<script type="text/javascript" language="javascript">

2008年 10月 26日

Tokyo DisneySea

 午前5時30分起床。
 必死で外出の準備を施し、7時30分待ち合わせの代々木インターへ。
 やや早めに到着したのでH家を待つ間、朝食を。
 思わずカレー炒飯のハンバーグ添えを注文。思いの外美味しい。経たなファミレスより美味いのではなかろうか。インターチェンジの食事もあながち馬鹿に出来ず。

CA3A0242-0001.JPG
 
 H家到着後、一路ディズニー・シーへ。空はパラパラと雨模様。
 天候がやや残念だったが、盟友:Hの好意により計画してもらった今日の日は楽しみにしていたのだった。
 軽快なコンディションの首都高道中、目的地の駐車場に到着したのは開場5分前。
 初めてディズニー・シーと言う遊園地へやって来た。
 彼らが、こんなのっぴきならぬ遠征をテキパキと計画してくれるおかげで、こうした地へ赴く話しが簡単に決まってくれる。
 ついつい億劫になりがちな、おいらの尻を叩いてくれることが結果的にとても有り難い。

 ゲートをくぐり抜け、何の予備知識もないおいらたち家族を、臨機応変なスケジューリングでサバくH一家がとても合理的。
 加えて、Mちゃん、Sちゃん、KちゃんらがRちゃんのフォローしてくれるのが、とても嬉しいしとても有り難かった。
 Hの子供をサバくスキルには目を見張るものがあり、そのまま奴の人間性のすごさをかいま見るようだ。
 まだまだ他人の男性には隙をみせないRちゃんが、時折Hだけには心を許しているかのよう。
 大いに歩き、可能な限り大いに現地の風景を堪能する。
 いくつかのアトラクションを本能で凝視するRちゃんの瞳がキラリ。

 昼食のタコスも高額だけど美味しい。

 時に2チームに分かれ、メンバーもシャッフルしながらの現地時間の過ごし方が実に合理的な気がした。彼らはこの地での遊び方を熟知していた。頼もしい。

CA3A0243.JPG

 全員が納得の頃合い良き時間帯に帰途につく。

 「まめ蔵」満席で断念。夕飯は、ほぼ1年前の時と同じ「ひじり亭」。今日もパスタが美味い。
 次回、二家族親睦会は、1年が経過しないうちに、たまにはおいらから提案してみなイカンなと、このブログを記しながら考えているところ。

投稿者 yonezawa : 2008年10月26日 08:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: