<script type="text/javascript" language="javascript">

2008年 04月 17日

上原ひろみ

ucco1034.jpg

 世界的ジャズ・ピアニスト:上原ひろみ取材のため、夕方、都内某スタジオへ。
 本当の意味で、「世界的」という肩書きに相応しい、まさに世界を股にかける活躍をする彼女。
 上原ひろみのCDは逆輸入盤として日本国内ではリリースされている。
 オスカー・ピーターソンやチェック・コリア等の巨人と競演もしてきた天才ピアニストは、法政2部ジャズ研究会出身。
 通称“2ジャズ”には、おいらも23〜24年ぐらい前に特例としてギターで参加していた経緯もあったので、その旨を彼女に伝えたところ、OB会で会ったという、おいらの知る後輩の名前も出てきたので驚いた。
 トリオ編成から最新の4人編成のバンドとなり、5月には新作リリースを控える。
 新譜では、スタンダード・のカヴァーも数曲あるのだが、ジェフ・ベックのカヴァーという選曲にまずは惹かれた。彼女はギタリストが好きで、特にジェフ・ベックやらザッパのファンなのだそうだ。
 新譜はギタリストのインスト・アルバムという言い方も出来るような、トータル・バランスの優れた仕上がりとなっており、2005年のFUJI ROCK出演頃から、一度は彼女にお会いしたいと願っていた。今日は念願が叶い嬉しい。
 天才で謙虚。上原ひろみは日本の誇りだ。

投稿者 yonezawa : 2008年04月17日 18:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: