<script type="text/javascript" language="javascript">

2007年 11月 16日

Bourne Ultimatum

j7L._SS500_.jpg

 夜中、レイトショーを見に新宿バルト9へ。
 あまりに映画を見ない日々が続いたフラストレーションからか、「見たかった希望の作品」という選択ではなく、単に時間的に都合のいい作品を選んだだけ。何でもよかった。

 「バイオハザード3」「ボーンアルティメイタム」。

 ロスで「ブラザーズ・グリム」の時インタビューした、「ボーン〜」主演のマット・デイモンは素晴らしすぎた。
 睡眠不足の居眠り覚悟で見に行ったオイラだったが、冒頭から釘付け凝視。ロングショットとカッティングによる編集のリズムが物凄い効果を見いだしている。
 最大限に緊張感を途切れさせず、およそ2時間限定の映画という娯楽の狙いを見事成就させている。
 ラストシーンの心地よさ、演出(カットバック)のセンスったらなかった。
 「ユナイテッド93」を撮ったポール・グリーングラス監督の演出には拍手喝采だ。

 かつて午前3時頃にノンアルコールで新宿にいたのは初めてだったかもしれない。一人寂しい夜更けと思いきや、なかなか収穫な日となって帰途へ。

投稿者 yonezawa : 2007年11月16日 18:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: