<script type="text/javascript" language="javascript">

2009年 02月 10日

フランツ・フェルディナンド

51yO5N6lv4L._SS500_.jpg

 夕方、青海『Zepp Tokyo』へ。
 12日にインタビュー取材の確定しているフランツ・フェルディナンドのライヴ取材へ。
 フロアは超満員。日本でも彼らがいかに定着したかを物語る、迫力の集客だ。
 矢継ぎ早に新旧織り交ぜた曲で会場を踊らせるフランツ。
 ファーストをラジオで初めて聴いた時、アトミック・スウィングを彷彿とさせる印象をいただいたものだったが、今はもうフランツ独特のサウンドにしか聴こえない。
 演奏が上手いのかそうでもないのか、彼らの出音には今日も不思議な感触を受けていた。
 そうした単純に理の中だけでは解決しない要素を含むバンドこそが、通り一遍の評価を凌駕するような起爆・化学反応起こしがちだ。
 まさにフランツの場合もそんな意味合いで、よき意味で未来の読めないバンドのひとつと言える。
 ラスト・ソングを聴かずして帰宅。Rちゃん、軽い発熱!

投稿者 yonezawa : 2009年02月10日 00:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: