<script type="text/javascript" language="javascript">

2008年 03月 9日

SWAN LAKE KTタンストール

swan_lake_act4No_1050.jpg P000692094.jpg

 寝られない午前7時過ぎに、最新原稿の上がり時間を最終確認。
 予定より45分のずれ込みで無事upした原稿を拝受し、正午より閑散とした編集部でせっせと入稿。
 五反田ゆうぽーとで行われた『SWAN LAKE』公演の優雅さに浸る。
 舞台は4幕に分かれ、それぞれの見せ場が華やかで躍動的だ。
 相変わらず素人の感覚丸出しの目線ながら、ソリスト、複数のダンスによるシーン・シーンが見る者の中に色濃い足跡を残してゆく。
 オーケストラの生演奏はやはり深い。
 ユニゾンで奏でられる弦楽奏はロック・ミュージックにも取り入れたいところ。
 胸にしみるチャイコフスキーの名旋律が、クラシック・バレエ不朽の名作である演出効果をぐんと押し上げていた。

080309_1631~0001.jpg

 夕方、品川ステラボールへ移動。
 同胞女性ミュージシャン:KTタンストールの来日公演観戦。
 KTのステージは一昨年のFUJI ROCK以来。
 結論から言えば、ステージングはこれまでで最高の出来映えだった。
 そもそもクオリティの高い楽曲の素晴らしさを明確に証明する素晴らしいライヴだった。
 もはやループ・ペダルは彼女の代名詞。あれほど効果的にクールに使いこなすミューシャンは世界広しと言えども、彼女以外他に知らない。
 大満足のステージを拝聴し、しばしの待機後控え室を訪れた。
 再会を喜び合い、ステージの素晴らしさを労った。KTは心も温かい。

080309_2008~0001.jpg 

 控え室を後に引き上げる途中、ふと前方を見ると元コア・オブ・ソウルのLOVE(中村蕗子)が!
 偶然、コア・オブ・ソウル/ラスト・ライヴ以来の再会を果たし感激。
 つい先日、ソロとなった彼女のアルバムを入手したばかりだったので、奇遇な遭遇が嬉しかった。
 品川界隈〜五反田で、本日1日のおさらい焼酎で乾杯。 
 

投稿者 yonezawa : 2008年03月09日 00:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: