<script type="text/javascript" language="javascript">

2008年 06月 7日

鳥取取材2

51IlVdccFvL._SS500_.jpg

 3人部屋に聴こえてきた河のせせらぎ。
 いつも一人で寝る習慣があるせいからか、ほとんど一睡も出来ずに朝を迎えた。こんな時、神経質な己の性質が鬱陶しい。

 起きがけの午前8時、温泉で寝たままの頭をサッパリと喝。
 8時30分朝食。おかずの量が多い。ご飯軽く三善。
 10時出発。今回、Nさんが我々を完全サポートしてくださり、車でドア・トゥ・ドアのスケジューリング。感謝。

080607_1031~0001.jpg 080607_1045~0001.jpg

 三徳山・投入堂には登らず経由だけし、目指すは鳥取砂丘。こんな自然がこの日本の山陰にあるという現象自体が不思議だ。
 砂丘の最も高いポイントまで上り、海岸の景色とその反対側の景色を見つめながら、めい一杯写真に収める。
080607_1214~0001.jpg 080607_1306~0001.jpg

 昼食。他のスタッフは全員蕎麦を食し、蕎麦アレルギーのおいらだけうどん。
 地元の書店等を経由しながら、谷口さん生家跡地も通過。ホテルへ。

080607_1315~0001.jpg 080607_1412~0001.jpg
 
 17時45分ロビー集合。夕食会の席へ向かう前、谷口さんご両親へご挨拶する機会を得、待ち合わせの居酒屋へ。
 地元の市長を初めとする蒼々たる方々が集結。このセッティングには少し驚いた。様々な方々との名刺交換を経て2件目へ。
 ここ鳥取の食べ物もとても美味い。醤油は南九州地方のたまり醤油のような濃厚さで、鹿児島、宮崎の味付けに共通するこの地の食文化を知る。

080607_2116~0001.jpg

 ホテル近くの「チョコレート」というパブで軽く一杯ひっかけホテルへ。間髪入れずに爆睡。

投稿者 yonezawa : 2008年06月07日 18:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: