<script type="text/javascript" language="javascript">

2009年 02月 28日

acoustic bambi

 寒さも落ち着いた午後、Rちゃんを連れ立ち渋谷へ。
 R&ママは買い物へ出かけ、おいらは一人赤坂へ向かう。

 地下鉄:赤坂駅を出てすぐ近くの路地を曲がったところに位置するB1のライヴ・バー『Sound Beige』到着。

 今年に入り、まったく見ず知らずのメンバーをバンマス:O先生に紹介戴き、あれよあれよと言う間にライヴ当日がやってきた。
 知らない者同士でも楽器があれば会話出来てしまう音楽と言う表現手段は、最も話が早い便利な“言語”と言えた。

 通常ライヴハウスで行う時よりも、充分なリハーサルを経て開場時間を待つ。おいら少し寝不足。

 acoustic bambi in Sound Beige

 午後6時を過ぎた頃、3セット中の第1部演奏開始。
 ほのかな緊張感がメンバーを包んでいたのかもしれないが、それぞれの伸び伸びとした演奏が心地よい。
 演者として聴く場合と、観客として聴く場合のニュアンスはそれぞれ微妙に異なり、冷静にバンマス:O先生の弾き語る姿、メインヴォーカル:Hちゃんのパフォーマンスを初めてこちら側から観戦。

 第2部ではおいらもほとんどの曲に参加。
 ジェフ・ベックのロニー・スコッツ・クラブみたく、恐ろしく観客との距離感が近い場所で演奏するのは結婚式・披露宴での演奏を思い出す。
 (かつて何度の披露宴で演奏したことだろう。両手で収まるのだろうか)

haru.jpg

 バンドメンバー全員が打ち上げの席で語っていたが、おいらも演奏した8曲の終わるのがあっと言う間に感じていた。
 
 当日まで知らなかったイレギュラーなゲスト出演もあり、パーティはアットホームな温かい空気に包まれたまま第3部まで駆け抜け、おいらにしてはacoustic bambi のファースト・ステージを無事終えることが叶った。
 
 同ビル2Fの博多料理屋で美味しい地鶏等をつまみつつ、ライヴを支えてくださったスタッフの方々と乾杯。
 皆様、お疲れさまでした。

投稿者 yonezawa : 2009年02月28日 12:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: