

61QYsru896L._SS500_.jpg

 朝起きたら誰もいない日だったので、おにぎりと卵焼き、ウインナー炒めをサクっと作成し、台所で立ったままわさわさ喰っていた。
 すると玄関の鍵が開き、先においらの部屋を覗いたRちゃんが「(おったん)いない…」と言った。
 台所から「おったんいるよ!」と声をかけたら、Rちゃん満面の笑みで「みて! これみて!」と買って貰ったキャンディを見せてくれた。
 毎日のようにキャンディやらチョコやら、なんらかの品を買って貰ったんだと、報告がてら見せてくれる。
 「チョコはからだにわるいんだよ」と、こちらの脅し文句をオウム返しのように言うRちゃん。きちんと決まった、少ない物量の菓子類しか食べさせていないが、まぁ海苔だ餃子だ唐揚げだチョコだ野菜ジュースだと好みは明確なRちゃん。
 
 出社し、編集部でいくつかの原稿の処理をデザイナーTちゃんと相談しつつ推し進める。
 準備が早く、センスが間違いないTちゃんとの作業で気に入らなかった仕事は一つもない。

 夕飯は、出前で残ったカツ丼とサラダを平らげる。注文として頼んだまま、一体誰が食っていないのだ。21時が回っても、まだ5個も弁当が残っていた。

 知らないうちにスコールのような激しい夕立が降った模様。
 一度も傘の世話にならず、帰宅まで雨を逃れた今日はそこそこ得した気分。

投稿者 yonezawa : 2010年06月28日 21:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: