<script type="text/javascript" language="javascript">

2008年 10月 24日

ホワイトスネイク、デフ・レパード

51kbq25STpL._SS500_.jpg

 日本武道館:ホワイトスネイク、デフ・レパードのWライヴ観戦。

 フィル・コリン以外、もはや誰がギタリストなのか知るよしもない2バンドのライヴだったが、デフ・レパード側の1人がヴィヴィアン・キャンベルであることだけが判った。
 デフ・レパードに関しては、ほとんど「フォトグラフ」しか知る曲がなかった。
 ホワイトスネイクの楽曲にしろ、おいらたちが高校時代の曲しか把握できてはおらず、自身が体感したあの頃の曲だけが聴き応えあり。
 ステージ正面アリーナ前から3列目で観戦したK野、I徳らに伺えば、音響が悪くギターも声も聴こえないコンディションだった模様。

 おいらはと言うと、「そこまで客入れんなよ」と突っ込みたくなる、ステージ真横よりもさらに裏側に回り込ませた場所の席で、ギター・ソロ等で休憩するカヴァーディールが汗を拭く姿等が視界に入る始末。

 さすがに2バンド続けてのライヴだったこともあり、終演後、夕食の席に着いたのは午後11時頃。
 偶然、美味しい鍋屋を発見。アリーナで立ちっぱなしだったK野、I徳らの疲弊した顔を見ながら新宿乾杯。その後、満場一致で久しぶりのマッサージ屋で背中を解し、三丁目で乾杯し帰途へ。

投稿者 yonezawa : 2008年10月24日 01:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: